公認会計士 求人状況。 公認会計士の転職・求人情報

【リクナビNEXT】公認会計士、税理士の積極採用中求人・転職情報50選

公認会計士 求人状況

公認会計士の求人情報や転職に関する情報提供を行っています。 昨今転職を検討される会計士の方は増加傾向にあり、会計業界以外へと転職するケースも多いのですが、出戻り転職される方も増えておりますので、しっかり情報収集していただけましたら幸いです。 公認会計士の求人と傾向について ここ数年IPOが活況だったこともあり、上場準備企業の求人が増加傾向でした。 ベンチャーへの転職に興味を持つ会計士も多かったことから、転職者数は年々増えています。 IPOの他、M&Aも非常に需要が大きいため、こうした案件においても会計士を求める声は多いので、比較的高い年収でこうしたポジションへと転職される方も多かったです。 ただし、ベンチャー企業への転職という視点では思ったような仕事内容ではなかったといったケースやスキル不足も目立つためしっかりキャリア・スキルを磨き転職先を選定していくと良いでしょう。 会計士の転職状況について 従来は監査法人に勤務するのが一般的でしたが、昨今公認会計士のキャリアフィールドは広がっており、会計士の転職先も様々です。 思いがけない場で活躍する会計士の方も増えています。 転職市況としては、事業会社やコンサルティング会社を志望する会計士が増加傾向にあり、売り手市場ということもあるのか多少スキル不足であっても転職を実現させている方が多い印象です。 そのため、転職するには良い状況と言えるでしょう。 一方で、事業会社へ転職した会計士が監査法人へと再び転職されるケースもここ数年はよく見られました。 よく情報収集せずに転職した結果、思っていたのと違ったということでまた監査法人へと転職される会計士も一定数います。 売り手市場で転職しやすい状況であることに間違いありませんし、転職に失敗してしまっても出戻りや別の企業への転職が比較的容易なので、それほど問題にはなりませんが、転職するにも労力がかかりますので、可能な範囲でしっかり情報収集の上、転職されるのが良いでしょう。 転職エージェントを活用すれば転職に失敗しにくいと思い込んでいる方もいらっしゃいますが、転職エージェントだけに頼った転職活動も危険です。 ご自身でもしっかり転職先を見極めるポイントを理解し、転職活動にあたるようにしましょう。 具体的に転職をお考えの会計士の方は公認会計士向けの転職エージェントサービスも行っておりますので、お気軽にご相談ください。 これまでIPO準備会社向けに採用支援を行っていた関係で様々な繋がりがあることから会計業界のみならず、ベンチャー企業のCFOやIPOに興味のあるといった方の転職支援やM&A、PE、各種ファンド等に興味のある方の転職支援にも強みがあります。 公認会計士の転職先やキャリアパスについて 公認会計士の転職先は様々ですが、中心となるのは、財務・会計系のコンサルティング会社(会計事務所系列のコンサルティング会社等)、事業会社の経理、ベンチャー企業のCFO候補等のポジションです。 20代~30代前半までの公認会計士の方であれば、転職すること自体に問題はありませんが、転職失敗ケースは増加傾向にあります。 失敗を完全に防ぐことは不可能ですが、公認会計士の場合、監査法人という特殊な環境で働いている方が多いということと、学生の頃に就職活動をしていないので、働く目線での企業情報の収集が疎かになるケースも多く、企業の雰囲気や習慣に合わせることが出来ず、退職される方もいらっしゃいます。 転職してうまくいっている例や活躍している例ばかりでなく、うまくいかない事例にも着目してみると良いでしょう。 公認会計士の転職やキャリアパス等に関して、実際に監査法人に勤務し、転職エージェントや起業経験のある方に解説してもらった記事もありますので是非ご参考ください。 転職事例から会計士の転職を考える 悩みや相談をもとにどのようなところへ転職をしたのかといった転職事例を参考にして会計士の転職先やキャリアパスについても紹介しています。 他の方の転職事例も参考になるかと思いますので、キャリアに悩む方はご参考ください。 年収を気にする公認会計士の方は意外と多い。 転職後に後悔する人も 特に初めて転職される方に多いのですが、当初は年収はそれほど気にしない、と言う方が多いのですが、いざ現実的に転職するかどうか判断しなければならない場面に直面すると迷い始めてしまう方も多いです。 監査法人から事業会社への転職をお考えのケースでは、年収が大きくダウンする可能性が高いことはご存知のことと思います。 ご年齢や役職にもよりますが、事業会社の経理部門等への転職となると、年収500万円~800万円程度で提示されることも多く、監査法人勤務時代から150万円~200万円程度落ちるのは覚悟する必要があります。 転職をしてしまう前に、やっぱり収入を落としたくないということで、転職先を再考される方もいらっしゃいますが、中には転職後に後悔してしまう方もいらっしゃいます。 特に独身の男性の方で、結婚等を後に控えており、後々多くのお金がかかってくることが予想されるケースでは、短期目線での年収ダウンのみならず、転職後どのように給与が変わってくるのか、あるいは転職後の福利厚生はどうなっているのか、よくよく考えてから転職するのが良いでしょう。 結婚して、子供が産まれて、といった段階で、思いのほか給与が伸びず、ちょっと後悔した、という話も聞きます。 キャリアのみならずライフの部分も少し考えてみましょう。 ただ、違う視点で転職と年収を見てみると、一時的に年収ダウンしても、転職後のご経験によって、年収を大きく上げていくこともできますし、ステータス的にも上げていくことは可能です。 どのようなキャリアを描いているのか、あるいはどのような生活を目指しているのか、そのあたりも含めてしっかり転職相談していきましょう。 転職するべきかしないべきか そもそも転職すべきかどうか迷っているという公認会計士の方も多くいらっしゃいます。 お話を伺っていて、とりあえず転職して外で働いて見たい、という方も多いのですが、監査法人から出てしまった際のリスクは多少理解しておいた方が良いとは思うものの、個人的な考えとしては、とりあえず転職して、とりあえず外の世界を見てみる、というのも大いにありだと思います。 行動し、経験することで初めて得られる価値観・世界観というものも多くあります。 なんとなく転職して後悔した、という方がいらっしゃるのも事実ですが、なんとなく転職してがむしゃらにやってたら面白いことに出会えた、という方がいるのも事実です。 多くの方のキャリア事例を見たり、話を聞いたり、相談したりすることも大事ですが、自分の中にある漠然とした想い見たいなものを信じて、なんとなく行動してみる、というのもありかなとは思います。 キャリアアップだけが全てではない 公認会計士としてキャリアアップ・スキルアップを目指す人も多いのですが、近年は、会計士の資格を活かしてマッタリ働きたいという方も多くいらっしゃいます。 そのようなケースで、事業会社への転職をご検討される方もいらっしゃいますが、監査法人より事業会社の方が激務というケースも往々にしてあります。 監査法人は繁忙期こそ確かにかなり忙しいのですが、職位や年次によってはむしろそれほど忙しくないということも多いため、自身の希望が叶えられるようしっかり情報収集の上転職先を選定していくとよいでしょう。

次の

公認会計士の転職・求人情報

公認会計士 求人状況

公認会計士の求人情報や転職に関する情報提供を行っています。 昨今転職を検討される会計士の方は増加傾向にあり、会計業界以外へと転職するケースも多いのですが、出戻り転職される方も増えておりますので、しっかり情報収集していただけましたら幸いです。 公認会計士の求人と傾向について ここ数年IPOが活況だったこともあり、上場準備企業の求人が増加傾向でした。 ベンチャーへの転職に興味を持つ会計士も多かったことから、転職者数は年々増えています。 IPOの他、M&Aも非常に需要が大きいため、こうした案件においても会計士を求める声は多いので、比較的高い年収でこうしたポジションへと転職される方も多かったです。 ただし、ベンチャー企業への転職という視点では思ったような仕事内容ではなかったといったケースやスキル不足も目立つためしっかりキャリア・スキルを磨き転職先を選定していくと良いでしょう。 会計士の転職状況について 従来は監査法人に勤務するのが一般的でしたが、昨今公認会計士のキャリアフィールドは広がっており、会計士の転職先も様々です。 思いがけない場で活躍する会計士の方も増えています。 転職市況としては、事業会社やコンサルティング会社を志望する会計士が増加傾向にあり、売り手市場ということもあるのか多少スキル不足であっても転職を実現させている方が多い印象です。 そのため、転職するには良い状況と言えるでしょう。 一方で、事業会社へ転職した会計士が監査法人へと再び転職されるケースもここ数年はよく見られました。 よく情報収集せずに転職した結果、思っていたのと違ったということでまた監査法人へと転職される会計士も一定数います。 売り手市場で転職しやすい状況であることに間違いありませんし、転職に失敗してしまっても出戻りや別の企業への転職が比較的容易なので、それほど問題にはなりませんが、転職するにも労力がかかりますので、可能な範囲でしっかり情報収集の上、転職されるのが良いでしょう。 転職エージェントを活用すれば転職に失敗しにくいと思い込んでいる方もいらっしゃいますが、転職エージェントだけに頼った転職活動も危険です。 ご自身でもしっかり転職先を見極めるポイントを理解し、転職活動にあたるようにしましょう。 具体的に転職をお考えの会計士の方は公認会計士向けの転職エージェントサービスも行っておりますので、お気軽にご相談ください。 これまでIPO準備会社向けに採用支援を行っていた関係で様々な繋がりがあることから会計業界のみならず、ベンチャー企業のCFOやIPOに興味のあるといった方の転職支援やM&A、PE、各種ファンド等に興味のある方の転職支援にも強みがあります。 公認会計士の転職先やキャリアパスについて 公認会計士の転職先は様々ですが、中心となるのは、財務・会計系のコンサルティング会社(会計事務所系列のコンサルティング会社等)、事業会社の経理、ベンチャー企業のCFO候補等のポジションです。 20代~30代前半までの公認会計士の方であれば、転職すること自体に問題はありませんが、転職失敗ケースは増加傾向にあります。 失敗を完全に防ぐことは不可能ですが、公認会計士の場合、監査法人という特殊な環境で働いている方が多いということと、学生の頃に就職活動をしていないので、働く目線での企業情報の収集が疎かになるケースも多く、企業の雰囲気や習慣に合わせることが出来ず、退職される方もいらっしゃいます。 転職してうまくいっている例や活躍している例ばかりでなく、うまくいかない事例にも着目してみると良いでしょう。 公認会計士の転職やキャリアパス等に関して、実際に監査法人に勤務し、転職エージェントや起業経験のある方に解説してもらった記事もありますので是非ご参考ください。 転職事例から会計士の転職を考える 悩みや相談をもとにどのようなところへ転職をしたのかといった転職事例を参考にして会計士の転職先やキャリアパスについても紹介しています。 他の方の転職事例も参考になるかと思いますので、キャリアに悩む方はご参考ください。 年収を気にする公認会計士の方は意外と多い。 転職後に後悔する人も 特に初めて転職される方に多いのですが、当初は年収はそれほど気にしない、と言う方が多いのですが、いざ現実的に転職するかどうか判断しなければならない場面に直面すると迷い始めてしまう方も多いです。 監査法人から事業会社への転職をお考えのケースでは、年収が大きくダウンする可能性が高いことはご存知のことと思います。 ご年齢や役職にもよりますが、事業会社の経理部門等への転職となると、年収500万円~800万円程度で提示されることも多く、監査法人勤務時代から150万円~200万円程度落ちるのは覚悟する必要があります。 転職をしてしまう前に、やっぱり収入を落としたくないということで、転職先を再考される方もいらっしゃいますが、中には転職後に後悔してしまう方もいらっしゃいます。 特に独身の男性の方で、結婚等を後に控えており、後々多くのお金がかかってくることが予想されるケースでは、短期目線での年収ダウンのみならず、転職後どのように給与が変わってくるのか、あるいは転職後の福利厚生はどうなっているのか、よくよく考えてから転職するのが良いでしょう。 結婚して、子供が産まれて、といった段階で、思いのほか給与が伸びず、ちょっと後悔した、という話も聞きます。 キャリアのみならずライフの部分も少し考えてみましょう。 ただ、違う視点で転職と年収を見てみると、一時的に年収ダウンしても、転職後のご経験によって、年収を大きく上げていくこともできますし、ステータス的にも上げていくことは可能です。 どのようなキャリアを描いているのか、あるいはどのような生活を目指しているのか、そのあたりも含めてしっかり転職相談していきましょう。 転職するべきかしないべきか そもそも転職すべきかどうか迷っているという公認会計士の方も多くいらっしゃいます。 お話を伺っていて、とりあえず転職して外で働いて見たい、という方も多いのですが、監査法人から出てしまった際のリスクは多少理解しておいた方が良いとは思うものの、個人的な考えとしては、とりあえず転職して、とりあえず外の世界を見てみる、というのも大いにありだと思います。 行動し、経験することで初めて得られる価値観・世界観というものも多くあります。 なんとなく転職して後悔した、という方がいらっしゃるのも事実ですが、なんとなく転職してがむしゃらにやってたら面白いことに出会えた、という方がいるのも事実です。 多くの方のキャリア事例を見たり、話を聞いたり、相談したりすることも大事ですが、自分の中にある漠然とした想い見たいなものを信じて、なんとなく行動してみる、というのもありかなとは思います。 キャリアアップだけが全てではない 公認会計士としてキャリアアップ・スキルアップを目指す人も多いのですが、近年は、会計士の資格を活かしてマッタリ働きたいという方も多くいらっしゃいます。 そのようなケースで、事業会社への転職をご検討される方もいらっしゃいますが、監査法人より事業会社の方が激務というケースも往々にしてあります。 監査法人は繁忙期こそ確かにかなり忙しいのですが、職位や年次によってはむしろそれほど忙しくないということも多いため、自身の希望が叶えられるようしっかり情報収集の上転職先を選定していくとよいでしょう。

次の

公認会計士と税理士の仕事内容・難易度の違い

公認会計士 求人状況

監査法人の人手不足の状況 まずは三大監査法人で売上規模の拡大やクライアント数に対し、公認会計士等(公認会計士及び試験合格者)が増えているのか減っているのか、1人あたりの負担はどのように推移しているのかを分析してみます。 単位は1人あたり売上が百万円、1人あたりクライアント数は社数です。 これは東芝問題でクライアントが離反したことによると考えられますが、結果的に1人あたりの負担は若干緩和されています。 しかし、グラフ全体の傾向としては2010年以降1人あたりの負担が増え続けている状況にあります。 売上も減っているとはいえ、採用によって人手不足が解消しているとは言い難い状況です。 また、三大監査法人の中で公認会計士等に締める試験合格者の割合が少ないと言えます。 相対的に若手が減って組織が高齢化していると言えるかもしれません。 そのため8カ月分の数値を12カ月分に割り戻しているが、クライアント数はおそらく正確な数値ではない点に注意。 会計士等1人あたりクライアント数・売上高 トーマツも基本的な傾向は新日本と同じです。 試験合格者の人数が三大監査法人で一番多いので、リクルートに成功していると言えるようです。 それでも前述の通り1人あたりの負担は増えているので、売上・クライアント数の増加には見合っていないと言えます。 あずさも傾向としてはトーマツと同じと言えます。 特徴的なのは1人あたりの負担は三大監査法人の中で一番少ない点です。 会計士等の人数の推移 トーマツと同じように基本的にはゆるやかに増加傾向にあります。 あずさはリクルートに強いイメージがありましたが、直近の試験合格者数の推移を見るとトーマツ優位に見えます。 また、三大監査法人の中で一番パートナーの人数及び割合が多いと言えます。 会計士試験の合格者数の推移 まず、過去の全体の推移を説明します。 左から見ていくと目につくのは、2007年と2008年の大量合格時代の異常さ。 合格率で見ても異常、人数で見ても異常です。 ここで無理やり合格者数を増やしたことで、監査法人は就職難に陥りました。 前述の表を見ていただければわかりますが、監査法人は三大を全部あわせても会計士は15,000人もいないのに1年間で3,000人も合格したら、それは就職難にもなります。 そして大量合格で人気が出て2010年にかけて受験者数も大きく増加しますが、今度は監査法人が飽和状態で合格者数を大きく絞っています。 特に2010年は7. 6%と2011年は6. 4%と極めて合格率が下がっています。 また時を同じくして監査法人の就職難及びリストラという問題も発生しました。 試験は難化し、合格しても監査法人に入れない。 そうなると資格の魅力は無くなり、2011年以降合格者数は下がり続けます。 こうなると今度は合格者数が少なく、監査法人では人手不足という状態になり、今に至るわけです。 2016年からは若干増加となっていますが、まだまだ合格者大幅増という状況には至っていません。 まとめ 会計士試験の合格者数増加で、今の超売手市場な状況がいつまで続くのかは受験生にとって気になる問題だと思います。 これについて、筆者はもう監査法人も辞めていますし予備校の講師でもないので、あまり正確なことはわかりませんが、定量的なグラフを見てみる限り、以下のことが言えると思います。 三大監査法人ではゆるやかに会計士が増加している• 但し1人あたりのクライアント数及び売上は増加傾向にあるので、1人あたりの負担はむしろ増えている• グラフで趨勢を見る限りその傾向が改善されている気配はない。 ここ1~2年は負担の増加割合が大きいといえる• 受験生数及び合格者数減少は下げ止まったとはいえ、今のところ著しい増加には至っていない 以上の定量的な推移に加えて、定性的な部分では以下のような状況があります。 複数の監査法人が短答式合格者を採用していますし、新日本や優成監査法人では全く試験経験のない人の採用も行っている• また、あずさが新規受注を制限していることが新聞記事に載ったり、ベンチャー企業の監査難民が取り上げられるなど、現在は受注を制限せざるを得ない状況がある これらの状況から見て、まだまだ売手市場は続くのではないかと思っています。

次の