海外の反応 com。 海外で人気の「日本食ブームのトレンドと現地に住む外国人の反応」まとめ

翻訳

海外の反応 com

海外で人気がある日本食ブームのトレンドと現地に住む外国人の和食への反応をまとめてご紹介します。 世界中で日本食のプレゼンスが高まるなか、日本食を始めとする海外での飲食ビジネスには大きなチャンスが広がっています。 しかし、競争が激化している厳しいグローバル市場であることも確か。 成功のためには、日本企業としての強みを活かし、現地の市場とユーザーの嗜好を知る必要があります。 今回は、日本企業の進出先として人気の「タイ」、イスラム圏の巨大市場である「インドネシア」、そして世界一のマーケットである「アメリカ」、未知の可能性に満ちた「ヨーロッパ」という4つの地域の飲食市場と、現地で人気がある日本食のトレンドとその反応を解説します。 果たして海外で人気の日本食とは? 日本食ブームにおけるローカルトレンドとは? 気になる現地外国人の反応とは? 本テキストをぜひ御社の飲食事業の海外進出にお役立てください! 外国人の好きな料理の第1位が日本料理 JETRO(日本貿易振興機構調査)の調査(2014年3月)によると、外国人の好きな料理の第1位が日本料理(66. 3%)となっています。 こうした背景には、訪日客の急増によりインバウンド市場が急拡大していることがあります。 訪日した外国人の間で日本食の認知が向上するとともに、訪日後に現地の日本食レストランを訪れる人が増加しているのです。 しかし、訪日中に本物の日本食を食べたことにより、今まで以上に現地でも日本食の「質」が求められるようになりました。 寿司もカリフォルニアロールのような巻物が人気でしたが、握り寿司も急激に人気が高まりました。 このようにして、「日本食」というブランドが確立されてきています。 ヘルシー志向の高まるアメリカを中心に「日本食=ヘルシー」というイメージも浸透しており、最近では豆腐などが人気を集めるほどです。 日本企業による飲食ビジネスの海外展開に際しては、この「日本食」ブランドを活用しない手はありません。 ただし、「日本食」であれば人が集まるというわけでもありません。 なぜなら、このチャンスに現地資本の「日本食店」も急激に増加しているからです。 タイでは高級日本食の出店に商機アリ アジアの日本食レストランの数は約45,000店で、世界で最も日本食レストランの多い地域となっています。 地理的や文化的に日本と近いことから日本企業も進出しやすく、訪日客も多く訪れるため日本食文化の浸透が速く進みました。 そのため、多くの日本食レストランが店舗を拡大していきました。 その中でも、特に注目されているのはタイです。 親日であり、日本食レストランの受け入れにも寛容で、日本食文化の浸透も速く進みました。 タイには既に多くの日本食レストランが出店しており、和食チェーンのやよい軒や大戸屋、ラーメンチェーンや寿司レストランも多く展開されています。 国内の安定した経済成長により、比較的高級イメージのある日本食も「誰の手にも届きやすいもの」になっています。 一通りの日本食が手に入れられるようになっているタイでは今後、本物の「高級日本食」出店に商機が拡大しています。 経済成長により、中間層や富裕層は拡大しており、そのような層は「誰の手にも届かないもの」を求めるようになります。 例えば、日本の銀座の寿司屋のような回らない寿司屋や日本国産の高級和牛を扱った焼肉屋など、日本でしか食べれなかったような本物の日本食提供に商機が拡大しています。 イスラムの厳しい戒律「ハラル」の存在 インドネシアも急激な人口増加に伴う経済成長により、中間層や富裕層が拡大しています。 その中で、近年タイと同様に日本食レストランの普及が進んでいます。 しかし、インドネシアへの飲食店出店は難しいと言われていました。 その理由としては、日本にはあまり馴染みのないイスラム教文化の国であり、飲食において厳しい戒律「ハラル」があることです。 代表的なものだと豚やアルコールなどの飲食は原則禁止されており、出店の際もハラルの戒律に沿った営業をしている証明として「ハラル認証」を取得する必要があります。 また、1万3,466もの大小の島により構成されているインドネシアでは横展開が難しいこともあります。 しかし、2億6000万人を抱えるインドネシアの飲食市場は非常に大きな魅力を持っています。 また、タイが同様に成長してきたように、今後は中間層の増加により和食チェーンやラーメンや寿司などのチェーンなど「誰の手にも届きやすいもの」の需要が高まることが予測されます。 日本食レストランの進出が加速する欧州 欧州では、近年日本食人気が非常に高まっています。 グローバルの加速に伴い、ヒト・モノ・カネの国境を超えた移動の障壁が低くなっています。 その中で、アジアと比べると距離のある欧州からの訪日客も近年増加するとともに、日本食レストランの進出も加速しています。 2015年は2013年度比9割増しの10,550店舗でした。 欧州で展開されている多くの日本食レストランは現地価格に合わせたチェーン店です。 そのため、クオリティはやはり本物の日本食とは異なる上に、価格も割高になっています。 訪日する外国人は日本食を食べた際「この値段でこのクオリティの日本食を食べれるのは安い」と言います。 現地では日本食ブームの波に乗り、現地の人や中国人などが日本食レストランと名乗り経営していることも少なくありません。 そのため、今後はより日本の味に近いレストランが求められていきます。 寿司やラーメンを筆頭にカレーや居酒屋など、現地での日本食スタイル需要は高まっています。 フランスやスペインなど、食文化が進む国でも日本食レストランが増加しているということは日本食が世界で認められ始めている証拠とも言えます。 また、日本酒人気も高まっています。 現地文化の理解こそが成功のポイント 農林水産省が発表した調査によると、海外の日本食レストランは2015年7月時点で8万9000店に上り、06年の2万4000店、13年の5万5000店から大幅に増えている事がわかります。 現在は「寿司」だけでなくラーメンや天ぷら、焼肉や牛丼など多くの日本食レストランが立ち並ぶとともに、現地の嗜好にアレンジされた現地型の日本食レストランも多く開業しています。 日本の飲食産業にとって今、海外進出のチャンスが大きく広がっていることは間違いないでしょう。 しかし、実際に海外進出する際には、地域や国によって食文化も異なるため、人気の日本食も異なってきます。 場所によっては宗教の関係で、禁止されている食材もあります。 そのため、飲食業の海外進出では、文化の違いを理解することが非常に重要なのです。 世界の三大料理といえば、東洋文化代表の「中華料理」、西洋文化代表の「フランス料理」、そしてイスラム文化圏代表の「トルコ料理」といわれています。 古くから食材や調理法が豊富だった国から生まれたこれらの料理は、世界各地の食文化に大きな影響を与え多くの人に食されている料理です。 しかし世界を見渡せば、日本食が世界3大料理に並ぶと言っても過言でないほど人気を高めているとも言えるのです。 御社にピッタリの海外進出サポート企業をご紹介します 今回は、海外で人気がある日本食(和食)のトレンドと現地の反応をまとめてご紹介しました。 海外における飲食ビジネスを知ることで得たアナタのビジョンは、海外ビジネスにおける重要な指標となるはずです。 「Digima〜出島〜」には、厳選な審査を通過した優良な海外進出サポート企業が多数登録しています。 当然、複数の企業の比較検討も可能です。 「海外現地に店舗を出店したい」「店舗出店に際して現地の法規制・許認可を調べたい」「自社店舗を海外フランチャイズ展開したい」「海外に進出したいが何から始めていいのかわからない」…といった、多岐に渡る海外進出におけるご質問・ご相談を承っています。 ご連絡をいただければ、海外進出専門コンシェルジュが、御社にピッタリの海外進出サポート企業をご紹介いたします。 まずはお気軽にご相談ください。 YCPでは各拠点にてコンサルティングサービスだけでなく自社事業を展開しています。 市場調査フェーズからスキーム構築/定常的なビジネスマネジメントまで、事業主として一人称で取り組んできたからこそ得られた現地市場ノウハウや専門知識を活用し、教科書的な「べき論」に終始せず、ヒト/モノ/カネの観点から海外展開リスクを最小化するためのサービス開発を行っています。 企業紹介文章を見る 全ての企業と個人のグローバル化を支援するのが、サイエストの使命です。 サイエストは、日本の優れた人材、企業、サービス、文化を世界に幅広く紹介し、より志が開かれた社会を世界中に作り出していくための企業として、2013年5月に設立されました。 近年、日本企業の国内事業環境が厳しい局面を迎える中、アジアを筆頭にした新興国が世界経済で存在感を増しています。 それに伴い、世界中の企業がアジアなどの新興マーケットの開拓を重要な経営戦略のひとつと位置付け、一層注力の度合いを高めています。 サイエストは、創業メンバーが様々な海外展開事業に携わる中で、特に日本企業の製品、サービス、コンテンツには非常に多くの可能性を秘めていると、確信するに至りました。 ただ、海外市場開拓の可能性はあるものの、その実現に苦労している企業も少なくありません。 我々はその課題を (1)海外事業の担当人材の不足 (2)海外事業の運営ノウハウの不足 (3)海外企業とのネットワーク不足 と捉え、それぞれに本質的なソリューションを提供してまいります。 また、組織を構成する個人のグローバル化も支援し、より優れた人材、企業、そしてサービスや文化を世界中に発信してまいります。 そうして、活発で明るい社会づくりに貢献することで、日本はもちろん、世界から広く必要とされる企業を目指します。 企業紹介文章を見る 企業の海外進出に関連する一連のサービス 1. 貴社は手間と時間の掛かる法人設立(法人登記、ライセンス取得、銀行口座開設)、および法人設立後の維持管理業務(バックオフィス体制の構築、決算、税務申告、給与計算、規則策定、等)の負担なく、海外で迅速に事業を開始できます。 GEOで雇用した社員の状況はGoGlobalが提供するシステム上でいつでも閲覧可能です。 GEOを利用することで貴社は、自身で現地法人で社員を雇用する場合と同様に事業を展開しつつ、管理負担を大幅に削減することが可能となります。 海外採用代行サービス ・貴社の海外事業に必要な人材の採用を支援します。 GoGlobalの持つアジア各国及びアメリカのリクルーティング会社とのネットワークを活用し、数多くの候補者の中から貴社の事業を成長のために最適な人材の採用を支援します。 企業紹介文章を見る インサイトアカデミーは、「グローバル人材」=「海外で"収益"を生み出せる人材」と定義し、グローバル人材の育成要件を整理。 グローバルマインド 2. 修羅場を乗り越えた数 4. 異文化の理解 5. 言語力 を5つの要件とし、それぞれをカバー出来る500以上の動画をオンラインで配信。 オンラインですので、海外駐在員や海外事業従事者にいつでもどこでも何度でも学習可能。 また、海外事業経験平均25年の講師陣から、教科書では決して得られない実戦的ノウハウが得られます。

次の

海外の反応のまとめ

海外の反応 com

海外で人気がある日本食ブームのトレンドと現地に住む外国人の和食への反応をまとめてご紹介します。 世界中で日本食のプレゼンスが高まるなか、日本食を始めとする海外での飲食ビジネスには大きなチャンスが広がっています。 しかし、競争が激化している厳しいグローバル市場であることも確か。 成功のためには、日本企業としての強みを活かし、現地の市場とユーザーの嗜好を知る必要があります。 今回は、日本企業の進出先として人気の「タイ」、イスラム圏の巨大市場である「インドネシア」、そして世界一のマーケットである「アメリカ」、未知の可能性に満ちた「ヨーロッパ」という4つの地域の飲食市場と、現地で人気がある日本食のトレンドとその反応を解説します。 果たして海外で人気の日本食とは? 日本食ブームにおけるローカルトレンドとは? 気になる現地外国人の反応とは? 本テキストをぜひ御社の飲食事業の海外進出にお役立てください! 外国人の好きな料理の第1位が日本料理 JETRO(日本貿易振興機構調査)の調査(2014年3月)によると、外国人の好きな料理の第1位が日本料理(66. 3%)となっています。 こうした背景には、訪日客の急増によりインバウンド市場が急拡大していることがあります。 訪日した外国人の間で日本食の認知が向上するとともに、訪日後に現地の日本食レストランを訪れる人が増加しているのです。 しかし、訪日中に本物の日本食を食べたことにより、今まで以上に現地でも日本食の「質」が求められるようになりました。 寿司もカリフォルニアロールのような巻物が人気でしたが、握り寿司も急激に人気が高まりました。 このようにして、「日本食」というブランドが確立されてきています。 ヘルシー志向の高まるアメリカを中心に「日本食=ヘルシー」というイメージも浸透しており、最近では豆腐などが人気を集めるほどです。 日本企業による飲食ビジネスの海外展開に際しては、この「日本食」ブランドを活用しない手はありません。 ただし、「日本食」であれば人が集まるというわけでもありません。 なぜなら、このチャンスに現地資本の「日本食店」も急激に増加しているからです。 タイでは高級日本食の出店に商機アリ アジアの日本食レストランの数は約45,000店で、世界で最も日本食レストランの多い地域となっています。 地理的や文化的に日本と近いことから日本企業も進出しやすく、訪日客も多く訪れるため日本食文化の浸透が速く進みました。 そのため、多くの日本食レストランが店舗を拡大していきました。 その中でも、特に注目されているのはタイです。 親日であり、日本食レストランの受け入れにも寛容で、日本食文化の浸透も速く進みました。 タイには既に多くの日本食レストランが出店しており、和食チェーンのやよい軒や大戸屋、ラーメンチェーンや寿司レストランも多く展開されています。 国内の安定した経済成長により、比較的高級イメージのある日本食も「誰の手にも届きやすいもの」になっています。 一通りの日本食が手に入れられるようになっているタイでは今後、本物の「高級日本食」出店に商機が拡大しています。 経済成長により、中間層や富裕層は拡大しており、そのような層は「誰の手にも届かないもの」を求めるようになります。 例えば、日本の銀座の寿司屋のような回らない寿司屋や日本国産の高級和牛を扱った焼肉屋など、日本でしか食べれなかったような本物の日本食提供に商機が拡大しています。 イスラムの厳しい戒律「ハラル」の存在 インドネシアも急激な人口増加に伴う経済成長により、中間層や富裕層が拡大しています。 その中で、近年タイと同様に日本食レストランの普及が進んでいます。 しかし、インドネシアへの飲食店出店は難しいと言われていました。 その理由としては、日本にはあまり馴染みのないイスラム教文化の国であり、飲食において厳しい戒律「ハラル」があることです。 代表的なものだと豚やアルコールなどの飲食は原則禁止されており、出店の際もハラルの戒律に沿った営業をしている証明として「ハラル認証」を取得する必要があります。 また、1万3,466もの大小の島により構成されているインドネシアでは横展開が難しいこともあります。 しかし、2億6000万人を抱えるインドネシアの飲食市場は非常に大きな魅力を持っています。 また、タイが同様に成長してきたように、今後は中間層の増加により和食チェーンやラーメンや寿司などのチェーンなど「誰の手にも届きやすいもの」の需要が高まることが予測されます。 日本食レストランの進出が加速する欧州 欧州では、近年日本食人気が非常に高まっています。 グローバルの加速に伴い、ヒト・モノ・カネの国境を超えた移動の障壁が低くなっています。 その中で、アジアと比べると距離のある欧州からの訪日客も近年増加するとともに、日本食レストランの進出も加速しています。 2015年は2013年度比9割増しの10,550店舗でした。 欧州で展開されている多くの日本食レストランは現地価格に合わせたチェーン店です。 そのため、クオリティはやはり本物の日本食とは異なる上に、価格も割高になっています。 訪日する外国人は日本食を食べた際「この値段でこのクオリティの日本食を食べれるのは安い」と言います。 現地では日本食ブームの波に乗り、現地の人や中国人などが日本食レストランと名乗り経営していることも少なくありません。 そのため、今後はより日本の味に近いレストランが求められていきます。 寿司やラーメンを筆頭にカレーや居酒屋など、現地での日本食スタイル需要は高まっています。 フランスやスペインなど、食文化が進む国でも日本食レストランが増加しているということは日本食が世界で認められ始めている証拠とも言えます。 また、日本酒人気も高まっています。 現地文化の理解こそが成功のポイント 農林水産省が発表した調査によると、海外の日本食レストランは2015年7月時点で8万9000店に上り、06年の2万4000店、13年の5万5000店から大幅に増えている事がわかります。 現在は「寿司」だけでなくラーメンや天ぷら、焼肉や牛丼など多くの日本食レストランが立ち並ぶとともに、現地の嗜好にアレンジされた現地型の日本食レストランも多く開業しています。 日本の飲食産業にとって今、海外進出のチャンスが大きく広がっていることは間違いないでしょう。 しかし、実際に海外進出する際には、地域や国によって食文化も異なるため、人気の日本食も異なってきます。 場所によっては宗教の関係で、禁止されている食材もあります。 そのため、飲食業の海外進出では、文化の違いを理解することが非常に重要なのです。 世界の三大料理といえば、東洋文化代表の「中華料理」、西洋文化代表の「フランス料理」、そしてイスラム文化圏代表の「トルコ料理」といわれています。 古くから食材や調理法が豊富だった国から生まれたこれらの料理は、世界各地の食文化に大きな影響を与え多くの人に食されている料理です。 しかし世界を見渡せば、日本食が世界3大料理に並ぶと言っても過言でないほど人気を高めているとも言えるのです。 御社にピッタリの海外進出サポート企業をご紹介します 今回は、海外で人気がある日本食(和食)のトレンドと現地の反応をまとめてご紹介しました。 海外における飲食ビジネスを知ることで得たアナタのビジョンは、海外ビジネスにおける重要な指標となるはずです。 「Digima〜出島〜」には、厳選な審査を通過した優良な海外進出サポート企業が多数登録しています。 当然、複数の企業の比較検討も可能です。 「海外現地に店舗を出店したい」「店舗出店に際して現地の法規制・許認可を調べたい」「自社店舗を海外フランチャイズ展開したい」「海外に進出したいが何から始めていいのかわからない」…といった、多岐に渡る海外進出におけるご質問・ご相談を承っています。 ご連絡をいただければ、海外進出専門コンシェルジュが、御社にピッタリの海外進出サポート企業をご紹介いたします。 まずはお気軽にご相談ください。 YCPでは各拠点にてコンサルティングサービスだけでなく自社事業を展開しています。 市場調査フェーズからスキーム構築/定常的なビジネスマネジメントまで、事業主として一人称で取り組んできたからこそ得られた現地市場ノウハウや専門知識を活用し、教科書的な「べき論」に終始せず、ヒト/モノ/カネの観点から海外展開リスクを最小化するためのサービス開発を行っています。 企業紹介文章を見る 全ての企業と個人のグローバル化を支援するのが、サイエストの使命です。 サイエストは、日本の優れた人材、企業、サービス、文化を世界に幅広く紹介し、より志が開かれた社会を世界中に作り出していくための企業として、2013年5月に設立されました。 近年、日本企業の国内事業環境が厳しい局面を迎える中、アジアを筆頭にした新興国が世界経済で存在感を増しています。 それに伴い、世界中の企業がアジアなどの新興マーケットの開拓を重要な経営戦略のひとつと位置付け、一層注力の度合いを高めています。 サイエストは、創業メンバーが様々な海外展開事業に携わる中で、特に日本企業の製品、サービス、コンテンツには非常に多くの可能性を秘めていると、確信するに至りました。 ただ、海外市場開拓の可能性はあるものの、その実現に苦労している企業も少なくありません。 我々はその課題を (1)海外事業の担当人材の不足 (2)海外事業の運営ノウハウの不足 (3)海外企業とのネットワーク不足 と捉え、それぞれに本質的なソリューションを提供してまいります。 また、組織を構成する個人のグローバル化も支援し、より優れた人材、企業、そしてサービスや文化を世界中に発信してまいります。 そうして、活発で明るい社会づくりに貢献することで、日本はもちろん、世界から広く必要とされる企業を目指します。 企業紹介文章を見る 企業の海外進出に関連する一連のサービス 1. 貴社は手間と時間の掛かる法人設立(法人登記、ライセンス取得、銀行口座開設)、および法人設立後の維持管理業務(バックオフィス体制の構築、決算、税務申告、給与計算、規則策定、等)の負担なく、海外で迅速に事業を開始できます。 GEOで雇用した社員の状況はGoGlobalが提供するシステム上でいつでも閲覧可能です。 GEOを利用することで貴社は、自身で現地法人で社員を雇用する場合と同様に事業を展開しつつ、管理負担を大幅に削減することが可能となります。 海外採用代行サービス ・貴社の海外事業に必要な人材の採用を支援します。 GoGlobalの持つアジア各国及びアメリカのリクルーティング会社とのネットワークを活用し、数多くの候補者の中から貴社の事業を成長のために最適な人材の採用を支援します。 企業紹介文章を見る インサイトアカデミーは、「グローバル人材」=「海外で"収益"を生み出せる人材」と定義し、グローバル人材の育成要件を整理。 グローバルマインド 2. 修羅場を乗り越えた数 4. 異文化の理解 5. 言語力 を5つの要件とし、それぞれをカバー出来る500以上の動画をオンラインで配信。 オンラインですので、海外駐在員や海外事業従事者にいつでもどこでも何度でも学習可能。 また、海外事業経験平均25年の講師陣から、教科書では決して得られない実戦的ノウハウが得られます。

次の

海外で人気の「日本食ブームのトレンドと現地に住む外国人の反応」まとめ

海外の反応 com

海外で人気がある日本食ブームのトレンドと現地に住む外国人の和食への反応をまとめてご紹介します。 世界中で日本食のプレゼンスが高まるなか、日本食を始めとする海外での飲食ビジネスには大きなチャンスが広がっています。 しかし、競争が激化している厳しいグローバル市場であることも確か。 成功のためには、日本企業としての強みを活かし、現地の市場とユーザーの嗜好を知る必要があります。 今回は、日本企業の進出先として人気の「タイ」、イスラム圏の巨大市場である「インドネシア」、そして世界一のマーケットである「アメリカ」、未知の可能性に満ちた「ヨーロッパ」という4つの地域の飲食市場と、現地で人気がある日本食のトレンドとその反応を解説します。 果たして海外で人気の日本食とは? 日本食ブームにおけるローカルトレンドとは? 気になる現地外国人の反応とは? 本テキストをぜひ御社の飲食事業の海外進出にお役立てください! 外国人の好きな料理の第1位が日本料理 JETRO(日本貿易振興機構調査)の調査(2014年3月)によると、外国人の好きな料理の第1位が日本料理(66. 3%)となっています。 こうした背景には、訪日客の急増によりインバウンド市場が急拡大していることがあります。 訪日した外国人の間で日本食の認知が向上するとともに、訪日後に現地の日本食レストランを訪れる人が増加しているのです。 しかし、訪日中に本物の日本食を食べたことにより、今まで以上に現地でも日本食の「質」が求められるようになりました。 寿司もカリフォルニアロールのような巻物が人気でしたが、握り寿司も急激に人気が高まりました。 このようにして、「日本食」というブランドが確立されてきています。 ヘルシー志向の高まるアメリカを中心に「日本食=ヘルシー」というイメージも浸透しており、最近では豆腐などが人気を集めるほどです。 日本企業による飲食ビジネスの海外展開に際しては、この「日本食」ブランドを活用しない手はありません。 ただし、「日本食」であれば人が集まるというわけでもありません。 なぜなら、このチャンスに現地資本の「日本食店」も急激に増加しているからです。 タイでは高級日本食の出店に商機アリ アジアの日本食レストランの数は約45,000店で、世界で最も日本食レストランの多い地域となっています。 地理的や文化的に日本と近いことから日本企業も進出しやすく、訪日客も多く訪れるため日本食文化の浸透が速く進みました。 そのため、多くの日本食レストランが店舗を拡大していきました。 その中でも、特に注目されているのはタイです。 親日であり、日本食レストランの受け入れにも寛容で、日本食文化の浸透も速く進みました。 タイには既に多くの日本食レストランが出店しており、和食チェーンのやよい軒や大戸屋、ラーメンチェーンや寿司レストランも多く展開されています。 国内の安定した経済成長により、比較的高級イメージのある日本食も「誰の手にも届きやすいもの」になっています。 一通りの日本食が手に入れられるようになっているタイでは今後、本物の「高級日本食」出店に商機が拡大しています。 経済成長により、中間層や富裕層は拡大しており、そのような層は「誰の手にも届かないもの」を求めるようになります。 例えば、日本の銀座の寿司屋のような回らない寿司屋や日本国産の高級和牛を扱った焼肉屋など、日本でしか食べれなかったような本物の日本食提供に商機が拡大しています。 イスラムの厳しい戒律「ハラル」の存在 インドネシアも急激な人口増加に伴う経済成長により、中間層や富裕層が拡大しています。 その中で、近年タイと同様に日本食レストランの普及が進んでいます。 しかし、インドネシアへの飲食店出店は難しいと言われていました。 その理由としては、日本にはあまり馴染みのないイスラム教文化の国であり、飲食において厳しい戒律「ハラル」があることです。 代表的なものだと豚やアルコールなどの飲食は原則禁止されており、出店の際もハラルの戒律に沿った営業をしている証明として「ハラル認証」を取得する必要があります。 また、1万3,466もの大小の島により構成されているインドネシアでは横展開が難しいこともあります。 しかし、2億6000万人を抱えるインドネシアの飲食市場は非常に大きな魅力を持っています。 また、タイが同様に成長してきたように、今後は中間層の増加により和食チェーンやラーメンや寿司などのチェーンなど「誰の手にも届きやすいもの」の需要が高まることが予測されます。 日本食レストランの進出が加速する欧州 欧州では、近年日本食人気が非常に高まっています。 グローバルの加速に伴い、ヒト・モノ・カネの国境を超えた移動の障壁が低くなっています。 その中で、アジアと比べると距離のある欧州からの訪日客も近年増加するとともに、日本食レストランの進出も加速しています。 2015年は2013年度比9割増しの10,550店舗でした。 欧州で展開されている多くの日本食レストランは現地価格に合わせたチェーン店です。 そのため、クオリティはやはり本物の日本食とは異なる上に、価格も割高になっています。 訪日する外国人は日本食を食べた際「この値段でこのクオリティの日本食を食べれるのは安い」と言います。 現地では日本食ブームの波に乗り、現地の人や中国人などが日本食レストランと名乗り経営していることも少なくありません。 そのため、今後はより日本の味に近いレストランが求められていきます。 寿司やラーメンを筆頭にカレーや居酒屋など、現地での日本食スタイル需要は高まっています。 フランスやスペインなど、食文化が進む国でも日本食レストランが増加しているということは日本食が世界で認められ始めている証拠とも言えます。 また、日本酒人気も高まっています。 現地文化の理解こそが成功のポイント 農林水産省が発表した調査によると、海外の日本食レストランは2015年7月時点で8万9000店に上り、06年の2万4000店、13年の5万5000店から大幅に増えている事がわかります。 現在は「寿司」だけでなくラーメンや天ぷら、焼肉や牛丼など多くの日本食レストランが立ち並ぶとともに、現地の嗜好にアレンジされた現地型の日本食レストランも多く開業しています。 日本の飲食産業にとって今、海外進出のチャンスが大きく広がっていることは間違いないでしょう。 しかし、実際に海外進出する際には、地域や国によって食文化も異なるため、人気の日本食も異なってきます。 場所によっては宗教の関係で、禁止されている食材もあります。 そのため、飲食業の海外進出では、文化の違いを理解することが非常に重要なのです。 世界の三大料理といえば、東洋文化代表の「中華料理」、西洋文化代表の「フランス料理」、そしてイスラム文化圏代表の「トルコ料理」といわれています。 古くから食材や調理法が豊富だった国から生まれたこれらの料理は、世界各地の食文化に大きな影響を与え多くの人に食されている料理です。 しかし世界を見渡せば、日本食が世界3大料理に並ぶと言っても過言でないほど人気を高めているとも言えるのです。 御社にピッタリの海外進出サポート企業をご紹介します 今回は、海外で人気がある日本食(和食)のトレンドと現地の反応をまとめてご紹介しました。 海外における飲食ビジネスを知ることで得たアナタのビジョンは、海外ビジネスにおける重要な指標となるはずです。 「Digima〜出島〜」には、厳選な審査を通過した優良な海外進出サポート企業が多数登録しています。 当然、複数の企業の比較検討も可能です。 「海外現地に店舗を出店したい」「店舗出店に際して現地の法規制・許認可を調べたい」「自社店舗を海外フランチャイズ展開したい」「海外に進出したいが何から始めていいのかわからない」…といった、多岐に渡る海外進出におけるご質問・ご相談を承っています。 ご連絡をいただければ、海外進出専門コンシェルジュが、御社にピッタリの海外進出サポート企業をご紹介いたします。 まずはお気軽にご相談ください。 YCPでは各拠点にてコンサルティングサービスだけでなく自社事業を展開しています。 市場調査フェーズからスキーム構築/定常的なビジネスマネジメントまで、事業主として一人称で取り組んできたからこそ得られた現地市場ノウハウや専門知識を活用し、教科書的な「べき論」に終始せず、ヒト/モノ/カネの観点から海外展開リスクを最小化するためのサービス開発を行っています。 企業紹介文章を見る 全ての企業と個人のグローバル化を支援するのが、サイエストの使命です。 サイエストは、日本の優れた人材、企業、サービス、文化を世界に幅広く紹介し、より志が開かれた社会を世界中に作り出していくための企業として、2013年5月に設立されました。 近年、日本企業の国内事業環境が厳しい局面を迎える中、アジアを筆頭にした新興国が世界経済で存在感を増しています。 それに伴い、世界中の企業がアジアなどの新興マーケットの開拓を重要な経営戦略のひとつと位置付け、一層注力の度合いを高めています。 サイエストは、創業メンバーが様々な海外展開事業に携わる中で、特に日本企業の製品、サービス、コンテンツには非常に多くの可能性を秘めていると、確信するに至りました。 ただ、海外市場開拓の可能性はあるものの、その実現に苦労している企業も少なくありません。 我々はその課題を (1)海外事業の担当人材の不足 (2)海外事業の運営ノウハウの不足 (3)海外企業とのネットワーク不足 と捉え、それぞれに本質的なソリューションを提供してまいります。 また、組織を構成する個人のグローバル化も支援し、より優れた人材、企業、そしてサービスや文化を世界中に発信してまいります。 そうして、活発で明るい社会づくりに貢献することで、日本はもちろん、世界から広く必要とされる企業を目指します。 企業紹介文章を見る 企業の海外進出に関連する一連のサービス 1. 貴社は手間と時間の掛かる法人設立(法人登記、ライセンス取得、銀行口座開設)、および法人設立後の維持管理業務(バックオフィス体制の構築、決算、税務申告、給与計算、規則策定、等)の負担なく、海外で迅速に事業を開始できます。 GEOで雇用した社員の状況はGoGlobalが提供するシステム上でいつでも閲覧可能です。 GEOを利用することで貴社は、自身で現地法人で社員を雇用する場合と同様に事業を展開しつつ、管理負担を大幅に削減することが可能となります。 海外採用代行サービス ・貴社の海外事業に必要な人材の採用を支援します。 GoGlobalの持つアジア各国及びアメリカのリクルーティング会社とのネットワークを活用し、数多くの候補者の中から貴社の事業を成長のために最適な人材の採用を支援します。 企業紹介文章を見る インサイトアカデミーは、「グローバル人材」=「海外で"収益"を生み出せる人材」と定義し、グローバル人材の育成要件を整理。 グローバルマインド 2. 修羅場を乗り越えた数 4. 異文化の理解 5. 言語力 を5つの要件とし、それぞれをカバー出来る500以上の動画をオンラインで配信。 オンラインですので、海外駐在員や海外事業従事者にいつでもどこでも何度でも学習可能。 また、海外事業経験平均25年の講師陣から、教科書では決して得られない実戦的ノウハウが得られます。

次の