日本 アカデミー 賞 受賞 歴。 日本人のアカデミー賞(歴代の受賞者)

アカデミー外国語映画賞日本代表作品の一覧

日本 アカデミー 賞 受賞 歴

事件化すれば大波紋を呼ぶだろう。 酒井法子、清原和博氏、ASKAなど、ここ10年ほどの間、覚醒剤で逮捕される有名人が後を絶たない中、これまで映画に何度も主演し、日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞したこともある大物俳優を捜査当局がマークし、すでに強制捜査に踏み切ったとの衝撃情報を本紙はキャッチした。 本紙は今年7月19日発行の1面で男性芸能人、有名音楽家、人気アーティストなど、今年は芸能人の薬物逮捕ラッシュがありそうだと報じた。 そうしたなか、本紙は「大物俳優が捜査当局の強制捜査を受け逮捕寸前の状況にある」との衝撃情報をキャッチした。 過去には日本アカデミー賞最優秀主演男優賞に輝いたこともあるイケメン俳優だ。 自宅としているマンションの近所住民は、こう明かす。 「今年の3月末、捜査員風の人たち3~4人が彼の部屋に入っていきました。 以前から『彼は不審な行動が多い』と噂になっていたから、ピンときたんですよね」 さらに、本人が夜な夜な繰り出すという繁華街周辺では、次々と不審行動を証言する声が漏れ伝わってきた。 「確かに言動がおかしかった」「目の焦点が合ってなかった。 というか、目が完全に泳いでいた」「もう1年くらい、そんな感じだったのでは…」。 繁華街の飲食店やクラブ関係者は、このように話していた。 芸能界の事情通はこう明かす。 「彼には、以前からクスリ使用に関する噂が絶えませんでしたからね。 捜査当局も1年以上も前から、クスリ使用の情報を入手し、慎重に捜査を進めていたんです」 だが強制捜査に踏み切ったものの、逮捕には至らなかった。 「捜査員が部屋に踏み込んだ後、逮捕されたという報道はありませんでした。 覚醒剤は、現行犯での逮捕が基本だから、その場にクスリがなかったら所持や使用の証拠が得られず、逮捕には至らなかったようだ」(同) とはいえもちろん、これで疑惑が晴れたわけではない。 「今回は取り逃がしましたが、捜査当局は彼の逮捕をあきらめていない。 「実際は仕事ではなく、『再び強制捜査を受けて逮捕されることを恐れての海外移住ではないか?』といった声もある。 近年も薬物で逮捕された芸能人は後を絶たない。 有名なところでは2009年、歌手・酒井法子が覚醒剤取締法違反、俳優・押尾学が麻薬取締法違反で、14年には歌手ASKAが覚醒剤取締法違反で逮捕された。 ともに有罪判決を受けている。 ここ数年でも、16年には元俳優の高知東生氏、元プロ野球選手・清原和博氏が覚醒剤取締法違反、昨年はタレント・清水良太郎、橋爪功の息子で俳優の橋爪遼が覚醒剤取締法違反で逮捕された。 いずれも有罪判決が言い渡された。 今年も2月にAV女優の麻生希、5月に仮面ライダーシリーズに出演した俳優の松尾敏伸が覚醒剤取締法違反で逮捕されたほか、6月末には俳優・浅野忠信の父親で元芸能事務所社長の佐藤幸久容疑者が、覚醒剤取締法違反容疑で警視庁に再逮捕された。 佐藤容疑者は昨年11月にも同容疑で逮捕され、今年3月に東京地裁で懲役2年、執行猶予5年の有罪判決を受けたばかり。 執行猶予期間中の再逮捕だけに、実刑判決は確実だ。

次の

ニコール・キッドマンのアカデミー賞受賞歴

日本 アカデミー 賞 受賞 歴

事件化すれば大波紋を呼ぶだろう。 酒井法子、清原和博氏、ASKAなど、ここ10年ほどの間、覚醒剤で逮捕される有名人が後を絶たない中、これまで映画に何度も主演し、日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞したこともある大物俳優を捜査当局がマークし、すでに強制捜査に踏み切ったとの衝撃情報を本紙はキャッチした。 本紙は今年7月19日発行の1面で男性芸能人、有名音楽家、人気アーティストなど、今年は芸能人の薬物逮捕ラッシュがありそうだと報じた。 そうしたなか、本紙は「大物俳優が捜査当局の強制捜査を受け逮捕寸前の状況にある」との衝撃情報をキャッチした。 過去には日本アカデミー賞最優秀主演男優賞に輝いたこともあるイケメン俳優だ。 自宅としているマンションの近所住民は、こう明かす。 「今年の3月末、捜査員風の人たち3~4人が彼の部屋に入っていきました。 以前から『彼は不審な行動が多い』と噂になっていたから、ピンときたんですよね」 さらに、本人が夜な夜な繰り出すという繁華街周辺では、次々と不審行動を証言する声が漏れ伝わってきた。 「確かに言動がおかしかった」「目の焦点が合ってなかった。 というか、目が完全に泳いでいた」「もう1年くらい、そんな感じだったのでは…」。 繁華街の飲食店やクラブ関係者は、このように話していた。 芸能界の事情通はこう明かす。 「彼には、以前からクスリ使用に関する噂が絶えませんでしたからね。 捜査当局も1年以上も前から、クスリ使用の情報を入手し、慎重に捜査を進めていたんです」 だが強制捜査に踏み切ったものの、逮捕には至らなかった。 「捜査員が部屋に踏み込んだ後、逮捕されたという報道はありませんでした。 覚醒剤は、現行犯での逮捕が基本だから、その場にクスリがなかったら所持や使用の証拠が得られず、逮捕には至らなかったようだ」(同) とはいえもちろん、これで疑惑が晴れたわけではない。 「今回は取り逃がしましたが、捜査当局は彼の逮捕をあきらめていない。 「実際は仕事ではなく、『再び強制捜査を受けて逮捕されることを恐れての海外移住ではないか?』といった声もある。 近年も薬物で逮捕された芸能人は後を絶たない。 有名なところでは2009年、歌手・酒井法子が覚醒剤取締法違反、俳優・押尾学が麻薬取締法違反で、14年には歌手ASKAが覚醒剤取締法違反で逮捕された。 ともに有罪判決を受けている。 ここ数年でも、16年には元俳優の高知東生氏、元プロ野球選手・清原和博氏が覚醒剤取締法違反、昨年はタレント・清水良太郎、橋爪功の息子で俳優の橋爪遼が覚醒剤取締法違反で逮捕された。 いずれも有罪判決が言い渡された。 今年も2月にAV女優の麻生希、5月に仮面ライダーシリーズに出演した俳優の松尾敏伸が覚醒剤取締法違反で逮捕されたほか、6月末には俳優・浅野忠信の父親で元芸能事務所社長の佐藤幸久容疑者が、覚醒剤取締法違反容疑で警視庁に再逮捕された。 佐藤容疑者は昨年11月にも同容疑で逮捕され、今年3月に東京地裁で懲役2年、執行猶予5年の有罪判決を受けたばかり。 執行猶予期間中の再逮捕だけに、実刑判決は確実だ。

次の

日本アカデミー賞新人俳優賞一覧!歴代新人賞受賞者は?

日本 アカデミー 賞 受賞 歴

ニコール・キッドマンのオスカー受賞歴 <ニコール・キッドマンの受賞歴(ノミネート含む)> 年 結果 作品 部門 2002 ノミネート 「ムーラン・ルージュ」 主演女優賞 2003 受賞 「めぐりあう時間たち」 主演女優賞 2011 ノミネート 「ラビット・ホール」 主演女優賞 2017 ノミネート 「LION/ライオン 25年目のただいま」 助演女優賞 「ムーラン・ルージュ」 2002年)で初のノミネート ニコール・キッドマンは「ムーラン・ルージュ」 2002年)で初めてアカデミー賞にノミネート。 「めぐりあう時間たち」 2003年)で主演女優賞受賞。 2011年の「ラビット・ホール」でノミネート。 2017年の「LION/ライオン 25年目のただいま」で助演女優賞にノミネート。 時空超え3女性それぞれの人生描く「めぐりあう時間たち」 2003. 11(産経新聞) 1923年のロンドン郊外、1949年のロサンゼルス、そして2001年のニューヨークという、時間も空間も違う場所に生きる3人の女性が重層的に描かれる。 ダロウェイ夫人 最初の女性は、精神を病みながら代表作「ダロウェイ夫人」を執筆中のヴァージニア・ウルフ。 「ダロウェイ夫人」を愛読する2人目の女性は、はた目には理想的な家庭の主婦だが、心にあいた空虚感を埋めることができない。 「ダロウェイ夫人」と同じファーストネームを持つ第3の女性は編集者で、エイズで死にゆく友人の作家をずっと看病してきた。 誰もが運命的に決められた空間で生きている 生まれる時代や場所を選ぶことができる人は誰もなく、誰もが運命的に決められた空間で生きている。 3人の女性たちが、それぞれの立場のなかで自己を認識し人生を決めてゆくのを、観客は同時進行のストーリーとして見ることになる。 ジュリアン・ムーアとメリル・ストリープ ウルフを演じたニコール・キッドマンがアカデミー賞主演女優賞を受賞した。 あとのふたりを、ジュリアン・ムーアとメリル・ストリープが演じた。 2003年5月17日から梅田ピカデリーほかで。 主演女優賞の最有力 対抗馬は「シカゴ」のレニー・ゼルウィガー 2003. 21(産経新聞) 2003年3月23日(日本時間2003年3月24日)に発表・授賞式が行われる予定の米アカデミー賞の主演女優賞に、ニコール・キッドマンの対抗馬として、ミュージカル映画「シカゴ」のレニー・ゼルウィガー(33)の名が急浮上してきた。 「シカゴ」自体も作品賞の本命と目され、それも彼女の追い風となっている。 米映画俳優組合(SAG)賞で勝利 ゼルウィガーは、アカデミー賞の前哨戦といわれるゴールデングローブ賞ではミュージカル・コメディー部門で主演女優賞を獲得し、ゴールデングローブ賞ドラマ部門を制した「めぐりあう時間たち」のニコール・キッドマンとアカデミー賞主演女優賞を争うとみられていた。 だが、最近発表された米映画俳優組合(SAG)賞でも主演女優賞を獲得するなど、オスカー獲得に向けて、キッドマンを頭一つリードしたかっこうだ。 「ザ・エージェント」でトム・クルーズの相手役 ゼルウィガーは「ザ・エージェント」(1996年)でトム・クルーズの相手役を好演し、現代女性の悩みや願望をコミカルに描いた「ブリジット・ジョーンズの日記」(2001年)でアカデミー賞主演女優賞候補にノミネートされた。 ダンスや歌の経験はなく、ミュージカルは「未知の領域」だった。 本人自身が「まさか自分がやるとは思っていなかった」と明かすが、けいこを重ねるにつれて役柄にはまっていったという。 ウエートレスをしていた下積み時代 2003年3月9日に発表されたSAG賞主演女優賞の受賞スピーチで、ゼルウィガーは「女優の仕事を始めたときは、だれもが『ビールをノロノロ運ばないでいい程度に仕事があれば』と思うもの。 尊敬する仲間たちに囲まれてこのステージに立っていることが信じられない」と、女優業の合間にバーでウエートレスをしていた下積み時代を振り返って感激を表現した。 全米監督協会賞でロブ・マーシャル監督が監督賞を受賞 作品も、ゴールデングローブ賞で出演者全体を評価するキャスト賞に輝いたほか、2003年3月2日の全米監督協会賞でロブ・マーシャル監督が監督賞を受賞するなど、評価を急激に高めており、このままアカデミー賞作品賞を獲得する勢いだ。

次の