東京 都 感染 者。 (第4報)感染者の行動歴をプライバシーに配慮して公表する考え方について|東京都防災ホームページ

【東京都】感染者がいた施設や病院などのまとめ

東京 都 感染 者

新型コロナウイルスの東京都の感染者数と一覧まとめ 新型コロナウイルスの東京島の感染者数は現時点で 「23名」です。 感染者の一覧は次の表のとおりです。 2人とも13日に感染が確認された、都内に住む個人タクシー運転手の男性の関係者で、1人は運転手が参加した新年会の会場となった屋形船の従業員で、もう1人はタクシーの組合支部の従業員です。 このうち7人は、13日に感染が確認された都内の個人タクシー運転手が、先月参加した新年会の会場にいた。 6人は、13日に感染が確認された都内に住む個人タクシー運転手の男性が、先月18日に参加した屋形船で行われた新年会に参加していたということで、1人が発熱やせきなどの症状があるということです。 また、1人は屋形船の従業員 8 特にタクシー運転手をきっかけとした一覧の感染者については、多くの濃厚接触者がいると思われるため、今後のさらなる感染の拡大が発生しないか注意が必要そうです。 新型コロナウイルスの感染者の病院の場所はどこ? 入院先の病院は? 新型コロナウイルスに感染した場合に入院する病院は 「特定感染症指定医療機関」の可能性が高いものと思わます。 東京都内の「第一種感染症指定医療機関」は次の病院です。 東京都立駒込病院• 東京都立墨東病院• 荏原病院(実際に武漢からのチャーター便ではこちらの病院で受け入れを実施)• 自衛隊中央病院 これまでに受診した病院は? 各感染者が訪れた病院については 残念ながら正確な場所はわかりません。 都内での感染者は最初から「特定感染症指定医療機関」に入院するわけではなく、まずはそれ以外の医療機関で受診したものと思われます。 新型コロナウイルスの初期症状は「発熱、下痢、嘔吐」といったものですので、まずは 近所の内科等を受信した可能性が高いです。 通常の病院では新型コロナウイルス感染への対策が完全でない場合も多いため、院内での感染拡大の可能性があるかもしれないのが心配です。 実際に和歌山県では医師から患者やその家族への感染が確認されており、院内感染の可能性は大いにありえます。 院内感染を防ぐためにも病院に行く際には万全の予防対策をした上で行ったほうがよさそうですね。 まとめ 今回のこの記事では新型コロナウイルスの東京都の感染者数やその一覧まとめ、入院先の病院や受診した病院についてまとめました。 東京都の感染者数は現時点で「23人」でさらなる拡大の可能性がある• 入院先の病院は「特定感染症指定医療機関」の病院である可能性が高い• 最初に受診した病院については正確な情報は不明 東京都在住の方や東京都へお勤めの方はこれからどうすべきかについて考える必要がありそうです。 あわせて読みたい.

次の

東京都感染症情報センター » 東京都の感染症発生状況

東京 都 感染 者

大阪府の知事が11日、カンテレ(関西テレビ)の夕方の報道番組「報道ランナー」に出演。 の感染者が「夜の街」で急増するなど、クラスター発生が問題となっている東京都の現状について、「そんなに深刻な数字ではない」と冷静に語った。 東京都は11日、新たな感染者が22人と発表した。 大阪府は1人。 大阪と東京の違いについて聞かれた吉村知事は「大阪もいつクラスター発生してもおかしくない」と油断は禁物だとの考えを述べ、「ただ、東京と違うのは、ウイルスを何とか一斉に抑えようと、かなり府民の皆さんも事業者の皆さんもご協力いただいて、ガーッと抑えた。 東京は夜の街もいろんな活動をしている」とした。 これが(感染者が)920人、30人、40人とか(右肩上がりに)上がっていくと危ない。 例えば5人でも、5人、10人、15人と上がっていくと危ない。 20人とかが上がったり下がったりしてるのはそんなに深刻な数字ではない」との見方を示した。 社会経済活動を戻さないと、コロナ自粛による経済的危機で失う命も出てきてしまう、とウイルスゼロを目指すのではなく、ウイルスと共存しながら経済活動を再開させる決断をした吉村知事。 「クラスターに一喜一憂することなく、我々は(クラスターの発生経路を)追いますが、皆さんは、(感染者数が)右肩上がりにならなければ、ビビるとか、もう外に出るのはやめようとか、そうする必要はないんじゃないかなと。 大阪府では、4月9日に記録した92人が1日あたりの新規感染者数の最高値。 外部サイト.

次の

東京都の新型コロナウイルス感染者の分布マップ(市区町村別) | グラフストック

東京 都 感染 者

新型コロナウイルスの東京都の感染者数と一覧まとめ 新型コロナウイルスの東京島の感染者数は現時点で 「23名」です。 感染者の一覧は次の表のとおりです。 2人とも13日に感染が確認された、都内に住む個人タクシー運転手の男性の関係者で、1人は運転手が参加した新年会の会場となった屋形船の従業員で、もう1人はタクシーの組合支部の従業員です。 このうち7人は、13日に感染が確認された都内の個人タクシー運転手が、先月参加した新年会の会場にいた。 6人は、13日に感染が確認された都内に住む個人タクシー運転手の男性が、先月18日に参加した屋形船で行われた新年会に参加していたということで、1人が発熱やせきなどの症状があるということです。 また、1人は屋形船の従業員 8 特にタクシー運転手をきっかけとした一覧の感染者については、多くの濃厚接触者がいると思われるため、今後のさらなる感染の拡大が発生しないか注意が必要そうです。 新型コロナウイルスの感染者の病院の場所はどこ? 入院先の病院は? 新型コロナウイルスに感染した場合に入院する病院は 「特定感染症指定医療機関」の可能性が高いものと思わます。 東京都内の「第一種感染症指定医療機関」は次の病院です。 東京都立駒込病院• 東京都立墨東病院• 荏原病院(実際に武漢からのチャーター便ではこちらの病院で受け入れを実施)• 自衛隊中央病院 これまでに受診した病院は? 各感染者が訪れた病院については 残念ながら正確な場所はわかりません。 都内での感染者は最初から「特定感染症指定医療機関」に入院するわけではなく、まずはそれ以外の医療機関で受診したものと思われます。 新型コロナウイルスの初期症状は「発熱、下痢、嘔吐」といったものですので、まずは 近所の内科等を受信した可能性が高いです。 通常の病院では新型コロナウイルス感染への対策が完全でない場合も多いため、院内での感染拡大の可能性があるかもしれないのが心配です。 実際に和歌山県では医師から患者やその家族への感染が確認されており、院内感染の可能性は大いにありえます。 院内感染を防ぐためにも病院に行く際には万全の予防対策をした上で行ったほうがよさそうですね。 まとめ 今回のこの記事では新型コロナウイルスの東京都の感染者数やその一覧まとめ、入院先の病院や受診した病院についてまとめました。 東京都の感染者数は現時点で「23人」でさらなる拡大の可能性がある• 入院先の病院は「特定感染症指定医療機関」の病院である可能性が高い• 最初に受診した病院については正確な情報は不明 東京都在住の方や東京都へお勤めの方はこれからどうすべきかについて考える必要がありそうです。 あわせて読みたい.

次の