ドラクエウォーク 6章10話 弱点。 ドラクエウォーク第5章10話最終章のボスの「まおうのつかい」の倒し方・攻略方法|タビホリ

【ドラクエウォーク】6章6話ボス「シールドオーガ」の攻略方法と弱点

ドラクエウォーク 6章10話 弱点

全体回復役が1人ではHPの回復が追いつきません。 「」「」「」を使える全体回復役を2人編成しましょう。 ヒャド耐性とドルマ耐性を高める 属性耐性を持つこころと防具 7章10話は「しにがみきぞく」のドルマ属性スキルとヒャド属性スキルが強力なので、ヒャド耐性とドルマ耐性を優先的に高めましょう。 耐性なしだと「ドルモーア」で単体約250、「マヒャド」で全体約150のダメージを受けてしまいます。 しにがみきぞくの攻略 基本情報 エレメント系 HP 行動回数 約12,000 1回 弱点 耐性 イオ - しにがみきぞく ゾンビ系 HP 行動回数 約20,000 2回 弱点 耐性 メラ 、ギラ、イオ ドルマ まもりのたてで呪いと幻惑を防ぐ しにがみきぞく戦では呪い状態が厄介です。 呪い状態になると、最大HPが半減し、味方が倒されやすくなってしまうので、「まもりのたて」を使って防ぎましょう。 「まもりのたて」で「さまようたましい」が使用する「マヌーサ」の幻惑も同時に対策できます。 まもりのたてを使用できるおすすめ装備 さまようたましいの「じばく」に注意 「さまようたましい」はHPが少なくなると全体に約300のダメージの「じばく」を使用します。 味方のHPが減少していると全滅してしまうので、「さまようたましい」を攻撃するときは味方の残りHPに注意が必要です。 「さまようたましい」のHPを黄色まで削ったら「」と「」を使ってから一気に倒すと「じばく」の使用を防げます。 しにがみきぞくから倒すのがおすすめ 「しにがみきぞく」の攻撃と「さまようたましい」の「じばく」を同時に受けないために「しにがみきぞく」から倒すのがおすすめです。 ただし「しにがみきぞく」はHPが半分以下の時に「マヒャド」や「ドルモーア」といった強力な呪文を使うため、回復が追いつかない場合は「さまようたましい」から倒すと良いでしょう。 7章10話で入手できるおすすめこころ アームライオンとシルバーデビルがおすすめ おすすめこころ一覧 7章10話の出現モンスターは7章9話と同じです。 「アームライオン」と「シルバーデビル」のSランクを目指して周回しましょう。 どちらのこころもステータスが全体的にトップクラスかつ特殊効果が優秀です。

次の

ドラクエウォーク 6章9話攻略 以外と簡単、それは最強スキル『まもりのたて』❗

ドラクエウォーク 6章10話 弱点

そのためイベントストーリー5話まで進めてフィールドに出現するようにしてから、本編ストーリーを始めるのがおすすめの進め方になります。 …ただ!忘れていると思いますがカケラ集め大変です 笑 そこでベストパターンは、• 6-1を目的地に設定してカケラを消化• 目的地をイベント1話に変更、一気に5話までクリアしてフィールドに強敵を出現させる• 詳しくは …となると評価は『いやしの波動 風じゃないよ の回復性能』次第となります。 回復魔力650を確保できればいやしのかぜの1. 54倍、エルフの慈愛の1. 44倍の回復量です。 当てた人は! — みるきぃ MilkyResMys 検証した結果、いやしの風ではキャップ500だったのに対して、 波動は650というかなり高い数字でした。 54倍と非常に高い回復量になります。 現状ベホイミの回復量で十分なので実用的とは言えませんが、ベホマラー登場を見据えると中々良い装備だと言えます。 ただ無理して ry ストーリー6章:こころ情報 目玉こころ 一言コメント• メタルホイミンのこころ評価 執筆中! 2. エビルホークのこころ評価 一言でいうと耐久めっちゃあって体技も斬撃もOKなメタルハンターです。 火力でいえばゴールデンコーン・メタルハンターが近く、斬撃・体技両方上がるのに加えて耐久面が心許なかったこれら2つに比べて飛躍的に耐久力があるのが特徴です。 おどるほうせきのこころ 執筆中! 強敵おひなさまスライムLv30攻略 クリア動画.

次の

ドラクエウォーク第5章10話の全攻略!ボス(まおうのつかい)の倒し方は?

ドラクエウォーク 6章10話 弱点

行動回数 1回行動 主要攻撃 通常攻撃 対象:単体に物理攻撃 ダメージ:約80 メラミ 対象:単体に呪文攻撃 属性:メラ属性 ダメージ:約130 呪い 対象:全体 効果:確率で呪い付与 マヌーサ 対象:全体 効果:確率で幻惑付与 自爆 対象:全体に攻撃 ダメージ:約250 補足: HP赤色で使用、使用後力尽きる おすすめ適正武器 特におすすめな武器とスキルをピックアップして掲載しています。 今回のボスは3体なので全体技の武器がおすすめ。 また、影縛りができるレンジャーも最低1人は編成しておきたい。 戦闘中の攻略のコツや注意点 戦闘中に気を付けることや立ち回り、有益な情報などを掲載していきます。 討伐までのポイント 1 回復役はまもりのたてをかける 2 バトマス等のアタッカーは攻め一辺倒 バトマスは呪いやマヌーサは不撓不屈やきあいためで対応 3 レンジャーは全体攻撃で縛り狙い 4 賢者は隙を見て状態異常(ルカニ)をかけるのもアリ 5 さまようたましいの 「自爆」に要注意 回復役はまもりのたて使用 今回は 「呪い」や 「幻惑(マヌーサ)」といった状態異常を使用してきます。 回復役が呪いにかかりHPが半分になってしまうと倒される恐れがあるため、最低でも 回復役はまもりのたてを使えるようにしましょう。 呪いや幻惑にかかった際に解除するのはアリ。 解除だけのためにターンを消費する必要がなくなります。 きあいための注意点 きあいための効果は 初撃にしか乗りません。 例えば、雷光さみだれづきの場合、最初の1打目のみ。 影縛りが有効 レンジャーの影縛りが有効。 敵1体でも縛れるとかなり楽になるので、レンジャーは全体攻撃で影縛りを狙っていきましょう。 賢者は隙を見てルカニをかけるのもアリ 今回は守備力ダウンがけっこう入りやすいので、賢者は隙を見てルカニをかけてサポートするのはアリ。 さまようたましいの「自爆」に注意 さまようたましいは HPが赤色になると「自爆」をしてきます。 自分も力尽きるかわりに全体に 約250程のダメージを与えてきます。 2体同時に自爆をされるとパーティは壊滅状態に陥ります。 そのため、さまようたましいのHPがオレンジ色になってから何発か全体攻撃をした後は、 単体攻撃でまずは確実に1体倒すのがおすすめです! 後半のしにがみきぞく強攻撃に注意 しにがみきぞくが残り1体、若しくはHPが赤色になった際に 「ドルモーア」や 「マヒャド」といった強力な呪文を使用してきました。 最後に火力ゴリ押しで勝てればいいですが、厳しい場合は属性耐性を増やしたり回復役を2人編成にする等、対策した方が安全に戦えます。 抑えておくべきポイント• 回復役はまもりのたて使用• 回復役は2人の方が安定• ドルマ属性耐性がメイン ドルマ属性耐性がメイン 今回はドルマやヒャド、メラといった様々な属性攻撃を使用してきますが、攻撃頻度が高いのは 「ドルマ」になります。

次の