ジャイアンツ。 読売ジャイアンツ

巨人戦 読売ジャイアンツのチケット譲ります

ジャイアンツ

13 08:00• 13 05:02• 13 05:02• 12 22:09• 12 21:38• 12 20:47• 12 18:56• 12 18:50• 12 15:45• 12 15:39• 12 05:00• 12 05:00• 11 17:51• 11 17:41• 11 14:02• 11 13:48• 11 05:00• 10 17:32• 10 17:14• 10 16:11• 10 15:28• 10 15:26• 10 08:51• 10 08:49• 10 05:02• 09 20:22• 09 17:51• 09 17:35• 09 10:00• 09 05:00• 09 05:00• 08 08:00• 08 05:03• 08 05:01• 08 05:00• 07 16:20• 07 15:13• 07 15:11• 07 05:03• 07 05:02.

次の

読売ジャイアンツ|ローチケ[ローソンチケット] スポーツチケット情報・販売・予約

ジャイアンツ

概要 [ ] 『』(1931年に映画化)などの小説で知られる女流作家が書き終えるのに12年間かかったベストセラー小説を映画化した、監督の大河ドラマである。 ドラマの中心となるベネディクト家は、移り行くを映す鏡である。 監督は、その日常的な細部を克明に悠然たるテンポの演出で描くことによって、雄大なテキサスのを完成しようとした。 を基調として、澎湃たるテキサスの発達史を描きだそうとしたわけで、野心的な試みである。 また、女性の自立の問題や人種問題など、21世紀になった現在でも直面している問題に対して、先駆的な問題意識を観客に届けている。 (撮影当時28歳)、(当時23歳)、の主役3名が出演。 ディーンは、この作品の撮影終了後の1955年9月30日、交通事故により24歳で急死した。 ストーリー [ ] テキサスに59万もの広大な土地を持つ牧場主ジョーダン・ベネディクト2世()が、東部の名門の娘レズリー()を妻に迎える。 初めてテキサスを訪れた彼女はその途方もない広さに驚き、東部とはあまりにも異なる人間の気質と生活習慣に戸惑う。 夫の姉ラズ()の冷たい視線にも苦しめられ、一時は夫婦の間の絆にも危機が訪れるが、レズリーは持ち前の粘り強い性格でそれを乗り越えていく。 このレズリーに密かに心を寄せるがひねくれ者の若い牧童のジェット・リンク()。 彼は自分に対する唯一の理解者であったラズが落馬事故で亡くなり、遺言で自分に土地の一部を残してくれたことを知る。 ジョーダンは自家の農地が分割されることを嫌い、相場の2倍でその権利を買い取ることを申し出るがジェットはその土地に賭けてみることを決心する。 彼は油田ブームの到来を知り、自分の土地でも石油が出ると信じ、土地を抵当に石油の採掘を行う。 資金が底を尽きかけたときついに油田を掘り当て、大金持ちになる。 吹き出した原油を全身に浴びた姿で、泥酔してベネディクト家に乗り込んでレズリーに馴れ馴れしい態度を示すジェットは、夫のジョーダンに殴られるが、隙を見て彼を殴り返し、そのままトラックで逃走することに成功する。 ジョーダンと叔父のバウリーは「もっと早い段階で奴を倒しておくべきであった」と後悔する。 歳月は流れ、米国でも屈指の大富豪になったジェットは、私財を投じて病院建設などの慈善事業を展開し、地方の名士の仲間入りを果たした。 これに対し本業の牧畜業がうまくいかなくなったが、やはり石油事業に乗り出し巨万の富を得たジョーダンであったが成り上がり者のジェットの成功を苦々しく思っている。 やがてジェットは巨大なホテルを建設し、その祝賀パーティにベネディクト一家を招待する。 ジェットの富に張り合うためジョーダンはダグラスDC機を新調しパーティ会場に一家で乗り込む。 しかしながら祝賀パレードで娘のラズ2世が、自分に断りもなしにジェットをたたえる王女役でオープンカーに乗っているのを見て不機嫌になる。 ホテルで息子のジョーダン3世のメキシコ人の新婦が人種差別を受けたこと発端として、ホテルの祝賀パーティの席で両者は対決の時を迎える。 パーティの席で、ジョーダン3世を打ちのめされたジョーダンは、ワインセラーで決着をつけることを申し出る。 しかしながら泥酔しふらつくジェットを見て、打ちのめす価値もない男と感じたジョーダンは、ならんだワインの棚をドミノのように押し倒して去る。 しかしジョーダンもジェットに富で張り合おうとした自分の非を悟り、帰途は自家用車でドライブ旅行することにした。 ふと立ち寄った白人のテキサス男が経営するレストランで、経営者がメキシコ人を差別して追い出そうとする場面に遭遇し、意見をしたことから両者は殴り合いのけんかとなる。 大男同士の激しい殴り合いの結果、ジョーダンは打ちのめされてしまう。 帰宅後、ジョーダンはソファーでレズリーの膝枕で横になり、レズリーは彼の行動をほめたたえる。 そして白人の孫とメキシコ人との混血の孫を満足げにながめる。 この物語にジョーダン3世(成長して)、ラズ2世(成長して)、アンヘル2世()らが複雑に絡み合い、メキシコ人差別の問題も盛り込みながら30年間のドラマが繰り広げられる。 にはTBS版(再放送時の短縮版)が収録。 脚注 [ ]• 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)129頁 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - (英語)• - (英語).

次の

読売巨人軍(ジャイアンツ)

ジャイアンツ

解説 「ショウ・ボート」の原作者エドナ・ファーバー女史の筆になるベストセラー小説の映画化である。 脚色はフレッド・ガイオルと「あの日あのとき」のアイヴァン・モファットの共同、「シェーン」のジョージ・スティーヴンスがヘンリー・ギンスバーグと共同製作の上、監督した。 撮影は「カービン銃第1号」のウィリアム・C・メラー、音楽は「ピラミッド 1955 」のディミトリ・ティオムキン。 主演は「雨の朝巴里に死す」のエリザベス・テイラー、「理由なき反抗」のジェームズ・ディーン、「風と共に散る」のロック・ハドソン。 他に新星キャロル・ベイカー、「理由なき反抗」のデニス・ホッパー、サル・ミネオなど。 1956年製作/アメリカ 原題:Giant 配給:ワーナー・ブラザース ストーリー 第1次大戦の終わった1920年頃。 東部ヴァージニアで美しさを謳われた、リントン家の三姉妹の次女レスリイ(エリザベス・テイラー)は、馬好きの父ホーレスを訪ねて来たテキサス青年ビック(ロック・ハドソン)と知り合う。 東部育ちのレスリイは、たくましいビックに惹かれ、2人は恋し合った末に両親の許可を得て結婚した。 ビックは花嫁を連れて故郷へと戻った。 広い牧場の真中にそびえるヴィクトリア朝風の大邸宅。 3代に亘る開拓者の匂いのしみこんだ家を切り廻しているのは、ビックの姉ラズ(M・マッケンブリッジ)。 女丈夫のため、主婦どころかお客さま扱いのレスリイの夢は無惨に打ち砕かれた。 頼りにする夫も仕事のため、一緒に食事をする暇もない有様。 東部とテキサスの生活の違いを感じ出したレスリイは、人種差別の激しさに驚いた。 ビックの助手格のジェット・リンク(ジェームズ・ディーン)は、少年時代から一緒に育った仲なので家族同様に待遇されているが、彼女を見る眼差しから、レスリイは彼が唯の使用人にはないもの持っていると感じた。 やがて落馬が原因でラズは死亡。 ようやく主婦の立場をとり戻したレスリイも、愛するビックとの間の暮らし方の溝はどうにもならなかった。 月日は流れ、夫婦の間には1男2女が生まれた。 かねて石油発掘に夢中だったジェットは、遂に金星を射止め、千万長者として牧場を去って行った。 すくすくと育つ子供達。 後とりのジョーデイにビックは牧場主の心得を教え込むが、実は母に似て学問好き。 医者になりたいと申し出て父親を悲しませる。 程なく第2次大戦が勃発。 双子の娘の1人ジュデイはボップと結婚し、医科大学を卒えたジョーデイもメキシコ娘ファナと結婚の上、貧しいメキシコ人のため診療所を開いた。 ビックは怒ったが、レスリイは満足の笑いを洩らす。 戦争で成金となったジェットは、ホテルの新築祝いに一家を招待し、双子の娘ラズに夢中になってしまう。 人種的差別に立腹したジョーデイはジェットのために殴り倒され、ビツクは怒るが、泥酔したジェットの姿に手を加えず立ち去った。 牧場王のビックも巣立つ子供たちは押さえられない。 俺は失敗だったらしいというビックに、そんなことはないと答えるレスリイは、30年前の自分の花嫁姿を夢のように思い出していた。 ジョージ・スティーブンス監督が、「陽のあたる場所」 '51 に次いでオスカーを得た長尺の大河ドラマ。 どちらもエリザベス・テイラーと組んだ作品。 これの前作が「シェーン」 '53 で、日本ではオスカー2作品よりもこちらの方が人気は高い。 アメリカの家族を得意な題材とする監督が、 近代化に向かって大きく動いた時代を背景に、 東部の気位が高い娘が、 アメリカにあっても特異な地域であるテキサスの大牧場一家に嫁ぐことで起きる、 異文化の交わりを描いている。 永年に渡ってアメリカ人が選ぶグッドルッキングのナンバーワンであり続けたエリザベス・テイラーは、この頃まだ20代前半。 美しさの中に凛とした強さが顔立ちに現れていて貫禄すら感じる。 日本ではマリリン・モンローやオードリー・ヘップバーンほどは親しまれなかった と思う が、 日本でも美人の代名詞だった。 主演の3人が老け役まで演じているが、卑屈な若者が成り上がり、結局はその孤独を埋めきれないまま破滅していくジェームズ・ディーンの役が最も変遷する。 体格のいいロック・ハドソンに対して、ジェームズ・ディーンは小さく華奢に見える。 人種差別、性差別の因習にとらわれ、家業の牧場を次代に継承することを当然と考える夫。 その夫に毅然と対峙しながらも、深い愛情を示す妻の強さと包容力。 ロック・ハドソンもエリザベス・テイラーも、この二人の関係を見事に演じていた。 紆余曲折あろうとも、お互いに支え合うのがジョージ・スティーブンスの夫婦像。 そして遂に夫が差別と戦う意を決したことを、レストラン店主との乱闘で描く構成は、長い物語のこれこそがクライマックスと言って良い気迫の演出で、この後静かに迎えるエンディングの印象をより強くする。 さて、因習との戦いを本線とした物語であるが、 実は、ジェームズ・ディーンの一途な片想いの物語でもあった。 最初の登場場面から、ジェームズ・ディーンの演技は偏執的だ。 ロック・ハドソンがなぜ彼を嫌っているのか、原因は語られない。 が、ジェームズ・ディーンの演技は嫌われものよろしく、 最後に一人語りでエリザベス・テイラーへの想いを吐露する場面は、 純愛への感動よりも、成就しない片想いに執着した男の憐れを感じる。 長い物語の割に舞台は局地的で、退屈に感じる人もいるだろう。 今の時代に観ると、評価が二分する作品ではないかと思う。 自分は及第点とした ズルい が。 ネタバレ! クリックして本文を読む 古い映画だし大して面白くもないだろうけど有名作なので観とくかぁ~ぐらいの気持ちで観に行ったのですが、これが意外や意外面白かったです。 とりあえずジェームス・ディーンが出てたって事だけの予備知識だったのですが、ジェームス・ディーンは脇役だし、嫌な奴だしでガックリでした。 ジェームス・ディーンって確かに田代まさし似だったんですね。 若い頃はイケメンでしたが、正直単に顔が良いから騒がれてただけなんだろうなぁ。 思い出補正がないのでそこまで言う程か?っと思ってしまいます。 ジェームス・ディーンはさておき映画自体は不思議と面白かったです。 特にインパクトあるシーンがあるわけでもないのですが、こういう家族の一代記って最近は余り見られないタイプの作品ですね。 だから余計に面白く感じたのかもしれません。 アメリカ国内の人種差別って昔は酷かったんでしょうね。 もちろん今も差別は有りますし、個人的にも海外でアジア人という理由で差別された経験があるので 特に老人は差別が好き 、「差別意識ってのはなくならないもんだよなぁ」っと自分の経験を通して思っているのですが もちろん人種なんて気にしない人もいっぱいいますよ 、それでも当時と比べると現代は随分マシになっているのだなっと思います。 この映画の冒頭でも言っていたようにテキサスはメキシコから安値で買い取った土地で、アメリカ人はそこに住んでいたメキシコ人を使用人にして差別を行ってたんですね。 うーん、アメリカ人ってそんなことばかりやってるな。 今でこそラテン・アメリカの楽曲が音楽チャートを賑わしていたりでカッコいいイメージもありますが、当時のアメリカ人からすれば今の状況は想像もできない事なのでしょうね。 で、そんな差別の多い時代の中でも先進的な考えを持っていたエリザベス・テイラー扮するレズリー。 彼女を見てると昔の男ってカッコ悪いなっと思ってしまいます。 まだ制作された当時は昔堅気が残ってたでしょうに、そんな中でもレズリーというキャラクターを作り出したこの作品に先見性を感じます。 で、最終的にビックも人として成長すると。 ベタですがいい話じゃないですか。 取り扱ってる問題が家族の事であったり、差別の事であったりと全然今に通じる話なので作品自体は古くても内容は古びていない希有な作品です。 長丁場ですが、観に行って良かったと思える一作でした。

次の