あさだ ち 理由。 あさが来たふゆが嫌いな3つの理由について。 | ノマドスタイル

あさが来た|あさの蔵野炭鉱に鳥(カナリア)がいる理由が凄かった!

あさだ ち 理由

今回の話題は、女優の 小芝風花さんです。 小芝風花さんといえばNHKの朝ドラ「あさが来た」でヒロインの 波瑠さん演じる白岡あさの娘の千代役で 小芝風花さんが出演し、 小芝風花さんの古風な顔立ちが、明治の娘っぽいと好評でした。 わたしが 小芝風花さんを知ったのは、やはり「あさが来た」だったのですが、その頃の評判としては「可愛い」というのと、「嫌い」と言うのに分かれていたそうです。 どうして 小柴風花さんの評価が分かれたのかについてみていきたいと思います。 そして、 小芝風花さんは「あさが来た」では時代が明治ということもあり、脚が太いけどセクシーと言われているようです。 なぜ、そのように言われているのか?画像で確認してみたいと思います。 excite. html• 名前:小芝風花(こしばふうか)• 生年月日: 1997年4月16日• 出身地:大阪府堺市• 2012年7月、ドラマ『息もできない夏』で事務所の先輩女優 武井咲さんの妹役であり、 木村佳乃さんの娘役として女優デビューしています。 2013年、フィギュアスケートに取り組む家族を描いたドラマ『スケート靴の約束』に長女役で出演し、 小芝風花さんは習っていたフィギュアの実力を披露ました。 2015年、映画『魔女の宅急便』で、第57回ブルーリボン賞・新人賞。 さらに、第24回日本映画批評家大賞・新人女優賞を受賞。 2016年、 波瑠さん主演の連続テレビ小説『あさが来た』で、ヒロインの娘の千代を演じ好評を得ました。 2017年、NHK広島放送局制作のヒロシマ8. 6ドラマ『ふたりのキャンバス』にてテレビドラマ初主演を務めています。 しかし、 小柴風花さんはこのドラマで「可愛い」と「嫌い」の二つの評価を受けたようです。 livedoor. 小芝風花かわいい〜~• 千代ちゃん役の小芝風花さん、ぷっくり唇がすごくかわいいなあ。 あさが来たに出演している小芝風花の演技力が凄すぎて久しぶりに感動。 あさが来た観てるけど、ほんと、千代嫌い• 小芝風花まったくかわいくない といった感じ。 可愛いと嫌いや可愛くないというのが混在しています。 ただこの評価を見ると、 小芝風花さん演じる千代のブスッとした顔が多いところから、「 小芝風花はブサイク」というふうに言われる意見が多いように感じます。 livedoor. 散々、あさに対して反抗的な態度や悪態をついてきた千代だったので、千代に対する批判が多かったようです。 ここで「嫌い」となった人が多かったのだと思います。 ですが・・• ショックや憔悴などの静かな演技は今ひとつ・・・と思っていたら、千代ちゃんの小柴風花さんはすごい。 死んだような表情から一転・・・母への想いをあふれさせる・・・もちろんもらい泣きしました。 今回のMVPは小芝さん。 表情が豊かな女優さんだな。 つまり主人公の「あさ」への反抗の演技で「 小芝風花=千代」となっていたようです。 ということは、 小芝風花さんの演技が伝わっていたということの証でもあるようですね。 その後、 小芝風花さんの演技を絶賛する声は多くなり、以前の作品である、映画『魔女の宅急便』でのキキ役にも再び焦点が当たったほど。 小芝風花さんの今後にも注目が集まっているようです。 では、脚が綺麗なのか?というとそうではない。 脚が太いところがセクシーなんだとか? 小芝風花さんは、着物が似合うイメージで、脚とかの露出が少ないイメージなのですが・・・。 スポンサーリンク 女優『小芝風花』まとめ 今回は、女優の 小芝風花さんについてみてきました。 わたしが 小芝風花さんを知ったのはNHKの朝ドラ「あさが来た」でしたが、その前の映画「魔女の宅急便」でも、女優としてかなりの演技評価を受けていたのですね。 そんな 小柴風花さんが「あさが来た」で演じた千代役の反抗的な態度がそのまま 小芝風花さんだと受け取られていたようです。 裏を返せば、それだけ見る側をのめり込ませた縁起とも言えるわけで、 小芝風花さんの演技力の評価は高いようですね。 そして、 小芝風花さんの脚がセクシーだと注目されているようですが、私からみても、細いとは言えないような気がします。 かと言って、太いわけでもなく調度いい感じの脚でしょう。 見た感じの可愛らしさも持ち合わせ、脚もセクシーで、演技もうまいと来れば、ブレイクしてきそうな感じがします。 今後の 小芝風花さんに、期待していきたいと思います。

次の

雨の理由>『あさが来た』第35話

あさだ ち 理由

大阪を旅立つ前日はつ(宮崎あおい)は新次郎(玉木宏)に対して なぜ許婚にあさ(波瑠)を選んだ理由を訪ねる。 その問いに新次郎は。 その夜、はつはあさと思い出話にふけりそして、今まで言わなかった ある思いをあさに話しだす。。。 『あさが来た』第10週59話「お姉ちゃんの旅立ち」あらすじ 大阪を旅立つ前日 「なんで新次郎さまは あさを選びはったんだすか?」(はつ) 山王寺屋が自分を選び新次郎(玉木宏)が 妹のあさ(波瑠)を選んだ。 その話しを聞いてからはつ(宮崎あおい)はずっと それが自分のさだめと理解していたものの 新次郎がなぜあさを選んだのか理由が気になり 胸につかえていたと新次郎に話す。 そんなはつに新次郎の答えは。。。 「なんでやったんやろなぁ?」(新次郎) その昔、父の正吉(近藤正臣)が ラクダを見たという話しを聞いて新次郎は それからラクダにどうしても会いたくなって 見せて欲しいとよく母・よの(風吹ジュン)を 困らせていた。 そんな時、正吉と一緒に行った京都で 頭にカエルをのせた小さな女の子に出会った それがあさでした。 「ラクダなんかよりこの子を見ている方が楽しい」 あさを選んだ理由があるとしたら 「あさといると飽きることがない」 それだけのことだと笑う新次郎。 自分の妹・あさがラクダやペンギンに例えられて はつはなにやら姉として複雑な気持ちになる。 今はそれだけではないと新次郎ははつにいうと あさことを知るほどに惚れ直したり呆れたり そのうちあさに置いていかれそうで不安になると 新次郎は不甲斐ない自分に自信がないと口にする。 そんな自信なさげな新次郎にはつは あさが今のように振る舞えるのは あさの夫が新次郎だったからだと口にする。 もしあさがほかの男性と結婚していたら あさは家に閉じ込められ人が変わってしまうか 家や夫から逃げ出して今井の家に帰っていたか そのどちらかしかなかった。 あさは新次郎が認めてくれているからこそ 自由に羽ばたけるのだと新次郎に話すと 自分に自信を持って欲しいと言葉をかけ これからも妹をよろしくお願いしますと 新次郎に頭をさげるのでした。 その話しをはつを探しにやってきたあさは 偶然そのやりとりを立ち聞きしてしまう。 藍之助(南岐佐)たちのもとに 戻ろうとするはつは去り際 「洋行(ようこう)帰りのお人に 負けたらあきまへん」(はつ) と、新次郎に耳打ちしてクスリと笑うのでした。 とうとう姉妹が共に大阪で過ごす 最後の夜がやってきました。 その夜、あさとはつは藍之助を寝かしつけたあと 許嫁がどんな人かと想像を膨らませていたことや 大阪へお嫁にいくことが不安でふたりで泣いた夜 これまでのいろいろな出来事を思い出していた。 するとあさははつが大阪からいなくなることが 心細くて仕方がないといつまでも不安がる そんなあさの姿にはつは今まで口にしなかった ある思いをあさに思い切って話しだす。 「うちな、ず~っとあんたに ヤキモチ焼いてましたんや」(はつ) 自慢の姉・はつの言葉に驚くあさでしたが はつは今まで祖父に大切にしてもらったり 許婚から恋文をもらったり。。。 今も こうやって温かい布団で寝ていることなど 素直な気持ちをあさへ伝える。 そんなはつの言葉に驚きながらもあさは いつも両親にいい子だと褒められ 自慢の子だと両親に喜ばせていたのに 自分はいつも駄目な子だったからと 落ち込むあさ。 するとはつは「もうあさは駄目な子じゃない」 自分がそばにいなくても十分やっていける。 そして自分もようやく今の自分の境遇を 心の底からこれでよかったんだと思えて 生きるということがどういうことなのかが わかるようになったとはつは話す。 そんなことがわかるのはもっと先だと あさははつの言葉にすねたように 布団にもぐりこんでしまう。 「うちらもう 子どもやあらへんのだすな。。。 」(あさ) 「そうや これからがうちらのホンマの勝負だす!」 お互いに精一杯お家を守って いっぱい幸せになろうと話すはつ。 布団に包まりながら涙声で「負けへんで」と 強がるあさ。 「その意気やうちかて負けへん」(はつ) そう言って優しく笑うはつの胸に あさは飛び込むと子どものように 泣きじゃくるのでした。 翌日の人気のない早朝。 「あさちゃん、ほなね!」(藍之助) 人気のない時間帯を見て 山王寺屋一家は和歌山へ向けて 旅立っていきます。 あさがはつと大阪で再会するようになるのは このあとずっと先のこととなります。 はつが大阪を旅立ち、時が流れ。。。 あさは今日も元気に九州の炭鉱で働き 炭鉱の女たちにあさは日本で2番目の 「陸蒸気(おじょうき)」の話をする。 そんなあさの表情に女たちはまるであさが みんなのお母さんのようだ笑いあいながら 炭鉱の仕事を続けようとする。 すると突然あさが具合が悪そうに 座り込んでまい亀助(三宅弘城)も 炭鉱の男たちもあさの異変にざわめきます。 体調を心配するカズたちにあさは 最近はどんなに寝ても体調が戻らず 様子が変なのだと説明する。 そのとき「奥さんもしかして。。。 」 カズ(富田靖子)が気づいたこととは 『あさが来た』第10週59話「お姉ちゃんの旅立ち」解説 今回は「 洋行帰り(ようこうがえり)」について解説していきたいと思います。 「 洋行帰り(ようこうがえり)」とは 西洋(欧米諸国)へ留学して 西洋文化を学んで帰ってきた者 留学生などをさす言葉です。 つまりここでは「五代友厚」のことを はつは言っています。 やっぱりはつも五代の行動の意図に 気づいていましたね。 このふたりのやりとりには いつも泣かされますね! 朝からティッシュが手放せませんでした。 自分の境遇にはつもどこか モヤモヤしたものを感じていたことを ようやく自分でも認めることができて 吹っ切れたようでしたね。 姉として、ひとりの女性として あさを心配したりヤキモチ焼いてみたり これまでいろいろな気持ちを心の奥に しまいこんでいたはつさん。 ようやくここから人生の再スタート!と いった感じでした。 どちらがより幸せになるか競争だなんて 本当に仲むつまじい姉妹で癒されます。 今日の名言は はつさんの 「 これからがうちらのホンマの勝負だす!」 です。 これはお別れではなくてスタートなんだというはつさんの 前向きな気持ちがすごく伝わってきました。 山王寺屋一家は和歌山へ旅立ち 元気一杯九州の炭鉱で働くあさに 異変が起きます。 あさの身に一体なにが!!?? 次回、『あさが来た』第60話「お姉ちゃんの旅立ち」お楽しみに!!!•

次の

あさが来た 59話 あさを選んだ理由

あさだ ち 理由

9月28日、京都の豪商の娘として生まれ、やがて銀行や生命保険会社、そして日本初の女子大学を作る起業家を描いたNHK朝の連続テレビ小説「あさが来た」が始まった。 主人公・あさを演じる波瑠の双肩にかかるプレッシャーは、近年の作品よりも大きいという。 「前作『まれ』が、決して悪い視聴率ではなかったものの5作ぶりに期間平均で19. 4%と20%を割り込みました。 大台を回復すべく、スタッフの鼻息は荒いようです」(NHK関係者) 第1回目は、幼少期のあさの人となりを紹介する場面がふんだんに盛り込まれていた。 女の子らしくおしとやかに育てようとする両親に対して、あさは蛇を振り回して男の子を追いかけたり、男の子を相手に相撲を取ったりと、とにかく自由奔放だ。 そんなあさの振る舞いで、どことなく見覚えのある光景が。 大きな凧を担いで木に登り、空を飛ぼうとして飛び降りる場面だ。 「おてんばな女の子が木に登って大名行列を眺め、木から落ちる。 NHK大河ドラマ『八重の桜』の第1話のシーンです。 見覚えあるのは仕方ありません。 だって同じ子役、鈴木梨央ちゃんですから。 NHK大河と朝ドラの両方で主人公の子役を演じるのは史上初めてだそうです。 注意深く見てみるのも楽しみ方の1つかもしれない。

次の