六道輪廻 ff14。 [FF14漆黒]忍者Lv80のスキル回しを紹介[5.2]

パッチ5.0忍者 スキル回し

六道輪廻 ff14

1 2 3 4 水遁の術 活殺自在 双刃旋 薬 5 6 7 8 風断ち ぶんどる 分身の術 旋風刃 9 10 11 12 だまし討ち 影牙 夢幻三段 終撃 13 14 15 16 氷晶乱流の術 天地人 風魔手裏剣 雷遁の術 17 18 19 20 水遁の術 命水 雷遁の術 六道輪廻 21 22 23 24 双刃旋 風断ち 六道輪廻 旋風刃 第55回PLLで吉田Pが披露した忍者の開幕回し例です。 開幕に「風遁の術」と「水遁の術」を使用しておき、1コンボ挟んだ後「だまし討ち」からバーストします。 「だまし討ち」効果中は威力の高い忍術を中心に使っていき、「夢幻三段」や「終撃」などを合間に挟んでいきましょう。 忍者の立ち回り だまし討ちはリキャスト毎 「だまし討ち」は敵の被ダメージを一定時間上昇させるアクションで、 忍者の最大の役割といっても過言ではありません。 「だまし討ち」を入れることでPT全体のDPSが上昇するので、毎に使うように意識しましょう。 だまし効果中に最大火力を叩き込むのが基本 「忍術」や「天地人」といった 強力な技を「だまし討ち」の効果中に叩き込むことが、忍者で最も重要な要素です。 特に「天地人」や「夢幻三段」などはリキャストが60秒と120秒で、だましと同時に使うことで自然とぴったり合うようになっています。 基本コンボで効果時間の延長が可能なので、戦闘中は常に風遁がかかっている状態を維持しましょう。 分身の術はリキャスト毎の使用でOK 5回分のに追加攻撃を発生させる「分身の術」は、 初回のだましに合わせた後は基本的にリキャスト毎の使用でOKです。 リキャスト毎に使っていけば 180秒周期でだまし討ちとぴったり合うようになっています。

次の

FINAL FANTASY XIV, The Lodestone

六道輪廻 ff14

忍気をコントロールする 新たなJOBHUD「忍気ゲージ」が追加され、ゲージを一定量消費することで特定のアビリティを使うことができます。 忍気0 忍気100 忍気を溜める オートアタックに合わせてゲージが上昇するのでいつも通り攻撃していると勝手に溜まっていきます。 また、「ぶんどる」の追加効果として「忍気ゲージ」が上昇するようになります。 忍気を使う 基本的な優先順位は「口寄せの術・大蝦蟇」<「六道輪廻」<「天地人」です(リキャストが長いものを優先)。 「口寄せの術・大蝦蟇」はリキャストが短いので忍気さえあればいつでも使えますが単体火力は「六道輪廻」には劣ります。 そのかわり範囲攻撃なので敵が複数いる場合は優先的に使います。 シンプルな単体高火力攻撃です。 移動すると「天地人」の効果が切れてしまい、3回も「忍術」を使うと意外と長く拘束されるので敵の攻撃に合わせてタイミングを見計らいましょう。 また、「活殺自在」と同じく 「天地人」の発動時に「忍術」のリキャストもリセットされるので出来るだけ「忍術」の直後に使うようにします。 実際のパターンは6通りあるので使い分けが難しく思うかもしれませんが実際に使うのは2種類です。 天地人の順番 「天地人」は単体攻撃ルートと範囲攻撃ルートがあるのでこの2つを使い分けます。 1段目 2段目 3段目 単体 攻撃 範囲 攻撃 スキル回し例 Lv60の回しを基本として間に忍気を使うスキルが間に入ってくる形です。 アップデート毎に変更があれば随時修正していきます。

次の

FINAL FANTASY XIV, The Lodestone

六道輪廻 ff14

パッチ4. パッチ4. 忍術 印を結んだあとに忍術を実行すると発動、結ぶ順番で効果が変わる、途中で他のアクションを実行すると失敗する パッチ3. 1以降、かなりスムーズに入力できるようになりました。 これは通信環境に依存するため、人によってはこれまでとの差が分からないとのことです。 常にXAYX…の順に回すように押し、始める位置で単体、バフ、範囲と分かれてるイメージ。 そこから2つ目の印まで共通で3つ目の印を入れる、入れないで使い分ける。 蜂毒 Lv6 アビリティ RecastTime 5s 自身の武器に蜂毒を塗る。 自身の与物理ダメージを5%上昇させる。 また、喉斬りの追加効果を、 「対象をスタンさせる 効果時間:2秒」に変化させる。 再使用で解除する。 効果時間:永続 「蛇毒」とは同時に使えない。 リキャストタイマーを 「蛇毒」と共有する。 Lv36特性:蜂毒の与ダメージ上昇効果を20%に上昇する。 蛇毒 Lv30 アビリティ RecastTime 5s 自身の武器に蛇毒を塗る。 自身の与物理ダメージを20%上昇させる。 」に変化させる 再使用で解除する。 効果時間:永続 「蜂毒」とは同時に使えない。 リキャストタイマーを 「蜂毒」と共有する。 沈黙が必要ならばこちらを、スタンが必要な時は蜂毒を使います。 タンクのスタンを邪魔しないので、普段はこちらがいいと思います。 土遁の術 アビリティ RecastTime 20s 自身を中心にダメージエリアを生成する。 範囲内に入った対象に土属性ダメージを与える。 「天の印」「人の印」「地の印」または、 「人の印」「天の印」「地の印」の順で印を結ぶ。 ダメージエリアを生成し、範囲内の敵全てに24秒間威力40の継続ダメージを与えつつ、範囲内に居る間ヘヴィを付与します。 計威力320なので複数相手に強く火遁と使い分けていきましょう。 敵が硬くすぐに倒せそうにない時はこちらを使います。 単体相手のときは雷遁の方が強いです。 4装備比較• 掲示板•

次の