大 下 容子。 大下容子の学歴が凄い!年齢と若いころの画像は?独身?それとも結婚してるの?

大下容子アナ、短すぎスカート画像!?彼氏との結婚や歯並びが気になる?

大 下 容子

来歴 [ ] で出生。 実父と実兄が で、実家では内科医院を営んでいる。 、、法律学科卒業後のに、アナウンサーとしてテレビ朝日へ入社した。 入社当初は主に、スポーツキャスターとして活動。 初めてのレギュラー番組も『』(関連の情報番組)であったが、1990年代の後半以降は、情報番組やバラエティ系の特別番組で司会や進行役を務めることが多い。 10月からは、『』(以下、『ワイスク』)の第2代女性MC(司会)を担当。 『ワイスク』自体も、4月1日()放送分から、自身の(『大下容子ワイド! スクランブル』)として再スタートを切った。 1月から9月までは、『』(土曜夜間の生放送番組)にも、メインMC・(当時はのメンバー)のパートナー(サブMC)として出演していた。 この時期には『ワイスク』のサブMCも務めていたため、「週に6日生放送番組にレギュラーで出演」という民放キー局のアナウンサーとしては異例のハードスケジュールをこなしていた。 その一方で、にはサッカー決勝(対戦)の現地リポーターとしてへ赴いた。 人物・エピソード [ ]• 中学・高校時代は部に所属した他、同級生とを組んでいたという。 大学ではに所属。 とスター混声合唱団のメンバー。 大のファンでもある。 実父・実兄とも医師だが、本人は理系の科目を苦手にしていたため、医師の道へは進まなかった。 ちなみに実兄は、の『SmaSTATION!! 』(『スマステ』)で広島からの生中継を実施した際に、を扱う企画でメインMCの香取と対決している。 、、の実家が近所にあった。 レギュラーを務めた『』に森島がゲスト出演した際、「私の実家に一番近い」と紹介したことがある。 広島県出身の元プロ野球選手・指導者で、現在は野球解説者である(大下容子のテレビ朝日入社当時に同局と契約していた)の娘であると、一部で報道された事があるが、これは誤りである。 グルメ番組で高価なワインを試飲したが、スタジオトーク中しばらくして顔が真っ赤になり、呂律が回らなくなった。 深夜番組でに挑戦していたことがある。 『』のスポーツ担当だった頃、世田谷の三十数件連続放火魔逮捕のニュースで、・両キャスターとともに出演。 大下自身もこの事件の被害者で、ある日の23時過ぎに大下の住むアパートも火事になり、入浴中だった彼女は、玄関ドアをたたく「火事だ! 」の声に服を着るのがやっとで、命からがら避難した。 翌日、鎮火後にアパートに戻ってみたら、大下の部屋も含め全焼。 それでも当時の状況を番組内で、自身の感情をこめずに淡々と語った。 この火事で、過去の写真も失われたという。 秋、が勝てばJリーグ昇格となるJFL最終戦、『Jリーグ A GOGO!! 』の取材でレイソルサポーターの長い1日を追うレポートに行った大下は、自分もレイソルのユニフォームを着てこの試合を応援。 が、1-0勝利でJリーグ昇格を決めた瞬間、取材を忘れサポーターより興奮してしまい、その姿が「柏レイソルJリーグ昇格」の見出しと共に、各一般紙一面に掲載されたことがある。 このため世間に知名度が浸透しておらず、最前列にいた大下はレイソルの熱狂的女性サポーターと間違えられたことがある(当時これは番組内でも話題になり、しばらくネタになっていたほか、レイソルサポーターの間でも有名になった)。 番組後、両脇にレオナルド、ジョルジーニョ両選手のスナップが撮れたことを非常に喜んでいた。 『ワイスク』にも『スマステ』にも出演していた時期には、『ワイスク』をなどで休演した週でも、『スマステ』に登場していた。 このため、年末年始を除けば、土曜日を休暇に充てられたのは『スマステ』の休止週に事実上限られた。 現に2007年には、の中継で『スマステ』を休止した週(7月)に『ワイスク』も休演している。 本人曰く、アナログ人間でパソコンをあまり使用しない。 の大ファンで、ベッカムのスキャンダル報道では「ありえない」と擁護している。 の報道で揺れ動いた2016年には、芸能情報も扱う『ワイスク』のMCとして、解散関連の話題を頻繁に取り上げた。 そのたびに、中立の立場を取りつつ、当時『スマステ』で共演していたメンバーの香取をさりげなく擁護するコメントを発したことによって、視聴者から強い共感を得た。 SMAPの解散を前に放送を終了した『スマステ』では、最終回(2017年9月30日)の生放送中に香取とのハグを披露している。 このように出演番組で見せる母性的な人柄や、生放送番組のMCとしての安定したアナウンスメントへの評判も高く、2003年度からが毎年集計している『好きな女性アナウンサーランキング』では2016年度に初めてのベスト10入りを果たした。 同年度は9位だった が、2017年度には2位(フリーランス以外の現役アナウンサーの中では1位) にまで上昇。 後輩アナウンサーのが初登場で2位に入った2018年度は7位だった ものの、弘中が1位になった2019年度には4位と盛り返している。 テレビ朝日では、『大下容子ワイド! スクランブル』初年度の2019年度に、第1部(10:25 - 12:00)と第2部(12:50 - 13:40)をはさむ格好で「」を12:30 - 12:50に放送(編成上は1年振りの放送枠復活)。 この枠に続いて第2部の生予告パートが12:49から5秒間設けられていたため、自身の出演日に同枠で『』が放送される場合には、第3話(2019年4月3日)から当日放送分の感想を生予告パートの冒頭で手短に述べていた(いわゆる「」)。 母体の作品に当たる『』(「帯ドラマ劇場」の第1作として2017年度の上半期に放送)では、架空のワイドショーの司会者として本人役でワンシーンに出演。 出演シーンの撮影には、当時の『ワイスク』のスタジオセットがそのまま使われていた。 『やすらぎの刻~道』では、大下が本編へ出演する機会がなかったにもかかわらず、最終回(2020年3月27日放送分の25分拡大スペシャル)のスタッフロール(総勢641人分)に大下の氏名を入れていた。 ちなみに、大下が最後の「昼ドラ受け」で述べたコメントは、「このあとは やすらぎのない『ワイド! スクランブル』」だった。 出演 [ ] テレビ番組 [ ] 現在 [ ]• (2017年3月30日 - ・季節特番) - MC• (2017年11月12日 - ) - 進行• 過去 [ ]• (1994年4月 - 1996年9月) - レポーター• (1996年10月 - 1997年3月) - キャスター• (1997年4月 - 1998年3月) - キャスター• (1998年4月 - 9月) - キャスター• (1998年4月 - 9月) - 金曜の全国ニュース担当• (2001年4月 - 2002年10月頃) - ナレーション• (2008年4月 - 2009年3月) - 「20年のアルバム」ナレーション• (2008年5月 - 2009年9月) - 司会• (2009年1月 - 2013年4月) - サブMC• (2009年11月 - 2010年8月) - サブMC• (2011年11月23日) - MC• (2002年1月 - 2017年9月) - サブMC テレビドラマ [ ]• 『サイ・トレイラー』 - 本人役• (EPISODE35) - アナウンサー役• - アナウンサー役• - 本人役• - ソンミ、ヨンミの大学の先輩役(日本語版吹き替え版)• (第6話) - アナウンサー役• (第2話) - アナウンサー役• (第114話) - 本人役• (2017年10月2日 - 12月22日) - ナレーション 映画 [ ]• - アナウンサー役(声の出演)• - おねえちゃん役(声の出演) 同期アナウンサー [ ]• (大学の同級生でもある)• (同上)• (現在は所属の) 関連項目 [ ]• 脚注・出典 [ ] []• Yahoo! ニュース デイリー 2020年5月14日. 2020年5月14日閲覧。 広島県ホームページ. 2017年9月21日時点のよりアーカイブ。 2017年12月27日閲覧。 ORICON STYLE. 2019年3月22日. 2019年3月23日閲覧。 本人もプロフィールページにて否定している。 なお、親戚関係については不明。 2012年4月6日放送『』出演時に本人が明かした。 ORICON STYLE. 2016年12月2日. 2019年3月23日閲覧。 ORICON STYLE. 2017年12月1日. 2019年3月23日閲覧。 ORICON STYLE. 2018年12月7日. 2019年3月23日閲覧。 ORICON STYLE. 2019年12月6日. 2019年12月12日閲覧。 デイリー新潮. 2019年6月26日. 2019年12月13日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の

大下容子とは

大 下 容子

もくじ• 同年の「 Jリーグ A GOGO!」でアナウンサーデビュー。 1998年 10月から情報番組「ワイドスクランブル」の MCを務め、知名度が上昇。 2002年 1月から「 SmaSTATION!!」のサブ司会を担当。 同年の「トリック 2」でドラマ初出演し、他にも「仮面ライダークウガ」や「ダブルス」、「安らぎの郷」などのドラマに出演。 2017年 11月から「ビートたけしのスポーツ大将」の進行を務める。 学歴~出身大学の詳細 スポンサードリンク 出身大学: 慶応義塾大学 法学部法律学科 偏差値 70(超難関) 大下容子さんは高校卒業後は、名門私大の慶応義塾大学に進学しています。 大学時代は22時が門限だった女子寮の女子学生会館に住んでいたことから、真面目な学生生活を送っていたとインタビューで話しています。 大学では法律を専攻するとともに、テニスサークルにも所属していました。 (大学時代) 「フォーエバー」というサークルに所属して、テニスに打ち込んだと話しています。 「『フォーエバー』というテニスサークルに入っていました。 当時はもう本当にテニスに夢中でしたね。 とにかくスポーツが好きだったので。 4年生まで続けましたから。 サークルのみんなと 神宮球場に慶早戦の応援にも行ったりもしましたよ。 」 その一方で大下さんは法律学科のゼミナール委員会にも所属して、総務を担当していました。 そして就職活動を開始した際には特にアナウンサー志望だったわけではなく、金融業やメーカーなど職種を問わずOB・OG訪問をしたそうです。 そのため大下さんはアナウンススクールなどの養成所などにも通っていませんでした。 ところがテレビ朝日のプレ採用で最終選考で落ちたことで、アナウンサーを目指す気持ちが強くなったそうです。 「実際、少し早めに始まっていたテレビ朝日のアナウンサープレ採用では最終選考まで進んだものの、結局一度落ちちゃってるんです。 そのプレ採用の過程で仲良くなっていた(後に同期入社となる)丸川珠代(参議院議員、東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技 大会担当国務大臣)さんは先に受かってて。 」 そのためアナウンサー試験に力を入れたところ、見事に在京キー局のテレビ朝日にアナウンサー職で採用されています。 同期には前記の丸川さんのほか、角澤照治さんや坪井直樹さんがいました。 ちなみに角澤さんと坪井さんは大下さんと同じ慶大の出身者です。 加えて入社直後は出身地の広島訛りに悩まされたことを、インタビューで明らかにしています。 「テレビ朝日にアナウンサーとして入社してすぐの新人研修で広島訛りを指摘されまして。 自分としては大学時代の4年間を東京で暮らしていたので、すっかり標準語が板についていると思っていたんですけど。 」 テレビ朝日入社当初はさほど目立った存在ではなかったものの、 28歳で「ワイドスクランブル」の MCに起用されると、知名度も上昇。 以降は同局の看板女子アナウンサーのひとりとして、人気番組を歴任しています。 スポンサードリンク 学歴~出身高校の詳細 出身高校: 広島大学附属高校 偏差値 75(超難関) 大下容子さんの出身校は、国立の共学校の広島大学附属高校です。 同校は広島県内でも屈指の進学校で、古くから政財界や学界に多くの人材を輩出してきました。 ちなみに2018年の同校の主な進学実績は以下のとおりです(浪人生含む) 東京大学:10名 京都大学:8名 大阪大学:11名 広島大学:40名 早稲田大学:26名 慶応義塾大学:10名 関関同立:104名 大下さんは高校時代はバレーボール部に在籍しています。 また高校時代は同級生とガールズバンドを組むなど、かなりの進学校に通学していたにも関わらず勉強一辺倒ではなく、アクティブに活動していました。 なお後述するように父親が医者だったことから大下さんは当初は医師を志望していましたが、理数系の科目が苦手だったこともあり高校時代に断念しています。 【主な卒業生】 阿川弘之(作家・阿川佐和子の父) 頼近美津子(アナウンサー) スポンサードリンク 学歴~出身中学校の詳細 出身中学校: 広島大学附属中学校 偏差値73(超難関) 大下容子さんの出身中学校は、国立の共学校の広島大学附属中学校です。 この中学校は高校に併設している系列校で、そのため高校へは内部進学で進んでいます。 中学時代もバレーボール部に在籍しており、部活動に打ち込んでいます。 「私は、広島生まれの広島育ち。 中学・高校時代はバレーボール部に所属していました。 とにかく元気いっぱいのスポーツ少女でした 笑。 」 ただし大下さんの中学校時代の情報やエピソードはあまり見当たりませんでした。 学歴~出身小学校の詳細 出身小学校: 広島大学附属小学校 大下容子さんの出身小学校は、国立の共学校の広島大学附属小学校です。 この小学校も広島大学の系列校で、1905年開校の名門小学校です。 家族構成は両親と兄の4人家族です。 父親は医師で実家は広島市内で内科医を営んでおり、現在は兄が跡を継いでいるとのこと。 大下さんは小学生の頃から成績は非常に優秀でしたが、スポーツも得意でした。 小学生の頃は陸上をやっていました。 以上が大下容子アナウンサーの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。 アラサーで人気が出はじめた珍しいタイプで、以降は数々のテレビ朝日の人気番組に出演してきました。 またアナウンサーとしての実力も高く、このところは「好きな女子アナウンサーランキング」にも上位に入るほどの人気です。 大器晩成タイプのようですから、今後のさらなる飛躍にも期待したいところです。 スポンサードリンク ここまでお読みいただきありがとうございました。 ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。 また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。 なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。 このところ当サイトのページが警告音とともに「 Windowsセキュリティシステムが破損しています」とのページに切り替わることが稀にあります。 このような表示はすべて詐欺なので、「更新」や「続行」、「こちらをクリック」などのボタンは絶対に押さないでください。 万が一、そのような表示が現れた場合にはページをいったん閉じてから再開してください(クリックさえしなければ実害はありません)。 なお当サイトはグーグル社提供の広告ユニットを使用していますが、そのような詐欺広告はグーグル社のチェックをかいくぐって表示されています。 現状では当サイトでブロックすることができないことをご了承ください(いずれグーグル社に対策されると思われます).

次の

こんなところに93同期!?【第3回】大下容子君

大 下 容子

BRAHMINのニットとショートパンツを着用していましたが、公式オンラインサイトではまだ発表されていないようです。 近所には歌手の吉田拓郎さん、元マリノスの木村和司さん、元セレッソ大阪の森島寛晃さんの実家があります。 大下アナは理系が得意ではなかったので医者へは進まなかったそうです。 因みに、アナログ人間なのでパソコンも不得意なのだとか 中学高校時代はバレーボール部に所属し、アマチュアバンドを組んでヤマハのコンテストにも出演した経験があるそうですよ。 大学時代はテニスサークルに所属しています。 チャラいイメージのテニサーですが すみません… 、法律学科のゼミナール委員会に所属し、22時門限の女子寮に住んでいるなど真面目な学生生活を送っていたそうです。 1993年テレビ朝日に入社、同期は参議院議員の丸川珠代さん、坪井直樹アナウンサー、角澤照治アナウンサー。 坪井アナと角澤アナは大学の同級生でもあります。 入社後、 スポーツキャスターとして活動を開始、1994年には「Jリーグ A GOGO!! 」のレポーターとして初レギュラー。 1998年10月から 「ワイド! スクランブル」の司会を担当、2002年1月からは 「SmaSTATION!! 」のサブMCに。

次の