ストリンダー 育成論 ロー。 ポケモン剣盾 ソロでマックスレイドのススメ(対ストリンダー編)【ポケットモンスター ソード・シールド】

【ポケモン剣盾】ストリンダーの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

ストリンダー 育成論 ロー

技 攻撃対象 割合 回数 オーバードライブ ウォッシュロトム 性格補正なし・H極振り 53. 3倍にできるため、専用技「オーバードライブ」の威力を 156まで引き上げます。 またノーマルタイプ技の「ばくおんぱ」は 182と高火力を放つことが可能です。 「オーバードライブ」はみがわりを貫通するため、オーロンゲなど「みがわり」を使用するポケモンの対策にも効果的。 フェアリータイプを半減できる ストリンダーは、どくタイプを所持しているので、フェアリータイプ技のダメージを半減できます。 フェアリータイプを持つポケモンは、ミミッキュやオーロンゲなど対戦で活躍しているポケモンに対してダメージ半減を取れるので、ストリンダーの強みといえます。 特性が使い分けられる ストリンダーの特性はどれも使いやすいです。 特に「プラス」or「マイナス」はダブルバトルにて優秀で、高いC種族値をさらに高めることできます。 シングルバトルでは、音技攻撃の威力が上昇する特性「パンクロック」がストリンダーと相性が良いです。 半減できるタイプが豊富 どく・でんきタイプの組み合わせを持つストリンダーは、8種類のタイプ かくとう・くさ・でんき・はがね・ひこう・どく・フェアリー・むし のダメージを半減できる優秀なタイプです。 ストリンダーの短所 姿によって性格が絞られる ストリンダーは2つの姿を持っています。 ハイな姿 黄色 は、「いじっぱり」や「ようき」などの性格のときの姿です。 ローな姿 紫色 は、「ひかえめ」や「おくびょう」などの性格のときになる姿です。 そのため、対戦で使用するとストリンダーの姿によって、性格がある程度絞られてしまい、こちらがどんな型を使っているのかバレやすいです。 しかし、 ミントを使用して性格補正値を変更しておけば、相手の読みを外すことが可能です。 じめんタイプに弱い ストリンダーのタイプが、どく・でんきタイプなので、じめんタイプが4倍弱点と相性が悪いです。 じめんタイプの攻撃を使用する相手との戦闘は必ず避けたいです。 S種族値75と素早さが物足りない S種族値が75と低いので、ウォッシュロトム S86族 などに先手を取られてしまいます。 またストリンダーを最速 性格補正あり・S極振り にしても、同じ種族値75に強力なウオノラゴンいるため活躍しにくい部分があります。 素早さ値は75族とそこまで高くないですが、ほっぺすりすりでの確定まひが厄介なので、元々の素早さを抜いていてメインウェポンを無効化できるドリュウズがおすすめです。

次の

【よくわかるポケモン解説】ストリンダー編

ストリンダー 育成論 ロー

特性の「パンクロック」で攻撃性能が上がっていますので、1度攻撃を耐えることができれば多くの相手と打ち合うことができます。 不利な対面からダメージを与えつつ逃げることができる。 ヘドロばくだんとの選択。 ヘドロばくだんより威力は高いが、毒の追加効果の確率が低い。 5倍するとつげきチョッキにより、特殊アタッカーに対する性能を上昇させた型です。 「ほっぺすりすり」による麻痺で、相手の素早さを下げることで、「ミミッキュ」や「ドラパルト」に素早さを逆転させて、「たたりめ」で弱点をつくことができます。 物理耐久は、「つるぎのまい」後のミミッキュの「シャドークロー」を確定で耐え、キョダイマックスすれば「ギャラドス」の「じしん」を確定で耐えることが可能です。 特殊耐久は、特攻252振りウォッシュロトムの「ハイドロポンプ」を確定で3発耐える調整になっています。 便利な交代技。 不利な対面からダメージを与えつつ逃げることができる。 相手の特攻を下げつつ攻撃できる。 特性「パンクロック」と相性が良い。 ストリンダーの役割と立ち回り 特性のパンクロックが優秀なアタッカー ストリンダーは、特性の「パンクロック」のおかげで114という特攻種族値以上の火力を出すことができるポケモンです。 しかし、素早さが中途半端なため「きあいのタスキ」による行動保証や「こだわりスカーフ」による素早さの補強が必要になってきます。 フェアリー対策として有効 ストリンダーはフェアリータイプに対して有効な毒タイプなためフェアータイプの対策として優秀です。 じめんとエスパー以外に弱点もないので、フェアリータイプに弱点を突かれにくい点も評価できます。 ストリンダーと相性の良いポケモン ストリンダーの弱点を無効にできるポケモン 地面タイプに強い、飛行タイプのポケモンがおすすめです。 特性「ふゆう」によって、地面タイプの攻撃を無効にする方法もあります。 また悪タイプのポケモンは、ストリンダーの苦手な、エスパータイプの攻撃を無効にできるので有効です。 ですので、地面タイプを選出するという対策方法が最も手っ取り早く効果的です。

次の

【ポケモン剣盾】ストリンダーの進化条件と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

ストリンダー 育成論 ロー

今回の解説はストリンダーです。 基本データ No. 6m 重さ 40. シールド ケンカ腰で気が短い。 よどんだ水をがぶ飲みして水中の毒素を取り込む。 特性プラス・マイナスのほか、習得技にも小さな差異がある。 ミントで後天的に性格補正を変えられるようになったからこそ可能になった条件だと言えるだろう。 なお、ミントでは性格自体は変わらないので進化先のフォルムは変化しない。 ベノムショックとベノムトラップは・わざレコードが存在するが、自力習得できない方の技の・わざレコードは使うことができない。 ハイなすがた ようき、いじっぱりといった、俗に言う寄りの性格をしたエレズンが進化。 体色は紫と黄色で、トサカから背中にかけてモヒカン状に黄色の電気が発せられている。 ケンカ腰で気が短く、発電と共に発せられるのはのような音。 エレズンの時にであれば、特性はプラスになり、わざはベノムショック、ギンジを習得。 ローなすがた おくびょう、ひかえめといった、俗に言う寄りの性格のエレズンが進化。 体色は水色と紫で、背中に青い電撃が2列、背びれのように発せられている。 15000ボルトの電気を作り出すと共にベースのような音を響かせる。 いかなる相手もナメきった態度をとる、肝の据わった性格。 ハイなすがたとは対照的に、エレズンの時にであった場合、特性はマイナスに、ベノムトラップ、じばそうさといった耐久寄りの補助技を覚える。 概要 『剣盾』から初登場したエレズンの進化形。 爬虫類ののような姿となった。 毒素の化学反応で生まれる電気エネルギーは比べものにならない程強くなっており、よどんだ水を好んでがぶ飲みする事で水中にある毒素を取り込む。 胸についている紫の突起状の発電器官があり、これを掻きむしるように操作することで発電と共に音を鳴らす。 デザインや特性名などから鑑みるに、モチーフはパンクロッカーとの複合と思われる。 ガラル地方のモデルのイギリスは、とともにロック及びパンクロックの発祥・発展の中心地であることからだろう。 対戦のストリンダー 能力 今までになかった電気・毒タイプの組み合わせで、能力としては中速の両刀アタッカー寄り。 弱点が地面4倍とパー2倍のみ、耐性が草・電気・格闘・飛行・毒・虫・フェアリー・鋼の8つと非常に優秀。 ふしょく持ちを除く どく・まひ状態にならないなど、状態異常の耐性もある。 特性 「パンクロック」は自分の音系の技『いびき』『』『エコーボイス』『さわぐ』『』『チャームボイス』『バークアウト』『』『ばくおんぱ』『』『りんしょう』『ソウルビート』『オーバードライブ』の威力が上がる。 また、自分が受ける音系の技のダメージが半減する。 「プラス」or「マイナス」は特性『プラス』か『マイナス』のが戦闘にいると『とくこう』が1. 5倍になる。 は「テクニシャン」。 威力が60以下の技の威力が1. 5倍になる。 威力の変動する技や、威力が修正された場合も影響する。 オススメ技 特殊技 ばくおんぱ タイプ ノーマル 威力 140 命中 100 備考 全体攻撃。 雨下で必中 オーバードライブ タイプ でんき 威力 80 120 命中 100 備考 2体攻撃。 専用技。 音技 タイプ でんき 威力 70 105 命中 100 備考 攻撃後自分交代 タイプ どく 威力 95 142 命中 100 備考 相手毒10%。 このを倒すまで、「みがわり」をアテにする戦術は控えるべき。 タイプの特性上どくとまひが効かず、あちらは「アシッドボム」などを備えているので、それらを用いる耐久型にも強い。 対策方法 地面技が使えれば楽。 じめん・はがねタイプならば両方の一致技を無効にできなお良い。 耐性は多いが素の耐久値は低いので、等倍を取れば倒すのは難しくない。 また、「じごくづき」があれば主要火力の音技を封じる事ができる。 これで紹介を終えます。 KOKUBANLEMON.

次の