自律 神経 失調 症 に 効く 漢方薬。 自律神経失調症の漢方と漢方薬

「自律神経失調症」に効く漢方:幸福薬局・幸井俊高の しあわせ漢方:日経Gooday(グッデイ)

自律 神経 失調 症 に 効く 漢方薬

自律神経の乱れ 最近、なんだか疲れる、疲れが取れない、だるい、、、などありませんか? 夏バテかな?生理前かな?風邪気味かな? 特にこれといった原因は分からない、なぜだろう? こういう場合、 自律神経の乱れが原因になっている可能性が高いです。 自律神経の乱れ、、、。 聞きなれない人にとっては、えっ!?自律神経!?と思うでしょう。 自律神経について 自律神経とは、交感神経と副交感神経から成り立っています。 自律神経は、とても重要な働きをしています。 朝も昼も夜も、生きている間ずっと働いています。 私たちが生きていくために重要な心臓の動き、食べ物の消化や吸収、汗や体温、瞳孔などの調整を24時間365日につかさどっています。 そして、自律神経は、シーソーのような関係にあり、一方が働いていると、もう一方は休んでいる状態になります。 交感神経とは 交感神経とは、別名、活動神経とも呼ばれています。 交感神経は、• 活動しているとき• 興奮しているとき• 緊張しているとき• ストレスを感じているとき などに働いています。 交感神経は、主に活動しているときや緊張しているときに優位に働いているのですが、感情面であるストレスを強く感じている時にも働きが活発になります。 前述したように、ストレス社会に暮らしている私たちは交感神経が優位になりがちです。 そして、体調を崩している人が多いのです。 休む暇なく忙しいことは、時には良いですが、体も心もいつか疲労してしまいます。 副交感神経とは 副交感神経とは、別名リラックス神経とも呼ばれています。 副交感神経は、• 休息しているとき• 回復しているとき• 睡眠中• リラックスを感じているとき などに優位に働いています。 副交感神経は、主に休息しているときや睡眠中などに働くほか、リラックスしているときにも活発に働いています。 ストレス過多で、体調不良を感じている人は、リラックスタイムを多く作るように意識しましょう。 副交感神経を優位にすることで、徐々に、自律神経のバランスを整えることが出来ます。 自律神経の乱れを整えるとは、交感神経と副交感神経のバランスの乱れを整えていくことになります。 症状は、乱れを整えない限り、そのまま継続するか、さらに悪化してしまいます。 症状の改善のためにも、乱れを整えていきましょう。 自律神経失調症とは 自律神経の乱れから、さまざまな症状が起きてくることを、自律神経失調症と呼びます。 乱れから出てくる症状も、人それぞれです。 例えば、眠れない、イライラする、頭痛、頭重感、動悸、胸部圧迫感、めまい、たちくらみ、のぼせ、冷え、血圧の変動、息苦しい、息の詰まり感、息切れ、食道のつかえ感、吐き気、腹部膨満感、胃の不快感、便秘、ガスがたまる、下痢、手のしびれ、手が冷えるなど。 このような症状は、程度が軽ければ、病院に行くまでもなく様子をみようかな?とも思います。 風邪やインフルエンザなどのように高熱が出たり、頭痛がひどかったり、咳や鼻水が止まらなかったりすると、病院に行こうと真っ先に思うでしょうが。 しかし、上記のような症状であっても、本人は万全ではない体調に不快感を感じていることが多いのです。 それはそうですね、なんだか調子が悪いっていうのは、身体が疲れている証拠でもあります。 大きな病気にならないように、または、ばったり、ぐったりとダウンしてしまわないように身体が何かしらのサインを出してくれているのです。 何か調子がおかしいと感じるときは早めに帰って、休息するなどして身体をいたわってあげましょう。 それでも、仕事や家事が忙しい人は、なかなか休めないのが現実だと思います。 すると、自律神経の乱れはもっと大きくなり、症状も強度や時間が増したりします。 自律神経の 乱れを整える薬を、飲めば良いんじゃないの?という声もあります。 薬と聞くと、怖いイメージを持つ人から、安心する人から色々です。 薬を嫌いな人は、多少調子が悪くても飲まない人もいます。 医師に処方されても飲まない人もいます。 反対に、薬、大好きという人もいます。 こちらのタイプの人は少し体調が悪かったら、すぐに薬を飲みます。 また、予防のために事前に、薬を飲んだりする人もいます。 いうことで、薬の好き好きは人によって異なります。 あなたは、薬好きですか? 便利なことに、自律神経の乱れを整える作用のある市販薬があります。 自律神経失調症に効果がある市販の薬 今は、薬局にいくと手軽に市販の薬を買うことが出来ます。 種類は限られますが、市販の薬はインターネットでも簡単に買えますね。 病院に行く時間がない人、病院に行きたくない人などにとっては、市販の薬は強い味方です。 まず、はじめに言いますが、自律神経失調症を治す特効薬みたいな薬はありません。 ここは、重要なので覚えておきましょう。 間接的に働くとイメージしましょう。 しかし、自律神経失調症の不眠に対する睡眠補助薬や頭痛に対する鎮痛薬、便秘や下痢に対する整腸剤などは、市販の薬としてもたくさんあります。 ホルモンのバランスを乱れを整える作用のある漢方薬なども市販の薬としてあります。 インターネットは24時間、買えますし、薬局でも遅くまで営業されているところが多く、市販の薬を買うのに、そう苦労しません。 コンビニにも市販の薬があるかと思います。 大変、便利になりました。 薬局などで買えます。 睡眠の質を高めて、自律神経の乱れを整える効果が期待できます。 しばらく様子をみて試してみるのも良いですが、市販の薬には限界があります。 明らかな睡眠障害に、市販の薬は適していません。 市販の薬は、比較的軽度な不眠に適しています。 市販の薬を数日服用しても、なかなか不眠の症状が改善しないときは、病院に行きましょう。 自律神経失調症に適したビタミン剤、市販薬 適切な量のビタミン摂取は、自律神経失調症の予防だけではなく、健康を維持増進する上でも大切です。 またビタミン不足は、自律神経の乱れに影響を与えます。 少しビタミンについて見ていきましょう。 ビタミンB1 ビタミンB1は体内のエネルギー産生を助ける働きがあります。 疲労の蓄積を防ぐ効果などが期待されています。 ビタミンB6 ビタミンB6は、たんぱく質の代謝などに関係しています。 さまざまな脳内物質は、たんぱく質が元となっているため、ビタミンB6が不足すると不眠や神経過敏、手足のしびれなどの症状が出てきます。 ビタミンB12 ビタミンB12は、神経細胞の修復やたんぱく質合成を助ける働きがあります。 手足のしびれや痛みを改善したり、精神状態を安定させたり、集中力を高める効果なども期待されています。 ビタミンC ビタミンCは、有名ですね。 ビタミンCは、肝臓での解毒作用などに関わっています。 肌、皮膚のハリを維持するコラーゲンの生成にも関わります。 ビタミンE ビタミンEは、血液の流れを良くする、血液循環の改善などが期待できます。 ビタミンB6、ビタミンB1、パントテン酸など ビタミンB6は神経機能の維持を助けます。 ビタミンB1やパントテン酸は、体内のエネルギー産生や代謝などに関わる成分になり、肉体疲労やストレスなどを改善します。 そのほか、ビタミンAなども、自律神経系の乱れの調整に関わるとされています。 自律神経を改善する成分が含まれる市販の薬 市販の薬にもいろいろありますが、自律神経の乱れを整える成分を含む市販の薬は、「アリナミンEXプラス」です。 一度は、「目の疲れ、肩こり、腰の痛みに、アリナミンEX」このフレーズ、どこかで耳にしたことがあると思います。 病院で処方される薬に含まれる成分と同じ成分の薬を、市販の薬で手に入れることが出来るのは大変、有難い話です。 以下の成分が含まれています。 ビタミンB1• ビタミンB6• ビタミンB12• パントテン酸カルシウム• ビタミンE• ガンマオリザノール これらの有効成分のはたらきによって、肉体疲労、目の疲れ、筋肉痛、神経痛、手足のしびれなどを改善する効果が期待できます。 聞き慣れないのが、ガンマオリザノール。 ガンマオリザノールは、米の胚芽や米ぬかに多く含まれるポリフェノールの一種です。 体内で作られるノルアドレナリンの働きを高め、自律神経を刺激することにより不安感や抑うつ、耳鳴りなどの症状を改善します。 市販の薬の注意! ここで大事なことです。 市販の薬の服用にあたっては、注意が必要です。 市販といえど、薬は薬ですので、副作用や禁忌などもあります。 市販に薬にも、決められた用量がありますので、しっかり守りましょう。 心配な方は、購入前に薬剤師に相談しましょう。 市販の 薬を上手に使って、自律神経の乱れを整えて健康的に過ごしていきましょう! こちらの記事もご覧下さい!.

次の

「自律神経失調症」に効く漢方:幸福薬局・幸井俊高の しあわせ漢方:日経Gooday(グッデイ)

自律 神経 失調 症 に 効く 漢方薬

律神経失調・更年期障害に効く漢方薬 漢方薬を使用して交換神経と副交感神経のバランスを整えて、自律神経失調症 更年期障害によるバランス不調を良くするものです また、漢方処方と漢方薬には鎮静作用を発揮するものが少なくなく 精神的に高ぶっているものを落ち着かせる作用も同時に持ち合わせています。 但し、新薬のような鋭い働きは見込めません。 あくまでマイルドな作用で交換神経を落ち着かせながら副交感神経を優位にしながら精神のバランスを整える効果に漢方薬と漢方処方は新薬の比べ、優れていると思います。 自律神経失調症はもちろん、うつ病・更年期障害などにも利用できる漢方処方 めまいや立ちくらみ、手足のしびれ、腰の痛み、便秘や下痢といった症状に日頃から悩まされ 検査をしても全く異常が見つからず、特定の病ではないケースでは、自律神経の機能障害によって症状が起こると判断されて、「自律神経失調症」という診断がされます 自律神経には、交感神経と副交感神経の2つがあります。 不規則な生活やストレスなどにより2つの自律神経のバランスが崩れてしまうこと が原因で、心身に様々な症状が出る状態を自律神経失調症といいます。 症状の出方は人によって異なるので診断が難しい病気です。 自律神経失調症は、不規則な生活や人間関係の悩み、ストレスを溜めこみやすいなど、色々な原因が複雑に絡み合って発症するといえます。 中でも、人間関係など大きなストレスが原因となることが多いようです。 1000年以上前からあった自律神経失調症と更年期障害? 自律神経失調症などに使用されている漢方処方は、応用範囲がとても広く、大変便利で、パニック症や多汗症、起立性調節障害・抑うつ病・不眠症・メニエール・更年期障害・赤面症など、幅広く利用可能です。 加味逍遥散は自律神経失調症と更年期障害を得意としております。 自律神経失調症・更年期障害のファーストチョイスに加味逍遥散というくらい、 あまりにも有名な漢方処方で、職場の人間関係などによるストレスなどに、加味逍遥散が随分助けてくれます。 嫌な上司・家庭内でのトラブル・仕事上での人間関係などから起こりやすい精神神経症状にとてもお勧めです イライラしたり、やたらと怒りっぽくなったりする方に良く効きます。 ホルモンバランスを整え、生理不順や生理痛・イライラしたり怒りっぽくなる・やる気の低下・めまいやフワフワ感・動機・上半身が熱くなるのぼせ傾向や発汗・寝つきが悪い・不眠症・不安感・抑うつ状態・焦躁感・頭痛・肩こり・倦怠感・多汗症・赤面症・慢性肝炎・子宮筋腫・不妊症などの症状・病気にまで適応します 黄連解毒湯は自律神経失調症・更年期障害ののぼせ傾向に 清熱解毒の代表的漢方処方黄連解毒湯。 外台秘要記載 成分黄連・黄芩・黄柏・山梔子はのぼせ気味で顔色赤く、イライラする傾向の方不眠症・ノイローゼ・めまい・動悸・更年期障害・自律神経失調症などの神経症に幅広く応用されています。 漢方的考え方 治療法は心火旺・肝胆火旺・清熱解毒で、上半身の余分な熱を取り去り、高血圧・脳卒中・精神不安・焦躁感・赤面症・多汗症・鼻血・痔出血・アトピー性皮膚炎などに使用されています。 神経をしずめ、心と体の状態をよくします。 また、咳や吐き気を抑える作用もあります。 喉や食道部、または脇胸部の梗塞感や詰まり感・心臓が握られている様・咳ばらいや吐き気が使用目安です。 桂枝加竜骨牡蛎湯は気血両虚タイプの自律神経失調症・更年期障害に 2000年前の医学書、金匱要略記載 神経の高ぶりを鎮め、また、気力をつけることで心の状態をよくします。 神経症や不眠・不安感・無気力感・夜尿症・精神面がかかわる動悸や性的機能の低下などにも用います。 漢方的考え方は、安神・通陽・補気血・調和営衛で、気血不足・虚陽浮越の症状に使用される代表格です。 体質の虚弱な方で、体が疲れやすく、興奮して眠れないというときに用いられ、臍部辺りの動悸の自覚がよく効く目安で、神経衰弱・心悸更新・性的ノイローゼ・陰萎・小児夜尿症・脱毛症・小児夜泣き・眼精疲労・夢精・発作性頻脈・自律神経失調症・統合失調症などに応用可能です。 加味帰脾湯 帰脾湯に、肝鬱上亢・心脾両虚で、のぼせ傾向をしずめ、精神不安・ノイローゼ・不眠症・神経の高ぶりなどを改善します。 自律神経失調症・心臓神経症・不安神経症・健忘症・認知生・慢性胃腸炎・不正出血などに応用されています。 温胆湯は気血両虚タイプの自律神経失調症・更年期障害に 万病回春記載 成分:香附子・陳皮・黄連・山棗仁・茯苓・紫蘇葉・甘草・生姜、胃腸弱く神経質な方の不眠症・ノイローゼ・精神不安・パーキンソン・アルツハイマーなど、脳にやさしい漢方処方といえます。 研究によれば、アルツハイマー患者の病気の進行を遅らせたり、発症の予防や易怒性・切迫感・焦躁感に対し有効性があると報告されています。 柴胡桂枝乾姜湯 小陽病-半表半裏病タィプの自律神経失調症・更年期障害 2000年前の医学書の医学書、傷寒雑病論記載 気血の流れを良くし、体の熱や炎症をひき、また、緊張をゆるめて神経の疲れを癒し、貧血気味な方の動悸・息切れ、心と体の状態をよくします。 繊細で神経過敏な方の更年期障害・不眠症・多汗症・慢性肝炎・慢性胃腸炎・胆のう炎・気管支喘息・インフルエンザ 柴胡桂枝湯は傷寒雑病記載というぐらい、本来は風邪の中期に使用されるものですが、応用範囲が広く、色々な病気、症状に使用可能です。 体の熱や炎症をひき、また痛みをやわらげる働きをします。 胃の辺りや肋骨下部が張り胸苦しさ、吐き気があるものに適応します。 具体的には長びく風邪で微熱や頭痛・食欲不振を伴うとき、病気では胃潰瘍・十二指腸潰瘍・慢性肝炎・胆石・自律神経失調症などにも使用可能です。 苓桂朮甘湯 2000年前の医学書、傷寒雑病論記載、脾虚の湿邪・水毒をなくすために創作された漢方処方です。 めまい・立ちくらみ・動悸・頭痛・嘔吐等の症状に効果的です。 神経性心悸亢進、神経症、充血、耳鳴、不眠症、血圧異常、心臓衰弱、腎臓病。 神経性心悸亢進症、心臓弁膜症、血圧異常、起立性めまい、メニエル氏症候群、神経衰弱などに応用できます。 起立性調節障害も肝気鬱結・脾虚対策で、自律神経失調症と同じ漢方薬で 起立性調節障害の主なな症状としては、めまいや立ちくらみが多くみられ、その他にも動悸・息切れ・睡眠障害・食欲不振・腹痛・頭痛・疲労感など人によりさまざまな症状が現れます。 精神的な症状としては過換気症候群・不安感などがみられる場合もある。 そうすることで、朝起きれない、学校に行くのがおっくう・むかつき感・めまいやフワフワ感・動悸・息切れ・食欲の低下・腹痛・疲労感などの症状が少しずつ漢方薬で改善します。 思春期による自律神経のみだれ・不調で起こり易くなっている病気を、漢方処方で調整するのだと思います。

次の

「自律神経失調症」に効く漢方:幸福薬局・幸井俊高の しあわせ漢方:日経Gooday(グッデイ)

自律 神経 失調 症 に 効く 漢方薬

自律神経失調症の特徴 自律神経失調症とは、交感神経と副交感神経のバランスが崩れた状態です。 自律神経は体内の臓器や器官が円滑に働くように常にコントロールをしているため、自律神経のバランスが崩れると、全身に様々な症状があらわれてきます。 自律神経失調症の原因のひとつは、体質によるもので、交感神経と副交感神経のバランスの崩れが大きく影響しています。 また、性格や精神状態、環境、心理、社会的なストレスなどの大きく影響をしています。 自律神経失調症の症状は、倦怠感、めまい、不眠、食欲不振などの全身症状や、肩こり、頭痛、耳鳴り、便秘などの部分症状、そして、不安感、イライラ、憂鬱などのこころの症状がよくあらわれます。 症状は、多種多様で、個人差が大きく、人によって表れ方も異なることが多いです。 検査を行っても内臓などの身体の器官の検査結果に異常はなく、検査で異常が認知されないために、「気のせいだ」とか「怠けている」などと言われて、精神的に傷ついたり、よけいに症状がひどくなったりする人か多く、漢方療法を希望される人がとても多い疾患です。 抗不安薬は、不安や緊張、興奮を落ち着かせたり、催眠効果、パニックを抑える効果があります。 抗うつ薬は、うつ状態を改善し、気分を高め、うつに伴う様々な症状を緩和します。 睡眠薬は、不眠を改善し、寝覚めを爽やかにします。 寝つきが悪い場合は、短時間型作用薬、夜中や早朝に目が覚める人には中間型や長時間型が処方されます。 自律神経調整薬は、生まれつき自律神経の調節機能が乱れやすい体質の本体性自律神経失調症や更年期障害に用いられます。 漢方医学の治療 虚弱体質で、西洋薬では副作用が強く発言してしまう人に対して、漢方薬が非常に効果的です。 自律神経失調症の人は体力的にも弱い人が多く、抗不安薬でふらついたり、眠気が強く出たりして、西洋薬では適さないことがあります。 特に老人、子供、体力の低下した人や、虚弱体質の人には、漢方治療薬が第一選択薬となることもあります。 気・血・水のバランスを整える漢方薬を選択します。 自律神経失調症と診断され、なかなか症状が回復せずに困っている方で、漢方の治療を行ってみたい、けど自分に合うかどうか不安、効果がでそうか基準があるという方は、ぜひ一度このページを読んでいただいた後、漢方の外来や薬局にかかってみてください。 西洋医学では説明のつかない症状で自律神経失調症とまとめられることがありますが、漢方の場合は証という全身の状態に合わせて漢方薬を使用します。 ここではどのような症状だとどのような漢方が選択肢になるかの紹介を行いますので、もし相談したいと思った時にはお近くの漢方医の先生や漢方薬局に相談してみてください。 気虚、血虚、水滞の状態である全身倦怠感には、、、がよく用いられます。 めまい、立ちくらみには、水の流れを整える作用のある、、、、が用いられます。 気逆状態ののぼせ、顔面紅潮には、理気剤の、、、、が用いられます。 水毒による頭重感、頭痛には、、が用いられます。 動悸には柴胡剤の、が用いられます。 なんとも言えない症状に対して、、を用いて楽になったという経験もあります。 自律神経失調症に対して用いられる主な漢方処方 以下に症状別に用いられる漢方処方を挙げます。 全身倦怠感がある人• のぼせ、顔面紅潮の人• たちくらみ、めまい• 頭重感、頭痛がある• 動悸がある• 不定愁訴• 参考文献 ・漢方薬・生薬の教科書(新生出版社) ・漢方薬事典(主婦と生活社) ・漢方相談ガイド(南山堂) ・自分で治す女性の自律神経失調症(主婦と生活社) 種類・症状・病名別で漢方薬を解説しています 下記メニューよりご希望の項目をお選びください。 項目別で漢方の詳しい情報をご覧いただけます。 当サイトは、漢方に関わる医療従事者の手により執筆・監修させていただいております。 そして内科医師である管理人が監修しています。 ただしあくまで内容は総論的なことであり、個々の患者さんに対しては、実際の医療行為にあたる医療従事者との対話が重要であり、その点では当サイトはその役割を担えません。 あくまで参考にしていただくサイトであることをご承知下さい。 理想とするところは、このような漢方薬があるのだということを知っていただき、治療の選択肢を知っていただき、処方してもらう場で対話していただくことです。 よって、利用者が当サイトに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当サイトの管理者は一切の責任を負いません。 また、当サイトの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。

次の