日本 くらう ど 証券 診断。 証券診断とは

日本LCQS協会認定証券診断士資格取得講習のご案内(名古屋)9月開催

日本 くらう ど 証券 診断

しかし、過去比較の方が連動性が高いことから、現在の株価は「割安」と結論付けました。 但し、この銘柄の株価が「520円」を超えると割高圏内に入ります。 加えて、PBRが一倍割れなことから将来のキャッシュフローが悪化する見通しの場合を除き、長期的には下値リスクの軽減から買い圧力が高まる可能性があります。 このように、この銘柄は現在の株価水準において割安と判断されますが、この結果は必ずしも今後の株価の上昇を示唆するものではありません。 投資判断においては、株主還元関連事項を中心に、企業や外部環境の動向に注視してください。 【過去比較】 過去2年間において、この銘柄は配当利回りの変動幅が最も狭いことから株主還元策が投資判断で重視されている可能性があります。 現状、配当利回りは過去平均値より高い為、過去比較の観点からは割安と判断されます。 【相対比較】 一方、この銘柄のPBRは同一業種分類銘柄の平均値と連動性が高い傾向にあります。 つまり、この銘柄の投資判断では同一業種分類を対象に純資産動向が比較されている可能性があります。 また、この銘柄は相対比較において割引評価される傾向にある為、それを考慮します。 結果、現在、この銘柄の株価は相対比較の観点で妥当圏内と判断されます。 株価診断結果「割安」に賛成 日本証券金融 8511 の買い予想。 宇宙の帝王 さんの株価予想。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

日本LCQS協会認定証券診断士資格取得講習のご案内(名古屋)9月開催

日本 くらう ど 証券 診断

「証券会社」を選ぶとき、ある程度の投資経験がある人なら、各証券会社の「売買手数料」や「取扱商品の種類」、「ポイント制度」などを比べ、自分の投資スタイルに合った証券会社を選ぶことができるだろう。 しかし、投資を始めたばかりのビギナーにとって証券会社選びはなかなかハードルが高い。 そんなとき参考になるのが、「他の人はどこの証券会社を使っているのか」だ。 多くの人が利用している人気の証券会社であれば、コストや使い勝手の良さを含めた「総合的な評価」が高く、自分にとっても良い証券会社である可能性は高いだろう。 まだ投資に慣れていない最初のうちは人気の証券会社を利用し、その後「自分にはこんな証券会社が使いやすいし、手数料も安い」というのが見えてきたら、あらためて別の証券会社に乗り換えることも可能だ。 そこで今回は、ザイ・オンラインを通して行われた「証券会社の口座開設申し込み件数」を集計し、ザイ・オンライン読者が選ぶ「ネット証券人気ランキング」を作成した! ぜひ証券会社選びの参考にして欲しい。 SBI証券 SBI証券は、売買手数料や取扱商品、使い勝手など 総合力の高さがネット証券の中でもピカイチ!! ザイ・オンライン読者が選ぶ「ネット証券人気ランキング」で、見事1位に輝いたのはSBI証券だ。 SBI証券は、人気ランキングを集計し始めてから常に1位の座をキープしている、まさに「不動の王者」と言ってもいいだろう。 実際の口座数でも、SBI証券はネット証券で最大手となっている。 そんなSBI証券の魅力を簡単にまとめてしまうと、「売買手数料のお得さ」と「商品・サービスの充実度」だろう。 まず、売買手数料だが、SBI証券は2019年12月に、1日定額制プランの売買手数料を大幅に引き下げ、1日50万円の取引まで無料化した。 しかも、「現物取引」「制度信用取引」「一般信用取引」のそれぞれで50万円までなので、合計で1日最大150万円まで手数料0円で取引できる。 もちろん1日50万円を超えると売買手数料が発生するが、その金額は他の証券会社と比較しても十分に安く、業界最安値水準と言える。 商品・サービスの充実度に関してだが、まず、投資信託数やIPO取扱数はトップクラス。 米国株から中国株、韓国株、ベトナム株など、外国株式のラインナップもダントツだ。 59までリアルタイムで株の売買ができる夜間取引(PTS取引)や、1株(数百円)から株の売買ができる単元未満株取引にも対応している。 夜にしか時間の取れないサラリーマン投資家や、投資資金はないが株式投資にチャレンジしたいという人にもおすすめと言える。 01~0. 2%相当のTポイントが貯まる「投信マイレージサービス」など、ポイントプログラムも充実している。 「投信マイレージサービス」は、投資信託を持っているだけで毎年ポイントが貯まり、さらに、その保有金額が多いほどポイントが入ってくるので、長期投資が基本となる積立投資との相性は抜群。 つみたてNISAも対象なので、上手に活用したい。 01%にアップ! SBI証券の口座開設時に住信SBIネット銀行の口座も同時に開設できるので、まだ住信SBIネット銀行の口座を保有していない人は一緒に申し込むのもおすすめだ。 売買手数料 (税抜) 投資信託 外国株 10万円 20万円 50万円 0円 (1日定額) 0円 (1日定額) 0円 (1日定額) 2641本 米国、中国、 韓国、ロシア 、アセアン 【SBI証券のおすすめポイント】 ネット証券最大手で、1日定額制コースだと現物・制度信用・一般信用取引がそれぞれ1日50万円まで、合計で 1日最大150万円まで売買手数料がなんと0円! 手頃な手数料はもちろん、痒いところに手が届くような豊富なサービスにも注目したい。 投資信託の数は2600本超でトップクラス。 投資信託が100円以上1円単位で買えるので、投資初心者でも気軽に始められる。 IPOの取扱い数は、大手証券会社を抑えてトップ。 PTS取引も利用可能で、特に夜間PTSは現物手数料が無料で売買できるのでお得だ。 海外株式は、米国、中国、ロシアのほか、アセアン株式も取り扱うなど、とにかく商品の種類が豊富だ。 低コストで幅広い金融商品に投資したい人には、必須の証券会社と言えるだろう。 また、各種取引で 「Tポイント」が貯まり、貯まった「Tポイント」で投信の買付ができる。 「2020年 オリコン顧客満足度ランキング ネット証券」では 5年連続13度目の1位を獲得した。 【関連記事】 松井証券 松井証券は、株主優待名人・桐谷さんも愛用している 「初心者におすすめ」のネット証券! 2位にラインクインしたのは、株主優待名人として知られている桐谷広人さんが「初心者におすすめ」と太鼓判を押す松井証券だ。 松井証券が初心者におすすめの理由は、やはり売買手数料。 以前から1日10万円の取引まで手数料がかからなかったが、2019年12月から無料枠を拡大し、現物取引と信用取引を合わせて1日50万円まで手数料0円となった。 SBI証券の解説でも書いたが、全上場銘柄のうち約95%の銘柄は50万円以内で売買可能なので、1日50万円まで売買手数料を気にすることなくトレードできるのはユーザーににとって大きなメリットと言えるだろう。 今でこそSBI証券、マネックス証券、岡三オンライン証券などが「すべての投資信託で売買手数料0円」をうたっているが、松井証券はその先駆けと言える。 また、通貨選択型やカバードコールを使った商品など、素人には中身がわかりにい投資信託を一切扱ってないのも投資初心者にはありがたい心遣いだ。 さらに、無料ロボアドバイザーの「投信工房」が初心者にとっては便利。 「投信工房」は、8つの質問に答えるだけで投資信託のおすすめポートフォリオを作成してくれるうえ、リバランスなど積立開始後の管理までほぼ自動で行ってくれる。 これは他の証券会社が有料のラップ口座などで提供しているサービスとほとんど同じで、無料のロボアドバイザーの中ではダントツで高機能と言える。 投資信託の信託報酬のうち、販売会社(松井証券)が受け取る分の上限を0. 例えば、「」なら、年間0. 信託報酬の高い投資信託ほど割引率が高くなるので、信託報酬が高くなりがちなアクティブファンドでの資産運用を考えている人には、特におすすめの証券会社と言える。 なお、貯まった「松井証券ポイント」は、投資信託の積立購入などに利用可能だ。 資金が少ない初心者の個人投資家にはおすすめだ。 一方、デイトレード限定で手数料が無料になる「一日信用取引」、手数料が激安になる「一日先物取引」など、 専業デイトレーダーにとって利便性の高いサービスも充実している。 PTS(私設取引システム)では、早朝や昼休み、夜間も取引が可能。 すべての投資信託の販売手数料は無料! さらに2020年4月から、信託報酬のうち販売会社(松井証券)が受け取る分の上限を0. こうした徹底的なコストカットにより割安なサービスを提供している。 「みんなの株式」による 2019年ネット証券年間ランキングでは「投資信託」「信用取引「チャート」の3部門で1位を獲得! その使い勝手の良さは、 株主優待名人・桐谷さんも「初心者に特におすすめ」と太鼓判を押している。 【関連記事】 DMM. com証券(DMM株) DMM. com(DMM株)が一躍ランクインを果たした。 DMM. com証券の最大のメリットは、1約定ごとプランでの売買手数料の安さだ。 現物取引では10万円まで80円、20万円まで97円という低コストを実現している(すべて税抜)。 さらに信用取引の売買手数料は、1約定300万円まで一律80円(税抜)と非常にお得だ。 米国株の銘柄数は1000社以上で、マネックス証券などに比べると少なめだが、FAANG(Facebook、Apple、Amazon、Netflix、Google)などの有名IT株やバンガードなどの人気ETFは、しっかりと網羅している。 com証券が急速に順位を上げた最大の理由は、口座開設のスピードだ。 スマホから口座開設を申し込むと、なんと最短でその日のうちに取引を始めることができるのだ。 2020年2月以降、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で相場が大きく変動したが、それを見て「今がチャンス、急いで証券口座を開設しよう!」と考えた人が、数多くDMM. com証券に申し込んだようだ。 ただし、「申し込んだ当日から取引可能」というのはあくまでも「最短」の場合であって、申込時間や窓口の混み具合などによっては取引可能になるまで日数がかかる場合もあるので注意しよう。 com証券のおすすめポイント】 国内株と米国株のトレードに特化したネット証券で、 最大のメリットは売買手数料の安さ。 国内株なら1約定5万円まで50円(税抜)で売買可能! 大手ネット証券と比較すると、 約定金額が大きいほど割安度が高い。 また、 売買手数料の1%分のポイントが貯まるのもメリットだ。 スマホ用アプリも「かんたんモード」と「ノーマルモード」を使い分ける形になっており、 初級者から中上級者まで、幅広い個人投資家にとってトレードしやすい環境が整っている。 新規口座開設で国内株式取引手数料が1カ月間無料。 また、口座開設完了者の中から 抽選で毎月10名に2000円がキャッシュバック。 口座開設手続きが期間に迅速で、 最短で申し込んだ当日に取引が可能になる点も便利。 【関連記事】 マネックス証券 マネックス証券は、米国株と中国株の銘柄数が豊富! IPO取扱数も毎年トップクラスの多さ! 続いて4位には、マネックス証券がランクインした。 マネックス証券の魅力のひとつは、外国株の銘柄数が非常に多いことで、米国株は3500銘柄以上、中国株は2400銘柄以上を売買することができる。 米国ETFの中で「USAプログラム」の対象となる9銘柄は、売買手数料が実質無料(キャッシュバック)なのもメリットだ。 外国株の売買に興味がある人なら、マネックス証券はまず口座開設を検討すべき選択肢となるはずだ。 NISA口座で日本株の売買手数料が無料になる証券会社は多いが、外国株の買付手数料までお得になるのは、主要証券会社の中ではマネックス証券だけだろう。 毎年、主幹事こそないもの数多くのIPO株を取り扱っており、2019年のIPO取扱数は45件と全証券会社の中で4番目の多さだった。 割り当てられたIPO株の100%を「1人1票の平等抽選」で配分しているため、資金の少ない投資初心者でもIPO当選を狙いやすいだろう。 売買手数料 (1約定ごと、税抜) 投資信託 外国株 10万円 20万円 50万円 100円 180円 450円 1172本 米国、中国 【マネックス証券のおすすめポイント】 1約定30万円までなら売買手数料の安さはトップクラス。 逆指値をはじめとした 自動売買機能が充実しているのも魅力だ。 さらに、PTSなどを併用して有利な価格の約定が狙えるSOR注文も利用できる。 米国株は最低手数料0ドル(税抜)から購入可能。 また「USAプログラム」対象の米国ETFなら 売買手数料が全額キャッシュバック! バフェットやソロスなど、 著名投資家のポートフォリオを解析するサービス「iBillionaire」もおすすめだ。 さらに、 多彩な注文方法や板発注が可能な「マネックストレーダー」など、トレードに役立つツールもそろっている。 なお、投資信託を買うと申込手数料の1. 【関連記事】 SBIネオモバイル証券 SBIネオモバイル証券は、1株から株の売買が可能! スマホユーザーにも使いやすい次世代型のネット証券 5位には、2019年4月に開業したばかりの新興ネット証券・SBIネオモバイル証券がランクインした。 「シンプルな商品ラインナップ」や「1株から株を売買可能」「売買手数料がお得」など、初心者にとっての使いやすさに徹底的にこだわった点が評価されての高順位だ。 取扱商品は、「国内株式の現物取引」と「IPO株」「FX」「海外ETFの積立投資」「iDeCo」のみ。 シンプルに「株を始めたい」と考えている投資初心者には、わかりやすいだろう。 「1株から株が売買可能」なので、数百円あれば株を買うことができるのも大きな特徴。 数万円もあれば、複数の銘柄を組み合わせてポートフォリオをつくるなど、本格的な投資を実践することが可能だ。 さらに「ひとかぶIPO」では、1株からIPOに申し込しこむこともできる。 月50万円までの売買なら、サービス利用料は税込で月額220円。 しかも毎月Tポイントがもらえるので、それを差し引くと、実質的に1カ月18円(税込)で50万円までの株を売買可能。 ライトユーザーにとっては、非常にお得な手数料体系と言える。 こうした次世代ネット証券は、従来の証券会社に比べて「初心者にとっての使いやすさ」や「スマホでの取引のしやすさ」に力を入れているので、特に「株式投資って難しそう」というイメージを持っている投資初心者におすすめしたい証券会社だ。 しかも、単元未満株の売買コストが大手ネット証券と比較して非常に安いので、 数百円あれば株式投資を始めることができる。 Tポイントを使って株を買うことができるサービスも魅力的だ。 また、 1株からIPOに申し込みができるのも他の証券会社にはないユニークなサービスだ。 「株を始めたいが投資資金があまりない」という初心者におすすめのネット証券だ。 【関連記事】 野村證券 野村證券は、国内最大手の安心感とIPO主幹事数の多さが魅力! インターネット取引なら売買手数料もお得 6位にランクインしたのは、国内最大手の証券会社・野村證券だ。 野村證券は、もともと窓口取引を中心とした老舗証券会社だが、最近ではインターネット取引にも力を入れており、ネット取引専用口座「野村ネット&コール」は、窓口取引にくらべて売買手数料が大幅に引き下げられている。 そんな野村證券がザイ・オンライン読者に人気がある理由は、ずばりIPO主幹事の多さだ。 IPO株は非常に人気が高いが、競争率が高いので申し込んでもなかなか当選しない。 そんなIPO株に当選する1番の近道は主幹事証券から抽選に申し込むことだが、野村證券はその主幹事数が毎年トップクラスなのだ。 つまり、口座に資金が入っていなくても、IPOに申し込める。 IPOに当選したいなら、口座を開いておきたい証券会社だろう。 売買手数料 (1約定ごと、税抜) 投資信託 外国株 10万円 20万円 50万円 139円 300円 477円 1163本 米国、中国、ドイツ 、オーストラリア 【野村證券のおすすめポイント】 国内最大手の老舗証券会社なので、安心感は抜群! 最近ではネット取引に力を入れており、ネット取引専用口座「野村ネット&コール」なら、 店頭での窓口取引にくらべて売買手数料が大幅にお得になっている。 また、大手証券会社だけあって 投資情報や銘柄分析レポートが充実しており、専門家による数多くの調査レポート動画も視聴できる。 さらに、 IPO取り扱い数がトップクラスなのも大きなメリット。 特に主幹事数が多いので、本気でIPO投資をするならぜひ口座を持っておきたい証券会社だ。 会社やレジャーなどの外出先でも株価のチェックや取引をしたい人には、スマホ用株アプリ「野村株アプリ」が便利。 ランキング上位に食い込めなかったものの、注目したい証券会社をいくつか紹介しよう。 まずはGMOクリック証券だ。 GMOクリック証券の最大の特徴は、取引コストの安さだ。 特に1約定ごとの売買手数料は、約定金額10万円で88円、20万円で98円と最安値レベル(すべて税抜)。 さらに、株主優待を利用した裏ワザを使えば、1年間に「最大375回分」の売買手数料を0円にすることができる。 また、インターネット企業として知られるGMOグループだけあって、取引ツールの開発にも力を入れている。 シンプルに「取引コストを安く抑えながら、使いやすいツールで株を売買したい」と考える人には、おすすめできる証券会社だ。 さらに、8位の岡三オンライン証券にも注目したい。 岡三オンライン証券は、大手証券会社の岡三証券のオンライン部門として設立されたネット証券だが、ここ数年で売買手数料やサービス内容を大幅にブラッシュアップしており、それにともない口座数を急速に増やしている。 売買手数料は、2019年12月に大幅に引き下げされ、1日定額制プランなら1日50万円まで無料となった。 現物取引と信用取引のそれぞれで50万円ずつなので、合計で1日最大100万円まで手数料0円でトレードできる。 主幹事こそないものの、2018年は45社、2019年は35社とIPO取扱数はトップクラス。 松井証券や野村證券と同じように、IPOのブックビルディング申込時に資金を用意する必要がないのもメリットで、資金を気にすることなく気軽にIPOに申し込むことができる。 独自開発の取引ツール「岡三ネットトレーダーシリーズ」は、初心者でも導入が簡単な「無料WEB版」、発注機能に特化した「無料版」、企業分析機能やシステムトレードまで可能な「プレミアム版」など、用途に合わせて使い分けたい。 OCO注文からIFD注文、トレール注文まで、豊富な特殊注文が使えるのもポイントだ。 株取引や先物・オプション、CFD(くりっく株365)などの品揃えと、工夫が効いたツールの使いやすさから デイトレーダーに人気が高い。 また「株式投資情報局」のアナリストレポートが充実しており、中長期志向の投資家にも向いている。 「2020年オリコン顧客満足度ランキング」では、「ネット証券」においてSBI証券と並んで初の総合1位を獲得した。 【関連記事】 注)この表は、2020年6月1日時点の情報に自動更新されているため、記事執筆時の情報とは異なっている場合があります。 もうひとつ、ぜひ紹介しておきたいのが、5位のSBIネオモバイル証券と同じく次世代型のネット証券として誕生したLINE証券だ。 LINE証券がザイ・オンラインから申し込めるようになったのが2020年4月からなので年間ランキングには入っていないものの、その人気は高く、将来的には確実にランクインしてくると思われる。 LINE証券の特徴は、「株初心者にとっての使いやすさ」にこだわっていることで、売買はスマホ取引のみ。 その取引用アプリは、株式投資をしたことがない人でも直感的に操作できるシンプルでわかりやすいデザインになっている。 また、1株から売買できる「単元未満株取引」に力を入れているのも株初心者にはありがたい点だ。 LINE証券は、「投資をもっと身近に、もっと手軽に」というミッションを掲げており、「株式投資を始めてみたいけど、少し怖い」という人にとって、ベストな選択肢のひとつと言えるだろう。 買付時の売買手数料が無料というユニークな料金プランで、買付+売却のトータルで比較すると 業界最低水準の売買手数料となっている。 スマホに特化した証券会社でパソコンから取引には対応していない、その分、アプリの取引画面はシンプルで初心者でも直感的にわかりやすいデザインになっている。 また、300銘柄に限って1株単位での売買が可能で、その売買手数料が日中なら約定金額の0. 05%と 単元未満株取引の売買手数料としては格安なのも大きなメリット。 【関連記事】 注)この表は2020年6月1日時点の情報に自動更新されているため、記事執筆時の情報とは異なっている場合があります。 以上、今回は、ザイ・オンラインを通して行われた「ネット証券の口座開設の申込数」をもとにした「2020年版 ネット証券人気ランキング」を発表した。 各ネット証券によって、「売買手数料が安い」「外国株が豊富」「IPOの取扱数が多い」「全体的に高レベルでバランスが取れている」など、さまざまな特色を持っている。 これから投資を始めようと思っている人も、証券会社の乗り換えを検討している人も、ぜひ今回のランキングを参考にして、自分に合ったネット証券を見つけて欲しい。 資金が少なく、複数の銘柄に分散投資する初心者の個人投資家にはおすすめだ。 さらに、2016年度 JCSI 日本版顧客満足度指数 調査で、証券業種の第1位を獲得! その使い勝手は、チャート形状で銘柄を検索できる「チャートフォリオ」を愛用している株主優待名人・ 桐谷さんも「初心者に特におすすめ」と太鼓判を押す。 また、デイトレード限定で手数料が無料になる「一日信用取引」、手数料が激安になる「一日先物取引」など、 専業デイトレーダーにとって利便性の高いサービスも充実している。 投資信託の数は約2700本と業界トップクラス。 投資信託が100円以上1円単位で買えるので、投資初心者でも気軽に始められる。 さらに、 IPOの取扱い数は、大手証券会社を抜いてトップ。 PTS取引(私設取引システム)も利用可能で、一般的な取引所より有利な価格で株取引できる場合もある。 海外株式は、米国、中国、ロシアのほか、アセアン株式も取り扱うなど、とにかく 商品の種類が豊富だ。 米国株が、2019年7月の値下げにより売買手数料が最低0米ドルから取引可能になったのも魅力。 低コストで幅広い金融商品に投資したい人には、必須の証券会社と言えるだろう。 「2020年 オリコン顧客満足度ランキング ネット証券」では、5年連続13度目の 1位を獲得。 小型株中心に売買する人には、魅力的な値段設定と言える。 米国株も最低手数料5ドル(税抜)から買えるので、非常にお手軽だ。 多彩な注文方法や 板発注が可能な高機能無料ツール「マネックストレーダー」など、トレードに役立つツールもそろっている。 中でも、日本株、米国株、先物取引について ロボットの投資判断を日々配信する「マネックスシグナル」は、スイングトレードのときに参考にしたい。 毎月5000円の掛金から始められる 低コストなiDeCoサービスも行っている。 買付時の売買手数料が無料というユニークな料金プランで、買付+売却のトータルで比較すると 業界最低水準の売買手数料となっている。 スマホに特化した証券会社でパソコンから取引には対応していない、その分、アプリの取引画面はシンプルで初心者でも直感的にわかりやすいデザインになっている。 また、300銘柄に限って1株単位での売買が可能で、その売買手数料が日中なら約定金額の0. 05%と 単元未満株取引の売買手数料としては格安なのも大きなメリット。 現物株は、1約定ごとの「一律(つどつど)プラン」でなら、約定代金5万円以下なら売買手数料が50円。 さらに、 信用取引の売買手数料はなんと0円で、 その手数料の安さは株主優待名人・桐谷さんのお墨付き。 口座開設から40営業日(約2カ月)までは、現物株、先物・オプションの取引手数料が無料になるキャンペーンも長年にわたって実施中。 無料の取引ツール「livestarR2」は高機能化が進んおり、特殊注文機能も完備。 低コストで株や先物取引をアクティブにトレードしたい人にはもちろん、売買頻度の少ない初心者や中長期の投資家にもおすすめの証券会社と言えるだろう。 信用取引の売買手数料と買方金利・貸株料も最安値レベルで、 一般信用売りも可能だ! 近年は、各種ツールや投資情報の充実度もアップしており、売買代金では5大ネット証券に食い込むほど急成長している。 商品の品揃えは、株式、先物・オプション、FXのほか、CFDまである充実ぶり。 CFDでは、各国の株価指数のほか、原油や金などの商品、外国株など多彩な取引が可能。 この1社でほぼすべての投資対象をカバーできると言っても過言ではないだろう。 com証券のおすすめポイント】 国内株式と外国株のトレードに特化したネット証券で、 最大のメリットは売買手数料の安さ。 1約定5万円までなら50円(税抜)で売買可能! 大手ネット証券と比較すると、 約定金額が大きいほど割安度が高い。 また、 売買手数料の1%分のポイントが貯まるのもメリットだ。 取引ツールは、シンプル機能の「DMM株 STANDARD」と高機能な「DMM株 PRO」の2種類。 スマホ用アプリも「かんたんモード」と「ノーマルモード」を使い分ける形になっており、 初級者から中上級者まで、あらゆる個人投資家にとってトレードしやすい環境が整っている。 2019年2月からIPOの取り扱いもスタート。 委託販売のみなので割当数は少なめだが、 口座に資金がなくてもIPOの抽選に申し込めるのは大きなメリットだ。 新規口座開設で1カ月間手数料無料。 また、口座開設完了者の中から抽選で毎月10名に2000円がキャッシュバックされる。 口座開設手続きが期間に迅速で、 最短で申し込んだ当日に取引が可能になる点も便利。 また、大手証券会社だけあって、 投資情報や銘柄分析レポートが充実しており、専門家による数多くの調査レポート動画も視聴可能。 さらに、 IPO取り扱い数がトップクラスなのも大きなメリット。 特に主幹事数が多いので、本気でIPO投資をするならぜひ口座を持っておきたい証券会社だ。 会社やレジャーなどの外出先でも株価のチェックや取引をしたい人には、 スマホ用株アプリ「野村株アプリ」が便利。 【関連記事】 ZAiオンライン アクセスランキング• ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ザイ・オンライン編集部(2020. 16)• ザイ別冊編集部(2017. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ザイ・オンライン編集部(2019. ラカンリチェルカ(村瀬 智一)(2020. 19)• ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ別冊編集部(2017.

次の

日本LCQS協会認定証券診断士資格取得講習のご案内(名古屋)9月開催

日本 くらう ど 証券 診断

タイプA 好奇心旺盛で研究熱心なあなたは? 株式タイプ 好奇心旺盛で研究熱心なあなたには 「株式投資」との相性がよいかもしれません。 まずは将来の世の中を想像してみましょう。 5年、10年先の私たちの生活はどうなる?何が必要になる?そのためにはどんなサービスや製品が必要とされる?そんなイメージから思い浮かぶ会社をいくつかピックアップ。 そのほかにも、いま話題になっている業界や企業を探してみるのもよし、お気に入りの商品やサービスなどに関係する会社を探してみるのもよし。 自分が応援したいと思える会社を選んでみましょう。 株式を持つと、世の中の動きや経済にも敏感になるはずです。 これから成長しそうな会社の株式を少しずつ買っていき、想像どおりの未来がやってくれば、大きな収益も期待できますよ。 ただし、投資は余裕資金ですることが鉄則。 多少損をしても支障がない範囲でトライしてみてはいかがですか? なお、株式投資の方法は値上がり益を狙った短期的な売買に限りません。 例えば、購入してから数年間は配当金や株主優待を受け取り、株価が十分に上昇してきたら売却して値上がり益もゲット!という考え方もあります。 自分に合った株式投資の方法についても考えてみましょう。 また、株式を投資する際にはNISAという制度を活用すると税制優遇を受けることができますので、あわせて検討してみましょう! 当チャートは金融商品の推奨を目的としたものではありません。 投資に関する判断はご自身で行ってくださいますようお願いいたします。 タイプB 好奇心旺盛で研究熱心なあなたは? 債券タイプ 無理はしたくない堅実派のあなたには 「債券投資」との相性がよいかもしれません。 満期になるまで利息が受け取れ、定期預金感覚で投資ができるのが債券。 大きなリターンは望めなくても、着実にお金をふやしたいタイプの方にぴったりです。 じっくり考えて投資先を選べば、銀行に預けたままにするよりもお金をふやせるのが魅力です。 ひと言で債券といってもいろいろな種類があります。 例えば、個人向け国債はじっくり着実なリターンねらい。 少し冒険してもいいのなら、社債や外国国債などを選択肢に入れてもいいでしょう。 ただし、債券も値動きします。 「債券だから安心」と油断せず、事前にリスクもリサーチして選ぶことがポイント。 安全性と利益のバランスを考えて投資することをお忘れなく。 当チャートは金融商品の推奨を目的としたものではありません。 投資に関する判断はご自身で行ってくださいますようお願いいたします。 タイプC バランス感覚に優れたあなたは? 投資信託タイプ 何事も行きすぎず、バランス感覚に優れた あなたには「投資信託」との相性が よいかもしれません。 資産形成のための投資なら「投資信託の積立」がぴったり。 月々数千円からでも始めることができ、選んだ投資信託の中で月々の積立金を自動的に運用してくれるので、あまりマメな性格ではない方でも資産運用ができます。 値段の上げ下げに一喜一憂するのではなく「値段が上がったら利益がとれてラッキー、値段が下がったら安くたくさん買えるのでラッキー」と、長い目で見てコツコツ続けることが資産形成のコツです。 なお、投資信託への投資を積立でコツコツはじめたいと思ったら、つみたてNISAという税制優遇制度があります。 年間の投資金額が40万円までなら最長20年間売却益などが非課税になりますので、ぜひ利用を検討してみましょう! 当チャートは金融商品の推奨を目的としたものではありません。 投資に関する判断はご自身で行ってくださいますようお願いいたします。

次の