タサン 志麻 ローストビーフ。 ローストビーフお湯とジップロックで簡単レシピ|仕事の流儀より

【プロフェッショナル】サタン志麻が作る!オーブンいらずのローストビーフ

タサン 志麻 ローストビーフ

「プロフェッショナル」家政婦の志麻さん(タサン志麻)のレシピ! 2020年4月21日放送「プロフェッショナル」では、番組の呼びかけに、伝説の家政婦から一流料理人まで、日本各地のプロフェッショナルたちが立ち上がりました。 ご自宅で、ご家族と。 ひとりでも! 「自宅でできる簡単・絶品レシピ」を自撮りで紹介されました。 ここでは、「プロフェッショナル」で紹介された、家政婦の志麻さん(タサン志麻)のレシピについてまとめました。 2.牛もも肉の表面に出た水分は、キッチンペーパーでしっかり拭き取ります。 3.肉の入っていたプラスチックのトレーについた水分もしっかり拭き取り、塩、コショウを多めに振ります。 4.フライパンに油を多めに入れて熱します。 5.牛もも肉の側面をフライパンに押し付けて焼き、焼き目がついたら反対を焼きます。 6.強火のまま、全体に焼き色を付けますが、その際に、 30秒から1分動かさずに、焼くことが大切です。 7.ラップの上に、焼き色のついた牛もも肉をおいて、二重にラップを巻きます。 8.厚手のビニール袋に、ラップした牛もも肉を入れ、密封して湯せんします。 (完全にお肉がお湯につかるよう、重しをのせて湯せんします) 9.沸騰した状態で3分、その後火を止めて15分置いたら、鍋から取り出して、その後冷まします。 (鍋から取り出してすぐに切ると肉汁が出てしまうので、少し置きます) 10. フライパンの余分な油を拭いて、赤ワインを入れて、熱します。 (お肉のうま味が浮いてきます) 11. お好みで付け合わせの野菜を添え、ローストビーフを切って盛り付け、ソースをかけたら完成です。 5枚 コンソメキューブ 1~1. 5個 塩 適量 コショウ 適量 オリーブオイル 適量 作り方 1.みじん切りした玉ねぎ、サイコロ上に切ったニンジン、食べやすい大きさに切ったキャベツを鍋に入れて、塩を一振りて、炒めます。 2.全体がしんなりしたら、水をいれ、沸騰するまで強火にします。 3.アクを取ったら、弱火にして、コンソメを入れ、ニンジンが柔らかくなるまで煮ます。 4.じゃがいもをサイコロ上に切って、鍋に入れます。 5.ミックスビーンズを入れます。 6.刻んだベーコンも入れて、少し煮たら、野菜スープの完成です。 「チョコレートムース」 材料 板チョコ 2枚(100g 卵 3個 砂糖 大さじ1 作り方 1.板チョコ2枚をボウルに細かく砕いて入れ湯せんします。 2.卵を割り、卵黄と卵白に分けます。 3.砂糖を加えた卵白を角がたつくらいまで泡立てます。 4.チョコを入れた1のボウルに、卵黄を入れます。 5.4に3の卵白を入れていきます。 2~3回にわけて泡をつぶさないように混ぜます。 6.5を容器に入れて、冷蔵庫で冷やせば完成です! プロフェッショナル!見逃し動画の視聴は? 「プロフェッショナル仕事の流儀」の見逃し動画視聴は U-NEXTがおすすめです。 「 プロフェッショナル仕事の流儀」は放送後、通常見逃し動画をU-NEXTで期間限定配信しています! また、 U-NEXTは31日間の無料トライアルで もらえるポイントを使用するだけで、 動画を視聴できますよ! 現時点で「プロフェッショナル仕事の流儀」を視聴できるのはU-NEXTとNHKオンデマンドのみです。 NHKオンデマンドは有料ですが、 U-NEXTの31日間無料トライアルを利用した方がお得です! プロフェッショナル仕事の流儀は回によって期間限定配信なので、配信が終了してないか注意してください。 まるごと見放題パック(月990円 税込) ・過去作品(旧特選見放題パックと同じ) ・放送中作品(放送後より配信開始) 2020年3月1日より、放送中の見逃し配信も、過去作品(アーカイブ)も1つのプランで視聴可能になりました。 志麻さんの人気レシピはこちらもどうぞ!.

次の

ローストビーフお湯とジップロックで簡単レシピ|仕事の流儀より

タサン 志麻 ローストビーフ

先日、のプロフェッショナルで放送された『プロのお家ごはん』録画していたものを見て早速1品真似して作ってみました。 伝説の家政婦・タサン志麻さんが紹介していたローストです。 私は赤身肉が大好きでローストも大好き、これを機に作り方を習得したいと思いチャレンジしました。 簡単に作り方を載せておきます。 特別な技術もいらないので、これならおうちで簡単に真似できます。 作り方は簡単ですがしっとりしていて美味しい! ただもう少し火が通っていてもいいかな?結構生っぽい仕上がりです。 志麻さんが作ったものはもう少し火が通ってるように思いました。 私が作ったローストが生っぽい要因として考えられるのは湯せんのお湯の量です。 お湯が少ないと温度が下がるのも早くなるので火が通りにくいのかなと思います。 大きめの鍋にしたつもりでしたが、次はもう一回り大きい鍋にしてたっぷりのお湯でチャレンジしてみます。 私は前日に作って1日冷蔵庫に入れておきましたが、なんの問題もありませんでした。 そのまま食べるのはもちろんのこと、贅沢にサンドイッチにしても美味しそうです。 端の方の切り落とし部分はサラダに乗せると一気に特別感がアップしますね。 何度か作ってこのレシピを自分のものにできたら、おもてなしメニューのひとつに加えたいと思います。 sato1117 プライバシーポリシーについて 「」(以下、当ブログ)はユーザーの個人情報の取扱いについて,以下のとおりプライバシーポリシーを定めます。 個人情報の収集について 当ブログでは、メールでのお問い合わせなどの際に、名前(ハンドルネーム やメールアドレス等の個人情報をご登録いただく場合がございます。 これらの個人情報は質問に対する回答や必要な情報を電子メールなどでご連絡する場合に利用させていただくものであり、個人情報をご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。 当サイトでは、個人情報は適切に管理し、以下に該当する場合を除いて第三者に開示することはありません。 ・本人のご了解がある場合 ・法令等への協力のため、開示が必要となる場合 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookieを使用することがあります。 Cookieを無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 — ポリシーと規約 — Google」をご覧ください。 免責事項 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 著作権について 当サイトに存在する、文章・画像・動画等の著作物の情報を無断転載することを禁止します。 初出掲載:2019年11月23日.

次の

タサン志麻のオーブンいらずのローストビーフ/NHKプロフェッショナル 仕事の流儀

タサン 志麻 ローストビーフ

テレビで紹介されたタサン志麻さんの牛肉レシピ タサン志麻さんはテレビ出演も多いですが、こちらではNHKプロフェッショナル仕事の流儀、日本テレビ沸騰ワード10で紹介された志麻さんの牛肉レシピ3品をまとめています。 プロフェッショナルの仕事の流儀・オーブンいらずのローストビーフのレシピ オーブンがなくても、鍋があればできるローストビーフのレシピです。 放っておくだけでできるので忙しいときも助かりますね。 牛肉は調理の1時間前には冷蔵庫から出して、室温に戻しておく。 肉の水分をキッチンペーパーで拭き取り、塩と胡椒を多めにすりこむ。 フライパンに油を熱し、強火で肉の一面ごとに30秒から1分ほど焼き付け、全体にまんべんなく焼き色をつける。 焼いた肉を取り出し、ラップで二重にぴっちりと包む。 ジッパー付きの保存袋に入れ、できるだけ空気を抜いて密封する。 (肉を焼いたフライパンはそのままソース作りに使う) 5. 大きくて深い鍋に、肉を入れた袋が完全にかぶるくらいのお湯を沸騰させる。 肉を入れた袋をお湯に沈め、浮いてこないように皿などで重しをする。 沸騰させたまま3分、火を止めて15分おく。 【ソース】 1. 仕上げにバターを加える。 感想 ローストビーフがこんなに簡単にできるなんて驚きです。 余熱でいい感じに火が入り、柔らかく出来上がりました。 沸騰ワード10・炊飯器で作るローストビーフのレシピ 炊飯器の保温機能を使って低温調理を実現するレシピです。 加熱後に休ませる時間があるので、ご飯を炊く前に作ればちょうどよいタイミングで出来上がりますね。 牛肉は調理の1時間前には冷蔵庫から出して、室温に戻しておく。 肉の水分をキッチンペーパーで拭き取り、塩と胡椒を多めにすりこむ。 フライパンに油を熱し、強火で肉の一面ごとに30秒から1分ほど焼き付け、全体にまんべんなく焼き色をつける。 焼いた肉を取り出し、ラップで二重にぴっちりと包む。 ジッパー付きの保存袋に入れ、できるだけ空気を抜いて密封する。 炊飯器の内釜に肉の袋を入れ、重しとして皿などを置き、70度のお湯を袋が浸かるくらいまで注ぎ入れる。 炊飯器の蓋を閉め、保温スイッチを押して45分間保温する。 取り出して30分ほど休ませ、スライスする。 【ソース】 1. 鍋に醤油、みりん、酒を合わせて火にかけ、沸騰したら砂糖を加える。 火からおろして、粗熱が取れたら冷蔵庫に入れ、30分以上冷やす。 最後に酢を加えて混ぜる。 感想 炊飯器は万能なのではないかと思ってしまいます。 しっとりおいしく出来上がりました。 他にも炊飯器で色々試してみたいですね。 沸騰ワード10・牛肉のタルタル風ステーキのレシピ 簡単におしゃれなメニューが出来上がります。 番組では分量の表示がなかったので、分量はあくまで目安として表記しています。 パセリ、玉ねぎ、ケッパーはみじん切りにする。 牛ステーキ肉は塩と胡椒をふり、こんがりと焼いて細かく切る。 パセリを加えて混ぜる。 玉ねぎとケッパー、レモン汁、マスタードを加えて混ぜ合わせる。 器に盛りつけ、中央に卵黄を乗せ、バゲットを添える。 感想 バゲットによく合っておいしいです。 私は辛めが好きなので、玉ねぎとマスタードの量を多めにしてみました。 伝説の家政婦・タサン志麻さんのローストビーフレシピのまとめ こちらでは伝説の家政婦と呼ばれ人気のタサン志麻さんのローストビーフレシピをご紹介しました。 元シェフである志麻さんのレシピは簡単で、何よりとてもおいしいので、ぜひトライしてみてくださいね。

次の