受験 勉強 モチベーション。 受験勉強を乗り切るモチベーション管理術!やる気を維持する8つの方法

大学受験勉強・モチベーションアップの方法の1つに…

受験 勉強 モチベーション

自然とやる気が回復するまで、ひたすら勉強から離れた 無理にやる気を引き出そうとしても無理な時は、勉強から離れるも一つの手です。 将棋をコンピューターと指す ライターのmorifujiはかなり将棋が強いんです。 成績が良かった時の模試の結果表を見る 良い成績の数字をみてワクワクするのも楽しいですよね。 成績が良かったあの頃に戻ろう!という意識も芽生えます。 地上の星を聞く。 プロジェクト感が出る。 志望校で行われる公開講座やトークイベントに積極的に参加してモチベーションアップ 他にもオープンキャンパスに行くという手もありますね。 塾の先生に励まされた言葉を思い出して、自分を鼓舞 塾の先生ではないですが、こんな記事がありましたのでご紹介。 合格体験記を熟読して、やる気を出した の合格体験記コーナーも、これから随時アップしていきますので是非読んでくださいね! 16. 寮に入っていたので、友達を誘って将来の夢を語った。 これは僕の経験です。 将来はこんな仕事がしたいという意識高めな話から、大学に入ったら皆で鍋を囲みたいねとかそんな話もしていました。 寝る ポイントは机の上で突っ伏して寝るのではなく、布団でしっかり寝てしまうことです。 洋楽を聴く おすすめはケイティーペリー、テイラースイフト、クリスブラウンあたりだそう。 本屋で参考書を見る 不思議と勉強する気がみなぎってきます。 他にも文房具屋に行ってモチベーションを高める人もいます。 勉強時間を計り始める 計ったからにはやらなきゃいけなくなります。 勉強時間に関する記事もありますので是非読んでみてください。 火垂るの墓を見て死ぬほど泣く 豊かな時代に生まれながら怠惰な自分のクズさを認識し、大学に行ける幸せを今一度噛み締めて勉強に戻っていたそうです。 大学に全部落ちた時の計画を立てた 落ちたあとの自分を想像して逆にやる気を上げたそうです。 自分に対して「やる気のあるときは誰だって勉強できる。 やる気のない時に勉強できるかで合否がわかれる」と言い聞かしていた 自分に厳しくするパターンです。 寮の屋上で星を眺めていた これは僕の実体験です。 寮の屋上で星を眺めてると自分がめちゃくちゃちっぽけな存在に思えて、受験に失敗した程度で何かが変わる訳でもないなと開き直ることができました。 15分ほど外を散歩した やる気がなくなったら、吸う空気を一気に変えてみましょう。 部屋の換気をしたり、部屋を変えたり。 空気が勉強のやる気を変えてくれます。 先生に難問を貰う 「ただし、問題が簡単過ぎてやる気が無くなった場合」と本人は注釈を入れていました。 合格サプリの過去の号をひっぱりだして読んだ 「息抜きになるし、勉強にもつながる記事なので無駄な時間にはならないかなと思っていました。 」とのこと。 そう、実は合格サプリメンバーのほとんどは、高校生の時に合格サプリの読者だったのです! 今高校生の皆さんが合格サプリメンバーになってくれることを心から祈っています。 教科をかえて気分を入れ換えた 数学で疲れたら暗記系科目にする、などなど教科を変えるのも効果的です。 新しい気持ちで始めることができます。 自分の好きなアーティストの曲を聞いて鼓舞した Mr. Childrenが大好きというきーたんが、こんな記事を書いていました。 盛大にはっちゃけて、ストレスを発散する 部屋の中で思いっきり踊ったり、お風呂の中で歌ったり、ストレス発散方法は人それぞれですが、溜まったものを吐き出すのも受験では大切です。 youtubeで「東大 合格」で検索して、合格をした時の自分を想像していた こんなかんじの動画を見ていました 笑 32. 勉強が終わった後にやりたいことを考えた 例えばこの勉強が終わったら音楽を聞こうとか、この勉強が終わったら漫画を読もうとか、そういった勉強後の楽しみを作って勉強を続けるという方法です。 大学に入ってからのことを想像した 自分の未来を考えるのが最も効くモチベーションアップの方法でしょう。 合格体験記を読んで、いつかは自分がこれを書いてやるという気持ちにした 合格体験記を読んで、「先輩はすごいなぁ」で終わるのではなく、「逆に後輩に向けて自分がこれを書くんだ!」という気持ちに仕向けたそうです。 合格サプリのも読んでみてくださいね。 友達と勉強について話して、焦る気持ちを持つようにした 受験は団体戦です。 個人で戦うよりは、友達とお互いを高めあったり、励まし合える友達がいると受験はかなり有利になります。 漫画「宇宙兄弟」を読んでいた 「夢を追う姿がかっこよくて、やる気がわいた」とのことでした。 漫画を読んで気晴らしをするというよりは、やる気を上げてくれる「宇宙兄弟」というのがミソですね。 勉強は「合格している最中」だと思い込んだ 「合格している最中」という表現は面白いですね。 合格途中と考えると、確かに今やっている勉強全てが合格への糧になっているように感じますね。 2chの大学落ちた人用掲示板を見た 落ちた人たちの絶望の様子を見て恐怖に慄いていたそうです。 自分は同じ思いをしたくないという一心で勉強したのだとか。 一足先に自分の志望校に行った部活の先輩に相談した 何と楽しそうに今の大学生活のことを話されたことか。 実際に大学に通っている人の生の声を聞くと、自分も早くそうなりたい!と強く思うはずです。 単身赴任で遠いところに住んでいる父さんにメールを送って、モチベーションを上げてもらっていた 「お父さんを尊敬している」という方のモチベーションの上げ方です。 考えてみれば、受験生は1日に10時間くらい勉強しただけで「すごい」と言われますが、働いている親御さんからすると10時間くらい働く日などざらにあるはず。 親御さんが自分たちのために働いてくれている時間くらいは、自分も勉強しようという考えを持つのもモチベーションが上がりそうです。 ちょっとだけ良いチョコレートを食べた 日本には売ってないような、お土産でしかもらえないようなチョコレートを食べていたそうです。 自分に先にご褒美をあげるという方法ですね。 「お前勉強それしかしてないの?やばいね」とか言ってくるウザいやつのもとに行き、怒りをやる気に転換して頑張った 何とも可愛げのない友達ですね・・・。 確かに僕もこういう友達いました。 後日談ですが、その友達は煽りたかったからこんなことを言っていた訳ではなかったそうです。 あえて自分でこう言うことで、自分を追い込んでいたらしいです。 ライバルが勉強していることを想像した ライバルが勉強している姿を想像すると、自分だけ休んでなんかいられなくなりますね。 嫌いな先生にわざわざ相談しに行き、怒りをやる気に転換して頑張った もはやその先生のことが好きなんじゃないか・・・?という疑問もありますね 笑。 珍しいですが、とにかくこんなやる気を上げる方法もあるみたいです。 ブドウ糖を一気に食べた 糖分が頭に染み渡ったはずだという暗示を自分にかけて勉強していました。 後輩に勉強を教えるシチュエーションを想像した 先輩に教えてもらった分、それを後輩に返したいという気持ちで頑張ったそうです。 親戚に自慢している様子を想像して頑張った 自分の大学受験を応援してくれているのは親御さんや先生だけではありません。 一年に何回かしか会わないような親戚も、きっとあなたのことを応援してくれています。 その親戚に果報を報告出来るように頑張ったんですね。 限界まで来たら、とりあえず走る 体を動かすと気分リフレッシュ出来ます。 体を動かすことで血のめぐりを良くし、頭の回転を上げられるかんじがしませんか? 49. 自分の顔をはたいて気合を入れる これは定期テストや模試の前日でしょうか。 「受験は長期戦だから無理はしてはいけない」とはよく言いますが、ここまでしなくてはいけないような時もありますからね。 リポDを飲む ふつふつとやる気が湧いてきます。 あくまで薬効成分で体を騙しているだけなので要注意。 終わりに いかがでしたか? さすがに50個もあれば、1つは「これなら自分もやる気が上がりそう!」というものがあったのではないでしょうか。 やる気がないから別のことをしてとことん休憩する、というものもあれば、やる気がなくても無理矢理やる気を上げるというものもありましたね。 受験生活は長いので、やる気がある時もあればやる気がない時ももちろんあります。 問題は やる気がない時にどうするかです。 人によって自分のやる気をどう上げるかは変わってきますので、皆さんも自分はこうすればやる気が上がるんだという自分の「ツボ」を見つけましょう!.

次の

才能いらずの努力いらず 最高の勉強やり方・教え方【2020年度版】

受験 勉強 モチベーション

「なんとなく勉強に手がつかない」とやる気が出ない時や、「何のために勉強しているんだろう?」と迷ってしまう時には、どうやってモチベーションを維持すればいいのでしょうか? スタディサプリのコーチたちの経験談をもとに、モチベーションを維持する方法を考えました。 モチベーションが下がるのは、どんな時? 勉強をしなくてはいけないのはわかっているのに、モチベーションが下がってしまうのはどうしてなのでしょうか? まずは、コーチたちにモチベーションが下がったのはどんな時か聞いてみました。 模試の結果が悪かった時や、自分より友だちのほうが調子がよかった時はモチベーションが下がりました。 模擬試験の結果や成績が思うように伸びないと、どうしてもモチベーションが下がってしまいますね。 同じように「 成績が伸びているかどうか、わからなくなった時」という答えもみられました。 また、「 勉強以外のストレスが生じた時」という回答もありました。 高校生は部活動での人間関係や恋愛など、悩みの多い時期です。 勉強以外のことがストレスの原因になることも多いでしょう。 そのほかにも「 勉強に飽きた時」と答えたコーチや、「 特定のタイミングはなかったと思う」と答えたコーチもいました。 やはり「なんとなく」モチベーションが下がってしまうというタイプも一定数いるようです。 あなたのモチベーションが下がってしまうタイミングにあてはまるものはありましたか? モチベーションが下がる原因は人それぞれです。 モチベーションを維持する対策を立てるために、モチベーションが下がってしまう原因を探ることから始めてみてはいかがでしょうか。 モチベーションをキープするコツとは? モチベーションをなるべく下げずに、長く維持するためにできる工夫にはどんなものがあるのでしょうか。 コーチの経験談をチェックしてみましょう。 志望校選びに深く悩んだ上で、志望校を決定してからはモチベーションが下がりにくかったです。 自分で悩み、決断することが大切だと思います。 「志望校に行きたい」という強い気持ちも、長い受験期を乗り切るために不可欠です。 興味のある大学について調べ、実際に足を運び、じっくりと考えた上で、自分で決断する。 こうしたプロセスを経ることで、モチベーションを維持することができるでしょう。 また、モチベーションが下がらないように「 大学入学後について思いをはせた」というコーチもいました。 これも「なんのために勉強しているのか」を具体的にイメージできるのでおすすめです。 大学のパンフレットを目に見える場所に置いておくなど、まずは意識することからはじめてみましょう。 勉強以外のストレスが影響するタイプの人は「 勉強とそれ以外にメリハリをつける」ことを意識してください。 また、「勉強に飽きた」と感じることが多い人は勉強方法やスケジュールの立て方に無理があるのかもしれません。 「 実行可能な計画を立てる」ことができているかどうか見直してみましょう。 勉強が手につかない時の対処法 モチベーションを維持する工夫をしていても「なんとなく勉強に集中できない」という時もあると思います。 最後に、勉強に手がつかなくなってしまった時の対処法をチェックしてみましょう。 モチベーションは下がるものなので、しょうがないと思います。 むしろその時は無理に勉強せず、「このままだと受からない」と自分に言い聞かせて、罪悪感でモチベーションを回復させるようにしていました! こちらはあえて勉強しない期間をつくることで、反対に「勉強しなくちゃ」という焦りからモチベーションを上げる作戦のようです。 確かに、集中できないまま勉強をしても効率が悪くなりがちです。 そういう時は思いきって勉強を休むことも必要なのかもしれません。 さらに、「 ごほうびを考える」「 友だちや塾の講師と話す」といったことで、気分転換をしたというコーチもいました。 ほかにも、仮眠をとる、軽い運動をするなども気分転換の方法としておすすめです。 そのまま勉強を続ける、思いきって勉強を休む、気分転換をする。 いろいろな対処法があるので、自分に合ったモチベーションの回復方法を探してみてください。 今回紹介した、モチベーションを長く維持する工夫や、モチベーションが下がった時の対処法を、ぜひ日々の勉強に採り入れてみてください。

次の

一言でモチベーションを上げる受験勉強の名言51選

受験 勉強 モチベーション

受験勉強の効率を大きく左右するモチベーションですが、やる気を維持するのってものすごく難しいですよね。 見たいテレビや友達との遊びを我慢して、ひたすら机に向かう受験シーズンに嫌気がさしてしまうのも分かりますが、だからといって勉強から離れてしまえばそれが合否の分かれ道になってしまいます。 モチベーションを上手に維持できる人こそが、受験を制するといっても過言ではないでしょう。 効率よく勉強するにはモチベーションが大切 モチベーションとは? 「モチベーションが上がらなくて勉強が全然はかどらないんだよね…」なんて、普段何気なく使っている言葉だと思いますが、モチベーションとはそもそも何なのでしょうか? モチベーションとは、辞書を引くと「動機づけ」や「目的意識」と出てきますが、何か目標に向かって達成しようと頑張る心のパワーのことをモチベーションと言います。 「やる気」と似ているようですが微妙な違いがあるとすれば、モチベーションには明確な目標があってその目標を達成するために頑張る心理的な原動力であるということです。 モチベーションが上がるのには、自分の内側から生まれる原動力と、外側から刺激を受けて生まれる原動力があります。 例えば、苦手だった数式が解けるようになって勉強が楽しくなった!というのが内側から上げられたモチベーションで、次の模試でA判定取れればお小遣いアップしてくれるって言われたから頑張ろう!というように外側から刺激を受けて生まれたモチベーションです。 どうしてモチベーションが受験勉強に影響するの? モチベーションの低下は集中力の低下にも繋がってしまいます。 作業スピードが落ちたり、つまらないミスも増えてしまうなど、同じ時間勉強をしていてもモチベーションが高いか低いかで、身になる量はずいぶんと変わってくるのです。 モチベーションが下がる原因と対処法 【原因1】 明確な目標がない 「やる気はあるんだけどモチベーションが上がらなくて…」一見矛盾しているようなこの言葉ですが、間違ってはいないのです。 先ほどモチベーションについて先述しましたが、モチベーションとは目標に向かって頑張るための心のパワーです。 勉強を頑張ろう!というやる気はあっても長続きしなかったり、何故かスイッチが入らないのは明確な目標=ゴールを見失っているからかもしれません。 【原因2】 睡眠不足や疲労の蓄積 睡眠不足や不規則な生活で疲労が蓄積すると、体内時計が狂い脳内物質のバランスが崩れてしまいます。 とくに睡眠不足によりセロトニンというホルモン物質の分泌量が下がると、やる気が出なくなってしまいモチベーションの低下に直結してきます。 頑張っているのにモチベーションが低下してしまっている人は、もしかしたら頑張り過ぎかもしれません。 心当たりがある人は1度しっかり睡眠をとって生活リズムを整えてみましょう。 朝起きてまず太陽の光を浴びると体内時計がリセットされ、脳から正常にセロトニンが分泌されるそうですよ。 【原因3】 刺激を感じない 受験勉強といっても、ただただ作業をこなしているだけでは楽しさや刺激を感じられませんよね。 勉強にたくさんの時間を費やしているのに結果に繋がってこないというのも楽しさや刺激的な感覚を失い、頑張ったのに自分に何も返ってこないというのもモチベーションの低下に繋がります。 受験勉強に励む人であれば、誰にでもこういったスランプ時期はありますが、あまり長く続くようであれば勉強の仕方を変えた方がいいかもしれません。 誰でもモチベーションが下がることはある モチベーションの低下は受験勉強においてデメリットでしかありません。 とはいえ、人間誰しも心や感情があり、なおかつ受験に向けて勉強中のデリケートな期間ともなれば、モチベーションが下がらない人なんて居ませんよね。 自分のモチベーションが下がっている時は、それを認めるのも大切だと思います。 そして如何に早くモチベーションを立て直すか、またモチベーションを高く維持するためにはどうしたらいいのかを自分に合った方法で見つけることが勉強の効率を大幅に上げるために大切だということを覚えておいてほしいのです。 モチベーションを維持する8つの方法 1. 自分の勉強スタイルを見つける まず大切なのは自分の勉強スタイルを確立することです。 早起きして朝勉強するのか、夕食後などの団欒タイムに勉強するのか、家族が寝静まった夜中に勉強をするのかなど、1番集中力が高まる時間や、集中できる場所を確立させましょう。 そうすることで、毎日その時間にその場所にいると自然と勉強モードに入ることができるようになります。 ずっと頭を使う問題ばかりをやっていると脳も疲れてしまいます。 また暗記ばかりしていては脳がパンクしてしまいます。 インプット(暗記)とアウトプット(問題集)も交互に取り入れていくことで勉強のマンネリ化を防ぎモチベーションを維持していきましょう。 勉強予定は大まかにたてる 受験勉強であれば、志望校に対して自分の足りない部分を把握し、克服できるように勉強の予定をたてますよね。 しかしこの予定も細かすぎる計画では逆効果になってしまう場合もあります。 物事は大抵予定通りにはいかないものです。 当日の体調や、それこそモチベーションの高さによっても出来る量は変わってきます。 しかし1度立てた計画が予定通りに進まないと、焦ったり嫌になったりしませんか?1度狂うと後半の予定も狂ってしまい、もう取り戻せない…とすら感じてしまいます。 そうならないためにも、勉強の予定は1ヶ月・1週間単位くらいでざっくりと立て、週末に調整できるように少しゆとりがあるくらいが理想です。 <h3>4. 小さな成功を積み重ねる 受験勉強は長い道のりです。 志望校合格という最終目標だけでは気が遠くなってしまいますよね。 そのため小さい目標をたくさん立てて達成していく喜びを感じることでモチベーションを維持していきましょう。 勉強した記録を残しておくのもいいですね。 ふと振り返った時に目に見える記録が残っていると、ここまで続けてこられた自分に自信が持てます。 プチご褒美を考える モチベーションを維持するためには、当たり前ですがモチベーションが下がらないようにしなければなりませんよね。 モチベーションは労力に合った対価を受け取らないと下がってしまいます。 タダ働きなんてしたくないですもんね。 (もちろん勉強をして覚えた知識は自分の財産となるのでタダ働きとは違いますが…。 ) この問題集が終わったらお気に入りのカフェでスイーツを食べようとか、模試で木曜の偏差値がでたら1日友達と遊びに行こうなど、達成した目標に対してプチご褒美をもらえると自然とモチベーションも上がってきます。 勉強する場所を変える いつもどこで勉強をしていますか?自分の部屋の学習机や塾の自習室などが定番でしょうか? 実は勉強場所をときどき変えるだけでも気分転換になり、モチベーションの維持に繋がります。 自分の部屋で勉強していても集中が出来ない時はリビングにきてノートを開いてみたり、意外とトイレのような閉鎖的な空間に入ると集中できることもあります。 塾の自習室で集中できなければカフェやフードコートで好きなドリンクを飲みながら勉強してみるのもいいでしょう。 ただし、雑音が入る場所での暗記系の勉強は効果的とは言えませんので、覚えたことをアウトプットする問題集などをこなしてみるのがおすすめです。 モチベーションの高い友達と話す 知っていますか?モチベーションって意外と伝染するんです。 例えば、美意識の高い友達といると自分もダイエットしたくなったりオシャレしたくなったり、恋人なんていらない、と思っていたのに友達に彼氏彼女が出来ると自分も恋をしたくなったりしませんか? それはその人のモチベーションが伝染したからです。 勉強も同じで、目標に向かって頑張っている友達と話すことでお互いの目標が刺激となりモチベーションを高め合うことができるのです。 入学後の姿をイメージする 勉強に身が入らない時、休憩がてら妄想をしてみましょう。 志望校に合格したら、何をしたいか、どんな学生生活を送りたいのかイメージするのです。 素敵な恋がしたいな~、髪を染めてこんなファッションをしたいなど200%くらい美化した自分をイメージすることでモチベーションも上がります。 よりリアルなイメージをするためにも志望校のオープンキャンパスや学園祭にはぜひ行ってみてくださいね。 どうしてもモチベーションが上がらないとき用の3つのやる気スイッチ 最後に、どうしてもモチベーションが上がらない時に試してほしい3つのやる気スイッチをご紹介します。 モチベーションを上げてやる気スイッチを入れるためには勉強を「苦」と感じないことが最大のポイントです。 好きな教科・得意な教科を勉強する 2. 身体を動かしながら単純な勉強をする 3. 音楽を聞きながら何となく勉強を始める 好きな教科から始めてサクサクと勉強が進められれば脳は楽しいと感じ始めます。 じっと座っていられないときは軽い運動をしながら暗記したり、好きな音楽を聞きながら参考書をパラパラしているだけでもいいです。 好きな音楽は勉強を楽しむという視点でも効果的です。 音楽を聞きながらじゃ集中が出来ない!と思えた頃には集中力がアップしてやる気スイッチが入った証拠です。 要するにどうやって「勉強モード」に入るかということが大切なのです。 自分に合ったモチベーション維持法を見つけよう いかがでしたか? せっかく大切な青春時代の一部を勉強に費やすのですから、効果的に勉強して志望校合格という目標を達成したいですよね。 モチベーション維持は受験勉強に必要不可欠です。 ぜひ参考にしてみてくださいね。

次の