小池 百合子 あざ。 「勉強しないでも平気なの?」カイロ時代の小池百合子に同居人が覚えた違和感

小池百合子のアナウンサー時代|若い頃のミニ画像!顔のあざはどこ?|メモリア

小池 百合子 あざ

(引用元:芸能あれこれ) 安藤「(石原発言は)相当頭来たんじゃないですか?」 小池 「日本の男性であのぐらいの方、直接そういうことおっしゃいません?私も、また言ってらぁ、という感じで。 安藤さんも経験あるんじゃありませんか?」 安藤「あります、あります」 小池「今日はSPF50のUVカットを使っていて、ちょっと厚いですけど」 小池 「私は顔にアザがありまして、それをカバーするために医療用の(化粧品)を使っています。 そういったことは多分ご存じない。 そういった面では、女心というか、アザのある方にはどうなのかと」 こう言って、余裕の笑みで切り返したそうです。 これはものすごくカッコいいな、と思いました。 「我々はそういうの慣れてるんですよ、逆に。 しょちゅうなんですよ、むちゃくちゃひどいこと言われるの」 「女は聞き分けがいい、使い勝手がいいなどということは絶対に思わせない」 と、 元都知事の石原慎太郎 「 大年増の厚化粧の女」発言の翌日の演説でも、こう言って見事自分の追い風に変えたそうです。 (引用元:朝日新聞デジタル) さらに同月の31日、都知事に当選した後に出演した 『池上彰のニッポンの大問題~都知事選スペシャル~』では、少し違う発言も。 池上「選挙戦の最中に小池さんを厚化粧の女と呼んだ人がいます。 『しめた』と思ったんじゃないですか?」 小池「(厚化粧発言は)エールを頂いたようなもの」 「(顔に)あざがありまして、それでも隠してキャスターもやっていたのですが……」 「あざがある人は苦労している。 そういう意味ではぐさっときた」 やはりこういった(性)差別発言は慣れてはいけないと思います。 ですが、その中でも負けずに立ち向かってきた姿は、きっと同じような悩みを持つ誰かに勇気を与えているのではないでしょうか? ともかくこうして、 小池百合子の顔にあざがあり、それをカバーするために、医療用の化粧品を使っている(ので厚化粧になる・見える)ということが明らかになったのでした。 怖かった。 見破られるのではと怖かった。 人がアザを見ているのではと怖かった。 小池さんは強い。 この話を聞いて前より好きになった。 そして、その心の強さに尊敬する。 やっぱり人の上にたつ人はすごいな。 — やすちん yasuchinchi あざは幼少期から? 小池百合子の知人の方によると、 「あざは赤くて、500円玉くらいの大きさです。 化粧をしていないと少し目立つかな。 幼稚園の頃から大学病院に通い、あざを消すための特殊な治療も受けていた ということなので、おそらく「母斑(ぼはん)」ではないでしょうか? 母斑であればレーザー治療などができるようですが、小池百合子は、幼い体に悪影響があるのではと途中で断念したそうです。 そして、 お化粧でカバーするため、同級生よりも はやくメイクを覚え始めたそうです。 スポンサーリンク 「何があっても化粧が崩れない」という伝説の小池百合子エピソード 男性からは「厚化粧」という印象を受けてしまうのかもしれませんが、女性の間では 「全然化粧崩れしてない」と好感度も高いようです。 その理由は、 あざをカバーするために、長年メイク(化粧品)を研究し続け、医療用のものを使っているから、ということもあったようですね! そんな小池百合子の伝説エピソードを3つご紹介。 街頭演説などをする機会がたくさんあったそうですが、全く汗をかかなかったそうです…! 「30度を軽く越える猛暑の中でも、小池さんは都内各地で精力的に遊説していましたが、 周囲の支援者や都議区議、あるいは報道陣や聴衆がダラダラ汗を流す中、 彼女は全く汗をかかなかった。 昭和の時代は強力なライトを浴びてもメイクが崩れないよう、汗をかきにくいことが大女優の条件のひとつとされていましたが、そういう意味では小池さんは立派な女優ですよ」(テレビ局スタッフ) (引用元:exciteニュース) やはり、医療用のものを使用していた、ということもあると思いますが、キャスターをしていた頃の影響もありそうですね! (引用元:more! more! more! ) 続いては、リオ・オリンピックの閉会式に小池百合子が駆け付けた際のエピソード。 このときは、すごい雨でお着物もずぶ濡れになってしまうほどだったとか。 「リオ五輪の閉会式に着物姿で登場していましたが、 あの時も現地で長時間雨に打たれていたのに、 一切化粧が崩れなかったですよね。 正直、大丈夫かなとヒヤヒヤしながら見ていたので、ご本人の、雨などものともしない感じに感動してしまいましたよ。 (引用元:MMA HP) 「医療用」ファンデーションとは、どんな化粧品なのでしょうか? 「医療用ファンデーションは、 あざや傷跡、病気による肌の変色など肌トラブルをカバーするために開発されたものです。 あざ用、傷跡用など細かく分かれています。 普通のファンデーションは伸びをよくするために油分が多く含まれていますが、医療用は油分が少なめで粘度が高いので、少しの量でもしっかりとカバーできる。 時間が経っても地肌が見えないよう、水や汗、皮脂にも強く作られています」 (引用元:news-postseven) どうりで、小池百合子の真夏の街頭演説や、大雨のリオ・オリンピック閉会式のときにも大活躍してくれたわけですね! 医療用ファンデーションは薬局などの医療機関のほか、大手百貨店や全国の化粧品店でも取り扱いがあるそうです。 小池百合子愛用『カバーマーク』 (引用元:covermark) 「カバーマーク」のルーツは、ニューヨークのリディア・オリリー夫人が開発した、アザ、傷痕、皮膚の変色を自然に隠す化粧品にあります。 それは、肌の外見を変えるだけではなく、心の苦痛も取り除くものでした。 このオリリー夫人の精神と優れた製法を受け継ぎ、日本でスタートして現在に至っているのが「カバーマーク ブランド」です。 いまでは、さまざまな肌への悪影響にさらされる現代人の肌環境を考え、より負担の少ない使用感や、美しい仕上がりを持続させる品質を追求。 ファンデーションのエキスパートブランドとして、多くの女性に支持されています。 生まれつきのアザは、シミ・ソバカスとは違うため、医療用のファンデーションをお勧めしております。 アザや術後の傷あとなどをカバーする 医療用ファンデーション「グラファ カバーマーク オリジナルファンデーション」はカバーマークのグループ会社となる MMAでお取り扱いしております。 より、専門的なものをお求めの場合には「カバーマーク」よりも「MMA」の方が「医療用」というところに特化したブランドのようですね。

次の

小池百合子の夫は高学歴?子供はいる?あざが話題に?画像や写真はある?

小池 百合子 あざ

生い立ち 兵庫県芦屋市生まれ。 芦屋市立岩園小学校、甲南女子中学校を経て、甲南女子高等学校卒業。 在学中は、テニス部・ソフトボール部、E. Sに所属。 高校在学中の1969年、神戸市で衣料関連の貿易商を営んでいた実父が、石原慎太郎による将来的な新党結成を見据えた「日本の新しい世代の会」の推薦を受けて旧兵庫2区から同年12月の第32回衆議院議員総選挙に立候補したが落選している。 高校卒業後、関西学院大学社会学部に入学するものの、「国際連合の公用語にアラビア語が加わる」旨を伝える新聞記事をきっかけに、アラビア語通訳を目指すことにし、1971年9月に大学を中退してエジプトへ留学。 カイロ市のカイロ・アメリカン大学(英語: American University in Cairo)でアラビア語を修め、カイロ大学に移り卒業した[1][6][7]。 エジプト滞在中にピラミッドを登り、その天辺で茶道の形式に則りお茶を点てたこともある。 小池本人は「日本のジャンヌ・ダルク」を自称しており、本人のホームページをはじめとする全ての経歴において婚姻歴に触れないことで有名であるが、実際には結婚歴がある。 エジプト留学時21歳の頃、日本人留学生だった一般人男性と結婚し、その後すぐに離婚している。 通訳・ニュースキャスター時代 カイロ大学卒業後はアラビア語の通訳として活動。 PLO議長アラファトやリビアのカダフィの会見では、コーディネーター兼インタビュアーを務めた。 1984年、東京大学に在籍していたトルコ人留学生ヌスレット・サンジャクリの抗議を受け、「トルコ風呂」の名称が「ソープランド」に改められた。 小池はこの青年を当時から支援しており、本人も後日新聞報道でそれを認めている。 小池によれば、トルコ留学生の熱心な訴えを聞き、国家の尊厳を守るという「大義」に加えて、氏への個人的な共感の結果だったという。 1979年から1985年まで、日本テレビ『竹村健一の世相講談』でアシスタントキャスターを務めた後、1988年よりテレビ東京『ワールドビジネスサテライト』初代メインキャスターを務めた。 1990年度の日本女性放送者懇談会賞を受賞した。 政界入り 参議院議員 1992年の第16回参議院議員通常選挙を前に、複数の政党から立候補の誘いを受けていたが、「政治を変えるには大きな中古車を修理するのではなく、小さくても新車の方がいい」との理由で、前熊本県知事の細川護熙が結党した日本新党に入党し、比例区から出馬して参議院議員に初当選した。 フジテレビ系『直撃LIVE グッディ!』の生出演で語ったコメント。 石原慎太郎氏が増田寛也氏の応援演説で「年増の厚化粧」などとコメントしたことに対して、小池百合子氏は「私は顔にアザがあるので、医療用のものを使っている。 そういったことをご存じないのでは」と、笑みを浮かべながらコメントしました。 MCの安藤優子からの「相当頭来たんじゃないですか?」との質問に「日本の男性であのぐらいの方、直接そういうことおっしゃいません?私も、また言ってらぁ、という感じで。 安藤さんも経験あるんじゃありませんか?」と答え、ほかにも 「今日はSPF50のUVカットを使っていて、ちょっと厚いですけど」「私は顔にアザがありまして、それをカバーするために医療用のを使っています。 そういったことは多分ご存じない。 そういった面では、女心というか、アザのある方にはどうなのかと」ともコメントしました。 このコメントから分かるように、強い女性と言うのはこういう方を言うのでしょうね!たくましさが伝わりますよね。 それにしても石原元都知事…事前に理由を知っていたかは知りませんが、やはり女性に対してこの発言は品位を疑いますよ。

次の

「勉強しないでも平気なの?」カイロ時代の小池百合子に同居人が覚えた違和感

小池 百合子 あざ

小池都知事は生まれつきある顔のあざを医療用ファンデーションでカバー!? 《還暦を過ぎた大年増のババアですが》 眉をしかめたくなるような自虐は、『文藝春秋』5月号に寄稿された小池百合子都知事(64才)の言葉。 かつて都知事選の最中に、「大年増の厚化粧」と石原慎太郎氏に揶揄された小池氏は、「私はここ(顔)にあざがあって、生まれつきのあざで、それを隠すためには化粧をやらないといけないんですよ」と心ない批判もさらりとかわし、同年代の女性たちからは拍手喝采が送られた。 小池氏が話したあざは右目の下、頬のあたりにある。 年を重ね、今では昔より少し薄くなっているという。 「あざは赤くて、500円玉くらいの大きさです。 化粧をしていないと少し目立つかな。 以来、同級生よりも早くメイクを始めたため、今ではかなりの化粧品通だそうだ。 医療用ファンデーションといって、真っ赤なあざにも少し重ねるだけできれいに消えるんだとか」(前出・小池氏の知人) 医療用ファンデーションとは何か。 フェイシャルセラピストのかづきれいこさんが解説する。 「医療用ファンデーションは、あざや傷跡、病気による肌の変色など肌トラブルをカバーするために開発されたものです。 あざ用、傷跡用など細かく分かれています。 普通のファンデーションは伸びをよくするために油分が多く含まれていますが、医療用は油分が少なめで粘度が高いので、少しの量でもしっかりとカバーできる。 時間が経っても地肌が見えないよう、水や汗、皮脂にも強く作られています」 医療目的だけではなく、肌のくすみやシミ、にきび跡などにも応用ができるそう。 「傷や変色した部分にいくら素肌と同じ色のものを重ねても、かえって素肌との違いがわかりやすく浮き出てしまうんです。 それぞれの症状や肌の色に合うものを選ぶことで、よりカバー効果が高まります」(前出・かづきさん) カバー力があるだけに厚塗り感が気になりそうだが、医療用ファンデーションは薄づきでも気になるところをしっかり隠してくれる。 「カバー効果が高いのが、イエローの下地で肌全体のトーンを上げ、赤みやくすみを解消し、その後にオレンジ系のファンデーションを混ぜ合わせて塗る方法。 血色のいい健康的な肌に見せることができます」(前出・かづきさん) 医療用ファンデーションは薬局などの医療機関のほか、大手百貨店や全国の化粧品店でも取り扱いがあり、値段は2000円代からあるという。

次の