オカモト タンメン。 タンメン

[彦根市]バリバリジョニー系列の”オカモトタンメン”が6月10日にOPEN!!|LOMORE|滋賀の情報を発信する地元メディア

オカモト タンメン

しばらく続く土日業務の代休をこの日は取った。 こういう日だからこそ、土日には行けないお店に向かうべし。 ということで、土日は定休というコチラへ。 上掲の画像は今年4月21日、「麺庭寺田屋」と「ラーメンチキン野郎8」が新規オープンした日に、ついでに偵察に来て撮影したもの。 4月にオープンするという触れ込みだったが、結局あれからイロイロあって、正式オープンは6月10日だったそうな。 この日はクルマで訪れた。 名神彦根ICから続く四車線道路沿いにお店はあり、まず気になるのはクルマがちゃんと駐めることができるかどうかということ。 で、実際に行ってみれば第二駐車場も含めて結構余裕があって、駐車場の心配は杞憂だった。 先日の「ラーメン天人」もそうだったが、このお店も混雑時はウエイティングシート記名システム。 お店の出入り口のところにウォーターサーバー設置。 お冷はセルフで汲んで、案内された席につく。 店内、厨房側と窓側とに一文字の長いカウンター席を二本配したレイアウト。 麺類のメニューは「オカモトタンメン」一択。 650円という設定は今時廉価に感じる。 メニューは一択だが辛さが0辛〜5辛まで選べるようになっている。 今回、同行者は0辛を、自分は2辛でブラックチャーハン定食を注文。 メニュー表に、店主の自叙伝が書かれてある。 22歳で滋賀県長浜市にオープンさせたお店とは「麺屋ジョニー」であり、かつて訪れた記録をこのブログで遡れば今から11年前のこと。 そして、「滋賀県下に複数店舗の... 」とは「バリバリジョニー」であることぐらいは滋賀県民の常識だろう(んなこたないか)。 「夢を叶えるラーメン店」として5人に1人、ラーメン無料になるシステムの導入は面白い企画だ。 関西圏ではあまり馴染みのない「タンメン」を主力に、このお店ならではの個性を際立たせるにはワケがある。 思うにこの界隈、別に「オカモトタンメン」がオープンせずとも、近くには丸源ラーメンに餃子の王将、ちゃんぽん亭総本家本店、さらに、くら寿司彦根店、炭火焼肉一休亭総本店、ガスト彦根東店、スシロー彦根外町店、コメダ珈琲店彦根駅東店、ココス彦根インター店等々、ラーメン店のみならず、あらゆる外食産業の大駐車場完備な大箱店が軒を連ねる地域である。 このようなところに平々凡々としたラーメン店を出店しても勝目はない。 だから、際立った「ココならでは」の食べる楽しみを前面に出した、ということなのだろうと、私は勝手に推察する。 そういう意気込みは、レンゲひとつ取っても伺える。 形状こそ一般的だが、金に光る装飾にOKAMOTOの字。 業務用食器のハードな使用に、経年劣化で色褪せていってはしまわぬか?とは余計な心配か。 先に持ってこられたのは同行者注文の「0辛」。 文字通り、辛味成分は加えられていない。 コレが、普通の「タンメン」というところか。 「オマエに食わすタンメンはねえ!」とは有名なフレーズだが、果たして「タンメン」と定義とは何だろう?Wikipediaに拠れば「茹でた中華麺に炒めたモヤシ、ニラ、ニンジン、キャベツ、キクラゲ、タマネギ、豚肉などを加え、鶏がらを主とする塩味のスープをかけた麺料理」とある。 そうか。 「茹でた中華麺に炒めたモヤシ、ニラ、ニンジン、キャベツ、キクラゲ、タマネギ、豚肉などを加え、白濁した豚骨スープをかけた麺料理」は「ちゃんぽん」だと思うが、要は、スープが鶏ガラ塩味であるかどうか、というあたりがタンメンとチャンポンの相違点か?(余談だがチャンポンはチャンポンで、また麺文化を考察するにあたって、面白い題材である。 長崎が代表的かと思えば、すぐ近くの天草に長崎とは違うチャンポン文化があることを、現地を旅して初めて知ったり、そもそも滋賀には彦根発祥「麺類をかべ」に端を発する近江ちゃんぽんが「究極の黄金だしガッツリ野菜」というフレーズで来来亭に比肩する勢いで京都滋賀に多数の店舗が展開される他、愛媛八幡浜の麺文化とか、追いかければ追いかけるほど深みにハマるが、それがまた面白いところでもある。 )東海林さだお氏の著書「キャベツの丸かじり」に、タンメンの定義というのが書かれていて、むかし読んだ記憶がある。 また、2003年の頃、一乗寺にあったラーメン小昼には「タンメン」があり、当時も一乗寺界隈では唯一のものだったと思う。 また、きんせいグループの「中村商店高槻本店」には今でも「タンメン」がレギュラーメニューとして存在すると聞くが、やはり、関西では「ラーメン」ほどに一般的でないのが「タンメン」ではなかろうか。 そして、私が注文した「2辛のブラックチャーハンセット」も出来上がって運ばれてきた。 具にはキャベツにコマ切れ豚肉とシンプル。 辛味成分は食べ始めると、やがてスープに溶け出し、程よい辛味をスープの中で繰り広げる。 辛くなる前のスープは鶏ガラ出汁に塩ダレ。 デフォルトで結構ニンニクが効かせてあって、このお店のターゲットは明らかに女性ではなく、ガッツリ働く男どもであることが、スープの味に表現されている。 自家製麺だという麺は平打ちのピロピロとした独特の食感で、これも麺屋ジョニーやバリバリジョニーとは全く違う、新たな方向性を感じさせてくれるもの。 定食のブラックチャーハン。 新福菜館や中華そば殿で味わう醤油っ濃いブラックぶりに比していささかオトナシメながら、チャーハンとしてはパラッとホクッといい塩梅。 さっきのハナシでタンメンの定義とはこれ如何に?だが、ここオカモトタンメンでは、ミルで挽くブラックペッパー・辣油・お酢といった味変アイテムがテーブルに備えてある。 途中から、酢を加えてみたが、なるほどサッパリとはする。 が、ドバっと一気に入れないほうが良かろう。 このあたりは、程度問題。 そして、完スペした鉢の底には「夢」の文字。 あ、別にスープは完全に飲み切ってしまわなくても、会計時には鉢の底がアタリだったかハズレだったかについて、店内スタッフが確認してくださいます。 ってことで、レギュラーメニューにはない「あんかけタンメン」を無料でいただける券を、運良くいただいてしまった。 ってことで、ゼヒ再訪したいが、今度はいつ行くことが出来るだろうか???.

次の

『オカモトタンメン。@彦根市里根町:ブラックチャーハンセット

オカモト タンメン

もくじ• 名神高速道路彦根ICを降りて、約5分弱。 国道8号線に向かう道中にお店はあります。 前回の記事でも紹介しましたが、滋賀県内で3店舗ある「 バリバリジョニー」の系列店になりますね。 タンメンって「 あんまり食べたことないなあ」と思って調べたら、主に東日本で食べられる物みたいです。 エースコックのワンタンメンなら知ってますけどね。 お店の様子 店内は、カウンター席のみ。 席数は、18席。 全てカウンター席というのと、イスが高めなので お子様連れの方には、多少不便かもしれません。 メニュー• オカモトタンメン 650円• チャーハン定食 830円• 唐揚げ定食 930円 の3種類のみと至ってシンプル。 辛さは0~5辛まであり、2~3辛が一番注文が多いとのことです! 辛いのが苦手なのですが、今回は1辛を注文しました。 チャーハン定食 830円 チャーハン定食を注文 うまそ~!!スープたっぷりです。 光の加減で、見にくくて申し訳ないです。 スープはあっさり 辛いのが苦手な自分でも、1辛はイケます! ずっと飲んでると汗が止まらなくなりますけどね 笑 具材は、 キャベツと豚肉のみ。 細ストレート麺に、よく絡んで美味しいです。 酢と辣油を入れることを推奨されていて、酢を入れるとかなりまろやかになります。 「 思ってたより辛いな」ってときは酢を入れると優しい味になり、更に美味しいです。 器の底に「夢」という文字があると無料? こちらのお店では、面白いシステムを導入されています。 どんぶりの底に、夢という文字が出れば次回来店時に1杯無料に!! しかも限定メニュー「 あんかけタンメン」を食べれるとのこと。 大体 5杯に1杯の確率で出るらしいです! 何故そんなシステムを導入されているのかということが、メニュー表に書いてあります。 「 オカモトタンメンは夢を叶えるラーメン店」 少しでも感謝の気持ちを恩返ししたいという想いから、5人に1人無料にされています。 近くに10台停めることが出来ます!.

次の

タンメン

オカモト タンメン

岐阜県• 岐阜市・山県市・岐南町・笠松町 GiFUTO• 可児市・美濃加茂市・その他近郊エリア かにさんくらぶ• 高山市・飛騨市・下呂市・白川村 月刊さるぼぼ• 大垣市・海津市・垂井町・その他近郊エリア Wao! 多治見市 おりべくらぶ• 各務原市 たんとん• 本巣市・瑞穂市・北方町・大野町 mintoup• 中津川市・恵那市 maika• 関市・美濃市 きらら• 土岐市・瑞浪市 らせる• 岐阜全域 まま・ここっと ぎふ• 羽島市 はしまる• 三重県• 桑名市・いなべ市・東員町 ぽろん• 鈴鹿市・亀山市 ベルブ• 四日市市・菰野町・川越町・朝日町 よっかいちai• 津市 つぅぴーす• 松阪市・多気町・明和町 ふぁみんぐ• 伊勢市・玉城町・鳥羽市・度会町 イセラ• 名張市・伊賀市 リィーガ• 紀北町・尾鷲市・熊野市・御浜町・紀宝町 からっとclub• 志摩市 さみっとくらぶ• 三重全域 まま・ここっと みえ• 滋賀県• 彦根市・多賀町・甲良町・豊郷町・愛荘町 こんきくらぶ• 長浜市・米原市 ぼてじゃこ倶楽部• 近江八幡市・東近江市 オウティ• 大津市・高島市 びわこと• 滋賀全域 まま・ここっと しが• 草津市・守山市・栗東市・野洲市 湖南フリモ• 甲賀市・湖南市 甲賀フリモ• 福井県• 敦賀市 きらめき倶楽部• 坂井市・福井市・鯖江市 嶺北フリモ• 愛知県• 名古屋市 名古屋フリモ• 一宮市・稲沢市 くれよん• 尾張旭市・瀬戸市 アサヒトセト• 犬山市・扶桑町・大口町 リブル• 春日井市 はるる• 江南市・大口町・扶桑町 くれよん(江南版)• 小牧市・豊山町 ぶるぅむ• 長久手市・日進市北部 ひまわりくらぶ• 豊明市 ゆいまるくらぶ• 刈谷市 Cocon club• 知立市 ちるるくらぶ• 弥富市・蟹江町・飛島村 カヤット• みよし市 KA. U CLUB• 大府市・東浦町 ぶらんくらぶ• 東海市 い~ぶるくらぶ• 西尾市 西尾フリモ• 長野県• 小諸市・佐久市・東御市・南佐久郡・北佐久郡 さくだいら• 飯田市 Yuika• 神奈川県• 横浜市 横濱タウン新聞• 茨城県• 茨城県全域 いばナビ• 鳥取県• 鳥取市 つばさ• 米子市 こはく• 倉吉市・湯梨浜町・北栄町・琴浦町・三朝町 くらら• 鳥取県全域 まま・ここっと とっとり• 福岡県• 宗像市・福津市 ムナフ• 古賀市・新宮町 おるね• 中間市、芦屋町、遠賀町、岡垣町、水巻町 りばぁな• 山梨県• 笛吹市・山梨市・甲州市 ピグレ• 甲府市・甲斐市・中央市・南アルプス市・その他近郊エリア ParuPi• 新潟県• 長岡市・見附市・小千谷市 まるごと生活情報• 三条市・燕市・加茂市 まるごと県央!• 上越市、妙高市 まるごと上越!• 新発田市、村上市、豊栄市、胎内市、聖籠町 まるごと下越!• 群馬県• 前橋市・渋川市・伊勢崎市・高崎市・太田市・玉村町・桐生市・みどり市 群馬フリモ• 群馬全域 まま・ここっと ぐんま• 埼玉県• 羽生市・加須市・行田市 とねじん• 久喜市 クッキーズ• 上尾市 あげいる• 宮城県• 仙台市泉区・富谷市 とみぃず!• 名取市・岩沼市・亘理町・柴田町・大河原町 なうてぃ!• 大崎市 さきっぺ! 北海道• 滝川市・砂川市・赤平市・歌志内市・新十津川町 SORA• 旭川市 ぶりっじくらぶ• 奈良県• 橿原市 かしるくらぶ• 和歌山県• 岩出市・紀の川市 まいなぁが• 静岡県• 藤枝市 ふじえ~ら• 岐阜県• GiFUTO• かにさんくらぶ• 月刊さるぼぼ• Wao! おりべくらぶ• たんとん• mintoup• maika• きらら• らせる• まま・ここっと ぎふ• はしまる• 三重県• ぽろん• ベルブ• よっかいちai• つぅぴーす• ふぁみんぐ• イセラ• リィーガ• からっとclub• さみっとくらぶ• まま・ここっと みえ• 滋賀県• こんきくらぶ• ぼてじゃこ倶楽部• オウティ• びわこと• まま・ここっと しが• 湖南フリモ• 甲賀フリモ• 福井県• きらめき倶楽部• 嶺北フリモ• 愛知県• 名古屋フリモ• くれよん• アサヒトセト• リブル• はるる• くれよん(江南版)• ぶるぅむ• ひまわりくらぶ• ゆいまるくらぶ• Cocon club• ちるるくらぶ• カヤット• U CLUB• ぶらんくらぶ• い~ぶるくらぶ• 西尾フリモ• 長野県• さくだいら• Yuika• 神奈川県• 横濱タウン新聞• 茨城県• いばナビ• 鳥取県• つばさ• こはく• くらら• まま・ここっと とっとり• 福岡県• ムナフ• おるね• りばぁな• 山梨県• ピグレ• ParuPi• 新潟県• まるごと生活情報• まるごと県央!• まるごと上越!• まるごと下越!• 群馬県• 群馬フリモ• まま・ここっと ぐんま• 埼玉県• とねじん• クッキーズ• あげいる• 宮城県• とみぃず!• なうてぃ!• さきっぺ! 北海道• SORA• ぶりっじくらぶ• 奈良県• かしるくらぶ• 和歌山県• まいなぁが• 静岡県• ふじえ~ら.

次の