デンタル フロス と は。 デンタルフロスの使い方と注意点 ~最適な使用頻度とは?~

appels-urgents.peuples-solidaires.org

デンタル フロス と は

デンタルフロスの使用頻度について デンタルフロスは1日にどのくらいの頻度でやるべきですか? 歯と歯の間に付着した汚れを取ってくれるデンタルフロスですが、1日に何度もやると健康な歯肉を傷つけてしまう可能性があります。 使用頻度は1日1回で十分でしょう。 歯に沈着した汚れは、2~3日で歯石に変わってしまいますが、最低でも1日1回はデンタルフロスを通すことで細菌を除去し、歯石になるのを防いでくれます。 どんなに多くても毎食後に行う歯磨きと併用して、3回までに抑えましょう。 デンタルフロスは毎日やった方がいいのですか? もちろん毎日やった方が良いです。 毎日通せばプラークが固くなるのを防いでくれるからです。 歯石になってしまうと、デンタルフロスが通らなくなってしまうので毎日欠かさず通して習慣づけるようにしましょう。 虫歯と歯周病、口臭予防にもつながるので面倒くさがらずに行いましょう。 毎日デンタルフロスで歯を磨こう! デンタルフロスを毎日できない場合、最低どのくらいの頻度でやるべきですか? 本来毎日やるのが理想ですが、忙しい時や出先で出来ないこともあります。 ただ上記で書いたように2~3日で付着したプラークは歯石となってしまうのです。 最低でも2日に1回のペースでデンタルフロスを通すようにしましょう。 最初はデンタルフロスを通すのに慣れず、時間がかかってしまっても毎日通すと慣れてくるのでスムーズに通せるようになります。 最低でも2日に1度、プラークが歯石になる前に通して口腔内の環境を良くしましょう。 歯間ブラシとデンタルフロスの頻度はどのくらいがベストですか? 歯間ブラシは歯と歯の間の隙間が広い場合に適しています。 1番小さい(細い)サイズのもので、通すことが困難ならデンタルフロスを使いましょう。 歯と歯の間に付着しているプラークですが、歯ブラシだけを使った歯磨きでは約60%のプラークしか除去できていません。 それがデンタルフロスを使うことで約80%、歯間ブラシを使うことで約85%にまで除去できると言われています。 デンタルフロスはどのくらいの時間をかけてやるべき? あまり時間をかけないことがポイントです。 毎日習慣づけてほしいのであまり長い時間やってしまうと、面倒になり続かなくなってしまうからです。 目安としては5分以内で全部終わらせることが理想的です。 最初は慣れないので時間がかかってしまいますが、慣れてくれば2~3分で終わります。 基本デンタルフロスは指に巻きつけて歯と歯の間のプラークを除去しますが、不器用で上手にできない人や、大きく口を開けるのが困難な人にはホルダーに付いてるタイプのデンタルフロスもあるので、そういった補助器具があると便利ですし、時短することができます。 デンタルフロスをやるタイミングはいつがいいですか?朝?昼?夜? 朝、昼は忙しくてできない人も多いでしょう。 1番最適なタイミングは夜です。 寝ている間は唾液の分泌が減ってしまうため、自浄作用が低下してしまうからです。 プラークや食べカスがそのまま残っている状態で寝てしまうと細菌が繁殖してしまいます。 菌が繁殖し歯肉が腫れたり、虫歯のリスクが高くなるため寝る前の、つまり夜歯間ブラシ・デンタルフロスを使うことが大切になってきます。 毎日寝る前に歯磨きをして歯間ブラシ・デンタルフロスを通すように習慣づけましょう。 デンタルフロスでなく、歯間ブラシを使用する場合の適した頻度は?? 歯と歯の隙間が大きくあいている場合 歯周病がかなり進行していて歯と歯の隙間が大きくあいている場合は、隙間にプラークや食べカスが入りやすく歯磨きだけでは綺麗に除去しきれないため、食後は必ず通した方が良いと言えます。 一般的な歯間の場合 一般に歯間ブラシは1日1回通せば十分といわれています。 デンタルフロスを通す時も、歯間ブラシを通す時も力を入れすぎたり、ただ力任せに通すだけでは意味がないので、しっかり歯の隣接面にそわせてプラークを除去しましょう。 また歯間ブラシを選ぶときに大きすぎるものはNGです。 自分の歯の隙間に適していないものを無理矢理通すと、歯と歯の隙間が広がってしまうので十分に注意しましょう。 その他、デンタルフロスについて知っておくべき情報があれば教えて下さい プラークの除去率を上げる以外の、デンタルフロスを使用する利点について 歯と歯の間の虫歯を早期に発見することができるのです。 どういうことかというと、歯と歯の間に虫歯がある場合引っかかったり、デンタルフロスが裂けたような状態になります。 スムーズであるはずの動作に少しでも違和感を感じたら、早めに歯科医院を訪れましょう。 早期発見できれば痛みが少なく治療することができます。 歯肉から血が出てしまった場合の判断 それから1度歯肉が腫れてしまうと治るまでに時間がかかります。 自分の力加減で歯肉から血が出ているのか、歯肉が腫れているから血が出ているのか見極めは難しいです。 少しでも疑問に思うことがあったら歯科医院へ行き相談することをオススメします。 意外と自分では正しく行えていると思っても綺麗にプラークが除去しきれていない場合もありますので、定期検診をかねて予約してみると良いと思います。 デンタルフロスの使用頻度について まとめ 最後にデンタルフロスの使用頻度について重要な点をおさらいしておきましょう。 デンタルフロスは一日に一回で充分• 毎日デンタルフロスを使用するのが理想• 最低でも二日に一回はデンタルフロスで歯を磨くのが吉• デンタルフロスは5分以内で全て終わらせるのが理想• デンタルフロスを使用する最適なタイミングは夜 いかがでしたか。 最後までご覧頂きましてありがとうございました。 「デンタルフロス」関連記事:• 関連カテゴリ• この記事に関連した診療•

次の

デンタルフロスは夜に1回!歯科医が教えるデンタルフロスの使用頻度

デンタル フロス と は

普段の歯磨きをしっかりしていれば、デンタルフロスは不要と思っていませんか?しかし、歯ブラシで落とせる歯垢は歯の表面のみで、全体の6割程度。 どれだけ丁寧に磨いても歯ブラシが届かない歯間は、歯垢や歯石が溜まりやすく、放っておくと虫歯や口臭の原因になってしまいます。 しかし、 デンタルフロスを使えば歯間に入り込んで汚れをかき出し、歯垢除去率を8割にまでUP!磨き残しやすい奥歯の間までしっかりお掃除できるので、 虫歯はもちろん、口臭や歯周病の予防にも効果的です。 さらに、歯の詰め物やかぶせものの不具合に気づきやすくなり、早い段階で対処することが可能。 虫歯の早期発見にもつながります。 普段の歯磨きにデンタルフロスを取り入れて、お口の中の健康をキープしていきませんか。 最近ではデンタルフロスにも口腔ケアに嬉しい効果を持ったものが登場しています。 その他の効果にも注目して、よりお口の清潔を保てるものを選んでみましょう。 たとえば、 虫歯予防に力を入れたい方には、フッ素ケアできるものがおすすめです。 コーヒーや紅茶、たばこなどによる 歯の黄ばみやくすみが気になる方には、ステイン除去効果を持ったものがぴったりです。 歯の表面よりも歯間の方が着色汚れが残りやすいですから、歯垢除去と同時にケアできると嬉しいですね。 コーヒーやワインなど色の濃い飲み物を飲んだ後の歯磨きタイムにもおすすめです。 CMなどでもおなじみ、ホルダータイプの定番中の定番品。 デンタルフロスを使用したことのない方でも、「糸ようじ」という言葉は目や耳にしたことがあることでしょう。 6本糸タイプの細めのフロスで、歯間が狭い方でも使いやすいですよ。 帯状に並んだ6本の糸が、歯に挟まった歯垢をしっかりと絡め取って除去。 パッケージは開封後もシールできるので衛生的。 携帯用のケースも付属しているため、お出掛けや旅行にも便利です。 タイプ ホルダータイプ(F型) フロスの素材 ナイロン フレーバー 無 フッ素ケア 無 ステインケア 無 ケース 有 内容量 60本 LION(ライオン) 商品名 フロアフロス 糸ようじ 60本 REACH デンタルフロス ワックス クリニカアドバンテージ デンタルフロスY字タイプ Ciフロス スポンジタイプ ミントワックス・フロライド(フッ素加工) 40m クリニカアドバンテージ スポンジフロス 糸ようじ 50本入 ルシェロ フロス ミントワックス DENT. EX ウルトラフロス プロキシソフト 3in1フロス ドクターデンリスト こども糸ピックス フレッシュ フロスピック こどもデンタルフロス FLOSSY! Ci こども用フロス クリニカアドバンテージ ダブルフロス 特徴 384本の糸が汚れを絡めとる!ふわっと広がるフロス 携帯にも便利なホルダータイプの超定番 歯間が狭くても引っかからない極細ワックスタイプ 高強度フロス採用で繰り返し使える経済的なホルダータイプ インプラントなどで歯間が広い方にも! フロスが膨らんで密着!広範囲の歯垢を優しく除去 コンパクトサイズ&携帯に便利なケース入り マイクロファイバーで細かな汚れも絡め取る 前歯から奥歯まで、これ一本におまかせ 1本で3役!ブリッジ・歯科矯正中でも使いやすい 2歳からの歯磨き習慣にぴったり たっぷり入ってこの価格。 初めてでうまく使いこなせるか心配な方は、デンタルフロスの使い方のコツを押さえておきましょう。 コツさえ知っておけば、後は使い慣れるだけなのですぐに習慣化することができますよ。 ホルダータイプ・糸巻きタイプのどちらの場合も、 歯と歯の隙間に差し入れたらゆっくりと前後させながら下から上に移動しましょう。 引っ掛かりを感じたら無理に動かさず、やさしく引き抜いてください。 使い始めて間もないうちは歯ぐきから出血することもありますが、数日で収まるので心配要りません。 糸巻きタイプをうまく使えるか不安な方は、デンタルフロスホルダーを使うのもおすすめですよ。 最低でも1日1回、就寝前の歯磨きタイムなどに、デンタルフロスでしっかりケアしてくださいね。

次の

デンタルフロスの使い方を詳しく図解!正しく使って適切なお口のケアにつなげよう

デンタル フロス と は

それはなぜでしょう。 写真は、模型を使って行った実験です。 歯ブラシだけで歯を磨いたあと、チェックしてみると…歯の外側はキレイに磨けていますが、歯と歯の間には歯垢(写真で赤くなっている部分)が残っているのがわかります。 このように、歯と歯の間には歯ブラシの毛先が届きにくく、残ってしまった歯垢がむし歯や歯周病の原因になるからです。 そこでおすすめするのが「デンタルフロス」。 歯と歯の間の歯垢を取り除き、お口の中をキレイにするために、1日1回は使っていただきたいアイテムです。 ここでは、デンタルフロスの効果や種類、正しい使い方について詳しくご説明します。 「デンタルフロス」をおすすめする4つの理由 デンタルフロスは、細い繊維(フィラメント)を束ねて糸状にしたもの。 歯と歯の間の狭い隙間に通して、歯ブラシでは落としきれない歯垢をかき出すことができます。 歯ブラシに加えてデンタルフロスを使うメリットは、以下の4つです。 歯と歯の間の歯垢除去効果がアップ! 歯と歯の間はハブラシの毛先が届きにくいため歯垢が残りやすい場所です。 しかし、ハブラシとデンタルフロスを併用することで、歯と歯の間の歯垢を落とす効果は大幅にアップします。 ハブラシとデンタルフロスを併せて使うことで歯と歯の間の歯垢除去率が1. むし歯や歯周病の予防になる 歯垢はむし歯や歯周病の原因になります。 その歯垢をよりキレイに落とせるということは、むし歯や歯周病の予防につながります。 毎日のフロッシングでむし歯や歯周病を予防しましょう。 口臭の予防や改善につながる 口臭も、食べかすや歯垢などの汚れが原因になります。 口臭は自分では気付きにくいですが、もし使用したデンタルフロスのニオイを嗅いで「臭い」と感じたら、口臭がしているかもしれません。 毎日のフロッシングで歯垢をしっかり取り除くことで、口臭を予防したり、改善したりできます。 むし歯や歯周病、詰めものなどの不具合を早期発見できる デンタルフロスを使っていて、「いつも同じ場所で引っかかる」「フロスがばらけてしまう」「フロスが切れてしまう」などが気になる時は、むし歯ができている、もしくは詰めものや、かぶせものに不具合がある可能性があります。 また、デンタルフロスを使うと「歯茎から血が出る」場合は、歯周病の疑いがあります。 いずれの場合も、まずは歯科医院で診てもらうようにしましょう。 デンタルフロスの種類は主に2つ デンタルフロスには、大きく分けて「ホルダータイプ」と「ロールタイプ」の2種類があります。 「ホルダータイプ」は初めての方におすすめ 「ホルダータイプ」はホルダーにフロスが取り付けてあり、手間がかからずにすぐ使えるので、デンタルフロスを初めて使う方におすすめです。 ホルダータイプには、前歯に使いやすい「F字型」と、挿入しにくい奥歯にも、前歯にも使いやすい「Y字型」があります。 「ロールタイプ」は慣れてしまえば簡単で、経済的 「ロールタイプ」は必要な長さのフロスを切り取り、指に巻きつけて使用します。 初めは少し扱いにくいのですが、慣れてしまえば簡単で、しかも経済的です。 ロールタイプには、ワックスタイプとノンワックスタイプがあります。 ワックスタイプは、繊維がワックスでコーティングされているので、歯と歯の間に挿入しやすく、またフロスが切れたりバラバラになったりしにくいのが特徴です。 初めての方や詰めものが多い方にはワックスタイプがおすすめです。 一方、ノンワックスタイプは、繊維がワックスで固められていないタイプです。 繊維が広がって歯の表面にフィットするので、汚れ落としの効果が高いのが特徴です。 ただ、引っかかると切れたりばらけたりしやすいため、歯の側面までかぶさっている大きな詰めものなどがない方におすすめです。 タイプ別に解説!デンタルフロスの使い方 デンタルフロスは、せっかく持っていても、うまく使えず習慣にならない方も多いようです。 使い方のコツがわかれば、初めてでも簡単に使えるので、ここで確認してください。 「ホルダータイプ」デンタルフロス(Y字タイプ)の使い方 まず、ホルダータイプのデンタルフロス(Y字タイプ)の使い方を簡単にご紹介します。 詳しい使い方は、下記の記事をご覧ください。 動画で使い方を説明しています。 デンタルフロスを使う時の「注意点」 デンタルフロスを使う時には、以下の点に気を付けましょう。 歯茎を傷付けないように 鏡を見て、場所を確認しながら、歯茎を傷付けないように使用しましょう。 グイッと力を入れて差し込まずに、「ゆっくり」動かすのがポイントです。 歯科医師や歯科衛生士から指導を受ける 使い方がわからない場合は、歯科医師や歯科衛生士から正しい使い方の指導を受けましょう。 歯科医院で相談 使っている最中に、フロスが引っかかったりほつれたりする場合は、歯と歯の間にむし歯や歯石がある場合も。 そんな時は、歯科医院で相談しましょう。 デンタルフロスの素朴な疑問に答えます! 初めて使う方は、いつもの歯磨きにデンタルフロスをどのようにプラスしたらいいのか、わからないことも多いと思います。 「デンタルフロス」と「歯間ブラシ」の使い分け方は? A. 隙間の狭い部分にはデンタルフロス、隙間の広い部分には歯間ブラシを 「デンタルフロス」は糸状なので、歯と歯の隙間が狭い部分の清掃に適しています。 デンタルフロスは、子どもから大人まですべての方に使ってほしいアイテムです。 一方、「歯間ブラシ」は、歯と歯の隙間が広い部分や、ブリッジをしている部分の清掃に適した小さなブラシです。 使用する時には、ご自分の歯の隙間にあった大きさの歯間ブラシを選ぶことが大切です。 歯の状況に合わせて、デンタルフロスと歯間ブラシの両方を使い分けるのも効果的です。 デンタルフロスはいつ使うの? A. 寝る前に、歯ブラシで磨いたあとがおすすめ まず歯ブラシで取れる汚れは取ってしまい、そのあとに、歯ブラシでは取れなかった汚れをデンタルフロスで落とすほうが効率的です。 また使用する時間帯は、特に寝る前がおすすめです。 その理由は、就寝中は唾液の分泌が少なくなり、口の中の細菌が増殖しやすい環境になるためです。 就寝中の口の中を清潔に保つには、寝る前に細菌のかたまりである歯垢をできるだけ取り除きましょう。 デンタルフロスの使用頻度は? A. 1日1回は使うのがおすすめ 取り残した歯垢は2~3日で石灰化が始まるといわれ、徐々に取りにくくなってしまいます。 ですから、1日1回はフロスを使っていただくのがおすすめです。 出血するけど大丈夫? A. 出血が続く時は歯科医院で相談を 歯茎に炎症がある場合など、デンタルフロスを使い始めた頃は出血する場合があります。 出血が続いたり、痛みがあったりするような場合は歯科医院で相談してください。 デンタルフロスは「子ども」に使ってもいいの? A. もちろん!むし歯予防のためにぜひ使って 乳歯のエナメル質は弱く、むし歯になりやすいので、「子ども」のむし歯予防のためにもデンタルフロスは有効です。 自分で上手にできない場合は、保護者の方が仕上げ磨きの時に使ってあげると良いでしょう。

次の