寝 てる とき 足 が つる。 寝てる時に足がつる理由は? 医師が解説

足つった! 寝ているときに足がつるのはナゼ? 対処法は?

寝 てる とき 足 が つる

突然、足がつってしまう症状のことを一般的に 「こむら返り」と呼びます。 睡眠中に突然こむら返りの症状に悩む方は、その原因が足に問題があると思いがちですが、実は違う場合があります。 足の筋肉の異常に間違いはないですが、根本的な原因の多くは、 です。 マグネシウムは筋肉を緩める働きがあり、筋肉を動かす(収縮)際に欠かせない栄養素。 そこで、マグネシウムを沢山摂取しよう!思っても、食生活の改善は難しいものです。 マグネシウムの多い海藻や青魚を毎日食べるのは大変ですから、忙しい方や健康志向の強い方の多くはを選んでいます。 足がつって辛い方への効果的な改善策はマグネシウムサプリ! なぜ睡眠中にこむら返りになるのか? 運動中に足がつるという人も結構多いと思いますが、意外と 睡眠中に足がつるという人が多いとよく耳にします。 実際に身近でも義父が睡眠中にしょっちゅう足がつって眠れないと聞きました。 睡眠中にこむら返りになる主な原因は、下記の通りです。 1.水分不足 寝る前は、夜中寝ている時にトイレに行きたくないと、どうしても 水分を控えてしまいがちです。 ただ寝ている間も汗をかくので身体の中は水分が不足してしまいます。 寝る前にコップ一杯または、コップ半分の水を飲むだけでも水分不足によるこむら返りは、防ぐことができます。 2.ミネラル不足 ミネラルであるマグネシウムやカルシウムは筋肉の収縮に関わる栄養素です。 足がつってしまう方の原因で最も多いのが、このミネラル不足。 筋肉をスムーズに動かすために欠かせないため、不足しないようにしましょう。 食事の改善が難しい方にはまとめて摂れるが人気です。 3.冷え この原因は、運動中に足がつる原因には無い原因で、夏場は、クーラーや扇風機などで寝ている間に身体を冷やすことで、冬場は、寒さによる冷えで足が冷えてしまいます。 足が冷えると筋肉が収縮して緊張状態になり、急に足を伸ばそうとしてロックがかかってしまい、足がつることがあります。 特に 寝ようとする時や熟睡中、目覚めた時に足がつるという方は、冷えが原因かもしれません。 4.筋肉疲労 普段寝ている時の筋肉は、ゆるんでいる状態ですが、昼間に運動などをして 筋肉が疲れている場合、寝ている間も筋肉が緊張して痙攣を起こし、足がつることがあります。 運動前と運動後のストレッチは、運動中のケガの予防はもちろん、 筋肉の疲労回復にも効果的です。 特に久しぶりに運動をする時には、念入りにストレッチすることをおすすめします。 睡眠中に足がつる人は、年齢に関係なくいらっしゃいますが、特に 中高年の方で多くいらっしゃるようです。 中高年の方が足がつりやすい理由は、 加齢による筋肉量の減少、脱水症状、動脈硬化による血行不良、薬の副作用など若い人に比べるとあらゆる原因が重なって足がつる可能性が高まるからです。 また足がつることが慢性化したり、重症化しやすいのも中高年の方が多いです。 病気が原因の足のつりは、病気を治療しなければ治りませんが、上記に挙げた原因は、ほんの少し日頃の生活を気を付けるだけで することが可能です。 自分の生活を見直して 足のつらないカラダ作りをしましょう。 足がつって辛い方への効果的な改善策はマグネシウムサプリ! こむら返りになりやすい季節ってあるの? 足がつるのは、一年中いつでも起きる可能性がありますが、 一年を通して一番足がつりやすい季節は、 秋から冬にかけての寒い季節です。 冷えは、万病の元とも言われますが、足がつる原因にもなっています。 マッサージをしたり、お風呂に入ったり、靴下を履いたり、いろんな冷え対策を行っていても足は冷えてしまいがちです。 また寒い季節は、汗をかかないためどうしても 水分補給を忘れがちです。 気付かないうちに身体の中の水分量は少なくなり、軽い脱水症状を起こってしまっている場合もあります。 実際に私も毎年冬にスキーをするのですが、スキー中にあまり水分補給を行わずにいて、軽い脱水症状を起こし、具合が悪くなってしまった経験があります。 汗をかいていなくても乾燥している冬は、呼吸、皮膚の湿度保持、衣類に吸湿されたり、気づかないうちに水分を失っています。 冬もしっかり水分補給を行うようにしましょう。 「足がつる」の言葉の意味 「足がつる」の「つる」を漢字で書くと 「攣る」と書きます。 つまり簡単に言えば、足が引き攣ること、痙攣(けいれん)するということです。 ちなみに「痙る」と書かれている場合は、「ひきつる」と読みます。 症状名としては「こむら返り」という言う場合が多い。 (実用日本語表現辞典より引用) 一般的に「足がつる」というと筋肉が急に収縮し、そのまま固まってしまって痛くて動かせなくなることを指し、さらに専門的な言葉では「有痛性筋痙攣」(ゆうつうせいきんれんしゅく)とも呼ばれています。

次の

高齢者に多い?!寝ている時に足がつる!その原因と治し方

寝 てる とき 足 が つる

運動不足• 運動のし過ぎ• 水分不足• ビタミンやミネラルの不足 などが主な原因とされています。 少し補足説明をしますと・・ 1 加齢 35歳を超えると徐々に筋肉がつることが増えてきます。 加齢により筋肉への指令メカニズムが異常を起こすためと言われています。 年齢を重ねれば、徐々に筋肉の 柔軟性が落ちてきたり、血行不良も起きてきます。 2 運動不足 本来、筋肉が収縮する時に異常収縮を起こさないような身体のシステムがあるのですが、デスクワークの人など慢性的に運動不足だと 筋肉が弱くなり、そのシステムがうまく作動しなくなります。 3 運動のし過ぎ また、運動をし過ぎて足の筋肉がひどく疲れても、 足の神経に負担をかけ、神経が常に興奮している状態になるのでつりやすくなります。 4 冷え 3と同じで、 筋肉が冷えることで血流が悪くなり、結果、足の神経が過敏になってつりやすくなります。 5 水分不足 体内には、 筋肉の機能を調整するミネラル(特にマグネシウムやカルシウム)がありますが、汗をかいたり水分不足になると、これらのバランスが崩れ、筋肉の調整に異常をきたすことになります。 6 ビタミンやミネラルの不足 5でも書きましたが、 マグネシウムやカルシウムという、筋肉に直接関係するミネラルが不足した場合、また、疲労回復によいとされる ビタミンB群、血流の改善によいとされる ビタミンEなどが不足しても足がつりやすくなります。 そして、冒頭の疑問ですが、いろいろ調べる中で、やはり 「すねがつること」と「ふくらはぎがつること」は原因やメカニズムは基本的に同じでした。 急ぎの仕事をたくさんした• ちょっと運動不足が続いていた• 腹筋をした• 5kmランをした• ダンスのレッスンに行った• ランニングで、すねに疲れが溜まることがあります。 もしその日の練習で、すねに疲れがきていたとすれば、痙攣がここに起きたのも理解できます。 さらに、夏場だったので水分不足だった可能性もあります。 それら いくつかの原因が重なったのだろうと自己分析しています。 医学的にも、すねやふくらはぎがつるのは、いろいろな複数の原因が重なって起こると言われています。 あなたが女性の方なら、 すねがつったときの対処 つった瞬間はどうにもできませんが、少し落ち着いてきたら、まず ゆっくり筋肉を伸ばすことです。 ただし 決して無理に引っ張らないように!(最悪肉離れの危険もあります) タオルを足の裏にまわしてゆっくり引っ張るようにすると、一人でも楽にストレッチできます。 お湯などで足を温めるのも痛みが軽減します。 揉むのはこの段階では厳禁です。 そして、 足の三里のツボを親指でていねいに押すと効果があります。 終わりに 以上、すねがつる原因を調べてわかったものを全部書いてきました。 その多くは生活面で見直せば改善されそうなことで、足がつることもかなり減るはずです。 ちなみにその後の私は、今のところ、すねがつることはありません。 加齢はどうにもなりませんが(笑)、他のことはこれからも気をつけていきたいと思っています。 あなたもどうぞ気をつけてくださいね! たったいま、のことです。 昼寝をして、起きて間もなく急に右足のすねがつって、すねの骨が硬直して、おおげさですが足の断面が三角形になっているんじゃないかと感じるほどすねがつっぱり、大変怖い思いをしました。 ふくらはぎでなく、すねがつる!!!なんて私66才(男)の人生で初めてのことでした。 五分ほど経って落ち着きましたが、心臓でも悪くなるのかと恐れ、こういう時に救急車を呼ぶ人もいるのかなと、いろいろな思いがしました。 閉塞性動脈硬化症というのも以前にテレビで観たことがあり、一度ちゃんと調べた方がいいのかなと思いました。 とにかくこのサイトに書かれた通りの症状で、少し落ち着き、いっぽうで少し不安で、今後も様子を見たいと思います。 私の場合、掲げられた項目から言うと、加齢、冷え、水分不足、ミネラルビタミン不足が該当するのでしょうか?感謝致します。 健ちゃんさん 初めまして、筆者のmacckeyです。 コメントありがとうございました。 大変でしたね。 その後は大丈夫ですか。 私も、ふくらはぎは何度かつったことがありましたが、すねがつったのは初めてで本当に驚きました。 症状も健ちゃんさんと同じのようですね。 もちろん私も医者ではないので細かいことはわかりませんが、 頻繁に起こらなければあまり気にすることではないのではと思います。 私はその後もう何年もたちますが、すねがつったことはありません。 (そういえばふくらはぎもほとんどつっていませんが・・・) 加齢は誰もが仕方ないことですが、冷えや水分不足、栄養不足は注意できますね。 私も気をつけます。 健ちゃんさんもどうぞお気をつけて、健康な60代を送ってくださいね!.

次の

寝てる時に足がつる理由は? 医師が解説

寝 てる とき 足 が つる

こんな就寝中のお悩みを抱えている方はとても多いです。 当院に通われているお客様、特に女性からよく聞く悩みの1つでもあります。 また、50代女性の約80%が寝てる時に足がつった経験があるとのアンケート結果もあるようです。 そこで今回は就寝中に起こる足のつり(こむら返り)についてとその予防法について説明をしていきます。 筋肉には過剰に伸びたり、縮んだりしないようにコントロールしてくれるセンサーが備わっています。 この筋肉内にあるセンサーが筋紡錘(きんぼうすい)、腱にあるセンサーが腱紡錘(けんぼうすい)です。 通常はこの筋紡錘と腱紡錘が働いて筋肉の伸び縮みのバランスをとっていますが、腱紡錘の働きが低下すると筋肉が縮み続けてしまい足がつる状態になってしまいます。 足がつる原因に腱紡錘が関わってきますが、加齢とともにこのセンサーも衰えてくるだけでなく、歩き過ぎや歩き方によってふくらはぎが慢性的に疲労を起こしていることも考えられます。 その結果、筋肉が硬くなり、血液循環が悪くなるので電解質などのミネラルも運ばれにくくなります。 よく「足がつるのは水分不足!」とテレビなどで見聞きしますが、水分をたくさんとれていてもつってしまう人はいます。 もしあなたがそのタイプなら筋肉の状態を整えてあげることが必要です。 その方法がふくらはぎのストレッチになります。 足のつりを予防するストレッチ法 ストレッチのやり方をお伝えする前に、よくある質問としてどのくらいの時間伸ばせば良いかについて説明します。 ストレッチに関して様々な研究がされています。 「短時間の静的ストレッチングが柔軟性および筋出力に及ぼす影響」についての研究・報告を以下に要約したものを記載します。 『静的ストレッチングを実施する際の伸張時間について、Bondyらは15秒間と比較して30 秒間ないし60秒間の実施が関節可動域改善に有効であると報告している。 本研究結果においても,6秒間と比較して30秒間の実施が関節可動域の増大に有効であることが示唆された。 』 このような結果からも短すぎる時間でのストレッチはあまり効果を得られないことがわかります。 体を変えていくには30秒または60秒の持続的なストレッチを行うようにしてください。 今回お伝えするふくらはぎの1種類のストレッチであれば片側で1分、両側やってもたったの2分です。 1日24時間のうちたった2分でも良いのでストレッチをやる習慣をつけ、継続してください。 では、ふくらはぎのストレッチ法をお伝えします。 やり方は簡単ですが、間違ったやり方をしている方がとても多いので正しい方法を身につけてください。 体育の授業でよくやったアキレス腱伸ばしを覚えていますか? 1. 片方の足を前に踏み出す 2. 後ろ足の膝は伸ばし、踵は地面につける 3. 前足にゆっくりと体重をかけていく 4. 後ろ足のふくらはぎが伸びる感じがあればその状態でキープする 注意点 ・つま先の向きをまっすぐ揃える。 ・体重を前にかけたときに踵が浮かないようにする。 ・呼吸を止めない。 ・反動をつけない。 このポイントを意識して30秒から60秒間かけてストレッチをしていきます。 まずは前後の足幅は狭くて良いですが、慣れてきたら徐々に広げてみてください。 ストレッチ習慣を身につけて、足がつらずにぐっすり眠れるようになりましょう。

次の