給付 金 コピー。 大阪市:特別定額給付金について (…>生活にお困りの方へ>生活支援)

総務省|特別定額給付金|よくある質問

給付 金 コピー

基準日以降に亡くなった人は、給付対象者となりますか。 基準日(4月27日)以降に亡くなられた人についても、 給付対象者となります。 ただし、基準日以降に世帯主が亡くなられた場合、以下のとおりの取扱いとなりますので、御注意ください。 ー 単身世帯の場合は、世帯自体がなくなってしまうことから、 給付されません。 ー 単身世帯の場合も、同様に 相続の対象となります。 市区町村から申請書が届く時に、帰省していて 自宅で郵便物を受け取れない場合はどうすればいいですか。 また、住民登録のある市区町村に対し、現在の居所への申請書の送付を依頼することもできます。 申請書の発送が既に行われていると思われるにもかかわらず、申請書がお手元に届いていない場合などは、住民登録のある市区町村に ご相談ください。 また、申請書を受け取らなくても、マイナンバーカードをお持ちの方は、オンライン申請が可能です。 お困りの際は、市区町村にお問い合わせください。 インターネットでお申し込みができます。 インターネットをご利用できない場合は、ご本人の本人確認書類・旧住所が確認できる書類(運転免許証、住民票等)を最寄りの郵便局へお持ちいただき、郵便局に備え置いている転居届に必要事項を記載してお申し込みができます。 申請書には、振込口座の情報を確認できる通帳やキャッシュカード等の写しを付ける必要がありますが、なぜ必要なのでしょうか。 特別定額給付金を口座振込で受け取っていただく場合には、振込口座の指定について口座番号等を記載いただきますが、振込先口座の確認のため、通帳等の写しの提出をお願いしています。 通帳やキャッシュカードの指定の箇所に、「振込先の金融機関名」「支店番号」「預金種別(普通・当座等)」「口座番号」「口座名義人(カナ)」以外の情報(印影、クレジット機能付キャッシュカードのクレジット番号等)が記載されている場合は、写しのそれらの部分を黒く塗りつぶしていただいてもかまいません。 迅速で誤りのない給付を行うために、ご協力をお願いいたします。 オンライン申請は、どのような手続きですか。 政府が運営するWEBサービスである「マイナポータル」において、特別定額給付金のオンライン申請ができるようにする予定です。 市区町村において申請受付開始日が異なりますので、各市区町村のホームページ等でご確認ください。 オンライン申請を行えるのは、4月27日時点において世帯主であった方です。 署名用電子証明書については5回連続でパスワードを間違って入力した場合、パスワードロックがかかり、発行を受けた市区町村窓口にてパスワードのロック解除とともに、パスワード初期化申請をし、パスワードの再設定が必要となりますので、ご留意ください。 新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、適切な時期に窓口に来ていただくようお願いいたします。 金融機関名、口座番号、口座名義人が分かる通帳やキャッシュカード、インターネットバンキングの画面の写し オンライン申請には、マイナンバーカードが必要ですか。 オンライン申請には、申請をおこなう方(世帯主)のマイナンバーカード(署名用電子証明書が格納されたものに限ります。 )が必要となります。 なお、あわせて同一世帯の方の申請もできますが、同一世帯の方については、マイナンバーカードは持っていなくても大丈夫です。 署名用電子証明書については5回連続でパスワードを間違って入力した場合、パスワードロックがかかり、発行を受けた市区町村窓口にてパスワードのロック解除とともに、パスワード初期化申請をし、パスワードの再設定が必要となりますので、ご留意ください。 新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、適切な時期に窓口に来ていただくようお願いいたします。 また、マイナンバーカードの署名用電子証明書を読み込むため、ICカードリーダライタ又はカード情報を読取り可能なスマートフォンが必要です。 対応しているスマートフォンの機種については、下記FAQをご参照ください。 エラーコードは、EW244-1500、EW340-2000、EW640-2000が表示されることもあります。 Windowsの設定でSmart Cardサービスが開始されていない可能性があります。 以下の方法でSmart Cardサービスの状態を確認し、Smart Cardサービスを開始してから再度お試しください。 1.「スタート」ボタンを押下し表示されるメニューより「Windows管理ツール」をクリックすると「サービス」が表示されますので、「サービス」をクリックします。 2. サービス一覧画面より「Smart Card」をダブルクリックし「Smart Cardのプロパティ」を開き、スタートアップの種類を「自動」に選択し「OK」を押下します。 3.サービス一覧画面より「Smart Card」を再度ダブルクリックし「Smart Cardのプロパティ」を開き、サービスの状態の「開始」ボタンを押下し、続いて「OK」を押下します。 4.「Smart Card」サービスのスタートアップの種類が「自動(トリガー開始)」、サービスの状態が「実行中」となっていることを確認してください。 もし上記手順で改善されない場合は、ICカードリーダライタのドライバの再インストールをお試し下さい。 オンライン申請の場合、申請者の誤記入などのため、自治体の突合作業が必要となり、郵送申請よりも自治体の負担が大きく、時間がかかるとの報道がありますが、国においてはどのように対応するのでしょうか。 マイナポータルを通じたオンライン申請は、申請書の印刷・送付を待つ必要がないことから、早期の申請・受付が可能となりますが、一方で、自ら世帯員の氏名などを入力いただくことから、市区町村にとっては郵送申請に比べて一定の確認作業の必要が生じるという側面もあります。 そのため、内閣府・総務省では、当初より、市区町村がシステムを活用し、効率的に事務処理を行えるよう、申請受付データの一括ダウンロードや一覧表の作成ができるツールの開発・提供、世帯員の突合についての簡素な確認方法の提示等を行ってまいりました。 また、システム化の予定がない小規模な市区町村に対しても、地方公共団体情報システム機構において開発したパソコンで突合等を行えるソフトを無償で提供しています。 今後とも申請者の入力誤りを減らすための入力画面の改修や市区町村に対する助言を継続的に実施し、市区町村の事務負担の軽減と、給付金の円滑・迅速な交付に向け支援してまいります。 マイナンバーカードの電子署名の暗証番号を忘れてしまい、初期化するため、自治体の窓口を訪れる住民が急増し、3密となっています。 国において対応策はとっているのでしょうか。 マイナンバーカードに搭載された電子証明書の発行・更新や暗証番号の再設定に係る市区町村窓口の混雑やシステム処理の遅延については、地方公共団体情報システム機構(J-LIS)において、サーバの処理能力の増強や市区町村に対するシステムの負荷軽減に資する優先処理の要請などを行いました。 また、総務省としても、平日夜間や土日の開庁などについて、全国の市区町村に対し要請を行ったところです。 これにより、5月13日以降、システム上の遅延は解消し、窓口混雑も緩和傾向にあると認識していますが、引き続き必要なシステムの増強を行ってまいります。 本サービスについて 本サービスは、利用者のお問い合わせに対して、AIチャットボットが自動で回答を行います。 「いつでも」「かんたん」「べんり」に問い合わせが出来る本サービスをお気軽にご利用ください。 AIが利用者の質問を解釈して自動で回答を行いますが、必ずしも適切な回答が出来ない場合もありますので、事前にご了承ください。 AIチャットボットにお問い合わせいただける内容について 「特別定額給付金」について 本サービスがご利用可能な時間について 本サービスのご提供時間は、土日、祝日を含む24時間対応です。 ただし、臨時のシステムメンテナンスや想定以上のお問い合わせを頂いた際のアクセス制限などを行う場合がございます。 もし、本サービスをご利用いただいて、回答などが行われない場合は、しばらく経ってからご利用いただけますようよろしくお願いします。 ご注意事項• 本サービスは、上述のお問い合わせ内容に記載した内容に関してのみ回答するサービスになります。 その他の内容に関するお問い合わせはお控えください。 セキュリティの関係上、記述により利用者個人を識別できる情報(氏名、住所、電話番号、Eメールアドレスなど)のご入力はお控えください。 半角カタカナなど半角の日本語入力には対応しておりません。 全角文字での入力をお願いします。 Microsoft Edge、Google Chrome /Mozilla Firefox/Safariの最新版からアクセスをお願いいたします。

次の

一律10万円の「定額給付金」申請方法。今から準備すべき書類は?

給付 金 コピー

菊地崇仁 1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。 社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。 同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。 2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。 ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。 ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。 ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。 一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。 すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

次の

大阪市:特別定額給付金について (…>生活にお困りの方へ>生活支援)

給付 金 コピー

まず、申請から給付までの流れを確認しておきましょう。 【特別定額給付金申請書 見本】 この申請書には、あらかじめその世帯全員(配偶者やお子さんなど)の氏名や給付金額が記載されています。 また、特別定額給付金は、原則、口座へ振込というかたちで支給されるため、世帯主の口座の情報なども記入することになっています。 特別定額給付金申請書の記入方法については、こちらの記事で解説していますので、よろしければ参考にしてみてください。 <特別定額給付金申請書とセットで提出する書類>• 世帯主の本人確認書類(コピー) 転免許証・健康保険証・顔写真付き住基カード・パスポート・各種障害手帳・介護保険被保険者証・公的年金の証書・顔写真付きマイナンバーカードのうち、いずれか1点を貼り付けてください。 (外国籍の方は、在留カード(コピー)などが必要です。 世帯主の振込先口座の金融機関名、口座番号、口座名義人が確認できるもの 金融機関名、支店名、口座番号、口座名義人(カナ)がわかる通帳やキャッシュカードのコピーを貼り付けてください。 詳しくは、特別定額給付金申請書に同封されている「お知らせ」を確認してみてください。 窓口申請の場合 市区町村の窓口で申請・給付を受けられる方は、「銀行口座を持っていない方」「銀行から遠く離れた場所に住んでいる方」となりますが、ネットカフェで寝泊まりしている方や路上生活者の方も、窓口申請が可能なので、一度、住民票のある市区町村に確認するようにしてください。

次の