差し支え なけれ ば。 差し支えないは目上の人に使える?丁寧な伝え方やシーン別の活用法|MINE(マイン)

敬語について「差し支え」「お差し支え」

差し支え なけれ ば

「差し支えなければ」の読み方・意味 「差し支えなければ」の読み方は「さしつかえなければ」 「差し支えなければ」は「 さしつかえなければ」と読みます。 「差し支え」を「さしささえ」と読むのは間違いですので注意しましょう。 「さしつかえ」という言葉はよく使いますが、漢字になると分からないなという方もしっかりと覚えておきましょう。 「差し支えなければ」の意味は「都合が悪くなければ」 「差し支え」は、 「不都合」「さまたげ」「支障」という意味です。 つまり 「差し支えなければ」とすると、何事かを依頼するに当たって、それが相手にとって都合の悪いものでなければ、と条件付けた上で依頼する表現となります。 簡単に言うと「差し支えなければ」は、 「都合が悪くなければ」という意味です。 「差し支え」の「差し」は、意味を強める接頭語で、「支え」は「ささえ」と読む他に「つかえ」と読むこともでき、「邪魔なものがあったり、行き詰まったりして先へ進めない状態になる」「滞る」という意味を持ちます。 「差し支えなければ」の使い方 「差し支えなければ」はビジネスで使われるが敬語ではない 「差し支えなければ」は、言葉の印象を柔らかくする クッション言葉として使われます。 クッション言葉とは、相手に何かを依頼したり、お断りをする場合などに言葉の前に添えて使用する言葉のことです。 ビジネスシーンでは様々な状況で使われることの多い言葉になります。 正しく使うことで直接的な表現をさせることができ、丁寧で柔らかい印象を与えることができます。 少々言いにくい内容のときでも、相手に失礼な印象を与えることなく伝えることが可能なので非常に便利な言葉になります。 こちらの意図をしっかり伝え、相手に不快感を与えずに失礼がないようという意味では「差し支えなければ」は クッション言葉なので丁寧な表現ではありますが、厳密には敬語ではありません。 厳密には敬語ではありませんが、丁寧な表現なので目上の立場の人に使っても問題ありません。 「差し支えなければ」は、依頼をするときに使うクッション言葉 「差し支えなければ」は、相手に何かを依頼するときに使います。 「差し支えなければ」はクッション言葉なので、依頼やお願いをする前に付けて使います。 「差し支えなければ」は、相手に何かを依頼するだけではなく、 「都合が悪かったら断っても構いません」という相手に選択の余地を与える表現になります。 例えば、「差し支えなければ、今お時間よろしいでしょうか」と言われた場合は、時間があっても時間がなくてもいいという意味合いになります。 「差し支えなければ」を付けることによって、相手が都合の悪い場合でも断りやすい状況を作ることができます。 このように「差し支えなければ」は、相手に配慮した表現になります。 「恐れ入りますが」とよく似た表現ですが、こちらは物事を強制しているのに対して「差し支えなければ」は、相手にイエスかノーかの選択を与える言葉です。 ですので絶対にこうして欲しいという時は「差し支えなければ」は使用しないようにしましょう。 「お差し支えなければ」は使えるが「お」の連続に注意 「差し支え」に「お」をつけた、 「お差し支えなければ」という言い方があります。 例えば、「お差し支えなければ、お名前お聞きしてもよろしいですか」と言った場合は、「お」が重なってしまい、少ししつこい印象を与えてしまいます。 「差し支えなければ、お名前をお聞きしてもよろしいですか」と言った方がよりスマートな言い方になります。 「お差し支えなければ〜」と使っても問題ありませんが、そういう場合は「お」が重ならないように気をつける必要があります。 「差し支えなければ」と使用するのが一般的です。 「差し支えなければ」はビジネスメールでも使う 「差し支えなければ」は、ビジネスメールでも使うことができる表現です。 メールにおいてもクッション言葉は大切になります。 メールは普段の会話と違って、相手の姿が見えないため細かいニュアンスが伝わりにくいです。 しかしクッション言葉を使うことによって、敬いの気持ちや気遣いを伝わりやすくすることができます。 何かを依頼する時の文面のメールを書く場合、直接お願いをするよりも、「差し支えなければ」を使うことによって、丁寧で柔らかい印象を与えることができます。 「差し支えなければ」と言われたときの断り方 「差し支えなければ」とお願いされた場合に、断らなくてはいけない場合なども多々あります。 そういったときに「できません」「無理です」と言った場合は相手に失礼な印象を与えてしまいます。 「差し支えなければ」と言われた時の上手な断り方は以下の通りになります。 ・申し訳ございませんが ・折角ですが ・恐れ入りますが ・大変残念ですが ・大変心苦しいのですが ・あいにくですが ・ありがたいお話ですが ・勝手ではございますが いくら相手が断る選択の余地を与えてくれたとしても、ただ断るだけでは失礼にあたります。 上記の言葉を付け、丁寧に断るようにしましょう。 また今回はどうしても断らざるを得ない状況である場合は「今回はできない」や「先約が入っていた」など、しっかりと伝えましょう。 ただ断ると二度と依頼してもらえなくなってしまうかもしれません。 次に繋がるよう、今回だから断るということをアピールしましょう。 また「次回またよろしくお願いします」「また機会があれば」などと、またぜひ依頼してほしいと思っていることを伝えると良いでしょう。 「差し支えなければ」を用いたビジネスシーンで使える例文 差し支えなければ 「来週の会議について、差し支えなければ事前に概要をお聞きしたいのですがよろしいですか」 「差し支えなければ個人情報をお伺いしてもよろしいですか」 「大沢様に差し支えなければ、先日の講義の様子を広報に載せたいと考えております」 「差し支えなければ、この後少しお時間いただいてもよろしいですか」 差し支えなければご教示ください 「ご教示ください」は「知識や方法などを教えてください」という意味になります。 「ご教示」はアドバイスを求める場合にも使います。 他の表現に言い換えることができます。 よろしければ 「よろしければ」は「よかったら」という意味で、相手に何かを依頼するときに、その前に相手にお伺いをたてるときに使う表現です。 「よろしければ」は、 「相手に質問をする時に相手の都合に従う・また相手に何かの選択肢を選んでもらうときに使う言葉」です。 例えば、「よろしければこちらにお座りください」といったように使った場合、「こちらにお座りください」とだけ言ってしまうと、相手が座ること前提で話を進めているニュアンスになってしまいますが、「よろしければ」を付けることによって、「座るかどうか」の判断は相手にまかせるという意味合いになります。 「よろしければ」の使い方としては、 ・もしよろしければ ・よろしければお使いください ・よろしければいかがでしょうか ・よろしければご検討ください といったようになります。 「よろしければ」を使うことによって、頼みごとをする時などに押し付けがましさがなくなるので、自然と使えるようになると良いでしょう。 可能であれば・可能なら ビジネスシーンにおいて自分が提示した条件を相手が全部許可しないという場合は多々あります。 そんなときは譲歩して相手の意見を尊重しなければいけません。 そこで適切なのが「可能であれば」という表現です。 「可能であれば〜して欲しい」と使い、相手に譲歩しての要求をするときの表現となります。 「可能であれば」を使うときは、 「〜していただけますか」「〜していただけるとありがたいのですが」といったように使います。 「可能であれば」を使う際には注意点があります。 「可能であれば」は、「〜することが可能か」という意味なので、相手によっては、相手の能力を低く見ている・見下していると認識されてしまう恐れがあります。 「可能であれば」は慎重に使わないと、不快な印象を与えてしまったり、嫌味に聞こえてしまう場合もあるので、状況や相手によってうまく使い分けることが良いでしょう。 「可能であれば」は、あくまでも相手に譲歩してほしいときに使う表現です。 不都合でなければ 「不都合でなければ」は、 相手の都合を聞く場合に使う言葉です。 相手の都合に合わせるという言い方になるので、非常に柔らかく丁寧な言葉になります。 「不都合でなければ」は 「ご都合がよろしければ」と言い換えることもできます。 上記以外にも「差し支えなければ」の類似表現は挙げられます。 いずれも「断られてもよい」といった意味を含む表現です。 ・できれば ・できましたら ・差し障りなければ ・大丈夫であれば ・希望としては ・ご面倒でなければ ・支障がなければ ・お手数をおかけしますが ・お手すきの時で結構ですので 「問題なければ」は依頼で使うのは不適切 ビジネスシーンで依頼をする時に「差し支えなければ」と同じように「問題なければ」を使うのは不適切です。 「問題なければ」は、何か確認してもらった時に「ご確認の上問題がないようでしたら、このまま進めさせていただきます」などと使います。 何か依頼をする時に使うのではなく、問題点があるかどうかの確認で使うようにしましょう。 「差し支えなければ」の英語 「差し支えなければ」の英語表現を考えていきましょう。 「差し支えなければ」は直訳すると「If it's not a problem,」などとなりますが、あまり英語としては自然ではありません。 代わりに下記の表現をすると「差し支えなければ」というニュアンスが英語で伝えることができます。 ・If I may ask (もし私が聞いてもよろしければ) ・If you don't mind(me asking)(もしあなたが気にしないならば) ・If you are okay(もしあんたが大丈夫ならば) その他にも、 ・Would you be able to... することは可能ですか) ・Would it be possible to... することは可能ですか) などと表現することで、「差し支えなければ」という謙虚なニュアンスを表すこともできます。 それでは例文です。

次の

差し支えないは目上の人に使える?丁寧な伝え方やシーン別の活用法|MINE(マイン)

差し支え なけれ ば

「差し支えなければ」は相手に何かを求める時に使う言葉です。 「差し支えなければお名前とお電話番号をこちらにご記入お願いいたします」「差し支えなければこちらの席にお移りいただけませんか」などというように使います。 「差し支え」とは、都合がわるい事情のことを意味しています。 「差し障り」と同じ意味です。 「月曜日に飲みに行くのは仕事に差し支えるからよそう」「寝不足だが今のところ日常生活には差し支えがない」などというように使います。 「差し支えなければ」とは依頼を柔らかく相手に伝えるクッション言葉の一種です。 差し障りがあるようなら断っても構わない、というニュアンスを持っています。 よろしければ 「よろしければ」も依頼を伝える時のクッション言葉のひとつです。 「差し支えなければ」よりもやや依頼するニュアンスが弱く相手が断りやすい言葉です。 「よろしければこちらをお試しになりませんか」は「差し支えなければこちらをお試しいただけませんか?」と言われるよりも断りやすいと感じるのではないでしょうか。 「差し支えなければ」が都合が悪くないならばお願いしたいという意味なのに対して、「よろしければ」は、相手がそれをよいと思ったならそうして欲しいという意味です。 もし差し支えなければ 「差し支えなければ」という場面で「もし差支えが無いようでしたら」というようにいう人もいます。 「もし」を付けることで表現がより柔らかいです。 「差し支えなければ」には似た言葉として「よろしければ」「お嫌でなければ」「ご都合がつけば」などがあります。 「もし差し支えなければ」「もしよろしければ」「もしお嫌でなければ」「もしご都合が付けば」と「もし」を付けて言った方がやや聞き心地が柔らかいです。 差し支えなければで構いません 「差し支えなければお願いいたします」という場面で、「差し支えなければで構いません」という言い方をする場合もあります。 無理を承知で頼む場合などによく使われる表現です。 「差し支えなければお願いいたします」というと言葉どおりにとらえれば「差し障りがない場合は依頼どおりにしてほしい」という意味になります。 「差し支えなければで構いません」の場合は、「差支えが無い場合に限ってその依頼をしたい」という意味になります。 「差し支えなければで構いません」の方が「差し支えなければお願いいたします」よりも依頼を求める表現が柔らかいです。 突然アンケートを依頼する場合など、相手にとってあまり利益にならないようなことを頼む場合は「差し支えなければお願いします」よりも「差し支えなければで構いません」の方を使いましょう。 差し支えなければ理由を 会員になったサークルから脱退する人やアンケートに答えることを拒否した人などには理由を聞きたいです。 そういう場合は「差し支えなければ理由をお聞かせ願えますか」というように聞くのが一般的です。 相手が答えてくれなかった時は諦めましょう。 また、「差し支えなければ理由を」と聞かれて答えたくないという場合も答えなくて問題ありません。 「答えたくない」というのも差し支えにあたります。 相手は理解してくれるはずです。 差し支えなければ幸いです 「差し支えなければ」の後に「幸いです」と続けるのは、意味としてはとおりますが一般的ではありません。 相手に本当に差し仕えが無いのか、あるいはこちらに無理をして合わせてくれているのか、依頼した側には分からないからです。 「ご無理を言ってすみません。 ありがとうございます」や、「ご都合を合わせて下さって感謝いたします」などという言葉で伝えるのが自然です。 「差し支えなければこちらにご記入いただけたら幸いです」など、間に依頼をはさんで使う場合は問題ありません。 「差し支えなければお願いします」よりも柔らかい表現です。 差し支えなければ教えて 何かを教えてもらいたい時は、相手の都合が悪くないかを確認しておきたいです。 忙しいかったり、教えたくない事柄があったりする可能性もあります。 何かを聞くときはクッション言葉を頭につけて依頼するようにしましょう。 都合が悪くないか、教えてもらっても問題ないかを確認したい時は「差し支えなければ」を使うのが最適です。 「差し支えなければ教えていただけませんか」と聞いて教えてもらえなかったときは、重ねて聞くのはよしましょう。 単に教えたくないというのも差し支えにあたります。 断られたら困る場合は 「差し支えなければ」は依頼を伝える時に表現を柔らかくするためのクッション言葉のひとつです。 ですが単に表現を柔らかくしているだけではなく「差し障りがあるようなら無理にとは言わない」という意味も持っています。 「差し支えなければお願いします」と頼まれた場合、依頼に添えないような理由があるときは断っても問題ありません。 「なんとなく嫌だ」というのは理由にならないのではないか、と考える人も多いですが、「嫌と感じる」というのは差し仕えにあたりますので断って問題ありません。 逆に「差し支えなければお願い」と頼んで、なんとなく嫌という思いから断られたのだろうな、という場合は、相手の気持ちを尊重し仕方ないと諦めるようにしましょう。 しつこく理由は聞かない方がいいです。 断りたい場合は「すみません」や「恐れ入りますが、致しかねます」と伝えましょう。 「差し支えなければ」と言わない方がいい時 断られたら困る時 「差し支えなければ」は、「無理にとは言わないけれど」という意味を持っています。 断りたいならば断わっても構わない。 というニュアンスがあります。 そのため、依頼に沿ってもらわなくては困るという場合に使うと相手を混乱させてしまいます。 聞かなくては困る事を「差し支えなければ教えて」と言えば相手は軽く考えて教えるのを断るでしょう。 「差し支えなければこちらにご記入をお願いします」と絶対に必要な書面に対して言ってしまうと相手は書いてくれない可能性があります。 使わないようにしましょう。 そうしてもらわなくては困る事柄を依頼する時は「恐れ入りますが」や「ご面倒だとは思いますが」「お忙しいとは存じますが」などのクッション言葉を使いましょう。 差し支えないと知っている時 相手の依頼で動いている時に「差し支えなければ」というのは避けましょう。 相手の依頼どおりに動いているのであれば差し支えはないはずです。 「差し支えなければ」を繰り返すと勝手なことをしているような印象を与えてしまいかねません。 会議の資料を頼まれて作りそれを確認してもらうような場合に、確認してもらいたいけれど今は忙しいだろうか、などと考えてつい「差し支えなければこちらを確認していただけますか」と言ってしまうこともあるでしょうが、この場合「差し支えなければ」はやや不自然な表現になります。 頼まれたことを行いその確認を求める時になどは、「先日ご依頼いただいた件なのですが、今、お時間よろしいですか」というような表現を使うようにしましょう。 差し支えるのを知っている時 明らかに相手にとって不利益になるようなことを頼む場合や、無理を言う場面では「差し支えなければ」はクッション言葉として相応しくありません。 「台風が接近していますが差し支えない人は出社してください」「差し支えなければ家まで迎えに来てください」は、不自然に感じるはずです。 無理を承知で頼むような場面では、「恐れ入りますが」「大変申し訳ないのですが」「ご面倒だとは存じますが」などのクッション言葉を使いましょう。 「差し支えなければ」のメールでの使い方.

次の

「差し支えなければ」は敬語表現?意味や使い方、類語や英語も紹介

差し支え なけれ ば

スポンサーリンク 「差し支えなければ」の意味は? まず最初に 「差し支えなければ」の意味について見ていきましょう! 「差し支えなければ」という言葉は、「差し支える」という動詞に、「なければ」という、打ち消しの仮定を示す助動詞が接続した形で成り立っています。 「差し支える」の「差し(さし)」とは、そもそもは動詞の頭に付けて、その動詞の意味をはっきりさせたり、丁寧な言い方に変えたりする接頭語です。 あるいはその言葉の調子を整えたり、意味を強めたりする場合にも使われます。 例えば 「差し出す」、「差し替える」、「差し戻す」など多くの用例があります。 また「支える」は、「つかえる」と読みます。 「邪魔なものがあり、それにぶつかるなどして、ものごとが思うように進まない」という様子を示します。 「滞る」、「つまる」、「引っかかる」、「妨げる」などと似た言葉です。 ちなみに、この「つかえる」は、「さまたげるもの自体」、「それが起こる場所」、「さまたげられている全体やその状態」の、いずれについても表せることが特徴的です。 例えば「道路がつかえる」とも、「喉がつかえる」とも、あるいは「パイプの中に何かがつかえている」とも言うことができます。 これらのことから、「差し支える」は、ものごとを進めるに当たって「不都合が生じる」、「差し障りがある」、「支障を来す」といった意味合いを、丁寧に、あるいは強調して示す言葉だといえます。 これを否定するのが「差し支えない」ですので、やはり「問題がない」ことを丁寧に強調している言い方だといえます。 例えば 「お客様がいつ来られても、差し支えないように準備してください」や、 「体調が万全でないのでまだ外出は控えてください。 まあ入浴くらいなら差し支えないでしょう」といった使い方です。 スポンサーリンク こうしたことから「差し支えなければ」は、 「不都合がなければ」、「問題がなければ」と、条件提示をする意味を表すといえます。 「特に不都合がないとして、あるものごとを認めることができるとすれば」と、相手に丁重に尋ねる言い方です。 そして現在のビジネスシーンなどでは、一般的に、相手に対して何かを依頼する際に、ややあらたまって「(次のことを)お願いしても不都合がなければいいのですが」、「ご迷惑にならないのならば、以下のことをご依頼したいのですが」と、事前に丁寧に言い添える表現だといえます。 「差し支えなければ」の敬語の正しい使い方は? 次に 「差し支えなければ」の敬語の正しい使い方について見ていきましょう。 「差し支えなければ」をより平易に、気の置けない通常の場面で使うとすれば、「もしよければ」、「できれば」、「大丈夫なら」といった表現となります。 逆を言えば、この敬語としての丁寧な言い方が「差し支えなければ」です。 このため言い換えるとすれば、 「もしよろしければ」、「ご都合がお悪くなければ」、「不躾ではございますが」、「ご面倒でなければ」などとなるでしょう。 すなわち「差し支えなければ」は、相手を敬って立てながら、自分の側がへりくだって要請や依頼をする際に、本題の前に付言する表現として使用するのが、正しい用法だといえます。 使い分けにあまり悩まず、いろんな状況にもマッチしやすい敬語表現ですので、ビジネスの場面では大変よく見かける言い方の一つです。 ビジネスで使う場合の例文を教えて? 最期にビジネスシーンで活用できる例文をご紹介したいと思います。 「差し支えなければ」のビジネスシーンでの例文には、次のようなものがあります。 差し支えなければ、こちらにサインをご記入いただけますでしょうか。 差し支えなければ、お名前とお電話番号を教えてくださいますでしょうか。 差し支えなければ、次回の会合にもご参加くださると幸いなのですが。 「差し支えなければ」の例文をご紹介しました。 ビジネスシーンなどで活用する場合は是非、参考にしてください。 まとめ いかがでしたでしょうか? 「差し支えなければ」の 敬語の正しい使い方や、ビジネスシーンで使える例文を詳しくご紹介しました。 私生活の中で…というよりはビジネスシーンで活用する機会が多い「差し支えなければ」という表現方法。 意味や使い方をしっかりと覚えて、相手に正しい認識でしっかりと伝わるように使いたいものですね。

次の