ロック ショア。 ソニオ

ソニオ

ロック ショア

ロックショアではブリやヒラマサ、ヒラスズキなどがターゲット!強靭なタックルで挑もう ロックショアジギングでは、もちろんサゴシやハマチサイズの青物も釣れるが、大本命としてはブリやヒラマサ、場合によってはヒラスズキやカンパチを狙うこともあるでしょう。 ロックショアという環境は潮通しが良くベイトも豊富、回遊してくる青物のサイズが大きな傾向にあるため、いつどんな大物が来てもいいよう装備を整えておくことが必至です そもそもロックショアとは?という点だが、ロックショアとは詰まるところ「磯でのショアジギング」のことであり、潮通しの良い海に面した地磯にて楽しむことが一般的。 簡単にアクセスできる場所もあれば、1時間以上歩かないといけない場所もあり、釣り初心者にとって敷居は高くなるが、苦労した分報われたときの気分は最高。 堤防などでのショアジギングに飽きがきたときは、ロックショアでのショアジギングを楽しんでみてはどうでしょうか? ロックショアタックルまとめ ロックショアではブリやヒラマサなど大型青物とのファイトを想定する必要性があるため、使うタックルはヘビー級を扱うことが一般的。 特にヒラマサはやわなロッドでは一瞬にしてのされてしまうこともあるため、ヒラマサの回遊があるエリアでのロックショアは、通常よりも更に強靭なタックルセレクトがおすすめ では、ロックショアではロッド、リール、ライン、ルアー、一体どのような道具を扱うべきなのか?それぞれ具体的にまとめてみます ロッドはHクラス以上 ロックショアで使うロッドは、本格的なショアジギングロッドを使うことがおすすめ。 ライトショアジギングロッドではいざヒラマサやブリがヒットしたときにのされてしまう可能性が高いため、必ずパワーがあり魚の引きに負けないポテンシャルを秘めたロッドを使うようにしておこう。 堤防であればライトショアジギングロッドで取れたブリも、ロックショアでは一筋縄にはいきません。 磯は地形が荒くラインが擦れると一撃でラインブレイクするため、走らすことなくキャッチすることが基本。 そうなると幾らブリとは言えライトショアジギングロッドでは厳しい戦いを強いられることになるため、確実にファイトできるパワーヒッターなロッドを活用していきましょう では、具体的にロックショアではどのようなショアジギングロッドを使うことが好ましいのか?最適でも「H」クラス以上のものを選び、ヒラマサ狙いであればもう1ランク2ランク上のロッドであれば安心です• ラインは3号〜5号、リーダーは太めを長く取る ロックショアで使うラインの太さは、PEラインの3号〜5号ほどを200m以上巻いておくことがベストです。 もう少し言うと、使うリールのスプールい適したラインの太さをセレクトするのが一番で、例えば5号を200m以上巻けるリールであれば、5号のPEラインを選べば良いでしょう ただ、ラインが太くなるほど飛距離が落ちる傾向にあり、無駄に太くすることはおすすめできません。 可能な限り細いラインを使いロックショアを楽しむ、これがベストな選択肢のため、この辺りを考慮した上で使うラインを選んでいきましょう メタルジグだけでなくポッパーやダイビングペンシルを活用しよう ロックショアでは地形が複雑となっているため、メタルジグ使用はどうしても根掛かりリスクが付きまといます。 根掛かりはお財布事情に悪いですし、時間的ロスにも繋がります。 あまりに根掛かりが多い場所でのロックショアは、メタルジグではなくポッパーやシンキングペンシル、ミノーやダイビングペンシルを使い、根掛かりとは無縁の釣りを楽しむことをおすすめします 合わせて読みたい タモ・ギャフが必至 ロックショアでは強靭なタックルを使うため、釣れた青物を「引っこ抜く」ことも一つの選択肢ですが、メーター近い青物が釣れたときなど、抜き上げが不可能な状況に陥ることがよくありません。 そのため、ロックショアではタモやギャフを携帯しておき、来る大物に備えておくことがおすすめです。 歩く距離が長いなど、タモやギャフが邪魔に感じるときはタックルパワーを1ランク高め、万全に抜き上げランディングを行える環境を整えておきましょう• 合わせて読みたい ロックショアは危険がたっぷり!安全装備で挑もう ロックショアでのショアジギングは、堤防などで楽しむときとは比にならないほど「危険」が身近です。 躓いてコケるだけで大怪我をすることもあるし、コケて海へ転倒すると笑えない事態に発展すること間違いなしだ。 そんなロックショアだからこそ、安全装備には気を使っておくべきだし、その意識がないなら迂闊にロックショアを楽しむことは止めたほうが良い。 安全意識が低いと、高確率で怪我をしますし、命の危険に晒されることもありえますから• フローティングベスト着用• 磯靴を履いておこう• 慣れない内は渡船利用 ロックショアを楽しむときは、この3点を意識しておきましょう フローティングベストを活用しよう ロックショアに限定した話ではないが、釣りを楽しむときは「救命用具」の着用が絶対条件。 ロックショアではライフジャケット、フローティングベスト、いずれかの装備を整えることが大事だが、可能であれば「ロックショアはフローティングベスト」をセレクトしたほうが良いと言えます というのも、万が一海へ落ちたとき、ライフジャケットであれば磯に擦れて穴が空き、いざというときに全く役に立たない・・・ということが考えられます。 そのため、ロックショアでは「フローティングベスト」が推奨されており、必ずフローティングベストを着用した上でロックショアジギングを楽しんでいきましょう• 慣れない内は渡船を使おう ロックショアでは、アクセスするために野を超え山を超え、30分、1時間と時間を掛けてようやくたどり着ける場所があります。 そのような場所は人も少なくプレッシャーの少ない1級ポイントだと言えるが、大掛かりな荷物を抱えた上での山超えは厳しく、特に初心者向けではありません。 中には泳がなければ辿り着けない地磯もあります そのため、ロックショアに慣れない内は「渡船」を使い、磯へ渡してもらうことがおすすめ。 当然お金は掛かりますが、安全かつ最速で磯にエントリーすることができるため、これを使わない手はないでしょう。 渡船屋さんは青物の回遊情報に長けていることも多く、自力でロックショアにエントリーするより遥かに高打率を得やすいです ロックショアの基本まとめ 最後の項として、ロックショアの基本をまとめていきます• クーラーボックスについて• ロックショアの時期• おすすめルアー この3点について、具体的に掘り下げていきましょう クーラーボックスはどうする? ロックショアはアクセスが困難で、可能な限り荷物を少なくすべきです。 ただでさえ重たいクーラーボックスを片手に磯へエントリーすることは自殺行為だとも言えるため、基本的に「ロックショアはクーラーボックスを持ち込まない」ほうが良いと言えるでしょう しかし、特に夏時期は魚の痛みが激しいため、「持ち帰りの大物が釣れたらさっと帰る」「ストリンガーにて海につけておく」などの対策が必至。 また、帰りに魚を入れておく入れ物の確保もお忘れなく 合わせて読みたい ロックショアは春夏秋冬、時期はいつ? ロックショアでのショアジギングの時期は、ハイシーズンは春と秋であり、夏の時期も問題なく楽しめる。 しかし冬の季節は水温低下に伴い射程範囲内への青物回遊が少なくなるため、基本的にはオフシーズンだと言えるでしょう。 しかし、冬でも場所を選べばコンスタントに青物が釣れる場所もあるため、根気良く探すことで冬のロックショアジギングを楽しむこともできるでしょう 合わせて読みたい ロックショアにおすすめルアーまとめ 最後に、ロックショアジギングにて青物を狙うときのおすすめルアーをまとめておきます。

次の

初心者向け ロックショアゲーム入門 装備や心構えを解説!

ロック ショア

ショアから大物を釣り上げることを夢見るアングラーが、最終的に足を運ぶフィールドが『 ロックショア』です! ちょっとカッコつけましたが、ロックショアとは単純に「磯」から青物や大型の根魚などを狙うことを指します。 厳密には違うかもしれませんが、このようなニュアンスで捉えましょう。 笑 フカセ釣りなどの餌釣りでは「磯釣り」、ショアジギングなどのソルトルアーゲームだと「ロックショアゲーム」と呼ばれることが多いですね。 これを読んで、装備が整ったら思い切ってロックショアデビューしてみましょう!! 目次• ロックショアゲームの魅力は? 撮影:カンの長潮でも釣行記 磯からのルアーフィッシング この記事ではこの先からロックショアと表記します の最大の魅力はやはり、 抜群の魚影を誇り、恵まれたポイントならモンスター級の魚に出会える可能性を秘めている所です! 沖磯はもちろん、険しい道のりの先にある地磯は、サビキ釣りやちょい投げ釣りなどのファミリーフィッシングをするのは難しく、限られたアングラーしか訪れることがないので場荒れしていません。 潮通しが良く、変化のある地形で水深もあることから、一回り大型の青物や、荒磯の王者と言われるヒラスズキ、関東ではちょっと厳しいですが大型のマダイが釣れる可能性もあります。 クエなどの高級な根魚にキロアップのアオリイカだって狙うことができます! そして磯では、普通の漁港などでは味わえない解放感や大きな自然を感じることができることも大きな魅力です。 フローティングベストは、文字通りベスト型のライフジャケットで、浮力材が入っているので特別な操作をする必要のないロックショアでのポピュラーなライフジャケットです。 ロックショアゲームで着用するフローティングベストには、ゲームベストやタクティカルベストなどの種類があります。 実際に着用するフローティングベストは、浮力が7.5kg以上で24時間浮いていられるものを選びましょう。 堤防釣りやバス釣りなどで着用する、腰巻や肩掛けタイプの「自動膨張式」のライフジャケットは、危険の多いロックショアでは身を守り切れない可能性があるので、簡易的な装備での釣行はしないようにしてください。 餌釣りとルアーフィッシングは全く違う道具を使用するので、ライフジャケットもそれぞれの釣りの用途に合うような専門的なものがあります。 歩く距離が長い地磯がメインで、バッグを持たずにたくさんのルアーを持ち歩く、ヒラスズキ釣行などなら大きいポケットが複数備わっているフローティングベスト。 ショアジギングなどのロッドアクションを多用する釣りなら、アクションの邪魔にならないようなポケットが小さくなるべくすっきりしたフローティングベストが望ましいです。 細身のフローティングベストだと、足元が見えやすく歩きやすいので、僕は防水リュックにルアーなどを入れてポケットの少ないシルエットが細身のフローティングベストを着用しています。 また、最近では万が一転倒した際に、大きな怪我をしないように「ボディプロテクター」の機能が備わった、ロックショア専用フローティングベストもありますので、こういったものも候補にしてもいいでしょう。 スパイクブーツ 磯靴 ロックショア釣行での岩場はビビるくらい滑ります... スニーカーなんかで行こうものなら、「海に落ちてください」と言っているようなもので、転落はしなくても間違いなく転倒はします 汗 ゴツゴツした岩場での転倒は大怪我に繋がることもあります。 そこでライフジャケットと同様に スパイクブーツの着用も必須です。 スパイクブーツを履いていないと渡船を断られますので注意してくださいね!! 磯用の靴もいくつかの種類がありますが、ロックショアで着用するなら靴底にピンが付いている「スパイクブーツ」・「スパイクシューズ」を選んでください。 フェルトタイプの磯靴もありますが、ロックショアの大小様々な岩場を歩く際は、僕の経験ですが確実にピンスパイクのほうがグリップ力が強いです! 濡れた堤防やテトラなどのフラットな場所では滑ることもありますが、ロックショアに限定した場合は間違いなくピンスパイクが一番安定感があります。 それでも絶対に滑らないわけではないので過信は禁物ですよ!! グローブ ロックショア釣行では、磯場に手をついて登ったり、転んでしまったりして手をつくと、想像以上に簡単に手を切ります。 岩にフジツボや貝が付いているとより怪我をしやすくなりますので、グローブも必須アイテムです。 太めのPEラインをキャストするときも、指を傷めないようにグローブを着用するようにしましょう! 機能面を考えると専用のフィッシンググローブを着用するのが一番望ましいですが、なかなか値の張るものも多いので無理に購入する必要はありません。 僕の場合は、道中が険しい地磯に行く時はホームセンターなどに安く売っているゴムなどで強化された手袋をして、釣り座についたらフィッシンググローブに変更しています。 そんなに荷物になるわけでもないのでおすすめです! 貧乏くさいとか言わないでね 笑 ワークマンでもかなり使えるグローブが安く売っていたので、良かったら もチェックしてみてくださいね!! その他のなるべく揃えておきたい装備 出典: Pixabay ライフジャケット・スパイクブーツ・グローブは、ロックショア釣行をするなら必須の装備になります。 この3点は当たり前の装備なので確実に揃えるべきものですが、ここからは必須ではないけどなるべく揃えておきたいロックショア装備の解説をします。 必須級に重要なものも含みますが、上記した3点よりは優先度は低くなります。 ヘルメット・帽子 ロックショアゲームでは、転倒した際に頭を守るための装備も必要です。 最近ではヘルメットを着用している素晴らしいアングラーが増えてきました。 これは沖磯などの渡船では必須ではありませんが、安全面を考えたら今後は着用が義務付けられる可能性もありますね。 恥ずかしながら僕はまだヘルメットは持っていませんが、最低限帽子は被るようにしましょう。 あご紐付きのものなら強風でも飛ばされないのでおすすめです! 偏光サングラス これはどんな釣りにも使用するので、例え初心者の方でも持っている場合が多いと思います。 日差しや飛び出したルアーなどから目を守る役目や、反射を抑えて水の中を見やすくなる効果があるので、ロックショアに限らず釣りをするなら一本は持っておきたいアイテムです。 高価なものはそれなりの性能がありますが、とりあえずはセール品などの安いものでも全然大丈夫ですので、まだ持っていないなら是非購入しましょう! ウェットスーツ・防水系の衣類 これはウェーディングして磯場に渡る釣りをする場合は必須装備になります。 本当はウェーディングしない場合でも、万が一の落水に備えてウェットスーツを着用するのが望ましいですが、未所持の場合は通気性の良いなるべくシルエットの細いパンツを着用しましょう。 間違ってもロックショアで、サーフゲームなどで着用するウェーダーを着ないようにしてください! もし落水したら、ウェーダーの中に海水が入ってしまい、フローティングベストを着ていても浮けない可能性があり非常に危険です。 ロックショア釣行の心構えと注意点 必要な装備が一通り揃ったなら、あとは気合を入れて磯に向かうだけです!! ロックショアは確かに危険も伴いますが、しっかりした知識と経験を重ねれば、ソルトゲームのアングラーにとって最高の釣り場です! そんな夢のあるロックショアにこれから挑戦したいという初心者の方に向けて、注意点と心構えを解説します。 とても重要なことになりますので、しっかり確認して釣行するようにしてください!! 心構え:『ロックショアは非常に危険な釣り場であることを忘れずに!』 冒頭から『 磯場は危険!!!』だということを散々伝えてきました。 頭ではわかっていても、段々とロックショアに慣れてくると多少無理をする場面が出てきます。 ナブラや鳥山が出来ているので、ルアーが届くように少し波を被るような岩場に立ってしまう。 フローティングベストなどの安全装備を忘れたのに、よく行くポイントだから大丈夫だと判断して釣りをする。 悪天候でも多少無理をして釣りを強行してしまう。 注意点:『地磯釣行では荷物はなるべく少なく身軽に』 僕はどちらかというと沖磯より地磯釣行の方が多いのですが、最近は結構な距離を歩く地磯に通うことが多くなりました。 渡船を利用しない地磯は、比較的簡単に入りやすいのでおすすめなのですが、中には釣り場までの道中が険しいポイントも多くあります。 ロックショアという場所はたくさんのターゲットが狙えるポイントですので、僕も最初は欲張って無理をして色んなタックルを持ち込んでいました... 沖磯であれば何種類かのタックルを持ち込むことは可能ですが、地磯ではそうはいきません。 青物にアオリイカに根魚など、たくさん釣りたいところではありますが、たくさんの荷物を持って両手がふさがった状態で磯場を歩くことは非常に危険ですし、何よりしんどいです。 多くてもタックルは二種類、出切れば両手はフリーな状態で釣行するのが望ましいです。 場所にもよりますが、僕は今はクーラーはもちろんタモも持って行かないこともあります。 磯を歩くときは荷物はなるべくコンパクトにまとめて、動きやすい身軽な格好で臨みましょう。 釣り物のシーズンでどのタックルを持ち込むのかを決めて、欲張った装備で釣行しないように気を付けてください。 まとめ 準備が整ったらロックショアに挑戦しよう!!! 散々口が酸っぱくなる程ロックショア釣行の「危険さ」について解説してきましたが、冒頭でも言ったようにロックショアはアングラーにとって最高の釣り場の一つです! 初心者の方には、特に沖磯などは敷居が高く感じるかもしれませんが、経験豊富な船長さんの判断で比較的安全な磯に降ろしてくれるので、僕は単独釣行の地磯より沖磯の方が安全だと考えています。 悪天候や時間が来たら必ず迎えに来てくれますし、同じ磯に他の釣り人が入ることも多いからです。 沖磯はやはり沖ですから、地磯と比較すると潮通しや水深も沖磯に分があるのですが、地磯は朝夕のマズメ時をピンポイントで狙えるメリットがあります。 関東ではロックショア入門にうってつけな三浦半島などの入りやすい磯も多いので、まずはそういった道中の穏やかな磯から経験を積んでいくのが良いでしょう。 キャストしている限り全てのアングラーに毎投モンスターが掛かる可能性がある夢のロックショア! 未経験の方も必要な装備が整ったら、安全に十分注意して是非挑戦してみて下さい!! きっと今までの釣りとは全く違う新しい発見や、楽しい経験ができると思いますよ!!!•

次の

草垣群島ロックショア 2020 緊急発進。

ロック ショア

本林さんは様々なルアーを使う。 メタルジグだけでなく、プラグやタイラバまで。 本林さん「今回実釣記事が掲載されるルアーマガジンソルト10月号は、ショアジギ特集ということで、まずはジグのいいところを説明させて頂ければと思います。 ウエイトに関しては60g~200g、さらにはその上までと非常に幅広いです。 100gくらいが基準になりますね。 一番のメリットはよく飛び広範囲を探れるということ。 さらに、表層付近がメインになるプラグに対して、 いろいろなレンジを狙えるのがメタルジグのいいところです。 プラグは高活性の魚を狙うことが多いのですが、これに対して、活性の低いレンジを下げてしまった魚にも強いんです。 今回、全部で 5タイプ紹介していますが、 これらを使いこなせば、まさに鬼に金棒。 青物には非常に強い武器になりますよ!」 ではプラグのメリットは? 本林さん「特に ダイビングペンシルなどは、波動が強い。 表層付近で勝負をするルアーですが、 独特の集魚効果があると考えています。 あと、 プラグは半ばオートマチックに釣りが成立するところもメリットになりますよね。 この春にロックショアを始めたとあるビギナーアングラーの方が、14㎏、15㎏のヒラマサを立て続けにキャッチしたなんて例もあります。 ジグは数、プラグは大型というイメージもありますね。

次の