夏休み 渋滞 予測。 渋滞予測40kmは本当かGWの関越道で実際に検証してみた+避ける方法

アクアライン2019渋滞予想!GW・春休み夏休みの渋滞時間帯と回避方法も

夏休み 渋滞 予測

こんにちは。 8月6日(月)に伊豆方面の旅行を計画中です。 ちなみに東北道を乗るのがAM7時を予定しており、真鶴道路通過はおそらく10時~11時になると思います。 沼津から中伊豆を通るルートも検討していますが、子供が車に弱いのであまりそちらは使いたくありません。 現地の方や経験者の方のご意見をお願いします。 また、翌日伊東から早起きして弓ヶ浜まで行こうと思いますが、やはり平日でも下田あたりは渋滞しますか?こちらもあわせてお願いいたします。 どちらかのご回答でもOKです。 よろしくお願い致します。 伊豆に住んでいます。 夏の伊豆はいつも渋滞します。 月曜日だしお盆前なので殺人的な渋滞ではありませんが、予定している時刻が渋滞のピークと一致します。 また、この予定では首都高の渋滞にもはまりますね。 渋滞していたら、小田原から箱根ターンパイク・伊豆スカイラインを通って伊東に行くルートがあります。 伊東のどちらに行くのかわかりませんが、亀石icで降りれば宇佐美にでます。 冷川icで降りれば伊東温泉にでます。 終点の天城高原で降りれば伊豆高原にでます。 伊東から弓ヶ浜までは朝早くでれば渋滞はほとんどありません。 (八幡野や白浜のあたりで多少の渋滞はあるかもしれませんが) こんなサイトもありますのでご参考に。 交通の欄に「所要時間情報」というのがあります。 伊豆出身の者です。 15年ほど前、9月の連休の最終日に伊東から東京まで帰ったことがあります。 所要時間は7時間。 そのうち5時間は小田原までの渋滞でした。 そのときは夜で、夜の山道に慣れていなかったせいもあり何度も山へ回避するチャンスがあったのに決心がつかぬまま、気がついたらどうにも逃げようのない渋滞にはまってしまいました。 真鶴道路で伊豆に入るとすると、湯河原の手前からかなり混み出すと思います。 ここで何分くらいで抜けられるかわかりませんが、そのあと熱海でにっちもさっちも行かなくなる予感がします。 どっちにしても海沿いの道を選んだ場合、渋滞だからと裏道に入るわけには行かないということなんですよね。 そもそも熱海-伊東間は裏道すらないですし。 やはりここは前の回答者さんとおなじですが、最初から山道コースを選んだほうが無難だと思います。 それに景色も悪くないですし、いいドライブコースだと思います。 伊東-弓ヶ浜間は、白浜を午前10時前に通過できるようにするとあまり混まないと思います。 でも下田駅周辺の国道136号は、どちらにしても混みますね。 下田駅より南もけっこう海水浴場がありますから、そこへ向かう車が集中します。 若者が多いので、平日とか休みとかあまり関係ないのかもしれませんね。 こちらは下田駅を裏から回る道を選べば大丈夫かな。 地図で確認してみてください。 尚、帰りの渋滞もけっこうキツイものがあります。 地元の方のアドバイスを聞くと良いと思います。 楽しいご旅行をなさってくださいね。 No2. 地元の人間は渋滞を避けて通るので、渋滞した道をずっと走った経験が有りません。 その為、渋滞した時の所要時間は良く分からないのです。 夜に渋滞の無い状態で一碧湖の近くの吉田から東京まで海岸沿いの道で行った時には、石橋icまで1時間半位だったと思います。 夏休み中の平日という事を考えて、私が行くとしたら3時間位かかる覚悟はして行きます。 あまりお役にたてなくてすいません。 ターンパイクのカーブは結構大きいカーブなので山道という感じはあまりしません。 箱根新道を使って伊豆スカイラインへ出る方法もあります。 箱根新道の方がカーブは少ないです。 もし、伊豆スカイラインを使った場合、ユニーに行くには冷川icから出て中伊豆バイバスを通って行くのがカーブが少ないです。 Q 9月16日、昼12時ちょうどに、東京(渋谷)を出発して伊豆の弓ヶ浜までレンタカーでドライブします。 17日の20:00までクルマを返却しなければいけないのですが、その際、 1 往路で弓ヶ浜到着は渋滞があったらおおよそ何時ぐらいになるでしょうか?渋滞回避のルートはありますか? 2 17日、20:00に渋谷にクルマを返却するには遅くとも何時までに帰路に着けば良いでしょうか?その際の渋滞回避ルートも教えていただけると助かります。 ちなみにカーナビでは、渋滞なしで片道4時間の予測でした。 お客様を接待する感じの旅行なので、なるべく渋滞や混乱を避けたいので皆様のお知恵を借りたいと思い、投稿しました。 何卒、よろしくお願いします。 A ベストアンサー 私は17日から伊豆の河津に夏休み旅行に行きます。 そのため、いろいろと調べた情報を! 東名高速の渋滞予測は下記のHPを参照してください。 hinavi. 接待的な意味合いもあるのなら、海が見える海岸線は走りたいですよね。 往路は上記のルートをお勧めします。 問題は復路です。 他の方と同様、ホテル等をチェックアウト(10~11時)されたら、往路のように海岸線は絶対避けます。 1 案 弓ヶ浜~伊豆下田駅先を左折~国道414号線へ(白浜あたりの渋滞を避けます)~途中国道136号線へ~修善寺を抜けて~三島~沼津IC~東名高速~渋谷 三島あたりでちょっと渋滞するかもしれませんが、午後2~3時には東名に乗っていると思いますし、渋谷には午後6時ぐらいには着くと思います。 修善寺あたりまでは、山の中(というか山と山に挟まれた道・・・田舎道の風情が楽しめる)の道で往路とは違った車窓が楽しめると思います。 2 案 弓ヶ浜~国道135号線~伊豆高原グランパル公園先左折~県道111号(大室山を右手に見ながら回って)~県道112号~伊豆スカイライン冷川IC~熱海峠IC~県道20号~箱根新道~厚木小田原道路~厚木IC~東名高速道路~渋谷 こちらは、伊豆高原までは国道135号線を走ります。 多少渋滞はするかもしれませんが、弓ヶ浜を10時頃出れば多分大丈夫だと思います。 伊豆高原から山に入っていき、伊豆スカイラインを約35キロ走ります。 この伊豆スカイラインはほぼ山の上の方を走っている道路なので、途中のビューポイントからは駿河湾と相模湾が一望できたり、富士山なんかも(晴れていれば)見れます。 大変景色も良く走りやすい有料道路です。 箱根新道あたりから(午後1~2時通過予測)渋滞してくる可能性はあります。 厚木小田原道路~厚木IC・午後3~4時頃には東名に乗れるでしょう。 渋滞は始まっていると思いますが渋谷には午後6~7時には着くと思います。 復路は2案出しましたが、お客様を連れて接待的であることを考えた場合、私なら総合的に 2 の案で行くと思います。 それから、帰りはどこかでお昼をとると思いますが、下記のHPを参考にお食事処を選んでみてください。 私もいつも参考にして食事をしています。 nifty. htm ルートについては、絶対にとは言えませんがよろしかったら参考にしてください。 私は17日から伊豆の河津に夏休み旅行に行きます。 そのため、いろいろと調べた情報を! 東名高速の渋滞予測は下記のHPを参照してください。 hinavi. A ベストアンサー こんばんわ。 私もかなりの回数伊豆にいきますが、平日しかいかないためにあまり渋滞は縁がありません。 しかし、夏場のうわさはよく耳に入ります。 熱海からの135号は絶対に使ってはいけません。 まじで到着が夜になりますよ。 かといって中伊豆ルートも安全ではないと思います。 でも135号よりはマシのはずです。 明日の日曜をなめてはいけません。 たぶんどこの海も今年最高の人手になりますよ。 一番いいのは、今すぐに出発し、現地に明け方ついたら車で仮眠をとって朝を迎える・が正解です。 (どこに行くのかわからないですが)それでも帰りは大変な混雑になると思いますよ。 135号はずーっと海沿いを走る上に、迂回路がないため、夏場のピークはとてつもない渋滞になるんです。 再度言います。 絶対に135号はいけません。 お気をつけて!! A ベストアンサー 諸氏の方も言っていますが、東名厚木ICから小田原厚木道路で早川まで行き、そこから国道135号で熱海方面に向かうのがいいでしょう。 平日ならばそれほど渋滞しないと思います。 早川の合流からしばらくすると、Y字の分岐があります。 web. fc2. htm 向かって右が旧道、左が新道で有料道路ですが迷わず左、こっちの方がクネクネ道がなく、かつ海が近くに見られますからいいでしょう。 しばらく行くと料金所ですが、ここも新道と旧道に分かれますが新道の方が街中をショートカットするのでいいと思います。 で、出た先が湯河原海岸で、その先は旧道と合流、しばらく広い道を走ったあと、またY字で分かれます。 ここは左の熱海ビーチラインを行きますが、極めて海と接近していますから高波時は通行止めとなります。 それを過ぎれば熱海市街、お宮の松を過ぎてクランク状の交差点を左折、道なりに進めば、あとはほぼ道なりで伊豆下田方面を目指せます。 東名は15時以降混みだすとのことなので、横浜町田ICを14時到着目指して帰ろうと思ってます。 そうなると、何時ころ伊東を出発すれば大丈夫でしょうか? また、ルートですが、沼津まで行って沼津でお昼ご飯を食べてから高速に乗ると、渋滞にもはまらずに帰れるという口コミも見ました。 それが良いでしょうか? そうだとしたら、伊東から沼津間の渋滞も考慮しないといけません。 伊東チェックアウト10時で、沼津まで渋滞なく行けますか? また、別のルート等おすすめがありましたら教えてください!どうかよろしくお願いします。 A ベストアンサー 8月の日曜日というと10時頃には135の渋滞が始まる頃ですし真鶴道路の渋滞もあるでしょうから出来る限り早く出るのがいいとしか言えないのですが・・・。 伊東から渋滞の心配無しで行けるルートは伊豆スカイライン、東駿河湾環状道路(伊豆縦貫道の1部)で東名沼津ICまたは新東名長泉沼津ICへ出るルートです。 伊東市街からなら135で宇佐美まで行き亀石峠ICから伊豆スカイラインに入ります。 伊東~宇佐美間は135でも渋滞の少ない区間です。 伊豆高原からなら始点の天城高原ICから伊豆スカイラインに入ります。 箱根峠まで行き国1を三島方面へ下り、三島塚原ICで東駿河湾環状道路へ入り沼津ICまたは長泉沼津ICへ行きます。 沼津で昼ごはんとは沼津港のことでしょうか。 確かにここの海鮮は魅力ですが人気店には行列ができていて時間がかかります。 また手前の414号や沼津ICへ行く為に通る市街地は渋滞の可能性大です。 どうしても沼津港で昼食をと言うのなら別ですが、そうでないならやめた方がいいと思います。 昼食はSAか沼津ICすぐのグルメ街道が無難でしょう。 A ベストアンサー 一般道の渋滞は止まっては動き、動いては止まるという感じです。 これは伊豆に限らずどこの一般道でも同じだと思います。 ですから、ノロノロ運転にも当てはまりませんし全く動かないにも当てはまりません。 8/28・29は土日ですので135号の渋滞はあります。 また東名の渋滞予測ではかなりの渋滞が予測されています。 しかし横浜を朝5時に出れば渋滞にかからずに伊豆高原まで行けるでしょう。 それが無理なら135号は使わずにターンパイク・伊豆スカイラインを使えばほとんど渋滞はありません。 帰りの135号は行きより渋滞します。 午前中に帰路につくか、夜遅く帰路につくなら別ですが必ず渋滞にひっかかります。 この場合も伊豆スカイライン・ターンパイクを利用すればいいでしょう。 問題は伊豆の渋滞よりも東名の渋滞の方だと思います。 Q お盆の8月11日12日の月火で伊豆に一泊二日で旅行に行きます。 渋滞必死だと思うのですが果たしてどのくらいになるのか・・・・教えてください。 レンタカーなので11日朝は7時発、12日夜の帰りは23時着辺りを目指しています。 R16で横浜町田ICまで行くのも考えましたが大和トンネルは渋滞しやすいとの事なので上にしようと思いました 他にオススメなルートはありますか?? 渋滞予測を調べた所厚木から沼津間では30km以上の渋滞は恐らくないと出てました。 ピークは下りが9、10日。 上りが13、14日だそうです。 最近ガソリン高騰で車が減ったとのニュースもあったので、少し期待しているのですが(それなりの渋滞は覚悟) みなさんどれくらいになると予想されますか? ちなみに渋滞無しで普通に行くと3時間ぐらいと出ました。 渋滞必死だと思うのですが果たしてどのくらいになるのか・・・・教えてください。 レンタカーなので11日朝は7時発、12日夜の帰りは23時着辺りを目指しています。 R16で横浜町田ICまで行くのも考えましたが大和トンネルは渋滞しやすいとの事なので上にしようと思いました 他にオススメなルートはありますか?? 渋滞予測を調べた所厚... 厚木インター入るのに30分くらい渋滞するかも。 八王子のどのへんかわかりませんが16号で橋本へ抜けるのにも時間がかかることがありますね。 自分は片倉から横浜線沿いに相原へ出てますが。 検索サイトで検索すると、 まず高速が優先的に使われ、次に国道が優先され・・・必ずベストな回答なわけじゃありません。 高速を多用するルートなのでそっちが出てきたんでしょ。 1本道。 インター降りたら二宮の表示の方へ。 あとはまっすぐ進めば西湘バイパス。 行き過ぎたら相模湾だから行き過ぎる心配もないしね。 御殿場降りてからの渋滞を考えるといいかもしれない。 冷川降りてからがわかりにくいかな。 htm 確かにどっちを取るか悩むとこですね。 当日の朝、中央道の渋滞状況を確認して決めたらどうですか。 厚木インター入るのに30分くらい渋滞するかも。 八王子のどのへんかわかりませんが16号で橋本へ抜けるのにも時間がかかることがありますね。 自分は片倉から横浜線沿いに相原へ出てますが。

次の

木更津アウトレット夏休み2019|混雑状況や駐車場は?高速渋滞予測も

夏休み 渋滞 予測

10km以上の渋滞はお盆期間中、下り線で231回(昨年実績比7回増)、上り線で289回(同15回増)、合計520回(同22回増)発生すると予測しています。 ピークは下り線が10日で44回、上り線が15日で36回発生するとの見込み。 また30km以上の渋滞は、下り線で12回(同13回減)、上り線で12回(同3回増)、合計33回(同10回減)発生すると予測しています。 また、NEXCO東日本では、NTTドコモのAI技術を活用した東京湾アクアラインの「AI渋滞予知」による高精度な渋滞予測を毎日提供。 NEXCO中日本では、東京-大阪間の渋滞予測を確認でき、渋滞のない穴場の時間を探せる「渋滞スイスイNAVI」を提供。 これら最新技術を取り入れた渋滞予測ツールも活用するよう呼びかけています。 お盆期間における高速道路では、最大渋滞長5km以上の渋滞を合計45回予測しております。 下り向き(九州方面)は8月10日(土曜)~11日(日曜)に渋滞回数が多くなると予想しており、10日及び11日には、E2山陽自動車道において、志和ICから九州方面におよそ5km進んだ地点にある志和(しわ)トンネル付近(広島市安佐北区)を先頭に25km程度の渋滞を予測する等、最大渋滞長10km以上の渋滞を13回予測しています。 上り向き(大阪方面)は8月14日(水曜)~15日(木曜)に渋滞回数が多くなると予想しており、13日には、E2山陽自動車道において、志和ICから大阪方面におよそ3km進んだ地点にある八本松(はちほんまつ)トンネル付近(広島県東広島市)を先頭に15km程度の渋滞を、14日には、E2山陽自動車道において、広島東ICから大阪方面におよそ5km進んだ地点にある志和(しわ)トンネル付近(広島市安佐北区)を先頭に15km程度予測する等、最大渋滞長10km以上の渋滞を8回予測しています。 下り線の渋滞長のピークは、E3九州自動車道 筑紫野インターチェンジ(IC)付近を先頭に、8月10日(土曜)の朝から昼過ぎにかけて最大30kmの渋滞が発生すると予測しています。 (詳細は九州支社管内におけるピーク時5km以上の予測渋滞と 添付資料(1)(110KB)PDFファイルを開きます 参照) 上り線の渋滞長のピークは、E3九州自動車道 広川IC付近を先頭に、8月13日(火曜)および8月15日(木曜)の夕方から夜のはじめ頃にかけて最大20kmを予測。 さらに、E3九州自動車道 古賀SA付近を先頭に、8月13日(火曜)の昼前から夜のはじめ頃にかけて最大20kmの渋滞が発生すると予測しています。 (詳細は九州支社管内におけるピーク時5km以上の予測渋滞と 添付資料(1)(110KB)PDFファイルを開きます 参照) 九州支社管内の渋滞回数は、下り線が8月10日(土曜)・8月11日(日曜)・8月12.

次の

【夏休み】お盆の渋滞予測、8/13

夏休み 渋滞 予測

2020年のお盆休みはいつからいつまでなのか• 公共交通機関、高速道路の混雑予想• 混雑や渋滞を回避する方法 お盆休みを存分に満喫するために、本記事をチェックして、早めに計画を立てておきましょう! お盆休み2020はいつからいつまで?渋滞ピークもチェック 盆入りの8月13日にご先祖様をお迎えする迎え火をたき、8月16日に送り火をたくという風習が今でも日本に残っています。 だいたいお盆休みは、この迎え火と送り火の風習にあわせて設定しているため、 8月13日から16日の4日間というのが一般的(地域によっては13日から15日の3日間)です。 この4日間に上手く土日が組み合わさると、5連休もしくは6連休となり大型の連休となりますが、さらに2016年から新たな祝日(山の日)が加わりました。 7月の「海の日」、8月に「山の日」と、海と山が出そろった感じですね。 また、お盆休みは夏の電力需要も考えて、お盆前後を休みにする会社や、福利厚生の一環で年休を推進している会社もあり、土曜日もしくは山の日スタートで、日曜日終わりの9〜11連休にすることも多いですね。 その結果、1年の休みの中でも最も長い休みとなる方も多く、海外旅行に行ったり、ゆっくり故郷で過ごすこともできます。 なので、お盆休み期間中は観光地やレジャースポット等どこに行っても人であふれていますし、高速道路や公共交通機関は激混みなんですよね。 では、2020年のお盆休みのカレンダーをみていきましょう。 2020年のお盆休みの特徴は? 8月11日の山の日、13日から16日のお盆に、土日がどう組み合わさるかで連休の長さが決まります。 早速2020年の8月カレンダーを見ていきましょう! 2020年のお盆休み お盆休みは一般的には8月13日から16日で、そこに土日がどう絡むかです。 2020年の8月のカレンダーを見てみると、10日の山の日が月曜日、お盆期間の13〜16日のうち2日間が土日とかぶってしまいました。 2020年に限ってですが、オリンピックの閉会式の翌日を祝日にするため「山の日」を11日から10日に移動することになっています。 通常期は祝日が日曜日と重なった場合のみの措置ですので注意してくださいね。 国民の祝日に関する法律 第3条2項 「国民の祝日」が日曜日に当たるときは、その日後においてその日に最も近い「国民の祝日」でない日を休日とする。 これらを考えると2020年のお盆休みは… 8月8日(土)から10日(月)の3連休 8月13日(木)から16日(日)の4連休 分散型となるのが一般的でしょう。 会社によっては11,12日を年休取得推進日にして 9連休! という人もいると思いますが。 2020年のお盆休みカレンダーをチェックしたところで、渋滞、混雑ピークをみていきましょう。 絶対に混むとわかっていても、出掛けざるえない事情もありますよね。 そんな時に、 帰省ラッシュやUターンラッシュのピークを知っていれば、スムーズに移動できて混雑を避けることができます。 ぜひお盆休み前にチェックしておきましょう! 2020年お盆休みの混雑と渋滞ピークをチェック! 2020年お盆休み期間の高速道路や公共交通機関の渋滞・混雑のピークは、分散型になるでしょう。 ただし、分散後半の休み初日8月13日に関しては、例年よりひどい混雑と渋滞が予想されます。 オリンピックの閉会式が8月9日(日)というのもあり、分散前半の高速道路は例年と比較すると空いているでしょう。 ピークの日や時間帯はしっかりチェックしておき、混雑期間や時間帯を避けるように計画を立てましょう。 まずは、高速道路の混雑ピークの時間帯を予想していきます。 高速道路の渋滞ピーク 毎年毎年、いやになるぐらいお盆休みの高速道路は大渋滞です。 ラジオから聞こえてくる「どこどこを先頭に数十キロの渋滞です」を聞いていると、気分が滅入ってしまいます。 帰省ラッシュの渋滞ピーク 帰省ラッシュのピークは… 8月13日(木)の7:00以降 帰省ラッシュ予想 東名道 : 伊勢原バス停付近 37km 東北道 : 西那須野塩原IC 48km 中央道 : 相模湖IC 39km 関越道 : 花園IC 43km 下りのピークはお盆休み初日の13日午前中にピークを迎えるでしょう。 13日は終日混雑が予想されますが、特に 朝の7:00頃は最も混む時間帯です。 なので、もし可能であれば会社が終わってからの12日(水)の深夜3:00頃に出発した方が混雑は避けられます。 早朝5:00頃家を出ても、時すでに遅しで渋滞につかまってしまいます。 仮眠をとったり、運転者を交代するなど安全運転に十分配慮しながら、渋滞を回避しましょう! 一方でUターンラッシュはどうでしょうか。 Uターンラッシュのピーク Uターンラッシュは… 8月15日(土)17:00頃 8月16日(日)17:00頃 Uターンラッシュ予想 東名道 : 大和トンネル付近 35km 東北道 : 上河内SA付近 45km 関越道 : 高坂SA付近 40km 休みが終わる1日前の夕方と、最終日の夕方は高速道路が一番混む時間帯ですので、 15日の夕方は渋滞のピークとなるでしょう。 混雑を避けるには、午前中の早い時間帯に出発するか、やはり深夜に出発するのがおすすめです。 せっかくの休みに車中で何時間も過ごすのはもったいない。 時間帯をしっかりチェックして計画を立てましょうね。 次に公共交通機関の混雑ピークをみていきましょう。 2020年お盆休みの公共交通機関 お盆休み期間中の飛行機や新幹線などの公共交通機関は激混みです。 帰省ラッシュのピーク 帰省ラッシュの混雑ピークは、 8月13日(土)午前中 午前中の早い時間帯に帰って、帰省先でゆっくりしたいという方が多いので、どうしても ピークは連休初日の午前となります。 混雑を避けたいのであれば、夕方から夜遅い便がおすすめです。 公共交通機関の場合は、夜に移動したいという方は少ないので、夕方から夜の時間帯は狙い目ですよ。 Uターンラッシュのピーク Uターンラッシュの混雑ピークは… 8月16日(日)午前中 公共交通機関の場合は、連休の最終日16日午前中がピークになります。 車の移動と違い、運転する疲れもないことから、ギリギリまで休みを満喫したいという方が多いのでしょう。 最終日16日の午前中は避けた方が無難です。 駅や空港は大混雑なので、注意しましょうね。 また、休みの計画が決まったら、とりあえず公共交通機関のチケットはおさえておきましょうね。 まとめ 2020年のお盆休みは土日の組み合わせもいいので、3連休と4連休の分散型休みです。 2020年のお盆休みは… 8月8日(土)から10日(月)の3連休 8月13日(木)から16日(日)の4連休 盆休み前半はオリンピック開催期間中なので、高速道路や公共交通機関は、例年に比べると渋滞・混雑は緩和されるでしょう。 帰省ラッシュ下りのピークは… 高速道路:8月13日の7:00頃 公共交通:8月13日の午前中 Uターンラッシュ上りのピークは… 高速道路:8月15日、16日の17:00頃 公共交通:8月16日の午前中 休みを満喫するコツは、早め早めに計画を立てておくことです! お盆休みの計画をしっかり立てて、思う存分休みを楽しみましょうね!.

次の