足首 の 痛み。 足首やくるぶしの痛みや腫れの原因と対処法!内側と外側の違い!

【足首の痛み.com】内側・外側の足首が痛い原因や病気と治療

足首 の 痛み

足首が腫れたとき、ひねったなどの心当たりもない場合には不安に感じる人も多いのではないでしょうか。 足首が赤く腫れて激しく痛む• ここのところ足首に痛みと腫れが出てきて長時間歩けない• 足首が腫れているが、むくみと見分けがつかない このような場合に考えられる原因にはどのようなものがあるでしょうか。 病気やケガによる足首の腫れ 足首の腫れは、何らかの病気やケガが原因となって起こっている場合があります。 関節や筋肉・靭帯の病気・ケガ 関節や筋肉・靭帯が原因で足首が腫れている場合、考えられる病気やケガには主に以下のようなものがあります。 足関節炎 足は、足首の関節に起こる炎症を指します。 足は歪んだ歩き方やスポーツなどによる負担、またなどの自己免疫性疾患や細菌感染、加齢などが原因として考えられます。 足で腫れとあわせて起こりやすい症状は痛みです。 変形性足関節症 は、足関節の軟骨がすり減ることで骨の変形などをきたし、腫れや痛みが起こる病気です。 では、特に歩くときに足首に痛みが生じるほか、正座ができないなど動きに制限が出ることもあります。 後 脛骨 けいこつ 筋機能不全 後脛骨筋機能不全は、足の中心で骨を支えるために重要な役割を果たす後脛骨筋に損傷が起き、足を支えきれなくなった状態です。 内くるぶしあたりの腫れ、足首・足の裏などの痛みなどが現れます。 足関節捻挫・骨折 は、スポーツや歩行時などに主に足首をひねってしまい靭帯を痛めた状態です。 内側に足をひねってしまい、足首の外側の靱帯を傷めてしまうことが多いといわれています。 足首の痛みや腫れなどが現れます。 足関節は足首に強いひねりや無理な力がかかってしまうことで起こります。 また、は骨が折れたものだけでなく、骨が欠けた・潰れたなども含まれます。 によって、骨についている靭帯が骨ごと剥がれるを起こすこともあるため、たかがと思わないよう注意が必要です。 骨や関節以外の病気 足首の腫れを引き起こす原因は、上記のような関節や靭帯・筋肉の病気やケガだけではありません。 痛風発作 とは、尿酸という物質の結晶が関節に析出し、急性をおこす病気です。 この析出した結晶の刺激によって、関節が赤く腫れ上がり強い痛みを感じるものを発作といいます。 この痛みは次第によくなっていきますが、は痛みがないときにも継続的な治療が必要な病気です。 一度受診しておきましょう。 受診の目安とポイント 何らかの明らかなきっかけによって足首が腫れたり、強い痛みを伴ったりしている場合には早めの受診が必要です。 また、そこまで強い症状ではない場合であっても、腫れが続く、様子を見ていてもよくならないなどの場合には一度受診しましょう。 受診科目は整形外科が適しています。 受診の際には、いつから腫れているか、きっかけがあるか、痛みなど他の症状はあるかなどをできる限り詳しく伝えるようにしましょう。 日常生活上の原因と対処法 足首の腫れは日常生活上の原因によって起こることもあります。 むくみ 主に下肢でおこりやすいむくみですが、足首周りがむくむと腫れているように見えることもあります。 むくみを解消するには 座りっぱなしの姿勢が多いような人は、定期的に立ってストレッチをしたり、足首を動かしたりしましょう。 入浴時に温め、やさしくマッサージするなどもよいでしょう。 また、むくみであっても腫れであっても、長期間改善しないなどの場合には病院で原因を調べる必要があることもあります。 良くならない時には 自分でできる対処法を試しても症状がよくならない場合は、思いもよらぬ原因が潜んでいることもあります。 一度病院で相談しましょう。

次の

足首に痛みを感じる12個の原因!病院に行く前にチェック!

足首 の 痛み

スポンサードリンク 一言で足首の痛みと言いましても、痛み方などの症状を始め、状態は様々でございます。 「 腫れていないのに足首が痛い」といった状態も、そんな様々な状態の一つですね。 腫れているという状態は決して良い状態とは言えませんが、腫れているという状態が確認出来れば、腫れている為に足首が痛いのであろうと判断できますので、いくらかの不安は取り除けるのではないかと思います。 しかし、腫れてもいないのに足首が痛い…これは、どうして痛みを感じているのか判断が出来ないので、心配や不安の度合いが強いものだと思われます。 そこで本記事では、腫れていないのに足首に痛みを感じる原因について、考えられる要因を解説させて頂きました。 腫れていないのに足首が痛いのは捻挫が原因!? まず一つ目は 捻挫です。 これについては下記の参照記事でも解説させて頂いているのですが、捻挫によって靭帯を損傷した場合でも、どの靭帯を損傷したかによって足首が腫れない場合というのがございます。 参照記事: 捻挫という怪我でなくても、比較的腫れにくい踵腓靭帯や後距腓靭帯を何らかのキッカケで損傷させてしまうと、腫れはないものの関節内で炎症が起きていると考えられますから、当然ながら足首に痛みを感じてしまうのです。 足首を捻挫しても、必ず足首が腫れるという事ではないのでございますね。 足首の関節が硬いと腫れていないのに痛みを感じる!? 続いては 関節の硬さです。 足首の関節が硬いとクッションの役割が少なくなってしまうので、歩いたり走ったりした際の衝撃が足首に強くかかってしまいます。 同時に足首を動かしてくれる筋肉にも悪影響を及ぼし、柔軟性が少なくなってしまう為、硬く凝り固まった拘縮状態となってしまいます。 簡単に分かりやすく一言で表すと、慢性の肩凝りや腰痛と同じような状態ですね。 慢性症状は基本的に、炎症を伴う腫れは症状として表れませんので、腫れていないにも関わらず足首が痛いというのであれば、こういった原因が考えられるであります。 スポンサードリンク 腫れていない足首の痛みを治す方法とは!? そして上記のような足首の状態を治す方法ですが… まず 捻挫による靭帯損傷に関しては治療するのが理想でございます。 捻挫の程度が軽く靭帯損傷も軽微であれば、固定だけでも治りますが、痛みを感じてから日数も経過している事だと考えられますので、治療して靭帯の損傷および関節の状態を改善させるのがベストです。 この場合、整形外科などの病院では痛み止めの薬や湿布を処方されるだけで、診察を終了される可能性が高いので、私としましては整骨院や鍼灸院などの施術所への来院をお勧め致します。 骨折の疑いがあれば整形外科などの病院に直行するべきですが、腫れていない段階で骨折の可能性は、ほぼほぼゼロに近いわけですから、診断だけで治療を施してくれない整形外科などの病院へ行く必要はないと思われます。 次に関節の硬さを改善する方法ですが、これは 足首の柔軟やストレッチという方法になってきますね。 少し続けた程度では劇的に関節が柔らかくなったりはしないので、ある程度の長期戦にはなってしまいますが、痛みを治す為は当然の事ながら、今後の怪我を防止する意味でも足首の関節は柔らかくしておくべきです。 毎日の入浴で湯船に入っている少しの時間などでも十分ですから、足首をグルグルと動かしたりして、可動域を広げ柔軟性をつけてあげましょう。 本記事のまとめ 腫れていない足首の痛みに対して、考えられる原因や治し方について、私の見解を解説させて頂きました。 この本記事がお読みになられた方の参考になれば幸いでございます。 また記事の内容がお役に立つものだと感じて頂けましたら、登録していますブログランキングをクリックしてもられると嬉しい限りですので、お手数でなければ是非とも宜しくお願い申し上げます。 最後までお読み頂き、ありがとうございました。

次の

足首が痛い!(外側・前側・内側・くるぶし)歩くと足首が痛い!その原因とは?

足首 の 痛み

足首の痛みの原因 1) 稼働力を知ろう〜身体がどれだけ働いているか 検査でも異常のない足首の痛みや、捻挫などの怪我をした後のなかなか治らない後遺症の原因には、身体組織各部の稼働力が関与しています。 稼働力とは、ある人の持つポテンシャルのうち、今その時に発揮できている力を表します。 たとえば、ある動作をする時に使う筋肉のもともと持っている最大筋力が10だとした時、ある時ある場所で精一杯だしうる筋力が半分ぐらいの力だとすれば、その時のその人のその動作に対する稼働力は5ということになります。 また身体中の組織、たとえば内臓や骨、関節などにもそれぞれ稼働力は存在するのですが、ここでは特に筋肉に関しての筋力についてご説明します。 ご存知ですか? いつでも常に最大筋力を発揮できる人なんて一人もいません。 その時の環境や条件などで、筋肉のみならず、身体中の組織の稼働力は変化します。 また、全体としての稼働力もあれば、身体組織各部にもそれぞれ稼働力があります。 身体を構成しているパーツそれぞれに個別の稼働力があると考えてください。 2)稼働力と身体のバランス たとえば、「歩く」という動作に対する右足の稼働力が6で、左足の稼働力が4だとします。 左右のバランスが整っていない状態です。 普通に考えれば、左右で違う仕事をしているわけですから真っ直ぐに歩けないと思うでしょうが、人間の身体はそんなに単純なものではありません。 脳がその状態を認識して、左右の足のバランスの乱れがあるのなら、身体のどこの稼働力をどれくらいにすれば真っ直ぐに歩けるのか瞬時に計算し、身体各部に指令を出して、ちゃんと真っ直ぐに歩けるように動かしてくれるのです。 簡単に言えば、下半身のバランスの悪さを、上半身などのバランスを悪くすることで全体としてのバランスを保っているというようなことです。 その結果、稼働力の上がっている部分があったり、稼働力の下がっている部分があったりと、身体の中にムラができてしまいます。 ある部分は必死で頑張り、ある部分は気を抜いてサボっているというようなことが身体の中で起こっています。 これが身体のバランスの乱れた状態です。 このバランスの悪い身体の状態は、怪我をしやすい状態でもあり、怪我が治りにくい状態でもあり、また身体にかかる負担のために原因不明の痛みが発生しやすい状態でもあります。 そして足首は、身体を支える基礎基盤であり、身体の重みを一番支えなければならない部分であり、また身体の様々な動きに対応する必要のある部分であるために、身体のバランスの乱れの影響を受けやすい部分なのです。 あなたの足首の痛みが治らないのはバランスの乱れから来ているのかもしれません。 3)身体のバランスと痛みの関係 あなたの身体は決してバランスが整っている状態ではありません。 自覚はないかもしれませんが、必死でその身体を支えています。 全身のいろいろな部分を緊張させて、自分自身の身体をなんとか維持しようと頑張っています。 そんな時、特に頑張っている部分には痛みや張りを感じます。 ちなみに足首の痛みだけではなく、肩こりや腰痛、そして頭痛などの原因もほとんどがこの身体のバランスの乱れです。 左右の身体のバランスの乱れがある時、身体を支え負担のかかる足首には痛みが出やすくなります。 また怪我もしやすく、捻挫などをした場合に治りにくい状態でもあります。 そして、バランスとは左右の問題だけではありません。 上下前後左右、三次元的に複雑に身体を支え、動かす力がこのバランスには関与しています。 たとえば、身体を支えるというこの仕事は足首だけがしているのではなく、ふくらはぎや膝、太ももや股関節、お尻や背中というように全身で全身を支えているのです。 この身体を支えるということに関わっているすべての部分が、いつもちゃんと仕事をしているかといえば、なかなかそうはいきません。 残念なことにサボっている部分もあるのです。 社会の仕組みと同じで、誰かがサボれば、誰かが頑張らなければいけなくなります。 そして、その状態が続けば黙って頑張ってくれていたその誰かはついに悲鳴をあげます。 「いい加減にしてくれよ!」というふうに。 たとえば、ふくらはぎや膝、そして太ももや股関節がサボってしまったら、足首には相当な仕事が回されてしまいます。 必死で身体を支えなければならなくなります。 その仕事に、その時の稼働力以上のちからが必要となった時、足首は悲鳴をあげます。 「!!!」 しかし、足首は叫ぶことができませんから、その代わりに「痛み」を出して訴えるのです。 足首の痛みが治らない原因が見えてきましたね。 4)稼働力と痛みの関係 もう一度、筋力と稼働力の関係を確認しましょう。 まず筋力はその人が潜在的に持っている力です。 その筋力のうち、その時その場面で使うことのできる力が稼働力です。 筋力はトレーニングなどで筋力アップをしたり、怠けると筋力は低下したりしますが、瞬時に変化することはありません。 それに比べて稼働力は体調やその時の気分、環境などで瞬時に変化します。 体調のいい時は力が出るし、気分のすぐれない時は力が出ません。 またアスリートの成績や結果のばらつきや、スランプなどもこの稼働力の変化によるものです。 そして実際に必要な筋力は、実際の重さプラス動きを支えるために必要な力です。 たとえば歩く時には、自分の体の重さに加えて動きによる衝撃の力がプラスされます。 これらを考慮して、痛みを説明します。 「稼働力>必要筋力」の場合は痛みが出ません。 余裕の持てる身体の使い方は無理が生じません。 いつもいっぱいいっぱいで余裕のない状態か、また無理な身体の使い方をすると、身体が壊れてしまう前にセンサーでお知らせしてくれます。 それが、痛みです。 つまり、足首の痛みが取れない時には、身体がそのような状態になっているということです。 左右のバランスの乱れによって、頑張っている足首は痛みを出してお知らせするし、またサボっている足首もまた、すぐに必要筋力が稼働力を超えてしまいますので、やはり痛みが出る状態であると言えます。 治らない足首の痛みへの対処法 原因不明の治らない足首の痛みの原因、それは身体のバランスの乱れです。 身体のバランスの乱れの原因は、身体の筋肉の稼働力のムラ。 つまり、そのムラを無くすことで、結果的に身体のバランスは整い、痛みも無くなります。 1) 片方の足首に痛みがある時 痛みのない方の足首を回します。 くるぶしの周りを押さえるように刺激しながら手でつかんでぐるぐる回します。 膝の関節を刺激します。 股関節を回します。 痛みのある方の足首も、痛みを感じない程度に少し回してみましょう。 膝と股関節は痛みのない側と同じように動かします。 痛みのある足首だけに負担をかけないように、 他の部分の稼働力を上げてムラを無くすという意識を常に心がけてください。 2) 両方の足首に痛みがある時 身体全ての稼働力が低下していることが疑われます。 まず身体全体のスイッチを入れるために身体を山折りにします。 3) それでも痛みが取れない時は 身体をうまく使えるようになると、足首の痛みは無くなります。 身体の大きな筋肉は、意識して動かすことでスイッチが入り、稼働力は上がります。 しかし、小さな筋肉もうまく使わなければ、身体全体の稼働力は上がりません。 特に足の筋肉にはサボらず働いてもらわなければ、足首への負担は無くなりません。 足の筋肉の隅々にまでスイッチを入れるための方法をご紹介します。 指先立ち:爪先立ちならぬ、そのもう少し先の指先で身体を支えてみましょう。 ゆっくりと片足ずつ、親指から小指、小指から親指と、一本ずつ意識しながら力をかけていきます。 足指グッパ:足の指を使って、グーとパーを繰り返します。 足の指を使う時には、足の指の筋肉だけが働くのではなく、徐々に力を入れていくことで、ふくらはぎや太ももやお尻、そして背中の筋肉までが動くことを感じられると思います。 これで足全体の稼働力が上がり、足首への負担は減少していきます。 負担が足首の稼働力の範囲に収まると痛みは無くなります。 まとめ 「足首の痛みが治らない!」とずっと悩まされている人にとっては、こんなことで本当に良くなるのだろうかと思われたかもしれません。 しかし、身体全体の稼働力を上げて、身体のバランスを整えることで、大体の原因不明の痛みは無くなります。 特に足首は身体を支える重要な部分ですから、記事の内容をよく見て実際に試してみてください。 痛みはカラダの声。 身体が壊れる前に、お知らせをしてくれているのだということを忘れないでくださいね。 執筆者:岡田 哲也(おかだ・てつや) 歯科医師。 ブレインズ・コンセンサス・コミュニケーションズ代表。 カラダヤマオリエクササイズ考案者。 1963年兵庫県生れ。 歯科診療を通じ原因不明の症状に悩む人に共通する筋力バランスの乱れに着目。 病院でも治らない症状が改善する身体の使い方「山おり理論」を構築。 これまでに2万人を笑顔にした指導がクチコミで広がり、地元神戸での健康講座や「ひょうごラジオカレッジ」の講師、その他情報ラジオ番組にも多数出演。 また自己管理セミナーやメンタルトレーニングセミナーなども開催。 企業のメンタルヘルス相談にも対応し、心ではなく身体からのアプローチで成果を出している。 この独自の「筋力バランスの判定と調整システム」は、2017年、特許(第6132252号)を取得している。

次の