レンギョウ 花 言葉。 ブルーベリーの花言葉/春を告げる花と豊かな実り

コロナウィルスに効く?漢方薬「双黄連」の生薬|金銀花・黄芩・連翹

レンギョウ 花 言葉

レンギョウは、ちょうど桜と同じころ、春を待ちわびていたように一斉に小さな黄色い花を枝いっぱいに咲かせる低木です。 日本では、公園や校庭でよく植栽されています。 玄関先に植えている家もあれば、盆栽としても人気のある花木です。 生命力の強い丈夫な樹なので、中国やヨーロッパでも広範囲で庭木や生垣にされています。 洋の東西で、本格的な春の到来を告げる花として広く愛されています。 西洋には、 「春はレンギョウの花で始まる」 という言葉もあります。 いずれの国でも、春の訪れを喜び、希望に満ちた花言葉が付けられています。 もくじ• レンギョウの花言葉 レンギョウ全般の花言葉 『希望』 『叶えられた希望』 『豊かな希望』 『期待』 『集中力』 『言いなりになる』 西洋の花言葉 『anticipation(期待)』(英) 『attente(期待)』(仏) 『verwachting(期待)』(蘭) 中国の花言葉 『勝利』 『喜び』 『謙虚』 レンギョウってどんな花? 日本産は絶滅危惧種 レンギョウ属は世界に10数種しかなく、ほとんどの種類は東アジアで見られます。 ヨーロッパにも1種類だけ原種がありますが、植栽として広まっているのは、中国原産種をドイツで品種改良した大輪の花が咲く品種です。 日本でも、切り花として売られ、生け花などに使われるレンギョウは、このドイツ生まれの園芸種です。 各地の植木のほとんどは、中国大陸からの外来種です。 日本原産の品種も2種類あります。 ヤマトレンギョウ• ショウドシマレンギョウ ヤマトレンギョウは中国地方の一部、ショウドシマレンギョウは小豆島だけに生息する固有種です。 どちらも近年減少ぎみで、絶滅危惧種に指定されています。 植栽されているレンギョウ 私たちが公園などでよく目にするレンギョウは、以下の3種類のどれかです。 1,シナレンギョウ(中国原産) 枝がまっすぐ上に伸び、花と一緒に葉もでるのが特徴です。 剪定しやすく、植栽や盆栽に使われるものの多くがこれです。 鈴なりに咲き乱れた枝を見て、これから訪れる活動シーズンのことを思ってワクワク胸を膨らませる印象から、 『期待』 を象徴する花とされています。 強い生命力 レンギョウにこれほどポジティブな印象を抱くのは、この花の強い繁殖力からくるイメージも影響しています。 シダレレンギョウの枝先が地面につくと、そこからも根が出て新しい株となります。 増やす時は、挿し木で簡単に根付きます。 『希望』 『叶えられた希望』 『豊かな希望』 日本人がこんなに希望を抱いたのは、強い生命力にすがる気持ちも入っています。 『集中力』 これも、いっきにブワっと満開になる勢いにちなむ花言葉です。 幸運の縁起物 黄色は、西洋では不吉なイメージもありますが、東洋では喜びを表します。 また、黄金を連想させるので、幸運や金運を呼び込む、縁起のいい色です。 中国では、早咲きのレンギョウは、春節(中国のお正月)を祝う花の定番となっています。 『勝利』 『喜び』 『謙虚』 これらの花言葉は、そんなラッキーでハッピーなイメージの反映です。 ネガティブな言葉はどこから? 『言いなりになる』 ポジティブな表現に満ちた花言葉の中に、なぜか日本人はひとつだけネガティブな言葉を加えました。 この由来は探しても見つかりません。 もしかしたら、「中身がない」ことが「他者の言いなり」のイメージにつながったのかも・・・これはあくまでも仮説です。 断定して広めないでくださいね。

次の

レンギョウの花言葉

レンギョウ 花 言葉

レンギョウは、ちょうど桜と同じころ、春を待ちわびていたように一斉に小さな黄色い花を枝いっぱいに咲かせる低木です。 日本では、公園や校庭でよく植栽されています。 玄関先に植えている家もあれば、盆栽としても人気のある花木です。 生命力の強い丈夫な樹なので、中国やヨーロッパでも広範囲で庭木や生垣にされています。 洋の東西で、本格的な春の到来を告げる花として広く愛されています。 西洋には、 「春はレンギョウの花で始まる」 という言葉もあります。 いずれの国でも、春の訪れを喜び、希望に満ちた花言葉が付けられています。 もくじ• レンギョウの花言葉 レンギョウ全般の花言葉 『希望』 『叶えられた希望』 『豊かな希望』 『期待』 『集中力』 『言いなりになる』 西洋の花言葉 『anticipation(期待)』(英) 『attente(期待)』(仏) 『verwachting(期待)』(蘭) 中国の花言葉 『勝利』 『喜び』 『謙虚』 レンギョウってどんな花? 日本産は絶滅危惧種 レンギョウ属は世界に10数種しかなく、ほとんどの種類は東アジアで見られます。 ヨーロッパにも1種類だけ原種がありますが、植栽として広まっているのは、中国原産種をドイツで品種改良した大輪の花が咲く品種です。 日本でも、切り花として売られ、生け花などに使われるレンギョウは、このドイツ生まれの園芸種です。 各地の植木のほとんどは、中国大陸からの外来種です。 日本原産の品種も2種類あります。 ヤマトレンギョウ• ショウドシマレンギョウ ヤマトレンギョウは中国地方の一部、ショウドシマレンギョウは小豆島だけに生息する固有種です。 どちらも近年減少ぎみで、絶滅危惧種に指定されています。 植栽されているレンギョウ 私たちが公園などでよく目にするレンギョウは、以下の3種類のどれかです。 1,シナレンギョウ(中国原産) 枝がまっすぐ上に伸び、花と一緒に葉もでるのが特徴です。 剪定しやすく、植栽や盆栽に使われるものの多くがこれです。 鈴なりに咲き乱れた枝を見て、これから訪れる活動シーズンのことを思ってワクワク胸を膨らませる印象から、 『期待』 を象徴する花とされています。 強い生命力 レンギョウにこれほどポジティブな印象を抱くのは、この花の強い繁殖力からくるイメージも影響しています。 シダレレンギョウの枝先が地面につくと、そこからも根が出て新しい株となります。 増やす時は、挿し木で簡単に根付きます。 『希望』 『叶えられた希望』 『豊かな希望』 日本人がこんなに希望を抱いたのは、強い生命力にすがる気持ちも入っています。 『集中力』 これも、いっきにブワっと満開になる勢いにちなむ花言葉です。 幸運の縁起物 黄色は、西洋では不吉なイメージもありますが、東洋では喜びを表します。 また、黄金を連想させるので、幸運や金運を呼び込む、縁起のいい色です。 中国では、早咲きのレンギョウは、春節(中国のお正月)を祝う花の定番となっています。 『勝利』 『喜び』 『謙虚』 これらの花言葉は、そんなラッキーでハッピーなイメージの反映です。 ネガティブな言葉はどこから? 『言いなりになる』 ポジティブな表現に満ちた花言葉の中に、なぜか日本人はひとつだけネガティブな言葉を加えました。 この由来は探しても見つかりません。 もしかしたら、「中身がない」ことが「他者の言いなり」のイメージにつながったのかも・・・これはあくまでも仮説です。 断定して広めないでくださいね。

次の

#18 レンギョウ

レンギョウ 花 言葉

春の庭 花の交代 艶やかに ご好評にお応えしまして、リュウちゃんの家の庭に咲く春の花の続編をお届け致します。 リュウちゃんの家の庭では、既に白梅は完全に散りました。 それに代わりまして、今、満開を迎えていますのが、雪柳です。 雪柳は別名コゴメザクラ、雪柳の小さい花びらをよく観ますと、まるで桜の花びらとそっくりです。 雪柳の下に垂れ下がっていますのが、ハーブのローズマリーです。 このローズマリー、植えてから既に 10 年以上経ちますが、まだ、どんどん成長中なのです。 実は、庭の坪畑にも、もう1本植えてあったのですが、大きくなり過ぎて、他の野菜の日照の邪魔をするので、涙を呑んで、抜いてしまいました。 これは、草花というよりは、「樹木」ですね。 リュウちゃんの庭のシンボルツリーであります白木蓮、これも、植えて 10 年位になります、当初、1メートル位の苗木を植えたのですが、どんどん成長しまして、現在では樹高 4 メートル位、あまりに伸びますので、昨年秋に、上に伸びる枝をノコギリでチョン切ってしまいました。 その為でしょうか、今年の花付きは、密度が疎らです。 既に散ってしまった白梅と、雪柳と、白木蓮の間にひっそりと咲いています紅い木瓜(ぼけ)の花です。 木瓜は「 HARU @お友達募集中」さんによれば、盆梅の一種だそうですが、梅の花がまだ蕾の時に開花し、梅の花が完全に散ったあとでも、小さいながら、凛とした花を開花させています。 相当長持ちのする花のようです。 白い水仙はほぼ終ったのですが、今は黄色い水仙が何箇所かに咲いています。 水仙の学名は Narcissus(ナルキッサス)、 ギリシャ神話の美少年、池の水面に映る自分の姿のあまりの美しさに、恋をしてしまい、その分身を捉えようとして入水してしまいます。 池の畔りに埋葬されたナルキッサスの眠る大地から芽生えた花が水仙という訳です。 ナルシストという言葉がありますが、この言葉は、ギリシャの美少年ナルキッサスから来ているようです。 上述の「 HARU @お友達募集中」さんの家の庭にも、(3月 17 日更新のブログによれば)黄色い水仙が咲いています。 白い雪柳の横にあるレンギョウ( 連翹) です。 いつも隣の雪柳に遅れること2週間くらいで開花します。 レンギョウは、「智恵子抄」の詩人・高村光太郎が好んだ花のようで、彼の命日である 4 月2日を、レンギョウ忌と呼ぶのだそうです. このピンクの大輪(中輪?)は、山茶花(さざんか)なのですかね?椿なのですかね? リュウちゃん、未だに椿と山茶花の区別がよく判らないのです。 まあ、椿の親戚である事は間違いないようですが、椿と山茶花の線引きといいますか、区別はリュウちゃんにとっては、永遠の謎で終る感じがしています。 白木蓮の根元に可憐に咲いている花、例によって植え付け担当者の奥方に花の名前を聞いたのですが、判りませんでした。 どなたか、この花の名前を御存知の方、また御教授頂ければ幸いに存じます。 このブログに2度登場致しました「 」というブログを、改めまして紹介させて頂きます。 このブログは、タイトルを「直接ズボン法」といいまして、千葉県在住の女性が管理者です。 現在、楽天ブログの「俳句・短歌」部門で、第1位独走中、凛とした佇まい、時に軽妙に、時に繊細に、生きる事の哀しさ、楽しさを綴っている素敵なブログなのです。 リュウちゃん、一度訪問しまして、いっぺんにファンになってしまいました。 リュウちゃんブログをお読み頂いている皆様も、是非一度、訪問して見て下さい。 アクセスは、検索サイトに、「 」あるいは、「直接ズボン法」と入力すれば、簡単に出来ます。 楽天会員の方は、「花遍路(3)」のコメントから入れます。 「 」を、よろしくお願い致します。

次の