マネー フォワード クラウド 会計。 マネーフォワードクラウド確定申告とマネーフォワードMEの違いを徹底的に解説してみた

マネーフォワードクラウド会計を使うメリットとデメリットを徹底解説!

マネー フォワード クラウド 会計

得意業種• searchItemCount. i[i. id]? SEARCH. searchItemCount. i[i. searchItemCount. f[f. id]? SEARCH. searchItemCount. f[f. searchItemCount. t[t. id]? SEARCH. searchItemCount. t[t.

次の

マネーフォワード クラウドの税理士検索|社労士・会計事務所を紹介

マネー フォワード クラウド 会計

マネーフォワードクラウドは、MacでもWindowsでも使えるクラウド型の会計ソフトです。 マネーフォワードクラウドには、「会計」「確定申告」「請求書」「経費」「給与」「マイナンバー」とあり、取引入力や仕訳など、業務の自動化で作業時間を大幅に削減できます。 マネーフォワードクラウドでは、提携銀行も多く、 自動仕分けに対応している金融機関の数では、他のクラウド型会計ソフトと比べて多く便利です。 クレジットカードの明細なども取り込めます。 自動仕訳やAI機能などの学習機能も優れているので、ほとんど自動的に月次試算表を作成することも可能!月次決算の処理が格段に楽になります。 新元号「令和」の対応もバッチリです。 使うほど便利に賢くなるAIによる学習機能 人口知能・機械学習がビッグデータを元に勘定科目を提案してくれます。 使えば使うほど賢くなり、自動入力や自動仕分けがどんどん楽ちんになります。 確定申告や会計処理が苦手で面倒なあなたに マネーフォワードクラウド会計・確定申告は、会計処理や確定申告が苦手で面倒くさいと感じているあなたにこそ、使って欲しい会計ソフトです。 インターフェースも直感的に操作できるように開発されており、 可能な限り自動化しています。 苦手で面倒な会計・確定申告・経理業務を簡単で身近に感じさせてくれます。 マネーフォワードの機能は、あなたを 事業経営に専念させてくれ、 各種レポート機能で経営の見える化をサポート!ビジネスのヒントを得られるクラウド型の会計ソフトです。 クラウド型会計ソフトを無料で試せる!.

次の

マネーフォワード クラウド会計の評判は?freeeとどちらがお得か徹底検証

マネー フォワード クラウド 会計

クラウド会計ソフトを代表する3つのクラウド会計 簡単経理でスマホアプリの操作性も素晴らしい freee、画面共有や電話でのサポートが手厚い 弥生会計オンライン、連携サービスが多く振替伝票の入力もできベテランの経理担当者も納得の マネーフォワードクラウド。 それぞれ特徴があり、単純に「 おすすめ1位はこれ!」とは言えないからこそ、じっくり比較検討して自分に合った会計ソフトを見つけていただきたいです。 私はこれまでにマネーフォワードクラウドとfreeeを実際の業務で使ってきましたので、このページではこの2つのクラウド会計ソフトの徹底比較をさせていただきます。 それでは、渾身の マネーフォワードクラウドとfreeeの比較を御覧ください。 マネーフォワードとfreeeを並べて比較! 私はこれまでにマネーフォワードクラウドやfreee(フリー)、弥生のオンライン、その他様々なクラウド会計ソフトを調査し、いくつかのクラウド会計を試してきました。 その結果、個人事業主や小規模法人の経理はクラウド型会計ソフトの マネーフォワードクラウドかfreeeの二択という結論に至りました。 という訳で、このページではマネーフォワードクラウドとfreeeの2つの会計ソフトを徹底的に比較して、それぞれの特徴と長所短所を取り上げております。 この2つはどちらも優れたクラウド会計ソフトです。 あなた自身の環境や経理スタイルによって最良の選択は変わると思いますので、当サイトをご覧いただいて検討していただければと思います。 このページではマネーフォワードクラウドとfreeeを左右に並べて同時に比較しております。 スマートフォンの場合スペースの都合により左右同時には表示されませんので、ぜひPCでブラウザ幅を広くしてご覧ください。 マネーフォワードの取引データの自動取り込み マネーフォワードの取引データ自動取り込み提携数 オンラインバンクやクレジットカードの取引のデータは連携させれば自動で取得できます。 対応している金融機関(銀行や信用金庫)は法人用口座が 2135行、個人用口座が 1153行もあり対応していないオンラインバンクを探すほうが難しいほどです。 また、クレジットカードの取引データの自動取得もできます。 対応しているクレジットカードは 142社もあります。 その他にもレジシステムやwebサービスとも連携が可能なので店舗の売上のデータなども自動で取り込むことが可能です。 もちろん、マネーフォワードクラウドの他のサービス(クラウド請求書、クラウド給与)とも連携が可能です。 データ取り込みのタイミング 銀行のお金が動いたらすぐにその取引データは取り込めます。 クレジットカードはカード会社が取引を把握したらデータが取り込めます。 クレジットカードのデータ取得のタイミングはマネーフォワードは早いです。 資金繰りを早く把握したい方に最適です。 freee(フリー)の取引データの自動取り込み freeeの取引データ自動取り込み提携数 freeeの取引データの自動取り込みは、オンラインバンク 3336行、クレジットカードは 136社に対応しています。 クラウド型会計ソフトで日本一の連携数で、より経理自動化に近づけます。 freeeもAirレジやユビレジに対応していますので、これらのレジサービスを使用して店舗運営をされている方にもおすすめできます。 もちろんfreeeも請求書や給与のデータも連携します。 freeeは 連携すら感じないスムーズな連携です。 データ取り込みのタイミング 銀行のお金が動いたらすぐにその取引データは取り込めます。 クレジットカードは支払いが確定してからデータが取り込めます。 クレジットカードのデータ取得のタイミングはマネーフォワードに比べて遅いです。 経理業務は月に一度まとめてするという方はfreeeでもいいです。 日々資金繰り表を作成するほどキャッシュフローを気にするなら本来の経理の仕分けをする必要があります。 マネーフォワードクラウドとfreee(フリー)の仕訳を比較していきます。 取り込んだデータを仕訳する作業も会計ソフトで行う日々の業務に関わる機能です。 日々の経理業務といったら取引の仕訳ですので、データの自動取り込みと並びこれらの機能も大事な部分です。 クラウド型に限らず会計ソフトを使ったことがある方はおわかりいただけると思いますが、 会計ソフトを使った経理業務のほとんどは仕訳作業です。 手書きで帳簿を付けるなら仕訳のあとにも総勘定元帳や各種台帳に転記する必要がありますが、会計ソフトはそのあたりを自動でやってくれます。 日々の経理業務では自動で取り込んだ取引を仕訳します。 クラウド会計ソフトでは、経理という業務の性質上、どのソフトでもだいたい同じような事ができるように作られています。 それでも、仕訳方法は各社特徴があり会計ソフトの個性にも繋がっています。 マネーフォワードの仕訳 マネーフォワードクラウドの仕訳の最大の特徴は 一括登録です。 詳しくは後述しますが数十個の異なった取引を一括で仕訳登録したいならマネーフォワードクラウドがおすすめです。 勘定科目と摘要の自動提案 勘定科目は自動で提案をしてくれます。 マネーフォワードクラウドのデータベースに無い取引は自分で勘定科目や摘要を入力することになりますが、 1度設定すれば次回以降は勘定科目と摘要が自動で割り振られます。 例えば、上記の場合、もともと提案された摘要は「 地方税」ですが、後で見た時に何の地方税なのかわかりやすいように摘要を「 地方税 受取利息の税金」としました。 こうすると次回から摘要は「 地方税 受取利息の税金」になります。 一括登録 マネーフォワードクラウドは仕訳登録を一度に最大で50個までできます。 私が マネーフォワードクラウド会計を使っていて最も便利だと思った機能です。 freee(フリー)にはありません。 日々の経理業務で50個も一度に仕訳登録をすることは、まずありませんが、月に一度しか経理業務をしなかったりする場合はそのようなことになるかもしれません。 クラウド型なので登録ボタンを押してからレスポンスがあるまで時間がかかります。 時間がかかると言っても1回あたりは1秒程度かそれ以下ですが、何回も続けるのは多少煩雑なので、一括登録があるとストレスフリーです。 自動で割り振られた勘定科目が合っているか1件ずつ確認するので、必ずしも一括登録が必要というわけではありませんが、無いよりあった方がストレスフリーです。 使っているうちに勘定科目の自動提案の精度が上がってきますので、私の場合はとりあえず50件全てにチェックを入れて、修正の必要がある仕訳を見つけたらチェックを外します。 そして、一括登録のボタンを押して登録します。 数十件一括で登録すると1つだけ登録する場合と比べてレスポンスは遅いですが数十倍遅いわけではありません。 長くても5秒程です。 マネーフォワードの青色会計で知っておくべき機能は一括登録機能。 これで手間が相当変わる。 というのに 比較記事見てて気づく。 手動簡単入力 このように行った取引についての情報を入力して簡単に手入力で仕訳をする機能です。 振替伝票入力 従来の経理の方式での入力です。 月に何度か手入力するような取引が発生しますが、私は前述の簡単入力は使ってません。 理由は簿記3級のテキストで経理の勉強をしたので、複式簿記の入力の方が直感的に理解できるからです。 また、会計事務所や税理士先生に仕訳について質問すると、メールでこの形式で回答があります。 ネットで仕訳を調べても借方貸方で説明されています。 国税庁の仕訳の説明もこの形式です。 freee(フリー)の仕訳 freeeの仕訳の最大の特徴は 自動登録です。 詳しくは後述しますが、これは使い方によっては完全自動経理も可能です。 経理に割く時間を少しでも減らしたい方はfreeeがおすすめです。 勘定科目と摘要の自動提案 freeeもこのように勘定科目の自動提案はしてくれるので、内容に間違いがないか確認したら「登録」ボタンを押すだけで仕訳ができます。 一括登録 freeeはプロフェッショナルプラン以上で一括登録ができますが、プロフェッショナルプランは月額47,760円の大規模法人向けの特別プランです。 通常のプランでは鍵マークが付いていてこの機能を使うことはできません。 マネーフォワードのような一括登録はできませんが、同じ勘定科目の取引だったらまとめて登録はできます。 自動登録 これは freee独自の機能です。 マネーフォワードクラウドにはありません。 例えば、スイカのチャージを行うと上記のように旅費交通費という勘定科目が自動で付きます。 ここまではマネーフォワードクラウドにもある機能です。 freeeの自動登録というのは、 今後同じ取引が発生した時に自動で登録までしてくれる機能です。 「スイカチャージは旅費交通費」とfreeeに学習させれば(自動化をチェックすれば)次からは自動で登録されるようになります。 これはAmazonなど消耗品や新聞図書などいろいろなものを扱っているところで機能させるのは難しいですが、スイカチャージや水道光熱費などのいつも同じ取引内容の仕訳は自動でできるようになります。 使い方次第では 完全に自動で経理業務ができてしまうとても便利な機能です。 取引登録(簡単入力) 手動での仕訳登録です。 入力を進めていくと同時に画面下部に仕訳が表示されるので従来の経理に慣れている方にも優しいです。 お金が増えたのか減ったのかを起点にして何に使ったのかを選択して仕訳していきます。 いきなり勘定科目を選ばされることもないので経理が苦手な人にも優しい方法です。 振替伝票入力 freeeでも振替伝票入力ができます。 freeeのスタンスとしては、できるだけシンプルにというを押し出したいがための配置なのでしょう。 マネーフォワードクラウドとfreeeが目指すところ マネーフォワードクラウドは通常の仕訳の中に振替伝票入力があります。 借方貸方など直感的にわかる経理経験者でしたら手動入力はすべて振替伝票でやりたいと思うので、経理経験者はマネーフォワードが使いやすいかと思います。 一方、freeeでは借方や貸方という言葉がほとんどでてきません。 インターネットで仕訳のことを調べても必ずと言っていいほど、借方貸方の方法で説明されていたりと、従来の経理に慣れている人にとっては不便に感じる部分でもあります。 freeeにも振替伝票入力はあるのですが普段使うであろう「取引」に配置せず決算の項目に配置されています。 経理に慣れている私的には取引の中に置いておけばいいのにと思っております。 しかし、freeeはあえてそれをやらないのは、 経理知識がなくても、簡単に完全な自動経理ができる会計ソフトを目指しているからではないでしょうか。 機能の配置ひとつからそれぞれのクラウド会計ソフトの方向性が伺えます。 freee(フリー)のサポート 電話サポート 個人ではプレミアムプラン(年額39,800円)、法人ではベーシックプラン(月額4,780円/年額47,760円)では電話でのサポートが受けられます。 freeeの電話サポートは予約制です。 通話料がかからないのが嬉しいです。 メール・チャットサポート マネーフォワードクラウドと同様にプランによって違いがあります。 私はベーシックプランなので、画面右下には「電話サポート」と「AIアシスタンス」のタブが表示されています。 AIアシスタンスのタブを開くと一番下に「freeeサポートデスク担当者に相談する」というボタンがあります。 そこをクリックすると質問を入力する画面になります。 質問を入力して「チャットを開始する」をクリックするとAIではなく担当者に繋がります。 チャットの受付時間は 平日10:00-12:00、13:00-18:00です。 昼休みはありますが18時まで対応しています。 freeeのサポートチャットも画面の右下に営業時間中はいつもあります。 PCの操作や経理に自信が無い方には弥生のサポートも弥生会計のサポートはとても充実しています。 このページでは私が自信をもっておすすめできるマネーフォワードクラウドとfreee(フリー)、2つの会計ソフトだけを比較するのがコンセプトであり、弥生会計オンラインを取り上げるのはページの趣旨に反するのですが、弥生会計オンラインのサポートはそれほど充実しています。 ソフトの操作についての質問はもちろんのこと、 経理や確定申告の相談も電話とメールでできます。 さらに画面共有サポートというものがあり、自分の画面をオンライン上でサポートセンターと共有して操作を教えてもらうこともできます。 パソコンの操作や経理業務に不安があるようでしたら、弥生会計オンライン(個人事業主は、やよいの青色申告オンライン)を検討してみるのも良いかもしれません。 弥生のサポートについて別記事でまとめましたのでぜひご覧ください。 ちなみにやよいの青色申告オンラインでサポートを受けられるのはベーシックプランのみです。 セルフプランはメールサポートもありません。 マネーフォワードは簡単な財務の確認なら可能 ブラウザ — タブレットなら操作可能だがスマホだと難しい マネーフォワードクラウドはタブレット端末やスマートフォンのブラウザで使うこともできます。 ただし、画面はPCと同じものです。 iPadなどのタブレット端末の画面サイズでしたら問題なく使用できますが、iPhoneなどの スマートフォンの画面サイズでは実用的ではありません。 上の画像はiPhoneXsのsafariでマネーフォワードにアクセスした画面をキャプチャしたものです。 このようにボタンなどの要素が小さすぎるためスマートフォンでの操作は難しそうです。 一箇所ずつ拡大するといった方法もありますが、やはり実用的ではありません。 アプリ — 口座残高の確認や損益グラフが見れるが経理作業はできない マネーフォワードクラウドアプリは、銀行口座の残高、キャッシュフローのグラフ、損益のグラフの閲覧ができます。 これらの財務状況の閲覧のみが可能で、仕訳などの経理業務はできません。 連携している銀行口座の残高が確認できます。 キャッシュフローがグラフで確認できます。 横方向にスライド(フリック)させることによって表示されている期間より前後の期間も見られます。 損益のグラフが見られます。 キャッシュフロー同様横方向にスライドさせると遡ってグラフを確認できます。 繰り返しますが、マネーフォワードは アプリでは仕訳などの経理作業はできません。 結論としては、マネーフォワードクラウド会計は基本的にパソコンで使用する会計ソフトです。 freeeのモバイル対応はアプリが素晴らしい ブラウザ — マネーフォワードクラウド同様タブレットは可、スマホは難しい freeeもマネーフォワードと同様にタブレット端末とスマートフォンのブラウザで使うことができますが画面はPCと同じものです。 上の画像はiPhoneXsのsafariでfreeeにアクセスした画面をキャプチャしたものです。 freeeもボタンなどの要素が小さすぎるためスマートフォンでの操作は難しそうです。 一箇所ずつ拡大するといった方法もありますが、やはり実用的ではありません。 マネーフォワードクラウドと同様にタブレットでは使えますが、 スマートフォンでの操作は難しいです。 アプリ — スマートフォンでもサクサク経理(仕訳)ができる スマートフォンのブラウザで操作するのは難しいのですが、 freeeの専用アプリの操作性は素晴らしいです。 例えばクレジットカードの取引データを取得したらこのように仕訳が提案されます。 この場合、Suicaのチャージなので勘定科目は自動的に旅費交通費になりました。 freeeのデータベースに無い取引の場合は自分で勘定科目を設定することになりますが、このように実際に支払いをしたシーンで選択できるので「借方、貸方、勘定科目!」などと言った経理を意識することなく仕訳ができます。 また、一度選択した勘定科目は次回以降自動的に付くので仕訳作業は楽になっていきます。 私用で使ったものは「プライベート」をタップすれば自動でそれに応じて仕訳されます。 法人の場合は「役員貸付」として仕訳されます。 (個人だと「事業主貸」ですかね?) このように、freeeの公式アプリはタッチパネルならではの簡単な操作で経理業務ができます。 少なくとも仕訳作業についてはパソコンで作業するより快適にできます。 freee(フリー)はアプリでも多くの機能が使えるのでどこでも経理業務ができます。 パソコンからアクセスするのは年に数回でよさそうです。 マネーフォワードクラウド、freee(フリー)の両方とも月払いと年払いが選べるものがあります。 会計ソフトはずっと使うものなので、 本格的に使う場合、お得な年払いを選択するのがおすすめです。 試しに使う場合にも両社とも無料で使えます。 無料プランで機能や操作性を確認して自分の用途に合った方を年払いで使うといった流れで良いと思います。 マネーフォワードクラウドやfreeeに限らず「無料で使える」と謳っているWEBサービスは多いですが、実際問題無料ではあまり使いものになりません。 あくまでお試し期間のつもりで、 会計ソフトを使うにはお金がかかるという認識でいましょう。 なお、 下記料金は税別表記をしております。 マネーフォワードクラウドのプランと利用料金 個人事業主用 個人事業主用のマネーフォワードクラウド確定申告には パーソナルライトと パーソナルと パーソナルプラスの3つのプランがあります。 プラン 月払い 年払い (月額換算) パーソナルライト 1,280円 11,760円 (980円) パーソナル 2,480円 23,760円 (1,980円) パーソナルプラス — 35,760円 (2,980円) 法人用 法人用のマネーフォワードクラウド会計には スモールビジネスと ビジネスの2つのプランがあります。 プラン 月払い 年払い (月額換算) スモールビジネス 3,980円 35,760円 (2,980円) ビジネス 5,980円 59,760円 (4,980円) マネーフォワードクラウドの新料金とプラン内容について別記事にまとめました。 freee(フリー)のプランと利用料金 個人事業主プラン 個人事業主用のfreeeには スターターと スタンダードと プレミアムの3つのプランがあります。 プラン 月払い 年払い (月額換算) スターター 1,180円 11,760円 (980円) スタンダード 2,380円 23,760円 (1,980円) プレミアム — 39,800円 (3,317円) 法人プラン 法人用のfreeeには ミニマムと ベーシックの2つのプランがあります。 プラン 月払い 年払い (月額換算) ミニマム 2,380円 23,760円 (1,980円) ベーシック 4,780円 47,760円 (3,980円)• 請求書作成管理(会計freeeに含まれる)• 経費精算(会計freee 法人ベーシックプランに含まれる) 給与計算とマイナンバー管理につきまして、freeeでは「人事労務freee(3名まで月額1,980円)」という別のサービスで対応できます。 基本利用料金は若干高めですが、 給与計算とマイナンバー管理サービスを利用するのならマネーフォワードクラウドの方がお得に使えます。 従業員を雇っていないフリーランスや小規模法人でしたら人事労務の管理サービスは必須でもないので選択が難しいところです。 マネーフォワードクラウドが料金改定ですが、フリーランスや小規模法人は会計だけで十分な場合が多くほとんど値上げですね。 今回のような値上げの方法はあまり好まれそうにないような。 機能改善のスピードも今のところfreeeの方が早い…今後お客様へはfreeeをお勧めする機会が増えそうです。 — 税理士 比留間一貴 KazukiHiruma hirukazu1982 マネーフォワードの料金変更によりfreeeをおすすめする税理士先生もいらっしゃるようです。 GMOが請求書を買い取ってくれるサービスを開始取引先に請求書を送っても入金されるのは一月後だったりしますよね。 資金繰りの都合でどうしても早く現金が必要な時に取引先に「今回、早くご入金いただけませんかね?」とは頼みにくいものです。 頼めたとしても取引先に「資金繰りヤバくて今後仕事大丈夫かな…」と不要な心配をさせてしまいます。 そんな時に頼りになるのがGMOインターネットグループのGMOクリエイターズネットワークが2018年10月から開始したFREENANCE(フリーナンス)です。 フリーナンスは請求書を買い取って現金を前倒しで回収できるサービスです。 請求書の買取以外でも「あんしん補償」という損保ジャパンの保険に無料で入れるので、業務上の事故に備えることもできます。 フリーナンスの特徴と実際に加入してみた体験談を書きましたのでフリーランスや小規模法人の方はぜひ御覧ください。 これは会計ソフトのアカウント数とは違い給料を渡す人数(=従業員の人数)分必要になります。 ひとりに1アカウント作って従業員ひとりひとりの源泉税などを計算するためです。 (会計ソフトは会計ソフトを使う人数分アカウントがあれば問題ありません。 ) ただし、会計ソフトを使うなら必ず給与計算ソフトを使わなくてはならないわけではありません。 つまり、 給与計算ソフトは必須ではありません。 給与計算はエクセルなどで台帳もしっかり管理しているのなら、会計ソフトにまとめて手入力しても大丈夫です。 たしかに給与計算ソフトは、毎年変わっていく源泉税の計算や年末調整関係ではとても便利ですが、立ち上げたばかりの小規模な会社にとっては、 最初から人数分対応すると費用的に負担が大きいのではないでしょうか。 比較一覧表 この表は左右に動かせます。 スマートフォンなどでご覧の方は右から左にスワイプして端までご覧ください。

次の