鬼滅の刃 182 話 ネタバレ。 鬼滅の刃 全話ネタバレまとめ【最新話あり】

【鬼滅の刃】最新話「第182話」ネタバレと感想【大災】

鬼滅の刃 182 話 ネタバレ

『鬼滅の刃』第182話「激怒」のネタバレ 攻撃を掻い潜る炭治郎 しかし無惨の苛烈な刃が炭治郎を襲う 無惨のあまりにも自分勝手な言葉を受け、未だかつてない怒りに苛まれる、炭治郎。 「 頸を斬っても倒せない」という特性を持つ無惨を、太陽の下に引き摺り出すため、炭治郎は、皆の到着を待ちながら、戦い続ける決意を固めます。 (少しでも有益な無惨の情報を引き出したみんなに伝える) (それまで生き残る) (そこからが本当の戦いだ) そして、遂に無惨が、炭治郎と冨岡へ向け、攻撃を開始。 伸縮する左腕が、十数メートルも伸びて風を切り、その表面に生えた爪のような刃が、2人を切り裂かんと襲います。 それに対し冨岡は、水の呼吸・拾壱ノ型「凪」で防御。 炭治郎もまた、必死の形相で、無惨の攻撃を回避します。 (間合いがとんでもないぞ……!) (目で追えてない、感覚だけで何とか避けてる) しかし炭治郎は、そんな窮地にあってなお、無惨へと間合いを詰め、反撃を開始。 どうにか無惨の傍らへと、辿り着きます。 (抜けた!) そうして炭治郎は、無惨へと刃を向けました。 しかし、その時。 「あ…?」 攻撃を避けた、と思っていた角治郎の体が傾き、その右眼から、鮮血が溢れ出します。 (喰らって…) その不意を突き、無惨の攻撃が炭治郎を襲来。 間一髪、冨岡が炭治郎を抱えて救い出してくれたものの、あやうく炭治郎は命を落とすところでした。 「間合いを詰めるな! 斬り込まなくていい!」 「無惨の力は上弦の比ではない!」 そこへ更に襲来する追い討ちに、どうにか対応する冨岡。 それに対し無惨は、冷静に言葉を口にします。 「時間稼ぎ…夜明けまでか?」 「光届かぬこの城の中」 「柱三人でそれは可能なのか?」 それを聞き、目を見開く炭治郎と冨岡。 何故なら、この城の中に残る「柱」は、冨岡を含め、5人いたはずだからです。 無惨は言います。 己が感知する、「上弦の肆」鳴女の視界に見える、光景の先にあるものを確認しながら。 「縞の羽織りの柱と女の柱はすでに」 「私の部下が殺したようだぞ?」 無惨の見える視界にあるもの。 それは、鳴女の血鬼術によって、体を潰されて息絶えた、「蛇柱」伊黒と、「恋柱」甘露寺の、死体でした。 伊黒と甘露寺の死 炭治郎は未だかつてない窮地に追いやられる その事実を告げた無惨は、更に炭治郎たちへと、追撃を放ってきます。 それによって、炭治郎と冨岡は再び分断され、無惨の攻撃が、炭治郎へと集中。 炭治郎は、窮地へと追いやられます。 更には、周囲の状況確認を怠った事により、炭治郎は壁に激突。 その隙を逃すはずもない無惨の腕が、炭治郎を斬り裂かんと、猛烈な勢いで迫ります。 (ああっ! 駄目だ!) しかし、炭治郎が諦めかけた、その時。 それは、先程無惨が死体を確認したはずの、「恋柱」甘露寺蜜璃の姿でした。 現れた増援 そして鳴女の能力を掌握した愈史郎の復讐が始まる そうして甘露寺は、 恋の呼吸・陸ノ型「猫足恋風」で、無惨を襲撃。 しかし手応えあり、と自信満々に放ったその攻撃は、無惨に傷1つ付けられず、甘露寺はショックを受けます。 更に炭治郎の元には、「蛇柱」伊黒小芭内が駆けつけ、炭治郎の窮地を、間一髪で救い出していました。 「足手纏いの厄介者」 「お前はもう引っ込んでいろ」 そう、辛辣な言葉を吐く伊黒。 しかし炭治郎は、2人が生きていたという事実に、ただただ安心して涙を流します。 そして、それらの光景を見て、誰よりも冷静さを欠いたのは、他ならぬ鬼舞辻無惨でした。 先程、鳴女の視界で死体を確認したはずの、2人が、生きてこの場に現れた事実を前に、無惨は激昂。 「何をしている!」 「鳴女!」 一方、無惨が怒り、言葉を送った、「上弦の肆」である鳴女。 その背後には、珠世が作った鬼である愈史郎が佇んでおり、自身の血鬼術による札を、鳴女の目に貼り付けていました。 「何をしているかだって?」 「操っているんだよこの女の視覚を」 顔中に血管を浮き上がらせ、怒りに燃える表情で、鳴女の視覚を操作する愈史郎。 「俺から珠世様を奪ったこと」 「後悔して跪け!」 その言葉と共に、一向がいる「無限城」が、まるで撓むようにして震度します。 「今からお前を」 「地上へ叩き出してやる!」 『鬼滅の刃』第182話を読んだ感想と考察 無惨の圧倒的な実力に、翻弄される炭治郎と冨岡。 そうするうち、無惨の視界には、甘露寺と伊黒という2人の「柱」までもを、討ち取ったという、鳴女からの情報が、届きます。 しかし、炭治郎があわや殺される、という瞬間に、駆け付けた増援は、先程無惨が死んだ、と言っていた、甘露寺と伊黒その人。 愈史郎の助けを受け、「上弦の肆」鳴女の視界を奪った一向は、無惨を打倒する策を、探って行きます。 いやびっくりしました。 時透と玄弥が死に、もはや誰が死んでもおかしくなくなってしまった、最近の「鬼滅の刃」。 これ以上の人死には勘弁してくれ、となっていたところでの、甘露寺・伊黒の死亡情報でしたから、危うく信じてしまうところでした。 しかし良かったのは、これらの展開を1話の中に収めてくれたところ。 もしも甘露寺・伊黒の増援が、週をまたぐ事になっていたら、その生死の行方に、1週間もの間、悶々とさせられるところでした。 そして、更に今週の見所となってくれたのは、鳴女の視界を奪う事に成功した、愈史郎のファインプレー。 戦闘能力が不明とは言え、「上弦」ともなった鳴女を、完全に支配下に置いてしまうとは、愈史郎の血鬼術は、読者の想像の遥か上を行ってくれました。 もしも愈史郎が、鳴女の血鬼術まで、自在に操れるようになっているのだとしたら、対無惨戦において、重要な戦力となりそうですが……? 珠世を失った愈史郎の様子が、少々不安定に見えるのが、唯一の不安材料でしょうか。 このように、炭治郎をあっと言う間に追い詰める、無惨の圧倒的な実力と同時に、新たな光明までもが見えてきた、今回の「鬼滅の刃」。 4対1になった事に加え、「風柱」と「岩柱」の2人までもが、向かっていることを考えると、もはや無惨の勝機は乏しそうにも見えます。 とは言え、無惨はあの「上弦」たちの上役なわけですから、何かしらの奥の手を、隠しているであろう事は明白。 果たして炭治郎たちは、無惨の策に、抗いきる事が、出来るのでしょうか。 『鬼滅の刃』の最新巻の単行本や過去作品を無料で見る方法 毎週、鬼滅の刃の最新話が待ち遠しいですが、単行本でまとめて読みたい、過去の作品をまだ見ていない方のために、最新巻や過去作品を無料で見る方法を紹介します。 やはり漫画は絵付きで読みたいですよね!鬼滅の刃の単行本を無料で読む方法を詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。 週刊少年ジャンプ連載中の漫画一覧• 『』尾田栄一郎• 『』冨樫義博• 『』古舘春一• 『』堀越耕平• 『』田畠裕基• 『』ミウラタダヒロ• 『』吾峠呼世晴• 『』原作:白井カイウ 作画:出水ぽすか• 『』筒井大志• 『』原作:稲垣理一郎 作画:Boichi• 『』原作:マツキタツヤ 漫画:宇佐崎しろ• 『』芥見下々• 『』藤本タツキ• 『』椎橋 寛• 『サムライ8 八丸伝』岸本斉史・大久保彰• 『ふたりの太星』福田健太郎• 『』寺坂研人• 『トーキョー忍スクワッド』田中勇輝・松浦健人• 『夜桜さんちの大作戦』権平ひつじ• 『ミタマセキュ霊ティ』鳩胸つるん 鬼滅の刃の関連記事一覧.

次の

漫画「鬼滅の刃」181話のネタバレと無料読み放題

鬼滅の刃 182 話 ネタバレ

2019年11月11日(月)週刊少年ジャンプ50号 発売 182話のネタバレ 炭治郎は腹の底からかなりの怒りと憎悪を、目の前にいる無惨に対して抱いていたのである。 しかし、真っ向から挑んで勝てる相手ではないので怒りに任せて戦うのではなく、少しでも有益な情報を引き出して皆に伝える事を優先し、それから本当の闘いだと思っていたのだ。 そんな炭治郎の思惑など当の昔に気づいていた無惨は腕を鞭の様にしならせて攻撃をしてきて、冨岡が凪で払うと同時に炭治郎が懐に飛び込んできたのだ。 しかし、無惨の攻撃によって右目に一撃を食らって負傷してしまったのである。 無惨は炭治郎達に自分の部下が恋柱と蛇柱を始末したと言い放ち、実際無惨は肆の目を通して見た視覚には恋柱と蛇柱は自分の部下の手によって命を落としている光景が見えていたのだ。 やがて無惨に追い詰められていく炭治郎達だったが、天井から恋柱が現れて無惨に攻撃を浴びせ、蛇柱も駆けつけたのである。 この2人はとっくに命を落としているはずだったので、無惨は驚きを露わにしながら鳴女にどうしたんだと声を出したのだ。 その鳴女は愈史郎の札で目を覆い隠されており、同時に無限城は大きく揺れ撓み崩壊する状態になっていたのだ。 愈史郎は自分から珠代を奪った事を後悔しろと、地上から引きずり出してやると涙を流しながら怒って言ったのである。 「鬼滅の刃」182話の感想(ネタバレ含む) 「鬼滅の刃」182話を読んだ感想(ネタバレ含む)1 ムザンを倒す方法が、太陽にさらすことでほぼ確定したようです。 これまでに生き残ったのは柱五人と炭治郎ら三人組、そして珠世さんの懐刀のゆ史郎ですが、ムザンと鳴女をこのメンバーで倒すとして何人生き残るか。 おそらくゆ史郎は珠世さんの血鬼術を受け継いでいるようなので、それを使ってムザンを地上に押し出したところで脱落しそうですね。 また、鳴女が意外としぶといような感じがします。 もともとムザンの側近のような鬼だったみたいですし、その力も明らかになっていません。 空間を操る力以外に力があればかなりの強敵ですね。 個人的にはこの戦いのなかで炭治郎が最後の日の呼吸を使い、ムザンを倒してほしいところです。 そしてそろそろねづ子にも来てほしい頃ですが、まだ出てこないのでしょうか。 兄ちゃんがピンチなので来てほしいところです。 漫画「鬼滅の刃」182話を無料で読む方法 「鬼滅の刃」182話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。 ですが「鬼滅の刃」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

次の

【あらすじ】『鬼滅の刃(きめつのやいば)』182話(21巻)【感想】

鬼滅の刃 182 話 ネタバレ

『鬼滅の刃』第182話「激怒」のネタバレ 攻撃を掻い潜る炭治郎 しかし無惨の苛烈な刃が炭治郎を襲う 無惨のあまりにも自分勝手な言葉を受け、未だかつてない怒りに苛まれる、炭治郎。 「 頸を斬っても倒せない」という特性を持つ無惨を、太陽の下に引き摺り出すため、炭治郎は、皆の到着を待ちながら、戦い続ける決意を固めます。 (少しでも有益な無惨の情報を引き出したみんなに伝える) (それまで生き残る) (そこからが本当の戦いだ) そして、遂に無惨が、炭治郎と冨岡へ向け、攻撃を開始。 伸縮する左腕が、十数メートルも伸びて風を切り、その表面に生えた爪のような刃が、2人を切り裂かんと襲います。 それに対し冨岡は、水の呼吸・拾壱ノ型「凪」で防御。 炭治郎もまた、必死の形相で、無惨の攻撃を回避します。 (間合いがとんでもないぞ……!) (目で追えてない、感覚だけで何とか避けてる) しかし炭治郎は、そんな窮地にあってなお、無惨へと間合いを詰め、反撃を開始。 どうにか無惨の傍らへと、辿り着きます。 (抜けた!) そうして炭治郎は、無惨へと刃を向けました。 しかし、その時。 「あ…?」 攻撃を避けた、と思っていた角治郎の体が傾き、その右眼から、鮮血が溢れ出します。 (喰らって…) その不意を突き、無惨の攻撃が炭治郎を襲来。 間一髪、冨岡が炭治郎を抱えて救い出してくれたものの、あやうく炭治郎は命を落とすところでした。 「間合いを詰めるな! 斬り込まなくていい!」 「無惨の力は上弦の比ではない!」 そこへ更に襲来する追い討ちに、どうにか対応する冨岡。 それに対し無惨は、冷静に言葉を口にします。 「時間稼ぎ…夜明けまでか?」 「光届かぬこの城の中」 「柱三人でそれは可能なのか?」 それを聞き、目を見開く炭治郎と冨岡。 何故なら、この城の中に残る「柱」は、冨岡を含め、5人いたはずだからです。 無惨は言います。 己が感知する、「上弦の肆」鳴女の視界に見える、光景の先にあるものを確認しながら。 「縞の羽織りの柱と女の柱はすでに」 「私の部下が殺したようだぞ?」 無惨の見える視界にあるもの。 それは、鳴女の血鬼術によって、体を潰されて息絶えた、「蛇柱」伊黒と、「恋柱」甘露寺の、死体でした。 伊黒と甘露寺の死 炭治郎は未だかつてない窮地に追いやられる その事実を告げた無惨は、更に炭治郎たちへと、追撃を放ってきます。 それによって、炭治郎と冨岡は再び分断され、無惨の攻撃が、炭治郎へと集中。 炭治郎は、窮地へと追いやられます。 更には、周囲の状況確認を怠った事により、炭治郎は壁に激突。 その隙を逃すはずもない無惨の腕が、炭治郎を斬り裂かんと、猛烈な勢いで迫ります。 (ああっ! 駄目だ!) しかし、炭治郎が諦めかけた、その時。 それは、先程無惨が死体を確認したはずの、「恋柱」甘露寺蜜璃の姿でした。 現れた増援 そして鳴女の能力を掌握した愈史郎の復讐が始まる そうして甘露寺は、 恋の呼吸・陸ノ型「猫足恋風」で、無惨を襲撃。 しかし手応えあり、と自信満々に放ったその攻撃は、無惨に傷1つ付けられず、甘露寺はショックを受けます。 更に炭治郎の元には、「蛇柱」伊黒小芭内が駆けつけ、炭治郎の窮地を、間一髪で救い出していました。 「足手纏いの厄介者」 「お前はもう引っ込んでいろ」 そう、辛辣な言葉を吐く伊黒。 しかし炭治郎は、2人が生きていたという事実に、ただただ安心して涙を流します。 そして、それらの光景を見て、誰よりも冷静さを欠いたのは、他ならぬ鬼舞辻無惨でした。 先程、鳴女の視界で死体を確認したはずの、2人が、生きてこの場に現れた事実を前に、無惨は激昂。 「何をしている!」 「鳴女!」 一方、無惨が怒り、言葉を送った、「上弦の肆」である鳴女。 その背後には、珠世が作った鬼である愈史郎が佇んでおり、自身の血鬼術による札を、鳴女の目に貼り付けていました。 「何をしているかだって?」 「操っているんだよこの女の視覚を」 顔中に血管を浮き上がらせ、怒りに燃える表情で、鳴女の視覚を操作する愈史郎。 「俺から珠世様を奪ったこと」 「後悔して跪け!」 その言葉と共に、一向がいる「無限城」が、まるで撓むようにして震度します。 「今からお前を」 「地上へ叩き出してやる!」 『鬼滅の刃』第182話を読んだ感想と考察 無惨の圧倒的な実力に、翻弄される炭治郎と冨岡。 そうするうち、無惨の視界には、甘露寺と伊黒という2人の「柱」までもを、討ち取ったという、鳴女からの情報が、届きます。 しかし、炭治郎があわや殺される、という瞬間に、駆け付けた増援は、先程無惨が死んだ、と言っていた、甘露寺と伊黒その人。 愈史郎の助けを受け、「上弦の肆」鳴女の視界を奪った一向は、無惨を打倒する策を、探って行きます。 いやびっくりしました。 時透と玄弥が死に、もはや誰が死んでもおかしくなくなってしまった、最近の「鬼滅の刃」。 これ以上の人死には勘弁してくれ、となっていたところでの、甘露寺・伊黒の死亡情報でしたから、危うく信じてしまうところでした。 しかし良かったのは、これらの展開を1話の中に収めてくれたところ。 もしも甘露寺・伊黒の増援が、週をまたぐ事になっていたら、その生死の行方に、1週間もの間、悶々とさせられるところでした。 そして、更に今週の見所となってくれたのは、鳴女の視界を奪う事に成功した、愈史郎のファインプレー。 戦闘能力が不明とは言え、「上弦」ともなった鳴女を、完全に支配下に置いてしまうとは、愈史郎の血鬼術は、読者の想像の遥か上を行ってくれました。 もしも愈史郎が、鳴女の血鬼術まで、自在に操れるようになっているのだとしたら、対無惨戦において、重要な戦力となりそうですが……? 珠世を失った愈史郎の様子が、少々不安定に見えるのが、唯一の不安材料でしょうか。 このように、炭治郎をあっと言う間に追い詰める、無惨の圧倒的な実力と同時に、新たな光明までもが見えてきた、今回の「鬼滅の刃」。 4対1になった事に加え、「風柱」と「岩柱」の2人までもが、向かっていることを考えると、もはや無惨の勝機は乏しそうにも見えます。 とは言え、無惨はあの「上弦」たちの上役なわけですから、何かしらの奥の手を、隠しているであろう事は明白。 果たして炭治郎たちは、無惨の策に、抗いきる事が、出来るのでしょうか。 『鬼滅の刃』の最新巻の単行本や過去作品を無料で見る方法 毎週、鬼滅の刃の最新話が待ち遠しいですが、単行本でまとめて読みたい、過去の作品をまだ見ていない方のために、最新巻や過去作品を無料で見る方法を紹介します。 やはり漫画は絵付きで読みたいですよね!鬼滅の刃の単行本を無料で読む方法を詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。 週刊少年ジャンプ連載中の漫画一覧• 『』尾田栄一郎• 『』冨樫義博• 『』古舘春一• 『』堀越耕平• 『』田畠裕基• 『』ミウラタダヒロ• 『』吾峠呼世晴• 『』原作:白井カイウ 作画:出水ぽすか• 『』筒井大志• 『』原作:稲垣理一郎 作画:Boichi• 『』原作:マツキタツヤ 漫画:宇佐崎しろ• 『』芥見下々• 『』藤本タツキ• 『』椎橋 寛• 『サムライ8 八丸伝』岸本斉史・大久保彰• 『ふたりの太星』福田健太郎• 『』寺坂研人• 『トーキョー忍スクワッド』田中勇輝・松浦健人• 『夜桜さんちの大作戦』権平ひつじ• 『ミタマセキュ霊ティ』鳩胸つるん 鬼滅の刃の関連記事一覧.

次の