ピカチュウ。 『名探偵ピカチュウ』徹底解説 ─ 出演者、吹替声優から小ネタ、評価まで完全ガイド

『名探偵ピカチュウ』徹底解説 ─ 出演者、吹替声優から小ネタ、評価まで完全ガイド

ピカチュウ

ピカチュウ ねずみポケモン ガラルNo. 194 ヨロイ島No. 085 ぜんこくNo. 025 高さ 0. 4m 重さ• 0kg• けたぐり威力20 タイプ• 英語名• Pikachu タイプ相性による弱点• 5 進化の流れ• /『でんき』タイプの野生のポケモンと出会いやすくなる。 またダブルバトルの時、自分以外の全てのポケモンの『でんき』タイプの単体攻撃技の攻撃対象が自分になる。 攻撃対象が複数の技の場合はそのまま /『でんき』タイプの野生のポケモンと出会いやすくなる 第8世代から。 進化・タマゴで入手• 過去作からポケモンホームで移動• 野生のピカチュウを捕まえる• 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 第6世代は命中率:100 Lv. 1倍未満は40、2倍未満は60、3倍未満は80、4倍未満は120、それ以上は150。 相手が技『まもる』『みきり』『たたみがえし』『トーチカ』『キングシールド』『ニードルガード』『ブロッキング』『ファストガード』『ワイドガード』をしている場合は、その効果を解除して攻撃できる 使用していない場合は通常攻撃。 『ダイウォール』は解除はできないが、貫通する。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 地中にいる間は『じしん』『マグニチュード』以外の技を受けない。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『みず』タイプの技のダメージが1. 5倍になり、『ほのお』タイプの技のダメージが半減する。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 投げつけた道具はなくなる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 『ひこう』タイプや特性『ふゆう』などではない地面にいるすべてのポケモンは、『ねむり』『あくび』 ねむけ 状態にならず、また『でんき』タイプの技の威力が1. 3倍になる 第7世代までは1. すでに『ねむり』状態の場合は回復しない。 道具『エレキシード』を持ったポケモンは『ぼうぎょ』ランクが1段階上がる。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 威力は20〜200 レコ. そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 ただし、PPが0になると解除される。 ダイマックスしているポケモンには無効。 なお、ダイマックス技や第7世代のZワザは影響を受けずに使うことができる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 ダイマックスしている相手には無効。 1倍未満は40、2倍未満は60、3倍未満は80、4倍未満は120、それ以上は150。 ただし、出た最初のターンしか成功しない。 自分の『とくぼう』ランクが1段階上がる。 交代した場合は同じ位置にいるポケモンが回復する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 3倍の効果もさらに加わる。 相手全体の『でんき』タイプ以外のポケモンを『まひ』状態にする この効果は対象の味方の『じめん』タイプにも有効。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 レイドでは相手の不思議なバリアのゲージを2つ減らす。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 『いかり』状態の間、相手の技のダメージを受ける度に『こうげき』ランクが1段階上がる。 別の技を使うと『いかり』状態が解除される 変化したランクはそのまま。 PPはコピーした技のポイントアップ未使用時の最大値となる。 交代すると元に戻る。 相手の技が第7世代のZワザの場合は失敗する。 今後2ターンの間に受けたダメージの2倍を相手に与える。 その間、全く行動できなくなる。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 連続で使うと失敗しやすくなる。 事前に技『まるくなる』を使っていると威力が2倍になる。 最大102。 最大102。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 『きのみ』はなくなる。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手が道具を持っている時は失敗する。 『ダブルバトル』の時は最後に受けた技のみ有効になる。 必ず後攻になる 優先度:-5。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 5倍になり、さらに道具を持っていない状態にする。 戦闘終了後、道具は元に戻る。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 [『ピカチュウZ』を持たせると『ボルテッカー』がZワザになる。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 [2017年ポケモン映画前売り券で入手可能な『サトシのピカチュウ』に『サトピカZ』を持たせると『10まんボルト』がZワザになる。 相手の回避率を2段階下げる。 第6世代までは草むらなどフィールドで使うと野生のポケモンが出現。 『ダブルバトル』の時は最後に受けた技のみ有効になる。 必ず後攻になる 優先度:-5。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 相手を1〜4ターンの間『こんらん』状態にする。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 空中にいる間は『うちおとす』『かぜおこし』『かみなり』『サウザンアロー』『スカイアッパー』『たつまき』『ぼうふう』以外の技を受けない。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ただし、そのポケモンが交代されると効果は消える。 そのターンの相手の技をすべて自分が受ける。 ただし、全体技には効果がない。 ダブルバトル用。

次の

キミは【ピカチュウ】の要素を持つ人材!|ポケモン自己分析

ピカチュウ

ピカチュウ ねずみポケモン ぜんこくNo. 025 アローラNo. USUM 032 アローラNo. SM 025 高さ 0. 4m 重さ• 0kg• けたぐり威力20 タイプ• 英語名• Pikachu タイプ相性による弱点• 5 進化の流れ• 進化・タマゴで入手• 過去作からポケモンバンクで移動 生息地 USUM• A ピチュー呼出 主な入手方法 USUM• マンタインサーフの全コースでチャンピオンになった後、サーフ協会支部の男性に話しかけると『なみのり』を覚えたピカチュウがもらえる• 2017映画入場者プレゼントのディスクを読み込むと、『ピカチュウの谷』で『キミにきめたキャップ』のピカチュウがもらえる• 野生のポケモンを捕まえる 生息地 SM• ピチュー呼出• ピチュー呼出 主な入手方法 SM• /『でんき』タイプの野生のポケモンと出会いやすくなる。 またダブルバトル・バトルロイヤル時、自分以外の全てのポケモンの『でんき』タイプの単体攻撃技の攻撃対象が自分になる。 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 1倍未満は40、2倍未満は60、3倍未満は80、4倍未満は120、それ以上は150。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 第6世代は命中率:100 Lv. 相手が技『まもる』『みきり』『たたみがえし』『トーチカ』『キングシールド』『ニードルガード』『ファストガード』『ワイドガード』をしている場合は、その効果を解除して攻撃できる 使用していない場合は通常攻撃。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 BW2までは威力も個体値によって変化 技. 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 連続で使うと失敗しやすくなる。 『みず』タイプの技のダメージが1. 5倍になり、『ほのお』タイプの技のダメージが半減する。 最大102。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 最大102。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダブルバトル用 技. 相手の『みがわり』状態を貫通する。 投げつけた道具はなくなる。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 第6世代は命中率:100 技. 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 第6世代は命中率:90 技. 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 今後2ターンの間に受けたダメージの2倍を相手に与える。 その間、全く行動できなくなる。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 ただし、PPが0になると解除される。 なお、Zワザは影響を受けずに使うことができる。 ただし、出た最初のターンしか成功しない。 自分の『とくぼう』ランクが1段階上がる。 交代した場合は同じ位置にいるポケモンが回復する。 相手が道具を持っている時は失敗する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 『ひこう』タイプや特性『ふゆう』などではない地面にいるすべてのポケモンは、『ねむり』『あくび』 ねむけ 状態にならず、また『でんき』タイプの技の威力が1. 5倍になる。 すでに『ねむり』状態の場合は回復しない。 道具『エレキシード』を持ったポケモンは『ぼうぎょ』ランクが1段階上がる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 5倍になり、さらに道具を持っていない状態にする。 戦闘終了後、道具は元に戻る。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 USUM New! 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 地中にいる間は『じしん』『マグニチュード』以外の技を受けない。 『いかり』状態の間、相手の技のダメージを受ける度に『こうげき』ランクが1段階上がる。 別の技を使うと『いかり』状態が解除される 変化したランクはそのまま。 PPはコピーした技のポイントアップ未使用時の最大値となる。 交代すると元に戻る。 相手の技がZワザの場合は失敗する。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 今後2ターンの間に受けたダメージの2倍を相手に与える。 その間、全く行動できなくなる。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 連続で使うと失敗しやすくなる。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 事前に技『まるくなる』を使っていると威力が2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 『きのみ』はなくなる。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『ダブルバトル』の時は最後に受けた技のみ有効になる。 必ず後攻になる 優先度:-5。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 第7世代でのタマゴ技と過去作だけで覚える技の両立はできないことを考慮して記載しています。 相手の回避率を2段階下げる。 第6世代までは草むらなどフィールドで使うと野生のポケモンが出現。 『ダブルバトル』の時は最後に受けた技のみ有効になる。 必ず後攻になる 優先度:-5。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 相手を1〜4ターンの間『こんらん』状態にする。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 空中にいる間は『うちおとす』『かぜおこし』『かみなり』『サウザンアロー』『スカイアッパー』『たつまき』『ぼうふう』以外の技を受けない。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ただし、そのポケモンが交代されると効果は消える。 そのターンの相手の技をすべて自分が受ける。 ただし、全体技には効果がない。 ダブルバトル用。

次の

『名探偵ピカチュウ』徹底解説 ─ 出演者、吹替声優から小ネタ、評価まで完全ガイド

ピカチュウ

、、 ほっの がわに ちいさい でんきぶくろを もつ。 のときに ほうでんする。 、 なんびきかが あつまっていると そこに もう でんきが たまり いなずまが おちることがあるという。 をたてて まわりのけはいを とっている。 だから むやみに を ひっぱると かみ。 、 かたい も でんげきで やいて やわらかくしてから る ちえを もちあわせている。 、、 を たてて まわりの ようすを さぐっていると が に おちてくる。 ほほ には でんきを ためこむ がある。 ると ためこんだ でんきを に はなってくる。 、、 はじめて みる ものには でんげきを あてる。 げの が おちていたら それは でんげきの つよさを まちがえた だよ。 、 ほっぺの でんきぶくろの でんきは まよなか ねている あいだに ためられている らしいよ。 ねぼけて ほうでんしてしまう ことが ある。 ほっの でんきぶくろに でんきを ためる。 おもり ほうでんすると に ひってきする でんきを はなつ ことが できる。 もりの なかで なかまと くらす。 ほっの がわにある でんきぶくろに でんきを ためる。 ほっの でんきぶくろから でんきを ピリピリ だしているときは あいてを けいかいしている あいず。 、、 よわった なかまの ピカチュウに でんきをながし をあたえて を わけることも ある。 通常 たくさんの ピカチュウを はつでんしょを つくる けいかくが さいきん はっぴょう された。 である の ぼうしを かぶった ちょっと めい ピカチュウの すがた。 通常 でんきを ためる せいしつ。 おも ほうでん しないと を る。 あいぼうの の ぼうしを かぶった ピカチュウ。 が あっておらず すこし ブカだ。 でんきを ためこむ せいしつ。 ピカチュウが むれて くらす もりは らくらいが たえず きけんだ。 ねてる あいだに ほっぺの で でんきを つくる。 だと よわい でんきしか だせなくなるぞ。 もりに すむ。 ほっぺの は でんきを ためるので さわると しびれるぞ。 通常 つくる でんきが きょくな ピカチュウほど ほっぺの は やわらかく よく のびるぞ。 ぼうちょうした の によって からだが ふくれて そらまで のびる に なった。 通常 がいの を くっつけて でんきを ながしあうのが ピカチュウ どうしの だ。 リの を たたきつけると らくらいに ひってきする でんあつと でんが あいてを つらぬく。 概要 の看。 、、、等様々なで活躍しており、の数も非常に多い。 をしたことはないが「ピカチュウ」だけは知っている、なんて人も。 大のきっかけは版。 のとして放送開始当初から役として活躍。 作品に収録されている短編作品でも役を務めており、放送開始から20年近く経ったでも絶大なを誇っている。 一方で、の『 (初代)』では、のような優遇っぷりは見られず、あくまで多数いるのうちの一種、という扱い。 に生息している出現率の低い( 4)で、中最もい段階で入手できる。 育成すればダの戦で活躍してくれるが、が低いためさせないと中盤で落ちし易い。 を受けて発売された、の版『( )』では一番最初に貰えるになっている(は別の入手法がある)。 他にも、の後ろを付いて(に入らない)、を(で得たピカチュウなら可)、鳴きがの音等、の設定がいくつかされている。 は、種別はが一番近いと言われている。 いボディに模様、いほっぺになで現代のをさせた。 この内のを見べていただければ解かるが、初代は全く首がなんぐりしていたが世代を追う毎にだんだん痩せになっていっている。 徐々に痩せていった理由として、のを担当しているは「ではっぽい仕など多な動きをするので、ピカチュウの体も芝居がしやすいように変化していきました」とからを受けたことが原因だとっている。 ピカチュウをしたのにしだによると、特にとしてする意図はなかったそうで、「」という設定はによる後付けとのこと。 また、最初は「」のような頭と体の区別がないとして描いていたそうだ。 言われてみれば初期のピカチュウは納得のボディ。 ちなみに、ピカチュウのの先端がは「だった頃の名残」とにしだ本人がっている。 いずれもは「ゅう」であり、ピカチュウのを中で統一しようという試みが垣間見られる(さらにいうと、各版全てピカチュウのは変わらない)。 それ以降も、要なの名前は全統一するようにされている。 そのため、ピカチュウは・・・もとい、二番に有名なだと思われる(一番は)。 ゲームでのピカチュウ 使用時の 合計9 H P 攻 撃 防 御 特 攻 特 防 素 1• 対戦では一見ただの前の弱いに見える・・・というか、本来そのとおりで弱いのだが、以降はピカチュウのみ効果がある「」によって2倍の「こうげき」 第4世代以降 と「とくこう」を得る事が可となった。 他の汎用攻撃増強はせいぜい1. 1倍から1. 3倍、強なペナルと引き換えに攻撃を上げる「」「」でさえ1. 5倍なので、「」の2倍という倍率がどれだけなのかが理解できるだろう。 なお、の表の攻撃・特攻は共にV・振りの場合の相当数値。 ご覧の通りLv. にして攻撃・特攻相当越えも可である。 すなわち、攻撃面だけならとなる。 そして、禁止級を除きでもっとも威の高い技「ー」が使える。 この技はピカチュウ系列のみ習得可であり、ロクな技がなかったにも分けてくれとよく言われていたが、第5世代である程度の威がある「」が支給され小康状態にある。 反面はどころではないな低さ(意地っりのットが 半減にも拘らず確定)。 基本的に持たせるは「」一択であるゆえに脆さを補う定番「」が持たせられず、素さも半端なので先制技持ちや自分より速い敵には絶対に出さないこと。 「」は『』(通称「第5世代」)では期間限定の(既に終了)でしか入手することが出来ない。 前作の第4世代で持っていた人もにより第五世代に持ち込むことは出来ず、期待されていた続編の『』でも入手できないため、にである。 しかし、『』以降ではなんと が持っている場合があるため、一気に入手しやすくなった。 系のと較すると、ピカチュウは攻撃は勝るものの素さとで大きく劣る。 の看と言えるでありながら、意外と純に野生で出現するはすくなく、現時点では、、、のみである。 他は特殊な施設での出現か そもそも出ないかどちらかである。 むしろとかの方がよく出てる。 『』との連動で「」を覚えることができる。 モーションは「サーフ」を使う特別。 版「ピカチュウ」は、で技の出せるであるため系に投入されることが多かった。 ちなみに後述の『』のピカチュウは、サーフの色が異なる。 であまりにが出たので、最初のとしてピカチュウが手に入る『』が までのとして発売された。 通称「」。 の初期がピカチュウで固定、はから・・のいずれかにする。 歴代の初期選択種のうち、一「」と呼ばれない。 ちなみに、『』では初代がの途中で全て手に入る。 で増やせなかった初代ではは並みに重だったため、所持者は羨ましがられた。 『』のみ、自分が「おや」であるピカチュウは版準拠であるためかに入るのを嫌がりの後ろについてくるほか、「のいし」の使用を試みても嫌がってしまいにさせることが出来ない。 また、『』(2、含む)に使用した時を含め、鳴きが版のものとなっている(で手に入れた、他の「おや」のピカチュウは通常通りで、「のいし」も使える)。 ちなみに、『』のにおいての他にピカチュウを連れたは存在せず、野生でも出現しない。 このピカチュウは続編『』に連れて行くと「」を持っている。 『』『』では、の・のとして登場する。 『』からはの構造上、ピカチュウ系列を始めの鳴きを出すのが難しいため、も兼ねて一『』同様「」ののピカチュウが起用され、すべての鳴きがオスメス問わずこうなった。 やられはは「チャアアー」だったが、の使用頻度が少なくなったため「(フラフラになりながら)カ~」と変更された。 とは変更された電子音のまま。 この変更は最新作『』まで続いている。 また、『』から防御・特防のが10上昇している。 では何匹かの上方修正があるが、2箇所上昇しているのはピカチュウ のみである。 まあなのは変わらないが。 『』では、「おきがえピカチュウ」という新たな姿のピカチュウが登場。 5種類の姿にることができ、それぞれ固有の技を覚える。 ・ピカチュウ:ット - な装をしている• マ・ピカチュウ:おとし - のような装をしている• ・ピカチュウ:ド - でフリ、つけをしている• ・ピカチュウ: - と瓶底が特徴的• ド・ピカチュウ:プ - のようなの姿をしている• このピカチュウは会場でもらえる特別なピカチュウで、の先にいがある。 また、このピカチュウ以外はおできない。 おは会場で可。 『』では「ピカチュウZ」という「」以来のピカチュウ専用が登場。 第7世代で追加されたを使うのに必要なもので、ーを覚えたピカチュウに持たせるとに「ひっさつのピカト」を使うことができる。 元々威が高いーをにしているだけあって、 威との中ではの「ほんきをだすこうげき」と並んで最高威である。 さらに、を使う際の動きが可く多くのを虜にしている。 特にの動きは必見。 ただし、必然的にを持てなくなるため対戦では実質使用できないに等しい。 これと同時に『』ではこれまで技だったーが教え技化。 これによっての配信限定の「しんそく」など、様々な技とーを両立できるようになった。 ピカチュウの 合計4 H P 攻 撃 防 御 特 攻 特 防 素• 『』をにした『』で最初にもらえるピカチュウ()は、通常の個体とべてが大幅に引き上げられている(右表参照)。 また、「わざ」と呼ばれるこのピカチュウのみ覚えられる固有技を4つも持ち、まさにのと呼ぶのにふさわしいピカチュウとなっている。 ただし、元と同じく「のいし」を使ってにさせることはできない。 最新作『』では、配信限定だった「」が(第4世代以前のに相当)を使用することで、通常のピカチュウでも覚えることができるようになった。 これにより、の技が効化されるに対して簡単に対策ができるようになった他、技との両立が可になりさらに育成の幅が広がった。 『』でも鳴きはの物を使用。 看結構優遇されているらしく、色々と仕掛けがある。 出現度や捕獲が他の同のとべると高く設定されている。 この為か達成度合いを示すにはピカチュウを集めた数(捕獲、孵化、からの)による「ピカチュウ」が用意されているほど(他に単独の固有で獲得数が設定されているのはXSのの「」、XLのの「」、通り「」の3種のみ)。 孵化ではからアメ個でさせられるので、を使ったりに設定して歩いていれば集めやすい。 を始めたときのでの中の1つを選ぶことが出来るようになっているが、この時選択せずに移動し続けているとピカチュウが現れるというがある。 に選ぶと最初の頃は横に並んでいるが、10kmと懐いたのか肩に乗るようになる。 同じく『』では、のデー以降、特別な期間に合わせて特別なをかぶったピカチュウが内に期間限定で出現するようになった。 デーピカチュウ(ピカチュウ) のデー()に初登場。 帽をかぶったピカチュウが期間限定で出現した。 ちなみに起面にも描かれていた。 ピカチュウ の()の記念として初登場。 とはにでが発売された記念日であり、特にでは盛大に祝われる。 外見はとのとんがりをかぶったピカチュウ。 "あの"をかぶったピカチュウ() の 1周年記念の一環として初登場。 いわゆるをかぶった。 ただし『』のとは違い、ほかのピカチュウと同じようににできるし、から生まれたが被ってることもある。 オスメスの区別もある。 ピカチュウ のに初登場。 の、のとんがりをかぶったピカチュウが期間限定で出現。 これらのピカチュウに共通するとして、にしてもは外れずにになる。 また、の後は期間中に入手したmからかえったがをかぶっていることもある。 なお、ピカチュウ初登場の際は低ではあるが野生のがをかぶって出現することもあったが、ピカチュウ以降は含むこれらの特別なは野生では出現しなくなったようだ。 また、にで開催された「 k」では、の色のピカチュウが出現。 に新設された一「・・デー」ではこのピカチュウがを覚えた状態で大量発生した。 アニメでのピカチュウ• (:) 詳細は を参照。 のピカチュウ(:) 第話に登場したビのサーー、(:)が所有していたピカチュウ。 は「」。 の合から漂流してきたピカチュウで大波が来る事を察知したり、波の動きを予測するを持っている。 また瞳の色がで、の辺りの毛並みがボサしているのが特徴で、よりも体が一回り大きい。 当時流行っていたピカチュウのVerと言える。 ビに20年に一度来る大波「ズデー」を乗りこなしと共に、のサーーと同じ記録を打ち立てた。 のピカチュウ 第話~話まで登場。 大会に出場していた、(:)が所有していたピカチュウ。 は「」。 前がはねているのが特徴。 大会6回戦で戦ったサオリのとをしたが、が立たずに。 5回戦でのと戦うも、がしたためまともなにならなかった。 名探偵ピカチュウ 初頭、向けの低プとして『』が登場。 またピカチュウがのスピンかと思いきや、なんと今作はを自称すべるピカチュウとの推理。 には版として新規を加えてされている。 そしてなんと、ピカチュウのを担当するのが氏。 そう、のや版ので親しまれているお方である。 ピカチュウにという、感溢れるに思えるが、冴える推理と臭いを連発するピカチュウという新たな地が見られる。 因みに、こののの描写は版に近いが、このピカチュウはののようにに喋っているわけではなく、なぜかのにだけ言葉が伝わる。 どちらにせよ、との通訳役として活躍する。 通り、『新』である。 またのではお染みののピカチュウに「のの夢は必ずう」と励する渋いいもある。 そしてには何とで化されることになった。 詳細は『』の記事を参照。 インターネット上でのピカチュウ な文化を形成する10~代は多くがのやのに触れて育っているため、の代名詞とも言えるピカチュウはかなりの知名度を誇る。 憧れや尊敬の意を込めて、「ピカ様」と呼ばれることがある。 10年以上を務めるゆえの貫であろうか。 ピカチュウさんッス! (あくまでもとしてそういう扱いで描写されることが多いというだけで、でそのような言動を取ったわけではないので注意!念のため) ニコニコ動画でのピカチュウ においてピカチュウは特に特殊な役割、立場はいが、有名でがあるなので数多くのが存在する。 (で()()) 方面では「にかわいそうなことをされる」役であったり、方面では「」であったりなど、踏んだりけったりである。 一方、「」や「ピカチュウで」など、も沢山作られ、のピカチュウへのが感じられるも数多い。 関連静画 お絵カキコ 関連商品 関連項目 一般• (ピカチュウをている)• 二次創作・ニコニコ動画関連•

次の