横須賀飛び降り。 神奈川県横須賀警察署 トップページ

窪塚洋介の薬と飛び降りに隠された転落事故の真相がヤバ過ぎる!?

横須賀飛び降り

本名:窪塚洋介 くぼづかようすけ 生年月日:1979年5月7日 年齢:41歳 2020年で 出身地:神奈川県横浜市 身長:177㎝ 血液型:O型 窪塚洋介さんは1995年、TVドラマ 「金田一少年の事件簿」でデビューをし、その 高い演技力が評価されます。 2001年の映画「GO」では 日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を最年少で受賞します。 2002年9月、渋谷HMVで行われた映画「狂気の桜」のPRのためのトークショーにて、 「クソテキトーなそういうマスコミにまでピースだこのやろう。 」 と手書きで書いたTシャツを着ていたり、 2003年に長男が誕生した際には取材カメラマンに暴行した末 「うれしすぎて、蹴りを入れちゃいました」と発言するなど、 「お騒がせ」「奇行」というイメージもありました。 当時の報道内容 2004年6月6日の12時頃、窪塚洋介さんは 自宅マンションのテラスから落下しました。 人気絶頂の俳優の事故ということもあり、報道各社は翌日からセンセーショナルに報道します。 6日午後0時10分ごろ、神奈川県横須賀市西浦賀町4のマンションの芝生上で、9階に住む俳優の窪塚洋介さん 25 が倒れているのを、通報で駆けつけた救急隊員が発見、救急車で市内の病院に搬送した。 重傷とみられるが意識はあり、救急隊員に「全身が痛い」などと話しているという。 同県警浦賀署は、窪塚さんが自宅のテラス(高さ約26メートル)から飛び降りたとみている。 調べでは、窪塚さんは妻と長男(8カ月)と住んでいた。 妻は「(窪塚さんが)テラスの方に行くのを見たが、姿が見えなくなったので、落ちたのではないかと心配になり、1階に下りると夫が倒れていた」と話しているという。 窪塚さんは、マンションから約10メートル離れた防犯用のフェンス(高さ約1. 5メートル)にぶつかり、芝生の上に落ちており、転落ではなく飛び降りたとみられる。 遺書などはなかったが、同署は自殺の可能性もあるとみて調べている。 引用元: マンションのテラスから 約9mも離れた防犯用フェンスに衝突したという事実から、窪塚さんが 助走をつけて故意に飛び降りたのではないか、と予想されます。 そこから、 「自殺説」「薬物が原因の奇行説」などの憶測も囁かれました。 窪塚洋介さんは2002年の映画「ピンポン」での劇中、橋の欄干の上に立ち 「アイキャンフラーイ!」と叫んで川に飛び込むシーンがありました。 このシーンが転落事故のイメージと重なり、「窪塚洋介は リアルで アイキャンフライした」などと揶揄する声もありました。 窪塚洋介の転落したマンションはどこ? 転落事故の現場となったのは、 神奈川県横須賀市西浦賀町に建つ窪塚洋介さんの自宅マンションです。 窪塚洋介さんは当時 育児休業中で、 前妻の「のんちゃん」 2012年に離婚 と長男の愛流くんと3人暮らしでした。 事故当時は家族でアメリカに行く予定で、荷造りも済ませていたそうです。 元妻ののんちゃんは落下事故の時の様子を、 「テラスの方に行ったと思ったら姿が見えなくなった」 と話しています。 人が落ちたのを目撃した 同じマンションの住人が 110番通報をしたそうです。 転落事故の怪我の程度は? 窪塚さんは救急車で横須賀市内の病院に搬送され、その後すぐに大学病院の方に転院されたそうです。 頭蓋骨の開放骨折など深刻な傷を負ったものの、 命に別状はありませんでした。 「開放骨折」とは、 折れた骨の部分が体外に露出している状態を表します。 大量出血と細菌による感染の危険が高く、まして頭蓋骨ともなると生存確率が非常に低くなります。 そのため窪塚さんが一命を取り留めたことは「奇跡」と言われているようです。 窪塚さんの不幸中の幸いは、前述の 防犯フェンスにぶつかって一度バウンドしてから芝生の上に落ちたことでした。 上は報道番組内で使われた、 窪塚さんの落下時の状況の図です。 マンションの9階は 高さ約26mにもなり、通常なら即死も有り得る状況です。 フェンスに一度ぶつかったことで落下速度が弱まり、 芝生がクッションの役割をしてダメージを軽減させたと言われています。 転落事故で全治3ヶ月 転落事故から3日後、窪塚洋介さんの所属事務所から容態などの公式な説明があります。 原因について、 「鯉のぼりの取り付け器具を外そうとして間違って落ちた」 と説明し、 「全治3ヶ月」 と発表します。 警察も 「事故」として処理しますが、捜査では 現場近くに鯉のぼりの器具などは見つからなかったそうです。 窪塚洋介さんは 驚異的な回復力と 毎日7時間ものリハビリによって、翌年2005年10月に映画「鳶がクルリと」の美容師役として俳優復帰を果たします。 窪塚洋介の転落事故の後遺症 転落事故から奇跡の生還を果たした窪塚洋介さんではありますが、当時の事故の状況から見ても、そのけがの程度は 非常に凄惨なものであったと言えるでしょう。 通常、マンションの9階約26メートルの高さから落下した場合、その 時速は約 81km、衝突時の衝撃は約 1. 5tにも及ぶそうです。 本当に、一命を取り留めたことが奇跡としか言いようがありませんよね。 しかし、これだけの大怪我ですから、当時一部の医療関係者によれば 「骨がつくのに 1年、歩行には 数年のリハビリを要する」可能性があると言われていました。 実際、リハビリ中は一時的に車椅子で生活していましたが、 現在は普通に走ることも出来るようです。 歩行に関しては日常生活に影響がないようですね。 2004年11月13日放送のドキュメンタリー番組 「告白 窪塚洋介~そして旅は続く~」で、窪塚洋介さんは車椅子に乗った姿でインタビューに答えています。 その際、 「内臓とかも脾臓がちょっとやられてたり、目見えなくなるとか色々言われてたんですけど、まぁ、無事・・・無事じゃないけど。 病院では驚異の回復力とか言われてるんですけど。 まぁ、そんなん言われても普通に歩けないからね、今。 でもなんか脊髄とかさ、脳みそとか、背骨とか尾てい骨とか、イったらヤバいところが全部大丈夫だったから、よかった。 ま、 右の鼻の臭いは無くなったんですけどね。 」 と発言しており、 右の嗅覚については現在も失ったままの可能性があります。 また、事故後に大腸破裂の可能性が報道されたこともあり、後遺症として 「人工肛門」の装着を余儀なくされているのではないかと噂されていました。 窪塚さんの 今の嫁のピンキーさんが2016年9月28日にインスタに投稿した、上半身裸の窪塚さんの写真です。 これで腹部を確認する限り、 人工肛門を装着している可能性はないでしょう。 細かな後遺症についてはご本人が明かされない限り窺い知ることは出来ませんが、現在のご活躍から察するに 目立った後遺症はないのではないでしょうか。

次の

【飛び降り】横須賀中央モアーズで小学生くらいの子供が飛び降り自殺か?「血をあんなに見たのは初めて」・・・現地の情報がtwitterで拡散される

横須賀飛び降り

横須賀市ハイランド1丁目の無職小林章浩さん(62)方で、小林さんとみられる男性の遺体が発見された殺人事件で、小林さんの知り合いとみられる男性が9日、東京都内で転落死しているのが見つかった。 飛び降り自殺を図ったとみられる。 浦賀署特別捜査本部が、関係者の一人として男性に事情聴取を要請していたという。 特捜本部などによると、転落死した男性は都内在住の30代とみられる。 男性は不動産関係の仕事をしていたという。 殺人事件の捜査で小林さん方に以前から出入りしていたことが分かり、小林さんとの関係などを調べるため、近く事情を聴く予定だった。 特捜本部は直接、男性に会ってはいなかったという。 警視庁などの調べでは、転落死した男性は9日午前6時15分ごろ、東京都中央区勝どきの路上で、頭などから血を流して倒れているのが見つかった。 近くの14階建てマンションの屋上から飛び降りたとみられ、財布に数千円の現金を所持していた。 マンションの玄関はオートロックでなく、出入りが可能だったという。 特捜本部は警視庁に捜査員を派遣し、詳しい状況を調べている。

次の

横須賀モアーズで飛び降り!?当時の様子画像と身元性別年齢情報は?目撃者のツイート内容公開

横須賀飛び降り

今年、念願であったハリウッド映画への出演も果たし、俳優として大活躍をしている窪塚洋介さん。 10代の頃から独特な雰囲気と高い演技力は、当時から芸能界の中でも抜きん出ていましたよね。 なので、現在の活躍は誰もが納得するものなのですが、窪塚洋介さんというとマンションからの転落事故を思い出すという人も多いかと思います。 この転落事故では大きく世間を騒がせてしまったのですが、薬を常用していたという話や飛び降りによって自殺しようとしていたということが言われているのだとか。 さらにそんな高所から飛び降りて現在も無事に生活できているのにはものすごい奇跡があったそうです。 そこで、ちょっと気になったのに調べてみました。 プロフィール 名前:窪塚 洋介 (くぼづか ようすけ)(別名義:卍 LINE・空水) 本名:窪塚 洋介 生年月日:1979年5月7日 36歳) 出身地:神奈川県横浜市 身長:177cm 血液型:O型 所属:モノポライズ ・ 1995年:ドラマ「金田一少年の事件簿」でデビュー。 ・ 2001年:ドラマ「もう一度キス」でドラマ初主演。 ・ 2003年:一般女性と結婚。 ・ 2004年:マンションから転落事故。 ・ 2006年:卍 LINEとして音楽活動開始。 ・ 2009年:カメラマンデビュー。 ・ 2010年:「血は立ったまま眠っている」で舞台初挑戦。 ・ 2012年:一般女性と離婚を発表。 ・ 2015年:ダンサーのPINKYと結婚を発表。 窪塚洋介の薬と飛び降りに隠された真相とは!? 窪塚洋介さんが転落事故を起こしたのは、横須賀市にある自宅マンションでした。 マンション9階のテラスから飛び降りたとも言われているそうなのですが、約26メートルの高さから飛び降りたということで実はかなりの大事故でだったとか。 この転落事故では頭蓋骨骨折などの大怪我をしたものの、命に別状はなく現在も元気に生活をしています。 当時は結婚をして子供も生まれたばかりで俳優としての仕事も順調であったのですが、突然マンションから飛び降りてしまったということでかなり衝撃を受けたという人も多くいました。 窪塚さん自身は転落した時のことについて 「記憶がない」 と語っていて、飛び降りた前後の記憶はまったくなかったそうです。 ただ、このようなことがあるために、窪塚さんがマンションから飛び降りたことについては様々な説が出ているのだとか。 そして、いろいろな説がある中で一番有力とされているのが薬を服用していたという説で、違法な薬物を服用してハイになって飛び降りてしまったということが言われているそうです。 確かに、芸能界では薬に手を出すという人も多いので、窪塚さんも薬に手を出して、ハイになって飛び降りたということもありそうですよね。 しかし、この説については窪塚さん自身が否定をしています。 「いろんなことを言われましたけど、ドラッグをやっていたわけでもないし。 」 と語っていて、薬は関係ないとしているそうですね。 本人が否定しているからといってそれをそのまま鵜呑みにすることはできないのですが、真相はどうだったのでしょうか。 薬といっても様々な薬があるので、窪塚さんが指している薬と世間一般が指している薬とは異なるものなのかもしれませんよね。 そこで、窪塚さんが薬についてどのような発言をしているのかを調べてみると、 「大麻は奇跡の草。 」 と語っていて、かねてから大麻を支持しているようです。 スポンサーリンク この他にも窪塚さんは大麻を容認する発言をしていて、クラブに出入りしていた頃には大麻を吸引していることで有名な人物と非常に親しい付き合いをしていたこともあったそうです。 なので、自宅でも大麻を吸っていたのではないかということが言われているのだとか。 したがって、一般的に薬というと覚せい剤やコカインを指しますが、もし窪塚さんが薬をやっていたとするなら大麻というのが一番有力と言えそうですね。 さらに当時、窪塚さんが薬をやっていてハイになっているとされる姿も目撃されています。 確かにこの画像を見ると大麻などを吸ってハイになっている感じも受けますよね。 この時は本当に大麻などを吸ってハイになっていたのかどうかはわからないのですが、大麻を日常的に吸っていたと言われると納得してしまう人も多いのではないでしょうか。 元々、窪塚さんは 「これまで生きてきた中で、自分は死にたいと思ったことはない」 とはっきり自殺説については否定しているので、大麻を吸っていてハイになって飛び降りたという説は確かに納得できるような気がしますよね。 なので、多くの人は大麻の吸引が元で飛び降りをしたと認識しているそうなのですが、本当に大麻などの薬が飛び降りに関係しているかどうかはわからないようです。 窪塚さんもこれ以上その事件について語ることはないので、実際のところがどうだったのかは分からずじまいのままになりそうですね。 ただ、みんなが関心をもっていることなので、いつか本当のことが語られるのを期待したいものです。 スポンサーリンク 窪塚洋介の転落事故の真相がヤバ過ぎる!? 窪塚洋介さんが転落事故を起こした際にはかなりの大事故であったのですが、奇跡的に命には別状がなかったということで多くの人は驚きました。 窪塚さんの飛び降りたマンションの画像を見ると、かなりの高さから転落したことがわかるのですが、ここから転落して死ななかったというのはすごいことですよね。 普通であればそのまま大怪我をして半身不随になってしまったり、最悪、死んでしまうこともあるのですが、なぜ窪塚さんはそうしたこともなく現在も元気に過ごしているんでしょうか。 そこで転落事故のことを調べてみると、驚きの真相が分かってきました。 窪塚さんはマンションの9階から飛び降りをしたのですが、26メートルという高所から飛び降りたために、地面に着地した際にはマンションから9メートルも離れた場所に着地したそうです。 スポンサーリンク そして、ちょうどその場所にはフェンスや生け垣が建てられていて、そのフェンスなどに当たって衝撃が大きく分散されたとか。 さらにフェンスに当たった後に近くの芝生に落ちたことで、ここでも衝撃が上手く分散されたとのことです。 もし飛び降りてそのままコンクリートに激突していたとしたら、衝撃がそのまま体に伝わってしまって死んでしまっていたかもしれません。 このように事故当時にテレビ局が解説した画像を見ると窪塚さんが助かった理由がわかるのですが、まさに奇跡としか言い様がないですよね。 そして、こうした事実から窪塚さんは相当な強運の持ち主としかいえないのですが、まさに奇跡の人と言ってもいいのではないでしょうか。 なので、今後は芸能の世界でもこうした奇跡をたくさん起こして、いろいろな人に感動を提供してもらえたら嬉しいですね。 スポンサーリンク 続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

次の