カイガラムシ 薬剤。 カイガラムシの種類と駆除、予防方法

カイガラムシ駆除! 薬以外の効果的な対処法は?|ガーデニング|趣味時間

カイガラムシ 薬剤

は見た目も気持ち悪く駆除もなかなかむずかしいため、多くの人が苦戦している害虫です。 農薬や殺虫剤すら効かないということも言われ嫌われている害虫です。 そんなを薬以外で駆除する方法はあるのでしょうか。 多くの人の悩みの種を薬以外で解決することはできるのでしょうか。 が厄介なところは、成虫になると自分の余分な栄養や排泄物で体をおおってしまい、農薬や殺虫剤も浸透しにくくなる点です。 成虫になる前に退治をするのが一番の方法と言われます。 5〜7月の繁殖期の前によく注意をして対策を取ることが重要とされます。 しかし、充分に注意を払っていてもそれでも成虫が発生した場合はどうしたらいいのでしょうか。 薬剤以外での効果はどの程度あるのでしょうか。 牛乳が乾くと膜を作るということで、が窒息すると言われています。 ただこの方法はアブラムシでよく使われている方法で小さい虫だと効くのですが、の大きさではどうでしょうか。 試す方法としては、ボトルのようなもので牛乳をに向けてまんべんなく噴射させることになります。 そして日に当てて牛乳を乾燥させ、牛乳の膜でをおおってしまい、窒息させるという方法です。 水をはじくようなの膜を持った仲間の場合などにはあまり期待できません。 また、牛乳もそのままにしておくと臭くなるのでこちらの方法も中々むずかしい方法とも言われていますが、臭いに注意をして一度試してみるのもいいかもしれません。 木酢液を使った方法も また自分で木酢液を作る駆除方法もあります。 油4分の3カップと酢1カップ、すりおろしニンニク大さじ1、水1リットルを混ぜて作ります。 それをで噴射するという方法です。 これなら薬のように人の体への影響を心配することなく噴射することができます。 ただ、こちらも白い膜におおわれた成虫などには効かないことが多いようです。 また、水の高圧ジェットの勢いでを落とすという方法もありますが、これは場所を選びますので検討する必要があります。 広い場所がありましたら、この方法も頑張ってやってみるのもいいのではないでしょうか。 また、歯ブラシで細かく直接ゴシゴシと落とす方法が一番いい方法だとも言われていますので、しっかり見つけて退治するのも確実な方法としてオススメです。 お酒で駆除するという方法もあると言われますが、こちらはの方が先にダメになるようですので注意が必要な方法と言えます。 牛乳や木酢液、お酒もあまり効かないとなると、薬剤を振るしかなくなります。 ベニカXファインスプレーをしたり、スミチオンやオルトラン、マシン油乳剤や石灰硫黄合剤などを2回振ることで防げると言われていて、キンチョールやマラソン乳剤もいいとされています。 ただマシン油剤などはがベタベタになったりもするようです。 また広範囲の場合は、アプロードを幼虫期に撒くのがいいと言われます。 どちらにせよ、早めに見つけて幼虫の時期に退治するのが薬剤も効き、一番効果的と言えるようです。 の種類もさまざまでこのような白い膜に覆われた「コナ」もいます。 日本では約60種類もいると言われ、や植木や果樹などによく見られるです。 白い蝋のような膜の分泌物で体を覆いますので、退治しにくく薬剤も効きにくいものです。 などでもよく注意してみるとこの「コナ」がよくいることに気付きます。 葉っぱが元気がないなと思っていると何だか葉が白くねばっとなっていたりすることがありますのでよく観察することが大事です。 また、こちらの駆除方法も高水圧ジェットで吹き飛ばしたりするのもいいようで、幼虫の場合は「ベニカDスプレー」などの薬剤を散布すると効果的とも言われます。 成虫になる前に見付けるか、歯ブラシで駆除がベスト こうして見てみますと、どの駆除方法もそれぞれに難点があります。 得策と言えるものがはっきりなく、一番のベストは殻や白い膜を作ったりするが成虫になる前に駆除する方法です。 やはり早めに見つけて退治をするのが一番と言えます。 この頃ですと薬剤も効きやすく何度も掛けたりする必要もなくなってより安心な方法と言えるでしょう。 また、どうしても成虫になってしまった場合は、やはりオススメされているように歯ブラシなどで直接取るのがベストな方法です。 また、も少しの数ですと水の勢いで洗い流したりもしやすくなりますので、とにかく早めに見つけることが先決のようです。 まずは春に幼虫などがいないようにしっかり気を付けて注意をすること、そして、常日頃、などに葉水をして葉の表裏などをよく観察しておくことも大事です。 葉水の効果がよく言われますが、葉の健康のためにとても必要な事ですので、細目に水をやスプレーなどで掛けてあげることです。 葉っぱを観察して、健康をいつも大事に気にしてあげることで嫌なからの最大の予防になっていくことになります。 固いロウや綿でおおわれているので殺虫剤が効きにくいのはメスの成虫のだけですが、これがとても厄介です。 「が付いた」というのは、たいていこのメスのことをいいます。 に効くという殺虫剤は多数販売されていますが、薬剤として強いものが多い上に効果が十分にあると言い切れないので、駆除するために使うのはあまりオススメではありません。 幸いは芋虫と違って、小さいうえに動き回りません。 手で簡単にぽろぽろ取り除くことができます。 「テデトール」が基本です。 枝にびっしりついたときは「歯ブラシでこそげ落とす」のが一番と言われていますが、葉っぱなど柔らかいところは傷が付きやすいので、気を付ける必要があります。 カイガラムシ撲滅計画その1【初期段階では】 枝や葉裏に白や茶色のポチポチしたものがいくつかついている程度なら、初期の状態なので、も手で取り除くことができます。 メスは卵をはらんでいることも多いので、枝や葉裏についているものをティッシュでこそげ取るようにぬぐい取ります。 奥まったところについているときは、つまようじや歯ブラシでこそげだし、ティッシュにくるんでゴミとして処分します。 はの下の方の枝より、上の方の柔らかい枝の方につきやすい性質があります。 蜜がついてべたべたしているとき、それよりも上の部分を探すようにします。 ある程度取り除けたら、鉢をお風呂場などにもっていき、熱めのシャワーで地上部を裏表きれいに洗い流しておくことで、残っている小さなも撲滅することができます。 葉のホコリもついた蜜も取れて、見違えるように生き生きとしてきます。 カイガラムシ撲滅計画その2【びっしりはびこったとき】 びっしりがはびこってしまったときは、歯ブラシでこそげ落とすのが通常ですが、きりがない作業になり、取れたもきれいに取り除いておく必要があるので、作業は簡単ではありません。 はの地上部分の下の方より上の方にたくさん付く傾向があります。 つまりは、びっしり付いている部分を剪定して全部取り除いても、株そのものが壊滅的なダメージを受けずに済みます。 がこぼれ落ちないように気を付けて、びっしりついている部分を丸ごと切り落として、ビニール袋に入れておきます。 場合によっては葉がすべてなくなってしまうこともありますが、の生命力には意外と強いものがあり、たいていは数ヵ月でリカバリーします。 びっしりついている部分が全部取り除けたら、ぽつぽつ離れてついているを手で取って回ります。 死骸も完全にふき取って土の上などに残さないようにしましょう。 切り取った枝を入れたビニール袋は縛っておいて、自治体の区分に合わせてゴミに出すようにします。 屋内栽培のなど、の場合は、お風呂場などに運んで、40度の強い流水の温シャワーで地上部を裏表きれいに洗い流しておきます。 地植えの屋外のの場合は、水でよいので、強めの流水のシャワーで枝や葉の裏表をしっかり洗い流しておきます。 カイガラムシが付かないようにするには を取り除き、しっかりと洗い流した後は、子どもが触る心配がない場合はオルトランなど殺虫剤をまいておいたり、用の殺虫剤をかけておくと虫が付きにくくなります。 殺虫剤を使うのをためらわれる場合は、時々地上部分を裏表、強めのシャワーで洗い流しておくと、ホコリや虫の卵が取り除けるので、葉が生き生きしてくるだけでなく、虫が付きにくくなります。 毎日シャワーで洗う必要はありませんが、ほこりっぽくなってきたと思ったらすぐにシャワーで葉を洗うようにしましょう。 運びにくい大型のの場合は、で葉の裏表に水をかけることもできますが、勢いがないと虫の卵が残りやすいので、できれば強めのシャワーがオススメです。 今すぐできる屋外でのカイガラムシ対策。 放置厳禁。 はびこる前に退治しよう ふと木を見たら、白いものが点々といっぱいついている。 蜜で葉っぱが急にべたべたしてきた。 色の悪いすすけた葉っぱが急増した。 茶色い変なものが葉っぱや幹についている。 これらは、みな、がついている状態です。 といっても、幹や葉っぱにくっついているのはすべてメス。 メスは動き回りません。 オスだけが小型のコバエといった感じで、周りを飛び回っています。 ひとくくりにと言っても、白いフワフワしたもの、茶色いロウのようなもの、丸くもりあがったものなど、種類は多数あります。 白や茶色いものでおおわれているので、本体が見えないうえに、殺虫剤が効きにくいという性質を持っています。 1、柔らかい上の方の葉っぱの裏側などを好むから【ひどいところを伐採する】 アブラムシなどが柔らかい新芽を好むように、も太い幹の方より、上の方の柔らかい幹や葉っぱを好みます。 屋外の木のは、気が付いたときは大繁殖したあとのことが多く、取り除いていくのも非常に困難です。 薬剤が効きにくいため、ひたすらこそげ落とすのが一般的な駆除方法。 きりがないくらいびっしり!というときは、特にが多くついている部分を、枝ごとばっさりと伐採してしまいましょう。 卵を温存することになってしまうので、切り取った枝は大きいビニール袋などにすぐに詰めて、できるだけ木の周りから離して置き、早めに、お住いの地域の処理区分に従って処分しましょう。 2、大まかなひどいところを伐採したら【残りをしっかり取り除く】 残っているを取り除き終わったら、木の葉っぱや幹の裏表全体を、強めの水流のシャワーで一気に洗い流します。 強い水流で目に見えない小さなも飛ばしてしまう作戦です。 この仕上げによって、残っている葉も生き生きとしてきます。 この後もは何度か見付かることがあります。 チェックを怠らないようにし、見つけたら即取り除くことを繰り返します。 一度、大部分のひどいところを伐採しておくと、伐採せずに全部取のぞこうとするときよりも、繰り返して出てくる量も頻度も少なくてすむ傾向にあります。 伐採して寂しくなったところが少し伸びてくるころまで、しっかりとメンテナンスを続けましょう。 4、家にカイガラムシの卵を持ち込まないために【早期に丸ごと洗おう!】 まず、なぜ駆除はむずかしいかですが、白い膜でおおわれたを見たことがあると思いますが、成虫になると自分の余分な栄養や排泄物で体をおおってしまうからと言われています。 おおわれていないように見えるものでも体表の分泌物の薄い膜でおおわれているのがの特徴です。 特に分泌物の量が多いものが白い粉状や蝋のような粘ついたものでおおわれているように見えます。 そうした特徴のために農薬や殺虫剤が浸透しにくく駆除しにくくなっています。 実に手ごわい害虫です。 ですから、できれば膜でおおわれる成虫になる前に退治をするのがオススメです。 5〜7月が繁殖の時期と言われていますのでその間にきちんと対策をすることがよい方法です。 早めの対策をしないと駆除もむずかしくなる害虫と言えます。 マシン油乳剤が有効!時期によって薬剤を使い分ける? 早めの対策として、ホームセンターなどで「マシン油乳剤」をの葉っぱが落ちた頃の冬の12〜2月頃に複数回スプレーするのがオススメです。 95%剤と97%剤の「マシン油乳剤」があり、に95%剤を使う人が多くいますが、97%剤の方がいいとも言われるようです。 「キング園芸 マシン油乳剤」などが販売されていますので、スプレーの容器に入れて散布します。 こちらの「マシン油乳剤」は成虫を窒息死させる効果があり、これでほぼ発生しなくなることが期待できます。 「マシン油乳剤」はカイガラ虫の気門(呼吸口)を物理的に塞ぐことによって窒息死させる効果があります。 また、雨が降るとせっかく散布したものが流れ落ちてしまい効果が下がりますので、冬は天気のいい日が続くときにスプレーをします。 以前に大量発生したなどと言った場所には特に予防対策をしっかりしておくといいでしょう。 一度発生した場所に翌年も発生することが多いのがと言われています。 また、その前に「アプロード水和剤」を散布するのもいい方法です。 「アプロード水和剤」は、なかには脱皮をするもいるのでそれを阻害したり、殺虫効果があります。 成虫には効果がありませんが、幼虫の段階で早めに駆除するためのものです。 「アプロード水和剤」は、5〜6月の繁殖期に幼虫の直接の駆除対策として散布するといいもので「日本農薬 アプロード水和剤」などが販売されています。 尚、注意点としては「アプロード水和剤」の薬剤の散布は、実などを収穫するものは収穫したのちに行います。 また、果樹などを栽培している場合は実を守るために春に花が咲くであれば花が咲く前の1〜2月頃に殺虫殺菌効果のある「石灰硫黄合剤」を散布するのもオススメです。 あまり薬剤を使いたくない場合はどうする? あまり薬剤を使いたくない場合で、成虫をみつけた場合の一番いい駆除方法は、単純ですが、ヘラや歯ブラシなどで削ぎ落すことです。 削ぎ落す作業はとても気持ち悪いのですが、実際にはこれが一番と言われています。 また、専用の殺虫スプレーもありますので活用するのもいいでしょう。 「住友化学園芸 エアゾール」などのジェット方式の殺虫剤があります。 やばらの退治にいいとされ、枝に浸透し、また直接殺虫効果もあるなど一年中使えるものとなっています。 冬の成虫も退治できます。 専用の殺虫剤ですが、花木などでは効果がありますが、木に大量に発生してしまった場合などには中々駆除もむずかしいものです。 最初にお伝えしたように膜におおわれているですので殺虫剤が効果をあらわさないこともありまあす。 できるだけ浸透性のある殺虫剤を選ぶのがコツです。 そして、それを何度も持続的に根気よく噴射することも大事なコツです。 駆除がむずかしいですので、しっかり駆除するには、幼虫を駆除する「日本農薬 アプロード水和剤」を使ったり、成虫を窒息死させる「キング園芸 マシン油乳剤」、専門のジェット方式の殺虫剤「住友化学園芸 エアゾール」を3点セットで購入すると言ったことも勧められることもあります。 ジェット式の「カダン カイガラ虫用 殺虫スプレーK」などもあり、類・つばき類・松・もくせいなどの常緑樹や花梅などの落葉樹につく専用の殺虫スプレーも販売されています。 夏冬1年中使え、夏は「アレスリン」の働きで殻に包まれていない幼虫を駆除し、冬は「マシン油」で成虫を窒息死させる効果がある専用殺虫スプレーです。 専用殺虫スプレーは、夏の幼虫、冬の成虫の両方に対応できるように1年中使えるものになっています。 駆除が難しいです。 とにかく早めの対応で駆除対策をしてみませんか。 カイガラムシに効く殺虫剤のオススメは? は実は嫌がられているだけでなく、有効な活用もなされているという事実があるのを知っていますか。 その不思議な生態から様々な活用もされているのです。 最も変わった生態は、の体表から体をおおう被覆物質が出る点です。 の種類によってそれが有効に活用されていて、また、体のなかに蓄積されている色素も利用されています。 たくさんの種類のがいるために、ロウを作るものがあってロウソクの原料や医薬品やワックスやインクなどに使われるものもあるのです。 古くから染色の材料に使われていたり、食品着色料や化粧品に使われたりしています。 そんな話を聞くと実に不思議な虫だという認識を持ちますよね。 カイガラムシの生態を知ると駆除のコツも また、生態が変わっていますので、実はそれによって駆除がむずかしくもなっています。 成虫になると自分の余分な栄養や排泄物で体をおおわれてしまいますので農薬や殺虫剤が効かないということにもなるからです。 ですからできるだけ早めに対処しておくことがの場合は大事です。 5〜7月の繁殖期の前に事前の対策を取ったりすることが大事なのです。 例えばホームセンターなどで手に入る「マシン油乳剤」を冬の1〜2月頃に早めに複数回スプレーで散布しておきます。 「マシン油乳剤」には95%剤と97%剤とがあり、には95%剤を使う人が多いのですが、97%剤の方がよく効くとも言われています。 これで早めに散布するだけで発生を結構予防できます。 特に一度が発生した場所などにはまた発生することも多くありますので、こんな予防対策が有効と言われています。 そしてついに成虫を見つけてしまったら、今度は一番効果的なのはブラシなどで直接こすって落とすことになります。 落としたものはしっかり殺虫スプレーをして袋に入れて処分します。 その際には処分の仕方もきっちりしなければいけません。 またまだ幼虫の頃であれば、「」の体はおおわれていないので農薬や殺虫剤を掛けて駆除できますので、とにかく早めに見付けて成虫にならないうちにできれば駆除することが大事となってきます。 カイガラムシを早めに見つけるコツは? いかがでしたか。 は駆除がむずかしいと言われていますが、その生態をしっかり知って早めの駆除をするのが一番のオススメということが分かりました。 早めならば、予防策の「マシン油乳剤」を冬のうちに複数回散布しておくのが一番効果的です。 次が幼虫の時の殺虫剤、そして最後に成虫になってしまったらブラシで落とし取るという方法で、それぞれの時期に合わせてきちんと対処しておくことが大事となります。 葉っぱに「すす病」などを発症する可能性もある「」ですから、きちんと駆除していっぱいに広がることを避けることが重要です。 また、駆除しても来年に備えて「マシン油乳剤」を散布しておくことも必要で、対策は万全を尽くすことが理想と言えそうですね。 カイガラムシはどんな植物に付きやすい?種類は? 草花や野菜への被害というよりは樹木やなどへの影響の方が大きいとも言われています。 が付くのは具体的には、果樹ややラン、、なんとにも付き、それらの枝や葉などに寄生します。 なかには根に付くもいます。 そんなの好きな環境と言うのはどんなところなのでしょうか。 室内や風通しの悪いところやほこりっぽい場所が好きと言われています。 つまり、なども手を掛けてお世話をしていないとが好きな環境を作ってしまうことになります。 そして、にとって好きな環境と言うのはには悪い環境ですので、が弱っている状態になっているところにが付いてしまっていることになります。 枝が密集してきて風通しが悪くなってがたくさん発生していたということもよく起こります。 そんなことにならないように剪定も適度にやることが大事です。 よく樹木やの枝や葉の表裏を確認し、元気かどうかを見ることも必要です。 で言えば、葉っぱにホコリがたまっていないか、しっかり葉水などを遣りながらお世話をすることが大切となってきます。 樹木やなどの幹や枝などを観察して貝殻のような殻を持ったものやロウのようなねばっとしたものに覆われた物、白い粉状に覆われているものなどを見たらと思ってすぐに駆除することが重要です。 早めに歯ブラシなどでこすり落として駆除します。 観葉植物のカイガラムシ対策は? にはどんなが発生するのかと言うと、ほとんどのには白い綿にくるまったような「ミカンコナ」が付き、葉をべたべたにします。 には茶色の粒状のが付き、シェフレラ()には薄茶色の小さなゴマ粒状のも発生します。 その他や、ラン類などの葉にもがつきます。 が出す蜜でテカテカになったり、ベタベタになっていたりしていないか細心の注意を払う必要があります。 にが発生した場合には、歯ブラシでこするか、もし少しであれば枝や葉の発生した部分を切り取ってしまうのもいいでしょう。 そして環境的にも日が当たる風通しのいい所に置いてやっての元気を取り戻させることもやってあげましょう。 こんなときには栄養が大事とをやる人もいますが、株が弱ってしまいますので弱っているときは控えます。 樹木への冬のカイガラムシ対策は? 樹木では、冬の間に対策をやっておくのがいい方法です。 梅やなどは冬には葉っぱを落としますので、この時期に害虫対策を行います。 その他の常緑樹も葉が少なくなる冬に対策をします。 冬の休眠期に薬剤をまいたりすると自体に影響があまり出ないのでいい時期となっています。 は体が硬い殻やねばねばの蝋で覆われているだけでなく、コケやカビなどとも一緒に共生していることもあって薬剤が効きにくい害虫となっているのが厄介です。 梅や・ツツジ・松・ミカンなどの樹木が灰色や黒褐色のカビにおおわれている場合にその下にがいることもあって発見がむずかしく、駆除もむずかしくなります。 5〜7月がの繁殖期ですので、その時期までに成虫にならないようにやっつけてしまうのがベストです。 冬から春までの間にしっかり、樹木の幹や枝、葉の観察をしておきましょう。 そして剪定もきちんとして樹木の健康を考えてあげることが第一です。 剪定も樹木が休眠期の冬に行うことで木への影響を少なくしてあげることができます。 茂ったときに切るのではなく、冬の落葉時期に切ってあげるのがオススメです。 カイガラムシの不思議な生態は? 最期にの生態に付いてあらためてまとめますと、草食性でほとんどの被子に寄生する害虫です。 口の針での幹や枝から汁液を吸い取ったり、葉に寄生したりして葉の細胞などを破壊してしまいます。 ただ、寄生しているからはがしてしまうとすぐに死んでしまいます。 つまり、歯ブラシなどでこすり取ったらすぐに死にますので、この駆除方法は有効な方法と言えます。 こすり取ったあとどうして駆除しようなどということは考えなくていいことになります。 数が少ないうちに早めに歯ブラシで駆除することが大事です。 の駆除をするためには、こうした生態を知っておくことで、少しでも慌てなくて済むようになるといいですよね。 カイガラムシは室内の植物にもはびこる!? こんな症状はカイガラムシ! は美食家なのか、柔らかめの葉っぱを好みます。 つまりは上の方の葉っぱについていることがよくあります。 幹は茶色なので、茶色いロウのようなものをかぶるにとっては保護色なので、それを利用するのか、幹にもよくついています。 「は古歯ブラシでこそげ落とす」というのがセオリー通りの取り方ですが、古歯ブラシで柔らかい葉っぱをごしごしすると、ぼろぼろになってしまいます。 幹と葉の付け根の間などについているときは、楊枝の先でこそげ落としたり、広い範囲のものはティッシュでふき取るように取り除いたりして、ひとつ一つ丁寧に取りのぞきましょう。 まだ小さいであれば、爪の先でちょこっとこすり落とすことも簡単にできます。 取れたものは土の上に放置しないで、できるだけ集めて処分しましょう。 3、 きりがないくらいのときは【思い切って葉も全部取る】 は小さいものは目に留まらないくらいのサイズの場合もあるので、仕上げに強めの温シャワーで全体を洗い流して、徹底除去しましょう。 水ではなく、40度くらいの強い水流の温シャワーがオススメです。 温度がある程度あると、の卵も撃退できるからです。 葉っぱが残っているときは葉の裏表を念入りに、幹の部分もしっかりと水流で洗い流しておきましょう。 お風呂場などに運び込んで、40度くらいのシャワーで洗い流し、しばらく水切りしてから部屋の定位置に戻します。 外でやってもかまいませんが、外で温シャワーが使えるご家庭はまれなので、オススメはお風呂場のシャワーです。 あとでしっかりとお風呂場の掃除も忘れずに行ってください。 徹底除去しても繰り返し出てくるのでチェックを欠かさずに また、は1年中発生し、駆除しにくい害虫ですので、時期としては幼虫の間に駆除をするのがオススメです。 の防除がむずかしいのは、の体が成虫になると自分の余分な栄養や排泄物などによって白い粉状や蝋物質などで体がおおわれてしまうからです。 それによって薬剤を散布しても効きにくくなり手をこまねいてしまいます。 ということで、体が膜でおおわれない幼虫のうちに駆除をするのが一番と言われています。 時期的には5〜7月が繁殖期と言われますのでその時期に駆除をするのがオススメです。 この時期がが幼虫の時期ということになります。 しかし、幼虫を見たからと言ってすぐに薬剤を散布するのもあまりオススメではありません。 なぜかと言うと、多くのでは1ヵ月程度次々と幼虫が発生し続けるからです。 それに対し、薬剤の効果は5日程度しかないのですぐに散布をしてもあまり効果がないといったことになります。 のなかには脱皮しない幼虫もいますが、幼虫でいる間が10日ほどありますのでその間に薬剤を散布すればよいので、幼虫が増えてから一気に行うのもオススメです。 幼虫を発見してから少したってから散布した方がオススメと言うことになります。 そうしないと、薬剤の効果が短いことが多いため、しっかり駆除するためにずっと散布し続けなければいけなくなります。 の種類によって幼虫の期間も異なりますのでしっかり観察をして種類を調べたり、実際に幼虫の状態を見て散布時期を考えるのがよさそうです。 は種類が大変多く繁殖期がとても長いものもいます。 成虫が産卵する繁殖期が長いと孵化も長く、長期間にわたって幼虫が発生する種類もあります。 「クワシロ」の場合、幼虫の発生ピークから5日以内が駆除時期ですが、「ヤノネ」は幼虫発生のピークから約2週間後に駆除するのが最適とされています。 カイガラムシもいろいろ!成虫対策は? また、にもたくさんの種類があるために見た目も全く異なります。 白い粉を被っているものは、「ミカンヒメ」など柑橘系に付きます。 厚い蝋でおおわれていて白っぽい「カメノコロウムシ」「ツノロウムシ」や茶色の「ルビーロウムシ」などもいます。 袋のなかにいてサルスベリなどに付く「サルスベリフクロ」も白っぽいものです。 ほかにも堅い介殻があるもの、ないものなどさまざまな種類があります。 の種類によってもどのが付きやすいと言ったことがあります。 どのが発生したのかをできれば調べて駆除対策の薬剤や駆除の時期を個別に考えましょう。 また、成虫になってしまえば、粉や殻、蝋でおおわれたものは薬剤が効きにくくなります。 特に活動が鈍く動き回らない「」は、体がおおわれているため薬剤も浸透しません。 そんな「」の成虫には、物理的な方法でヘラや歯ブラシでこそぎ落とすといった方法が一番有効です。 気持ち悪いかもしれませんが、数が少ないうちにこの方法で駆除をしてみるのもいい方法です。 「」に殺虫剤をかけても効かない場合は、こそぎ取る方法はオススメです。 卵を産んで増えていかないように、また成虫が出す体液ですす病を発生したりしないように成虫退治をしっかり徹底してやるようにしましょう。 あまり動き回らないので物理的に取る方法は意外と簡単です。 また、天敵の虫を使って駆除する方法を取ることもできます。 例えば、捕食性昆虫である「ベテントウムシ」を利用して柑橘類に付く白い「ワタフキ」を食べてもらう方法があります。 テントウムシを捕まえて放つ必要がありますが、薬剤を使わずに済みますし、自分で「」をこそぎ取る必要がありませんのでいい方法です。 こうした方法を取るにせよ、の種類や生態をしっかり調べて駆除にいい時期と対策方法を選択することが大事と言えますね。 監修:きなりのすもも 16年前に趣味で栽培をはじめたのをきっかけに、花木、、、 ハーブなど常時100種を超えるを育て、弱った見切り苗や幼苗のリカバリー、 扱いされているの多年栽培などに取り組んでいます。

次の

カイガラムシの卵や幼虫の駆除方法!成虫と同じ殺虫剤で平気?

カイガラムシ 薬剤

カイガラムシとはどんな害虫?【画像あり】• 和名:カイガラムシ• 学名:Coccoidea• 英名:Scalse insect• 階級:カメムシ目カイガラムシ上科• 生息範囲:世界中• 活動時期:1年中を通して活動する、春から夏 5~7月 にかけて活発になる• 体長:3mm~1cm• 寿命:約1年• 特徴:害虫であるが、人間の生活に必要な資源にもなっている• 弱点:5~7月の幼虫から羽化する時期には薬が効きやすい• 各カイガラムシの種類別の紹介はここではしませんが、ご自身が発見したカイガラムシがどの種類であるかの特定を行いたい場合は、上記参考元のリンク「カイガラムシのいろいろ」をご覧いただくと良いでしょう。 カイガラムシはどこからやって来る? カイガラムシは、一般的に 「狭い隙間や暗くて風通しの悪い場所」を好むと言われています。 しかし、 土の中に生息している種や 樹皮の内部に寄生して成長する種などもおり、全て駆除したと思っても一度発生した樹木には翌年もカイガラムシが発生することも多いようです。 雌は動かないことが多いのですが、種によっては 単為生殖も可能なので雌のみでどんどん増えます。 また、雄は交尾のためだけに羽化をして風にのって移動するので、発生範囲が拡大する理由の一つとなります。 恐ろしいことに、 駆除したつもりでいた雌の死骸から子孫が孵化して這い出して来るので、ブラシなどでこすり落とすだけでは不十分だと言えるでしょう。 カイガラムシの天敵となる虫たち カイガラムシの天敵と言われる生物はいますが、その多くはカイガラムシの原産国にいる虫たちであることが多いようです。 ベダリアテントウムシは、成虫・幼虫ともに柑橘系の果樹に付くワタフキカイガラムシ科のイセリアカイガラムシを捕食しますが、それ以外の種は食べないとされています。 ベダリアテントウムシとイセリアカイガラムシはいずれもオーストラリアが原産の虫であるため、仮にベダリアテントウムシを輸入したとしても同様の捕食関係が日本のワタフキカイガラムシ科の種に有効であるかは難しいようです。 オルトラン水和剤は低毒性の有機リン剤で、水で薄めて散布するタイプの薬剤です。 浸透移行性の薬剤の為、葉や茎に散布された薬剤は植物内を移動し、カイガラムシやアブラムシなど口吻を植物に突き刺して吸汁するタイプの昆虫に効果があります。 また、効果の範囲が広いので、カイガラムシ以外にもアブラムシ、アザミウマ、ウンカ、コナジラミ、青虫、毛虫、ネキリムシ、ハモグリガなどの様々な害虫にも効果があり、毒性も低く安全なので使用薬剤の第一候補に上がりやすいでしょう。 しかし、カイガラムシの種類によっては、殻や蝋によってガードされていて薬剤の効果が薄いこともあるため、散布の時期は5~7月の幼虫期~羽化期に使用することで効率的に駆除することが可能です。 マシン油乳剤は カイガラムシの気門 呼吸口 を塞いで窒息死させる効果のある薬剤です。 毒性は「普通物」ですが、 可燃性なので火気のある場所を避け低温で保存する必要があります。 通常は冬季 12月頃 に散布しますが、果樹に使用する場合は利用適期があるので、必ず各植物への適応と使用時期を確認してから使いましょう。 スプラサイド メチダチオン:DMTP スプラサイドはDMTPを有効成分とする殺虫剤で、有効性が高い反面、 劇物なので簡単には入手できず一般家庭での利用は非現実的といえます。 果樹園や茶畑で利用されることが多い「スプラサイド乳剤40」と、リンゴ、カキ、ウメ等に使われることが多い「スプラサイド水和剤」などがあり、果樹やお茶の栽培農家では古くからカイガラムシの特効薬として使われています。 世界的に販売数が減少したことから製造販売が中止される シンジェンタクロッププロテクションAG:本社スイス という話になったのですが、日本の果樹園やお茶栽培農家での利用が定着していることもあって、全農が権利を譲り受けて製造販売することになったことはニュースになりました。 このことからもわかる通り、カイガラムシへの殺虫剤としてはスプラサイドは農家の強い味方であることがわかりますね。 石灰硫黄合剤 石灰硫黄合剤は、カイガラムシに効果的な薬剤として大きな農園では必ずと言っていいほど使われる薬剤のひとつです。 温かい時期に散布をすると薬害を生じてしまうので、樹木が休眠状態にある 冬季 1~2月 に散布をします。 カイガラムシのみならず、うどん粉病などの様々な病原菌にも効果があるのですが、 「強烈な硫黄臭がすること」「強アルカリ性のため、皮膚を溶かし金属も錆びさせるので扱いが難しいこと」「業務用の容量 最低10L でしか販売がないこと」等の点で一般家庭での利用が難しい薬剤です。 我が家では、毎年1月になると駆除業者に依頼して石灰硫黄合剤を散布してもらっているのですが、あの臭いは近所迷惑どころの話ではないので、使える場所も限られてしまうと思います。 個人で使う事はあまりないと思いますが、カイガラムシ退治には欠かせない薬剤のひとつです。 カイガラムシの駆除&防除方法と手順 カイガラムシの成虫と幼虫では対策が違う? カイガラムシの駆除方法を考えるときに、一番悩ましいのは 「成虫には薬剤が効きにくい」という点です。 薬剤の散布のタイミングを考えても、オルトランやアプロード水和剤などの利用は成虫になる前の5~7月でなくてはいけませんし、それ以外では冬季になるまで薬剤による効果的な防除法は行いにくいです。 成虫は物理的にブラシやヘラなどで一つ一つこそぎ落とすのが一番有効で、あまりにも密集してカイガラムシが発生している場合は枝ごと剪定してしまうのも効果的です。 一度カイガラムシが発生してしまった場合は、翌年以降も発生することを予測して、植物が休眠状態になっている冬のうちの薬剤散布による予防が大切になるでしょう。 成虫を見つけたら、できるだけ早いうちに手で取って捨ててしまいましょう! 最も効果的なカイガラムシの駆除手順 1.成虫はブラシやヘラでこそぎ落とす 2.カイガラムシが好みそうな状況を改善する 剪定するなどして通気性・日当たりを改善 3.5~7月ごろにオルトラン水和剤・粒剤やアプロード水和剤を利用する 4.カイガラムシ専用殺虫剤 マシン油乳剤配合 を12月ごろに成虫に噴射 一般家庭でできる方法としては、上記の手順が一番簡単で確実でしょう。 地道な作業ですが、カイガラムシを一匹ずつ取り除いてから再発生しないように環境を整え、5~7月に幼虫や卵に対して効果的なアプロード水和剤を使うなどして成虫になるのを予防し、冬に残っている成虫がいれば専用殺虫剤を噴射して駆除するというのが良いでしょう。 <スプレータイプの簡易マシン油乳剤はこちら>.

次の

カイガラムシが発生する原因とは?カイガラムシの退治方法と予防対策

カイガラムシ 薬剤

カイガラムシの産卵時期 カイガラムシの産卵・孵化の時期は、 5月~7月頃。 夏に繁殖することになります。 そして、夏の終わり頃から秋・冬は、厄介な成虫の姿になります。 なので、卵・幼虫が多いこの時期に見つけたら徹底的に駆除をするのが適切です。 カイガラムシの卵・幼虫の駆除方法 カイガラムシの卵は覆われているので、殺虫剤が効きにくいです。 なので、幼虫のときに殺虫剤で駆除するのが一番簡単ですが、 卵のうちに駆除できるならその方が被害も防げるし楽かもしれませんね。 卵を殺虫剤を使わずに駆除するときの注意点や効きやすい薬の種類、 それから、幼虫の駆除方法を紹介します。 卵の駆除 カイガラムシの卵が少しだけなら、枝を切ったりハケで払えますよね。 でも、下に卵を落としたままだと生まれてしまうので… 薬剤を使わない場合は、• 卵がついた枝を切り取って焼却処分。 袋を広げて、その中に卵を落として捨てる。 シートを広げてその上に卵を落として焼却処分。 などの方法が確実です。 大量に付着していて手に負えない場合は、確実とはいえませんが薬剤を使う方法もあります。 普通の成虫や幼虫に効く殺虫剤は効きにくいので、 マシン油乳剤などで卵を窒息させる方法が比較的効くかもしれません。 少量の卵で、取って捨てることが出来るなら簡単ですよね。 大量だと、確実に駆除するなら幼虫のときがおススメです。 幼虫の駆除 カイガラムシは、幼虫の時期は殻などが出来ていないので、薬が効きやすいです。 マシン油乳剤やカイガラムシエアゾールなどの殺虫剤があります。 商品ごとに使用できる植物が決まっているので確認して選んでください。 ちょっとした量のカイガラムシなら、 木酢液や食品成分の薬剤、自作の酢スプレー・牛乳スプレーなどを一度試してみるのもいいかもしれません。 駆除した後の注意点が一つあります。 地面などにカイガラムシの死骸をなるべく放置しないことです。 メスの死骸から幼虫が生まれたりするからです。 なるべく綺麗に後始末するのが効果的です。 カイガラムシの卵を予防する方法 カイガラムシの小さい卵が沢山つくのは困りますよね。 卵や幼虫のときの駆除でも手間がかかります。 卵を予防するには、成虫になっているカイガラムシを駆除するしかないですよね。 冬から夏までに成虫を駆除しておくことで、卵を予防できます。 カイガラムシの成虫には薬剤が効きにくいので、ハケなどで落として始末するのが確実で効果的です。 水圧洗浄機を使う方法もあります。 薬剤を使う場合は、マシン油乳剤やカイガラムシエアゾールなどがあります。 ちなみに、産卵抑制作用があるアプロード水和剤、ポロポンVなどの薬剤もあります。 カイガラムシに効くかは分かりませんが、そのような薬剤を使ってみるのもいいかもしれません。 植物の置き場所や育て方も見直してみましょう! カイガラムシの成虫を夏までに駆除して、 卵がついてしまったら夏の間は徹底して駆除しましょう。 それから、植物の置き場所や育て方も見直してみてください。 特に、風通しが悪いとカイガラムシが発生しやすいです。 日当たり、風通しが良い場所で育てる。 土がしっかりと乾いたら水やりをする。 乾燥していたら葉に水をかけるなど。 窒素 N 肥料をあげすぎない。 葉が茂りすぎないように、適度に剪定をする。 鉢植えは、大きく育ったら一回り大きな素焼き鉢などに植え替えをする。 カイガラムシが発生したらまずは駆除をして、 それから植物を育てる環境や育て方を見直してみてくださいね。 少しでもカイガラムシを減らして、植物を元気に育ててください。

次の