マイ インターン 名言。 マイ・インターンの原作や見どころは?サヨナラの意味や落ちと結末を考察!

マイインターンにサヨナラや寿司がなぜ出てくる?意味を考察

マイ インターン 名言

ストーリー [ ] でファッション通販サイトを運営している女社長のジュールズは、短期間で会社を拡大させることに成功し公私ともに順調な毎日を送っていた。 そんな彼女の会社にで採用された70歳の老人ベンがやってくる。 若者ばかりの社内で当然浮いた存在になってしまうベンだったが、いつしか彼はその誠実で穏やかな人柄によって社内の人気者になっていくのだった。 一方その頃、ジュールズには公私ともに大きな問題が立ちはだかっていた。 双方において大きな決断を迫られた彼女は、誰にも自身の気持ちを打ち明けることができず苦しい日々を送っていたが、そんな彼女を救ったのは他でもないベンだった。 ベンの温かな励ましを受けていくうちに、いつしかジュールズも彼に心を開くようになっていく。 ベンの言葉から勇気をもらったジュールズは、目の前に立ちはだかる数々の難問に立ち向かっていく決意をする。 ベン・ウィテカー - ()• ジュールズ・オースティン - () ファッションサイトを運営する会社のCEO。 フィオナ - ()• マット - ()• ペイジ - ジョジョ・クシュナー()• キャメロン - ()• ジェイソン - ()• デイビス - ()()• ルイス - ジェイソン・オーリー• ベッキー - クリスティーナ・シェラー() 興行収入 [ ] 本作は2015年9月25日に全米3305館で公開され、公開初週末に1772万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場2位となった 評価 [ ] 本作に対する批評家の評価は肯定派優勢の賛否両論となっている。 7点となっている。 サイト側による批評家の意見の要約は「『マイ・インターン』は上司が女性で部下が男性という時流に即したテーマを十分に掘り下げることができていない。 しかし、ハサウェイとデ・ニーロという意表を突く組み合わせがいい雰囲気を作り出している。 」となっている。 なお、本作のはA-となっている。 テレビ放送 [ ] 回 放送日 放送時間() 放送局 放送枠 備考 1 21:00 - 23:10 地上波初放送 参考文献 [ ]• British Board of Film Classification 2015年6月24日. 2015年12月4日閲覧。 2015年12月4日閲覧。 - 2017年10月29日閲覧。 2015年12月6日閲覧。 2015年12月6日閲覧。 2015年12月6日閲覧。 2015年12月6日閲覧。 フジテレビ. 2019年9月28日閲覧。 関連項目 [ ]• - ホテルのテレビで放送されていた 外部リンク [ ]• - (英語)• - (英語)• - (英語)• - プレイリスト.

次の

今すぐ実践したい! 映画『マイ・インターン』に学ぶ“粋”な大人の作法。|IKITOKI

マイ インターン 名言

作品情報 製作年 : 2015年 上映時間: 121分 ジャンル: コメディ ヒューマンドラマ 監督 : ナンシー・マイヤーズ キャスト: ロバート・デ・ニーロ アン・ハサウェイ レネ・ルッソ アンダーズ・ホーム etc ベン(ロバート・デ・ニーロ)が若者に素敵なアドバイスをどんどんします。 そして、彼はヒーロになっていきます。 「ハンカチは貸すためにある。 女性が泣いたときのため、紳士のたしなみだ。 」 「正しい行いは、迷わずやれ。 」 彼の紳士的な言葉は、学ぶべきことがいっぱいでした。 勇気、男としての行い、たくさん学ぶべきことがいっぱいでした。 アン・ハサウェイの「プラダを着た悪魔」の続編的な作品と思い、何の基礎知識を持たずに鑑賞です。 でも、そうではなくて、アマゾンに買収されたザッポスの経営理念に近いファッションサイトを運営する社長の成長と苦悩にフォーカスした作品です。 ジュールズ(アン・ハサウェイ)が、ベンに支えられながら、自分に正直に、一歩前に踏み出すのがとても印象的です。 作品を見て感じたこと(ネタバレ・感想) ビジネスにおけるCS、誰よりもお客様を大切にするジュールズ(アン・ハサウェイ)は、頑張りすぎていた? それを温かく支えるベン(ロバート・デ・ニーロ)と心を交わしていき、親友になります。 ブレない彼のユーモアある指南は、とてもホットでした。 この作品は、大人と若者が繋がることができる、そんな平凡だけど素敵がいっぱいでした。 全てを受け入れることができる大人のベン、カッコよかったです。 常にみんなの幸せを最優先に考え、良きアドバイスをしてくれます。 でも、大人の流儀は嫌味なく教えてくれます。 みんな、そんなベンのことが大好きになり、いつの間にか、心が一つになっていくのは、とても清々しかったです。 車の中で、ジュールズが、ベンのささやかな気遣いに、癒やされていきます。 そして、彼女の子供がベンを受け入れていくのを見て、彼が信頼できると気付くのは、とても母親らしいと思いました。 でも、彼女は、最初の気持ちで、ベンを他部署へ移動させてしまいます。 CEOなのに、本気で彼に移動の件について、謝罪をします。 その姿勢を見ると、ビジネスの基本を感じました。 全力で頑張りすぎると、大切なものが壊れる? 大人だからわかるアイデア、工夫で全てを解決していくベンは、本当にスゴイ人間だと思います。 理想的な大人のベンに、少し嫉妬してしまいました。 人の気持を先読みして、助けるのではなく、補助輪に徹する、勉強になりました。 まとめ(おすすめ・考察) 大切な大人、優しい大人、古風だけど共感できるベンが、カッコよかったです。 そんなベンを、ジュールズがスローテンポで信頼していくのが、心地よかったですね。 何が必要で、何で心が落ち着くか、自分がよく知っているようでわからないものです。 それをそっと教えてくれるベンって、本当の影の力持ちでした。 もしかしたら、身近にこんな人がいるのに気付かないのかもしれません。 この作品は、若者が大きな飛躍をする為のビタミンを教えてくれているのかもしれませんね! エリート路線の勝ち組OL鈴木静香(三吉彩花)は、幼いころの苦い思い出で、ミュージカルがトラウマとなっていた。 その日から、静香は街中にあふれるメロディや携帯の着信音など、音楽を聞くと、踊らずにいられなくなります。 催眠術を解いてもらう為に、再び催眠術師のいた遊園地に訪れた静香だったが、そこは既にもぬけの殻となっていました。 困り果てた彼女は、催眠術師の助手をしていた千絵(やしろ優)とともに、催眠術師の行方を捜すことに! ジャンル: コメディ ミュージカル 監督 : 矢口史靖 キャスト: 三吉彩花 やしろ優 chay 三浦貴大 ムロツヨシ 宝田明 etc.

次の

マイインターンのラストシーンの大極拳の意味は? ベンやジュールズの名言についても

マイ インターン 名言

映画「プラダを着た悪魔」の名言集 言わずと知れた、大人気映画「プラダを着た悪魔」。 女性憧れの雑誌「RUNWAY」の編集長専属アシスタントとして働くことになった主人公アンドレア。 自分の望んでいた仕事ではないし、編集長は実力者であり曲者。 厳しい環境下で成長していくアンドレアから、仕事の姿勢を学ぶことができます。 You deserve it. 努力が報われたのね。 By アンドレア(映画「プラダを着た悪魔」より) アン・ハサウェイ演じるアンドレアの言葉。 アンドレアを支える同僚のナイジェルの昇進が決まった時に伝えた言葉です。 Fashion is not about utility. Accessories is a piece of iconography to use to express individual identity. ファッションは利便性じゃない。 アクセサリーは、アイデンティティの象徴だよ。 By ダグ(映画「プラダを着た悪魔」より) アンドレアの恋人ネイトが「なぜ女性はそんなにカバンを持つの? 一つで十分。 」と発言したことに対して友人のダグがフォロー。 便利さよりデザインで選んで買い物をして、後悔したことがある女性は少なくないはず…… You can see beyond what people want and what they need… and you can choose for yourself. 人が何を求めて必要としているか、を超えて、あなたは自分のために判断できる。 By ミランダ(映画「プラダを着た悪魔」より) アンドレアの鬼上司ミランダが、アンドレアの仕事ぶりを見て伝えた言葉。 You choose to get ahead. 前に進むことを決めた。 By ミランダ(映画「プラダを着た悪魔」より) こちらも、ミランダからアンドレアに対しての発言。 嫌々はじめた仕事だったはずなのに、いつの間にかのめり込んでいるアンドレアがいました。 映画「マイ・インターン」の名言集 映画「マイ・インターン」の主人公は、女性CEOとして忙しく働くアン・ハサウェイ演じるジュールズ。 会社の取り組みの一環として、シニア・インターンを雇うことに。 人生の先輩から教わる数々のことが、ジュールズに響きます。 行動あるのみ by ベン(映画「マイ・インターン」より) ジュールズの専属インターンシップに配属された、ロバート・デ・ニーロ演じるベン。 なかなか仕事を振ってもらえずに、時間を持て余していた自分に対しての言葉です。 Baby steps 一歩ずつ by ベン(映画「マイ・インターン」より) インターンとして一歩ずつ成長していくベン。 クラシックは不滅だよ。 by ベン(映画「マイ・インターン」より) 今時の若い社員から、70年代の持ち物に関して質問を受けたベンは、「クラシックは不滅だよ」と人生の先輩として応えます。 正しいと思うことは迷わずやれ by ベン(映画「マイ・インターン」より) ジュールズから「あなたの名言は?」と聞かれた際に、ベンが述べた名言。 The best reason to carry a handkerchief is to lend it. ハンカチを持ち歩く一番の理由は、貸すため。 by ベン(映画「マイ・インターン」より) さらっとこう応えられるベンの紳士ぶりが素敵ですね。 男性も、女性も、見習いたいポイントです。 She handled life like it was easy. Always. 彼女は、悠々自適に生きていたよ。 いつも。 辛い時も。 by ベン(映画「マイ・インターン」より) ベンが死別した妻のことを語っていたシーンから。 辛い時も、そんな様子を見せずに生活するのは、なかなか難しいです。 君より経験のある人がやってくるかも知れない。 だけど、君には及ばない。 by ベン(映画「マイ・インターン」より) 自分のポジションが誰かに代わってしまう場合もあるかもしれません。 それでも、「経験だけではなくどれだけ目の前の仕事に打ち込めるかということが大事だ」とベンは教えてくれます。 Just do what feels right for you. 君の心に従って by マック(映画「マイ・インターン」より) ジュールズの夫マックが、忙しく働く妻に向かって伝えた言葉。 自分の夢のための道、夫婦のための道、どちらかを選ぶのかはいつだって難しい選択ですが、自分の心に従いたいものです。 エマ・ワトソンの名言集 She takes a different course that was always what I loved about Belle. 彼女は人と違う道を選んでいた。 そこがいつだってベルの好きなところでした。 出典: 昨年、エマ・ワトソンが実写版「美女と野獣」のベル役を演じて話題になりました。 エマが、ベルのどんなところが好きかと聞かれた際の回答です。 美しいベルは、本ばかり読んでいる変わった子だと思われていました。 I think it is right that I should be able to make decisions about my own body. 自分自身の体について自分で意思決定できるはずだと思います。 出典: フェミニストとしての活動にも献身的なエマ・ワトソン。 HeForSheというキャンペーンでのスピーチでの発言です。 If not me, who? If not now, when? 私じゃなければ、誰が? 今じゃなければ、いつ? 出典: 同じく、HeForSheキャンペーンでの発言。 彼女の強さが伺えます。 I am willing to be seen. I am willing to speak up. I am willing to keep going. I am willing to listen up what others have to say. I am willing to go forward even when I feel alone. I am willing to go to bed each night at peace within myself. I am willing to be my biggest bestest most powerful self. 私は、見られることを厭わない。 声を出す。 進み続ける。 周りの言うことに耳を傾ける。 孤独を感じても前に進む。 毎晩安らかな気持ちで眠りにつく。 一番、最高の、パワフルな自分で居る。 出典: エマ・ワトソン自身が大切にしている7つのセンテンス。 今日からあなたも、寝る前にこう呟いてみてはいかがでしょうか。

次の