コロナの後遺症。 新型コロナの後遺症は? 治療薬の副作用、精神面への影響も

コロナウイルスの後遺症一生続き仕事に復帰しにくいと:フランス報ず

コロナの後遺症

「新型コロナウイルスから回復後に肺に後遺症がある」とイタリア呼吸器学会は先月(2020年5月)末に発表し、日本では肺以外にも後遺症があることが分ってきた。 山梨県の20代の男性は、3月に新型コロナウイルスに感染した後に髄膜炎を発症、一時意識障害もあったが、回復し退院した。 だが、この1~2年間の記憶を失っていることが判明した。 治療した山梨大学医学部付属病院の森口武史医師は、「おそらく髄膜炎だけでなく、脳炎も起こしていて、脳の機能が損なわれたのではないでしょうか。 ただし、治療後のことは全部覚えているので、記憶できなくなったわけではなく、社会復帰できる状態」と話している。 東京都の30代女性は味覚・嗅覚障害になり、PCR検査を受けたら陽性とわかり入院した。 退院後1カ月以上も、味覚・嗅覚障害が残った。 嗅覚障害に詳しい金沢医科大学の三輪高喜教授は、「味覚・嗅覚を感じ取る粘膜にコロナウイルスの受容体が豊富に存在し、受容体にウイルスが付着するとダメージを受け、味覚・嗅覚が失われます。 ダメージが強いと、味覚・嗅覚を感じ取る細胞が死んでしまい、再生に数カ月かかる場合もあります」という。 退院後に気付く新たな症状.

次の

【コロナ初期症状「痰がらみ」】痰が絡むだけの時は?【具体的事例】

コロナの後遺症

軽症から重症まで多くの新型コロナウイルス感染症 COVID-19 患者を診察してきた医師が、 「COVID-19から回復した健康な元患者の肺が、不可逆な損傷を受けた」という事例を報告しました。 Uni-Klinik Innsbruck: irreversible lung damage in corona patients En24 News オーストリアにあるインスブルック大学病院の上級医であるフランク・ハルティヒ氏は、同院の救急科の責任者として、 無症状の人から集中治療室に入った人まで多くのCOVID-19患者を診察してきました。 その中には6人の現役のダイバーがいましたが、全員が「病院での治療は不要」と判断されたため自宅に戻され、数週間の自主隔離の後回復しました。 ハルティヒ氏らが回復後の経過観察を行ったダイバーは全員、せきやダイビングのパフォーマンスの低下が見られる以外は健康そのものだったとのこと。 そこで、ハルティヒ氏がダイバーの肺をCTスキャンで調べたところ、驚くべき結果が出ました。 まず6人中2人の肺は大きく機能が低下しており、負荷がかかるとすぐに血中の酸素が低下してしまうようになったとのこと。 また、ぜん息の患者に見られるような症状も観察されました。 残りの4人のダイバーについても、肺の変化が見られたとのことです。 この結果についてハルティヒ氏は、 「私は20年の経験がある救急医ですが、若い人の肺がこんな状態になっているのを見て言葉を失ってしまいました。 CTスキャンの結果を取り違えたのかと思って、改めてレントゲン撮影をさせてもらったことさえあったほどです」 「これは衝撃的で、何が起こっているのか理解できません。 彼らはおそらく生涯の患者として、定期的な診断を受けるべき状態になってしまいました。 当然、ダイビングはもうできません」と話しました。 ハルティヒ氏によると、これまでの段階ではCOVID-19の長期的な影響がどの程度残るかはなんともいえないとのこと。 しかし、COVID-19から回復したダイバーの診断結果があまりにも悪かったことから、「完全に回復すると考える事は難しい」とハルティヒ氏は指摘しています。 入院は不要だと判断されたほど症状が軽かった人の肺が大きく損傷していた原因は不明ですが、一部の医療関係者は 「人工呼吸器を使用した人が急に症状が悪化してしまうことと関係があるのではないか」と考えています。 例えば、イタリアでは人工呼吸器を使用した患者の多くが死亡してしまうという事例が見られました。 そのため、アメリカの医療現場ではできるかぎり人工呼吸器を使用するのを遅らせる試みが行われているとのことです。 イタリアと同様の現象は、ハルティヒ氏が勤めている病院でも観察されています。 「血中の酸素濃度が低い人に酸素を吸入させると症状が緩和されますが、数時間後には多くの患者が重度の肺不全に陥って集中治療室に入ってしまいます」 とハルティヒ氏は述べました。 こうした経験から、ハルティヒ氏らは「酸素がなんらかの引き金になっているのではないか」と感じているそうです。 例えば、ダイバーの間ではNitroxと呼ばれる酸素と窒素の混合ガスが使用されてきました。 これは、低下した酸素濃度を回復させて 潜水可能な時間を延ばす目的で使用されていますが、ハルティヒ氏によると 「肺の組織がまだ酸素に対して敏感な時に使用すると危険な作用をもたらす場合がある」とのこと。 前述の6人のダイバーが、回復後にNitroxや酸素ボンベなどを使用したダイビングを行ったかは不明ですが、ハルティヒ氏は 「酸素が逆効果になることもあります」とコメントしました。 ハルティヒ氏はダイバー向けの雑誌に掲載したレポートの中で 「COVID-19から回復した人は、たとえ軽症しか出ていなかったり、回復後に受けたダイビングのテストに合格したりしたとしても、 ダイビング専門の医師に徹底的に検査してもらうべきです」と記して関係者らに対し警鐘を鳴らしました。 またダイバーでなくても、COVID-19から回復した人は、肺の損傷の具合が明らかになるまで夏場のスポーツのトレーニングなどは控えた方がいいとのことです。

次の

新型コロナ、重篤な後遺症の報告多数 一生苦しむ恐れも:イザ!

コロナの後遺症

無症状でも危ないコロナ。 回復後に重篤な後遺症も(時事通信フォト) 世界保健機関(WHO)によるパンデミック宣言から約3か月。 すでに全世界で700万人以上が新型コロナウイルスに感染し、300万人近くが回復したとされる。 感染者のうち、重症化するのは2割とされ、残り8割は軽症もしくは無症状で、症状が出たとしても、インフルエンザより少しきつい程度だという。 多くの人が軽症もしくは無症状ですみ、回復者が増えているのは好ましい傾向だが、まったく油断できないことが明らかになりつつある。 新型コロナから回復した人のなかで、重篤な後遺症が見つかる事例が世界中で次々に報告されているのだ。 韓国では80代女性が、完治から9日後に心臓と脳の血管疾患で急死。 その女性にはうっ血性心不全や高血圧などの持病があったものの、感染症回復後の後遺症が影響したとみられている。 《新型コロナの回復者3割に呼吸疾患などの後遺症が生じる恐れがある》 5月末、イタリアの呼吸器学会が衝撃的な発表を行った。 回復した感染者の調査や、同じコロナウイルス感染症であるSARSなどのデータから、新型コロナが肺に完治し難いほどのダメージを与える可能性があることがわかったという。 少なくとも6か月は、肺にリスクのある状態が続く恐れが高いそうだ。 「新型コロナの後遺症として、まず考えられるのは肺への影響です。 体内に侵入したウイルスは肺にたまり、肺炎など呼吸器系の疾患を引き起こします。 その影響で肺が萎縮して肺組織が硬くなると、充分な酸素を得ることが難しくなる『肺線維症』を発症し、回復したのちも息切れが続く可能性がある。 特に長期間、集中治療を受けていた患者ほど後遺症のリスクが高まるとされます」(医療ジャーナリスト) しかし、軽症者だからと安心はできない。 オランダでは集中治療室から出た患者約1200人のほぼ全員の肺に何らかのダメージが残った。 その一方で、集中治療を受けなかった入院患者約6000人の約半分には、今後数年間で何らかの症状が出る可能性があると現地メディア「NLタイムス」が報じている。 インタビューに応じた現地医師によると「重症化しなかった患者にも後遺症は起こりうるので、回復後に息切れがしたり、運動量の落ちた人は肺の専門医に相談した方がいい」という。 せっかく回復しても、一生にわたって息苦しさに悩まされるリスクがあるのだ。 前述の通り、新型コロナの8割は軽症か無症状であり、多くの人は、自分が感染したことに気づかず回復する。 最近、医療現場では無症状回復者に関連する、ある「異変」がしばしば確認されているという。 漢方内科と耳鼻科感染症が専門で、新中野耳鼻咽喉科クリニック院長の陣内賢さんが指摘する。 「現在、クリニックで150人ほどの疑い例を診察しました。 微熱や倦怠感、胸の痛み、息苦しさなど多彩な症状が1か月以上続いていると訴える患者さんが目立っています。 確証はありませんが、そうした患者は新型コロナに感染したのに無症状のうちに回復しており、その後遺症としてさまざまな症状が出ていると考えられます」 患者が訴える症状は、人間の免疫システムと関連する「サイトカインストーム(免疫暴走)」として説明できるという。 「サイトカインストームとは、免疫システムが過剰反応する現象のことです。 ウイルスに感染すると、体内の免疫システムがウイルスという異物を撃退しようとしますが、その際に免疫システムが正常な細胞に過剰な攻撃をすることで、微熱や頭痛などが生じます。 ポイントは、無症状の感染においてもサイトカインストームが生じる可能性があることです。 日本でも無症状の患者が市中に蔓延したとされるため、今後、そうした確定診断がつかない原因不明の症状はますます増えるかもしれません」(陣内さん) 現時点で、無症状の回復者の後遺症と推測される現象がどこまで深刻化するかは判断できないが、決して安心できるものでないことはたしかだ。

次の