恐竜 超 世界。 恐竜超伝説 劇場版ダーウィンが来た!

NHKスペシャル【恐竜超世界】再放送はいつ?モササウルスとは?最強海洋生物を徹底解説

恐竜 超 世界

恐竜超世界 ジャンル ディレクター 植田和貴 松舟由祐 監修 加藤英明 川上和人 田中康平 ヒシグジャフ・ツォクトバートル ローレンス・ウィットマー ディーン・ローマックス ニザール・イブラヒム ナレーター 音楽 国・地域 日本 言語 日本語 話数 2 製作 制作統括 松尾健 足立泰啓 編集 森本光則 梅本京平 制作 放送 放送局 放送国・地域 放送期間 〜 放送時間 49分 テンプレートを表示 『 恐竜超世界』(きょうりゅうちょうせかい)は、2019年7月にの枠で放送された、および古生物を特集した番組。 ナレーターは。 恐竜の時代とされる中生代の陸と海の世界を超精密CGを駆使して、最新知見に基づくリアルな恐竜世界を2本シリーズで描き出している。 また従来の日本の恐竜番組と異なり、恐竜・古生物の生活描写にストーリー性がもたらされている。 内容 [編集 ] 中生代の地球で繁栄を遂げた生き物たちの進化の秘密について、最新知見に基づくリアルなCGで再現された恐竜時代を元に、彼らの生態を紐解いて行く。 一部誇張された表現や復元などが見受けられる [ 要出典]。 制作意図としては、仮説にすぎないものも多いが新情報をあえて積極的に採用するというスタンスで作っている。 各回の内容 [編集 ] 第1集 見えてきた!ホントの恐竜 放送 - 2019年7月7日 第1集は中生代の陸の世界で多種多様に大繁栄を遂げた恐竜についての特集。 これまで多くの謎に包まれていた巨大恐竜 や過酷な環境を生き抜く知性派恐竜 を中心に、革命的な繁栄の鍵となった羽毛との関係について迫る。 最強の海棲爬虫類 を中心に、水中の生活に巧みに適応し海の世界の王者として君臨するまでに到った経緯と胎生の秘密に迫る。 登場する生き物 [編集 ] 太字は各物語での主役。 第1集 [編集 ] 恐竜時代・アジア()• 恐竜時代・• 卵の化石• 第2集 [編集 ] 恐竜時代• ( )• 鱗の化石• 制作 [編集 ] これまでにない新たな恐竜番組を目指して制作された。 対象とする生物はよくスポットの当てられる北アメリカの恐竜ではなく、やに生息した恐竜、さらには恐竜ではない海生爬虫類に焦点が当てられている。 恐竜のCG映像に使われる背景はでロケが行われており、これはアメリカでロケが行われることの多い他の恐竜番組と差別化を図るためである。 恐竜のグラフィックは骨格資料や現生鳥類を参考に制作されている。 アニメーションでは1分におよぶカットが制作された。 サウンドトラック [編集 ] また本作品では、日本で活動している作曲家とによって作られた全28曲からなるオリジナルサウンドトラックもある。 タイトル 作詞 作曲・編曲 作曲担当 時間 1. 「恐竜超世界のテーマ」 木村秀彬 5:12 2. 「恐竜新世界」 木村秀彬 4:50 3. 「つかの間の安らぎ」 木村秀彬 2:43 4. 「ニコの恋」 木村秀彬 3:16 5. 「慈しみ・慈愛」 木村秀彬 6:07 7. 「慈しみ・慈愛 Up Tempo Ver. 」 木村秀彬 5:22 8. 「ホワイトのテーマ」 木村秀彬 3:02 9. 「彼の池で生き延びる」 木村秀彬 3:00 11. 「春が来た! 」 エバン・コール 2:51 12. 「子育て」 エバン・コール 3:19 13. 「我が子を守る!!! ニコの死」 エバン・コール 3:45 14. 「命のリレー」 木村秀彬 3:29 15. 「海の王者ジーナ モササウルスのテーマ」 エバン・コール 3:08 16. 「かつては弱小生物のマザー」 エバン・コール 3:21 17. 「モサの知恵」 木村秀彬 3:03 18. 「進化!!! 超世界。 胎生」 木村秀彬 4:03 19. 「加藤先生、トカゲを捕まえる」 木村秀彬 1:42 20. 「超世界の消滅「絶滅」・恐竜の無き後」 木村秀彬 3:19 21. 「MYSTERY」 木村秀彬 3:12 22. 「研究者 ACTION」 エバン・コール 3:00 23. 「なぞを解く」 エバン・コール 3:18 24. 「なぞを解く Minor Key Ver. 」 エバン・コール 3:17 25. 「DISCOVER 研究者の新たな発見」 エバン・コール 3:14 26. 「鳥か恐竜か!!? 驚き」 木村秀彬 2:09 27. 「鳥か恐竜か!!? 驚き Slow Tempo Ver. 」 木村秀彬 2:28 28. 「ANALYSIS 分析」 エバン・コール 3:07 合計時間: 93:09 スタッフ [編集 ] 第一回の担当者を 陸 、第二回の担当者を 海 と表記する。 (陸,海) (陸,海)• 声の演出• (陸,海)• タイトルCG• 上竹伸枝(陸) 永田明日香(海)• ピーター・マイタン(陸,海)• 北澤周子(陸,海)• 塩田貢(陸) 緒形慎一郎(海)• 映像技術• 鴻巣太郎(陸,海) 石川智太郎(陸,海)• 映像デザイン• 西川彰一(陸,海)• VFX• 松永孝治(陸,海)• CG制作• 日髙公平(陸,海)• 古生物監修• (陸,海) (陸,海) 川上和人(陸) 田中康平(陸) ヒシグジャフ・ツォクトバートル(陸) ローレンス・ウィットマー(陸) 小西卓哉(海) 加藤英明(海) ディーン・ローマックス(海) ニザール・イブラヒム(海)• 今井雅子(陸,海)• CGディレクター• 渡部辰宏(陸) 朝山文秋(海)• CGモデリング• 加藤久典(陸) 遠藤龍一(海)• CGアニメーター• 小川光悦(陸) 田島誠人(海)• CG特殊効果• 北川茂臣(陸) 吉田慶(海)• CG合成• 加藤晴規(陸) 戸梶雅章(海)• 音響効果• 山田正幸(陸,海)• 森本光則(陸) 梅本京平(海)• コーディネーター• 柿本裕(陸) 内田泉(海)• リサーチャー• 蒋楽群(陸) 近藤雅彦(海)• 遠藤玲奈(陸,海) 黒木健太(陸) 氏家美佐(海)• ディレクター• 植田和貴(陸,海) 松舟由祐(陸,海)• 制作統括• 松尾健(陸,海) 足立泰啓(陸,海)• 制作・著作• 放送・展開 [編集 ] 評価 [編集 ] 従来の日本の恐竜番組と比べて精密かつ臨場感溢れる恐竜たちのリアルなCG映像は極めて質の高い完成度であり、視聴者から一定の高い評価を得ている [ 要出典]。 書籍化 [編集 ] 本作品の放送後、により書籍版が発行された。 こちらでは陸編と海編の特集に加えて、日本で発見されたパーフェクト恐竜についても詳しく特集されている。 番組中でカットされた説明を大量に補うようになっている。 サウンドトラック [編集 ] 2019年9月現在、本作品のサウンドトラックのCD販売は行われておらず、でのみ配信が実施されている。 海外での放送 [編集 ] 本作品は海外でも放送・配信されており、CG映像などのついて高い評価を得ている。 英題は Amazing Dinoworldとして紹介されている。 関連事業 [編集 ] NHKEテレの番組『ブレイクッ! 』でをMCとして「とびだす恐竜 ディ~ノ フレンズ」という恐竜図鑑企画が開催されている。 でも恐竜博を踏まえたテーマでの放送が行われたほか、日本各地でトークショーやAR体験などのイベントが開催された。 また、劇中に登場した生物のグラフィックをAR・VRで体験することのできるアプリが公開されている。 で2019年7月13日から10月14日まで開催された『恐竜博2019 THE DINOSAUR EXPO』の主催にNHKがつき、関連事業として位置付けられている。 本作で特集されたデイノケイルス が目玉展示の1つとされたほか、に属するのとのモササウルス科爬虫類も展示された。 恐竜超伝説 劇場版ダーウィンが来た! はCGが流用されている。 「 出典 [編集 ]• NHK. 2019年9月4日閲覧。 NHK. 2019年9月4日閲覧。 書籍版。 はじめに、p003• NHK. 2019年9月4日閲覧。 魚竜・首長竜・モササウルス種などの海棲爬虫類を海竜と呼んでいる。 完全に番組内の独自用語である。 しかも一切説明がなく、一般語・正式な学術語のように用いられている。 NHK. 2019年9月4日閲覧。 書籍版、p100など。 番組中では説明されない。 NHK. 2019年9月4日閲覧。 2019年10月12日閲覧。 NHK. 2019年9月4日閲覧。 NHK. 2019年9月4日閲覧。 NHK. 2019年9月4日閲覧。 NHK. 2019年9月4日閲覧。 2019年9月4日閲覧。 『恐竜博2019 THE DINOSAUR EXPO』図録, p48-69• 『恐竜博2019 THE DINOSAUR EXPO』図録, p128-131 外部リンクと参考文献 [編集 ]• (NHK)• (Apple Music)• (ナショナルジオグラフィック)• (NHKスクエア)• (Amazon).

次の

NHKスペシャル恐竜超世界

恐竜 超 世界

今、恐竜の常識が塗り替えられようとしている。 多くの恐竜が全身を羽毛で覆われていた証拠が次々と見つかっているのだ。 そして、羽毛は恐竜に革命的パワーをもたしていた。 羽毛で卵を温め、愛情たっぷりの子育てを行っていた異形の恐竜。 羽毛の力を借りて、氷点下20度にもなる冬の北極圏に進出した知性派恐竜など。 最新知見に基づく超リアルCGで描く恐竜たちの世界。 実は巨大竜たちは、もともと陸上に住んでいたる小さなトカゲの仲間だった。 しかし恐竜との生存競争に負け、海に活路を見出した結果、独自の進化を遂げ海の世界に君臨。 ついに恐竜にも打ち勝つ力を得た。 まさに逆転のドラマがあったのだ。 最新研究はこれまでの常識を覆し、多種多様な恐竜が羽毛をまとっていたことが分かってきた。 羽毛は恐竜を劇的に変えた。 体温を維持できるようになったことで、抜群の運動能力、抱卵・子育て術を獲得、そして極寒の北極への進出が可能になり、さらには極寒を生き抜くうちに知性すら獲得していたという。 姿もさまざまな羽毛恐竜が闊歩する、見たことのない恐竜世界に迫る。 実は巨大竜たちは、もともと陸上に住んでいたる小さなトカゲの仲間だった。 しかし恐竜との生存競争に負け、海に活路を見出した結果、独自の進化を遂げ海の世界に君臨。 ついに恐竜にも打ち勝つ力を得た。 まさに逆転のドラマがあったのだ。

次の

恐竜超世界(NHK)の挿入歌の曲名と歌手は?radwimpsがBGM?

恐竜 超 世界

恐竜超世界の挿入歌を歌っているのは、「君の名は。 」などでも有名なRADWIMPSさんということが判明しました。 気になる曲名は「tazuna」。 2018年12月にリリースされた、「ANTI ANTI GENERATION」に収録されている楽曲になります。 ファンの間でもかなりマニアックな曲で、特に注目されていませんでしたが、今回のNHKスペシャルへの採用で一気に注目が集まったようですね。 RADWIMPS「tazuna」の歌詞や意味とは? 「tazuna」とは漢字で書くと、「手綱」となります。 辞書的な意味は• 人を動かし、また物事を処理する手加減。 となっています。 とても美しいメロディーと楽器の音色が心に響くこちらのこの曲。 歌詞はこのようになっています。 あぁ 僕らはどこから こんなところに来たのかな 間違わぬように 毎日明日に 相談して今日まで来たのに とある日の夜の 細い穴から 僕のすべてが 零れ落ちたら 君も一緒に拾ってくれるかい 恥ずかしいのも ちゃんと笑ってくれるかい 君の髪に似合う色はまだこの世にはない 君の羽の上で風は寝息をたてるよ 遥か遠く浮かぶ星に誇らしげに僕は 笑うんだよ 目的のある旅、彼らはきっとどこか行き先を目指して旅をしてきたのでしょう。 道を間違えないように一歩一歩確かめながら。 しかし辿り着いた先は目的とは違う、どこでもない場所でした。 夜の暗闇というのは、吸い込まれるような不安や恐怖を特に旅人に感じさせます。 そんな怯える僕と一緒に旅をする君。 僕が零れ落としたものを、君は一緒に拾ってくれるかい? 例え恥ずかしいものでも笑ってくれるかい? と問いかけることで、二人の信頼関係を垣間見ることができますね。 似合う色がこの世にはないほど美しい色をした君の髪。 あまりにも神秘的で幻想的な美しさなので、それは言葉にしてしまうと安っぽくなるほど。 そんな君の羽根の上では風すら寝息を立てるほど、安らぎや癒やしを感じさせてくれます。 この羽根は髪の毛を例えている比喩なのか、それとも普通の人ではない神秘的な存在なのでしょうか? そんな君を僕は星々にすら誇らしげに自慢できると、笑いながら君と一緒に夜を過ごしています。 まさに旅のような人生と、それをともに支える二人の信頼関係が垣間見える歌詞ですね。 NHKスペシャルの見逃し配信・再放送はいつ? NHKスペシャル「恐竜超世界」の再放送ですが、9月中に4回再放送される予定です。 第1集「見えてきた!ホントの恐竜」: 2019年9月3日 火 [BS4K] 午後1時00分~1時49分 2019年9月17日 火 [BS4K] 午後3時45分~4時34分• 第2集「史上最強!海のモンスター」: 2019年9月10日 火 [BS4K] 午後1時00分~1時49分 2019年9月24日 火 [BS4K] 午後3時45分~4時34分 再放送が待ちきれない! 再放送の時間帯は用事があって見れない・・・という方は、「NHKオンデマンド」または「U-NEXT」という動画配信サイトで、いつでも好きな時間に視聴することが可能です。 こちらからご登録すると1ヶ月無料で利用できますので、ぜひご利用ください。 こちらのおすすめ記事もぜひご覧ください.

次の