宮島競艇特徴。 宮島競艇場の特徴や傾向・予想のポイント

【宮島競艇予想(6/28)】SGグランドチャンピオン(2020)最終日の買い目はコレ!

宮島競艇特徴

宮島競艇場ってどんなところ? 宮島競艇場は広島県廿日市市にあり、1954年に初めてのレースが開催されました。 マスコットキャラクターはサルの「モン太くん」となっています。 宮島という名称ですが、宮島(厳島)ではなく本州側の宮島口に設置されています。 日本三景の一つの宮島や世界遺産・厳島神社の大鳥居を宮島競艇場のスタンドから眺めることができます。 水面の状況が変わりやすいためスタートが難しい競艇場として選手やファンから知られています。 公式サイトは 宮島競艇場のコースと水面について 宮島競艇場の競技水面は海面を利用しているため、水質は海水で潮の満ち引きによってコンディションが変わります。 1つ目の変化は水位です。 宮島競艇場では 最大3メートルの潮位差があり、水位が変わることでスタート時の景色や大時計の見え方が変わるため、慣れていない選手はスタート勘を狂わされます。 満潮時は弱い風でも水面にうねりが発生し全速の攻めが決まりにくくなるため、センターやアウトコースが不利になりインコースが有利となります。 干潮時は穏やかな水面となり、各選手は握って勝負ができます。 そのため、センターやアウトコースのまくりやまくり差しが決まりやすくなりインの勝率が下がる傾向にあります。 2つ目の変化は水の流れです。 宮島競艇場は第二ターンマーク側に海水が出入りする場所があるため、干潮から満潮に向かっている期間は第二ターンマークから第一ターンマークに向かって水の流れが生まれます。 この状態を追い潮と呼び、スタートの加速を助ける効果があるためスロー勢に有利に働きます。 満潮から干潮に向かう期間は第一ターンマークから第二ターンマークに向かって水の流れが生まれるため、向かい風と同様にスタートの加速を遅らせる効果があります。 この状態を向かい潮と呼び、ダッシュ勢に対して有利に働きます。 海に作られた競艇場のため年間を通して海からの風が多く吹きます。 向かい風が吹いた際は風の強さに比例して1コースの勝率が下がり、風速が5メートル以上になると4コースの1着率が大きく上昇しています。 それぞれに特徴や傾向があるため、宮島競艇場で行われているレースを予想する際は潮と風の状況を把握した上で行う必要があることを憶えておきましょう。 水質やチルトについて 水質 海水 干満差 あり チルト -0. 5 0 0. 5 1. 0 1. 5 2. 0 3. 0 コース別の勝率と決まり手について 宮島競艇場コース別勝率表 コース 1着 2着 3着 4着 5着 6着 1 58. 2 18. 3 8. 8 5. 8 5. 3 3. 3 2 14. 5 30. 1 20 13. 7 12. 3 9. 2 3 12. 1 18. 7 21. 8 17 14. 6 15. 4 4 8. 4 16 19. 3 17. 6 20. 6 17. 8 5 5. 6 11 17. 2 24. 6 21. 3 20 6 2. 9 7 14. 1 22 25. 1 28. boatrace. 宮島競艇場コース別決まり手 コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き 恵まれ 1 96. 4 0 0 0 3. 5 0 2 0 13. 9 73. 1 0 11. 8 1 3 0 56. 4 11. 5 15. 3 15. 3 1. 2 4 0 33. 3 27. 7 29. 6 7. 4 1. 8 5 0 8. 3 8. 3 58. 3 19. 4 5. 5 6 0 21 15. 7 57. 8 5. boatrace. そのため、1コースが不利になる要素が無ければ選手 特にスタート とモーター次第ということになります。 スタートをしっかりと決めてくれそうであれば、1号艇を頭として1-2や1-3などで予想するのがおすすめです。 干潮や向かい潮、向かい風などダッシュ勢が有利になる条件が多く揃っている場合は要注意です。 また、コースがスタート地点から第一ターンマークまでスタンド側に絞る形になっているため、まくりが決まりやすくなっています。 水面状況によっては3~5コースの選手やモーターをチェックし、イン逃げが崩れる際の展開を予想することが大事です。 2コースは2~3着率が全国平均よりも高いため、舟券に絡みやすいということも頭に入れておくと良いでしょう。 2020年宮島競艇場で行われるSG、PG、G1レース 開催期間 グレード レース名 2月12日~2月17日 G1 中国地区選手権 6月23日~6月28日 SG グランドチャンピオン 9月10日~9月15日 G1 宮島チャンピオンカップ 宮島競艇場のモーター交換時期 宮島競艇場のモーターは9月に交換されます。 モーター交換から3ヶ月ほどはデータが少なく2連対率などの数字が大きく動くことがありため、信頼性は低いです。 そのため、モーターの成績を予想に活かす場合は9月から何ヶ月経過しているかチェックする必要があります。 モーター交換から半年以上経過しているようであれば信頼できる数字と考えても良いでしょう。 車によるアクセス 山陽自動車道廿日市ICから5分 山陽自動車道大野ICから10分 カテゴリー:.

次の

宮島競艇場の特徴や予想・オッズ情報、ライブ動画やレース結果

宮島競艇特徴

児島競艇場の水面特徴 児島競艇場は1コースの1着率が大村競艇場に次ぐ高い数字 ボートレース児島(児島競艇場)は、、、、と並んで、瀬戸内海の海水を利用した水面で、潮の干満によりレースの傾向が変わります。 潮の干満は2~3mになります。 満潮時は水面のうねりの影響が出るが、干潮時には逆に穏やかな水面になります。 満潮時は水面のうねりの影響により、ターン時に艇がバタつきやすくなります。 センターからのまくりが大きく流れるケースがあるので、満潮時には、1コースからの逃げが特に有利と言われています。 勝率は、どの季節であっても50%を超えてきます。 全国一1コースの勝率が高いに次ぐような勝率です。 児島競艇場は3コース、4コースの動き方がひとつのポイント 干潮時には一転して、穏やかな水面状況になり、まくりなどのスピードを活かしたターンが決まりだすと言われていますが、正確にはまくりではなく「まくり差し」が決まりやすくなります。 ボートレース児島(児島競艇場)の3コース、4コースの勝率は、他の競艇場に比べてもそこまで悪い成績ではありません。 しかし現実的には満潮時であろうが干潮時であろうが、全艇同時スタートになった時に3コース、4コースの艇が1コースのイン逃げを被せるような全速まくりを選択してしまうと、ほぼ連に絡んできません。 3コース、4コースからまくり差しを選択できる選手であれば1周1マークを旋回した後は、かなりの高確率で1着争い、2着争いに絡んできます。 そのため全速ターンを売りにしているような若手の選手は、苦戦を強いられます。 ボートレース児島(児島競艇場)の場合、「差し」を選択できるような操艇技術も求められてきます。 児島競艇場は、体重差があまり影響しない ボートレース児島(児島競艇場)は、海水の濃度が濃いためか他の競走場に比べて、体重差による優劣が出にくいと言われています。 海水が及ぼす影響に関しては、を参照ください。 ボートレース児島(児島競艇場)の競走水面は、海水で潮の満ち引きがスタートやターンといった部分でレースに影響を与えるのでボートレース児島HPには 潮汐表があります。 ボートレース児島(児島競艇場)の潮汐表に関してはを参照ください。 引用元:ボートレース児島HP 児島競艇場のコース別データ 引用元:boat race official HP ボートレース児島(児島競艇場)は、潮の満ち引きがレースに影響を与えるからかわかりませんが、他の競艇場に比べてセンターコースの頑張りが垣間見えるようなデータです。 しかし水面特徴でも述べましたが、1コースの1着率は50%を超えてくるので10レース中、半分のレースで1着が1コースというデータになります。 更に1コースの連対率もかなり高く、ボートレース児島(児島競艇場)においての予想では1コースに入るであろう艇を予想から外す事は、なかなかできないと思います。 児島競艇場のモーター情報 2010年1月9日からの開催より、大型吸気サイレンサー付きの減音モーターを採用しています。 ボートレース児島(児島競艇場)のモーター交換時期は1月になります。 1月よりも以前であれば、データはかなり重要度が高いですが、1月以降の2月や3月であれば、まだデータも定まっていませんので要注意です。 *上記リンクは外部リンクです。 まとめ ボートレース児島(児島競艇場)は、選手時代にボートレース児島(児島競艇場)をホームプールとしていた元日本モーターボート選手会会長でもあった黒明良光(選手登録番号 2090)が実況放送のスタート展示・リプレイ解説を担当している事で有名です。 実際の選手だった方が予想やどの選手が良いという情報を提供してくれる事は、予想をする上では心強い情報です。 ボートレース児島(児島競艇場)は、1コースが予想の軸である事に変わりはありませんが、3コース、4コースに入ってくるであろう選手の実力やタイプによっては、様々な展開のレースになりますので高配当狙いの方でも楽しめる競艇場と言えます。 ボートレース児島(児島競艇場)のレース予想の参考に是非してみてください。

次の

宮島競艇場の特徴やレースの傾向、予想に役立つポイントなどを紹介!

宮島競艇特徴

1.水面特徴 丸亀競艇場、宮島競艇場、徳山競艇場、下関競艇場と並んで、瀬戸内海の海水を利用したコースで、潮の干満によりレースの傾向が変わります。 潮位の差が大きく、干潮時は静かな水面だが、満潮時はうねりが出やすく難しい水面になります。 干潮時は防波堤が防風壁の役目をして走りやすい反面、満潮時は水面がうねりレースがもつれる傾向があります。 最大で4mを超える潮位差があります。 午前と午後から風向きが変わることもあり、スタートが揃わないもの特徴のひとつです。 満潮時は1マークに向かって追潮となるためインコースが有利に、干潮時は1マークに向かって向潮となるためアウトコースが有利となります。 ボートレース宮島(宮島競艇場)では、毎年2月ごろに一般競走の「ファン謝恩岩田杯競走」が行われ、一般競争に関わらずSG常連の選手の参戦が多い名物レースとなっています。 引用元:ボートレース宮島HP 2.コース別データ 引用元:ボートレース宮島HP ボートレース宮島(宮島競艇場)は、潮の満ち引きや風向き、うねりなどの影響もあり、レース自体やスタートの難しさもあって、他の競艇場に比べて各コースの入着率は割れているように感じられます。 3.モーター情報 ボートレース宮島(宮島競艇場)減音モーター、ヤマトの331型を採用しています。 ボートレース宮島(宮島競艇場)のモーター交換時期は9月になります。 9月よりも以前であれば、データはかなり重要度が高いですが、9月以降の10月や11月であれば、まだデータも定まっていませんので要注意です。 *参考 4.まとめ ボートレース宮島(宮島競艇場)は、難水面だけあって万舟券もちらほらと出てきますが、傾向的にはやはり1コースからの逃げの登場が多いように感じます。 予想をする側としても本命狙いでいくと万舟券が突然飛び出したり、万舟券狙いでいくとガチガチの本命がきたりと予想が難しい水面かもしれませんね。 ボートレース宮島(宮島競艇場)で開催されるレースの時の参考に是非してみてください。

次の