菜々緒 無料動画。 菜々緒の出演動画まとめ

菜々緒の出演動画まとめ

菜々緒 無料動画

【第1話のおさらい】触れた人の死の運命が見えてしまう主人公が、人の命を助けたいと迫りくる運命を変えるべく悩んでいる物語です。 救命医として勤務する主人公は出動要請を受けて現場へ、そこには年配の男性が倒れており非常に危険な状態、上司は心肺蘇生をしながら救急車へ男性を乗せようとするが、主人公は強引にその場でのアドレナリン投与を実施し男性は無事助かったが、上司からは勝手な行動を取ったことをいさめられるが、それには理由があった。 主人公には男性をこのまま搬送しても死んでしまうと、その運命を変えるため、救急車に乗ってからではなく早めにアドレナリン投与することで運命を変えようとした。 しかし、数日後、また同じ男性が自宅の前で倒れて病院に運ばれるも亡くなってしまう。 自分の無力さに悩みながらも自宅では血のつながらない姉との会話に癒されるが、ある時姉が1年後の誕生日に死んでしまう運命を視てしまう、この運命は変えられるのか。 この記事では、ドラマ「 4分間のマリーゴールド」を【 第2話】 無料動画視聴できる方法をわかりやすく解説していきます。   動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。 お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。 自己責任でご視聴ください。 沙羅のことを過剰に心配し始めたみことの異変に気づいたのは藍(横浜流星)だった。 藍は、みことの様子に違和感を覚える。 そんな藍にも、実は1人で抱えている秘密があった…。 ある日、みことは救急出動した先で、藍が料理の師匠と慕う老婦人・和江(松金よね子)と出会う。 和江は、過去に息子を亡くした寂しさからむやみに救急車を呼び困らせていた。 しかし数日後、和江が本当に病で倒れてしまう。 福士蒼汰【】• 菜々緒【】• 横浜流星• 和江は息子の命日が近づくと寂しさから救急隊に連絡をしてくるため、みことの上司江上らも対応に苦慮していた。 一方、死の運命を変えたいと強く願うみこと。 藍は、和江の異変に気づき、救急車を呼ぶ。 みことらが到着するとみことは和江の死の運命が見えてしまう。 急性くも膜外血腫だと判断。 だが、上司に勝手な判断を罵倒されてしまう。 藍は周りにいじめられていたことをみことに告白。 和江の料理を食べて、料理を教えて貰った恩師。 いつの間にか料理の魅力に取りつかれていたという。 しかし、和江は亡くなってしまう。 一方、死の運命を変えたいと強く願うみことは沙羅に人間ドッグの受診を薦める。 【第2話・徹底考察】ドラマ「4分間のマリーゴールド」 今回は生きたあかしを残すことがテーマで、藍の慕った和江ちゃんは藍に料理の味を残しました。 形にならないことでも、人は人に残してくれるんですね。 ジーンと来ました。 しかし、今回も救急患者の未来をかえることができませんでした。 本気で人の運命を変えたかったらもう医師になるしかありませんね。 しかし、それだと1年では間に合いません。 みことの悩みは深まるばかりですが、今回藍に予知能力の秘密を知られることで、やっと理解者が現れました。 人の心の痛みを知る藍だったら、みことの気持ちを分かってくれるかもしれません。 天真爛漫の姉役の新境地で菜々緒株急上昇! 菜々緒さんと言えば「ファーストクラス」「サイレーン」なのどの明らかに悪女か。 悪女イメージを逆手にとって一見キツイが中身は純情的な「おんな城主直虎」の瀬名姫や「Missデビル」などのキャラクターが印象的です。 実は様々な役をこなしているのですが、どうしても悪女のイメージがインパクトが強いので、イメージが固定されがちでした。 しかし今回の沙羅役では、ガラッと変わって天然で朗らかなヒロインを演じています。 菜々緒さんが明るい笑顔をすればするほど、彼女の1年後の死を一人だけしっているみこと役の福士蒼汰さんの表情が切なくなっていきます。 原作はわずか3巻の物語なので、ドラマ独自の肉付けがたっぷり施されている感じです。 とくに沙羅が、藍の作る料理が大好きなところ、絵画教室での年配の生徒さんとのやりとりなど、みことが落ち込んだ時には常に海岸に来てハグするなど、沙羅の優しさやお茶目な部分が強調されています。 ますます、好感度アップかも。 往年の名作ドラマ 「一つ屋根の下」と比較 大勢の兄弟がいて1人だけ血のつながらない者がいて、兄弟同士の禁断の愛が始まると言えば、野島伸司さんの脚本で大ヒットした 「一つ屋根の下」が有名です。 江口洋介さんが長男でクリーニング屋、次男が医大生の福山雅治さんで、長女は酒井法子さんでした。 長年がちょっとダメっぽくて、次男が優等生キャラなのは同じですね。 あとあちらは7人兄弟でした。 以下、いしだ壱成さん、大路恵美、山本耕史さんでした。 ちなみに山本耕史さんの末っ子が絵描き志望だったのも共通点がありますね。 今見ると、いかにも豪華な配役で驚いてしまいますが、当時はみんな売り出し中でした。 「マリーゴールド」はちょっと少なくて4人兄弟です。 恋をするのが長女と次男という設定は同じなんですが、「一つ屋根の下」の場合が酒井法子さんだけが血がつながっていなくて、長男・江口さんと淡い三角関係になりました。 パート2では、酒井法子さんが白血病になるという展開で、 「マリーゴールド」とほぼ同じような展開に・・・ 「一つ屋根の下」の場合は無事、病気を克服することができましたが、 果たして「マリーゴールド」はどんな展開になっているでしょうか? 今後の展開・・・ さて、次回は廉の親友青葉広洋が登場して、 海外へ沙羅を誘います。 それを知ったみことは、日本に引き止めたい気持ちと、命が残りわずかなら、後悔なくやりたいことをさせてあげたいと思う気持ちの間で、揺れ動くようです。 その中で、 沙羅は長年のみことへの思いを打ち明けるようです・・・。 一体その思いって……今後のドラマの展開に左右する重要な回になりそうです。 みことは沙羅への愛を揺るぎなくもっていますが、 はたして沙羅の方はみことをどう思っているのでしょうか? ちなみに次回登場する佐藤隆太さんと廉役桐谷健太さんはあの名作ドラマ「ROOKIES」で、先生と教師役でしたね。 しかし、今回は年齢が逆転して、桐谷さんが年上の設定です。 実年齢は同じ年で、39歳だそうです。 「ROOKIES」から実に11年経っています。 】ドラマ「お迎えデス。

次の

第2話・4分間のマリーゴールド(ドラマ)を見逃し動画無料フル視聴しよう【最愛の義姉・沙羅(菜々緒)が死ぬ運命に】

菜々緒 無料動画

ドラマ「BG 身辺警護人」の作品概要・あらすじ 出典: 前作では民間警備会社「日ノ出警備保障」の身辺警護課に所属し、組織の一員として任務を全うすることにすべてを賭ける男だった章。 そこで一緒に警護をするうちに、高梨の心にも変化が生まれ…!? 独立した章たちを敵視する組織とのせめぎ合い、そんな組織に残ることを選択した仲間・菅沼まゆ(菜々緒)や沢口正太郎(間宮祥太朗)との関係性を縦軸に、各クライアントとの一対一の人間関係をじっくりとドラマチックに描いていく今作。 前作に引き続き脚本を手掛けるのは、『GOOD LUCK!! 』(2003年)や『エンジン』(2005年)でも木村と黄金タッグを組んだ井上由美子氏。 人間描写の名手が紡ぐ、躍動の人間ドラマから目が離せません! 「BG 身辺警護人」(2020)第1話~最終回のあらすじと口コミ 「BG 身辺警護人」第1話のあらすじと口コミ 「BG 身辺警護人」第1話のあらすじ やり手の経営者・劉光明(仲村トオル)が率いるIT系総合企業「KICKS CORP. (キックスコーポレーション)」に買収され、「日ノ出警備保障」改め「KICKSガード」身辺警護課の所属となった島崎章(木村拓哉)、高梨雅也(斎藤工)、菅沼まゆ(菜々緒)、沢口正太郎(間宮祥太朗)ら民間ボディーガードたち。 彼らは日ノ出時代から一転、劉の方針に従い、クライアントを政財界のVIPに限定した警護活動に従事していた。 そんな折、章たちは与党議員・桑田宗司(小木茂光)が開催する後援会パーティーを警護。 章が負傷するアクシデントに見舞われつつも、見事なチームプレーで会場に紛れ込んだ不審者を撃退し、メディアからも賞賛される。 その矢先、章に宛てた一通の手紙が「KICKSガード」に届く。 差出人は、刑務所で服役している「関東工科大学」の元講師・松野信介(青木崇高)。 今から3年前、厳重ロックのかかった実験室で研究員・伊丹綾子(竹島由夏)を窒息死させた容疑がかかり、世間から散々叩かれるも、最終的には業務上過失致死罪と判断されて禁錮刑に処せられた男だった! 翌月には刑期満了となるため、出所後のボディーガードを章に頼みたい、という松野。 だが、劉に絶対服従を貫く身辺警護課の新課長・小俣健三(勝村政信)から、犯罪者の警護などありえないと猛反対された章は、松野に直接断りを入れるため、わざわざ刑務所へ。 出典: 「BG 身辺警護人」第1話の口コミ・評判 「BG 身辺警護人」第2話のあらすじと口コミ 「BG 身辺警護人」第2話のあらすじ 私設ボディーガードになった島崎章(木村拓哉)の後を追うように、高梨雅也(斎藤工)が「KICKSガード」を辞めた! 島崎が立ち上げた個人事務所「島崎警備」に入ることに決めた、と一方的に告げてきた高梨に対し、章は一時の感情で動かないよう諭すが、高梨の決意は固く…。 だが、後任の警備会社が見つからないのだという。 経緯を聞いていぶかしがる章。 しかし、その理由はまもなく、警護を依頼した所属事務所の代表取締役で、恵麻の実姉でもある守尾美和(谷村美月)の話から明らかになる。 だが、章は「敵から護ることには変わりない」と、毅然とした態度で警護を引き受けることに。 一瞬はためらった高梨も章に共鳴し、共に警護に乗り出す。 だが肝心の恵麻は、章たちに心を開こうとせず…!? 事態は次から次へと思わぬ方向へと転び…。 出典: 「BG 身辺警護人」第2話の口コミ・評判 BG 身辺警護人 面白かった! キムタクに抱きしめられたり お姫様抱っこが羨ましい。 そのおかげで1話を見逃したとしてもその次の話を見て楽しむことができるのがこのドラマのありがたいところです。 今回の第2話は川栄李奈が演じる、盲目の天才ピアニストを警護する任務。 キムタクと斎藤工のコンビ間のやりとりと信頼関係が垣間見ることができますし、カッコいいアクションもありで楽しめます。 アクションは派手すぎず、地味ではありますが、それがリアリティがあって良いです。 ここぞで「誤差なし」のやりとりがしびれます。 ストーリーは最終話に向けて水面下で徐々に真相に迫るスタイル。 1話1話のメインストーリーでは気持ちよく事態が解決するので視聴後の後味もよくてドラマとしては完成されています。 「BG 身辺警護人」第3話のあらすじと口コミ 「BG 身辺警護人」第3話のあらすじ 島崎章(木村拓哉)のもとに、かかりつけの整形外科医・笠松多佳子(市川実日子)から「危ない仕事」の依頼が舞い込んだ。 警護対象者は、数々の投資詐欺で甘い汁を吸い尽くしてきた実業家・道岡三郎(豊原功補)。 その直後、恨みを持つ男に襲われてアキレス腱断裂の重傷を負い、多佳子の勤務する病院に極秘入院していた。 ところが、入院中にまた襲われでもしたら病院のイメージに傷がつく…と、急に上層部が尻込み。 執刀医の多佳子が手術放棄を拒んだため、「退院までしっかりと警護をつけること」を交換条件に、渋々承諾したというのだ。 だが、道岡は襲われてもなお、相手を挑発するような男…。 警護の脅威レベルが明らかに最高であることから、章と高梨雅也(斎藤工)が辞めた「KICKSガード」を含め、大手警備会社には軒並み断られる有様だった。 実際、道岡は章と高梨に対しても不遜な態度を取るばかりか、自らの悪事も何食わぬ顔で認め、「いつ殺されてもおかしくない」と豪語。 根っからの悪党ぶりを目の当たりにした高梨は、彼を警護することに疑問を感じる。 しかし、章は「クライアントを選びたくない」と断言し…! そんな中、病院に「道岡を助ける医者は許さない。 処刑する」との脅迫状が届く。 しかも予告通りに手術直前、病院内で多佳子が何者かに襲撃されてしまったのだ…! 絶体絶命の窮地に立たされる多佳子。 章と高梨、さらには病院関係者や防犯カメラの目までもかいくぐり、彼女を襲ったのは一体誰なのか!? 出典: 「BG 身辺警護人」第3話の口コミ・評判 こんな国宝級イケメンボディーガードが53万円で24時間付きっきりでいてくれるなんてもはやご褒美。 木村拓哉と斎藤工のセットだぞ。 — Kマップ K29906610 「BG 身辺警護人」第3話の感想 整形外科医・笠松多佳子(市川実日子)からいただいた危険な依頼を遂行すべく、島崎章(木村拓哉)と高梨雅也(斎藤工)が警護にあたるのは道岡三郎(豊原功補)。 投資詐欺に加担していたとされる道岡、いわゆる悪人を警護しなければならないという気が進まない任務でした。 怪しい面会者に対応する高梨(斎藤工)の強靭な肉体には惚れ惚れしますが、アクションはやはり地味ですね。 斎藤工のフィジカルの強さを拝見できて格好いいのですが、気持ちよく対処してくれても良いのになあというジレンマもあります。 突如、整形外科医の笠松多佳子が何者かに襲われてしまうところを助ける島崎(木村拓哉)にしびれましたね。 ただ、今回襲ってきた犯人は防犯カメラに映らず、メスを握っていることから病院内部の人間の犯行だということが容易に推測がつくのですが、実際のところカメラを避けて行動できるかというと難しいというのが現実。 やはりそこはドラマなのかな、と思うところはありますが、ストーリーのテンポはドラマに没頭することができて良いと思います。 クライマックスでの「誤差なし」は相変わらずしびれますが、島崎(木村拓哉)を活かすために高梨(斎藤工)のかっこよさが隠れているので今後の活躍に期待したいですね。 「BG 身辺警護人」第4話のあらすじと口コミ 「BG 身辺警護人」第4話のあらすじ 「至急! 警護乞う!」と、ただごとではない様子で訴えるメールが、「島崎警備」のホームページに届いた。 島崎章(木村拓哉)と高梨雅也(斎藤工)は直ちに送信者・生田大輔(岡田義徳)に電話。 なんと大輔は監禁され、今も見張られているという! ところが…。 教えられた住所へ急行すると、そこは大輔と両親が暮らす自宅。 20年もの間、ニート生活を続けるアラフォーの大輔。 だが、この行事に拒絶反応を示した大輔は、自分の色紙だけ先に回収してもらうよう、教師に頼みに行こうと決意。 外出には不安があるため、身辺警護を依頼したのだという。 というのも大輔は、自分が常日頃より誰かに狙われている、と信じて疑っていなかったからだ! にわかに信じがたい大輔の話…。 一向に働こうとしない大輔に常々苛立っていた父・生田洋次(平泉成)も「バカバカしい」と一蹴するが、章は「クライアントを信じる」と決め、高梨と共に大輔を警護。 いざ小学校へと向かう。 さらに、偶然出くわした同級生・谷口守治(丸山智己)の優しい言葉にも、完全に背を向けて…!? そんな中、怪しい人影が後をつけてくるという、不穏な事態も発生! 大輔は急に小学校へ行くのを断念し、警護依頼も取り下げると言い出す。 そんな息子にあきれ果て、見限ろうとする洋次。 いわゆるこどおじですねという高梨(斎藤工)のセリフが今風で、良い感じです。 今回の依頼は今までの話よりもかなりライトな身辺警護でちょっとギャグ要素が強い印象でした。 島崎(木村拓哉)と高梨(斎藤工)の「ちょっとギクシャクな感じ」が毎回たまらないです。 二人は大真面目なのに見ている側はクスリとしてしまいます。 今回の「誤差なし」は私達がクスリとさせられた直後。 あまりに軽いタイミングだったので、物語後半にも「誤差なし」が聞けるのかな? と思ったのですが、結局今回も1回だけしか聞く事ができませんでした。 物語の核心に迫る部分についてはほぼ進展がなく、まだまだ今後の展開がわかりませんね。 また、笠松多香子(市川実日子)との進展が少しありましたが、まるで子供のような電話に笑わせていただきました。 良い関係性なのでこちらも応援していきたいと思います。 そんなわけで次回がまた楽しみです。 「BG 身辺警護人」第5話のあらすじと口コミ 「BG 身辺警護人」第5話のあらすじ 「KICKS CORP. 」の社長・劉光明(仲村トオル)が目をかけている第一秘書・岩田一也(三宅弘城)の下で、サブ秘書として働いている角田凪子(成海璃子)が、夜道で引ったくりにスマホを盗まれ、ケガを負った。 実は、凪子は子会社「KICKSガード」のボディーガード・沢口正太郎(間宮祥太朗)の恋人。 連絡を受けた沢口は、元同僚・島崎章(木村拓哉)の口利きで、かかりつけの整形外科医・笠松多佳子(市川実日子)に緊急処置を頼む。 幸い凪子は軽症で、胸をなでおろす沢口。 ところが…診察中、なぜか凪子が防犯ブザーを複数所持していることが発覚。 章が問いただすと、凪子が「少し前からストーカーに狙われている」と告白したのだ! 相手は誰か分からず、沢口にも心配をかけたくなくて黙っていた、という凪子。 彼女の身が心配でならない沢口は、島崎と高梨雅也(斎藤工)に身辺警護を依頼する。 ところが警護中、2人は凪子が無意識に取る些細な行動に、釈然としないものを感じ…!? その矢先、島崎と高梨はストーカーを取り押さえることに成功する。 」の影がちらついて…!? 凪子と共にストーカーと真正面から闘い、封じられた真相に光を当てようと立ち上がる島崎と高梨。 章と劉がついに直接対決へ…物語は急展開で最終局面へ突入! 出典: 「BG 身辺警護人」第5話の口コミ・評判 ここだけみると彼氏と彼女がめっちゃ幸せそうに寿司デートしてる感じにしか見えない。 まじこの2人の感じ癒されるし頼むから平和であってくれ。 — Kマップ K29906610 「BG 身辺警護人」第5話の感想 島崎(木村拓哉)と高梨(斎藤工)の微妙に子供らしい喧嘩というかやりとりというか、一つ一つの言動が毎回ツボにはまってしまうのは今回も同じですね。 今回のゲストは成海璃子さん。 初めて彼女を見たのは瑠璃の島というドラマでしたが、現在は27歳ということで随分と成長しましたね。 今回の身辺警護はストーカーから身を守ることが目的。 ストーカーの正体は彼女の職場の上司でしたが、かなりのクズでしたね。 毎回、島崎(木村拓哉)の冷静さには脱帽しますが、気持ちとしては高梨(斎藤工)に共感したいですね。 プロフェッショナルでいつでも冷静、熱い思いはあるものの表には出さないところは、はたから見るとカッコ良すぎる気がしますね。 その感情を表にだしてしまう高梨(斎藤工)はすこし未熟なのかもしれませんが、もう少し相棒として見せ場を与えてやってもいいかなというくらい身辺警護では目立ちませんね。 なかなか犯人とのアクションは少ないのですが、やはりここぞで見せ場が欲しいなと思います。 二人が真剣に任務遂行する前の時間確認は「意味ある?」ていう具合なんですが、一つの儀式でカッコいいですよね。 毎回1度しか見られないので、毎度どこで「誤差なし」が見られるかも視聴のポイントですよね。 いよいよ物語がクライマックスに突入ということで、すぐに最終回を迎えてしまいすでに少しさみしい気持ちがあります。 笠松多佳子(市川実日子)との今後の進展も気になりますし、KICKSのメンバーの深堀りももうすこししてほしいなと思いますね。 次週が待ちきれません。 この40年間、夫と二人三脚で店を切り盛りし、カレーを作り続けてきたという華絵。 だが、懇意にしていた大家が亡くなった途端、相続した息子・玉井充(永沼伊久也)が立ち退きを要求! 裁判を起こされた上に、ガラの悪い連中に嫌がらせまで受け、追い詰められた夫は発作を起こして亡くなってしまったという…。 充との交渉の場に立ち会い、夫が命を懸けて守ろうとした店とカレーを護ってほしい、と訴える華絵。 だが、法律的には大家側に理があり、下手に介入すれば、章たちも法律違反に問われてしまう。 この現状を鑑み、高梨は逡巡するが…。 そんな中、立ち退きの断行日がやって来た。 充は立ち退きのために強引な手段に出るが、華絵は諦めず、籠城を開始! 華絵の依頼で、章と高梨も立てこもりに付き合うが、店内を見渡した章はふと華絵の意図に違和感を覚え…!? 時を同じくして、章のかかりつけの整形外科医・笠松多佳子(市川実日子)の脳裏には、章を付け回す謎の男(中村織央)と以前会ったときの記憶がよみがえる! 章の身を心配し、男の正体を調べようとする多佳子。 一方、総裁特別補佐に就任した桑田宗司(小木茂光)の記者懇親会を警護していた菅沼まゆ(菜々緒)と沢口正太郎(間宮祥太朗)は、会場に紛れ込んでいる謎の男を発見し…! 男の正体と目的とは一体何なのか!? ますます謎が深まる中、やがて桑田や謎の男と裏でつながる「KICKS CORP. 出典: 「BG 身辺警護人」第6話の口コミ・評判 「BG 身辺警護人」第6話の感想 市立隅田川高等学校の2年B組の桐谷修二(亀梨和也)は、表向きは明るく、クラスでも人気者的存在。 しかし、根底では周囲の人間をバカにするような冷めた性格で、普段表に見せている姿は本来の姿ではなく、演技をしているだけ。 新学期でもない時期の外れに突如、修二(亀梨和也)のクラスに転校生がやってきた。 その転校生・小谷信子(堀北真希)は、無口で人と関わったり笑ったりする事が苦手で、ひとことでいえば「いじめられて転校してきた」ような、修二からすれば底辺の部類の人物だった。 当初は彼女に興味を持っていなかった修二(亀梨和也)であったが、やがて小谷(堀北真希)が挙動不審さからいじめの対象になり、深刻な暴力さえ受けるようになってからは彼女を気にするようになった。 修二(亀梨和也)は本気で彼女(堀北真希)を心配しているわけではなかったが、退屈しのぎの「ゲーム」として、いじめられっ子の小谷(堀北真希)を人気者にさせる「プロデュース」をすることにした。

次の

第2話・4分間のマリーゴールド(ドラマ)を見逃し動画無料フル視聴しよう【最愛の義姉・沙羅(菜々緒)が死ぬ運命に】

菜々緒 無料動画

ドラマ「BG 身辺警護人」の作品概要・あらすじ 出典: 前作では民間警備会社「日ノ出警備保障」の身辺警護課に所属し、組織の一員として任務を全うすることにすべてを賭ける男だった章。 そこで一緒に警護をするうちに、高梨の心にも変化が生まれ…!? 独立した章たちを敵視する組織とのせめぎ合い、そんな組織に残ることを選択した仲間・菅沼まゆ(菜々緒)や沢口正太郎(間宮祥太朗)との関係性を縦軸に、各クライアントとの一対一の人間関係をじっくりとドラマチックに描いていく今作。 前作に引き続き脚本を手掛けるのは、『GOOD LUCK!! 』(2003年)や『エンジン』(2005年)でも木村と黄金タッグを組んだ井上由美子氏。 人間描写の名手が紡ぐ、躍動の人間ドラマから目が離せません! 「BG 身辺警護人」(2020)第1話~最終回のあらすじと口コミ 「BG 身辺警護人」第1話のあらすじと口コミ 「BG 身辺警護人」第1話のあらすじ やり手の経営者・劉光明(仲村トオル)が率いるIT系総合企業「KICKS CORP. (キックスコーポレーション)」に買収され、「日ノ出警備保障」改め「KICKSガード」身辺警護課の所属となった島崎章(木村拓哉)、高梨雅也(斎藤工)、菅沼まゆ(菜々緒)、沢口正太郎(間宮祥太朗)ら民間ボディーガードたち。 彼らは日ノ出時代から一転、劉の方針に従い、クライアントを政財界のVIPに限定した警護活動に従事していた。 そんな折、章たちは与党議員・桑田宗司(小木茂光)が開催する後援会パーティーを警護。 章が負傷するアクシデントに見舞われつつも、見事なチームプレーで会場に紛れ込んだ不審者を撃退し、メディアからも賞賛される。 その矢先、章に宛てた一通の手紙が「KICKSガード」に届く。 差出人は、刑務所で服役している「関東工科大学」の元講師・松野信介(青木崇高)。 今から3年前、厳重ロックのかかった実験室で研究員・伊丹綾子(竹島由夏)を窒息死させた容疑がかかり、世間から散々叩かれるも、最終的には業務上過失致死罪と判断されて禁錮刑に処せられた男だった! 翌月には刑期満了となるため、出所後のボディーガードを章に頼みたい、という松野。 だが、劉に絶対服従を貫く身辺警護課の新課長・小俣健三(勝村政信)から、犯罪者の警護などありえないと猛反対された章は、松野に直接断りを入れるため、わざわざ刑務所へ。 出典: 「BG 身辺警護人」第1話の口コミ・評判 「BG 身辺警護人」第2話のあらすじと口コミ 「BG 身辺警護人」第2話のあらすじ 私設ボディーガードになった島崎章(木村拓哉)の後を追うように、高梨雅也(斎藤工)が「KICKSガード」を辞めた! 島崎が立ち上げた個人事務所「島崎警備」に入ることに決めた、と一方的に告げてきた高梨に対し、章は一時の感情で動かないよう諭すが、高梨の決意は固く…。 だが、後任の警備会社が見つからないのだという。 経緯を聞いていぶかしがる章。 しかし、その理由はまもなく、警護を依頼した所属事務所の代表取締役で、恵麻の実姉でもある守尾美和(谷村美月)の話から明らかになる。 だが、章は「敵から護ることには変わりない」と、毅然とした態度で警護を引き受けることに。 一瞬はためらった高梨も章に共鳴し、共に警護に乗り出す。 だが肝心の恵麻は、章たちに心を開こうとせず…!? 事態は次から次へと思わぬ方向へと転び…。 出典: 「BG 身辺警護人」第2話の口コミ・評判 BG 身辺警護人 面白かった! キムタクに抱きしめられたり お姫様抱っこが羨ましい。 そのおかげで1話を見逃したとしてもその次の話を見て楽しむことができるのがこのドラマのありがたいところです。 今回の第2話は川栄李奈が演じる、盲目の天才ピアニストを警護する任務。 キムタクと斎藤工のコンビ間のやりとりと信頼関係が垣間見ることができますし、カッコいいアクションもありで楽しめます。 アクションは派手すぎず、地味ではありますが、それがリアリティがあって良いです。 ここぞで「誤差なし」のやりとりがしびれます。 ストーリーは最終話に向けて水面下で徐々に真相に迫るスタイル。 1話1話のメインストーリーでは気持ちよく事態が解決するので視聴後の後味もよくてドラマとしては完成されています。 「BG 身辺警護人」第3話のあらすじと口コミ 「BG 身辺警護人」第3話のあらすじ 島崎章(木村拓哉)のもとに、かかりつけの整形外科医・笠松多佳子(市川実日子)から「危ない仕事」の依頼が舞い込んだ。 警護対象者は、数々の投資詐欺で甘い汁を吸い尽くしてきた実業家・道岡三郎(豊原功補)。 その直後、恨みを持つ男に襲われてアキレス腱断裂の重傷を負い、多佳子の勤務する病院に極秘入院していた。 ところが、入院中にまた襲われでもしたら病院のイメージに傷がつく…と、急に上層部が尻込み。 執刀医の多佳子が手術放棄を拒んだため、「退院までしっかりと警護をつけること」を交換条件に、渋々承諾したというのだ。 だが、道岡は襲われてもなお、相手を挑発するような男…。 警護の脅威レベルが明らかに最高であることから、章と高梨雅也(斎藤工)が辞めた「KICKSガード」を含め、大手警備会社には軒並み断られる有様だった。 実際、道岡は章と高梨に対しても不遜な態度を取るばかりか、自らの悪事も何食わぬ顔で認め、「いつ殺されてもおかしくない」と豪語。 根っからの悪党ぶりを目の当たりにした高梨は、彼を警護することに疑問を感じる。 しかし、章は「クライアントを選びたくない」と断言し…! そんな中、病院に「道岡を助ける医者は許さない。 処刑する」との脅迫状が届く。 しかも予告通りに手術直前、病院内で多佳子が何者かに襲撃されてしまったのだ…! 絶体絶命の窮地に立たされる多佳子。 章と高梨、さらには病院関係者や防犯カメラの目までもかいくぐり、彼女を襲ったのは一体誰なのか!? 出典: 「BG 身辺警護人」第3話の口コミ・評判 こんな国宝級イケメンボディーガードが53万円で24時間付きっきりでいてくれるなんてもはやご褒美。 木村拓哉と斎藤工のセットだぞ。 — Kマップ K29906610 「BG 身辺警護人」第3話の感想 整形外科医・笠松多佳子(市川実日子)からいただいた危険な依頼を遂行すべく、島崎章(木村拓哉)と高梨雅也(斎藤工)が警護にあたるのは道岡三郎(豊原功補)。 投資詐欺に加担していたとされる道岡、いわゆる悪人を警護しなければならないという気が進まない任務でした。 怪しい面会者に対応する高梨(斎藤工)の強靭な肉体には惚れ惚れしますが、アクションはやはり地味ですね。 斎藤工のフィジカルの強さを拝見できて格好いいのですが、気持ちよく対処してくれても良いのになあというジレンマもあります。 突如、整形外科医の笠松多佳子が何者かに襲われてしまうところを助ける島崎(木村拓哉)にしびれましたね。 ただ、今回襲ってきた犯人は防犯カメラに映らず、メスを握っていることから病院内部の人間の犯行だということが容易に推測がつくのですが、実際のところカメラを避けて行動できるかというと難しいというのが現実。 やはりそこはドラマなのかな、と思うところはありますが、ストーリーのテンポはドラマに没頭することができて良いと思います。 クライマックスでの「誤差なし」は相変わらずしびれますが、島崎(木村拓哉)を活かすために高梨(斎藤工)のかっこよさが隠れているので今後の活躍に期待したいですね。 「BG 身辺警護人」第4話のあらすじと口コミ 「BG 身辺警護人」第4話のあらすじ 「至急! 警護乞う!」と、ただごとではない様子で訴えるメールが、「島崎警備」のホームページに届いた。 島崎章(木村拓哉)と高梨雅也(斎藤工)は直ちに送信者・生田大輔(岡田義徳)に電話。 なんと大輔は監禁され、今も見張られているという! ところが…。 教えられた住所へ急行すると、そこは大輔と両親が暮らす自宅。 20年もの間、ニート生活を続けるアラフォーの大輔。 だが、この行事に拒絶反応を示した大輔は、自分の色紙だけ先に回収してもらうよう、教師に頼みに行こうと決意。 外出には不安があるため、身辺警護を依頼したのだという。 というのも大輔は、自分が常日頃より誰かに狙われている、と信じて疑っていなかったからだ! にわかに信じがたい大輔の話…。 一向に働こうとしない大輔に常々苛立っていた父・生田洋次(平泉成)も「バカバカしい」と一蹴するが、章は「クライアントを信じる」と決め、高梨と共に大輔を警護。 いざ小学校へと向かう。 さらに、偶然出くわした同級生・谷口守治(丸山智己)の優しい言葉にも、完全に背を向けて…!? そんな中、怪しい人影が後をつけてくるという、不穏な事態も発生! 大輔は急に小学校へ行くのを断念し、警護依頼も取り下げると言い出す。 そんな息子にあきれ果て、見限ろうとする洋次。 いわゆるこどおじですねという高梨(斎藤工)のセリフが今風で、良い感じです。 今回の依頼は今までの話よりもかなりライトな身辺警護でちょっとギャグ要素が強い印象でした。 島崎(木村拓哉)と高梨(斎藤工)の「ちょっとギクシャクな感じ」が毎回たまらないです。 二人は大真面目なのに見ている側はクスリとしてしまいます。 今回の「誤差なし」は私達がクスリとさせられた直後。 あまりに軽いタイミングだったので、物語後半にも「誤差なし」が聞けるのかな? と思ったのですが、結局今回も1回だけしか聞く事ができませんでした。 物語の核心に迫る部分についてはほぼ進展がなく、まだまだ今後の展開がわかりませんね。 また、笠松多香子(市川実日子)との進展が少しありましたが、まるで子供のような電話に笑わせていただきました。 良い関係性なのでこちらも応援していきたいと思います。 そんなわけで次回がまた楽しみです。 「BG 身辺警護人」第5話のあらすじと口コミ 「BG 身辺警護人」第5話のあらすじ 「KICKS CORP. 」の社長・劉光明(仲村トオル)が目をかけている第一秘書・岩田一也(三宅弘城)の下で、サブ秘書として働いている角田凪子(成海璃子)が、夜道で引ったくりにスマホを盗まれ、ケガを負った。 実は、凪子は子会社「KICKSガード」のボディーガード・沢口正太郎(間宮祥太朗)の恋人。 連絡を受けた沢口は、元同僚・島崎章(木村拓哉)の口利きで、かかりつけの整形外科医・笠松多佳子(市川実日子)に緊急処置を頼む。 幸い凪子は軽症で、胸をなでおろす沢口。 ところが…診察中、なぜか凪子が防犯ブザーを複数所持していることが発覚。 章が問いただすと、凪子が「少し前からストーカーに狙われている」と告白したのだ! 相手は誰か分からず、沢口にも心配をかけたくなくて黙っていた、という凪子。 彼女の身が心配でならない沢口は、島崎と高梨雅也(斎藤工)に身辺警護を依頼する。 ところが警護中、2人は凪子が無意識に取る些細な行動に、釈然としないものを感じ…!? その矢先、島崎と高梨はストーカーを取り押さえることに成功する。 」の影がちらついて…!? 凪子と共にストーカーと真正面から闘い、封じられた真相に光を当てようと立ち上がる島崎と高梨。 章と劉がついに直接対決へ…物語は急展開で最終局面へ突入! 出典: 「BG 身辺警護人」第5話の口コミ・評判 ここだけみると彼氏と彼女がめっちゃ幸せそうに寿司デートしてる感じにしか見えない。 まじこの2人の感じ癒されるし頼むから平和であってくれ。 — Kマップ K29906610 「BG 身辺警護人」第5話の感想 島崎(木村拓哉)と高梨(斎藤工)の微妙に子供らしい喧嘩というかやりとりというか、一つ一つの言動が毎回ツボにはまってしまうのは今回も同じですね。 今回のゲストは成海璃子さん。 初めて彼女を見たのは瑠璃の島というドラマでしたが、現在は27歳ということで随分と成長しましたね。 今回の身辺警護はストーカーから身を守ることが目的。 ストーカーの正体は彼女の職場の上司でしたが、かなりのクズでしたね。 毎回、島崎(木村拓哉)の冷静さには脱帽しますが、気持ちとしては高梨(斎藤工)に共感したいですね。 プロフェッショナルでいつでも冷静、熱い思いはあるものの表には出さないところは、はたから見るとカッコ良すぎる気がしますね。 その感情を表にだしてしまう高梨(斎藤工)はすこし未熟なのかもしれませんが、もう少し相棒として見せ場を与えてやってもいいかなというくらい身辺警護では目立ちませんね。 なかなか犯人とのアクションは少ないのですが、やはりここぞで見せ場が欲しいなと思います。 二人が真剣に任務遂行する前の時間確認は「意味ある?」ていう具合なんですが、一つの儀式でカッコいいですよね。 毎回1度しか見られないので、毎度どこで「誤差なし」が見られるかも視聴のポイントですよね。 いよいよ物語がクライマックスに突入ということで、すぐに最終回を迎えてしまいすでに少しさみしい気持ちがあります。 笠松多佳子(市川実日子)との今後の進展も気になりますし、KICKSのメンバーの深堀りももうすこししてほしいなと思いますね。 次週が待ちきれません。 この40年間、夫と二人三脚で店を切り盛りし、カレーを作り続けてきたという華絵。 だが、懇意にしていた大家が亡くなった途端、相続した息子・玉井充(永沼伊久也)が立ち退きを要求! 裁判を起こされた上に、ガラの悪い連中に嫌がらせまで受け、追い詰められた夫は発作を起こして亡くなってしまったという…。 充との交渉の場に立ち会い、夫が命を懸けて守ろうとした店とカレーを護ってほしい、と訴える華絵。 だが、法律的には大家側に理があり、下手に介入すれば、章たちも法律違反に問われてしまう。 この現状を鑑み、高梨は逡巡するが…。 そんな中、立ち退きの断行日がやって来た。 充は立ち退きのために強引な手段に出るが、華絵は諦めず、籠城を開始! 華絵の依頼で、章と高梨も立てこもりに付き合うが、店内を見渡した章はふと華絵の意図に違和感を覚え…!? 時を同じくして、章のかかりつけの整形外科医・笠松多佳子(市川実日子)の脳裏には、章を付け回す謎の男(中村織央)と以前会ったときの記憶がよみがえる! 章の身を心配し、男の正体を調べようとする多佳子。 一方、総裁特別補佐に就任した桑田宗司(小木茂光)の記者懇親会を警護していた菅沼まゆ(菜々緒)と沢口正太郎(間宮祥太朗)は、会場に紛れ込んでいる謎の男を発見し…! 男の正体と目的とは一体何なのか!? ますます謎が深まる中、やがて桑田や謎の男と裏でつながる「KICKS CORP. 出典: 「BG 身辺警護人」第6話の口コミ・評判 「BG 身辺警護人」第6話の感想 市立隅田川高等学校の2年B組の桐谷修二(亀梨和也)は、表向きは明るく、クラスでも人気者的存在。 しかし、根底では周囲の人間をバカにするような冷めた性格で、普段表に見せている姿は本来の姿ではなく、演技をしているだけ。 新学期でもない時期の外れに突如、修二(亀梨和也)のクラスに転校生がやってきた。 その転校生・小谷信子(堀北真希)は、無口で人と関わったり笑ったりする事が苦手で、ひとことでいえば「いじめられて転校してきた」ような、修二からすれば底辺の部類の人物だった。 当初は彼女に興味を持っていなかった修二(亀梨和也)であったが、やがて小谷(堀北真希)が挙動不審さからいじめの対象になり、深刻な暴力さえ受けるようになってからは彼女を気にするようになった。 修二(亀梨和也)は本気で彼女(堀北真希)を心配しているわけではなかったが、退屈しのぎの「ゲーム」として、いじめられっ子の小谷(堀北真希)を人気者にさせる「プロデュース」をすることにした。

次の