アパホテル 東京 安い。 ランキング TOP20 東京のアパホテル(APAホテル) ビジネスホテル 宿泊予約は [一休.com]

都内でおすすめのアパホテルランキング

アパホテル 東京 安い

I love the location of this hotel, near to train station or walkable to Shinjuku station. Also very near to Gyoen park. It's also in a quiet area of Shinjuku. Lots of cafes and food around the area. The room was smaller than I expected. If you're coming from a long flight and have big luggage, it... Search for hotels in Tokyo on Expedia. You can easily find your hotels in Tokyo using one of the methods below:• View our selection of featured hotels in Tokyo• Use the map to find hotels in the Tokyo neighborhood you prefer• Use the filters to see hotels in a specific area of Tokyo, select a specific theme, brand, or hotel class from basic 1 Star to luxury hotels 5 Stars in Tokyo• Enter your travel dates to view the best deals on hotels in Tokyo - while they last.

次の

お知らせ

アパホテル 東京 安い

銀座より:車以外/東京メトロ日比谷線7駅13分「秋葉原駅」1番出口徒歩1分 チェックイン/アウト チェックイン/15:00~ チェックアウト/~11:00 最寄り駅1:住吉 最寄り駅2:西大島 最寄り駅3:錦糸町 東京より:車/首都高速7号線~錦糸町IC~四ッ目通りを南(湾岸方面)へ新大橋通りを左へ。 川を渡って右側 車以外/JR総武快速線「錦糸町駅」、「亀戸駅」より徒歩約15分 補足:車/ホテルコインパーキング(7台:先着順予約不可) ・1日1,700円(15時~翌11時)時間外の11時~15時は別途駐車料金を頂戴しております。 車以外/東京メトロ半蔵門線、都営新宿線 「住吉駅」より徒歩5分。 チェックイン/アウト チェックイン/15:00~ チェックアウト/~11:00 最寄り駅1:人形町 最寄り駅2:馬喰横山 最寄り駅3:馬喰町 東京駅より:車/首都高高架をくぐり右折~外堀通り(一般道)を神田方面~人形町交差点まで約5分 車以外/JR総武線「馬喰町」から4分 舞浜駅より:車/首都高速9号深川線「箱崎」出口~首都高速湾岸線「舞浜」入口~箱崎から人形町交差点方面へ約5分 車以外/JR「八丁堀駅」乗換、東京メトロ日比谷線「人形町駅」下車 補足:車/予約不可・完全先着順・(平置・3台) 満車の場合は近隣のコインパーキングをご案内致します。 コインパーキングは提携外のため、ご料金の確認はできかねます。 お客様ご自身で確認の上、ご利用くださいませ。 料金は駐車場により異なります。 車以外/地下鉄4番口を出て左にお進みください。 徒歩5分です。 チェックイン/アウト チェックイン/15:00~ チェックアウト/~11:00.

次の

じゃらん my リスト

アパホテル 東京 安い

ホテル中層階からの眺望での仕事は快適 普段はモバイル決済などを中心に取材しているが、最近はインタビュー取材や説明会、各種打ち合わせなどもオンライン会議上で行なう機会が増えてきており、急遽オンライン会見用の個室を用意しなければならないことが多い。 聞き流しが可能な説明会に比べ、特にインタビューについては自分自身が長時間しゃべる必要があり、さらに途中の割り込みが厳禁ときている。 アパが提供する新プランは願ったり叶ったりの提案ということで、自宅から一番近いアパホテル&リゾート東京ベイ幕張を試してみることにした。 京葉線の海浜幕張駅から徒歩5-6分ほどの場所で非常に便利だ。 電車が動いていなかったとしても、徒歩30分ほどで自宅に帰れる距離というのも安心感がある。 アパホテル&リゾート東京ベイ幕張。 旧プリンスホテルで知られる特徴的な外観のホテルだ 今回利用したのは「テレワーク応援 日帰りプラン」で、朝8時から夜7時までのデイユースでの利用が可能というもの。 ホテルのフロントには朝8時過ぎに到着したが、通常のチェックイン時間ではないため自動チェックイン端末はすべて停止しており、有人カウンターでの対応を受けた アパホテルは後精算の会計がない限りはチェックアウトは不要。 アパの会員カードがあれば面倒な宿泊票への記入がないためスムーズに入館できる。 滞在の際の注意点として、東京ベイ幕張で3棟あるビルのうち中央部のセントラルタワーしか現在稼働していないこと、また同ホテルには大浴場が併設されているが、営業時間が限られていることの説明を受けた。 本来日帰りプランは大浴場を楽しむことも想定した「湯ったり日帰りプラン」という名称だからだが、今回は仕事をしにきているので特に問題はない。 朝8時から夜7時までの11時間の利用で4,500円。 コワーキングの会議室を2時間押さえると2,000~3,000円程度することを考えればかなりお得だ 今回割り当てられたのは50階建てのセントラルタワーの中層部にあたる25階の部屋。 押さえたのはツインルームだが、これは机の配置が唯一窓側を向いているため。 仕事に集中すれば関係ないが、合間合間に素晴らしい眺望が目に入ってくるのは目の保養になる。 ちょうど西向きの配置であり、目の前にはZOZOマリンスタジアム、幕張メッセ、イオンモール幕張新都心などが見える。 昼過ぎまで日光が直接差し込まないので、それまではカーテン全開で作業が可能だ。 また室内のシャワーとトイレが利用できるため、朝着の身着のままでホテルまで直行してから身だしなみを整えて顔出しのオンラインミーティングに参加することが可能だ。 トイレが室内にあるというのも、他のコワーキングにはない特徴だ。 このようにチェックイン時間が最大で朝8時まで選べるようになる 今回、テレワーク応援プランが提供されるようになった経緯についてアパホテル広報に聞いたところ、「アパホテルでは全店、日中の時間帯を活用して日帰りプランを販売しており、テレワークにも活用していただけるように、朝8時から19時まで最大11時間客室を利用できる日帰りプランを新たに販売開始しました」という。 5日連続プランについても同様で、「5日間連続での利用限定で、チェックイン当日朝8時からチェックアウト日の夜20時まで利用可能なテレワークに最適なプランになっています。 月曜日のチェックインであれば月曜日の朝8時から金曜日の夜20時まで利用可能です」ということで、集中して作業場所を確保したいというニーズを満たすものとなっている。 現状で、テレワーク応援日帰りプランの提供期間は3月25日から5月31日まで、5日連続プランは4月2日から5月29日となっている。 なお5日連続プランについては途中の客室清掃は1回のみとなる代わりに、料金は1万5,000円からということになっている。 また余談だが、現在アパホテルでは連泊すると「アパ社長カレー」がもらえるキャンペーンを6月30日まで限定で実施しているが、5日連続プランはこの対象になるため、もれなくアパ社長カレーが入手できる。 実際にユーザーからの反応について同社広報では「ご利用頂いているお客様からは、自宅よりも集中できる、ネット環境が整っていて仕事がしやすい等の声を頂いております」と説明しており、概ね好評のようだ。 緊急事態宣言後のテレワーク環境探し 昨今の新型コロナウイルス感染拡大にともなう情勢から日本でもテレワーク リモートワーク が推奨されるようになり、会社の方針として「基本、出社はなし」ということで業務形態を切り替えるところが増えている。 特に4月7日からは全国7都府県で緊急事態宣言が発令され、その動きはさらに強化されている。 一方で、「自宅でテレワークする場所がない」ということで困っている方も少なくないはず。 「一斉休校で子どもが家にいるので落ち着かない」「夫婦ともテレワークなので作業場所が足りない」など理由はさまざまだが、筆者の場合は自宅に介護中の親を抱えており、家にいると頻繁に声をかけてくるためまったく仕事が手に着かない。 フリーランスということもあり、普段日中は赤坂にあるアークヒルズライブラリという共有スペースで作業をしているが、ここは音声会話ができるブースに20分の時間制限があり、最近増えているZoomやTeamsなどのオンラインミーティング用途に使えないという問題があった。 そこで最近見つけたのがJR東日本が運営している「」というサービスで、専用のブースを15分間250円で利用できる 今年3月までのキャンペーン期間中は15分間150円だった。 筆者がオンライン会議に利用しているStation Work。 都内に何カ所かあるが、定期券がある関係で東京駅の横須賀線地下ホームのブースタイプのものをよく利用している 確かに便利で快適ではあったが、割と1回の利用金額がバカにならないという不満もあった。 通常のミーティングの時間が60分、オンラインミーティングでは接続時のトラブルなどを考慮して90分を確保しているが、機材のセットアップと片付けを考慮して前後合わせて15分のマージンを確保しており、予約する際の時間は105分で設定している。 キャンペーン期間中は1,155円だったのでまだ我慢できたが、これが4月以降は1,925円と一気に倍近くなり、少なくとも週に3-4回は双方向ミーティングが発生することを考えると、そのコストもけっこうな負担だ。 しかも普段の作業場所からStation Workのある駅までの移動も計算に入れなくてはならず、そのロスも大きい。 その点、アパのテレワーク応援プランは日帰り利用でも料金的にはお得だと思う。 1日作業場所を確保できるので、そのまま仕事をしていれば時間が無駄にならない。 特に、緊急事態宣言が発令されてアークヒルズライブラリが閉鎖されるというアナウンスがあった以上、筆者は仕事環境がなくなってしまった。 それを考えれば、今回のテレワーク応援の5日連続プランも非常に魅力的であり、特に締め切りやミーティングの重なる時期を狙って予約を入れることで、作業を効率よく進められるようになるのではと思う。 自宅からも近く、移動を抑えられ、人ごみも避けられる。 今後数カ月先か、まだまだ続くと思われるテレワーク環境探しの旅だが、その点で有力な選択肢が出現したことは非常にありがたい。

次の