デカフェ コーヒー。 デカフェコーヒー(カフェインレスコーヒー)のメリット、デメリット。

美味しいデカフェコーヒーを飲みたい!ノンカフェインコーヒーまとめ

デカフェ コーヒー

すべてコロンビア産アラビカ豆を100%使用し、カフェインを97%以上カットしています。 カフェインレスのホットコーヒーは、ローソン通常のホットコーヒーより酸味が抑えられ、ほのかに甘くてまろやかな口当たりです。 カフェインレスのアイスコーヒーは、優しくさっぱりした味わいです。 ホットよりもさらにまろやかで、ゴクゴク飲めるさっぱり感があるため、暑い季節にもおすすめです。 カフェインレスのカフェラテ、ホットとアイスともに、コーヒーが苦手な方にもおいしいと人気になっています。 カフェインレスカフェラテはこだわりのミルクをたっぷり使用し、砂糖を入れなくても十分に甘みを感じられます。 豆乳ラテのような風味の優しい味わいです。 カフェインレスアイスカフェラテはコーヒー自体の味はあまり感じず、ミルクの味が際立っています。 シロップなしでもゴクゴク飲める自然な甘さです。 ファミリーマート限定のクラフトボスの商品で、コーヒー本来の香りとコク深さが体感できる味わいになっています。 ノンカフェインではなく、100ml当たり3mgのカフェインが含まれていますが、通常のクラフトボスと比較すると90%オフされています。 全体的に薄味でコーヒーよりもミルク感が強く、程よい甘さがあります。 また、ファミリーマートのFAMIMA CAFEでは、カフェインレスを販売していません。 ASAHI ほっとレモン — Nissan Fan c24serenafan アサヒの「ほっとレモン」は、あったかボトルのジュースです。 レモン果汁とはちみつの優しい甘さから生まれる美味しさと、時間が経っても温度が冷めにくいホットジュースになっています。 寒い季節だけでなく、冷房で身体が冷えた時、妊娠中にもおすすめのホットジュースです。 コンビニのデカフェ・カフェインレス飲料を味わおう ローソン・ファミリーマート・セブンイレブンのコンビニ限定デカフェ・カフェインレスのコーヒーは、それぞれ特徴があるので、生活スタイルに合わせて選ぶのも良いでしょう。 妊娠中や就寝前には、紅茶やお茶、ジュースなどのデカフェドリンクも、上手に取り入れましょう。 コンビニコーヒーやデカフェドリンクを利用する時は、一緒にトルティーヤでランチしましょう。 下記の記事では、セブンイレブン・ファミリーマート・ローソンで購入できるおすすめのトルティーヤを、ランキング形式で紹介していますのでぜひ参考にしてください。

次の

デカフェコーヒーの6つの効果&知らないと怖いカフェインの副作用

デカフェ コーヒー

スターバックスなど、有名なコーヒーチェーンを利用する方はこの単語を見た事があるかと思いますが、デカフェとは一体どういったものなのでしょうか。 デカフェはその他、 ディカフェ、カフェインレスとも呼称されますが、どれも意味は同じです。 デカフェはコーヒーだけじゃない デカフェは前述の通り、カフェインを取り除くことや、カフェインを取り除いたものを指すので、コーヒーに限ったものではありません。 本来カフェインが含まれているものからカフェインを取り除いたり、カフェインを添加するものにカフェインを加えない事もデカフェに当てはまります。 ただし、一般的にデカフェという場合、カフェインを取り除いたコーヒーを指すことがほとんどです。 コーヒー以外で身近なカフェインを含む飲料だと、 コーラや緑茶や烏龍茶、レッドブルやモンスターエナジーなどのエナジードリンクがあります。 これらのものからカフェインを取り除くこと、添加しない事もデカフェに当たります。 コーヒーのデカフェについて知ろう デカフェはコーヒーだけのものではありませんが、デカフェと言うと一番気になるのは、コーヒーのカフェインについてだと思います。 ここからはコーヒーのデカフェに絞って、カフェインの取り除き方やその味わいについて見ていきましょう。 コーヒーのデカフェ方法 カフェインを取り除くことがデカフェ、ということは分かりましたが、どのようにしてコーヒーからカフェインを取り除くのでしょうか。 カフェインを取り除く方法は3種類 デカフェする場合、焙煎されたコーヒー豆や抽出されたコーヒーからカフェインを取り除くのではなく、収穫した後のコーヒー豆、つまり コーヒー生豆の状態でデカフェを行います。 デカフェの方法は3種類あり、 有機溶媒を使用する方法、有機溶媒と水を使用する方法、二酸化炭素を使用する方法があります。 デカフェ方法によってメリット・デメリットがありますが、どの方法もカフェインの脂溶性が高い 水に溶けやすい という性質を利用して、コーヒー生豆からカフェインを抽出します。 文字通り有機溶媒 水に溶けない物質を溶かす、常温常圧で液体の有機化合物の総称 を使用してコーヒー生豆からカフェインを取り除きます。 有機溶媒抽出法では、蒸気によって膨潤させたコーヒー生豆に有機溶媒を通してカフェインのみを抽出します。 有機溶媒には、現在では主にジクロロメタン 塩化メチレン と呼ばれる液体が利用されます。 ジクロロメタンは、主に金属や機械を洗浄するために使用される液体で、皮膚や目に触れると炎症を引き起こす場合があるような、人体に影響を及ぼすような液体のようです。 有機溶媒抽出法は安価にカフェインを除去できる方法であるものの、有機溶媒がコーヒー生豆に触れるため安全面において不安が残ることや、カフェイン以外の成分の損失があるなど、短所も多いデカフェ方法です。 日本にいる限りは有機溶媒抽出法によってカフェインが除去されたコーヒーに出会うことは無いようですが、このデカフェ方法によってカフェインが除去されたコーヒーかどうかが分かるのであれば、そのコーヒーを飲むことは控えたほうが良いでしょう。 水抽出法では、コーヒー生豆を水に浸すことでカフェインを含む水溶性の成分を水分中に抽出し、その水溶性の成分が溶けだした水から有機溶媒を使用してカフェインのみを抽出します。 水からカフェインを取り除いたら、カフェインの抽出に使用した有機溶媒を取り除きます。 有機溶媒を取り除いた水に再びコーヒー生豆を浸すことで、カフェインを除いた水溶性の成分がコーヒー生豆に戻り、結果的にカフェインのみがコーヒー生豆から取り除かれる、という仕組みです。 水抽出法では、有機溶媒がコーヒー生豆直接触れることは無いため、有機溶媒抽出法よりも安全性が高く、カフェイン以外の成分の欠落が少ないというメリットがあります。 大抵のカフェインレスコーヒーの場合、この水抽出法によってデカフェが行われているようです。 超臨界流体とは、臨界点以上の温度や圧力の状態下にある物質のことで、気体の拡散性と、液体の溶解性を併せ持つ状態の物質です。 超臨界流体にした二酸化炭素は、コーヒー生豆の内部に浸透し易く、かつ効率的にカフェインを抽出することが出来ます。 カフェインの抽出後、圧力を戻すことによって超臨界流体の二酸化炭素は気化するため、コーヒー生豆からの除去が容易で、かつ残留したとしても二酸化炭素であるため危険性がありません。 欠点があるとすれば、超臨界流体の二酸化炭素を作るための設備が必要であるため、設備投資費用が高いという点です。 そのため、優れたカフェイン除去方法ですが、この方法でデカフェされたコーヒー生豆は比較的少なく、まだ主流とは言えません。 ちなみに、 スターバックスの「ディカフェ スターバックス ラテ」はこの超臨界二酸化炭素抽出法でカフェインを取り除いたコーヒー豆を使用しています。 9割以上のカフェインを取り除けるので、ほぼ全て取り除けると言っても過言ではありませんが、完全に取り除けているわけでは無いので、ほんの少しでもカフェインを取ってはいけない、と言う人はカフェインレスコーヒーであっても注意して摂取するようにしましょう。 カフェインレスコーヒーの味 ほとんどのカフェインをデカフェによって取り除かれたカフェインレスコーヒーですが、その味わいはカフェインを取り除いていないコーヒーと比較すると、どのように違うのでしょうか。 カフェインレスコーヒーは苦味が少ない カフェインレスコーヒーは、 カフェインを取り除いていない同じコーヒーと比較すると飲み口が軽く、スイスイと飲みやすくなります。 また後味もアッサリしていて、酸味が強く感じやすくなります。 苦味が少なくなる理由 カフェインレスコーヒーの苦味が少なくなるのは、デカフェによってカフェインが取り除かれているためです。 コーヒー豆に含まれるカフェインは、無臭ですが苦味があります。 単純に、苦味を持つカフェインが取り除かれることで、コーヒーの苦味が少なくなります。 苦味が抜けると、人によってはコーヒーを飲んでいる感じがしなくなるかもしれません。 コーヒーのグレードによって味わいは異なる 全てのコーヒー豆に言えることですが、コーヒー豆は品質の良い物のほうが美味しいです。 デカフェしたコーヒー豆も同じで、品質の良いスペシャルティコーヒーのカフェインレスコーヒーと、コモディティコーヒー コマーシャルコーヒー のカフェインレスコーヒーでは美味しさが異なります。 スペシャルティコーヒーは、風味が良く、味の個性も強いため、デカフェしても比較的ハッキリとした味わいのコーヒーを淹れることが出来ます。 しかし、それよりもグレードの低いコモディティコーヒーなどは、元々の味わいが良いとは言えないため、デカフェしたときに、ぼけたような、コーヒー感の薄いコーヒーとなってしまいます。 そのため、 カフェインレスコーヒーでも味を妥協したくないなら、スペシャルティコーヒーのデカフェしたコーヒー豆を購入するのが良いでしょう。 デカフェしていない、通常のコーヒー豆で淹れたコーヒーと比較するとどうしても味は劣ってしまいますが、それなりに満足のいくコーヒーを淹れることが可能でしょう。 販売されているカフェインレスコーヒー製品 カフェインレスコーヒーはあまり身近なものではない様に感じますが、デカフェされたコーヒー豆は通販などで購入することが可能で、インスタントコーヒーやドリップパックなど既成品も充実しています。 コーヒーショップに行かなくても、自宅でカフェインレスコーヒーを楽しむことができます。 インスタントコーヒー 自宅で手軽にコーヒーを飲みたい場合の選択肢の一つに、お湯に溶かすだけで飲むことが出来るインスタントコーヒーがあります。 カフェインレスコーヒーがどういったものなのか、まず試してみたい場合や、普段からインスタントコーヒーを飲んでいる人でカフェインレスに切り替えたい人は、インスタントのカフェインレスコーヒーを選んでみては如何でしょうか。 意外なことに、誰もがご存知のネスカフェやUCCからもカフェインレスコーヒーが販売されています。 普段ネスカフェやUCCのコーヒーを飲む人は、その味わいの違いを比較してみるのも面白いでしょう。 また、ネスカフェ以外からもインスタントのカフェインレスコーヒーが販売されているので、気になる方はチェックしてみて下さい。 コーヒー豆・粉 レギュラーコーヒー 近所にコーヒー豆の専門店がなくても、コーヒー豆・粉の状態のカフェインレスコーヒーを通販で購入することが可能です。 ハンドドリップでコーヒー豆からコーヒーを淹れている人は、せっかくなのでカフェインレスのコーヒーも、豆や粉から選んでみましょう。 カフェインレスコーヒーということもあり、 通常のコーヒー豆と比較すると数が少ないため、希望の産地・種類のコーヒー豆のものが手に入るとは限りませんが、それでも種類はある程度揃っているようなので、大手通販サイトやコーヒー豆の専門店の通販サイトで希望のコーヒー豆があるかどうか探してみてください。 コーヒー豆の種類にこだわりがなければ、デカフェしたコーヒー豆を手に入れるのは簡単です。 ドリップパック インスタントコーヒーよりも更に手軽にカフェインレスコーヒーを楽しみたいなら、 分量を測る手間すら必要のない、マグカップにセットしてお湯を注ぐだけの簡単なドリップパックのカフェインレスコーヒーは如何でしょうか。 贔屓にしているメーカーやブランドがあるなら、通常のドリップパックとカフェインレスのドリップパックで飲み比べてみるのも面白いでしょう。 ボトルコーヒー インスタントやドリップパックなど、お湯を注いで淹れるタイプのコーヒーだけではなく、ボトルコーヒーにもカフェインレス製品があります。 インスタント、コーヒー豆、ドリップパックに比べるとカフェインレスのボトルコーヒーの製品ラインナップは多くありませんが、UCCやネスカフェなど、大手コーヒー飲料メーカーの製品もあるため、安定した味わいのカフェインレスコーヒーを楽しむことが出来るでしょう。 また、 ブラックコーヒーだけではなく、カフェインレスのカフェオレもあるのは、ボトルコーヒーならではのラインナップですね。 夏に冷たいコーヒーを飲みたい、でもカフェインレスはあまり摂取できない・・・というときは、冷えたカフェインレスのボトルコーヒーを、氷を敷き詰めたグラスに注いで飲むのがベストでしょう。 コーヒー代用品 その他、コーヒーではありませんが、カフェインの摂取制限によってコーヒーを飲むことができない人のために、 コーヒーの代用品があります。 あくまで代用品ですのでコーヒーではありませんが、その分完全にカフェインレスなので、カフェインを摂取することなくコーヒーのようなものを飲みたい、といった場合には、選択肢としてアリかもしれません。 コーヒーの代用品というだけあって、コーヒーの味わいに近いものを目指して作られた製品が多く、例えば黒豆と玄米を使用して作られた といったものがあります。 その他にも様々な素材でできたコーヒー代用品があるので、気になる方は探してみて下さい。 デカフェはコーヒーの形の一つ デカフェされたコーヒーは、一見変わり種に見えますが、コーヒーが愛され、正当に進化してきた形の一つなのだと思います。 コーヒーの楽しみ方は様々 コーヒーにはいろいろな飲み方があります。 そのままお湯を注げばホットコーヒー、圧力を加えればエスプレッソ、ミルクを注げばカフェオレ・カフェラテ・カプチーノ。 固めればゼリーになって、デザートとしても楽しめます。 日常や気分にあわせて飲み方を変えれば、いつでも新鮮な気持ちで楽しむことが出来る、素晴らしい飲み物だと思います。 昔は馴染みの無かった、デカフェによってカフェインが取り除かれたカフェインレスコーヒーは、今となってはそういったコーヒーの様々な楽しみ方の一つと言っても良いでしょう。 デカフェはコーヒーが愛されている証拠 デカフェが生まれた経緯は分かりませんが、きっとカフェインが取れない人が、美味しいコーヒーを飲みたいと思った結果なのでしょう。 デカフェ、そしてカフェインレスコーヒーというのは、色々と試行錯誤してでも飲みたいと思うくらい、コーヒーが愛されている証拠だと思います。 今後、カフェインの除去率や費用面でこれよりも優れたデカフェの方法が出てくれば、カフェインレスコーヒーもより広く普及することでしょう。 また、デカフェに限らず、想像もつかないような新しいコーヒーの楽しみ方も出てくると思います。 これからのデカフェや新しいコーヒーの形について、まだまだ目が離せません。

次の

【徹底比較】カフェインレスコーヒーのおすすめ人気ランキング10選

デカフェ コーヒー

コーヒーは好きだけど、 カフェインを大量に摂ると調子が悪くなるという方にオススメなのが「 デカフェコーヒー」です。 コーヒーアレルギーやの人でも、コーヒーの味は好きだから飲みたい…なんて人もいますよね。 「デカフェと普通のコーヒーって何か効果が違うんだろうか?」 「カフェインのメリットもうまく活用できないだろうか?」 筆者はカフェイン耐性があまり強くないので、デカフェコーヒーも併せて飲むようにしています。 そこで、ふと上記のような疑問が思い浮かびました。 カフェインが苦手でも、「気分を切り替えたい」「集中したい」といった時にはどうしてもコーヒーが恋しくなりますよね。 こちらの記事では、 デカフェコーヒーの効果を確認しつつ、どう普通のコーヒーと使い分ければいいのかをまとめてみました。 デカフェコーヒーは美容や健康に効果的! デカフェコーヒーはカフェインの含有量は大きく抑えられていますが、コーヒーに多く含まれている 「」は除去されずに残っています。 ポリフェノールの一種であるクロロゲン酸によって、期待できる効果は以下のものがあげられます。 アンチエイジング(老化予防)• ダイエット効果• 糖尿病の予防 アンチエイジング コーヒーに多く含まれるクロロゲン酸には「 抗酸化作用」があります。 体の酸化を防ぎ、シミ、シワといった老化の予防に効果的です。 ダイエット クロロゲン酸には、脂肪の燃焼を促進する作用があるため、ダイエットに効果的です。 特に肝臓の脂肪代謝には効果的で、「脂肪肝」の予防にもなります。 関連記事: 糖尿病の予防 クロロゲン酸には、糖の吸収を穏やかにする効果がありますので、 糖尿病の予防に効果的です。 特に食後に飲むようにすると、血糖値の上昇を抑えることができます。 香りによるリラックス効果 こちらはクロロゲン酸ではないのですが、コーヒーの香りには「 精神を落ち着かせる効果」が確認されております。 デカフェコーヒーでもコーヒーの香りはきちんと残っていますので、ほっと一息つきたい時に効果的です。 デカフェは「浅煎り」がおすすめ 美容から健康まで、多くの効果を期待できるクロロゲン酸は熱に弱くなっております。 よって、豆を加熱する時間が短い「浅煎り」のデカフェの方がクロロゲン酸の効果を得やすくなっています。 関連記事: 空腹時には飲まない方がよい メリットと合わせて、クロロゲン酸のデメリットの方も確認しておきましょう。 クロロゲン酸は胃酸の分泌を促進する作用がありますので、 空腹時に飲むと腹痛を起こす可能性があります。 胃袋が空っぽの時にはあまり飲まないように気をつけましょう。 関連記事: デカフェコーヒーと通常のコーヒー(カフェイン)をうまく活用しよう! コーヒーに含まれるカフェインを、 より効果的に活用できるタイミングがあります。 こちらでは、通常のコーヒーとデカフェコーヒーをうまく使い分けられるように、カフェインをとった方が良いタイミングをまずは確認していきましょう。 通常のコーヒー(カフェイン)を有効活用できるタイミング カフェインの摂取が特に有効なのは、以下のタイミングがあげられます。 朝の目覚めの一杯• 集中力を高めたい時• 運動の前後 朝の目覚めの一杯! カフェインには「覚醒作用」がありますので、寝ぼけた頭をすっきりさせたい時にコーヒーは効果的です。 確かに、寝起きにコーヒーを飲むと、頭がシャキッとする感じがありますよね。 カフェインは集中力を高める! カフェインによって集中力が高まり、生産性が向上することを実証したがあります。 62名の大学生を対象として、「コーヒーを飲んだグループ」「ミネラルウォーターを飲んだグループ」とに分けて課題(簡単な計算)を行わせました。 「集中したい時」にコーヒーを飲むのは、とても効果的なのです。 カフェインによってトレーニングの効果がアップ! コーヒーのカフェインで脳を刺激することにより 「筋の最大出力量」アップを期待できます。 加えて「集中力」も上がりますので、トレーニングの効果をよりあげることができます。 コーヒーに含まれるクロロゲン酸、カフェインはともに 「脂肪燃焼の促進」効果がありますので、ダイエットにも最適です。 関連記事: カフェインを摂取して、実際に効果を発揮してくるのは30分から1時間後と言われています。 よって、トレーニングの1時間前あたりにコーヒーでカフェインを摂取しておくと良いでしょう。 また、カフェインには血流を促進する効果もありますので、 トレーニング後の疲労回復にも効果的です。 14時を過ぎたらデカフェに切り替えよう! カフェインのメリットはありますが、通常のコーヒーは午前中かもしくは昼過ぎ(14時あたり)までにしておき、それ以降にコーヒーを飲みたい場合はデカフェにすることをお勧めします。 コーヒーによって摂取されたカフェインが、睡眠に害を及ぼさない程度に分解されるのには、約8時間ほどかかってしまうからです。 昼食後までなら大丈夫ですが、夕食後の一杯はデカフェにしたほうが良いということですね。 「19時までならコーヒーは大丈夫」という記述もたまに見られますが、それでは寝るまでに十分カフェインは分解されないのです。 夕方以降であっても作業で疲れた時、ほっと一息コーヒータイムを入れたい時もありますよね。 確かにカフェインには「集中力アップ」の効果もありますが、遅い時間にコーヒーを飲むと睡眠に影響が出ます。 デカフェの香りには「リラックス効果」もありますので、集中力の切れた頭のリフレッシュには十分効果を発揮できると考えられますよ。 デカフェが飲めるカフェやコンビニを紹介! 「コーヒーを飲みたいけどもう遅い時間だから、夜に寝れなくなるな…」 コーヒー好きであれば、このようなシーンはよくありますよね。 夕方以降の作業時にコーヒーが飲みたくなることもよくあります。 こちらでは遅い時間でも安心して飲める デカフェ(カフェインレス)を販売しているカフェ、コンビニを紹介していきます。 スターバックス• タリーズコーヒー• ドトールコーヒー• コメダ珈琲• 星乃珈琲• ミスタードーナッツ• 無印良品• ローソン スターバックス スターバックスでは注文の際、店員にお願いすれば、 プラス50円で通常メニューをデカフェにすることができます。 タリーズコーヒー 一部店舗ではありますが、 プラス60円でエスプレッソドリンクをカフェインレスに変更できます。 ただ、タリーズでデカフェを飲む場合はホットのみになりますのでご注意ください。 ドトールコーヒー ドトールコーヒーでは、 カフェンレスコーヒーを使用したメニューを多数取り扱っています。 値段も220円〜350円(S,Mサイズ)とお手軽です。 カフェンレス コーヒー(ホット、アイス)• カフェインレス カフェラテ(ホット、アイス)• カフェインレス 豆乳ラテ(ホット、アイス)• カフェインレス アイスハニーカフェ・オレ このようにメニューが豊富です。 コメダ珈琲 コメダ珈琲では 480円〜580円でカフェインレスコーヒーを飲むことができます。 ホット、アイス両方あります。 星乃珈琲 星乃珈琲では 450円でカフェンレスコーヒーを飲むことができます。 カフェインレスであっても、通常のコーヒーと遜色なく、美味しくいただけると評判です。 ミスタードーナッツ ミスドにもメニューにカフェインレスコーヒーがあります。 「カフェインレスコーヒー(ホット、アイス)」「カフェインレス カフェオレ(ホット、アイス)」が300円〜350円で販売されています。 ローソン コンビニではローソンの「MACHI cafe」でカフェインレスコーヒーを販売しています。 値段も150円〜200円と、カフェと比較するとお手軽にデカフェを飲むことができます。 カフェインレスコーヒー(ホット):Sサイズ150円• カフェインレスアイスコーヒー:Mサイズ200円• カフェインレス カフェラテ:Mサイズ200円.

次の