アイフォン アプリ 落ちる。 iPhoneでアプリが強制終了する場合の対処方法

iPhoneのiOS13にアップデート後、アプリがすぐ落ちる不具合

アイフォン アプリ 落ちる

次の対処を行って、アプリによるAndroidの負担を少なくすることで、アプリの強制終了防止に繋がる可能性があります。 対処1. バックグラウンドアプリを終了させる 一度にいくつものアプリを立ち上げていませんか?Androidの動作が重くなる原因の1つに 「バックグラウンドで実行しているアプリが多い」という点が挙げられます。 アプリの中には、画面を起動していなくてもバックグラウンドでネット通信を自動的に行っているものもあります。 そのため、そのアプリにメモリを食われていることも大いに考えられます。 また、 使うことがほとんどないアプリはアンインストールしてしまいましょう。 バックグラウンドで動作している可能性もあります。 バックグラウンドアプリの終了方法 Androidのバックグラウンドアプリの終了方法は、• Androidのバージョンや機種によっては、多少表示や手順が異なる場合があります。 0) 対処2. いらないウィジェットを削除する Androidスマートフォンの特徴でもある「ウィジェット」。 天気予報やカレンダーなど様々な便利機能をホーム画面に表示させることができます。 しかし、このウィジェットもスマートフォンのメモリを圧迫する要因の1つ。 たくさんのウィジェットを導入して、便利なデバイスにすることは非常に魅力的です。 動作が重くなったり、アプリが強制終了したりしては元も子もありません。 必要のないウィジェットは無効化・削除しましょう。 ウィジェットの削除方法• 消したいウィジェットを長押しします。 メニューが表示されるので「削除」をタップ 上記の手順でAndroidのウィジェットを削除できます。 また、ウィジェットを表示してるアプリをアンインストールすることで一括で削除することもできます。 対処3. 「メモリ解放アプリ」を導入する 「メモリ解放」のできるアプリを導入することで、メモリの使用がより管理しやすくなります。 メモリ解放アプリとは、メモリから余計なデータを取り除き、空き容量を確保するためのアプリです。 メモリは起動アプリが増える度に増えるため、定期的にメモリを開放することで、スマートフォンの動作を軽くすることができます。 Google Playストアでは様々なメモリ解放アプリがリリースされています。 無料のアプリでも使えるものは多いので、お好みのものを見つけたらダウンロード・利用してみるようにしましょう。 個人的におすすめなのは「Yahoo! スマホ最適化ツール」です。 簡単操作でメモリ解放ができるため非常に使いやすく、Google Playストアでの評価もおおむね好評です。 4Gと3Gが切り替わる• 対策としては、 Wi-Fi、もしくはモバイルデータ通信どちらかの機能を完全にオフにした状態にしましょう。 自宅であれば、Wi-Fiにできるだけ接続するようにし、Wi-Fiの通信環境に問題がないか確認しましょう。 アプリに問題が発生している時の対処 他のアプリでは発生しないのに、特定のアプリのみが突然落ちてしまう場合は、アプリ自体に問題があることが考えれます。 次の対処を行って、アプリが正常に動作しない確認して下さい。 対処1. アプリのキャッシュを一度削除してみる Android内にたまっている「キャッシュ」を削除して、動作を軽くしましょう。 キャッシュとは、一度アクセスしたWebページの情報を保存し2回目以降のアクセスの際、すぐサイトを表示できるようにする機能のこと。 パソコンを使用していてもこの言葉を聞くことは多いのではないでしょうか。 アプリのキャッシュが溜まりすぎると、アプリにトラブルが起きる原因の1つとなります。 キャッシュを削除しても特に大きな問題はないので、この機会に溜まっているキャッシュを一度削除してみましょう。 基本的に本体の「設定」アプリより削除が可能です。 「Google Playストア」を起動します。 「3本線」マークをタップしてメニューを開きます。 「マイアプリ&ゲーム」をタップします。 アプリのアップデートのチェックが始まります。 更新がある場合は「すべて更新」をタップしてアプリをアップデートします。 アップデートがない場合はアプリは最新のバージョンです。 最新バージョンだった場合は、アプリを一度アンインストールして、再インストールを行って症状が改善しないか確認してみてください。 対処3. ソフトウェアアップデートを試す AndroidのOS自体に問題があり、アプリの動作が不安定になっているケースも考えらます。 Androidのソフトウェアアップデートを試して、最新のバージョンになっているか確認して下さい。

次の

iphoneのアプリをタップしてもすぐに消えてしまう現象について

アイフォン アプリ 落ちる

Googleアプリが落ちる、検索できないなどの問題が報告 App Storeで配信されているGoogleアプリにおいて、起動直後や検索時に強制終了(クラッシュ)してしまい、Googleアプリで検索できないなどの問題が等で多数報告されています。 2日前ほどから Googleアプリを開いて 30秒後ぐらいに勝手に アプリが落ちます。 調べ事が全くできなくて困っています。 Googleアプリが数秒で落ちる キャッシュ削除方法がわからない 私も同様です アプリはすぐ落ちます。 サファリからのGoogleは大丈夫です。 なお、上記投稿にあるようにもウェブ版Googleは正常に稼働しているため、別のブラウザアプリ(Safariなど)であれば正常にGoogleで検索することができます。 スポンサーリンク Googleアプリの再インストールで改善する傾向 今回のGoogleアプリが落ちる不具合の原因として、 Googleアプリの再インストールで解決する事例が多数報告されていることから、デバイスに保存されたGoogleアプリのキャッシュ(書類とデータ)、もしくはGoogleアプリ自体に何らかの問題がある可能性が考えられます。 もしGoogleアプリが起動直後に落ちる、あるいは数十秒後に落ちる場合は、 ホーム画面でGoogleアプリを長押しして削除し、App StoreからGoogleアプリを再ダウンロード〜インストールすることで改善しないか確認してください。 ただし、一部ではアプリを再インストールしても再発する事例も報告されているため、根本的な問題の解消にはGoogleアプリのアップデートを待つ必要があるかもしれません。 関連記事.

次の

アプリが突然落ちる理由【教えて!AppBank】

アイフォン アプリ 落ちる

iPhoneが落ちる原因について iPhone 7/8/Xの機種関係なく起こる不具合です。 今回iPhoneが落ちるようになった原因は、「iOS11. 2」にアップデートをしてからという方が多いです。 大規模障害として2017年12月2日に話題となった不具合で、アプリが落ちるだけでなく、iPhoneそのものの電源が落ちたり、クルクルと歯車アイコンが周り続けたり、再起動を繰り返すようになったようです。 症状がひどい場合は、30秒~1分おきにiPhoneが落ちてしまうことも。 この問題はiOS標準の内部時計と一部それと相性の悪いアプリの通知が根本的な原因と言われています。 特に毎日スケジューラーのように通知を送るアプリとの相性が最悪なようです。 すべてのユーザーが対象ではなく、先程例として紹介した毎日のように通知を送るアプリをインストールしている人が世界規模でこの問題にぶち当たっています。 対象となるアプリが多すぎるため、アップル側では最新のiOSにアップデートすることでこの問題を対処しました。 iPhoneが落ちる/再起動を繰り返す時の対処法 【1】最新のiOSにアップデート iPhoneが落ちる原因はiOS11. 1に問題があるため、最新のiOSにアップデートすることで今回の問題を解決することが出来ます。 iOSのアップデート方法を今回はWiFiを使った例で説明させていただきます。 iOSのアップデートがあったら、後はソフトウェアをダウンロード後「今すぐインストール」を押して最新のiOSへのアップデートは完了です。 その際にiPhoneの内部時計を2017年12月01日以前に戻したら再起動やアプリ落ちなどが無くなったと報告があります。 ここではiPhoneの日付を手動設定する方法をご紹介します。 デフォルト状態ならば「自動設定」がオンになっているので、オフにしましょう。 その後時間、時刻を設定できるので2017年12月2日以前にして、一度端末を再起動してください。 【3】アプリの通知をオフにする iPhoneの再起動を繰り返し、歯車画面の表示と復旧を繰り返してしまう場合は、該当するアプリの通知をオフにすることで対処することができます。 アプリの通知をオフにする前に一度iPhoneの日付を2017年12月1日以前に戻しておくと良いでしょう。 まずは、全てのアプリをマルチタスクから落とします。 次に設定アプリを開き、「通知」をタップします。 現在インストールされているサードパーティ製アプリが表示されますので、該当すると思われるアプリをタップで開きます。 後は通知をオフにして対処完了です。 対象となるアプリは多いみたいので、一度全てのアプリで通知をオフにした後、最新のiOSにアップデートするのが好ましいでしょう。 アプリの問題というよりもiOS側の原因が大きいので、アプリのアンインストールをする必要はありません。 なお、今回iOS11. 1で起こったiPhoneが落ちる問題は、iOS11. 2にアップデートすることで不具合がなくなったと報告がTwitterやSNSで挙がっています。 何はともあれ、現在iOS11. 1を利用している方は最新のiOSにアップデートすることをおすすめします。 また、アプリの通知をオフにしたらiPhoneの日付は必ず戻しておきましょう。 戻さない場合、また別のエラーがアプリ側で起こる可能性があります。

次の