初代 アイ パッド。 いらなくなった初代iPadの活用方法 【厳選】

初代iPad買取|iPad買取は買取センターグループ

初代 アイ パッド

表示・非表示の選択• iPad• iPad Air• iPad mini• 9インチ) 初代 iPad Pro iPad Pro (9. 7インチ) iPad Pro(9. 7 第一世代) ipad Pro2 (12. 9インチ) iPad Pro(12. 9 第二世代) ipad Pro2 (10. 5インチ) iPad Pro(10. 5 第一世代) iPad Pro3 (11インチ) iPad Pro 11(11 第一世代) iPad Pro3 (12. 9インチ) iPad Pro 12. 9(12. 9 第三世代) iPad Pro4 (11インチ) iPad Pro 11(11 第二世代) iPad Pro4 (12. 9インチ) iPad Pro 12. 9(12. 9 第四世代) 画像• ブラック• ブラック• ゴールド• シルバー• シルバー• ブラック• ゴールド• シルバー• スペースグレイ• ゴールド• シルバー• ゴールド• スペースグレイ• シルバー• ゴールド• スペースグレイ• ローズゴールド• シルバー• ゴールド• スペースグレイ• ローズゴールド• シルバー• ゴールド• スペースグレイ• シルバー• スペースグレイ• シルバー• スペースグレイ• シルバー• スペースグレイ• シルバー• 8mm 横 189. 7mm 厚 13. 4mm 本体サイズ 縦 241. 2mm 横 185. 7mm 厚 8. 8mm 本体サイズ 縦 241. 2mm 横 185. 7mm 厚 9. 4mm 本体サイズ 縦 241. 2mm 横 185. 7mm 厚 9. 4mm 本体サイズ 縦 240mm 横 169. 5mm 厚 7. 5mm 本体サイズ 縦 240mm 横 169. 5mm 厚 7. 5mm 本体サイズ 縦 250. 6mm 横 174. 1mm 厚 7. 5mm 本体サイズ 縦 240mm 横 169. 5mm 厚 7. 5mm 本体サイズ 縦 240mm 横 169. 5mm 厚 6. 1mm 本体サイズ 縦 250. 6mm 横 174. 1mm 厚 6. 1mm 本体サイズ 縦 200mm 横 134. 7mm 厚 7. 2mm 本体サイズ 縦 200mm 横 134. 7mm 厚 7. 5mm 本体サイズ 縦 200mm 横 134. 7mm 厚 7. 5mm 本体サイズ 縦 203. 2mm 横 134. 8mm 厚 6. 1mm 本体サイズ 縦 203. 2mm 横 134. 8mm 厚 6. 1mm 本体サイズ 縦 305. 7mm 横 220. 6mm 厚 6. 9mm 本体サイズ 縦 240mm 横 169. 5mm 厚 6. 1mm 本体サイズ 縦 305. 7mm 横 220. 6mm 厚 6. 9mm 本体サイズ 縦 250. 6mm 横 174. 1mm 厚 6. 1mm 本体サイズ 縦 247. 6mm 横 178. 5mm 厚 5. 9mm 本体サイズ 縦 280. 6mm 横 214. 9mm 厚 5. 9mm 本体サイズ 縦 247. 6mm 横 178. 5mm 厚 5. 9mm 本体サイズ 縦 280. 6mm 横 214. 9mm 厚 5. 9mm 重量 本体重量 Wi-Fi版 680g 3G版 730g 本体重量 Wi-Fi版 601g 3G版 613g 本体重量 Wi-Fi版 652g 4G版 662g 本体重量 Wi-Fi版 652g Cellular版 662g 本体重量 Wi-Fi版 469g Cellular版 478g 本体重量 Wi-Fi版 469g Cellular版 478g 本体重量 Wi-Fi版 483g Cellular版 493g 本体重量 Wi-Fi版 469g Cellular版 478g 本体重量 Wi-Fi版 437g Cellular版 444g 本体重量 Wi-Fi版 456g Cellular版 464g 本体重量 Wi-Fi版 308g Cellular版 312g 本体重量 Wi-Fi版 331g Cellular版 341g 本体重量 Wi-Fi版 331g Cellular版 341g 本体重量 Wi-Fi版 298. 8g Cellular版 304g 本体重量 Wi-Fi版 300. 5g Cellular版 308. 2g 本体重量 Wi-Fi版 713g Cellular版 723g 本体重量 Wi-Fi版 437g Cellular版 444g 本体重量 Wi-Fi版 677g Cellular版 692g 本体重量 Wi-Fi版 469g Cellular版 477g 本体重量 Wi-Fi版 468g Cellular版 468g 本体重量 Wi-Fi版 631g Cellular版 633g 本体重量 Wi-Fi版 471g Cellular版 473g 本体重量 Wi-Fi版 641g Cellular版 643g ディスプレイ ディスプレイ 9. 4GHz) CPU Apple A9 CPU Apple A10 Fusion CPU Apple A10 Fusion CPU Apple A7 デュアルコア(1. カメラ搭載。 CPU、メモリーがアップ。 中古での人気No. Retinaディスプレイ搭載で画面表示が綺麗に。 カメラ画質、メモリーがアップ。 LTE対応。 CPU、カメラ画質がアップ。 iPad Pro(9. 7インチ版)の廉価版。 スペックが少しダウンし、重量も重くなったが、その分、値段は大きく下がった。 2017年版iPadよりも約2倍CPU性能が上がり、今まではiPad Proにしか対応していなかったApple Pencilにも対応した。 その他は2017年版iPadと同じ。 2018年度iPadより、サイズアップ。 その分、重量が少し重くなりましたが、価格は下がりました。 従来の9. 7インチモデルiPadに比べて、格段に軽く薄くなった 新色ゴールドが追加。 Airよりも軽く薄くなり、CPU・メモリ・カメラ画質もアップ iPad Pro3の機能を絞った廉価版といったところ。 iPad6より値段は高いものの、Airならではの軽さ・薄さを備え、CPU性能は大幅アップ。 iPadのサイズダウン版。 軽くて持ちやすい。 iPad miniより若干、重く厚くなったが、画面の綺麗なRetinaディスプレイを搭載。 大きな変化なし。 新色ゴールド・指紋認証センサーが追加 iPadの中で最軽量&最薄。 処理能力アップ。 iPad mini4よりCPU性能が大幅アップ。 Apple Pencilに対応。 iPadのサイズアップ版。 画面分割やペン入力など、ビジネスシーン向き。 iPad Pro(12. 9インチ版)のサイズダウン版であり、iPad Air2の後継機。 CPUやリフレッシュレートなど基本性能が大幅にアップ。 重量も軽くなった。 iPad Pro2(12. 9インチ)のサイズダウン版。 薄く・軽く・CPU性能もアップ。 ホームボタンが廃止され、顔認証に。 新しいApple Pencil対応。 iPad Pro3(11インチ)のサイズアップ版。 CPU性能がアップし、超広角カメラ・LiDARスキャナ AR対応)を搭載。 後日発売されるトラックパッド付きの新しい外付けキーボード(Magic Keyboard)にも対応。 iPad Pro4(11インチ)のサイズアップ版。 他のスペックは同じ。

次の

脱獄についての質問です。

初代 アイ パッド

第三世代の新しいiPadはiPad2とどこが違うのか? マルっとわかるスペック比較をつくってみました。 さらに旧モデルの初代iPadも横に並べてみたので、「iPad2を買わなかったぶん、今回新iPadに乗り換えちゃうぞ!」という初代iPadユーザーの方もこちらをチェック。 外観については大きな変更はありません。 ざっとスペックを眺めてみてましょう。 デュアルコアの新CPU『Apple A5X』が搭載されました。 グラフィックはクアッドコアだそうです。 大きく変わったのが画面解像度。 また、Retinatディスプレーの採用でさらに画面表示が美しく鮮やかになったとしています。 光学系では背面カメラが5メガピクセルにパワーアップ。 動画撮影では720pから1080pに。 iPhone4から4Sへの進化を思いださせます。 バッテリーは4G通信で最長9時間。 iPad2での3G通信と同等です。 厚みはiPad2より0. 6mmアップ。 2 mm 241. 2 mm 242. 8 mm 幅 185. 7 mm 185. 7 mm 189. 7 mm 奥行き 9. 4 mm 8. 8 mm 13. 上記のスペック表以外では、日本語対応の音声入力やLTEでの高速通信対応も発表されました。 カラーはホワイトとブラックの2色。 通信事業者はソフトバンクのみ。 価格はWi-Fi版が16GBで42,800円、32GBで50,800円、64GBで58,800円。 iPad2も価格を一段下げて併売されるそうです。 重さが気になる方や、とりあえずiPadをもちたいという方には選択肢が増えたんじゃないでしょうか。 発売は3月16日、予約は本日3月8日から。

次の

新しいiPadとiPad2と初代iPadのスペック比較表

初代 アイ パッド

この記事のURLをコピーする あなたはいらなくなったiPadをどのように使っていますか。 ガジェット好きにとって、 新しいモノを買うと同時にそれまで使っていたモノの使用用途に悩むことも多いです。 私もその中の1人です。 今回はその中でも最たるモノが初代iPadです。 2010年1月27日、初代iPadが発売されました。 現在、初代iPadを使おうとするとは iOSが5. 1以降にアップデートできないこともあり、タンスの肥やしとなっています。 (私は祖母のために、LINE専用端末にしたかったところですがOSが対応しておらず、やむなく断念しました) その他の活用方法がないかといろいろ調べた結果、いくつか生き延びる術を発見できたので、今回は初代iPadの活用術について書いていきたいと思います。 紹介した中から初代iPadの新しい役割が見つかれば幸いです。 初代iPadの新たな活用術 5選 音楽プレーヤーとして使う ソニーのウォークマンと双璧をなすiPodを作ったアップルですから、もちろんiPadも音楽機能がついています。 初代iPadの容量は1番少ないもので16GBとかなり少ない容量となっています。 しかし MP3 ビットレート128kbpsの場合、約3,300曲を入れることができます。 音楽をヘビーユーズで聴かない方にとっては、十分な容量ではないでしょうか。 カーナビ化させる 初代iPadは 画面が大きい事が1つの特徴です。 一方で 重量もかなり重く約730gあります。 そのため、持ち運びには不便な点から、いっそのことカーナビ化させるというのを考えてはいかがでしょう。 iOS 5. 1であればデフォルトのマップがGoogleマップなのが大きなメリットです。 パソコンのサブディスプレイにする。 画面サイズの大きさを活かし、パソコンのサブディスプレイにするのもよいでしょう。 通常、 パソコンのサブモニターを買う場合10,000円〜30,000円ぐらいは必要です。 しかし初代iPadを使い、有料アプリをインストールすれば 2,000円以内に収められコストパフォーマンスも非常に良いです。 実際に私もこの使い方をしています。 (別記事でも紹介しています。 ) デジタルフォトフレームにする 本当に何も使い道が思いつかなくなった時、これしかないかなぁと思っています。 もともとiPadにはフォトストリーム機能がついています。 その機能だけを活かして写真を表示させるデジタルフォトフレームとして使う事が最終手段かと思います。 個人的には、ばあちゃんにひ孫の顔見せてあげたいので、この使い方もアリなんじゃないかと思っています。 音楽家限定 楽譜リーダーICレコーダーか 私は趣味でバンドをやっているのですが楽譜を持ち歩くのがとても面倒です。 PDFで楽譜を持っているのであればiBookなどの機能使って楽譜リーダーにするのも1つの手です。 また、 練習した音源を録音したい際も、iPadで録音してしまえば良いのです。 私も実際に今は使っていないiPhone 4SをICレコーダー化させる商品を購入して使っています。 お勧めしない活用法 個人的に、これをする位なら逆に売った方が良いと思う使い方も紹介していきます。 電子書籍リーダーとして使う 自炊本を読む電子書籍リーダーとして初代iPadを使いましたが、あまり使い物にはなりませんでした。 個人的には、 iPadの重量が重すぎて読むことに集中ができません。 またディスプレイの明るさも相まって頭の中に入らずなかなか集中して読むことができなかった苦い経験があります。 LINE専用端末として LINEが使えれば、初代iPadの使い道は一気に開けることになりますが、 iOS 5. 1においてはLINEを使うことができません。 脱獄なども考えましたが、上手くできる記事がありませんでしたので、私は断念することとなりました。 まとめ いろんな使い方を考えたり、試してみたりした結果、わかったことが1つだけあります。 それは 何か1つの機能に特化させることです。 やはり同時使用を考えると、古い端末であるが故にパワーが足りなかったり、動作が重いことが大きなデメリットになります。 ですので、な るべく1つの機能に集中特化させる使い方を検討してもらえると、初代iPadの使い道も開けてくると思います。 タンスの肥やしが意外な活用になるよう祈っています。

次の