ドコモ光 安くない。 ドコモ光セット割のメリット・デメリット!お得になる人とならない人を徹底調査!

価格.com

ドコモ光 安くない

ドコモ光セット割のメリット 光セット割を適用するとが最大のメリットです。 外ではあまりインターネットは使わないけど自宅でインターネット回線をよく利用する方にとっては ドコモ光を契約しパケット代を節約したいところ。 しかし、今まで使っていた 携帯料金のプランを下げずにそのままの料金プランで利用した場合 どれくらいお得になるのか? ここでは、ドコモ光戸建て月額5200円が実質いくらで利用出来るようになるのか?を検証してみました。 ドコモ光をシェアパックで光セット割を適用した場合 まずは、家族4人でドコモケータイを利用中で料金プランを下げないままドコモ光を契約した場合、ドコモ光がどれだけお得に利用出来るか比較 こちらを条件としています。 ドコモ光:戸建て5200円• 一番右側が実質ドコモ光を利用できる料金です。 料金プラン ドコモ光なしで家族あわせた料金 ドコモ光ありで家族あわせた料金 ドコモ光を実質利用できる料金 シェアパック100 38500円 40200円 (セット割 -3500円) 1700円 シェアパック50 29500円 31800円 (セット割 -2900円) 2300円 シェアパック30 27000円 29700円 (セット割 -2500円) 2700円 シェアパック15 26000円 29400円 (セット割 -1800円) 3400円 シェアパック10 23000円 27000円 (セット割 -1200円) 4000円 シェアパック5 20000円 24400円 (セット割 -800円) 4400円 一番右の金額がドコモ光を契約する前と後の差額金額の為、お得になるのか?ということ関しては、 シェアパック100を利用中のかたはドコモ光戸建て5200円が実質1700円で利用出来るし 一番多いと言われている シェアパック30だと料金プランを変えずにドコモ光を契約しても ドコモ光は実質2700円で利用出来るということになるので、 お得という結果になりました。 ここから、ドコモずっと割りもあると、 実質無料以上になる可能性もあります。 ドコモ光をデータパックで光セット割を適用した場合 続いて、ドコモケータイを一人で利用している場合、ドコモ光を契約して光セット割を適用すると、どれくらいお得になるのか比較 こちらを条件としています。 基本料金:かけ放題2700円• SPモード:300円• ドコモ光:戸建て5200円• データパックSについては、最大12ヶ月割引の為、最初の12ヶ月はお得になりますが、12ヶ月以降は割引もなくなります。 しかし、データパックMを契約中の方がドコモ光を契約してパケット代をSに下げても割引はありませんが• データパックMでドコモ光を利用時が 12400円• データパックSでドコモ光を利用時が 11700円(割引適用なし後) のため、全体の料金は料金プランを下げても安くなります。 もちろん、こちらもずっとドコモ割を併用することにより、更にお得に利用することが出来ます! 光セット割はドコモユーザーだけ 光セット割はドコモの携帯やスマホを利用している人しか適用されません。 ドコモユーザーにしかない、光セット割を適用することで、ドコモ光をお得に安く利用することが出来ます。 更に、ずっとドコモを利用している方や、今後ドコモを長く使おうと思っている方には ずっとドコモ割が適用されるので、更に安くインターネット回線を利用できちゃいます。 その為、 ドコモユーザーにはドコモ光がおすすめ 速度もキャッシュバックもNO. 1 新規工事料金が無料・dポイントが10000pt貰える 光セット割のデメリットと注意点 光セット割を適用して、料金プランを下げたら、もっと安くなるんじゃないか?と思われがちですが 光セット割のデメリットがここで発揮されてしまいます。 ドコモ光を契約し、料金プランを下げた場合はどれくらい安くなるのか? 先ほどと同じ条件でドコモ光をシェアパックで契約し家族で合わせた料金がこちら 料金プラン ドコモ光ありで家族あわせた料金 シェアパック100 40200円 シェアパック50 31800円 シェアパック30 29700円 シェアパック15 29400円 シェアパック10 27000円 シェアパック5 24400円 そして、シェアパック100からシェアパック50に下げてドコモ光を契約した場合 料金プラン シェアパック100 シェアパック50 月額料金 38500円 27000円 ドコモ光戸建てタイプAの月額料金 なし 5200円 ドコモ光セット割 なし -2900円 合計 38500円 31800円 ドコモ光を契約しても月6700円安くなり 年間80400円も安くなります! マンションプランで契約するなら31100円になるので 年間94800円も安くなります。 これが、 ドコモ光が安くならないと言われている理由の一つにあります。 その為、ドコモ光を契約して全体の料金を下げることが出来るのはシェアパック100を利用している人になります。 データパックを利用している方も同じで、料金プランを下げてドコモ光を契約しても 全体の料金は安くならない為、ここが光セット割の弱点と言えます。 しかし、料金プランを下げて200円出せば、ドコモ光を利用出来ることになるので ドコモ光をお得に利用できることに変わりはなく、ドコモユーザーのインターネット回線はドコモ光がオススメです。 更に ずっとドコモ割を併用すれば全体の料金が安くなり光セット割の弱点も最大のメリットに変わります。 シェアパックを利用中の割引は子回線にはない シェアパックを利用中の方の割引は、主回線(ペア回線)から割引になりますが 子回線が何契約あっても、割引きにはならないので注意が必要です。 自宅でインターネット回線を利用しない人やドコモユーザー以外の人 ドコモ光は自宅に引き込む固定回線の為、家族全員が外でインターネット回線をよく利用する方にとっては ドコモ光を契約してもメリットはありません。 更に、光セット割はドコモユーザー限定の割引サービスとなる為 ドコモユーザー以外の方が契約しても料金の割引に関してはメリットがありません。 ドコモスマホをお使いならドコモ光を契約すると最大6000円割引!の内訳 ドコモ光セット割の割引金額が最高で 3500円 ずっとドコモ割の割引金額が最高で 2500円 この2つを合わせて 最大6000円割引となります。 最大6000円割り引く為の条件 ドコモ光セット割の割引3500円を適用するには ウルトラシェアパック100でないと成立しません。 ずっとドコモ割の割引2500円を適用するにはウルトラシェアパック100を利用して、尚且つドコモの継続年数が15年以上の方でないと成立しません。 結果、一番ドコモ光をお得に利用出来る方は ドコモの継続年数が15年以上の方でウルトラシェアパック100を利用している 方が最大6000円の割引が受けれるので ハードルは高くなります。 メリット・デメリットを踏まえた上でドコモ光セット割はお得なのか? お得の面に関して言えば、割引もされ、更にずっとドコモ割を併用すれば、デメリットもメリットに変わる為 ドコモユーザーにとってはインターネット回線はドコモ光がオススメです。 ドコモケータイを利用している料金プランや人数、割引についても、人それぞれなので、今回検証したことはあくまでも、1つの参考にして頂ければと思います。 実際に、自分がどれだけお得にドコモ光を利用することが出来るかは、で確認し あなたにとってのお得は.

次の

ドコモ光の料金は本当に安くないのか!?←【噂の真相は・・・】

ドコモ光 安くない

そんなこと言ったって…。 「毎月のスマホ代が高すぎる」とお悩みのドコモユーザーの方いらっしゃいませんか? いやぁスマホ代って高いですよね。 毎月1人1万円近い固定費がかかるのって家計の負担でしかないです。 とはいえ、高いからって解約できるものではないし…と頭を悩ませてしまう気持ちもよく分かります。 私もかつてスマホ代に悩んでいました。 そこで、 スマホ代を徹底的に安くする方法を調べました。 そしたらなんとスマホ代が毎月2,000円になったのです! ということで、この記事ではドコモのスマホ代を1円でも安くする方法をご紹介します。 実は、やり方次第でスマホ代って5,000円近く安くなるんですよ。 私なんて今ではスマホ代は2,000円ですからね(笑)。 ちょっと前まで10,000円近く払っていたことが信じられないくらいです。 ということで、スマホ代を安くしたドコモユーザーのみなさん。 ぜひ参考にしてみて下さいな。 dキッズ=知育コンテンツが使い放題• dブック=週刊誌やファッション誌、漫画が読み放題• dTV=ドラマ・アニメ・映画が見放題• dマガジン=雑誌・記事が読み放題• dアニメストア=アニメが見放題• スゴ得コンテンツ=アプリ使い放題サービス• ケータイ補償サービス for iPhone=iPhoneの保証• オプションパック=留守番電話やキャッチホンがパックになったサービス• メロディーコール=好きな歌を着メロに設定できるサービス といったところでしょうか。 この中で使っていないのに毎月料金が発生しているオプションがあったら外してしまいましょう。 それだけで毎月数百円以上変わるはずです。 料金プランは適切? 続いては、料金プランです。 ドコモの料金は すーちゃん スマホ代を安くするために、インターネットをと携帯会社に1つにまとめる方法は主流になりつつあります。 代理店を利用すると、高いキャッシュバックも受けられますからぜひ利用してみて下さいね。 この方法が一番効果が高いです。 実は、私が毎月1万円ほどしていたスマホ代を、2,000円に出来たのも格安SIMにしたからなんです。 格安SIMには色々な会社がありますが、ドコモを使っている皆さんにとって 格安SIMへの乗り換えは非常に簡単なんです。 というのも、現在人気のあるほとんどの格安SIMはドコモの回線を借りてサービスを提供しています。 ですから、ドコモのスマホなら格安SIMでもそのまま使えることが多いんです。 ドコモ系列の格安SIMで今オススメなのは、やですね。 この2つはサービスの質も高いですし、料金も安く コスパが非常に高い格安SIMとして知られています。 また、ドコモ回線にこだわらない(スマホ本体は乗り換えと同時に新しくする予定)の方はや[ym]もオススメです。 この2つは回線の速度で有名ですし、さらにすごいのは、学割やスマホ本体の割引などdocomoと変わらないサービスをうけることができる点でしょう。 格安SIMってそんなにたくさんあるのね。 UQモバイルとかY! mobileとかしか知らなかったわ。 そうなんです。 ですから、 「正直、格安SIMを調べたりするのはめんどう」という方がほとんどかと思います。 ということで、今回特別に、 2020年オススメ格安SIM5社をご紹介した別の記事を用意しました。 この5つの中から選べば間違いありません。 ご興味がある方はこちらも参考にしてみて下さいね。 まとめ:ドコモのスマホ代は工夫次第で安くなる!中でもオススメは格安SIMに乗り換える方法! いかかでしたか。 今回はドコモのスマホ代を安くする方法を3つご紹介しました。 ここだけの話ですが、私はかつて大手携帯会社に勤めていました。 その時からつくづく感じていたのは「 大手携帯会社のスマホ代はぼったくり並みな価格」ということです。 iPhoneが半額で買えるとか、家族で使うとこんなにもお得とか、様々な広告を打ち出しているドコモですが、正直、どんなにキャンペーンや割引駆使しても格安SIMの価格に勝ることはありません。 ですから、 一番効果的にスマホ代を安くしたいのであれば、格安SIMへの乗り換えをオススメします。 格安SIMと聞くと「安かろう、悪かろう」のイメージを持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、今の格安SIMは全くそんなことはありませんよ。 事実、格安SIM最大手である楽天モバイルが、第四のキャリアとしてdocomo、au、SoftBankに加わることを表明していますし、業界としては常に競争が激しいですから、どこも品質を上げるのに一生懸命なんです。 そう考えるれば、格安SIMへの抵抗も減るのではないかと思います。 いつまでもドコモに貢ぎ続けてもいいことはありません。 この機会に、貢ぎ生活を卒業し、浮いたお金を他のところに回せるようになりませんか。

次の

ドコモ光の契約前に知りたい全知識!料金・セット割・フレッツ光からの乗り換えまで

ドコモ光 安くない

データパックによって異なる割引額や、プロバイダーを選べて金額も異なるといった要素が重なり、一見しただけでは理解しにくい構造になっているからだ。 こうした声に対し、ドコモの経営企画部 事業推進室長 梶原弘道氏は「我々のプレゼンの仕方もよくなかった」と認めつつ、「そもそも出だしの金額が違うため、割引額だけで判断してほしくない」と語る。 総額を見れば、他社のセット割引よりドコモ光の方が優れている点が多いというのが、その根拠だ。 また、ドコモ光では「割引を訴求する販売手法はやめて、価値提案をしたい」という思いもあったという。 では、ドコモ光はどのような点が優れているのか。 梶原氏に、その点を改めて解説してもらった。 料金はいずれも税別。 梶原氏 何が安くなっているのかが、(発表では)見えにくかったですね。 まず、安くなるのがISPと一体になった料金です。 今、フレッツの戸建だと5200円、ISPは1000円ぐらいで、6200円ぐらいがかかっています。 これに対して、ISPさんと我々が協力することで、双方で営業コストの低減分を引き、5200円という料金を作りました。 ここで、まず料金は下がります。 また、ドコモのケータイ(携帯電話)を持っている方は、大半がケータイとの相乗効果で安くなります。 「光シェアパック30」は最大で3200円割引になりますし、「ずっとドコモ割」も一緒に効きます。 これは、ドコモにしかないサービスで、シェアの基本です。 見せ方としては別々になっていますが、ドコモ光、ドコモ光パック、ずっとドコモ割の3つで安くなるわけです。 ドコモ光は、データパックをアップセルして、外でも自由に使っていただきたいという思いも強いサービスです。 1人の場合、今「データSパック」の人が「データMパック」にしても、お安くなり、よりいっぱい使えます。 家庭でWi-Fiを使っていて、外でもこんなに使うのかと思われるかもしれませんが、昔に比べてコンテンツはどんどんリッチになっていることもあり、お出かけ先でYouTubeを見ることも普通になりました。 Facebookで動画を上げることも増えています。 ただ割引を訴求する販売手法はやめていこう、価値提案をしたいと料金を作りました。 本当なら、携帯代にプラス1000円でドコモ光を使っていただけるという見せ方もできました。 お客様の負担感と手に入れられる価値を測って、そういう設計にしていたからです。 ところが、ガイドラインにはそういう見せ方はダメと書かれていた。 結果として、ガイドラインを順守した形になります。 ガイドライン案の中には、「電気通信役務の料金が適正なコストを著しく下回ることがないように」とあります。 ドコモ光がプラス1000円で使えますというと、原価が1000円であるように見えてしまう。 割引という形で見せることになったのは、そのためです。 また、プロバイダの料金も2種類に分かれてしまったのが、複雑に見える要因になっていると思います。 梶原氏 いっぱい使っていただく方ほど、お得になるようにしたかったからで、他社のように1410円引きますという見せ方はしませんでした。 ISPの料金も数種類あり、そこが問題だという認識はしています。 一方で、1人1人のお客様にとっては、非常に使いやすいのではないでしょうか。 ISPでいうと、5200円と5400円という2つの料金に、単独型があります(戸建の場合)。 単独型もお安くなっているので、すべてのISPで便益を得ていただける。 セットで、便益がさらに大きくなる人もいます。 正直に申し上げると、(料金は)1本で行きたかったのですが、ISPの中にも「それはいい」「それはいやだ」という反応があり、ご要望を受ける形でこの料金になりました。 ISPの料金の多寡によって決まっているということです。 その代わり、それをやることでほぼすべてのISPをカバーでき、17社さんと一体型を提供できるようになりました。 結果として、7割以上のお客様が、そのままISPの変更をせずに(一体型プランで)行けますし、金額さえ気にならなければ、ほかのISPの方もドコモに来ていただけます。 このことで、お客様が自らPCで再設定したり、メールアドレスの変更の手間がなくなります。 一方で、ソフトバンクさんの場合は、ISPが1社しかないので、必ずそれが発生します(もともとYahoo! BB以外だった場合)。 auさんは提携者はありますが、一番大きなOCNなどが提供されておらず、カバーはドコモが多くなっています。 梶原氏 例えば、シェアパック10だと元値から1200円安くなりますが、auの場合、それぞれが高い(電話代などが必要な光回線の料金や、データパックを家族別々で契約した場合)ので、積み上がって結構な金額になります。 極端な例ですが、100円に1000円の価格をつけて500円割引にしたのと、100円に500円の価格をつけて200円の割引をしたのでは、後者の方が安い。 宣伝で値引きばかり言うのをやめたかったのは、そこにあります。 割引金額だと、お客様をミスリードすることになりますから。 また、ずっとドコモ割が適用される「プレミア」(11〜15年契約)や「グランプレミア」(16年以上)も、少ないように見えて、すでにユーザーの半数以上に適用されています。 10年以上、ドコモをご利用いただいている方は半分以上いるのです。 一方で、(auの場合)割引条件として、固定電話が必須になっています(結果として、固定の料金が500円高くなる)。 うちはカケホーダイを(携帯側で)必須にしているので、なんで固定電話をつけないといけないのか、ということでやめました。 梶原氏 あえてやめています。 それを必須にするのはどうなのかというのは、経営幹部も含めて議論してきました。 ですが、やはりカケホーダイを提供しているスタンスと矛盾する。 であれば、我々としては、必須条件から外した方がいいとなります。 もちろん、NTTさんは卸を提供しているので、それを受ければサービスはできます。 ただ、電話が何らかの都合で料金が払えず止まってしまったときも、止めたり開けたりをリアルタイムでできません。 ドコモの電話であれば、停止になっていてもコンビニで支払えば、すぐに開きます。 (ひかり電話でそれができないのは)システムが全部分かれているため、ドコモ側からリアルタイムに止めたり開けたりができません。 全部できるようになってからの方が、お客様の利便性につながります。 現状だとNTTとの契約は残るので、今はそちらを使っていただき、十分ユーザーに提供できるようになったらドコモに入れる方向で検討しています。

次の