四十九日法要 お返し。 忌明けのお返し/香典返し・法事のお返し・49日引き出物専門店[ギフトニシバ]

主人の四十九日法要予定が近日中にあり、昨今のコロナウィルスによ...

四十九日法要 お返し

引出物は「お供え」の、香典返しは「香典」のお礼 「引出物」は四十九日法要にいただいた「お供え」のお礼 四十九日法要で用意する「引出物」は、四十九日法要に出席する方からいただいた「お供え」へのお礼にあたります。 熨斗(のし)は黒白か双銀の結び切りで、表書きは「志」や「粗供養」とすることが多いようです。 「香典返し」は忌中にいただいた「香典」のお礼 四十九日法要で用意する「香典返し」は、通夜や葬儀、その後四十九日までのいわゆる「忌中」にいただいた「香典」へのお礼にあたります。 熨斗は黒白か双銀の結び切りで、表書きは「志」や「満中陰志」(関西地方など)とすることが多いようです。 香典とお供えを両方いただいた方には、法要後に引出物と香典返しの両方をお渡しします。 もちろん、通夜・葬儀で「当日返し」をしている場合は引出物だけですが、高額の香典をいただいた場合は、四十九日に改めて香典返しを用意することもあります。 引出物・香典返しの選び方と金額の目安 香典返しの品物の選び方・金額の目安は いただいたお香典の半額程度を目安に用意します。 品物選びのポイントは、食品や消耗品など「すぐ使ってなくなってしまうもの」。 これは「不祝儀がいつまでも残らないように」という考え方からきているもので、中でもお茶や海苔などの乾物、お菓子、洗剤などは地方や慣習を問わない定番となっています。 価格: 2,000円 税抜 良質な焼きのりと味付のりのセットです。 焼のりは3切6枚が3袋、味付のりは8切5枚が8袋入っています。 メーカーによる包装が施された状態で発送されます。 常温で保存できるため、遠方のお相手に送りやすいでしょう。 価格: 5,000円 税抜 静岡県産の玉露と名人茶(上煎茶)がそれぞれ110gずつ詰め合わせになっています。 深い香りやまろやかな味わいを楽しめるのが魅力的です。 好き嫌いが分かれるものでもなく相手の年齢や性別を問わず送ることができます。 価格: 5,000円 税抜 キッチン周りの掃除や後片付けに使えるクロスと洗剤がセットになったギフトです。 ディッシュクロスやスポンジなども入っているため、ギフトを開ければそのままキッチンでの作業を始められます。 カエルがモチーフになっており、小さい子供がいる家庭にもおすすめです。 品物の選び方は香典返しと同様に考えてよいでしょう。 お供えをいただく前に用意しなければなりませんので、あらかじめ親族や詳しい方に、当地の「お供えの相場」や「引出物の定番」を聞いておくと安心でしょう。 引出物・香典返しで迷ったらカタログギフトがおすすめ 香典返しの定番としてはお茶や海苔などの乾物、お菓子、洗剤などがあげられます。 しかし、相手にとって本当に必要な品物を贈りたい場合や何を香典返ししていいのか迷っている場合は、多くの商品の中から好きなものを選べるカタログギフトがおすすめです。 価格: 3,300円 税抜 約1130点のアイテムが掲載されています。 少額の香典返しに迷った場合でも、こちらのカタログギフトを選べば間違いはありません。 価格: 5,950円 税抜 商品数が多いのが特徴的で、服飾・生活雑貨は約1620点、グルメは約410点が掲載されています。 受け取った人が自分自身のニーズに合わせて商品を選べます。 価格: 11,000円 税抜 「リンベルeカード」や各種ギフトカードも掲載されており、それらを選べばカタログに載っていない商品の購入も可能です。 選択肢の幅が広いため、さまざまな人に対して送ることができます。

次の

四十九日法要の引き出物に適した品物とは?のしの書き方も解説します|終活ねっとのお坊さん

四十九日法要 お返し

四十九日のお返しについて 四十九日のお返しとはどういったものなので、香典返しとは何が異なるのでしょう。 四十九日のお返しは「引き出物」 引き出物と聞くと結婚式のようなおめでたい時のお礼の印象ですが、四十九日のお返しのことを引き出物と言います。 この引き出物は四十九日の法要にいただいたお供えのお礼を意味していて、感謝の気持ちを込めて贈ります。 初めて聞いた方は驚くかもしれませんが、知っているようであまり知られていない用語の一つです。 香典返しとは違う お返しなら香典返しをしたので良いのでは?と思ってしまいますが、香典返しは忌中にもらった香典のお返しで、感謝の気持ちを込めてお礼をするものです。 よって、四十九日法要の引き出物と忌中のもらった香典の香典返しは別物になるので注意しましょう。 四十九日の引き出物の相場は? では四十九日法要の引き出物の相場はいくら位なのでしょうか。 手荷物として持ち帰るものである四十九日のお返しは、車で足を運ぶ方だけでなく、公共の交通機関を用いて参列する方もいるでしょう。 あまり負担となるような重たいものや大きなものを避けて選ぶと、相手への配慮が伺えます。 また参列者の年齢層を考慮するなど、様々な条件をクリアさせて品物選びをするのが大切です。 引き出物の「のし」の書き方と注意点 金額が決まって気になるのは、のしの書き方ですが、注意点と合わせて紹介します。 書き方と注意する点 一般的に関東では「志」や「粗供養」、関西では「満中陰志」や「忌明志」という表書きです。 地域によって異なりますので気を付けましょう。 注意する点は水引で、黒白または銀の結び切りを用いるのがマナーです。 どのような品がよい? 実際に四十九日法要のお返しを選ぶ場合、どのようなものが良いのでしょう。 ポイントはすぐ使ってなくなってしまうものが良いとされていて、形に残らない食品が主流となっています。 いくつか紹介しますので、是非参考にして下さい。 お菓子 誰もがもらってうれしいお菓子は、子供がいる世帯に喜ばれるのは勿論ですが、大人だけの家族でも重宝します。 また本人が甘党でない場合でも、来客時の菓子受けになりますのでおすすめです。 賞味期限が短い生菓子は避け、日持ちするものをセレクトすると良いでしょう。 乾物 いくらあっても困らない乾物は、主婦の強い味方でこちらも喜ばれます。 また荷物にならないコンパクトで軽い商品が多いのもメリットで、日持ちするものばかりですので安心です。 高島屋オンラインショップで選ぶ 高級デパートの品物を用いるのも良いです。 包み紙を見ただけですぐに分かる高島屋は、安心して四十九日法要のお返しを選べる高品質な商品が多い百貨店です。 近くに店舗が無くても、オンラインショップですので、自宅にいながらデパートショッピングができます。 予算やアイテムで商品検索できる機能もあるので、欲しい商品を短時間で探せる便利さがあります。 写真も見やすく分かりやすいので、商品を決める際の参考になります。 ランキングや定番アイテムの紹介もされていて、人気商品から選んで確実に喜ばれるお返しがセレクトできます。 メッセージカードも自分の言葉で作成できるなど、細やかな配慮があるのは、高島屋オンラインショップならではのサービスです。 四十九日法要の豆知識 四十九日の法要は、親族が集まるのは勿論ですが、そこには深い意味が込められているようです。 遺族にとっての四十九日法要とは 故人が亡くなってから7週経過したあたりで執り行われる四十九日法要ですが、遺族にとっても忌明けの時期となり、故人との別れにひと区切りを付ける時期でもあります。 無我夢中で数々の葬儀を取り仕切っていた方もいるでしょう。 色々な動きがひと段落する時期でもある四十九日法要は、故人が安らかに天国から自分達を見守ってくれると信じて、次のステップへ踏み出す時期でもあるようです。 緊張感が抜けてホッとする時期でもありますので、心身の疲れに注意して少しゆっくりする時間を設けることも大切です。 まとめ いかがでしたか?四十九日法要のお返しと香典返しの違いが理解できたでしょうか。 同じ時期に贈るお返しでも、意味や言い方が異なりますので葬儀に関する知識を習得するためには、沢山の情報を収集する必要があります。 四十九日の法要について困っている事がある方は、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

次の

四十九日法要での香典の金額はいくら?書き方やマナーも解説

四十九日法要 お返し

四十九日法要後のお返しの種類にはどのようなものがあるのでしょうか。 お通夜・お葬式に参列していただいた方は四十九日法要にも参列していただける方が多く、お葬式などのお礼も兼ねて四十九日法要ではお返しをします。 そして、四十九日のお返しには 香典返しと引き出物の2種類があります。 この2種類のお返しの意味とはそれぞれどのような意味あいと違いがあるのでしょうか。 それでは、四十九日のお返しである香典返しと引き出物について解説いたします。 香典返し 香典返しとは、お通夜・お葬式などで包んでいただいた香典のお礼としてお渡しするお品のことです。 お通夜・お葬式での香典は御霊前となりますが、本来御霊前は四十九日法要が行われる忌明けにお返しするのが基本とされています。 そのため、お通夜・お葬式での 御霊前のお返しとして、四十九日法要後にお返しするのが香典返しとなります。 引き出物 引き出物とは、四十九日法要の際にいただいたお供え・ 御供物料へのお礼としてお返しするお品のことです。 お通夜・お葬式と四十九日法要に参列していただいた方には、香典返しと引き出物の両方をお返しすることになります。 四十九日のお返しで一般的な品物 四十九日のお返しで一般的な品物とはどのようなものがあるのでしょうか。 四十九日のお返しには、いただいた方が普段の生活において役立つ物や消耗品が好まれます。 生活に役立つ消耗品とは、食品や洗剤などの日用品のことですが、そういった物のなかにも気を付けなければいけないマナーもありますので注意が必要です。 では、四十九日のお返しとして好まれることが多い品物についてご紹介いたします。 お菓子やお茶 四十九日のお返しとして選ばれることが多いのがお菓子やお茶です。 まず、お菓子は四十九日のお返しでは消え物として、不祝儀を後に残さない品物として定番となっています。 定番のお菓子としては、一昔前まではようかん・お煎餅・お饅頭などの和菓子が主流でしたが、近年ではクッキー・バームクーヘン・ゼリーといった洋菓子をお返しのお品とすることも増えてきています。 お菓子をお返しとして選ぶ場合には、 日持ちする物が良いとされています。 生クリームなどを用いたお菓子は避けたほうがいいでしょう。 そして、四十九日のお返しにはお茶も定番の物とされています。 選ばれるお茶の種類としては、宇治茶・高級玉露・煎茶・ほうじ茶などが挙げられます。 人気はカタログギフト 最近人気な品物としては カタログギフトが流行っています。 カタログギフトが人気の理由としては、受け取った方が好みに応じて品物を選ぶことができるということです。 このカタログギフトを贈る利点としては、たとえ定番の品物をお返ししたとしても、受け取った側が必要ない物であることも少なくはなく、そうなればお礼としての意味も薄れてしまう場合もあります。 そういったこともらも、好みに応じた品物を選ぶことができるカタログギフトが近年では重宝されている理由でもあります。 商品券でも大丈夫? 四十九日のお返しは商品券でも大丈夫なのでしょうか。 最近では実際に商品券をお返しとするケースあり、お返しの品物にはっきりとした決まりがあるわけではないので特に問題はありません。 ただし、商品券の場合には金額そのものが明記されているため、 具体的な金額がわかる物は気を遣わせてしまうという側面もあります。 そのため、四十九日のお返しとして商品券を贈ることには賛否両論があることも確かです。 避けた方がいい物 お返しとして避けるべき物としては肉や魚といった生物や 腐りやすい物です。 また、お祝い事に贈られる場合の多い昆布・日本酒なども避けたほうがいいでしょう。 お返しの品物の金額相場は? 四十九日のお返しの仕方にはどのようなマナーがあるのでしょうか。 宗旨・宗派にもよりますが、御霊前をいただいた場合、最近ではお通夜・お葬式の後にすぐそのお返しをするケースもあります。 そういったケースでは四十九日での香典返しは不要となります。 では、従来の 四十九日のお返しのタイミングについて解説していきます。 渡すタイミングは? 四十九日のお返しを渡すタイミングは法要当日と、後日郵送で渡す場合とあります。 では、 当日あるいは後日渡す場合のマナーはどうなっているのでしょうか。 法要当日に渡す場合 基本的には、四十九日のお返しは 法要後か会食の後となります。 お渡しするときには、丁寧なお礼を述べお返しをするのがマナーです。 しかし、会食中に配ることが迷惑となることもあり、それぞれの席にあらかじめ準備しておく場合もあります。 後日郵送で渡す場合 御霊前をいただいた方には、事情により四十九日法要に参列できない方もいらっしゃることでしょう。 または、参列者が多く四十九日当日だけで全員に手渡しできないということもあるでしょう。 そういった場合には後日郵送で渡す場合もあります。 一人一人に丁寧な挨拶を添えてお返しするという意味では、郵送も失礼な方法とはなりません。 下記の記事では、葬儀の後日で気を付けるべきお悔やみの言葉について紹介しています。 ぜひ、こちらもあわせてご覧ください。 お返しの際の熨斗(のし)紙についてご紹介しましょう。 四十九日のお返しのお品には熨斗紙を用います。 そして、その熨斗紙には表書きや名前の書き方、添えるためのお礼状の書き方なども併せて解説いたします。 表書きは「志」 熨斗紙の表書きには、 「志」と書くのが一般的となります。 しかし、西日本の一部地域では満中陰志と書く場合もあります。 名前の書き方は? 表書きの下に喪主となる方の苗字か苗字に家名を表す家をつけます。 もし故人と喪主の方の苗字が異なる場合には、受け取った方がすぐに分かるように故人との続柄を書く場合もあります。 また、近年ではフルネームを書く場合もあるようです。 のし紙の水引は? 熨斗紙の水引は、結び切りの色が 黒と白が一般的で、関西地方では黄色と白という結び切りの色もあります。 弔事が一度切りであるようにとの願いから、結び切りという名が用いられているといわれています。 お礼状や挨拶状の書き方 四十九日の香典返しには、お礼状の意味あいも込めて 忌明けの挨拶状が礼儀として必要となります。 では、その例文をご紹介しましょう。 四十九日とは、故人が亡くなってから49日目にあたる日のことである。 四十九日法要後のお返しの種類には、香典返しと引き出物がある。 四十九日のお返しで一般的な品物にはお菓子やお茶、最近人気な品物としてはカタログギフトなどがある。 四十九日のお返しの仕方には、法要当日に渡す場合と後日郵送で渡す場合がある。 お返しの際の熨斗(のし)紙については、表書きには志と書き、名前の書き方は志あるいは満中陰志と書いた場所の下に喪主となる方の苗字か苗字に家名を表す家をつける。 四十九日のお返しには、香典返しと引き出物があり、それぞれに意味が異なるため金額相場やお渡しするタイミングについても注意が必要だったのですね。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の