メルカリ 現金化 日数。 メルカリの売上金はいつ振り込まれる?振込日と振込申請の7つの手順

【メルカリ現金化】メルカリの振込申請の方法や手数料は?? メルカリ売上金の現金化する方法まとめ

メルカリ 現金化 日数

メルカリで商品を出品したら、あとは売れるのを待つだけ。 しかし、ふと 「メルカリで商品が売れた場合、その代金ってどうなるんだろう?」 と思ったことはありませんか? メルカリでは商品を売っても、その代金はそのまま現金になるわけではありません。 メルカリで売れた商品の代金は【売上金】として保管されます。 この売上金は、メルカリ内で手続きをしないと現金に換えることができません。 メルカリでは、その手続きを【振込申請】と言います。 今回はメルカリの売上金を自分の口座に振り込む【振込申請】の方法と手順をご紹介します。 振込スケジュールなどもあわせて解説しますので、メルカリで商品の販売代金を引き出す方法が知りたい方は、ぜひ読んでください。 メルカリで振込申請した売上金の振込日 メルカリでは、振込申請をすれば【売上金】が登録した個人の銀行口座に振り込まれるのですが、申請してもすぐに振り込まれるわけではありません。 メルカリ独自の【振込スケジュール】というものがあり、銀行口座に売上金が振り込まれるまでには、申請した日から一定の日数がかかります。 また売上金の振込には、以下の2種類があります。 ・振込スケジュールに沿って振り込まれる【通常振込】 ・数日で振り込まれる【お急ぎ振込】 ここでは、それぞれの振込スケジュールの確認方法と、振込スケジュールを解説します。 まず、振込スケジュールの確認方法です。 メルカリのメニュー画面の「設定」から「売上・振込申請」をクリックします。 すると一番下に赤い文字で【振込申請とスケジュール】という項目がありますのでクリック。 この中に【振込スケジュール】がありますので、ここから確認できます。 通常振込 振込スケジュールで確認できますが、通常振込のルールは以下の通りです。 ・毎週月曜日が【締め日】 ・締め日から【4営業日】で振込 営業日とは、土日祝と一部の年末年始の日を除いた日のことです。 これは簡単にいうと【平日】のことを指しています。 つまり、祝日のない週なら、週初めの月曜日に申請した金額が締められ、その週の金曜日には申請した金額が振り込まれます。 祝日や年末年始は【営業日】ではありません。 祝日などがあった場合は、銀行口座への振込がその分、先送りとなります。 お急ぎ振込 メルカリには、お急ぎ振込という申請方法もあります。 これは先ほど説明した通常の振込スケジュールではなく、最短で翌日に振り込んでもらうことが可能になる振込申請です。 ただし、お急ぎ振込の場合は、手数料として振込手数料とは別に200円かかります。 お急ぎ振込のルールは、以下の通りです。 ・営業日の0:00~8:59までに申請した場合、翌営業日の振込 ・営業日の9:00~23:59までに申請した場合、翌々営業日 ・営業日以外に申請した場合は翌々営業日 つまり、最短で翌日、祝日などでなければ遅くも2日後には、売上金が銀行口座に振り込まれます。 手数料はかかりますが、どうしても緊急でお金が必要な場合は、このお急ぎ申請を利用しましょう。 メルカリで売上金を振込申請する7つの手順 では、振込スケジュールを確認したら、実際に売上金の振込申請をしてみましょう。 ここでは、その手順を解説します。 メルカリのアプリで「設定」を開く メルカリのトップ画面の左上にあるメニューマークをクリック。 続いて、表示されたメニューにある「設定」をクリックしましょう。 その中にある「設定」をクリック。 「売上・振込申請」を開く 設定の中にある「売上・ポイント・クーポン」のカテゴリーにある【売上・振込申請】を開きましょう。 「振込申請をして現金を受け取る」を開く 売上・振込申請の中にある「振込申請して現金を受け取る」をクリック。 売上金を振り込む銀行口座の登録 ここまでの手順を行うと、売上金を振り込むための銀行口座登録画面になります。 以前登録してあればそのまま記録されていますが、売上金の振込申請を初めて行う場合は、ここで自分の銀行口座を入力しましょう。 それぞれの入力項目は、間違いのないよう慎重に入力してください。 ここで入力していた内容が間違っていた場合、スケジュール通りに振込がされないばかりか、再振込手数料が210円かかってしまいます。 金融機関や口座番号などをしっかりと確認をしたら「次へ」をクリックします。 売上金のうち振込申請する金額を入力 今持っている売上金が表示され、その下に振込申請する金額を入力するための項目が出てきます。 自分が持っている売上金の範囲内で、銀行口座に振り込んで欲しい金額を入力しましょう。 売上金が10,000円あるからと言って10,000円を振込申請する必要はありません。 売上金の振込申請は、500円でも5,000円でも構わないのです。 「売上金をメルカリ内の買い物にも使いたい」という場合は、売上金を一部残しておいても構いません。 ただし、10,000円以下の振込には210円の手数料がかかりますので、できれば10,000円以上の振込申請をおすすめします。 振込の申請は211円から可能ですが、振込手数料210円取られますので、211円の振込申請をした場合は、1円しか振り込まれません。 お急ぎ振込を利用するかどうか選択する 先ほど説明した「お急ぎ振込」を利用するかどうかを、ここで選択します。 この選択をしないと、次に進めません。 お急ぎ振込を利用する場合は「利用する」を選択してください。 ただし、手数料が200円かかります。 これは振込手数料と別ですので、注意してください。 10,000円以下の振込申請でお急ぎ振込を利用した場合は、振込手数料210円とお急ぎ振込手数料200円で計410円かかります。 お急ぎ振込の利用の有無を選択したら「確認する」をクリックしてください。 振込申請の内容を確認 ここまで入力すると、売上金の振込申請の最終確認画面になります。 振込申請した金額とそれにかかる手数料、登録した銀行口座が表示されますので、間違いがないかどうか確認してください。 表示されている情報で間違いがなければ「振込申請をする」を押して、売上金の振込申請は完了です。 なお、売上金の振込申請は、締め日前なら1回の申請につき1度だけキャンセルすることが可能です。 メルカリの売上金を振込申請するときの手数料 メルカリでの売上金の振込にかかる手数料は、以下の通りです。 しかし以下のような場合は、売上金の振込に関する手数料が無料です。 ・10,000円振込申請して、お急ぎ振込を使わない そのため、できれば売上金が10,000円以上貯まるのを待って、時間に余裕をもって振込申請をするのがよいでしょう。 メルカリで売上金を確認する方法 メルカリの売上金を確認する方法は、先ほど説明しました。 ですが売上金を見るだけに、いちいち売上金の振込申請画面を開くのも面倒ですよね。 そんな時、今自分がどのくらいの売上金を持っているかを簡単に知る方法がありますので、その方法を紹介します。 まず、メニューから「設定」を開きましょう。 次に「売上・振込申請」をクリック。 すると売上管理という項目があり、ここをクリックすることで、現在の売上金を見ることができます。 場所がわかっていれば、あなたが今持っている売上金は、メルカリを起動させて数秒で見ることができます。 メルカリの売上金は、受け取り評価後に反映される 先ほどの方法で売上金を確認したところ、「さっき商品を売ったはずなのにその売り上げが反映されていない…」と焦ったことはありませんか? メルカリでは実は、商品が売れてもすぐ売上金に反映されるわけではないのです。 ではメルカリの売上金は、一体いつ反映されるのでしょうか。 メルカリで商品代金が売上金として反映されるのは「お互いの評価が終了した時点」です。 つまり、完全に取引が終了したタイミングとも言えます。 出品者が商品を発送。 それが購入者のもとに届き、最後に購入者と出品者の評価が終了。 ここまで終わって初めて、この商品の代金は売上金として反映されます。 売り上げた商品代金が売上金が反映されるのは、「購入されたタイミング」ではないので、もし売上金に反映されていなくても、焦らないようにしてください。 メルカリの売上金は、90日で期限切れ 振込申請時にかかる手数料を抑えるため、できれば売上金が10,000円以上貯まるのを待ってから振込申請したいですよね。 そんな時、1点だけ注意してください。 それはメルカリの売上金は「90日で期限が切れる」という点です。 以前は1年だったのですが、2017年12月の規約改定で90日に短縮されてしまいました。 先ほど説明した「取引が終了して売上金に反映された日」から約3カ月で、この売上金は自動的にあなたが指定した口座へ振り込まれてしまいます。 売上金が期限切れになる前に振込申請するか、後述するメルカリポイントに換えるようにしましょう。 ポイント交換や申請で使った場合、期限の古い物から使用されるので安心してください。 もし自分の売上金が発生した日がわからなくなったら、メニューの売上管理で履歴を見られますので、そちらで確認してください。 期限が切れた売上金は、没収されるのか? 先ほど書いたように、期限が切れた売上金は、自動的にあなたの指定した口座へ振り込まれます。 ですので、売上金の期限が切れた場合でも、没収はされないということです。 以前までは、メルカリでの売上金の期限は1年間で、それを超えると没収されていました。 直接メルカリに入っていたわけではありませんが、ユーザーにとっては実質没収と言ってもいいシステムになっていたのです。 このように、以前のメルカリでは、売上金が失効した場合は戻すことができませんでした。 でも、売上金の期限が90日間と短くなった今、期限の切れた売上金は、自動的にあなたの口座へ振り込まれるようになっています。 ただ、その場合でも振込手数料はかかってしまいますので、くれぐれも売上金を放置しておくことがないよう注意してください。 メルカリの売上金をポイントと交換する方法 では90日までに10,000円以上貯まらなさそうだったり、現金にする予定がない場合などはどうしたらいでしょうか。 この場合、「買い物に使ってしまう」のが一番いいと思います。 メルカリでは、商品を売って得た売上金を「メルカリポイント」に変えて、そのポイントで買い物ができます。 手順は以下の通りです。 ・売上金の範囲内で好きな額のポイントを購入 メルカリの売上金をポイントと交換するために、手数料などは一切かかりません。 しかもポイントの有効期限は1年間あるので、もし90日で失効しそうな売上金があったらポイントに変えてしまうのも、ひとつの手だと思います。 売上金をポイントに交換する場合の注意点 期限が近づいた売上金はポイントに変えたほうがいい、と書きましたが、ここでも1点注意してください。 メルカリでは一度ポイントに変えてしまうと、売上金や現金に変えることができません。 ポイントにしてしまったら、メルカリで買い物して使用するしかないのです。 売上金の期限が近づいているからといって、安易にポイントに変えてしまわないようにしましょう。 もちろん、すべてメルカリの買い物で使用するつもりなら、売上金をポイントに交換しても問題ありません。 メルカリの「売上金で購入」とは? 売上金でポイントを買って、そのポイントで買い物するなんてちょっと回りくどいというか、面倒ですね。 売上金から直接買えたら便利なのに… 実は昔は、売上金から直接買い物ができました。 それが規約改定によって、今のポイント購入制に変更されてしまいました。 そのため現在のメルカリでは、売上金から直接商品を購入することはできません。 理由はさまざまですが、今後昔のように売上金で直接商品を購入するシステムに戻ることはないでしょう。 話は変わりますが、メルカリには「高く売れる商品」が存在します。 中には「えっ!こんなものが高く売れるの?」というものもありますので、以下の記事も参考にしてみてください。

次の

メルカリ現金にするとき 仮想通貨のクレジットカード現金化|クレカ現金化 何

メルカリ 現金化 日数

スポンサーリンク 売上金の確認・申請方法 メルカリの売上金の確認・申請方法ですが、最初にメルカリアプリを起動してページ下の『メルペイ』をタップします。 画面の左側に売上金が記載されています。 売上金の申請方法ですが、ページを下にスクロールしていくと『振込申請』という項目があるのでタップしましょう。 銀行口座情報と氏名を入力して『次へ』をタップします。 振込先の口座情報を確認して『はい』をタップします。 売上金がある場合 201円以上 は振込したい金額を入力して、お急ぎ振込を利用するかしないかどちらかにチェックを入れて『確認する』をタップ、申請内容を確認後、『振込申請をする』をタップします。 「メルペイ」機能のない端末の場合 「メルペイ」機能のない端末を使用している場合の売上金の確認・申請方法です。 最初にメルカリアプリを起動して、左上の『三』をタップします。 『設定』をタップします。 『売上・振込申請』へ進みます。 『売上管理』の項目上から『現在の売上金』『売上履歴』『売上金の振込申請期限』となっています。 振込申請を行う場合は、『振込管理』欄の『振込申請して現金を受け取る』をタップしていきます。 1年間か…、かなり長い間キープできますね、605円の売上金をポイントに替えておいても良いですね。 メルペイを使いリアル店舗で買い物をする メルペイとはメルカリのモバイル決済サービスです。 メルペイでは現金を持ち歩かなくてもスマホをかざすだけで買い物が出来ます。 登録している銀行口座から必要な金額をメルペイにチャージする事で、コンビニでもメルカリ内でも買い物が出来ます。 もちろん、支払やチャージに対する手数料は無料です。 その他の使い方として、メルカリの売上金やポイントをリアル店舗での支払いに利用する事が可能です。 注意点として、メルカリポイントはそのまま支払いに利用できますが、売上金は一度メルペイ残高にチャージする必要があります。 注意 メルペイはiPhone 6や6sなどの古い端末でも利用できますが、QRコードでの決済に限られます。 メルペイが使える店 メルペイが使える店は、電子マネー『iD アイディ 』で支払いが出来る店と『メルペイコード払い』対応の店です。 外部リンク ワタシの場合はメルカリポイントをSuicaにチャージして電車に乗っています。 この方法ならわざわざ財布からICOCAを取り出す必要がなくスマホを改札にかざすだけで電車に乗ることが出来ます。 メルペイに「お支払い用銀行口座を登録」を設定する方法 メルカリ売上金の振込申請期限は180日ですが、この180日を無期限にする方法があります。 売上金の振込申請期限が無期限に• ポイント購入の必要なし• チャージ手数料 0円 最初にメルカリアプリを起動して画面下の「メルペイ」をタップします。 「メルペイ」ページの画面を下へスクロールしていき、「お支払い用銀行口座を登録」をタップしましょう。 「お支払い用銀行口座の登録」ページ下部の「銀行口座を登録する」をタップします。 支払い用の銀行口座の一覧が表示されるので、どれか一つを選択しましょう。 ちなみに、2020年4月時点で登録できる銀行は下記リンクから確認できます。 「銀行口座の登録」ページでは名前等の情報を登録していきますが、ワタシの場合は最初から入力されていました。 入力が完了したら「銀行サイトへ」をタップします。 すると「パスコードの作成」ページが表示されるので4桁のパスコードを設定します。 パスコードの設定が完了すると指定した銀行機関へ移動するので、「利用規定」をタップして閲覧してから「同意する」をタップしましょう。 「銀行口座の登録」ページで、支店名と口座番号を入力して画像認証の数字を記入後「進む」をタップします。 入力した情報を確認して間違いがなければ「進む」をタップしましょう。 続いて本人確認のためのキャッシュカードの暗証番号を入力していきましょう。 最後に申し込んだ内容を確認して問題がなければ「口座振替申込」をタップします。 以上で「お支払い用銀行口座を登録」が完了しました。 設定前は「売上金」だった項目が「メルペイ残高」に変更されました。 この「メルペイ残高」は売上金と銀行からチャージしたお金の合計になります。 設定前と設定後のアプリの変更点 お支払い用銀行口座設定前では「申請期限を確認」という項目がありましたが、支払い用銀行口座設定後には無くなっていました。 また「ポイント購入」の代わりに「チャージ 入金 」という項目が新しく現れました。 icon-check-square-o お支払い用銀行口座設定前 icon-check-square-o お支払い用銀行口座設定後• 指定されている金融機関のみ登録可能• 登録できる口座は1つの銀行につき1口座のみ• 本人名義の口座に限る ちなみに、登録したお支払い用銀行口座を削除する場合は、銀行口座名の右横のボタンをタップして削除を行います。 振込申請で登録している銀行口座との違いは? メルカリでは商品が売れた後に振込申請を行いますが、振込申請用の銀行口座とメルペイで設定した「お支払い用銀行口座」の違いは、出金するか入金するかの違いになります。 振込申請用銀行口座 メルペイ残高 主に売上金 を銀行口座に出金するための振込先口座 お支払い用銀行口座 メルペイ残高に入金するために必要な銀行口座 振込申請用銀行口座はメルカリでの売上金を現金化するための口座で、お支払い用銀行口座はメルカリ内やメルペイ加盟店で買い物をする為のお金を入金する口座になります。 入金は無料で出金は200円か…、これは計算して入金する必要がありますね。 まとめてみると現在では下記の様になっています。 2018年9月27日以降の売上金 180日間 2017年12月4日から2018年9月26日の売上金 90日間 2017年12月3日以前の売上金 365日間 この振込申請期限が過ぎてしまうとどうなるのかと言うと、2017年12月3日以前の売上金は1年経つと失効してしまいますが、2017年12月4日以降の売上金は銀行に自動振り込みされます。 2018年9月27日以降の売上金 180日目以降に銀行へ自動振り込み 2017年12月4日から2018年9月26日の売上金 90日目以降に銀行へ自動振り込み 2017年12月3日以前の売上金 365日目以降に失効 ここで注意しておきたい事は、正しい口座情報が登録されている場合は自動振り込みされますが、 口座情報が未登録の場合や誤っている場合は売上金は失効してしまいます。 メルペイで「お支払い用銀行口座を登録」する事により、売上金の180日間の振込申請期限がなくなり無期限になるので、メルペイが利用可能な端末であれば設定しておいた方が良いですね。

次の

メルカリポイントの貯め方や使い方は?換金することはできる?

メルカリ 現金化 日数

メルカリの売上金は、メルカリ内で管理されている メルカリで商品を売ると、その売上金はメルカリ内にプールされる形になっています。 使い道としては、ポイントに変えることで商品購入に宛てることもできますし、指定の銀行口座に振り込むことも可能です。 私自身は、ポイントに変えることで商品を買うときの支払いに使うことが多いですが、過去に何度かは振込申請をして現金にしています。 現金にすると気持ち的には嬉しいのですが、振込申請には注意点もあるので、この記事で詳しくみていきたいと思います。 振込申請には手数料がかかることがある 売上金を現金にする場合には、指定銀行への振込が使われます。 このとき、申請する金額が1万円以上ならば手数料はかかりませんが、1万円未満だと210円の手数料がかかります。 手数料は振込のときに自動的に引かれてしまいます。 そのため、1万円以上になるまで待とうと思うのですが、実は売上金の振込申請には期限があるのです。 振込申請の期限は90日 メルカリ内にプールされている売上金は、いずれは何らかの形で使わないといけません。 ポイントにして商品購入に宛ててもいいし、振込申請で現金にするかのどちらかです。 もしポイントに変えたいならば、早めに手続をしておきましょう。 売上金としてメルカリ内におけるのは、90日までだからです。 それを過ぎると、自動的に登録してあ銀行口座に振り込まれてしまいます。 当然ながら、1万円未満だと手数料210円がかかります。 もし期限までに銀行口座の登録をしていない場合には、売上金は失効してしまいます。 そのときには、メルカリ事務局に問い合わせをしましょう。 実は、以前は売上金は1年間メルカリにプールしておくことができました。 でも、安全のためにもできるだけ早く使ってもらう、あるいは現金にしてもらうために、期限を90日にしたようです。 振込申請の期限が近づいている売上金があると、メルカリからメッセージが届きます。 それを確認して、ポイントにするか、振込申請をするか決めていきましょう。 振込申請の仕方 振込申請をするときの手順を見ていきましょう。 まずは、メニューにある「設定」の「売上・振込申請」をタップします。 振込申請をする金額を決める。 1万円未満の場合は手数料210円がかかる 振込先の銀行の登録の仕方 振込をする銀行口座は、事前に登録をしておくといいでしょう。 期限が過ぎそうなときに慌ててしまうと、ミスをするかもしれないからです。 登録はメニュー>設定>売上・振込申請>振込申請をして現金を受け取る>振込先口座の指定で行います。 振込申請の締め切りは毎週月曜日 振込申請は、毎週月曜日が締め切り日になっています。 そして、締め切り日から数えて4営業日目に振り込まれます。 通常は締め切り日があった週の金曜日ですが、祝日があると日程がずれてしまうので注意しましょう。 もし振込を急いでいるならば、先ほど少し触れた「お急ぎ振込」というサービスもあります。 手数料として別途200円がかかりますが、最短で申請をした翌日には振り込まれる仕組みです。 0時~8時59分の間に振込申請をすれば翌営業日に振り込まれ、9時~23時59分に申請をすれば、翌々営業日の振込となります。 営業日以外の振込でも、翌々営業日に振り込まれます。 振込の時間は? 手続が終わって振り込まれるのを待つだけとなると、何時に振り込まれるのかが気になるとことです。 これについては、決まった時間はなくて、それぞれが登録した金融機関によって違います。 でも、無事に振り込まれたかどうかは、その日の夕方以降にメルカリから振込完了の連絡がくるので、チェックすることができます。 振込申請がエラーになる原因 以前と比べると振込申請のチェックが厳しくなったこともあり、本人の情報と口座情報が違う場合には、振込申請がエラーになってしまいます。 名前や住所が違うのは問題外ですが、たとえば、本人情報を全角カタカナ以外で入力してしまうと、申請ができません。 さらに、空白や記号が入っていてもエラーになってしまいます。 一方、振込口座の方ですが、小文字は小文字のまま入力すれば問題ありません。 振込にときに大文字に変換されるので、振込申請をした人は特に気にしなくても大丈夫です。 また、口座名義人の名前にスペースが入ってしまうとエラーとなります。 こういったことに注意をしてもエラーが出てしまう場合には、事務局に問い合わせをしてみましょう。 振込申請のキャンセルはできる? 振込申請をキャンセルしたいときには、「振込申請履歴」から手続ができます。 たとえば、最初の申請の時には1万円未満だったけれど、売上金が反映されて1万円以上になるという場合には、手数料を0円にするためにキャンセルすることもあります。 でも、キャンセルは申請をしてから24時間以内です。 それを過ぎるとキャンセルはできないので注意が必要です。 メルカリでは、安全のために売上金を長くプールさせることができなくなりました。 そのため振込申請の期限が90日になったりしていますし、本人と違う口座には振込ができません。 ユーザーとしてはちょっと面倒だなと感じるかもしれませんが、これも私たちユーザーを守るためです。 今後、こういったセキュリティはますます厳しくなっていくかもしれませんが、万が一のことを考えれば非常にありがたい仕組みといえそうです。

次の