肝硬変 血小板 減少。 肝硬変における血小板の減少について/ベストメディテク

慢性肝炎と血小板

肝硬変 血小板 減少

徳満 純一 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科展開医療科学講座消化器内科学分野• 原口 雅史 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科展開医療科学講座消化器内科学分野• 市川 辰樹 長崎みなとメディカルセンター市民病院消化器内科• 田浦 直太 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科展開医療科学講座消化器内科学分野• 宮明 寿光 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科展開医療科学講座消化器内科学分野• 柴田 英貴 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科展開医療科学講座消化器内科学分野• 三馬 聡 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科展開医療科学講座消化器内科学分野• 日高 匡章 長崎大学病院移植消化器外科• 高槻 光寿 長崎大学病院移植消化器外科• 江口 晋 長崎大学病院移植消化器外科•

次の

肝炎になると血小板が減る?

肝硬変 血小板 減少

肝機能をあらわすChild-Pugh分類(チャイルド—ピュー分類)が用いられています 表1。 この5項目の点数がすべて1点なら合計5点、すべて3点なら合計15点になりますが、5、6点をChild-Pugh分類A、7~9点をChild-Pugh分類B、10~15点をChild-Pugh分類Cと分類します。 5超 2. 8以上3. 5未満 2. 0未満 2. 0以上3. 0以下 3. 0超 腹水 なし 軽度 コントロール可能 中等度以上 コントロール困難 肝性脳症(度) なし 1~2 3~4 プロトロンビン時間 (秒、延長) (%) 4未満 70超 4以上6以下 40以上70以下 6超 40未満• アルブミン値:肝臓で作られるタンパク質の代表。 肝硬変になると多くの場合、3. 血小板:止血の際に働く血球の代表。 肝臓の線維化が進行すると徐々に血小板数が減少します。 コリンエステラーゼ:肝臓で作られるタンパク質。 肝硬変では低下します。 プロトロンビン時間:血液が固まる時間を表す。 肝硬変では血液凝固因子が低下するためプロトロンビン時間が延長します。 アンモニア:腸内細菌で産生されるが、肝硬変では分解が低下するため血液中に増加します。 総ビリルビン:黄疸を表す指数。 肝硬変で機能低下がおこると上昇します。 M2BPGi Mac-2 binding protein glycosylation isomer :2015年より保険収載された肝線維化の新規血清マーカーです。 B型、C型慢性肝炎やNAFLD症例において病期の進行に伴い上昇します。 B型慢性肝炎やNAFLD症例のM2BPGi値はC型肝炎例に比べると低いこと、病因によりM2BPGiの標準値が異なることが報告されています。 FIB-4 indexは血液生化学検査データ ALT, AST, 血小板数 を用いて肝線維化の予測を行うスコアリングシステムです。 腹部超音波 肝硬変かどうかを超音波だけで診断することは困難ですが、進行すると肝表面の凹凸が明らかになり、肝臓の内部が粗く描出されます。 肝臓が硬くなると、腸管からの血液を肝臓に運ぶ門脈の圧力が高くなるため、シャントと呼ばれる異常血管の発達を認めることがあります。 腹水の有無や脾臓腫大の程度も分かります。 脇腹に当てたプローブ内の装置から発生した弱い振動波が肝臓を伝わる速度を超音波を使って測定します。 振動波は硬い物質の中では速く、軟らかい物質の中では遅く伝わることを利用して、肝臓の硬さを算出します。 計測時間 は2~5分程度で、痛みはありません。 外来で繰り返しの計測も可能であり、経過観察への応用も期待されています(図1)。 図1 フィブロスキャンとプローブ MR elastography MRE 検査を受ける人はMRI装置に横になります。 胸部に当てたプラスチックの板が振動し肝臓を振動させます。 振動波は硬い部分では速く、軟らかい部分では遅く伝わり、その波の伝わり方の変化をMRIでとらえて相対的な硬さを算出し、色分けした画像として表示します。 検査に伴う痛みはなく期間をあけて測定することにより病期の改善または進行を評価することができます。 超音波では評価が困難な肥満の方でも客観的に線維化を診断することが可能です。 肝硬変のMRエラストグラフィー(肝臓の線維化が進み赤く表示される) 腹部CTスキャン 肝硬変かどうかをCTスキャンだけで診断することは困難ですが、肝表面の凹凸の程度、肝臓の右葉と左葉の大きさのバランス、脾臓の大きさ、腹水、肝腫瘍などを調べることが可能です。 造影剤を使用すると、肝硬変で発達することの多いシャントと呼ばれる異常血管の存在がよく分かります。 腹腔鏡(図3) 肉眼的に肝臓を観察し、肝硬変かどうかを直接診断することができます。 図3 肝硬変の肝臓(腹腔鏡写真) 肝生検 肝臓に細い針を刺してごく一部を採取して、顕微鏡で肝硬変かどうかを診断します。 肝硬変そのものを治療できる薬剤はほとんどありませんが、肝炎ウイルスなど背景肝疾患の治療や肝硬変合併症のマネジメントを目的として多くの治療法が開発されています。 B型肝炎ウイルスが原因の場合には、エンテカビルやテノホビルルジソプロキシルフマル酸塩 TDF , テノホビル アラフェナミド(TAF) という抗ウイルス薬を内服することによって肝機能の改善が期待できます。 C型肝炎ウイルスが原因の場合には、経口抗ウイルス薬による治療が健康保険で認められています。 ただし、腎機能がある程度以上保たれていることや併用注意となる薬剤など、投与前に治療可能かどうかの確認が必要ですので主治医と相談が必要です。 肝硬変では分岐鎖アミノ酸(バリン、ロイシン、イソロイシン)が不足するため、これを薬として補充することによって肝臓でのアルブミンなどのタンパク合成能が改善します。 肝移植:腹水や黄疸が一般的な治療によって改善しない場合には、基準を満たせば肝移植を受けられるようになりました。 8-1. 食道静脈瘤(図4)・胃静脈瘤 肝臓が硬くなり小腸や大腸から流れ込む門脈と呼ばれる血管の圧力が高くなると、食道や胃の周りに逃げ道ができます。 これが静脈瘤です。 静脈瘤はいったん破裂すると消化管の中に大出血を起こすため、吐血や下血がみられます。 出血の程度によっては生命に危険がおよぶこともあります。 図4 食道静脈瘤 出血の危険の予知 内視鏡検査(胃カメラ)で食道静脈瘤に赤い斑点 Red Colorサイン がみられた場合には近い将来に破裂する危険が大きいことを意味します。 予防的治療 食道静脈瘤を内視鏡を用いて専用の輪ゴムで結紮 けっさつ するか、硬化剤を静脈瘤内に注入し固めることで破裂しないようにすることができます。 静脈瘤は再発することが多いので、定期的な内視鏡検査を受けること、必要に応じて予防的治療を繰り返すことが重要です。 8-2. 肝性脳症 大腸内の細菌によってアンモニアなどの老廃物が作られ、門脈を通って肝臓へ運ばれます。 通常は肝臓の細胞で処理されますが、肝硬変では肝機能低下のため十分な処理能力がなくなることと、門脈からの逃げ道を通って肝臓を素通りする結果、アンモニアなどの老廃物が血液中にたまり、脳のはたらきを低下させると肝性脳症が起こります。 肝性脳症の昏睡度分類• ミニマル肝性脳症:一見正常にみえますが、鋭敏な精神神経機能検査を行うと脳機能低下を認めます。 iPad向けのアプリ neuropsychological testsなどで検査可能です)• I度:軽度の障害なので気がつきにくいです。 昼夜逆転などの症状があります。 II度:判断力が低下します。 人や場所を間違えるなどの症状や羽ばたき振戦を認めます。 III度:錯乱状態や混迷に陥ります。 羽ばたき振戦を認めます。 IV度:意識がなくなります(痛みには反応します)。 V度:意識がなくなります(痛みにも全く反応しません)。 日常生活でよく気をつけることとして、• 便秘にならないこと• 風邪などの感染症がきっかけになるため、手洗いやうがいを励行すること• タンパク質を摂り過ぎず、不足分は分岐鎖アミノ酸 BCAA で補うこと などを守ってください。 治療法• 分岐鎖アミノ酸製剤を内服することでアンモニア代謝に必要なアミノ酸を補充します。 L-カルニチンを内服し、肝、筋肉、脳でのアンモニア代謝やエネルギー代謝を改善します。 亜鉛製剤を内服することでアンモニア代謝に必要な亜鉛を補充します。 ラクツロースなどの難吸収性合成二糖類の薬を内服して血中アンモニアを下げます。 アンモニアを作る悪玉腸内細菌を死滅させるリファマイシン系抗菌薬を内服します。 肝性脳症II度以上の場合は分岐鎖アミノ酸製剤の点滴投与を行い、回復したら内服治療へ移行します。 8-3. 腹水 肝硬変では血液中のアルブミンが低下し、門脈の圧力が高くなるために発生します。 少量の場合には下腹部が膨満する程度ですが、大量の腹水では呼吸困難を起こすこともあります(図5、6、7)。 図5 腹水が貯留した腹部• 図6 腹水が少量たまっている(矢頭) 肝硬変(矢印)症例のCT像• 図7 腹水が大量にたまっている(矢頭) 肝硬変症例のCT像 治療法:以下の順で治療を進めます。 減塩食:1日に摂取する塩分量を7g以下に減らします。 利尿薬内服:フロセミドやスピロノラクトンなどの利尿薬を内服します。 効果が不十分な場合には、水分を強力に腎臓から出させるトルバプタンを内服します。 アルブミンの点滴投与:アルブミン製剤を点滴することで、血液の浸透圧を維持したり、フロセミドやスピロノラクトンなどの従来利尿薬がアルブミンと結合して腎臓内の作用点に到達できるようにしたりする効果があります。 これにより、腹水が改善します。 腹水濃縮再静注療法 Cell-free and Concentrated Ascites Reinfusion Therapy; CART :腹部に針を刺して腹水を抜きます。 抜いた腹水はバックに貯めて、それを、血液浄化装置により、循環させて、1次フィルタにより腹水の中のウイルスや細菌などを濾過して、さらに2次フィルタにより腹水を除水して、濃縮した腹水を抽出します。 濾過されて濃縮された腹水は、再び患者の静脈から輸液ポンプなどを利用して投与されます。 抜いた腹水を浄化・濃縮して静脈注射することにより、血液中のアルブミン濃度を上昇させることができ、血管内の浸透圧を上昇させ、腹水の溜まる速度を遅延させることができます。 健康保健では2週間に1度まで施行可能です。 腹水穿刺排液:呼吸困難や腹部膨満感が強い場合に応急処置として、腹部に針を刺して腹水を抜きます。 これは、症状がつらくて必要な時のみに施行します。 何故なら、腹水の溜まる原因を十分に治療しなければ、いったん腹水を抜いても、またすぐ溜まるからです。 8-4. 脾臓摘出術や部分的脾動脈塞栓術は、大きくなりすぎた脾臓が血小板を壊してしまう作用を抑える治療です。 しかしこれらは外科手術もしくは経カテーテル的治療であるため、体へのダメージや治療後の影響や治療時の合併症の懸念があります。 したがって、治療の適応については主治医と相談して決定する必要があります。 8-5. 食事療法 肝硬変において食事療法はとても重要です。 肝硬変の食事両方の基本となるのは、それぞれの患者さんに見合った適正なカロリーと栄養バランスのとれた食事です。 それらを元に、さらに病態に応じて食事制限しなければならない項目を守るようにすることが大切です。 具体的な内容としては、代償性肝硬変と非代償性肝硬変とでは異なります。 代償性肝硬変の場合は、一般的な普通食でバランスのとれた食事内容を基本にした食事療法となり、特に制限される食品などはありませんが、塩分やカロリーの摂り過ぎには極力注意する必要があります。 一方、非代償性肝硬変では、腹水や浮腫、肝性脳症などといった合併症も見られてきますので、合併症の種類によって食事療法の内容での注意点も異なってきます。 また近年肝疾患とサルコペニアの関係が注目されています。 サルコペニアとは筋肉量の減少と筋力低下をきたした状態を指します。 肝硬変ではサルコペニアが多く、サルコペニアがあると同じ肝硬変でもサルコペニアがない患者さんと比べて病気の進行が速いことが分かってきており注目されています。 したがって適切な食事と運動で筋力を保つことが重要になります。 担当医や管理栄養士のアドバイスを受けながら、適切な食生活を続けることが重要となります。 ユーザー別で探す• 一般・患者の方へ• 病気・治療についての相談• それぞれの肝臓病について• ウイルス性肝炎に関する検査• 医療・福祉の制度やサービス• 医療費の負担を軽くする• 日常生活のサポート• 特定の原因で感染した方への給付金について• 予防・検診・啓発• 医療関係者の方へ• 医療・福祉の制度やサービス• 医療費の負担を軽くする• 日常生活のサポート• 特定の原因で感染した方への給付金について• センター主催研修会等• 研修会 アーカイブ• 拠点病院関係者の方へ• 支援について• 患者支援• 関係者支援• 研修について• 会議について• 研修について• センター主催研修会等• 研修会 アーカイブ• 啓発について• カテゴリー別で探す• センターの取り組み• 支援について• 患者支援• 関係者支援• 研修について• 会議について• 研修について• 研修会アーカイブ• 啓発について• 全国の拠点病院の紹介と取り組み• 支援について• 患者支援• 関係者支援• 研修について• 会議について• 研修について• 啓発について• 都道府県・市町村の取り組み• 支援について• 患者支援• 関係者支援• 研修について• 会議について• 研修について• 啓発について• 病気について• それぞれの肝臓病について• ウイルス性肝炎に関する検査• 医療・福祉の制度やサービス• 医療費の負担を軽くする• 日常生活のサポート• 特定の原因で感染した方への給付金について• 関連主要通知・診療ガイドライン等•

次の

肝硬変

肝硬変 血小板 減少

ALT(GPT)、AST(GOT)とは ALTとASTは細胞内でつくられる酵素で、ALTは肝細胞、ASTは肝細胞もしくは心臓などの臓器に多く存在しています。 体内でのアミノ酸代謝やエネルギー代謝の過程で重要な働きをします。 のチェックポイント! 慢性肝炎、肝硬変ではこの値が高いほど病気が重いという誤解がある。 慢性肝臓病の重さはむしろ、肝の線維化の程度により決まる。 基準値を超えたら… ALT、ASTは、何らかの異常で肝細胞が破壊されることにより、はじめて血液中に漏れ出します。 その数値が高いということは、それだけ肝臓が障害を受けているという状態を反映しています。 たんぱく質を分解・合成する働きをします。 のチェックポイント! この値によって、ときにお酒の量が分かる。 *何らかの異常で肝機能が低下し、肝臓内の胆汁の流れが悪くなること。 また、胆管に胆石が詰まった場合にもうっ滞が生じることがある。 代表的な肝疾患 アルコール性肝障害、胆汁うっ滞、原発性胆汁性肝硬変 その他の疾患 胆石、胆道閉塞など ALPとは? 肝臓をはじめ、心臓、腎臓などのからだのさまざまな細胞でつくられる酵素で、肝臓では通常毛細胆管に多く存在し、胆汁中にも存在しています。 乳製品、レバーなどに多く含まれる物質(リン酸化合物)を分解する働きをします。 のチェックポイント! この検査は、ときに極めてまれな疾患である原発性胆汁性肝硬変を見つける手がかりになる。 基準値を超えたら… 肝障害により、胆汁うっ滞が生じると、胆汁中に存在するALPが血液中に漏れ出し、数値が上がります。 またALPは骨でもつくられているため、成長期の子どもや骨の病気などでも数値が上がります。 代表的な肝疾患 胆汁うっ滞、薬物性肝障害、原発性胆汁性肝硬変 その他の疾患 胆石、胆道閉塞、骨の病気など 総ビリルビン[非抱合型(間接)・抱合 *型(直接)ビリルビン]とは? ビリルビンとは、古くなった赤血球が破壊されるときに、生成される黄色い色素です。 ビリルビンは血液で肝臓に運ばれ、胆汁中に捨てられます。 肝臓で処理される前のビリルビンを「非抱合型ビリルビン」、処理された後のビリルビンを「抱合型ビリルビン」といいます。 合わせて総ビリルビンと呼びます。 通常、総ビリルビンは血液中にごくわずかしか存在していません。 *抱合:ある物質をつけて水に溶けやすくする反応 Dr. のチェックポイント! 慢性肝炎、初期の肝硬変ではあまり上昇しないが、肝硬変が進展、非代償化 肝不全の進行 してくると、2から3、4と上昇していく。 基準値を超えたら… 抱合型(直接)ビリルビン 肝障害により胆汁うっ滞が生じると、胆汁中の抱合型ビリルビンが血液中に漏れ出し、数値が上がります。 非抱合型(間接)ビリルビン 通常より過剰に赤血球が破壊されると数値が上がります。 また、生まれつき非抱合型ビリルビンを抱合する酵素が少ない人は数値が上がります。 代表的な肝疾患 胆汁うっ滞、肝硬変 その他の疾患 胆石、胆道閉塞、溶血性貧血、ジルベール症候群(体質性黄疸の一種)など 総たんぱく、アルブミンとは? 総たんぱくとは、血液中に含まれるたんぱくの総称です。 アルブミンとは、総たんぱくの約67%を占めるたんぱく質で、肝細胞でのみつくられ、血液中に存在しています。 血液中のさまざまな物質を運んだり、体液の濃度を調整する働きをします。 のチェックポイント! 慢性肝炎、初期の肝硬変ではあまり変動しないが、肝硬変が進むと減少し、アルブミンも3. 0、さらには2. 0台になる。 基準値より下がったら… 何らかの異常で肝機能が低下すると、肝臓のアルブミンをつくる能力が低下するため、血液中の数値が下がります。 代表的な肝疾患 肝がん、肝硬変、劇症肝炎 その他の疾患 ネフローゼ症候群 (尿中にアルブミンが漏れ出すため、血液中のアルブミンが少なくなる疾患) 血小板とは? 血小板とは、骨でつくられる血液の成分で血液中に存在し、出血したときに血を止める働きをします。 血小板をつくるために、肝臓も大切な役割を担っています。 基準値より下がったら… 肝臓の障害が疑われます。 肝炎や肝硬変などで肝臓の線維化 *が進むと、血小板の産生量が減ったり、また肝臓の血流が悪くなると血小板が破壊される量が増え、数値が下がります。 また血小板は血液の病気でも数値が下がります。 *線維化:線維物質が増えて細胞が硬く変化すること。 代表的な肝疾患 ウイルス性肝炎、肝がん、肝硬変 Dr. のチェックポイント! 血液疾患を想定しがちだが、実は最も強力な肝の線維化の指標。 肝生検検査は容易に出来ないため肝線維化の進展を血小板を用いて予測する。 C型慢性肝炎における血小板数と肝線維化の関係.

次の