ビットコイン 株 fx。 仮想通貨・ビットコインFXとは?やり方やおすすめ取引所、勝ち方まで解説!

FXとビットコインはどちらが儲かるのか?

ビットコイン 株 fx

ビットコイン(Bitcoin)と株・FXの違い 最近ビットコイン(Bitcoin)投資家が増加する傾向にあり、NHKの番組でも暗号資産で億り人となった人の特集が組まれるほど認知度は高まりつつあります。 FXや株の投資と比較し、ビットコイン(Bitcoin)の投資は何が違うのか? その違いについて、ビットコイン(Bitcoin)投資初心者でも分かりやすいように比較・解説していきたいと思います。 ビットコイン(Bicoin)などの暗号資産とFX、株の違いを比較 ビットコイン(Bitcoin)を含む暗号資産市場の歴史は、FXや株と比較するとまだまだ浅く、2017年は「暗号資産元年」と言われています。 しかしインターネットやスマートフォンの普及と共にFXや株の取引量が爆発的に増えたように、 今後暗号資産市場は爆発的に伸びる ことが期待できます。 特にビットコイン(Bitcoin)の急激な価格上昇はメディアでも多く取り上げられ、既に実感していることかと思います。 これと比較すると、FXや株式は日時や曜日の制限が多く、限られた時間しか取引ができません。 FXは営業日のみ、株式は取引所の稼働時間(平日の9:30-11:30、12:30-15:00)のみ。 FXや株式と異なり、 時間場所を選ばないというシステムは暗号資産最大の特徴 と言えるでしょう。 取引次第では、莫大な利益を得られる可能性がある一方、大損をする可能性もあります。 FXや株と比較しても、ハイリスクハイリターン であると言えるでしょう。 ビットコイン(Bitcoin)は高レバレッジでの取引が可能 ビットコイン(Bitcoin)は国内取引所で 最大25倍のレバレッジをかけることが可能です。 ちなみにFXでは国内最大25倍(2017年10月時点)、株式は信用取引で3倍まで動かせることが可能ですので、FX同様のハイリターンが期待できます。 更には、上で説明したボラティリティの高さを加味すると、 短期間の取引で多くの利益を出すことが可能 です。 投資という観点から見たビットコイン(Bitcoin)の安全性 徐々に整備されるビットコイン(Bitcoin)に関する法律 ビットコイン(Bitcoin)を含む暗号資産、FX、株は全て金融庁の管理下に置かれています。 暗号資産市場は現状完全に法律が整っていない状況ではありつつも、 公的機関によるレバレッジ規制や業社監督、指導体制構築、監査といった、 市場を健全に保つための規制が介入 されています。 また、日本は世界的に見ても早い段階で法整備を行い、2017年夏には業者登録を開始し法的な決済手段として暗号資産を位置付けています。 金融庁の暗号資産における規制は厳しくありませんが、過去FXにレバレッジ規制がかかったように、市場環境に合わせた法整備も進んでいくことが予測されます。 ビットコイン(Bitcoin)はFX・株と異なった税制度 ビットコイン(Bitcoin)を含む暗号資産は、法的には金や銅の取引と同一扱いで、 FXや株とは税制が異なります。 仮想通貨 雑所得の総合課税(累進税率で確定申告が必要) FX 雑所得の申告分離課税扱いで、20%(確定申告が必要) 株 売却時は譲渡所得で20. 315%、配当益は利子所得(NISA口座であれば非課税、特別口座であれば確定申告不要) 税金の扱いが異なれば、当然取り扱う取引所も異なります。 ビットコイン(Bitcoin)は暗号資産取引所 FXはFXの取引所 株式は証券会社 を通し、各取引所にて売買を行います。 また、近年ビットコイン(Bitcoin)の取引所は急速に増えています。 各社で提供する通貨の種類、取引ツール、注文スピード、手数料など千差万別ですので、比較検討し自分にあった業社を選択することをオススメします ビットコイン(Bitcoin)で儲ける為のテクニック ビットコイン(Bitcoin)でもFXや株同様にテクニカル分析が主流 ビットコイン(Bitcoin)での投資は、 FXや株で使用されるテクニカル分析がよく使われます。 テクニカル分析は相場の流れや転換点を示す指標を分析することで、十人十色、投資家によって好まれる指標は全く違います。 どの指標を使うかは、どれくらいの期間で、どこを重視するかで大きく異なります。 よって、 FX・株同様答えがないのが実情です。 ビットコイン(Bitcoin)ではトレンド系チャートとオシレーター系チャートを駆使して稼ぐ テクニカル分析は、大きく分けて「トレンド系」と過熱感を示す「オシレーター系」に分けることができます。 トレンド系チャート トレンド系チャートとは、相場が上昇傾向にあるか、それとも下降傾向にあるかを示すチャートです。 主に相場全体の流れの予測に使用されています。 代表的なのは、 ローソク足や移動平均線といったものが有名です。 オシレーター系チャート オシレーター(振り子)系チャートとは、相場の過熱感を示すチャート。 どんな属性の投資家が売買しているのかを大まかに知ることができます。 代表的なものとして、 MACD、RSI、ボリンジャーバンド等が有名です。 流動性増すビットコイン(Bitcoin) 現在ビットコイン(Bitcoin)の取引手数料は下がってきている傾向にあります。 また、 手数料無料キャンペーンを行う取引所も出てきており、流動性は増す一方です。 当然流動性が増せばトレンド系チャートやオシレーター系チャートも使われるようになり、取引所のチャート分析ツールが充実してくることでしょう。 まだまだビットコイン(Bitcoin)のテクニカル分析は発展途上である為、今後の動向に大いに期待が持てると感じます。 ビットコイン(Bitcoin)の投資を始めたい方はこちら• ビットコイン(Bitcoin)投資を始めるなら!口座開設すべきオススメの取引所はこちら•

次の

ビットコインFXのレバレッジ4倍規制を、株や外為FXと比較

ビットコイン 株 fx

ビットコインFXとは ビットコインFXは 証拠金と呼ばれる自己資金を担保に、手持ち資金以上の売買ができる取引方法です。 現物取引との違い ビットコインFXとの違いも確認しましょう。 現物取引は実際に通貨の受け渡しがあること、持っている資金分だけの取引となることが特徴です。 仮想通貨のため、もちろんモノはないですが、ウォレットまたは取引所口座に入れておけばいつまでも保管できます。 レバレッジ取引、仮想通貨FXは同じ意味 レバッレジ取引やビットコインFXなど、多くの呼称がありますが、このふたつの取引方法は同じです。 レバレッジ取引もビットコインFXも、証拠金を取引所に預けて、レバレッジをかけて取引を行います。 証拠金取引ともいわれますが、すべて同じ意味です。 ビットコインFXのメリット2つ 24時間365日取引できることや少額から始められることなど、仮想通貨ならではのメリットがあります。 そんな中でビットコインFXならではの(現物にはない)メリットは大きく2つ紹介します。 手持ち資金の最大4倍の取引ができる• 価格が下がっているときも稼ぐチャンスがある 手持ち資金の最大4倍の取引ができる 手持ち資金以上の取引ができることが特徴だとお伝えしました。 実際にどれだけの取引ができるかを決めるのがレバレッジ倍率です。 ビットコインFX(レバレッジ取引)ができる国内取引所の最大レバレッジ倍率は、どこも4倍に設定されています。 10万円の資金があれば、最大で40万円分の取引ができるようになるんです。 価格が下がっているときも稼ぐチャンスがある ビットコインFXでは、 ビットコインが上昇していない下降トレンドの時でも稼げます。 「ショート」といって、売りからも入れるのです。 ビットコインが100万円の時に値下がりすると判断したならば、100万円で売りから入り90万円で買い戻すと、10万円の差額が利益として受け取れます。 ビットコインFXの注意点3つ ビットコインFXは小資金で最大の利益を可能にする投資手法です。 いっぽうで注意しなければならない点があります。 ビットコインFXの注意点を学んでおかないと、ビットコインFXはただのギャンブルとなり危険です。 ここではビットコインFXの注意点を3点、解説していきましょう。 ハイリスク・ハイリターン ビットコインFXの一番の注意点は、 ハイリスク・ハイリターンである点です。 現物取引は最悪でも投資した金額以上の損失は出ませんが、ビットコインFXはレバレッジの倍率によっては証拠金以上の損失が発生する可能性があります。 ロスカットがある ビットコインFXには ロスカットと呼ばれる制度があります。 ロスカットとは証拠金に一定の割合の損失がでた場合に、強制的に損切りを確定させる仕組みです。 トレーダーを保護する面もあり、大きな借金を背負うリスクを回避する可能性を目的があります。 目標の価格に上がる前にロスカットされるとダメージは大きいため、いくらになったらロスカットされるかを確認しておくべきでしょう。 レバレッジ料がかかる ビットコインFXでは、日をまたいで建玉(ポジション)を持ち越すと レバレッジ料がかかります。 レバレッジ料はポジション料、建玉(たてぎょく)手数料などとも呼ばれます。 たとえば100万円分のビットコイン(BTC)を0. 5BTC建玉を持ち越した場合、1日あたり200円のレバレッジ手数料がかかります。 これが高いか安いかは利益次第ですが、 建玉を長く持ち続けるとコストが積み重なってきます。 ビットコインFXは長期保有の投資スタイルにはあまりオススメできません。 ビットコインFXを始める前にやること ビットコインFXをするために、まずは仮想通貨取引所の口座を開設する必要があります。 ここではその手順を見ていきましょう。 仮想通貨取引所を選ぶ ビットコインFX(レバレッジ取引)ができる仮想通貨取引所を選ぶ必要があります。 使いやすい取引所を見つけるためにも、2,3社登録してみるとよいでしょう。 取引所の選び方はこちらの記事で詳しく紹介しているので参考にしてみてください。 「ビットコインFXでオススメしたい仮想通貨取引所」でも紹介しています。 口座開設と入金 仮想通貨取引所を選んだら、実際に口座開設と入金をして準備完了です。 この記事ではGMOコインの口座開設の流れを詳しく紹介しています。 ビットコインFXで失敗しないために守りたい5つ ビットコインFXで勝つためにはまず失敗しないことが大切です。 ここでは失敗しないために 最低限守っておきたい5つを紹介しましょう。 余裕資金ではじめる ビットコインFXは余裕資金で始めましょう。 場合によっては証拠金以上の損失が発生する可能性を秘めています。 仮に失っても生活に支障が出ない余裕資金ではじめることをオススメします。 少額ではじめる はじめのうちは取引そのものに慣れないでしょう。 注文や決済方法を覚えるためにも、取引最低単位などの少ない額での取引をオススメします。 慣れてきたら取引単位を上げてもよいですね。 リスクを少なくする(低レバレッジ) レバレッジはビットコインFXの魅力のひとつのです。 資金以上の取引ができるのは魅力ですが、その分リスクも大きくなります。 レバレッジ倍率を高くするほど ロスカットが発動しやすくなり、一瞬で大きな資金を失うリスクに晒されるからです。 はじめのうちは レバレッジは1倍以下、つまり入金額と同等またはそれ以下での売買をオススメします。 できればビットコイン現物(販売所または取引所)での売買がよいでしょう。 損失を少なくおさえる 長期トレードを除いては長く含み損を抱えないようにしましょう。 そのためには、思ったように価格が動かなかったら早めの損切りを心掛けることです。 長い間含み損を抱えるとメンタルダメージが大きく、またレバレッジ料もかかり日に日に資金が目減りしていきます。 損失を少なくおさえるコツは「ビットコインFXで勝つための5つのテクニック」でお伝えしますね。 SNS情報(とくにTwitter)を鵜呑みにしない TwitterをはじめとするSNSでは「この通貨はこれから来る」「価格が上がる」「いくら儲かった」などさまざまな情報が出回っています。 根拠のないデマの情報も多く、これらすべてを鵜呑みにしてはいけません。 情報の出どころに注意する必要があります。 また、誰かが儲かったことに焦る必要はありません。 決して競争をしているわけではないので、自分のペースでトレードに慣れればOKです。 ビットコインFXで勝つための5つのテクニック ビットコインFXで勝つためにはテクニックが必要です。 努力が継続でき、感情に流されない強い意志も必要になります。 感情に任せたトレードではなくテクニックを磨いて淡々とトレードする人が最終的には勝てるのです。 ビットコインFXで勝つための5つのテクニックを解説しますね。 仮想通貨取引所の使い方を覚える ビットコインFXでは瞬発力が必要です。 値動きの激しいビットコイン相場において、決済タイミングを逃すと利益を逃す可能性もあります。 そのため 仮想通貨取引所の使い方は熟知しておかなければなりません。 なぜなら、誤った注文をして売ってしまったり、買いたいタイミングで買えなかったり、 思わぬミスで負け(損失)につながることがあります。 最低限、以下の注文について覚えておきましょう。 成行注文: 注文価格を指定しない注文。 相場状況によっては、思わぬところで高く買えたり、安く売れたりするケースがあるので注意が必要。 指値注文: 注文価格を指定して発注する注文です。 たとえば80万円の買い指値注文をした場合、現在価格が79万円でも約定します。 (「約定」とは売買が成立することです。 ) 逆指値注文: いくら以下になったら売りたい、またはいくら以上になったら買いたいという注文。 たとえば、1BTC=80万円のときに買い逆指値を82万円で入れた場合、1BTC=82万円に上がって初めて約定します。 80万円で買った建玉を78万円で売り逆指値を入れた場合、78万に下がって初めて約定します。 OCO注文: 2つの注文(指値と逆指値)を同時に出す注文方法。 「One Cancels the Other」の略です。 指値注文と逆指値注文を同時に出し、一方が約定すればもう一方の注文は自動的にキャンセルされます。 たとえば80万円で買ったBTCの建玉を、OCO注文で売り82万円、売り逆78万円を入れた場合、82万円に上がれば約定し逆指値はキャンセルに。 逆に78万円に下がれば約定し指値はキャンセルになります。 (出典:) ビットコインFXを行う際は、自分が使いやすい取引所で行う点が重要です。 テクニカル分析を覚える ビットコインFXでの勝ち方を習得するために避けて通れないのがテクニカル分析です。 テクニカル分析はチャートなどのさまざまな指標を見て、次にビットコインがどのような値動きをするか予想する技術。 テクニカル分析ができればビットコインFXの勝率は上がります。 逆にテクニカル分析を行わない、勘のトレードはただのギャンブルといえるでしょう。 無数の分析手法がある中で比較的初心者にもわかりやすく、かつ重要な指標を紹介します。 トレンドライン チャートのトレンドは3つあります。 上昇トレンド• 下降トレンド• 横ばい トレンドラインはチャートにあるの高値と安値を結んだ線です。 安値が切り上がったトレンドラインは上昇トレンド。 高値が切り下がったトレンドラインは下降トレンドになります。 このトレンドラインを結んで現在の状況を把握し、売りから入るか買いから入るかの検討を行うのです。 サポートライン サポートラインは日本語で下値支持線といい、相場がその水準を維持し、それ以上は下落しないと思われる水準です。 上昇トレンドに発生する傾向にあります。 上昇トレンドでは、価格を上げ下げしながら、徐々に下値を切り上げていきます。 この切り上がった下値の谷と谷を結んだラインがサポートラインです。 サポートラインから反発するとまだ上昇トレンド、サポートラインを明確に割り込むと下降トレンドに突入です。 トレンドの動きを見る重要な指標がサポートラインになります。 レジスタンスライン レジスタンスラインは日本語で上値抵抗線といい、相場がその水準よりも上昇しないのではと思われる水準です。 下降トレンドに発生する傾向にあります。 下降トレンドで高値の切り下がりの山と山を結んだ線がレジスタンスライン。 レジスタンスラインを越えずに下落を続けると、明確な下降トレンドといえます。 ビットコインFXでの勝率を上げるには、最低限上記のラインを覚えておきましょう。 マイルールを決め、必ず守る トレードは損失が出ると取り返したい気持ちが芽生え、感情的になりがち。 あらかじめマイルールを決めておき、ルールに準じて機械的に売買することが大変重要です。 ルールを決めたら途中で変えてはいけません。 最も多い初心者にありがちなミスは以下です。 ・本来損切りすべき価格になったのに「いつか戻る」という願望が生まれ、持ち続けて損失を拡大してしまうこと。 ・デイトレ・スイングトレードを長期トレードの時間軸に変えてしまうこと。 つまりルールを破ることです。 感情に流されないトレードはビットコインFXでの勝ち方の重要なポイントといえます。 トレードの記録をつける 日々のトレード記録をつけておきましょう。 どのタイミング、どのトレンドでどのような結果が出たのかを記録しておきあとで分析することで、トレードのクセ、勝ち方や負け方のパターンが学べます。 マイルールを決めるときの客観的な情報にもなるので、ビットコインFXの勝率を上げためにトレード記録は重要です。 仮想通貨のニュースをこまめにチェック ビットコインFXはファンダメンタル分析も重要です。 ファンダメンタル分析を行うには、 良質な仮想通貨ニュースを吟味して、こまめにチェックする必要があります。 SNSは参考程度にして、情報ソースのはっきりとしているニュースをしっかりとチェックしましょう。 ここではコインプラス編集部がオススメする、仮想通貨情報サイトを紹介します。 FXcoin 値動きの分析記事がほぼ毎日公開され、市場動向がわかる。 CoinPost 速報性が高く常に最新情報が得られる。 コインテレグラフ ジャパン ニュース記事のほか価格予想などオリジナル記事も充実。 コインプラス編集部のビットコインFXトレード記録 コインプラス編集部では実際に ビットコインFXのトレードを実践しています。 GMOコインの仮想通貨FXでその手順を紹介しているので、やり方がまったく分からないという人はぜひ参考にしてみてくださいね。 ビットコインFXではないですが、積立投資の記録もあわせて参考にしてみてください。 ビットコインFXでオススメしたい仮想通貨取引所 ビットコインFXの取引にオススメしたい仮想通貨取引所を2社紹介します。 取引所の 口座開設は無料でできるので、2社とも口座開設することをオススメします。 【】口座開設で1,000円がもらえる 口座開設で1,000円がもらえて魅力的なのが です。 ビットコインFX(レバレッジ取引)で取り扱う仮想通貨は9種と多いのも魅力ポイントです。 株やFXでもお馴染みのDMMグループが運営するため、安心して使えますよ。 ビットコインFXは証拠金と呼ばれる自己資金を担保に、手持ち資金以上の売買ができる取引方法• ビットコインFXのメリット - 手持ち資金の最大4倍の取引ができる - 価格が下がっているときも稼ぐチャンスがある• ビットコインFXの注意点 - ハイリスク・ハイリターン - ロスカットがある - レバレッジ料がかかる• ビットコインFXで失敗しないために守りたい5つ - 余裕資金ではじめる - 少額ではじめる - リスクを少なくする(低レバレッジ) - 損失を少なくおさえる - SNS情報(とくにTwitter)を鵜呑みにしない• ビットコインFXで勝つための5つのテクニック - 仮想通貨取引所の使い方を覚える - テクニカル分析を覚える - マイルールを決め、必ず守る - トレードの記録をつける - 仮想通貨のニュースをこまめにチェック ビットコインFXで勝つのは簡単なことではありません。 しかしこの記事でお伝えした、失敗しないポイント、勝つためのテクニックをしっかり学んで勝ち方を身につけてくださいね。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次の

ビットコインFXおすすめ本10冊!初心者入門書~チャート分析の書籍を厳選!

ビットコイン 株 fx

ビットコインでトレードができる! ビットコインの大きな特徴は、その取引の匿名性・透明性でしょう。 しかし、「トレードができる」ことも大きな特徴だといえます。 すなわち、株取引やFX(外国為替証拠金取引)のように、価格の上下動を狙って利益を狙えるのです。 そこで、 ビットコインのトレードにつき、株やFXなどと異なる点に焦点を当てながら考察しましょう。 取引数量がまだ少ない ビットコインは、株式のように広く一般に知れ渡っているとは言えません。 ニュースなどで報道されるようになった仮想通貨やブロックチェーン技術ですが、多数の人にとっては、まだ身近な存在だとは言えないでしょう。 株式投資とは歴史が違いますので、この点は仕方がありません。 ビットコインの認知度が高まるのを待つしかありません。 これが、トレードにも影響を与えています。 すなわち、 「取引参加者がまだ多くない」ということです。 このため、取引したいときに希望の数量を売買することが難しい場面があります。 また、多額のビットコインを持っている人が一度に売ったり、大金を投入して一気にビットコインを買おうという人が現れたりするときには、 価格が激しく変動しやすいでしょう。 この点に注意が必要です。 しかし、この「価格が激しく変動しやすい」ことが、ビットコインの大きな魅力です。 取引手数料が「マイナス」の場合がある 取引参加者がまだ多くないということに関連します。 株式投資など、一般的にはトレードをすると売買手数料を支払うでしょう。 手数料無料キャンペーンなどを開催することがあるとしても、基本的には手数料を支払います。 例えば、赤色の一番上は「1306955 0. 0350」ですが、これは、「1BTCあたり1,306,955円で、0. 0350BTCの買い注文が出ています」という意味です。 この価格で売ってもいいなと思えば、売ることができます。 というのは、その価格で買いたいと注文している人がいるからです。 このように、 あらかじめ取引希望を明示しておく注文方法を 指値注文(さしねちゅうもん)といいます。 一方、 「今買いたいから買います、今売りたいから売ります」という注文方法を 成行注文(なりゆきちゅうもん)といいます。 成行注文は、板情報に載っている取引希望者と取引しますので、売買の希望が板情報に出てきません。 板情報に指値注文が数多く並んでいれば、成行で取引したい人は売買しやすいでしょう。 一方、指値で注文を出している人は、誰かがその値段で売買していいよ、と言ってくれるまでじっと待たなければなりません。 makerとtaker そこで、Zaif(ザイフ)は、ビットコイン取引について特徴的な取引方法を採用しています。 maker(注文板に注文を掲載する注文)の場合、売買手数料をマイナス0. taker(注文板の売買注文を使って取引する注文)の場合、売買手数料をマイナス0. そして、注文板に注文を掲載する場合、もらえる手数料の大きさを5倍にしています。 多くのユーザーに取引してほしい、という意向が良く分かります。 価格変動だけでなく、取引手数料でも有利にしたいという場合、Zaif(ザイフ)が有力な選択肢となるでしょう。 ZaifのURL: 長期保有のビットコイントレード 株式投資の場合、買って長期的に持つという手法があります。 長期間保有すれば、配当や株主優待がもらえるためです。 株価が上昇すれば値上がり益も狙えます。 また、債券や投資信託なども同様です。 値上がり益を狙えますし、定期的な配当も期待できます。 しかし、ビットコインを持っていても 配当はありません。 これはお金と似ています。 現金を財布に入れていても資金が増えないのと同じです。 そこで、 長期的視野を持ち、ビットコインの現物をずっと持ち続けて価格の上昇を待つというトレード方法が考えられます。 スワップポイントに注意 また、FXでビットコインを長期間保有するのは難しいかもしれません。 というのは、 スワップポイントがマイナスだからです。 スワップポイントとは金利のようなものです。 このため、FXでビットコインを長期間保有すると、マイナス金利で損しながら価格の上昇(または下落)を待つということになります。 これはかなり厳しいトレードです。 短期勝負のビットコイントレード そこで、短期間の勝負として、ビットコインのトレードを考えることもできます。 ビットコインの価格変動はとても大きいので、短期トレードで勝負するにはとても良い対象と言えるでしょう。 例えば、今は暇だけれど1時間後には予定があるという場合を考えましょう。 何をしましょうか。 スマホでゲームをしても良いですし、テレビを見ても良いでしょう。 そして、選択肢の中にビットコインのトレードを入れるのはいかがでしょうか。 必ず取引すべきというわけではありません。 チャートやニュースを見て、今だったらチャンスかなと思えば取引すればOKです。 ビットコインは価格変動率がとても大きいですから、小さな金額で短い時間だけ取引しても楽しめるでしょう。 あるいは、 特定の時間には特定の値動きをするという「クセ」があるかもしれません。 それを調べることができれば最高です。 その特定の時間に勝負すれば、好成績を期待できます。 取引所ごとにビットコイン価格が少し異なる ビットコインの取引所は世界中に数多くあります。 それらは独立した企業によって運営されていて、お互いにビットコインの価格を調整しているわけではありません。 価格は、取引所参加者の売買によって決められます。 そこで、現在の取引価格を複数の取引所で調べてみると、以下のことが分かります。 価格は一致しないことがある• しかし、大幅にかけ離れていることもない 株式とFX(外国為替証拠金取引)の場合を例にしながら、この仕組みはどうなっているのかを考えてみましょう。 株式の取引価格 日本には証券会社が数多くありますが、取引そのものは基本的に証券取引所で行われます。 日本の場合、東京証券取引所(東証)が有名です。 よって、証券会社は取引の窓口としての機能を担います。 このため、 どの証券会社経由でも同じ価格で株式の売買ができます。 FXの取引価格 FXの場合、基本的に株式のような集中取引所がありません。 このため、個々の業者と顧客の間で取引されます。 これを 相対取引(あいたいとりひき)と言います。 よって、 業者ごとに為替レートは少しずつ異なります。 しかし、業者はインターバンク市場の為替レートを元にして顧客に為替レートを提示しますので、業者間のレート差はとても小さくなります。 ビットコインの取引価格 ビットコインの場合、株式取引のような集中取引所はありません。 また、外国為替証拠金取引(FX)のように、業者と顧客が直接取引するのが主流だとも言えません。 独立した業者が独自に取引所を運営していて、そこで顧客同士が自由に売ったり買ったりします。 株式取引とFX取引の両方の性質を持っているといえるでしょう。 では、なぜ取引所間の価格に大きな差が出ないのでしょうか。 例で考えましょう。 A取引所とB取引所があったとします。 A取引所のビットコインの価格はB取引所の2倍だったとします。 このとき、どうしましょうか。 稼ごうと思えば、B取引所でビットコインを買って、A取引所でそのビットコインを売ればOKです。 相場を読まなくても自動的に稼ぐことができます。 A取引所とB取引所の間でビットコインを移動させる必要がありますが、ビットコインの送金は簡単ですし、10分程度で完了します。 このように考えて実行する人が大勢出てくるでしょう。 その結果、A取引所ではビットコインの売りが優勢になって価格が下がります。 一方、B取引所では買いが優勢になって価格が上がります。 こうして、取引所間の価格差が縮まっていきます。 最終的には、二つの取引所で価格は同じくらいになります。 A取引所とB取引所は別々に動いていますので、価格が完全に一致することはないかもしれません。 また、流動性(取引量)が十分でなければ、価格が一致しないかもしれません。 しかし、大幅にかけ離れた価格がつきにくいのは、以上の理由によります。 人々の欲望が価格を一致させているといえるでしょう。 なお、突発的に取引所間の価格差が大きくなることがあります。 その場合、安い取引所で買って高い取引所で売れば、差額を収益にできます。 次のページでは、ビットコインの過去の値動きを確認しながら、価格変動が大きい理由を考えてみます。

次の