テレ朝 富川。 コロナ感染の富川悠太アナ『報ステ』復帰遠のく家庭内トラブル報道(FRIDAY)

富川悠太アナの自宅に警察と児相が出動か 妻の怒鳴り声が激しく

テレ朝 富川

テレビ朝日は15日、ニュース番組「報道ステーション」の中で、新型コロナウイルス感染が判明した富川悠太アナウンサー(43)が陽性と確認されるまでの詳細な経緯を明らかにした。 番組によると、富川アナは3日の起床後に38度の発熱、4日も起床直後に発熱があったため、家族が東京都の相談窓口に電話。 「それだけではコロナの症状とはいえない。 様子をみるように」と言われ、チーフプロデューサーにラインで「明日様子を見て受診を考える」などと連絡したという。 しかし、翌5日は体調に問題はなく受診はしなかった。 再び体調に異変があったのは7日の放送中。 たんがからむ症状が出て、8日の放送後には階段を上る際に息切れを感じるようになった。 9日昼には再度、チーフプロデューサーにラインで「体温は平熱で倦怠感や味覚嗅覚の異常等もなくどう判断してよいものか」「きょうの放送を乗り越えれば休むことができる」などと連絡していた。 9日夜の放送中にも息切れの症状があったため、10日に都内の病院を受診し、肺炎と診断された。 11日にPCR検査が行われ、同日夜に陽性と確認された。 富川アナは番組にコメントを寄せ、「すぐに平熱になったことから発熱を軽視してしまい、上司や会社に的確に報告せず、出演を続けたことを深く反省しています」などと謝罪。 「3月下旬から大人数で飲食する機会もなく、外部での取材もなかったので、感染経路については思い当たることがありません」と説明した。 なお、15日の報道ステーションでは、富川アナがラインで報告をしたチーフプロデューサーと番組スタッフの2人が新型コロナウイルスに感染したことも公表された。

次の

テレ朝・富川悠太だけではなかった「濃厚接触者と食事会」アナウンサーも大目玉

テレ朝 富川

テレビ朝日の看板報道番組『報道ステーション』のメインキャスター、富川悠太アナ(43)が新型コロナウイルスに感染していた問題で、番組のプロデューサーと総合演出も体調不良を訴えており、番組スタッフ全員が2週間の自宅待機となった。 報道局幹部や番組の元プロデューサー、元ニュースデスク経験者が業務を代行し、他の報道番組のスタッフを緊急招集して制作を継続するという。 この事態に、テレ朝の報道関係者からは「会社ファースト、番組ファーストすぎて、スタッフのことをまったく考えていない」と怒りの声も上がっているという。 スタッフの間からは「富川は大丈夫なのか」という声が9日あたりから上がっていたという。 明らかに苦しそうな様子に、視聴者からも体調を懸念する声が上がっていた。 しかし休養させるなどの対策が取られることはなく、メーク後の富川アナがマスクをせずに局内を歩く姿も目撃されていた。 「そもそも報道局にはマスクもしていない人も多いのです。 連日コロナ禍報道を続けている割には感染対策が甘く『テレ朝の報道フロアに行くのは、もう戦場と同じだ』と恐れる声も制作会社のスタッフから上がっています」とテレ朝関係者。 10日には「どうやら富川は陽性だったらしい」という噂がスタッフ間でささやかれていたが、この時点では会社からの発表はなく、多くのスタッフは「文春オンライン」の記事で富川アナの感染を知ったという。 局側のこうした体質に「セクハラのときから何も学んでいない。 何も変わっていない」と嘆く声すら聞こえてくる。

次の

テレ朝「報道ステーション」富川悠太アナ、新型コロナ「陽性」…放送態勢に影響必至― スポニチ Sponichi Annex 芸能

テレ朝 富川

コロナ感染、テレ朝富川悠太アナウンサー テレビ朝日は12日、同局の報道番組「報道ステーション」で月曜~木曜のメインキャスターを務める富川悠太アナウンサー(43)が新型コロナウイルスに感染したことを公式サイトで発表した。 発表によると、富川アナは3、4日の朝に38度の発熱があったが、いずれもすぐ平熱に戻ったため、通常どおり9日まで出演を続けた。 7日の「報ステ」出演中にたんが絡む症状があり、8日頃から息切れを感じるようになったという。 9日も平熱だったが、階段を昇ったりすると息苦しさを感じ、10日の朝も同じ症状が続いたため、都内の病院に入院。 CT検査の受けたところ肺炎の症状があったため、11日にPCR検査を受けた結果、陽性と判定された。 現在はせき、発熱、倦怠(けんたい)感、味覚・嗅覚の異常などの症状はないという。 発表を受けて、同局の「サンデーLIVE!!」の最後で小木逸平アナウンサー(45)が状況を説明。 「富川悠太アナウンサーが新型コロナウイルスに感染したことが確認されました」と伝えた。 同局は富川アナと接触したスタッフを自宅待機に。 また、局内の消毒なども行い、保健所と連携しながら感染の拡大防止と出演者、スタッフの安全確保に努めるとした。 「報ステ」の月曜から木曜までのキャスターを務める富川アナは、13日から出演を見合わせる予定。 共に月~木曜のメインキャスターを務めるフリーアナウンサーの徳永有美(44)はスタジオ内で距離をとって出演していた。 徳永アナも13日から出演を見合わせるとみられる。 週明けからの「報ステ」の体制などについては言及しなかった。 現在、咳、発熱、倦怠(けんたい)感、味覚や嗅覚の異常はないという報道がありましたが、コロナ感染は急激に体調悪化することが現在分かっていますので富川アナも一時症状もが出ていて入院しているという事ですから重症の可能性もあるかもしれませんね。 ツイッターでは富川アナの現在の様子を「 救急車で運ばれて今は人工呼吸器につながれてる 」と投稿する人が現れていますがまだ信ぴょう性は確認できていません、報道では、事実だったら重体であるということになりますね。 コロナ感染について繰り返し報道してきた富川アナや番組制作者、テレビ関係者は富川アナがコロナ感染しているかもしれないということは分からなかったのでしょうか。 富川アナは発熱後、7日から9日まで「報道ステーション」に出演しています。 番組中咳をしているシーンもあり、濃厚接触者などテレビ朝日内で感染が広がっている可能性が懸念されますね。 富川アナは勤務地が六本木ということから、ナイトクラブやバーに訪れていた可能性もあるのではないでしょうか。 もしくはテレビ関係者はナイトクラブなど夜の街で遊ぶ人も多くコロナ感染の可能性も高いと思われますので、富田アナウンサーの周囲の人物が既に感染者だったという事もあり得るのではないでしょうか。 本人に感染の心当たりがなく出社していたのかもしれませんが富川アナの濃厚接触者の中にナイトクラブで感染した人物がいたのかもしれませんね。 感染者が多いと思われる六本木に勤務地があるので通常の生活をしていても感染のリスクは高いはずですから発熱した時点でよく考え行動すべきでしたね。 感染ルートや検査が早く行われた理由など新しい情報が入り次第追記します。 コロナ感染、富川悠太アナウンサーの家族は コロナ感染陽性が判明した、富川悠太アナウンサーは2006年に一般女性の方と結婚をしています。 ネット上では妻の名前は「みき」さんとの噂ですが、信憑性は確認できていません。 富川アナの妻は広島県出身で現在は2人の子ども(男児2人)と4人家族で、息子二人の名前がキラキラネームで「立夢 りずむ 」くんと「奏(かなで)」くんということです。 発熱した日も富川アナは自宅で過ごしていますので、家族である妻や息子も感染してしまっているかもしれませんね。 東京都は緊急事態宣言で学校も休校、外出も自粛ですので嫁や息子からの濃厚接触者は少ないと思われますが今後しばらく症状が無くても自宅隔離となると思われますね。

次の