水槽 ph 下げる。 水槽のPHを下げる方法 [小型水槽でアクアリウム コラム]

【マメ知識】水草水槽に最も適した水質

水槽 ph 下げる

熱帯魚飼育や水草飼育などのときに気をつけるべき非常に重要な要素があります。 それは水の「pH」です。 つまり、水が酸性に傾いているかアルカリ性に傾いているかということです。 まれに弱アルカリ性を好む熱帯魚—特に淡水フグ—などがいますが、ほとんどの熱帯魚、もしくは水草は中性のpH7. 0から弱酸性のpH6. 0ぐらいの間を好みます。 そこで、そうした弱酸性の熱帯魚・水草を飼育する場合に、pHがアルカリ性に傾いてしまったときの対処法をご紹介します。 pHが高くなる原因をつかむ まずは、なぜ水のpHが高くなってしまうかを知りましょう。 日本の水道水はpH7. 0の中性です。 しかし、それはあくまで蛇口からくんだ時点でのこと。 水道水には二酸化炭素が含まれています。 しかし、二酸化炭素が水に溶けると、水中の水素と結びつき、その水は酸性に傾きます。 日本の水道水の場合は、それが中性に保たれる程度の量ということです。 しかし、くんで放置した水からは二酸化炭素が抜けていきます。 すると当然水はどんどんアルカリ性に傾いていきます。 もうひとつの原因として底砂が挙げられます。 日本のアクアリウム用底砂として最も普及し、最も安いのが「大磯砂」です。 この大磯砂には、実は細かい巻き貝の貝殻なども含まれています。 貝殻はカルシウムなので、それが水中に溶け出すとアルカリ性になっていきます。 用意する道具 水槽のpH管理をするためには、まずpHの値を知る必要があります。 pHを調べるためには、学校の理科の時間に使ったようなリトマス試験紙や、水に垂らして色の変化を見るpH試薬などがあります。 しかし、より正確にpHを調べるにはpHメーターが推奨されます。 これは小数点2桁までpHが表示される器具で、値段も安いものなら1500円~2000円程度で購入できます。 まずpHを測定し、pH7. 0より高い値を示すようであれば、以下の方法でpHを下げます。 底砂の入れ替え 上記のように大磯砂は含まれる貝殻によってpHが上がります。 また、他の底砂を使っている場合でもpHを上げる要素がないかを調べ、底砂に原因があるようであれば入れ替えます。 水草水槽の愛好者がよく使っているのが「ソイル」という底砂です。 これは簡単に言うと有機物を含む土を人工的に焼き固め、粒上にしたものです。 ソイルには水を弱酸性に傾ける働きがあり、それに加えてアンモニアなど有害物質を吸着してくれるとともに、水草に養分を与えてくれる理想的な底砂です。 すでに水槽を立ち上げてあるならば底砂をソイルに入れ替え、もしくはこれから立ち上げるのであれば最初からソイルを敷くようにするのがオススメです。 ただし、大磯砂よりも割高であり、また数年で崩れて効果がなくなるので、そのたびに入れ替えをしなくてはならないというデメリットもあります。 二酸化炭素の添加 水草水槽の場合、光合成をさせるために二酸化炭素を添加します。 上記のようにpHの上昇は二酸化炭素が抜けることでも起こるので、二酸化炭素の添加は水草を育てるとともにpHの変化を抑えるという役割も果たします。 水草水槽とまでいかなくても、水槽内に水草を植えているのであれば、もう少し水草の量を増やして、二酸化炭素の添加ツールを使ってみるのも良いでしょう。 水草が元気になり、水槽内がキレイになるので、酸素も供給されて魚にとっても良いことです。 レイアウトを追加 水槽レイアウトの定番である流木は有機物ですから、水中で少しずつ分解され酸性物質を出すことでpHを下げます。 また、落葉広葉樹の落ち葉などを入れても同様の効果があります。 流木はたいていの水槽レイアウトに合うので汎用性が高いです。 落ち葉の場合は、水草水槽などには合いませんが、日本産淡水魚水槽などのレイアウトには似合うでしょう。 ただし、どちらも拾ってきたものであるなら一度煮沸して消毒します。 また、流木の場合「アク」と呼ばれる有機成分を抜かないと水が茶色に染まります。 熱帯魚店にはアク抜き済みの流木が売られているので、それを使うのが手軽です。 添加物を使う 最終手段として、「pH降下剤」という添加物を入れるという手段があります。 しかし、pH降下剤には俗に「黒ひげ」などとも呼ばれる黒く醜い藻が好むリン酸が含まれていることがありますので、諸刃の剣といったところでしょう。 pH降下剤にはできるだけ頼らず、その他の手段でpHを調節するのが、中の生き物にとっても見た目的にも推奨されます。 少しずつチェックしながらpH値の調整を行おう pHが高くなってしまったからといって、あまりに酸性化させることに夢中になると、逆にpHを下げすぎてしまうことがあります。 弱酸性を好む魚や水草であっても、酸性が強くなればダメージを受けます。 ですから、対策は一気に行わず、pHのチェックをしながら徐々に行うようにしてください。

次の

なぜ水槽のpHは下がるのか?その原因について探ってみました!

水槽 ph 下げる

pHの降下が換水でも止まらない Q : 換水をしてもpHの降下が止まりません 順調で問題も無かった水槽で魚がポツポツ死に始めたのですが、pHをはじめて測ってみたら4.5(!)でした。 酸性になり過ぎていると思ってすぐに3分の1の水を換えたのですが、次の日には元の4.5に戻っていました。 そこでまた換水したのですが(直後は5.5ぐらい)、次の日にはまた4.7ぐらいまで下がっていました。 水槽の中にはピートやソイルは入れていませんし、二酸化炭素も入れていません。 何が悪いのでしょうか。 A : 濾材や底床に溜まっている汚れも徐々に掃除してみて下さい。 詳しい状況が分からないので一般的なケースを念頭に考えますと、まず、今の水槽の中にpHを下げるものを入れていないのであれば、pHを下げている原因は底床や濾材に溜まっている汚れなどに起因する酸性物質だと思われます。 そして、この「硝酸」が水を酸性に傾ける元凶です。 水草と魚の餌のバランスがとれている水槽や完全に落ち着いている水槽ならば、硝酸は分解されたり吸収されたりしてあまり問題にならないのですが、餌の量が多かったり立ち上げて間が無い水槽だったりすると、硝酸は水槽内に徐々に増えて水を酸性側に引っ張り続けます。 そしてその状態が長く続くと、ご質問のような、換水してもなかなかpHが戻らない状態に陥ってしまいます。 この点、硝酸が水の中だけに蓄積しているのであれば換水によってpHが戻るはずですが、実際はお書きのように換水だけではなかなか元に戻りません。 しかし、同時に濾材や底床に溜まった汚れを掃除すれば改善されます。 つまり、水を酸性側に引っ張っているのは水の中の硝酸だけでなく濾材や底床に溜まった汚れにも原因があることを示唆しています。 そのしくみについて納得のいく解説をしている情報を見たことが無いので詳しいことは分かりませんが、濾材や底床に溜まっているものが関係しているのは間違いありません。 したがって、換水と同時に、あるいは、できることならば3日以上間を空けて、底床と濾材も軽く掃除してみて下さい。 <手順> 1.まず3分の1の換水を行う (そして3日以上空ける) 2.濾材を汲み出した水槽水で軽くもみ洗いする (また3日以上空ける) 3.『プロホース』などの底床クリーナーで底床を掃除する この手順で手当てすればほとんどの場合、pHの下降に歯止めがかかって元に戻るはずですが、それでもダメだった場合はもう一度1から繰り返してみましょう。 し過ぎると必須のバクテリアを失ってしまったりpHの急変で生体を殺してしまったりします。 くれぐれも慎重に行いましょう。 ちなみに、通常の水草水槽では、pHが5.5を下回ると危険です。 酸性側に弱い魚種が死に始めます。 そうならないように、ふだんから時々pHを測り、下回ってからではなく、下回る前に換水などの手当てを施すように心がけましょう。 また、水草や換水頻度と、与えている餌の量を照らし合わせ、餌を与え過ぎていないか・魚を詰め込み過ぎていないかを一度チェックしてみて下さい。

次の

水槽の水質、phを上げる方法とphを下げる方法

水槽 ph 下げる

PH ペーハー を上げる方法は? PH ペーハー を上げるには、以下の飼育用品のいずれかを使用する必要があります。 カキ殻• サンゴ礁• 濾過材• 特になし デメリット• PHを上げる効果のある物を選ぶ必要がある 大磯砂等の底砂等の石にはPHを下げる効果があります。 ただし、すべての石にPHを下げる効果が備わっているわけではなくPHに影響しない物もありますので事前に確認をしましょう。 カキ殻 メリット• PHをあげる効果が高い デメリット• ボロボロと崩れやすい 効果に影響はなし カキ殻にはPHを上昇させる効果があります。 カキ殻はサイズが大きい物から小さい物まで様々であり、ネットに入れて使用したり底砂として使用したりと広範な用途で使用することができます。 カキ殻はネット等に入れていつでも取り出せるようにしておくことでPHを自在に管理することができますが、カキ殻を底砂として使用しているとPHが上がり過ぎた時に取り出す手間がかかりますのでどれくらいPHを上げたいのかによって最適な使い方は変わります。 サンゴ礁 メリット• PHを上げる効果が高い デメリット• 特になし PHを上昇させる効果が強いサンゴ礁は大きな塊状の物から砂のように細かく砕いて底砂として使用する物まで様々なタイプのサンゴ礁があります。 大きなサイズのサンゴ礁はカキ殻同様にネット等に入れていつでも取り出せるようにしておくことでPHを自在に管理することができます。 ですが、サンゴ礁を底砂として使用しているとPHが上がり過ぎた時に取り出す手間がかかりますのでどれくらいPHを上げたいのかによって最適な使い方は変わります。 濾過材 メリット• 濾過槽に入れるので見た目が気にならない デメリット• 特になし 濾過材にはPHを上げる効果がありますのでPHを上げたいけど水槽内へソイルや流木等を使用しないレイアウトにしたい場合に最適です。 濾過材にはPHを下げる効果があるものも販売されていますので事前に確認しましょう。 PH上昇剤 メリット• 即効性がある デメリット• 一時的な効果でしかない PH上昇剤は、最も手軽に早くPHを上げることができますがPH上昇剤の効果は一時的なものであり、時間が経つにつれて徐々に元の水質の戻っていきますのでPH上昇剤を使いPHを上げるのはあくまでも一時的な処置として使用しましょう。 PH ペーハー を下げる方法は? PH ペーハー を下げるには、以下の飼育用品のいずれかを使用する必要があります。 ソイル• マジックリーフ• 濾過材• ヤシャブシャの実• 安定性があり効果が長い デメリット• ソイル 底砂 を巻き上げるような生体には使えない ソイル 底砂 には沢山の種類があります。 多くのソイルはPHを下げる効果をもっていますがソイルの中にはPHを上げるような効果を持った物やPHに影響しないような物もありますので事前に確認しましょう。 マジックリーフ メリット• PHを下げる効果が高い デメリット• ブラックウォーター化する マジックリーフと呼ばれる木の葉にはPHを大きく下げる効果がありますが、飼育水が茶色 ブラックウォーター に変わってしまいますが生体に問題は起こりません。 流木 メリット• 特になし デメリット• ブラックウォーター化する場合がある 流木には水質を酸性大きく傾けるような効果は持っていませんが、流木を水槽内へ入れることによって僅かですが水質を弱酸性に近づけることができます。 ただ、流木を使用することによって飼育水がブラックウォーター化する場合があります。 濾過材 メリット• 濾過槽に入れるので見た目が気にならない デメリット• 特になし 濾過材にはPHを下げる効果がありますのでPHを下げたいけど水槽内へソイルや流木等を使用しないレイアウトにしたい場合に最適です。 濾過材にはPHを上げる効果があるものも販売されていますので事前に確認しましょう。 ヤシャブシャの実 メリット• 小さいので濾過槽にも入れることが可能• PHを下げる効果が強く持続力がある デメリット• ブラックウォーター化する 小さな松ボックリのような形をしたヤシャブシの実にはPHを下げる効果があります。 小さいサイズのヤシャブシの実は入れる場所を選ばないので濾過槽などに入れることによって水槽のレイアウトに影響しませんし、マジックリーフと比べると長期的にPHを下げる効果が期待できます。 PH降下剤 メリット• 即効性がある デメリット• 一時的な効果でしかない PH降下剤は、最も手軽に早くPHを下げることができますがPH降下剤の効果は一時的なものであり、時間が経つにつれて徐々に元の水質の戻っていきますのでPH降下剤を使いPHを下げるのはあくまでも一時的な処置として使用しましょう。 PH ペーハー 調節に使う物【まとめ】 PHを上げる効果がある物 PHを下げる効果がある物 石 ソイル カキ殻 マジックリーフ サンゴ礁 流木 濾過材 PH上昇効果付き 濾過材 PH降下効果付き PH上昇剤 ヤシャブシャの実. etc PH上昇材.

次の