キョダイゴクエン。 【ポケモン剣盾】キョダイカメックス&フシギバナはどれくらい戦えるかな? 定数ダメージの強さはリザードンが証明済み

【ポケモン速報!】『ポケットモンスター ソード・シールド』にキョダイマックスしたピカチュウやリザードン、イーブイが登場!!

キョダイゴクエン

構築経緯 カビゴン+高火力 耐久値や耐性の弱いポケモンは相手ポケモンへの繰り出しが不安定で、いかに相手の行動と噛み合うかのピーキーな勝負となってしまいがちです。 しかし、 現環境随一のクッション性能を持つカビゴンを一度経由し安全な状況を作ってから繰り出すことで、そういったポケモンの不安定さを補って活躍させることができると考えました。 そこで、相手のポケモンを「あくび」で動かして自身の後続のポケモンを場に出しやすくできる 残飯型のカビゴン を軸とし、相方となるアタッカーとして行動時のリターンが特に高い 鉢巻型のガラルヒヒダルマ 、 眼鏡型のドラパルト 、 キョダイリザードン の3体を採用しました。 持ち物「こだわりメガネ」や特性「ごりむちゅう」といった拘り効果のある相手に対して、「まもる」や「みがわり」といった技で相手の技を確認・固定すること。 これを行うことで、次ターンの相手の選択肢が『同じ技』『交代』『ダイマックス』の3つに絞れるため、それに合わせた行動をすることで優位状況を作ることができる。 対ガラルヒヒダルマ 鉢巻型のガラルヒヒダルマを使うと、相手のガラルヒヒダルマに対して「こだわりスカーフ」を警戒して交代しなければならなくなり、後手後手の試合となってしまいます。 そこで、対面で居座ってきたならば「ジャイロボール」で倒す事ができ、交代されても「ステルスロック」で削りを入れられる タスキ型ナットレイ を採用しました。 後続のミミッキュの「かげうち」で倒しやすくなるというのもありますが、 ガラルヒヒダルマは強烈な択ゲーを仕掛けてくるポケモンなので、その回数を減らせるという点で「ステルスロック」は対策として非常に優秀です。 個別解説 カビゴン 特性 あついしぼう 性格 わんぱく 持ち物 たべのこし 努力値 HP:252 攻撃:0 防御:252 特攻:0 特防:0 素早さ:4 実数値 267-130-128-x-130-51 技 からげんき ヘビーボンバー あくび まもる 調整意図 HP:振り切り B:特化 S:端数(ミラー意識) 解説 アタッカーの着地をサポート このパーティには耐久値、耐性の弱い ガラルヒヒダルマ や「ばけのかわ」を残したい ミミッキュ など、交代際に相手の攻撃を被弾したくないポケモンが多く採用されています。 これらのポケモンを繰り出したい場合は、 一度このポケモンを経由して「あくび」を使い相手の『攻撃』の選択肢を取り除くことで安全に場に出すことができます。 ガラルヒヒダルマ 特性 ごりむちゅう 性格 ようき 持ち物 こだわりハチマキ 努力値 HP:4 攻撃:252 防御:0 特攻:0 特防:0 素早さ:252 実数値 181-192-75-x-75-161 技 れいとうパンチ ばかぢから じしん とんぼがえり 調整意図 HP:端数 A:振り切り S:最速 解説 非ダイマックスで超火力 特性「ごりむちゅう」に加えて持ち物「こだわりハチマキ」の2要素で火力を底上げしているため、1回の行動で得られるリターンが他のどのポケモンよりも高いです。 また、 このポケモンはダイマックス権を使わず試合を動かせるため、中盤以降、相手のダイマックスに合わせてこちらもダイマックスができるようダイマックス権を温存することができます。 ドラパルト 特性 すりぬけ 性格 おくびょう 持ち物 こだわりメガネ 努力値 HP:0 攻撃:0 防御:4 特攻:252 特防:0 素早さ:252 実数値 163-112-96-152-95-213 技 りゅうせいぐん シャドーボール 10まんボルト かえんほうしゃ 調整意図 B:端数 C:振り切り S:最速 解説 非ダイマックスで高火力 このポケモンもヒヒダルマ同様、 ダイマックスせずとも相手のポケモンを縛って 試合を動かすことができます。 素の攻撃力はあまり高くありませんが、広い技範囲で弱点を突ける相手が多いため、メガネ型を警戒していない相手には開幕から数的有利を取れることもあります。 リザードン(キョダイマックス) 特性 もうか 性格 おくびょう 持ち物 ラムのみ 努力値 HP:0 攻撃:0 防御:4 特攻:252 特防:0 素早さ:252 実数値 153-80-99-161-105-167 技 かえんほうしゃ ぼうふう りゅうのはどう ふるいたてる 調整意図 B:端数 C:振り切り S:最速 解説 最強技「キョダイゴクエン」 キョダイマックスリザードンの専用技「キョダイゴクエン」は リザードンが倒れた後もその効果が残るため、一度でも使えれば非常に高いリターンを得ることができます。 「ステルスロック」のようにスリップダメージで確定数を変動させることができるため、 後続のミミッキュやドラパルトで相手を一掃する展開の補助となることが多いです。 リザードンの専用キョダイマックス技。 炎タイプのポケモンはこの定数ダメージを受けず、通常のダイマックス技である「ダイバーン」のように天候を晴れ状態にすることはできない。 数少ない崩し枠 持ち物「ラムのみ」+技「ふるいたてる」により本パーティで不足している受け構築への回答を確保しています。 また、昆布型カバルドンなどのステロ欠伸展開を阻止できる催眠耐性を備えたポケモンでもあります。 性質上誰とでも殴り合えるポケモンであるミミッキュが数少ない不利ポケモンを克服した型なので、 選出して腐ることがほとんどありません。 ナットレイ 特性 てつのとげ 性格 のんき 持ち物 きあいのタスキ 努力値 HP:252 攻撃:0 防御:164 特攻:0 特防:92 素早さ:0 実数値 181-114-189-x-148-22 技 ジャイロボール はたきおとす ステルスロック やどりぎのタネ 調整意図 HP:振り切り HB:ステルスロック定数ダメージ+攻撃2段階上昇「いのちのたま」持ち142 252 ミミッキュの「ダイホロウ ゴーストダイブ 」を確定耐え D:余り S:ジャイロボールの威力最大化のため最遅 解説 強引に居座れる「きあいのタスキ」 高耐久のポケモンであるナットレイに「きあいのタスキ」を持たせるのは一般的には相性が悪いとされています。 しかし、 あえてセオリーに逆らうことで、ナットレイを早期的に処理しようと出てくるガラルヒヒダルマやトゲキッスを想定外から大きく削ることができます。 前回の構築のようにメインコンセプトではないため「ステルスロック」を選ぶ優先度は低いですが、 サイクル戦を拒否する手段として相手を選んで使用します。 ガラルヒヒダルマの圧力で相手のダイマックスを誘発させ、「とんぼがえり」で逃げつつカビゴンでターンを消費させることでダイマックスをやり過ごすという動きをよく取ります。 ナットレイ の「はたきおとす」や「ステルスロック」が役立つことの多いマッチアップなので、それを利用した崩しのルートを選出画面で想定することが重要です。 おわりに 今回はPWT 12で優勝した構築を紹介させていただきました。 前回のサイクルに重きを置いた構築とは異なり、最低限のサイクルから攻めに移るものとなっています。 スペックの高いポケモンを多く採用している分、出来ることが多く行動の選択肢が広い構築です。 前回の寄稿からさほど期間を空けずにこのような結果を出せたことはとても嬉しいのですが、 参考にさせていただいた方々の原案の完成度の高さによるところが大きいです。 この場を借りてお礼申し上げます。 また新しい構築を組みあげられるように頑張ります。 (澤村) 主催:ポケモンソルジャー 主催Twitter: 開催場所:関東 予定時刻:未定 12 2020年7月12日 13 2020年7月13日 14 2020年7月14日 15 2020年7月15日 16 2020年7月16日 17 2020年7月17日 18 2020年7月18日 19 2020年7月19日 20 2020年7月20日 21 2020年7月21日 22 2020年7月22日 23 2020年7月23日 24 2020年7月24日 25 2020年7月25日 26 2020年7月26日 27 2020年7月27日 28 2020年7月28日 29 2020年7月29日 30 2020年7月30日 31 2020年7月31日 1 2020年8月1日.

次の

『ポケモン ソード・シールド』ピカチュウやリザードンたちのキョダイマックスの姿が続々公開!

キョダイゴクエン

リザードン(キョダイマックス)の育成論 リザードン(キョダイマックス)の育成論はこのようになります。 性格:おくびょう• 特性:もうか or サンパワー• 持ち物:命の珠、こだわりスカーフ、ヨロギのみなど• 努力値:B4 C252 S252• キョダイゴクエンを撃つ前に倒されてしまわないよう、スカーフでないドリュウズやヒヒダルマには先制をとれる保証があると動きやすいはず(ダイジェット込でスカーフ持ちも抜けるようになる)ですので、素早さに性格補正をかけた『おくびょう』がおすすめとなります。 リザードンは素早さの種族値が100と高く、素早さに補正をかけることでサザンドラやミミッキュらの上を取れるのも優秀だと言えます。 どちらの特性を選ぶかは構築次第? リザードンには『もうか』と『サンパワー』の2つの特性がありますが、基本的には『もうか』を選ぶことになるでしょう。 ですが、晴れ状態にできる構築であれば『サンパワー』も魅力的であり、晴れキョダイゴクエンでトゲキッスやニンフィアのような特防の高いポケモンであっても一撃で倒せてしまうほどのパワーがあります。 シングルでは晴れにするのは少し難しいかもしれませんが、ダブルではヤミラミやエルフーンなどの『いたずらごころ』の特性を持ったポケモンに『にほんばれ』を使わせたり、『ひでり』の特性をもったキュウコンやコータスと一緒に採用してあげるなど、『サンパワー』を活かせる形にしてあげるとリザードンがとても心強い存在になります。 持ち物について リザードンはダイマックスしても耐久が心もとないポケモンです。 弱点をつかれればたとえHPが2倍あっても簡単に倒されてしまうため、ダイマックス役の定石である『じゃくてんほけん』や『いのちのたま』以外にも『ヨロギのみ』や『ソクノのみ』といった持ち物が候補に挙がります。 持ち物は特性やバトルのスタイルによって変わるのですが、 特性が『もうか』であるなら、『いのちのたま』がおすすめです。 一撃で倒せる範囲を広げることで、結果的に被弾を抑えることができたりするので、火力を増強したいという理由からです。 一方、『サンパワー』の場合には半減実がおすすめです。 火力が過剰というのもありますが、『サンパワー』と『いのちのたま』を両立するとHPの消耗が激しいのもあり、強気に動かしていける半減実(4倍弱点の岩技をケアできる『ヨロギのみ』がおすすめ)が良いでしょう。 また、ダイマックス時には恩恵を得られなくなってしまうものの、多くのポケモンの上を取れるようになる『こだわりスカーフ』も候補となります。 耐久調整はせずに、努力値はCSぶっぱでOK! 性格や持ち物の項にも記載したとおり、高い素早さと高い特攻で倒していける範囲を広げることこそがリザードンの低い耐久をケアすることにも繋がるので、基本的にはCSぶっぱでOKです。 おすすめの技 リザードン(キョダイマックス)のおすすめの技を紹介します。 ブラストバーン キョダイゴクエンを威力150で撃てるようになる御三家の専用技です。 キョダイマックス前提であるなら、炎技はこの技を採用するといいかもしれません。 かえんほうしゃ、ほのおのちかい、だいもんじ、オーバーヒート ブラストバーンに比べると、ダイマックス時の技の威力は落ちますが、非ダイマックス時には使いやすい技たちです。 他のポケモンとダイマックスが競合しやすい構築の場合には、こちらの技から選ぶのが良いでしょう。 ねっぷう ダブルバトルの炎技としては全体技の『ねっぷう』がとても使いやすいです。 『このゆびとまれ』をされていても隣のポケモンに攻撃が通るのが非常に便利ですね。 エアスラッシュ タイプ一致の飛行技であり、『ダイジェット』により素早さもあげることができる技なので、相手の上を取りたいリザードンとはとても相性が良いです。 よほどのことがない限り採用することになるでしょう。 『ダイジェット』の威力にこだわる方は『ぼうふう』も覚えるので、そちらを採用するのも一考の価値があります。 ソーラービーム 炎技の通りにくい岩タイプや水タイプのポケモンに『ダイソウゲン』を撃つための技です。 この技を採用した際の技範囲はとても魅力的ですが、非ダイマックス時には使いにくいのがやや難点です りゅうのはどう ドラゴンタイプへの打点として、また『ダイドラグーン』の攻撃力ダウンも魅力的です。 技範囲的には、炎、飛行、草で完成しているので、どうしてもドラゴンタイプが重い場合にのみ採用する形になるかと思われます。 きあいだま 命中難&バンギラスピンポイントの技です。 ダイマックスすれば必中にはなりますが、格闘タイプのダイマックス技は威力が低めに設定されているという点には注意しましょう。 げんしのちから リザードンミラー、ヒートロトムの対策に! まもる リザードンは耐久の低いポケモンなので、ダブルバトルではほぼ必須になるでしょう。 キョダイゴクエンの定数ダメージ稼ぎにも便利です。 リザードン(キョダイマックス)の対策 リザードンは技の範囲が広く、キョダイマックスで火力と耐久を増強されることまで考慮すると、対策はそこそこ難しいポケモンです。 リザードンより早く行動できるポケモンを採用する リザードンの素早さの種族値は100と早い部類にはなりますが、これより高いポケモンも少なくはありません。 ダイジェットで素早さをあげられるとはいえ、素の状態で上をとれるポケモンが1匹いるだけでとても動きやすくなります。 リザードンは耐久も高くないので、アイアントやスカーフウオノラゴンなどを採用すれば、ダイマックスしたリザードンであっても一撃で倒すことも可能です。 気合の襷以外での行動保証を考える リザードンは耐久が低いポケモンのため、襷で無理やり耐えてでも攻撃を返していければ致命傷を与えることができます。 ですが、キョダイゴクエンの追加効果により襷が削られてしまうので、あまりスマートな対策とは言えません。 受けに回るのであれば、化けの皮の特性を持つミミッキュや、厚い脂肪の特性を持つカビゴン、すなおこしの特性を持つバンギラスといったポケモンで受けるのが得策になるでしょう。 炎タイプのポケモンであればキョダイゴクエンのスリップダメージを受けないので、ガオガエンやシャンデラなど炎タイプのポケモンを採用するのも良いですね。 リザードンは耐久が高くないポケモンなので、ダイマックスした状態でも攻撃を入れていけば処理するのは難しくありません。 キョダイマックスしたリザードンを使う場合には、リザードンをダイマックス状態で3ターン動かせることを意識した立ち回りをすると良いと思います。

次の

『ポケモン ソード・シールド』ピカチュウやリザードンたちのキョダイマックスの姿が続々公開!

キョダイゴクエン

ポケモンが、11月15日発売のNintendo Switch用ソフトの新情報をポケモン公式Twitterにて発表しました。 Nintendo Switchソフト『ポケモン ソード・シールド』の最新映像を公開! ピカチュウやリザードンたちが「キョダイマックス」して登場! 個性的な姿やキョダイマックスわざなど、新情報をチェックしてみてね! 好評予約受け付け中!? 新しい舞台で、新しいポケモンたちと出会う、新しい冒険が繰り広げられます。 特別なニャースを早期購入特典でゲット! 『ポケモン ソード・シールド』の早期購入特典として、キョダイマックスできる特別なニャースがプレゼントされます。 『ポケットモンスター ソード・シールド』早期購入特典!「キョダイマックスできる特別なニャース」をゲットしよう! くわしくはこちら!? 『ポケモン Let's Go! ピカチュウ』を持っているユーザーが、『ポケモン ソード・シールド』で遊ぶと、キョダイマックスできる特別なピカチュウを仲間にできます。 イーブイ』では、特別なイーブイを仲間にできます。 『ポケモン Let's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイ』の「プレイ記録」を持っていると、『ポケモン ソード・シールド』で「キョダイマックスできる特別なピカチュウやイーブイ」が手に入るよ! くわしくはこちら!? イーブイ』のプレイ記録を持っているユーザーで、『ポケモン ソード・シールド』をプレイすると、特別なピカチュウやイーブイが手に入ります。 プレイの目安時間は、約2時間です。 Nintendo Switchのロゴ・Nintendo Switchは任天堂の商標です。 ポケットモンスター ソード• メーカー: ポケモン• 対応機種: Switch• ジャンル: RPG• 発売日: 2019年11月15日• メーカー: ポケモン• 対応機種: Switch• ジャンル: RPG• 配信日: 2019年11月15日• メーカー: ポケモン• 対応機種: Switch• ジャンル: RPG• 発売日: 2019年11月15日• 対応機種: Switch• ジャンル: RPG• 配信日: 2019年11月15日• メーカー: ポケモン• 対応機種: Switch• ジャンル: RPG• 発売日: 2019年11月15日• メーカー: ポケモン• 対応機種: Switch• ジャンル: RPG• 配信日: 2019年11月15日• メーカー:任天堂• 発売日:2019年11月1日• 価格:19,980円+税.

次の