ゆうちょ 銀行 投資 信託 速報。 ゆうちょ銀行の投資信託【円奏会】を勧められた家族が乗り気に!ちょっと待って|サラリーマンJINジンの運用のすすめ

ゆうちょ銀行で投資信託は買うべきではない、それでもマシなおすすめファンドは?

ゆうちょ 銀行 投資 信託 速報

今日、ゆうちょ銀行で投資信託を買ってしまいました。 300万円を入れましたが、貯金額全額です。 商品名はスマート・ファイブ(毎月決算型)です。 職員に進められて入ってしまいましたが、 帰って調べてみたら評判が非常に悪いことにびっくりです。 保留額 ? は0円でした。 ただ、運用手数料が年1. 損をしたくないのですぐに解約したいのですが 解約手数料は無料だと聞きました 購入手数料が2ヶ月後に入るので待つしかありません。 職員は1年以内に解約すると損をするといいましたが、 2ヶ月後に購入手数料を貰って解約したらやっぱり損でしょうか。 詳しい方、教えていただけますか。 深く反省しています。 もう買っちゃったんですから、今すぐ現金が必要とかじゃないんでしたらあせって売る必要はないと思います。 > なぜ、ゆうちょ銀行で投資信託を買うと悪いのでしょうか?他人の言う事を気にし過ぎではありませんか。 <調べてみたら評判が非常に悪いことにびっくりです。 > 素人のささやく評判ではないですか?当てになる様なならない様な・・・ それを信用し過ぎると投資では痛い目をみます。 <運用手数料が年1. > インデックスタイプなど信託報酬の低い投資信託と比べるから高く感じます。 同じ様なバランス型と比べれば特に高くはありません。 <損をしたくないのですぐに解約したいのですが> 損をしたくないのならなぜ投資信託を買ったのですか?すべての投資商品には損をする可能性が有ります。 ゆうちょ銀行から投資信託を買ってしまったことを深く反省しておられるようですが、買ってしまった後で反省してもあなたの為にはなりません。 特に間違った事をしたわけではありませんから反省する必要もありません。 どうせ反省をするのなら、損をしたくないのに投資信託を買った事を反省しましょう。 その方が余程あなたの為になります。 その商品は見るからに、 「全て丸投げ超お任せフルコース」な感じだから、投資知識ゼロの超初心者向けですね 何もする必要がない、何の知識もいらない、何も勉強しなくて良い、 リスク管理まですべて専門家にお任せ、 それで銀行の金利よりもはるかに良い利回りが貰えるのだから、 手数料が高いのも当然でしょう ただ断っておきますが、絶対に損するリスクがない信託なんてありませんから、 つまりは、損失を覚悟するような局面でも、 自分は何もせず専門家が極力損失を最小限に抑えてくれる、 ということ 私でも投資知識ゼロの人が相手だったら、こういう商品以外は勧めないでしょう リスク管理が自分で出来ないような人に、 何か無理やり商品を選ばせてあとは放ったらかしのほうが無責任な話 だいたい投信で損する人は、知識もないのに当てずっぽうで適当に商品を選ぶ そんな投信選びをさせるくらいだったら、 多少手数料が高くても、 そういう「全て丸投げ超お任せフルコース(リスク管理付)」の商品を勧めるべき 要は、この商品の内容をきちんと理解できるくらい専門知識があるような人にとっては、 このような超初心者向けの商品を買う理由はないわけですよ だから批判的なウンチクを並べ立てる人もいるわけです だけど逆に、この商品の内容を理解できないくらい専門知識がない人にとっては、 まさにうってつけの商品だという事です ただ、買う時期として今が良い時期なのかどうかは別の話 絶対に損したくないんだったら年2. 5%の利回りはあきらめて、 銀行に預けて年0. 01%の利息を貰うべきですね 『職員は1年以内に解約すると損をするといいましたが、2ヶ月後に購入手数料を貰って解約したらやっぱり損でしょうか。 ) なので、保有期間は関係ありません。 毎日基準価額をチェックして、損をしたくなければプラスになったら解約したらいいだけです。 投資の基本として、『間違えた』と思っているならさっさと離脱する勇気も必要です。 因みにファンドの中身を理解していますか? 他人の批判だけを売買の基準とするのには違和感があります。 あなたがこの投資についてどう思うのか真剣に考えてみてください。 私は別に勧めているわけでも、否定もしませんが、その動機の適当さに呆れているだけです。 購入したきっかけはゆうちょにしつこくセールスされたから? ファンド購入に至った経緯も合わせて考えた上で行動してください。 『信託報酬が高いファンドはそれ以上に基準価額が上がることは難しい、または基準価額が上がっても儲けは少ないから悪いファンドだ。 』 とすぐ知ったかぶりのネット上のコメントを見るたびに思います。 信託報酬が1. 何度も申し上げますが、推奨も否定もしておりません。 単に投資スタンスの話をしています。

次の

ゆうちょ銀行の投資信託【円奏会】を勧められた家族が乗り気に!ちょっと待って|サラリーマンJINジンの運用のすすめ

ゆうちょ 銀行 投資 信託 速報

現在ゆうちょ銀行を組み入れているファンド数は391件です。 どのような投資信託に組み入れられているかを把握したり、大株主ファンドの状況を知ることで、取引する際のヒントとして活用できます。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

投資信託とは何か?知識ゼロの初心者向けにイチから解説します!

ゆうちょ 銀行 投資 信託 速報

投資信託って何? 投資信託というのは色んな投資家から集めたお金を、まとめて運用会社が投資をして、発生した損益を投資家で分けあう商品です。 これを踏まえた上で、あとはメリットとデメリットを説明する中で、投資信託の基礎知識をお話していきます。 投資信託のメリット 少額から投資ができる まずメリットの1つ目として、お金をまとめて投資することによって、投資家1人1人が少ない金額から投資を始めることができます。 例えば記事作成時点で、日本のマクドナルドの株価が5,180円だったんですけど、株というのは基本的に100株単位でしか売買できないことになっているので、マクドナルドに個人で投資をしようと思ったら、51万8000円が必要になるわけです。 けっこう大きな金額ですよね。 だけどマクドナルドに投資したいと思っている人が100人いたら、1人1人から5,180円を集めることによって、投資をすることが可能になります。 これが少額から始めることができる投資信託の仕組みになります。 手軽に分散投資ができる 投資信託の2つめのメリットは分散投資が可能になることです。 投資というのは資産を一点集中してしまうと、とてもリスクが高くなります。 例えばマクドナルドの株だけを大量に買っていたとして、もしマクドナルドがとんでもない不祥事を起こして、株価が大暴落してしまうと、資産が一気に半減してしまうことだって考えられます。 まあマクドナルドは大きな不祥事があっても、なんだかんだで業績を回復させてきた前例があるので、大丈夫かもしれないですけど、そのまま倒産してしまう企業などもあるかもしれないわけです。 なので、投資というのは色んな企業だったり、投資商品に分散することがリスク軽減に繋がるわけです。 その点、投資信託の商品っていうのは詰め合わせで販売されているので、自然に分散投資ができます。 わかりやすい例でいうと日経平均株価に連動する商品というのがあります。 日経平均という言葉はニュースでもよく聞くと思いますけど、これは東証一部に上場している銘柄のうち225銘柄から算出した数字になります。 さっき例に出したマクドナルドみたいに1銘柄だけだったら、個人で100株買って投資することもできる人が多いと思うんですけど、日経平均株価に連動するように225銘柄の株を全部買おうと思ったら、個人ではとても購入できる金額ではありません。 自分のお金だけでは投資できないくらい、広い範囲に分散させて投資ができるのは、投資信託の大きなメリットの一つです。 商品の種類が豊富 3つめのメリットは商品の種類が豊富だということです。 さっきまでの例では、なじみがある、日本国内の株式に限定して説明していましたけど、私がメインで購入している投資信託は、米国株が中心になっています。 例えばイーマクシススリム米国株式SP500は、アメリカのSP500という株価指数に連動する投資信託です。 もちろんアメリカだけではなく、世界各国の株式に投資できる商品がいろいろありますし、始めから何カ国も詰め合わせになっている商品もあります。 私が保有しているイーマクシススリム先進国株式インデックスという投資信託は、日本を除いた先進国の約1300銘柄に投資する商品で、様々な国が対象になっています。 さっきから株の話ばかりしてしまっていますけど、投資信託は株式以外にも不動産だったり債権だったり農作物だったり、バラエティに富んだ商品がたくさんあります。 そしてそれぞれが地域別で分かれていたり、株と債権を組み合わせて一つの商品にしたり、とにかくたくさんの種類があります。 なので、「債権の比率を多くしてリスクの少ない運用をしたい」とか「人口が爆発的に増えていて成長が期待できるインドに投資したい」とか、それぞれの目的や希望にあった商品を見つけることができるわけです。 投資信託のデメリット ここまでで、投資信託の魅力ばかりを説明してきましたけど、もちろんデメリットもあります。 それは短期売買ができないことと手数料の高さです。 短期売買ができない まず短期売買ができないことについて、これは投資信託の基準価額が1日に1回しか値段がつかないからです。 基準価額というのは株価みたいなもので、投資信託を購入する時の価格になります。 ただ株価の場合、市場が開いている時間は常に数値が変動しているので、さっきまで5,000円だった株価が次の瞬間には4999円になってるかもしれないし、また次の瞬間には5000円に戻っているかもしれません。 これに対して投資信託の基準価額は毎日1回価格が決まるだけなので、何時間とか、何分という単位で細かく取引するような投資はできません。 手数料が高い場合もある 2つめのデメリットの手数料に関しては高いというより、手数料体系が特殊で、保有するだけで発生する信託報酬という手数料があるので、高くなる場合もあるということですね。 例えば株の手数料の場合、買う時に500円、売るときに500円、という感じで、売買するのにお金がかかってきます。 それに対して投資信託は現在では売買手数料のかからないノーロードと言われる商品がほとんどなので、保有している時に発生する信託報酬が手数料のすべてになることが多いです。 信託報酬は何百円とかいう円単位ではなく、年間のパーセンテージで表されます。 例えば信託報酬が0. 1%の投資信託を100万円分保有しているとしたら、年間で1,000円かかってきます。 これは別途まとめて徴収されるわけではなくて、日割りした分が差し引かれて基準価額に反映しているので、保有している本人が手数料を払っているという実感はあまりありません。 その分、なんだか資産が増えないなと思っていたら、信託報酬が割高な商品を保有しているのに気づいていないという事態になる可能性もあるので、注意しましょう。 信託報酬が高いか安いかは商品によるので、一概には何%だと高いと決めつけることはできません。 例え信託報酬が2%だったとしても、年間20%のリターンを出し続けてくれれば、18%ものプラスリターンになるので、内容と信託報酬をセットで考えるようにしましょう。 デメリットを2つ紹介しましたけど、初心者にオススメする長期・分散・積立を実現する投資方法の場合、これらのデメリットは、ほぼなくなると言ってもよいと思います。 まずそもそも短期売買は投資というより投機、ギャンブルに近いやり方なので、専業の投資家以外はあまり手を出さないほうが良い分野です。 で、手数料に関しては、ここ数年でどんどん安くなっているので、投資家の考え方も変わってきているくらいです。 例えば何年か前までは、毎月3万円とか5万円とか、少額で投資信託を積立購入していって、何年か経って数百万円単位で資産が貯まったらその投資信託を売却して、売却したお金で手数料の安いETFに乗り換えるという、リレー投資が推奨されたりしていました。 ETFというのも投資信託と同じように、色んな投資家から集めたお金を投資する仕組みなんですけど、投資信託ほど少額では始められないけど、信託報酬は安いという特徴がありました。 ただ投資信託の信託報酬がどんどん安くなっているので、今ではリレー投資をする投資家も少なくなっています。 もちろん商品によるところもあるので、まったくないわけではありません。 ということで、今、初心者や会社員の投資家に圧倒的にオススメできるのが、投資信託という商品になります。 私は貯金ばかりしていて、現在の投資信託中心で投資をするスタイルを始めるのが遅かったことをすごく後悔しています。 前に投稿した記事では、私が保有している投資信託について、詳しく説明しているので、興味がある方は参考にしてみて下さい。 投資信託の分配金について メリット・デメリットを説明しながら、投資信託の基本的な知識はほとんど補完しました。 あと抜けている分として、分配金のお話を最後に少ししておきます。 投資信託には分配金ありと分配金なしのタイプがあって、分配金ありの場合は運用利益の一部が支払われます。 支払いは毎月であったり、半年ごとだったり、一年ごとだったり、商品によって異なります。 分配金なしはそういった支払いがまったくありません。 こう言うと分配金ありの方がちょっと良さそうに聞こえるかもしれませんけど、分配金というのは結局、利益や資産を切り崩して支払っているだけなので、あまり得はありません。 逆に分配金を受け取ってしまうと税金の関係で、分配金なしの場合よりも損をしてしまうことになるので、長期的に見て基準価額が上がっていく予想を立てて保有しているような商品なら、分配金なしを選ぶべきです。 以上、投資信託についての説明でした。 簡単にまとめると、投資信託はみんなからお金を集めて投資するから、少額で、いろんなの種類の商品に、分散して投資ができますよ、信託報酬という手数料が発生するけど、それをひっくるめても初心者にはめちゃめちゃオススメの投資商品ですよ、というお話でした。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の