ドコモ光 ソフトバンク光。 意外に知らない?ソフトバンク光プロバイダYahoo!BBの注意点

ドコモ光 VSソフトバンク光 を徹底比較|キャリアの乗り換えならどちらが得?

ドコモ光 ソフトバンク光

ドコモやソフトバンクといえば、やはりスマホやケータイ電話のイメージが強いものですが、実はそれぞれ自宅向けのインターネットサービスも提供しています。 とはいえ、「もう他の会社と契約してるし、今さら他の会社に乗り換えるもの面倒…」と思っている方も多いでしょう。 ところが、ドコモの「ドコモ光」やソフトバンクの「ソフトバンク光」では、 スマホとセットで契約すると月額料金がお得になるケースがあるのです。 今回は、自宅のインターネット回線をよりお得に利用するための情報をお届けします! 画像引用元: 1 「ドコモ光」と「ソフトバンク光」ってどんなサービス? ドコモとソフトバンクがそれぞれ提供している光サービス、「ドコモ光」と「ソフトバンク光」。 まずは1つずつ、その特徴を確認していきましょう。 1-1 ドコモ光とは ドコモ光はドコモが提供する光インターネットサービスです。 フレッツ光回線またはケーブルテレビの設備を利用しています。 通常、1,000円〜1,500円かかるプロバイダ料金込みで、 月額4,000円から利用可能。 月額料金の詳細は、対応プロバイダによって変わってきます。 ドコモ光の月額利用料金 集合住宅 4,000円 or 4,200円 (単独タイプは3,800円) 戸建住宅 5,200円or 5,400円 (単独タイプは5,000円、ドコモ光ミニは2,700円〜5,700円) 1-2 スマホとセットで契約すると「ドコモ光セット割」が適用される ドコモ光とスマホをセットで契約すると「ドコモ光セット割」が適用され、月々のスマホ代が100円~3,500円も安くなります。 割引の幅が大きいのは、スマホ側で加入するプランの違いによるものです。 プランごとの割引額を一覧で確認してみましょう。 ドコモのスマホプランの違いによる割引額(1人向け) 使った分だけ支払うプラン ドコモ光セット割 ベーシックパック(〜20GB) 7,000円 -800円 ベーシックパック(〜5GB) 5,000円 -800円 ベーシックパック(〜3GB) 4,000円 -200円 ベーシックパック(〜1GB) 2,900円 -100円 定額プラン ドコモ光セット割 ウルトラデータLLパック 8,000円 -1,600円 ウルトラデータLパック 6,000円 -1,400円 ケータイパック 300円~4,200円 -500円 ドコモのスマホプランの違いによる割引額(家族向け) 使った分だけ支払うプラン ドコモ光セット割 ベーシックシェアパック(~30GB) 15,000円 -1,800円 ベーシックシェアパック(~15GB) 12,000円 -1,800円 ベーシックシェアパック(~10GB) 9,000円 -1,200円 ベーシックシェアパック(~5GB) 6,500円 -800円 定額プラン ドコモ光セット割 ウルトラシェアパック100 25,000円 -3,500円 ウルトラシェアパック 16,000円 -2,900円 ウルトラシェアパック 13,500円 -2,500円 割引額が最小・最大になるのはこの組み合わせ! 割引の最小・最大値 最小の100円割引 「ドコモ光 戸建」または「ドコモ光 マンション」+「ベーシックパック(〜1GB)」に加入している場合 最大の3,500円割引 「ドコモ光 戸建」または「ドコモ光 マンション」+「ウルトラシェアパック100」に加入している場合 基本料金が高いプランを選択している方ほど大きな恩恵を得られる仕組みになっています。 また、ほかにもこんな特典があるので要チェックです。 1-3 ソフトバンク光とは ソフトバンク光も、光回線を利用した自宅用のインターネット接続サービスです。 集合住宅タイプなら月額3,800円で利用できます。 1人1人の月額料金をカットできるのは魅力的ですよね。 割引料金もかなりシンプルで分かりやすいです。 また、ソフトバンク光には、ほかにもこんな特典があります。 フレッツ光ネクスト利用中なら、のりかえ時の工事費用・解約時の違約金が不要に。 Wi-Fiにつなげば、最大1Gbpsでスマホがサクサク利用できる• Yahoo! BB基本サービス「プレミアム」プランなどのオプションが充実 2 「ドコモ光」VS「ソフトバンク光」どちらが安い? ドコモ光とソフトバンク光はほぼ同じ月額料金です。 また、スマホとセットで契約することで割引が適用され、お得になるという点も一致しています。 しかし、細かく見てみると割引の対象や適用期間が異なるため、 実はかなりの差が出てくるのです。 どちらが安くなるかは利用の仕方によって変わってきますので、複数のモデルケースで検証してみましょう。 2-1 1人で使う場合は2年目以降に差が出ることも まずは、1人で利用する場合についてです。 電話はかけ放題、ネットはそこまで利用しないという想定で、少な目の2GBで契約します。 ベーシックパック 300円 合計 11,200円 もろもろの必要プランを含めると、このような結果になります。 サービス名が違うだけで、まったく同じ料金になりますね。 ただし、これは1年目の料金です。 ただ、ドコモは長年利用することで、割引もしくはdポイントが進呈される仕組みがあるため、 ずーっと利用し続けることでお得になる機会が増える場合も。 2-2 家族で利用するならドコモが安い 続いては、上記と同じ設定で、家族5人でパケット10GBをシェアするケースについて考えてみましょう。 これは、ソフトバンクの「おうち割 光セット」が、「データシェアプラス」の子回線、「家族データシェア」、iPad 向けの「スマホファミリー割(2回線目)」適用中の場合は対象外になってしまうため。 スマホで頻繁に動画を観たりゲームで遊んだりするなら、パケット量をオーバーさせないためにも、家ではWi-Fiを使えるようにしたいですよね。 3-1 v6プラス対応Wi-Fiルーターが0円に 画像引用元: 家にWi-Fiを設置するためには、ルーターの購入が必要です。 特別な設定も必要ありません。 接続して30分放置するだけで、すぐに使えるようになります。 回線の混雑に強い大型可動式ルーター(BUFFALO製 WXR-1750DHP2)• スマートで高速なルーター(NEC製Aterm WG1900HP2) どちらも、 アクセス集中ポイントを解消するv6プラス対応で、ダウンロードもフレッツ光と同じくらいの速度です。 ドコモ光電話 (月額500円~)• ドコモ光テレビオプション (月額660円~) ドコモ光電話 ドコモ光回線を使った固定電話のサービスです。 一般加入電話やひかり電話から乗り換える場合、電話番号と電話機はそのままでOK!知人に電話番号の変更を伝える必要もありません。 ドコモ光テレビオプション ドコモ光でテレビが見られるサービスです。 地デジや無料のBSを、アンテナ要らずで楽しめます。 また、別途有料のBSやスカパー!との契約も可能です。 最大15,000円とかなり金額が大きいのでチェックしておきましょう。 キャッシュバック額 「ドコモ光(2年定期契約プラン(タイプA)」 5,500円キャッシュバック 「ドコモ光(2年定期契約プラン(タイプA)」と「ドコモ光電話バリュー」 15,000円キャッシュバック• GMOとくとくBBの公式サイトから「ドコモ光(2年定期契約プラン(タイプA)」に申し込む• 2019年1月31日(木)までに開通すること• ドコモ光回線工事完了の翌月末日までに「キャッシュバック受け取り手続き」を完了すること 期間によっては、 数千ポイントがもらえるキャンペーンをやっていることもあるので要チェックです。 4 ドコモ光でお得になるケースが多数! ドコモ光やソフトバンク光と、スマホ・ケータイをセットで利用すると、月々のスマホ料金を安くすることができます。 1人で契約する場合は料金にそれほどの差は出ませんが、 家族でデータシェアするなら、ドコモ光の方が圧倒的にがお得です。 この機会にインターネット周りの契約と周辺機器を、ひとまとめにしてみてはいかがでしょうか。

次の

ドコモ光、ソフトバンク光とauひかりの違いを徹底比較!乗換えに便利な情報まとめ|auひかり乗り換えガイド

ドコモ光 ソフトバンク光

ソフトバンクエアーを人にお勧めされたので、試みに使ってみて自宅のドコモ光と比較してみたのですが、あまりの違いに驚いてしまいました。 何が違うのかというと、 速度です。 圧倒的にドコモ光が速く、ソフトバンクエアーはかなり遅かったです。 勝手な思い込みで、ソフトバンクエアーは、光ほどではないにせよそれなりに速く利用できるのかな、と思っていたので、「あ、こんなに違うんだ」とがっかりしました。 実際のところ、ソフトバンクエアーの速度は時間帯によって想像以上に遅いので、 ドコモのLTE回線を利用する方がよほど速い、という結果でした。 せっかくお勧めされて使ってみたのですが、これはかなり判断が分かれるところです。 確かに、工事なしで利用できるのはかなり便利ではあるのですが・・・。 ソフトバンクエアーとドコモ光を比較しつつ、その違いを詳しく解説していきます。 関連記事:「」 目次• ソフトバンクエアーは工事・設定不要ですぐに始められる ドコモの方にはソフトバンクエアーは馴染みが薄いと思いますので簡単に解説しておきます。 ソフトバンクエアーは契約をすることで、 工事など一切不要でインターネットが利用できるようになるサービスです。 ソフトバンクユーザーでなくても契約することができます。 Airターミナルという長方形のルーターのような機材が送られてきて、これを電源に繋ぐだけでソフトバンク網の電波を拾い、通信できる状態ができます。 あとは、スマホやパソコンをWi-Fiでそれに繋ぐだけでインターネットが利用できる、という仕組みです。 工事も難しい接続設定も一切不要、というのが最大の利点で、やることといえば電源に繋いでWi-Fi設定をスマホ側でするだけなので、確かに非常にカンタンです。 契約後、ほんの数日でAirターミナルが送られてきて利用開始できます。 利用開始までの期間が短い、工事も不要、という点は特に、引っ越しをすることが多い、という方にとっては何よりもうれしいポイントだと思います。 ソフトバンクエアーを使って通信をしてみた結果 元々私はあまり速度チェックの結果を公表するのが好きではないのですが、その理由としては、チェックの仕方、場所、時間などによってかなり速度が変動するため、あてにならないケースが多い、ということがあります。 ただ、一応参考程度にチェックはよく実施しているので、あまりに極端な差があると気づきます。 ソフトバンクエアーについては、その 極端な差が観測されたため、「遅い」ということに気づいた感じです。 最近私が速度チェックに利用している方法は、Google検索で「速度テスト」「スピードテスト」などで検索した時にトップに表示される、Google公式の「 インターネット速度テスト」です。 混雑しにくい時間帯は、概ね下りで20Mbps~30Mbpsくらいの速度が出ます。 まぁまぁ、これくらい出るなら、と一瞬思ってしまいますが、ちなみにドコモ光(GMOとくとくBB/v6プラス)でチェックした場合、全く同じ時間、同じ端末でチェックすると、130Mbps~150Mbpsくらいの速度が出ます。 ちなみに、ドコモのLTE回線だと、30Mbps~50Mbps程度でした。 ドコモのLTE回線と比べるとそんなに極端に遅くないような気はしますが、同じLTE回線であることを考えればやはり遅いですし、ドコモ光と比較するとあまりにも違いすぎます。 インターネットのサイトを閲覧している程度では、それほど差は感じられないのですが、細かく使っていると「あれ?」と感じるところが出てきます。 特に、ゲームのデータのダウンロードとか、dブックなどを購入してダウンロードする時間などは全く違います。 通信を伴うゲームの場合には、特に混雑する時間帯はやや苦しい気がします。 というのも、お昼や夜などの混雑する時間帯は、特にあからさまに速度が落ちます。 まぁこれは、格安SIMなどでも起こりますし、ドコモ光でもある程度の速度の低下は起こるのですが、特に私の環境ではiPhoneでの成績が悪く、混雑する時間帯には2~4Mbpsなど、10Mbps満たない速度しか出ません。 Androidだとそこそこ出るんですけどね。 原因はわかりませんが。 以前、 ギガホの速度制限時の1Mbpsを試してみた時(「」)に、これでも十分使える、動画も視聴できると書きましたが、それは事実で、ソフトバンクエアーが如何に遅くてもさすがにそこまでは落ちないので普通の利用には大きな影響はありません。 ただ、常時この調子だとやはり気にはなります。 安定のドコモ光+v6プラス 一方で、 ドコモ光+v6プラスは安定しています。 混雑時にやや速度が落ちることはあっても、それでも十分すぎる速度は保ってくれます。 普通に使っていると意識していないことも多いと思いますが、ソフトバンクエアーと比べるとこんなにも快適な環境だったのか、と逆にドコモ光の株が私の中ではかなり高まりました。 ドコモ光も、以前v6プラスを利用する前の環境では結構速度的に不満もあったので、v6プラスの恩恵もかなり大きいと感じられます。 GMOとくとくBBでは、高速Wi-Fiルーターをレンタルできるのも大きいですね。 dブックのマンガ・ダウンロード速度比較 ドコモ光とソフトバンクエアーを併用していて気が付くことの一つに、 ダウンロード速度の違いがあります。 速度差があるので違って当然なのですが、体感として利用中に最も顕著に気づくことの一つとして、 dブックでマンガを購入した際の、ダウンロード速度の違いがあります。 通常、ドコモ光+GMOとくとくBBでダウンロードしている場合、それほど気になることもなく数秒でダウンロードが完了してすぐに読むことができるようになるのですが、ソフトバンクエアーの場合、数十秒かかります。 秒数で比較すると5~6倍、ドコモ光が速いです。 実際に試してみた動画が以下の通りです。 全く同じ「食戟のソーマ 19巻」を全く同じ機種、全く同じ時間帯にダウンロードしてみました。 ドコモ光の場合 違いは一目でわかると思います。 まぁ、ソフトバンクエアーでもダウンロードできないわけではありません。 この速度差をどう受け止めるか次第なのですが、私はドコモ光の速度に慣れているため、ソフトバンクエアーのダウンロード速度には耐えられませんでした。 ソフトバンクエアー、せっかく契約したけれど・・・。 ソフトバンクエアー、せっかく契約したのですが、残念ながら思ったようなパフォーマンスは発揮できず、現状私には必要ありませんでした。 ドコモ光で十分です。 2年契約があるので、途中で辞めると解約金がかかってしまいますが、普通に 8日以内キャンセルが可能なので、そちらを利用しようかなと考えているところです。 Airターミナルは、こういう事態を想定して購入はせずにレンタルにしておいたので、これは正解でした。 試してみたいという方は、とりあえず8日以内キャンセルを想定しつつ契約してみるといいのではないかと思います。 ドコモユーザーの方は、素直にドコモ光を使うのがやはり一番お勧めです。

次の

ソフトバンク光からドコモ光に乗り換えはお得?費用やメリット・デメリットを解説|やさしくねっと.

ドコモ光 ソフトバンク光

「フレッツ光」が長く人気がある理由とは 全国加入者数第一位をキープしているのがインターネット回線「フレッツ光」。 NTT東日本とNTT西日本が提供している老舗のインターネット接続サービスです。 登場した時は、どの販売代理店も高額キャッシュバックキャンペーンをしていて、話題性も高く、次々に加入者・契約者が増えました。 やがて、知名度が高くなると高額なキャッシュバックキャンペーンや高級家電、ゲーム機のプレゼント特典などは減少しました。 そして新たに登場した「光コラボ」回線など、さまざまな事業者が販売する光回線への加入を促すためのキャンペーンの方がしばらく目立っていたため、「フレッツ光」のPRはあまり見られない状況です。 ところが、派手な宣伝により新しいインターネット光回線サービスに加入したものの、回線速度やサポート対応、料金に不満があり速度的にも信頼度的にも安定感のある「フレッツ光」に乗り換えたいという人が実際には多くいるのではないかと思います。 フレッツ光をおすすめする3つの理由 回線速度の安定感 「フレッツ光」の大きな特長は、回線速度です。 上位の回線速度は上り下り最大1Gbps。 大容量の動画や画像のダウンロードもすばやく快適にできて安定感があり、ストレスが少ないのが特長です。 ビジネスにも最適で法人契約も多いと思います。 また、スマホやタブレットのように「使いすぎの月は速度制限」ということも、もちろんありません。 月額料金の安さや割引キャンペーン、高額キャッシュバックに魅力を感じて他社回線に加入した人が、結局「フレッツ光」がいいのでは?と感じ始める理由はシンプルにインターネット環境の快適さにあると思います。 月額利用料の安さ スタンダードな月額料金プランとして「フレッツ 光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ」で戸建てタイプとマンションタイプの月額利用料金を比較してみました。 ただし、プロバイダ料金は別途となります。 プロバイダ料金込み、というインターネット接続サービスもありますが「フレッツ光」なら、好きなプロバイダー会社を選ぶことが可能です。 その自由さは特長のひとつとなっています。 プロバイダー会社を選べる 「OCN光」のようにプロバイダ料金込みだから割安に感じるというインターネット接続サービスもあります。 KDDIが提供している「auひかり」のように、プロバイダ料金は無料だけれども、限定7社のうちからしかプロバイダー会社を選べないという回線サービスもあり各社さまざまですが、「フレッツ光」に関しては、プロバイダー料金は月額500円~必要となります。 しかし、好きなプロバイダ会社を自由に選べるということはメリットのひとつ。 もちろん料金だけにこだわる人にとってはデメリットかもしれませんが快適なインターネット環境を作ることを第一に考えた場合はプロバイダー選びも重要な要素だと思います。 以上の3点が、 「フレッツ光」のおすすめポイントです。 ほかにも固定電話の電話番号をそのままでお得に使える「ひかり電話サービス」や「ひかりテレビ」などオプションサービスも充実しています。 現在のネット回線からフレッツ光へ乗り換えるプロセスで得する方法 現在ご利用のインターネット回線から「フレッツ光」へ乗り換える場合、まず、申し込み先を決めることが必要ですよね。 申し込み先としては、• NTT東日本・NTT西日本へ直接連絡• 家電量販店• 販売代理店 の3パターンがあります。 キャッシュバックや電話サポート、特典など申し込むところによって違いがあります。 割引キャンペーンやキャッシュバックキャンペーンが本当にお得かどうかをじっくり考えられない場合や、とにかくすばやく「フレッツ光」に変えたいというときにはNTTにダイレクトで電話するとすぐ申し込みできます。 どこで新規加入の申し込みをするかによって料金や特典などに違いがあります。 【NTT東日本・NTT西日本に電話で申し込み】 急な転勤ですぐに引っ越さなければならない場合などはすばやく「フレッツ光」で利用開始できるのでよいと思います。 ただし、現時点では新規加入の特典やキャッシュバックキャンペーンなどはありません。 【家電量販店の店頭で申し込み】 大型家電量販店ではだいたいどこでも「フレッツ光」の申し込みができます。 最近ではあまりないようですがパソコンやタブレット、ゲーム機などのプレゼント特典があったり、高額な家電製品を一緒に購入した場合に限り、家電が割引になるということも。 ただし、必要のない家電を購入しなければならないこともあるので、よく考えなければなりません。 【販売代理店にネットで申し込み】 現在のインターネット回線から「フレッツ光」に乗り換える場合は、ネットからの申し込みが最もお得で便利ではないでしょうか。 販売代理店によっては最大69,000円の高額キャッシュバックキャンペーンのある会社もあります。 マンションプランなら、約1年間の月額利用料金が無料になる感覚なので、上手に利用するとお得ですね。 また、乗り換え時に生じた違約金の支払いにも対応できるのでよく調べてみましょう。 プロバイダーの比較 「フレッツ光」は好きなプロバイダー会社を選べるメリットがあります。 広告やセールストークよりも、自分の目でしっかりプロバイダ会社を選べばお得になります。 それぞれ月額プロバイダー料金で比較してみると OCN Yahoo! しかし、サービスに関しては各社かなり違います。 「OCN」はNTTコミュニケーションズが提供しているプロバイダーで安定感があり、信頼性が高いのが特長です。 サポートセンターもしっかり対応してくれます。 「Yahoo!BB」はソフトバンクとの関連が強く気軽で割安なイメージがありましたが、OCNより少し高いですね。 インターネット回線に関する相談などをすることを考えると、OCNの方がよりNTTに近いので対応がスピーディな気がします。 口コミでは「Yahoo!BB」は気軽だけれどサポート対応があと一歩、という意見もときどきあります。 「BIGLOBE」もプロバイダ会社としては老舗ですね。 派手さはないですが、パソコン接続設定が無料だったりさまざまなサービスがあります。 格安料金のプロバイダについては口コミ・評判をよく調べてから決めましょう。 どのプロバイダにすればよいか、よくわからないという場合はとりあえず「OCN」を選んでおけば問題ないと思います。 理由のひとつとして「フレッツ光」の利用料金と一緒に請求できるから、という便利さもありますね。 「フレッツ光」から他社回線への乗り換え方法は 現在「フレッツ光」を利用しているが、他社のインターネット回線サービスへ転用、乗り換えたいという方ももしかしたらいるかもしれません。 2年間ごとにある2ヶ月間の更新月に乗り換えればスムーズに乗り換えることができます。 また、乗り換え先が「フレッツ光」の光回線を利用した「光コラボ」商品であり、現在住んでいるところに「フレッツ光」の光回線の回線工事が済んでいるのであれば初期工事費用ゼロでOKとなることもあります。 ただし、いったん他社の「光コラボ」商品へ乗り換えてしまった場合は、再度「フレッツ光」へ同じように乗り換えることはできないのでそこが注意点となります。 また、割引率がよいからという理由で選んだとしても、長く利用することにより「フレッツ光」の方が結局安くなる、ということもあるので確認しましょう。 まとめ 現在利用しているインターネット回線にストレスがある場合、回線速度が安定していてサービスも充実している人気の「フレッツ光」に乗り換えたい・・・と考えることが多いのではないでしょうか。 やはり快適なインターネット環境を整えることはとても大切ですよね。 普通にNTTに申し込めば簡単ではありますが、キャッシュバックやキャンペーンなどお得な加入方法もあるのでしっかり調べてから上手に乗り換えましょう。 この記事の監修: わたしのネットはインターネットに関する疑問や問題の解決・評判・サービスの基礎知識など、あらゆる情報を紹介し、暮らしに役立つ情報を発信しています!.

次の