宜野湾市長選。 宜野湾市長選、自公推薦の現職・佐喜眞氏が当確 「普天間移設」に影響か: J

傲慢自民に有権者そっぽ|保守地盤の九州で政権側が知事選連敗

宜野湾市長選

概要 [ ] で初当選し、市長に就任したの任期満了に伴い行われた選挙である。 宜野湾市はを抱えており、選挙の結果はの進展に影響を与えるとして注目された。 立候補者 [ ] ・が推薦する現職と、や沖縄県連・・・・のいわゆる勢力の支援を受けへの移設計画に反対する新人の一騎討ちとなった。 立候補届出順。 候補者名 生年月日 年齢 性別 所属党派 推薦・支持 新旧別 備考 51 、 現 元 元宜野湾市議会議員 志村惠一郎 63 男 無所属 、、、、沖縄県連 新 無職 元沖縄県土木建築部統括監 結果 [ ] 開票結果は下記の通り。 82pts) 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率 推薦・支持 佐喜眞淳 51 無所属 現 27,668票 55. の社説では、辺野古移設の是非の争点化を回避したことが佐喜眞の当選に功を奏したのではないかと分析している。 その他 [ ] のの番組『』、および『』にて、志村と志村を支援する翁長雄志沖縄県知事とが選挙運動を行っている様子が報道された。 この映像が、で禁じられているにあたるとし、沖縄県内の民間選挙監視団体の男性がに公職選挙法第138条違反であると、志村、翁長両名に対するを県警に提出している。 志村の選挙対策本部長代行を務めるは「街宣活動の途中に知り合いのところに顔を出すことはよくあり、違法なものではないと理解している」とコメントしている。 また、告発状を受理したは1月26日時点では対応を明らかにしていない。 脚注 [ ].

次の

宜野湾市長選挙

宜野湾市長選

安倍政権がバックにつく現職、佐喜真淳(51)と、翁長知事ら「オール沖縄」が全面支援する新人の志村恵一郎(63)の一騎打ちだ。 争点は決まっている。 米軍・普天間基地を辺野古に移設するかどうかだ。 ところが、自公推薦の佐喜真氏は移設の是非には触れず、ひたすら政府・与党との連携をPR。 これに対し、志村氏は第一声で「移設反対」と明確に主張した。 選挙情勢は全くの互角、横一線だ。 「4年前の前回も、わずか900票差でした。 あの時と有権者も、戦いの構図も、ほとんど変わらないため、今回も激戦は間違いないでしょう」(沖縄地元紙記者) 本来、首長選は2期目が最も強いといわれる。 なのに知名度ゼロの新人と「拮抗」しているのは、安倍官邸のヤリ方が裏目に出ているからだという。 「現職が苦戦している理由は2つあります。 ひとつは唐突に出てきたディズニー誘致構想です。 安倍官邸は、現職を支援するために、宜野湾市へのディズニー誘致構想をブチ上げた。 しかし、この誘致構想は市民はもちろん、議会も寝耳に水のものでした。 これが、有権者の間で『札束じゃロコツ過ぎるから遊園地か』と嫌悪されたのです。 2つ目は、安倍政権が市長選の結果について『辺野古移設と関係ない』と言いだしたことです。 勝てる自信があるなら堂々と移設を公約に掲げればいい。 それをしないのは『敗色濃厚』と分析しているからだ、と新人を勢いづかせたのです」(前出の地元紙記者) 沖縄国際大教授の前泊博盛氏はこう言う。 「背水の陣で臨んでいる新人が猛烈に追い上げているのは間違いない。 現職側は相当、焦っているようです」 新人が勝てば安倍政権に与えるインパクトは計り知れない。 当然、辺野古移設の強行もできなくなる。 佐喜間という候補者は、保育園児に何度も舞台でバック転などさせ、最期には教育勅語を唱和させた、という人物だろう。 骨格も充分に出来上がっていない5歳児に激しい回転運動を何十回と繰り返させ、大の大人にまるで調教された動物を見せるように提供しているのだから、呆れる他は無い。 保育園児や幼稚園児は自在に遊ぶことで自然な骨格の成長が身に付くのであって、無理やり激しい演技をやらされて良いものでは無い。 しかも教育勅語は一見道徳的な内容であるが、実現を民衆が誓わせられるのは筋が違うあろう。 しかも、憲法があれば充分である。 憲法無視して教育勅語、とする必要は全く無い。 唱和させるなら憲法を唱和させても良いだろうが、いずれにしろ、5歳の幼児が大人に向かって道徳を誓わせられるような謂れは全く無い。 自分がやらずに人を、しかも選択の自由を主張出来ない幼児を使ってアピールするような人物を市長にさせてはならないだろう。 こういう人物を市長になどしたら、市民はいずれ将棋の駒のように扱われることは、想像に難くない。

次の

宜野湾市長選:現職佐喜真氏が当選 辺野古移設推進

宜野湾市長選

安倍政権がバックにつく現職、佐喜真淳(51)と、翁長知事ら「オール沖縄」が全面支援する新人の志村恵一郎(63)の一騎打ちだ。 争点は決まっている。 米軍・普天間基地を辺野古に移設するかどうかだ。 ところが、自公推薦の佐喜真氏は移設の是非には触れず、ひたすら政府・与党との連携をPR。 これに対し、志村氏は第一声で「移設反対」と明確に主張した。 選挙情勢は全くの互角、横一線だ。 「4年前の前回も、わずか900票差でした。 あの時と有権者も、戦いの構図も、ほとんど変わらないため、今回も激戦は間違いないでしょう」(沖縄地元紙記者) 本来、首長選は2期目が最も強いといわれる。 なのに知名度ゼロの新人と「拮抗」しているのは、安倍官邸のヤリ方が裏目に出ているからだという。 「現職が苦戦している理由は2つあります。 ひとつは唐突に出てきたディズニー誘致構想です。 安倍官邸は、現職を支援するために、宜野湾市へのディズニー誘致構想をブチ上げた。 しかし、この誘致構想は市民はもちろん、議会も寝耳に水のものでした。 これが、有権者の間で『札束じゃロコツ過ぎるから遊園地か』と嫌悪されたのです。 2つ目は、安倍政権が市長選の結果について『辺野古移設と関係ない』と言いだしたことです。 勝てる自信があるなら堂々と移設を公約に掲げればいい。 それをしないのは『敗色濃厚』と分析しているからだ、と新人を勢いづかせたのです」(前出の地元紙記者) 沖縄国際大教授の前泊博盛氏はこう言う。 「背水の陣で臨んでいる新人が猛烈に追い上げているのは間違いない。 現職側は相当、焦っているようです」 新人が勝てば安倍政権に与えるインパクトは計り知れない。 当然、辺野古移設の強行もできなくなる。 佐喜間という候補者は、保育園児に何度も舞台でバック転などさせ、最期には教育勅語を唱和させた、という人物だろう。 骨格も充分に出来上がっていない5歳児に激しい回転運動を何十回と繰り返させ、大の大人にまるで調教された動物を見せるように提供しているのだから、呆れる他は無い。 保育園児や幼稚園児は自在に遊ぶことで自然な骨格の成長が身に付くのであって、無理やり激しい演技をやらされて良いものでは無い。 しかも教育勅語は一見道徳的な内容であるが、実現を民衆が誓わせられるのは筋が違うあろう。 しかも、憲法があれば充分である。 憲法無視して教育勅語、とする必要は全く無い。 唱和させるなら憲法を唱和させても良いだろうが、いずれにしろ、5歳の幼児が大人に向かって道徳を誓わせられるような謂れは全く無い。 自分がやらずに人を、しかも選択の自由を主張出来ない幼児を使ってアピールするような人物を市長にさせてはならないだろう。 こういう人物を市長になどしたら、市民はいずれ将棋の駒のように扱われることは、想像に難くない。

次の