関東大震災 予言。 2020年に大地震が!?東京オリンピックが中止になるかもしれない不吉な予言を紹介!!

関東大震災(大正関東地震)

関東大震災 予言

すぐ読める目次• 関東地方に大地震が起き、 津波で家が流される夢を見たと投稿しています。 霊感が強い楽しんごさんは、正夢になる事が多いため、注意を呼び掛けています。 4月25日|5月11日~13日に発生と変更 みんな! 5月11から13までの間に関東大震災の予想が凄いので。 関東大震災は、2020年5月11日から13日の間に発生すると予言。 自分の夢はかなりの確率で当たると、信ぴょう性の高さをアピールしています。 5月5日|関東地方で震度4の地震発生! 2020年5月5日、関東地方で震度4の地震が発生しました。 縦揺れだったかな? 千葉震源多いなー。 5月6日には、静岡県の海岸にイルカが打ち上げられています。 【FNN PRIME】懸命の救出劇 海岸に打ちあがったイルカを保護 静岡・下田市 — 地震・噴火トピック情報 jishincurated 3. 11東日本大震災の前にもイルカが打ち上げられていたので、 大地震の予兆では?とも考えられますね・・・ 他には、地震雲を目撃した人も。 福島市、巨大な雲が出てました。 地震雲? — きらり riomama05 地震雲とちゃう!? — ML. nippi whereisourgtr 不可解な現象が続くと、心配になってしまいますね・・・ ネットの反応は? 楽しんごが地震予言してるみたいでこわい、、、 — ぴぃちゃん pienpien0506 一ヶ月前くらいから 心の中がザワザワしてて 「防災グッズを見直せ、防災グッズを玄関におけ」って言われてるような気がしてて ちまちま集めたりしてたんよね。 昨日友達と電話してたら地震が来たり、楽しんごさんが予言してたり きっとこのザワつきは 間違ってなかったのかなと…… 備えておこう…… — 華 hana87591196 一ヶ月前くらいから 心の中がザワザワしてて 「防災グッズを見直せ、防災グッズを玄関におけ」って言われてるような気がしてて ちまちま集めたりしてたんよね。 、予言する方も大変ですよね。

次の

東日本大震災を予言した漫画「私が見た未来」の恐るべき内容や簡単に読む方法

関東大震災 予言

大島の噴煙は火柱となり、夜間は殊に美しかった。 5~6月ごろ 5月下旬から6月初旬の間、水戸・銚子で有感地震急激に増加、いったん収まり、9月1日相模湾で大地震発生。 山中湖の湖水が全面的に濁った。 精進湖は6m位減水した。 翌年1月15日の地震にも東側3分の2が濁った。 南葛飾でネズミの集団移動があった。 7月 練馬石神井でネズミの集団移動があった。 8月 大根、ナシが大豊作。 地熱の影響か?地震被災後、ナシを食べながら親戚の家まで歩いた。 イネがいつもの年より草丈が伸びず、10日も早く黄金色に実っていた。 以後、こんな異変はただの一度もない。 伊東市で漁具がまったく売れなくなった。 相模湾でまるっきり魚が取れなくなったので漁具も不要になった。 海の中が濁ってあぶくが吹いているようだった。 川崎市北端の耕地付近の水田や小川で非常に多数の小ナマズが繁殖した。 この様なことはこれ以前、以後一切ない。 川口市で、震災の起こる前ナマズが非常に繁殖した。 古老は地震の前後、地熱の上昇でナマズが繁殖するのではないかという。 その後このようなことは無い。 品川猟師町(現在の品川1丁目)で井戸水が涸れた。 安政の大地震の前にも涸れたので調べてほしいと通報があった。 大地震後は復旧した。 (現在この井戸の所在不明) この井戸の西方数百メートルの春雨庵という寺で、20m離れて2つある井戸の丘側(八ツ山)の境内の井戸水が鉄臭く煎じ薬のようなにおいがして飲めなくなった。 地震後しだいに回復した。 現在も北品川4丁目春雨寺の境内にあるが、工場排水の影響かアンモニアが多く飲用には使用していない。 この井戸の水位の増減やにおいがあれば要警戒か。 2週間くらい前 伊豆半島で海女が海底から盛んに泡が立ってるのを見た。 その後、あわびが岩に硬く吸い付いて容易に取れなくなった。 木更津浜で局所的に、くみ潮現象(満ち潮の途中に30分~1時間急に潮が引く。 引き潮の途中に30分~1時間急に満ち潮が混じる)が発生した。 隅田川でメダカやフナがたくさん水面に浮かび、パクパクしており、素手ですくい上げることができた。 浅草三筋町で、イヌが2週間前からあちらでもこちらでも遠吠えしていた。 近所の人たちは何か変事があるのではないかと気持ち悪がった。 (別の地域でも同じ報告あり) 1週間くらい前 鎌倉由比ガ浜と材木座の間を流れる川ぶちで、足元がムズムズするので下をつかむとハゼが5、6匹とれ、川底の窪みを両手でつかむと一度に10匹くらいとれ、結局4リットルとれた。 東神奈川の海岸寄りの運河で、ハゼが異常に発生。 ネズミが江戸川の市川橋の下の水道管を伝わって逃げた。 昼は人に見えないように、また人が邪魔しても夢中で逃げ、夜も水道管を伝わって逃げた。 これが見られなくなって、2日後大地震おこった。 大田区中央、春日神社近くの井戸6~7ヶ所で、井戸が出なくなり、風呂に入れずどうしょうかと相談している時地震がおこった。 神奈川県中郡南秦野村今泉付近の井戸で、9月の大地震前に水位減少、地震後増加した。 又、翌年1年15日の地震前にも減少して、その後又増加した。 2日前 横浜鶴見区潮田のかいがんでカニが陸に向かってぞろぞろ這っており、短時間に大びくに入らぬほど取った。 横須賀市安浦町でも防波堤に無数のカニが這い上がり1時間に500匹とれた。 品川の相州楼ではいつも勝手口の残飯にドブネズミがうろうろしていたが、記者が写真を撮ろうと来たところ、その日に限って1匹もいなかった。 相州楼の主人が講談師に話したところ「てっきり地震だぜ、安政もそうだった」と言った。 その通りになった。 朝いつもなら1羽のカラスが、当日は20羽騒々しく鳴きたてながら飛び交っていたが、30分位でいつの間にか姿を消した。 東京市の空の一部に猛烈にかなり長時間にわたり音響なしの光があり、はじめ珍しげに見たが不気味となり眺める人も減り家に入った。 鎌倉市長屋で、月が火の玉を上げたように真っ赤であった。 翌日(地震の前日)夜11時頃の月も真っ赤であった。 地震の過ぎた9月1日の夜の月は、すでに青い月で清い光を投げ出していた。 前日 大森海岸で悪潮現象(海面の潮流と海底の潮流が逆に流れる)が発生。 魚網の袋の部分がひっくり返った。 蒸し暑く不快な日で頭痛がした。 夕方5時ごろ帷子(かたびら)川の上流今井川でイナの大群が水面に口だけ出して上流へ上がっていった。 さらに下流の石垣の間という間に数えきれないほどのウナギが首を出して、石を投げても動こうとしなかった。 酒匂川でアユのどぶ釣りしたが、午前まったく釣れず、午後驚くばかりの入れ食いとなった。 翌日の大地震で、このあたりはがけ崩れで惨憺たるありさまとなった。 海岸で投網を投げると30cmくらいのウナギがバケツ3杯もとれた。 夕方、東京赤坂福吉町十字路の電柱の電線をねずみの列が通り、竹ざおで驚かしたがわき目も振らず30分間自宅の土地へ入った。 その夜コトリとも音がせずネズミは一匹も自宅にいなかった。 東京本所の米屋で、いつもはネズミで困っていたが、米倉の網を食い破って中にいたネズミが押し合いへし合いしながら外に逃げた。 月が天の一角に火の玉をあげたように真っ赤だった。 夕方世田谷で、西の空を真っ赤な雲とどす黒い雲が重なり合っているのを見て恐怖に襲われた。 当日夜明け前 午前3時品川沖の漁船が西南の方向に 発光を見た。 その光で新聞が読めるほどであった。 当日早朝 朝日には蛇のような雲が幾重にも巻いていた。 午前6時箱根堂ヶ島の大和屋の温泉が泥濁りとなり、入浴中体がみえない程で奇異に感じた。 地震起こると湧出止まったが、3日後復帰した。 朝、三島の湧き水が濁ったが、古老がそれを聞き「安政の地震の時にも濁ったから近く地震があるかも知れぬ」と言った。 朝、深川より東京湾の方にピカピカ光る光を見た。 光が日中見えるのは珍しいことである。 初島(熱海沖)付近で水平線上に稲妻が走った。 音はしなかったが大変なことが起こるぞと話し合い、漁をやめて岸に引き返した。 当日地震直前(10~12時) 10時過ぎ、青空に今まで見たことも無いどす黒い凄みのある入道雲が現れた。 いつもの入道雲と違いあとからあとからわき出し、雲の境の一部がものすごく光った。 朝から曇ったり照りつけたり、頭の痛むような天気だった。 漁師が漁業近くでタラ科の深海魚がたくさん死んで浮んでいた。 なにか変事があるに違いないと思い、すぐ陸に引き返したところ、まもなく地震発生した。 10時ごろ相模川で、アユ、ハヤなどが打ちよせ、気持ちが変になるくらいとれた。 夢中になっていると突然地震発生。 11時頃から磯子近くの中村川にイワシの大群現れ、虫取り網でいくらでもとれていた。 横浜大岡川でも同様イワシの大群現れた。 太陽が真っ赤だねと言いあっていると、突然ぐらぐらときた。 気味の悪い、音でない唸りが聞こえなんだろうと思っていると、ガタガタとすごくゆれ始めた。 東京湯島でセミが木の低いところや地面におりて手で簡単に捕まえることができた。 直後ぐらぐらときた。 地震後 余震の起こる前、必ず発光現象を伴うので「アッ、また光った、それ地震」というように家を飛び出して避難した。 参考資料 現在の精進湖の水位… 現在の精進湖の水位… 地震の発光現象動画….

次の

大正時代の実話怪談「関東大震災の予言者たち」

関東大震災 予言

概要 [ ] 本地震のメカニズムは、 1971 のモデルによれば、震源域は三浦半島の延長線方向の相模トラフの走行に平行する右横ずれのとされる。 地震調査委員会は発生要因をフィリピン海プレートの沈み込みによって生じたプレート境界での北米プレートの跳ね返りとしている。 一方で、フィリピン海プレートと側のプレートとの力学的境界は既に付近にあり、地質学的時間スケールでは沿いで起こるとされるも、本地震もプレート内地震となるとする見解も出されている。 地殻変動による推定から震源断層は地方の内陸深くまで及んでいると考えられており 、小田原付近の揺れが最も激しかった。 東京都で震度6を観測した地震だったが、この関東地震を最後にによる火山性の地震を除けば東京都内では震度6弱以上の地震は発生していない。 本震 [ ] 各研究者による主な推定震央位置 この地震のの位置は研究者によって見解が異なっている。 おもな説は、• 相模湾のほぼ中央部を震央とする説• 今村明恒[1924] (右図 Im 、• [1927] (右図 Tu 、• [1979] (震源域の中心) (右図 Ut 、• 相模湾の北部を震央とする説• 松澤武雄[1928] (右図 Ma 、• 、[1954] (右図 Gu 、• [1966] (右図 Us 、• 山梨県の付近の東1 4km 余( )を震央とする説 平野烈介[1924] (右図 Hi 、• 神奈川県西部を震央とする説• 浜田信生[1986]の (右図 Ha 、などがある。 また、震源の深さは金森と宮村によれば0-10kmとされているが 、浜田 1986 は震源断層が出現しなかった事から10km以浅は考えに難く25kmとしている。 による 規模 [ ] により本地震のは7. 9と推定されたが 、その根拠は東京の震度を6とし、震央距離を100kmと仮定したものと思われている。 坪井 1964 も7. 9が妥当としているが 、日本国外の地震波形を用いて解析するとM8以上となる傾向があり 、表面波マグニチュードMs8. 2 、Ms8. 3 などが報告されている。 2 と推定した。 但し、従来から用いられている M 7. 9 は決定精度誤差の範疇であり妥当であるとしている。 金森博雄 1977 はモーメントマグニチュードをMw7. 9とし 、行谷 2011 らはMw8. 0と推定している。 中央防災会議の首都直下地震モデル検討会による大正関東地震断層モデルではMw8. 2と見積もられており、同検討会はこのモデルの方が地殻変動や津波の高さの再現性が良いとしている。 断層モデル [ ] 1923年関東地震の断層モデルは金森 1971 の他幾つかが提唱され、何れも右横ずれの低角逆断層を主としている が、観測データが不十分であるため決定版は得られておらず、また多重震源と思われるが本地震の真相は完全には解明されていない。 0m,計四つの断層• 8m,他1つのモデル 地震の多元性 [ ] 今村 1929 は、地震波の記録から本地震は3つの異なる発震点から始まった多元地震であるとし、第一元は相模湾中央、第二元は方面、第三元は再び相模湾の小田原沖に戻ったとした。 また、陸地測量部による精密測量の結果から、断層線の西部は南下り、東部は北下りであり、非局部大地震に伴う地形変動とした。 北アメリカプレートとフィリピン海プレートがずれ始めたのち破壊は40秒から50秒かけて放射状に広がり、北は現在のの地下35km、南は現在のの地下5km、東は房総半島端にまで広がり全体で長さ130km、幅70kmの岩盤()が平均で2. 1mずれた(金森 1971 の断層モデル)。 これは、震源に近い地域では地震計の針が振り切れてしまっており正確な揺れの様子は不明であるため 、体験談を基に大方の揺れの様子の推定を試みたものである。 第1イベントに近い小田原では揺れ始めてすぐに上下水平の強い揺れが襲い10 - 20秒間位やや弱まった後、再び強い水平動が襲ってきた。 第2イベントに近い鎌倉や藤沢では最初の揺れはやや弱かったが、暫くして強い揺れが襲ってきたという。 でも、例えば中央気象台の地震掛であったの体験談では主要動の途中で振動方向が南北から東西に変化したという。 これら2つのイベントが組み合わさっていることから、「双子の地震」や「2つの地震の組み合わせ」などと呼ばれることもある。 各地の震度 [ ] 関東地震の震度分布 中央気象台(現・)による観測では最大は東京などで震度6であったが 当時は震度7の階級は設定されておらず、被害状況から、小田原など相模湾岸および房総半島南部で震度7に達したと推定されている。 また東京においても、砂町や羽田などの東京湾沿岸や三河島など内陸で震度7に達したと推定されている。 1923年 関東地震 震度分布 震度 観測所 7 激震 岸地域 南部など 推定 6 烈震 ・() ・ ・・ 5 強震 ・・・・・・ 4 中震 ・・・・・・・・・・・・ 3 弱震 ・・・・・・・()・・・ 2 軽震 ・・・・・・ 1 微震 ・・ 津波 [ ] 地震の数分後、沿岸地域からにかけてが襲った。 では地震後5 - 6分で引波となり間もなく第1波が襲来し、さらに5 - 6分して第2波は7 - 8m、局地的に高さ12m(40)に及び家屋流失 162戸 、死者行方不明92名 の被害が発生した。 また、海岸から200m内陸まで、地盤高7mまでが浸水したとされている。 初島 地盤が隆起し集落内に津波は侵入しなかった。 津波の高さは漁港付近で1. 8m程度、島の西側で3m程度。 伊東では波高9mとなり海岸から浜海道までの集落はほとんど流失、宇佐美村でも111戸が流失した。 下田町では波高2. 5m、湾外では4m程度であった。 鎌倉 地震直後に2 - 300m潮が引き、10分程で第1波が襲来し第2波が最大で、付近で波高5 - 6mに達した。 房総半島 伊豆程の津波とはならず概ね2m程度(6 - 7尺程度)と3m(10尺)超える所は少なかったが、相浜で高さ9m(30尺)の津波を記録し63戸が流失した。 館山測候所付近では、先ず引波が200m余(2余)、水深約9m(30尺)に及び、来襲した津波の高さは1. 8m(6尺)程度であった。 外房沿岸 元禄津波で甚大な被害となったのとは対照的で、元禄津波は波高7m前後で10mに達した所もあるの対し、大正津波は2m前後であった。 内 の記録では、、、千葉で両振幅1m程度であり 、内房沿岸では東京湾内に向かって元禄津波よりも急速に減衰している。 被害 [ ] 詳細は「」を参照 この地震による災害による犠牲者の数は合計で105,000人以上に及び、日本史上最も死者の多い地震になったと同時に、世界的に見ても極めて犠牲者の多い地震となった。 また、全犠牲者の約9割に当たる9万人以上は、地震によって発生した火災によって死亡しているため、地震そのものによる死者よりも火災による死者が圧倒的に多かったことが特徴である。 死者・行方不明者数が多い明治以降の地震(日本) 順位 名称 発生日 死者・行方不明者数 人 規模 M 1 () 105,385 7. 9 2 () 22,199 9. 0 3 21,959 8. 2 4 7,273 8. 0 5 () 6,437 7. 3 6 3,769 7. 1 7 3,064 8. 1 8 2,912 7. 3 9 1,961 6. 8 10 1,443 8. 0 死者・行方不明者が多い地震(世界) 順位 名称 発生日 死者・行方不明者数 人 規模 M 1 約 830,000 8. 0 2 約 320,000 7. 8 4 約 200,000 - 240,000 8. 6 5 約 230,000 9. 1 6 82,000 - 120,000 7. 1 7 () 約 110,000 7. 3 8 () 105,385 7. 9 9 約 87,000 10 約 73,000 7. 6 地盤の隆起・沈降 [ ] この地震によって上盤の北米プレートが南東方向にフィリピン海プレートにのし上がり 、房総半島南部で隆起、など内陸部で沈降した。 この沈降により丹沢山地では土石流が発生した。 元禄地震でも同様の地殻変動と思われる記録があり、また房総半島南部には大正関東地震、元禄地震およびそれ以前の地震の際に隆起したと見られるが発達し、元禄地震による段丘は特に段差が大きい。 房総半島のうちに近い南部地域や相模湾に接する三浦半島全域、相模湾北岸(現在のがその例である)などで地盤の隆起が確認され、地域では地盤の沈降が確認された。 隆起や沈降量は、陸地測量部および海軍水路部による測量結果から推定された。 関東地震による地盤変動。 東京市「THE RECONSTRUCTION OF TOKYO」(英語版)による。 隆起・沈降量は以下の通り: 地域 隆起・沈降 隆起・沈降量 隆起 1. 81m 隆起 1. 57m 隆起 1. 81m 隆起 1. 4m 隆起 1. 8m 隆起 0. 9m 沈降 0. 38m 沈降 0. 27m 沈降 0. 24m 前震 [ ] 以下は本震発生以前の近い時期における関連が指摘される [ ]地震の記録である。 8年前• 大正4年(1915年)11月、東京で有感地震が過去最多の18回。 その後地震は沈静化。 ・両博士の関東大地震論争。 1 - 2年前• 大正10年(1921年) - 南部で地震 M7. 竜ケ崎地震とも呼ばれる。 大正11年(1922年) - で地震 M6. 8 、25人が死傷。 2 - 3ヶ月前• 大正12年(1923年)5 - 6月、茨城県東方で200-300回の群発地震(有感地震は水戸73回、銚子64回、東京17回)。 余震 [ ]• 9月1日• 12:01 M7. 2 北部 - や神奈川県東部の・で強く揺れを感じる。 12:03 M7. 3 神奈川県・山梨県・静岡県県境付近 - 神奈川県西部、静岡県東部、山梨県で強い揺れを感じる。 12:17 M6. 4 伊豆大島近海• 12:23 M6. 5 相模湾• 12:40 M6. 5 相模湾• 12:47 M6. 8 中・西部• 13:31 M6. 1 東部• 14:22 M6. 6 静岡県伊豆地方• 15:19 M6. 3 沖• 16:37 M6. 6 静岡県東部• 9月2日• 11:46 M7. 3 南東沖• 18:26 M6. 9 千葉県東方沖• 22:09 M6. 5 静岡県伊豆地方• 大正13年(1924年)1月15日05:50 M7. 3 神奈川県西部(丹沢地震) - 死者19名、負傷者638名 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• Reiji Kobayashi, Kazuki Koketsu 2005年. Earth, Planets and Space. 2016年3月12日閲覧。 1-6, 昭和61年度• 97-112. 武村雅之 1994 : 『地震 第2輯』 1994年 46巻 4号 p. 439-455, :• 諸井孝文, 武村雅之「」『日本地震工学会論文集』第4巻第4号、2004年、 21-45頁、 :、 2016年3月19日閲覧。 国立国会図書館, 2011-04-28, 2016-03-11閲覧。 宇津徳治 p125, p179, p218. 過去の地震津波災害• 369-374, :• 寒川旭 p137, p213. 福和伸夫. 2008年8月1日閲覧。 宇津徳治 p588, p615. 石橋克彦 岩波新書、1994年, pp125-129. 井元政二郎, 森川信之, 藤原広行 2015 :「」 『日本地震工学会論文集』 2015年 15巻 7号 p. 30, pp. 13-18. 武村雅之, 浜田信生 1996 :「」 『地震 第2輯』 1996年 49巻 2号 p. 141-168, :• 地震調査研究推進本部地震調査委員会 平成16年8月23日• 松浦律子 2014 : , 歴史地震, 第29号, 263. 2010年3月. 4.今村の予言どおり起きた関東大震災、地震予知の語り部・今村明恒の悲劇. 2014年10月7日閲覧。 石本巳四雄 『』 、1935年、102-115頁。 共同通信. 2014年3月10日. 2014年3月14日閲覧。 Imamura, A. , Preliminary note on the Great aerthquake of S. Japan on Sept. 1, 1923, Seismological Notes of Imp. Earthquake Invest. Comm. 6, 1-22, 1924. TURNER, H. , International Seismological Summary for 1923, 201-203, University Observatory, Oxford, 1927. 宇津徳治 1979 :「」 『東京大学地震研究所彙報』 第54冊, pp. 253-308. 松澤武雄 1928 : 「東京帝国大学地震研究所彙報」 第5冊, 1928. 24, pp. 1-28. Beno Gutenberg, Charles Richter, , 2nd edition, Princeton University Press, Princeton, 1954. 宇佐美龍夫 1966 : 「」 『東京大学地震研究所彙報』 第44冊第4号, 1967. 31, pp. 1571-1622. 平野烈介 1924 : 「」 『気象集誌. 第2輯』 1924年 2巻 4号 p. 116-121, :• 國富信一「 」 『驗震時報』第3巻第2号、中央気象台、1929年11月、 211-242頁、 2016年3月15日閲覧。 編『』、2015年。。 Kawasumi 1951 : , 東京大學地震研究所彙報. 第29冊第3号, 1951. 5, pp. 469-482. 425-444, :• Tsuboi, C. , 1964, "", J. Phys. Earth. , 12, 25-36, :• Gutenberg, B. , and C. Richter, 1954, Seismicity of the Earth, Hafner Publishing Company, New York. Richter, C. , 1958, Elementary Seismology, W. Freeman Co. , San Francisco. Duda, S. , 1965, , Tectonophysics, 2, 409-452. 『中央防災会議・災害教訓の継承に関する専門調査会報告書』2章, p36. Kanamori, H. , 1977, , J. Geophys. Res. 82, 2981-2987. 行谷佑一、佐竹健治、宍倉正展 2011 : , 活断層・古地震研究報告, 第11号 産業技術総合研究所• 首都直下のM7クラスの地震及び相模トラフ沿いのM8クラスの地震等の震源断層モデルと震度分布・津波高等に関する報告書• 石橋克彦 岩波新書、1994年, pp125-126. Ando, M. 1971 :, Bulletin of the Earthquake Research Institute, 49, 19-32. Ando, M. 1974 :, Journal of Physics of the Earth, 22, 263-277, , :• 石橋克彦 1980 :, 月刊地球, 2, No. 2, 110-119. Matsu'ura, M. , T. Iwasaki, Y. Suzuki and R. Sato 1980 :"", Journal of Physics of the Earth, 28, 119-143. , :• 783-792, :• 377-396, :• 351-364, :• 武村雅之, 池浦友則, 工藤一嘉, 大沼啓人 1994 :「」 『地震 第2輯』 1994年 47巻 2号 p. 193-200, :• 中央防災会議• 中央気象台月別全国地震調査原稿大正12年9月• 3度揺れた首都・東京• (武村,2003)• 『中央防災会議・災害教訓の継承に関する専門調査会報告書』3章, pp96-97. 警察庁 1923 :• 『中央防災会議・災害教訓の継承に関する専門調査会報告書』3章, p94. 63-81. 『中央防災会議・災害教訓の継承に関する専門調査会報告書』3章, p99. 石橋克彦 岩波新書、1994年, p125. 宍倉正展ほか 2005 :「 」 『活断層・古地震研究報告』 第5号, 51-68. 田中舘秀三 1926 :「」 『地學雜誌」 Vol. 38, No. 3, 130-135. 田中舘秀三 1926 :「」 『地學雜誌』 Vol. 38, No. 4, 188-201. 田中舘秀三 1926 :「」 『地學雜誌』 Vol. 38, No. 6, 324-329. 田中舘秀三 1926 :「」 『地學雜誌』 Vol. 38, No. 7, 374-390. 2015 ほか、「」 『地学雑誌』 Vol. 124 2015 No. 4 p. 657-664• 石橋克彦、「」 『地震 第2輯』 1973年 26巻 4号 p. 362-367, :, 日本地震学会• 群発地震研究会• 440-457,: 参考文献 [ ]• 阿部勝征ほか『日本の地震断層パラメーター・ハンドブック』佐藤良輔編著、、1989年3月25日。 『大地動乱の時代 -地震学者は警告する-』、1994年8月。 石橋克彦『南海トラフ巨大地震 -歴史・科学・社会-』岩波書店、2014年3月。 『地震とその研究』古今書院、1935年。 寒川旭『地震の日本史 -大地は何を語るのか-』、2007年11月。 武村雅之『関東大震災 -大東京圏の揺れを知る』鹿島出版会、2003年5月。 『千年震災 -繰り返す地震と津波の歴史に学ぶ』ダイヤモンド社、2011年5月。 『地震学』、2001年、第3版。。 宇津徳治ほか『地震の事典』朝倉書店、2001年、第2版。 『関東大地震50周年論文集』東京大学地震研究所、1973年8月。 『日本歴史地名大系 14 神奈川県の地名』平凡社〈日本歴史地名大系〉、1984年。 関連項目 [ ]• MeSO-net 外部リンク [ ]• 羽鳥徳太郎、「」 『東京大学地震研究所彙報』 第50冊第4号, 1976. 31, pp. 385-395• 武村雅之、浜田信生、「」 『地震 第2輯』 1996年 49巻 2号 p. 141-168,:• 日本地震学会• 損害保険料率算出機構• :1891年(明治24年), M8. :1892年(明治25年), M6. :1893年(明治26年), M7. :1894年(明治27年), M7. :1894年(明治27年), M7. :1894年(明治27年), M7. :1895年(明治28年), M7. :1896年(明治29年), M7. :1896年(明治29年), M8. :1896年(明治29年), M7. :1897年(明治30年), M7. :1897年(明治30年), M7. :1898年(明治31年), M7. :1898年(明治31年), M7. :1899年(明治32年), M7. :1899年(明治32年), M7. :1921年(大正10年), M7. :1922年(大正11年), M6. :1922年(大正11年), M6. :1923年(大正12年), M7. 九州地方南東沖 :1923年(大正12年), M7. :1923年(大正12年), M7. :1924年(大正13年), M7. :1924年(大正13年), M7. 網走沖 :1924年(大正13年), M7. :1925年(大正14年), M6. :1926年(大正15年), M7. :1926年(大正15年), M7. :1927年(昭和2年), M7. :1928年(昭和3年), M7. 0 1930年(昭和5年) - 1939年(昭和14年)• :1930年(昭和5年), M6. :1930年(昭和5年), M7. :1931年(昭和6年), M7. :1931年(昭和6年), M7. :1931年(昭和6年), M6. :1931年(昭和6年), M7. 日本海北部 :1932年(昭和7年), M7. :1933年(昭和8年), M8. :1933年(昭和8年), M7. :1933年(昭和8年), M6. :1934年(昭和9年), M7. :1935年(昭和10年), M6. :1935年(昭和10年), M7. :1936年(昭和11年), M6. :1936年(昭和11年), M7. :1936年(昭和11年), M6. :1937年(昭和12年), M7. :1938年(昭和13年), M7. :1938年(昭和13年), M6. :1938年(昭和13年), M7. :1938年(昭和13年), M7. :1939年(昭和14年), M6. :1939年(昭和14年), M6. 8 1940年(昭和15年) - 1949年(昭和24年)• :1940年(昭和15年), M7. :1941年(昭和16年), M6. :1941年(昭和16年), M7. :1943年(昭和18年), M6. :1943年(昭和18年), M7. :1943年(昭和18年)M6. :1943年(昭和18年), M7. :1943年(昭和18年), M5. :1944年(昭和19年), M7. :1945年(昭和20年), M6. :1945年(昭和20年), M7. :1946年(昭和21年), M8. :1947年(昭和22年), M7. :1948年(昭和23年), M7. :1948年(昭和23年), M6. :1948年(昭和23年), M7. :1949年(昭和24年), M6. :1949年(昭和24年), M6. :1960年(昭和35年), M7. :1961年(昭和36年), M5. :1961年(昭和36年), M7. :1961年(昭和36年), M7. :1961年(昭和36年), M7. :1962年(昭和37年), M7. :1962年(昭和37年), M6. :1963年(昭和38年), M8. :1964年(昭和39年), M7. :1965年(昭和40年), M6. :1966年(昭和41年), M7. :1968年(昭和43年), M6. :1968年(昭和43年), M7. :1968年(昭和43年), M7. :1968年(昭和43年), M7. :1968年(昭和43年), M7. :1969年(昭和44年), M7. :1969年(昭和44年), M6. 6 1970年(昭和45年) - 1979年(昭和54年)• :1970年(昭和45年), M7. :1971年(昭和46年), M5. :1971年(昭和46年), M7. :1972年(昭和47年), M7. :1973年(昭和48年), M7. :1974年(昭和49年), M6. :1974年(昭和49年), M7. :1975年(昭和50年), M6. :1975年(昭和50年), M7. 日本海西部 :1975年(昭和50年), M7. :1978年(昭和53年), M7. :1978年(昭和53年), M7. :1978年(昭和53年), M7. :1978年(昭和53年), M7. 4 1980年(昭和55年) - 1989年(平成元年)• :1980年(昭和55年), M6. :1981年(昭和56年), M7. :1982年(昭和57年), M7. :1982年(昭和57年), M7. :1983年(昭和58年), M7. :1983年(昭和58年), M6. 三重県南東沖 :1984年(昭和59年), M7. :1984年(昭和59年), M7. :1984年(昭和59年), M7. :1984年(昭和59年), M6. :1987年(昭和62年), M6. 日本海北部 :1987年(昭和62年), M7. :1987年(昭和62年), M6. :1989年(平成元年), M7. 1 1990年(平成2年) - 1999年(平成11年)• :2000年(平成12年), M7. :2000年(平成12年), M7. :2000年(平成12年), M6. :2000年(平成12年), M7. :2000年(平成12年), M7. :2001年(平成13年), M6. :2001年(平成13年), M7. :2002年(平成14年), M7. :2003年(平成15年), M7. :2003年(平成15年), M6. :2003年(平成15年), M8. :2004年(平成16年), M7. :2004年(平成16年), M6. :2004年(平成16年), M7. :2004年(平成16年), M6. :2005年(平成17年), M7. :2005年(平成17年), M7. :2005年(平成17年), M7. :2007年(平成19年), M6. :2007年(平成19年), M6. :2008年(平成20年), M7. :2008年(平成20年), M7. :2008年(平成20年), M6. :2008年(平成20年), M7. :2009年(平成21年), M6. 5 2010年(平成22年) - 2019年(令和元年)• :2010年(平成22年), M7. :2010年(平成22年), M7. :2010年(平成22年), M7. :2011年(平成23年), M7. :2011年(平成23年), 9. :2011年(平成23年), M7. :2011年(平成23年), M7. :2011年(平成23年), M7. :2011年(平成23年), M6. :2011年(平成23年), M6. :2011年(平成23年), M7. :2011年(平成23年), M7. :2011年(平成23年), M6. :2011年(平成23年), M5. :2011年(平成23年), M7. :2011年(平成23年), M7. :2012年(平成24年), M7. :2012年(平成24年), M6. :2012年(平成24年), M7. :2013年(平成25年), M6. :2013年(平成25年), M6. :2013年(平成25年), M7. :2014年(平成26年), M7. :2014年(平成26年), M6. :2015年(平成27年), M8. 薩摩半島西方沖 :2015年(平成27年), M7. :2016年(平成28年), M6. :2016年(平成28年), M6. :2016年(平成28年), M7. :2016年(平成28年), M6. :2018年(平成30年), M6. :2018年(平成30年), M6. :2019年(令和元年), M6.

次の